パオパオだより

2018年06月09日(土)

田中泯 × 中村達也@京都美山・ゆるり [演劇]

画像(226x320)・拡大画像(452x640)

2018年6月8日/6月9日 田中泯(ダンス)+中村達也(ドラムス)京都公演のご案内!

芒の植え付け/踊り場・叩き場
田中泯meets中村達也

地球のいのち、芽生え、悦び、讃歌を謳うことを願い、<土>を耕し<種>を蒔く。農民のように、その<産土の場>に<種>を蒔く。
いのちの捧げものとしての情動は、<うぶすな神>となって、時に迦陵頻伽となって火の輪をくぐり、時に竜神となって海原を走る。<息する惑星>を取り戻すために。
身体という森羅万象を抱えて土に向かい、<踊り>と<農業>を同義語とする田中泯と、巨と微を行き交い、<時空>を呼び起こすドラマー中村達也の<身体パフォーマンスと演奏>の10年続くプロジェクトであり、2018年度の新たな京都版プロジェクト!
-------------------------------------------------------------------------------
肩書きについて|about BUTOH
★田中泯の関する全ての肩書き表記についてのご理解とご協力をお願い申し上げます
田中泯は長いキャリアの中で、主に1980年代〜90年代 暗黒舞踏の創設者である土方巽に敬意を表し「舞踏公演」と銘打ったパフォーマンスを行ったことは過去に多数ございます。しかしながら、土方巽の死後 国内外問わず急速な発展を遂げてきた一つのジャンルとしてカテゴライズされた舞踏に一切の関心をもってはおりません。残念ながらこれらのことを発言し続けてきたにもかかわらず、誤った表記として『BUTHO舞踏家(ぶとうか)』または最近では『俳優』の表記もございます。近年では 本人の希望により、表記が必要な場合はすべて『ダンサー』、もしくは「舞踊家」とさせて頂いただいております。よろしくお願い申し上げます。Madada Inc.
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日、私は寮の管理代行のバイトから朝帰り。
 また、きくちゃんがしっぽブンブンでお出迎え。
 家にも上がらず、そのままお散歩へ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 美山で舞踊を見るので、家を11時には出発したい。
 そのため急いで商品の積み込みなのだが、例によって例のごとく、きくちゃんのじゃまし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 何とか11時ちょっとすぎに出発。
 きくも、車に乗って出張に行くのに慣れてきたようだ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 かやぶき民家を改造した「ゆるり」さんに到着すると、車と人があふれていた。
 駐車場はもう一杯だったので、3kmほど離れた旧鶴ケ丘小学校へ。

 その臨時駐車場から会場まで車で送ってくださったのは、地元の下中さん(35歳くらいの男性)。

 「今車を停めさせてもらったのは、小学校ですよね。」
 「そうですけど、3年前に統合で休校になりました。」
 「そうなんですか。たくさん子どもさんがおられるように見えましたけど。」
 「私も子どもが3人いるんですけど、5校が1校に統合してそこに通っています。」
 「5校が1校? ということは、だいぶ遠くまで通わんならんですね。」

 ヨメさんが、自分らの子も統合を機に転校したことなどを話した。
 美山は162号線で162京都市に出るので、「花脊別所」と言ってもあまり詳しくは知っておられなかった。

 「美山と言えば、私の時代には北星中学校という中学校がありましたけど・・・。」
 「とっくの昔になくなりました。ひょっとして、60ちょっとくらいですか。」
 「62です。」
 「私の父が61で、北星中学校出身です。」

 1992年4月,美山町立北星中学校、美山町立八ヶ峰中学校の2校を統合し、美山町立美山中学校開校(北星中学校の校地を使用)。
 なるほど、これで下中さんのお父さんが北星中学校出身で、下中さんが美山中学校出身ということか。

 「よく北星中学校を知ってられましたね。」
 「名前がかっこいいから覚えてたんです。」

 こういう時、私の雑記憶が役立つ。小学校から会場まで車で10分もかからなかったが、下中さんと話せてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずは昼食。
 「ゆるり」さんは、ふだんはちょっと高めのお食事処。しかし、今日は特別メニュー(1000円)で3種類の昼食を用意してくださっていた。

 会場は30人規模と書いてあったのだが、私らが到着した1時ころですでに50人は超えていた。そのため、残っていたのはジビエカレーのみ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鹿の肉が入っているカレーらしいが、カレーに入れたらどの肉もそう変わらん。
 いい景色を見ながらおいしくいただいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あれよあれよという間に人が増え、確実に100人は超えていた。

 天気はよかったのだが、風があり、Tシャツ1枚の私は寒くて仕方なかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 予定では、2時30分から2時60〜70分。
 一人舞踊を延々と1時間というのが想像もつかなかった。

 2時30分、ドラムの中村達也さんが出て来られ、静かに演奏が始まった。
 そしてその5分後くらい、外の池があるの右手から、着物を着た田中泯さんが登場。静かな静かな舞踊が始まった。
 ドラムと舞踊が見事にマッチして、静かな動きではあるが見入ってしまった。
 この間、写真を撮ってはいけないと思いおとなしくしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しかし、田中泯さんが池のほうに出られてから会場の雰囲気は一変。

 あの静かな動きだった田中泯さんが、樋から流れでる水を頭に浴び「踊り狂う」。

 そこで歓声が上がり、一斉に観客のカメラが動き出した。
 「これは撮ってもいいんですね」と判断し、私も撮影させてもらうことにした。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 水をかぶった田中泯さんは別人になった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 つつじの花壇に顔を突っ込んだりして、大暴れ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ずぶぬれになった田中泯さんは、家に入られてから、床に滑って倒れられた。これは舞踊ではなく、本気倒れだと思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初の静かな動きが1時間続くのかと思っていたので、後半の展開は目を見張った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後のほうに、「うごごがうぎがー」みたいな呪文のような言葉が。あれがどういう意味だったかが気になる。何をおっしゃっていたんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一番最後に、観客席にいた小さな男の子が呼びだされドラムをたたいた。ドラマーの中村達也さんと同じ名字だったので、息子さんかと思った。でもそうではなかった。すごい子が見に来ていたものだ。

 田中泯さんは、錦戸亮主演の映画「羊の木」に元やくざの役で出られていた。その時にすごくいい印象が残っていた。
 京都新聞にこの公演の紹介記事が出ていた。「みかた残酷」の行きしに立ち寄れる場所・時間だったので、軽い気持ちで予約していた。しかし、思っていた以上に値打ちがあった。
 また機会があれば見に行きたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 運転手だけ、また小学校まで送ってもらった。

 きくちゃんは、2時間ほど待ちぼうけ。
 中途半端な時間に待たされた経験がないので、なぜ待たされているのか分からなかったようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4時ごろ、会場を後にして「みかた」へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ほんとうは出店の準備をしに行きたかったのだが、もうだいぶ遅くなってしまったので直接宿へ。

 毎年お世話になっているハチ北スキー場前の「さかえ」さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんの晩ごはんをやって、かしこう寝とくよう言い聞かせて。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんは、そんなことよりとにかくごはん。ひとの話はいいかげんにしか聞いていない。私といっしょ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 夕食はすき焼きか鴨鍋が選べた。
 私はすき焼きがいいと言っていたのだが、ヨメさんは鴨鍋でお願いしていた。夜はだいぶ冷え込んでいたので、この選択は正解だった。おいしい鴨鍋、ありがとうございました。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年06月08日(金)

肉体寿命と精神寿命 [病院]

画像(320x238)・拡大画像(630x469)

イラスト・中村久美

◎日本経済新聞6月6日夕刊

   がん社会を診る
      玉石混合 危ういネット情報   中川 恵一


 インターネットでがんに関する情報を集める人が増えています。しかし、ネット上にあるがん関連の情報は良いものと悪いものが入り交じり、誤った情報や誤解を生むような宣伝も多く見かけます。最近では、不正確な医療情報が記載されているとの指摘を受けて、ディー・エヌ・エー(DeNA)の医療情報サイトが一昨年に閉鎖されたのが記憶に残っています。

 ネットで「肺がん」を検索すると、上位50番目までの表示結果のうち、正しい内容を紹介したサイトは半分以下だったという調査もあります。
 残念ながら、がん治療については怪しいサイトがまだまだ少なくありません。がん治療は一種の情報戦で、正しい情報を手に入れられるかどうかがとても重要になりますから大きな問題です。
 がん予防という点でもネットの悪影響の可能性が指摘されています。英国で一般人1330人を対象に実施された調査では、対象者の3分の1以上が「食品添加物と遺伝子組み換え食品はがんの原因になる」と誤って認識していました。
 同様に、携帯電話の使用やWi―Fiを含む電磁波は発がん性を裏付ける十分な科学的証拠は得られていませんが、それぞれ35%、23%の人たちが、がんの原因になると回答しました。
 一方、アルコールと加工肉が発がんの原因になり得ると答えた人はそれぞれ41%、24%にとどまりました。回答者の88%は喫煙ががんの原因となることを正しく理解していましたが、がんの原因について誤解がある人ほど喫煙率が高いことも分かりました。
 がんと診断されるケースの半分近くが生活習慣によるものですから、発がんに関する正しい認識を持つことは非常に大切です。たばこを吸わない、お酒は1合まで(これは難しい)、塩分を控えたバランスのよい食事、運動など活動的な暮らし、体形の維持がポイントです。
 逆に、これら以外は科学的な根拠はほとんどありませんから、たとえば、無農薬野菜やサプリメントにこだわる必要はまずないといえます。
 中学、高校の学習指導要領に加わった「がん教育」でも、予防は重要なテーマです。大人にも正しい知識が広がることを期待しています。
(東京大学病院准教授)
---------------------------------------------------------------------------------

 だいぶ前にも同じことを書いたことがある。

 私の母が胃がんで入院した時のこと。
 いろいろなことをしんぼうしてもらって細々と寿命を延ばしていくか、好きなことをさせてあげて寿命が縮んでもいいか。難しい局面になった。
 その時、母の面倒を一手に引き受けてくれていた私の兄は後者を選んだ。
 具体的に言うと、母が一番楽しみにしていた笹採り(私のいなかでは、ちまきに使う笹がとれる)に、一時退院していた時に父同伴で行かせた。笹採りは山深くに入り、重たい笹を背負って帰らなければならない。癌患者にとっては、すごい肉体的な負担になる。
 しかし、何年振りかの笹採りを成し遂げた母は大満足だったらしい。
 私も兄の判断はよかったと思った。

 その笹採りの半年後くらいに、母は亡くなった。臨終間際、きっと父と行った笹採りのシーンが頭によぎっただろう。
 肉体的な寿命は縮めてしまったかもしれないが、精神的な寿命はきっと延びたことと思う。

 母の死から25年後(2016年)、私も癌宣告された。
 「全身転移の可能性大」と言われた時点で、「あと2年くらいの命か」と勝手に判断していた。だから、「細々と寿命を延ばす」という気持ちはまったくない。それより、「体が動くうちに出来ることは全部する」という気持ちが強い。

 ヨメさんは癌に関するいろいろな情報を仕入れてくれて、私にあれはダメこれはダメとアドバイスしてくれる。でも、私はそれをほとんど聞いていない。
 ヨメさんは、「ひとのゆうこと何にも聞かんと、はよ死んだらええわ」と言う。
 そのとおーり。ひと様のゆうことをいちいち気にしながら細々と生きていくくらいなら、自分のしたいことして、みなさんに迷惑かけまくって死ぬほうがいい。

 ヨメさんは、「そんなことゆうやつに限って、しつこく生きよる」とも言う。
 この先がどうなるかは誰にも分からん。それなら、早め早めにしたいことして生きていくほうがお得な気がしますけど・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年06月07日(木)

これから絶好調になります [雑感]

画像(149x200)

7回、勝ち越しの本塁打を放つヤクルト・雄平=神宮球場

◎SANSPO.COMより

   【2発3打点一問一答】ヤクルト・雄平「これから絶好調になります」

 (セ・パ交流戦、ヤクルト4x−3ソフトバンク=延長十回、2回戦、ヤクルト2勝、7日、神宮)ヤクルトが延長戦を制し、7連勝。交流戦7勝1敗で単独首位に立った。3−3の十回に雄平が二死満塁で雄平が左腕モイネロから押し出し四球を選び、サヨナラ勝ち。雄平は2本塁打など3打点の活躍だった。
 −−サヨナラの場面
 「もう何でもいいので1点入れば勝てるという気持ちだった」
 −−打席での気持ち
 「もう打つ気が満々でいったのですが、最後はうまく見逃せました」
 −−二回の1本目の本塁打について
 「追い込まれたので、ミートする気持ちだった。練習の時からコーチからアドバイスをもらっていた。きょうはそれがハマった」
 −−七回の2本目の本塁打は
 「追い込まれてから長打が打てるのは今後につながる。大振りはしないのが一番ですが、追い込まれてああいうバッティングができるというのは次につながる」
 −−絶好調ですね
 「これから絶好調になります」
 −−チームは交流戦首位
 「毎日、勝つためにやっている。最高にうれしい。勢いを消さないように、この勢いと気を引き締めて、またあしたからやっていきたい」
 −−次はオリックス戦
 「打てるようにいっぱい練習してがんばります」
--------------------------------------------------------------------------------

 「絶好調ですね」
 「・・・これから絶好調になります」

 少し間があっての返答だった。
 これがすごくよかった。

 私も言いたいねえ、「これから絶好調になります」。
 今日も三線教室だったのだが、練習がほとんどできていないので絶不調。前よりひどくなっているかも。
 去年の7月から始めたので、もうすぐ1年。しっかり弾ける曲がまだ1曲もない。
 マラソンのほうは、時間をうまく使っていい練習ができているのに・・・。
 スケジュール帳に、絶対に実行する「三線練習日」を書いとかんとあかんね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 三線教室から帰って、夕方5時過ぎからRUNへ。
 今日は、走りなれた十王堂橋往復5km。27分06秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 かわいいネコちゃんがくつろぎに来てくれていた。。
 「うちはいこごちがええのんか。いつでも来てやー。」

 このごろ、きくは耳だけでなく、目や鼻も悪くなったみたいで、前ほどふぇんふぇん言わなくなった。(以前は、「ネコおる、ネコおる」とよく騒いでいた。)

 ええのか悪いのか・・・。

--------------------------------------------------------------------------------------
【追加】

 7月9日の「ヤクルト対巨人」(静岡・草薙球場)のチケットが届いた。
 3500円のチケットを3600円で落札。オークションにしては安すぎるような気もする。送料も、郵便局のクリックポストというもので164円しかかからない。
 合計で3764円。(「クリックポスト」は、34×24×3、1kg以内なら、全国一律164円で送れ、追跡もできる優れもの。)

■ さっそく出品者評価。→非常に良い
     ◇     ◇     ◇
初めてヤフオクで野球のチケットを落札しました。出品者様からのメッセージで、私と意外なつながりがあることが分かり驚きました。クリックポストという便利な送付方法があることも知りました。また落札したいです。
     ◇     ◇     ◇

■ 出品者さんからのメッセージも届いた。
     ◇     ◇     ◇
商品が無事に届いたようで安心しました。諏訪湖マラソンには20年くらい前から家内と交代で出走していました。ここ2〜3年は、諏訪湖に行っていないのですが、あのゴールがどこからでも見えるフラットコースは大好きです。今年は行けそうにないですが、出走した時はお店に行きますね。西武球場の近くに住んでいるので西武グッズを出品していますが、東京生まれで子供の時は巨人ファンでしたが、江川事件からアンチ巨人となり、家内が30年来のヤクルトファンということもあり、自分もヤクルトファンで、神宮には頻繁に行っています。どこかの会場でお店を見かけたら声をおかけしますね。この度は、ありがとうございました。
     ◇     ◇     ◇

 まさか、ヤフオクがこんな展開になるとは!
 万一草薙球場に行けなくなったとしても、もう3700円分の元を取った気分です。

 えっ?
 「江川事件」って?
 私、江川と同い年なんですけど・・・。
 出品者さんは私よりだいぶ年下だと思っていましたが、まあまあ近いのかも・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年06月06日(水)

なごみ三題 [雑感]

画像(320x274)・拡大画像(640x548)

 昨日までヤクルトが6連勝。
 真のヤクルトファンは、「もうそろそろ負ける」と不安でしようがない。
 今日は雨で試合中止。6連勝中なのに、なぜか中止になってホッとしている私。
 おかしいやろう!

 去年の96敗を受けて、今年は本気でヤクルトを応援しようと思った。
 そのためには、球場へ行かなくては!

 ということで、5月23日の「阪神対ヤクルト」(甲子園)のチケットを取った。ところがこれが雨で中止。
 そのリベンジとして、7月25日の「巨人対ヤクルト」(京セラドーム大阪)のチケットを取った。今度はドーム球場やから中止にはならない。まだだいぶ先のことだが楽しみ。

 これだけではまだまだ。
 ヤフオクでヤクルト戦のチケットを探していると、7月9日の「ヤクルト対巨人」(静岡・草薙球場)が見つかった。静岡までは遠くて費用がかかるけれど、格安バスで往復するという手もあるし・・・。
 さっそく入札すると、3500円のチケットが3600円で落札できた。

 そして、その出品者であるtakatuguさんのメッセージを見てビックリ。
     ◇     ◇     ◇
 京都キャロットの社長さんですね。ヤクルトファンですか?ランニング用品がお安いのでマラソン大会の時に時々購入させて頂いてます。またどこかのマラソン大会でお店を覗かせていただきますね。
     ◇     ◇     ◇
 なんと、うちのお客様でした!
 ヨメさんの名前で入札していたのだが、それをちゃんと「社長さん」と表現されているところなど「つう」です。
 このメッセージはなごみましたわー。
 ヤクルトファンのランナーさんが、うちのお客様だったとは・・・。

 私もお返事しておきました。
     ◇     ◇     ◇
 おはようございます。「京都キャロット」の店長の夫です。店長は私に付き合ってくれて、ヤクルトを応援してくれています。私は、巨人に3勝23敗の惨敗の1967年(小学生)以来のヤクルトファンです。まさか出品者様が京都キャロットのお客様であったとは・・・。ヤクルトファンのランナーさんですよね。最近静岡方面にはあまり行っておりませんが、どこかでお会いしましたら声をかけてくださいね。
     ◇     ◇     ◇
 ヤフオクでは出品者の住所なども分かる。出品者さんは静岡の近くの方だと思っていたがそうじゃなかった。真のヤクルトファンは、遠くでも応援に行くってことですね。私も見習おう。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(260x195)

 今日、このブログの「たたらぎダム湖マラソン」の記事に懐かしい方からコメントが入っていた。
     ◇     ◇     ◇
パオパオさん、こんばんは。ご無沙汰しております。
暑さのなか、45分切りで後半上げていくあたり、さすがですね!
太陽光反射、うけましたw
それから、素敵なツーショト写真ですね。
これからのシーズン、走りもお仕事も体力要りますから、皆さま、きくちゃんも、くれぐれもご自愛ください。

追伸
少し経ちましたが、今年は野辺山ウルトラ、無事に完走いたしました。ようやくです(笑)
7月は北軽井沢ではなく嬬恋キャベツのハーフに行ってきます!
     ◇     ◇     ◇
 ずいぶん前の「北軽井沢マラソン」のレース中に知り合ったみったんさん。その時の写真をブログに載せたいと言ったことから、今も細々とではあるがつながっている。

 私のことを忘れずに、ブログも見てくださっていることがうれしい。
 「太陽光反射、うけましたw」のコメントがなごみます。
 ちょっとした声かけが、また次にがんばろうという気にしてくれます。
 みったんさん、いつかまたいっしょに走りましょうね。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日、「神鍋マラソン」の参加通知書が送られてきた。
 去年までは私は「北栄町すいかながいも」のほうに行っていたのだが、今年は「神鍋」に行くことになった。

 通知書とともに、「参加ランナーの皆様へ」というカードも入っていた。地元の小学生からの応援メッセージだ。
 「もしよろしければ、おへんじをください」

 へー、小4の子から返事を求められた。
 これは絶対に書かなあかん。
 何かしらん、なごむわー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年06月05日(火)

朝帰りは、だるい! [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今週はイレギュラーで、月水金と管理代行のバイト。月と金は24時間のため、週に2回も朝帰りになる。

 今日も、家に帰ってきたのは朝7時過ぎ。
 玄関を入ると、またきくが待ち構えていた。
 「おちゃんぽですよね」と。
 「よっしゃ、よっしゃ」とお散歩へ。もう寒くはないので、朝散歩も楽になった。それに何より、きくが大喜びしてくれるし・・・。

 ところが散歩から帰ってからは、体ダルダル。もう何をする気も起らない。
 消防士さんが24時間勤務・24時間休みの繰り返しと聞いたことがあるが、24時間休みはほんまに体を回復させるだけで終わってしまいますね。何にもできん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 夕方、銀行に用事があったので走っていくことにした。
 うちから一番近い銀行は、京都中央信用金庫二軒茶屋支店。
 ここまで600m。

 せっかく走れる格好をして出てきたので、もうちょい走ろう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 篠坂町バス停あたりで1km。
 この先を左折すると、けっこう奥まで走れたはず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 住宅地と田畑が広がる地域。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都ペット霊園」はここにあったんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中から砂利道になったが、行けるところまで行く。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ソーラーパネルがあるところで行き止まりになっていた。
 ここまで約2.3km、14分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは、途中からちがう道で帰った。
 どうせ走るなら、5km以上にしたいしねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に帰ってちょうど5kmになったが、もうちょい行こう。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 長代川沿いの散歩道も、草を刈ってくださって走りやすくなった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あっちこっちまわって距離稼ぎ。
 叡電・二軒茶屋駅前も通過。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に戻って7km、42分06秒。
 あてもなくグルグル走ったので楽に走れた。
 こういう練習も挟んでいかないと飽きますからね。

 今日は体がだるくてしょうがなかったが、走り出したら何とかなるもんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 小雨が降っていたが、二人引きのお散歩へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 長代川には蛍が乱舞。
 私の安もんのカメラではうまく撮れなかったけれど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくの散歩といっしょに、ヨメさんの練習もしてもらわないと。
 「みかた残酷」まであと5日。
 きくちゃん、引っ張ったってくれよー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年06月04日(月)

スーパースプリント [家族]

画像(320x240)

ラブトライアスロン (2017.10.1)

 今年もトライアスロン。
 去年、真樹が提案してくれたトライアスロン出場。
 廉→真樹→パオパオの3人の駅伝で、見事制限時間内完走。
 病気になってへこんでいた私を、30年ぶりくらいのトライアスロン出場で励ましてくれた真樹に感謝。家族でトライアスロン駅伝に出られるなんて、考えもつかなかった。

 今年は廉が東京単身赴任で、同じトライアスロン駅伝には出られそうになかった。廉の代わりにかあちゃんとか彩ちゃん(廉の嫁)を出すという手も考えていたが、今年のラブトライアスロンが9月30日になったため、日程的に無理になってしまった。

 それでも真樹はトライアスロンに出たいと言う。いろいろ調べたら、「京都丹波トライアスロン」というのが見つかった。8月27日開催なので、うちの出張販売の日と重ならない。
 オリンピックディスタンス(1.5+40+10)はすでに定員オーバーで締め切られていたが、スーパースプリントの部(0.375+10+2.5)はまだだいじょうぶだった。

画像(300x135)

 ということで、今日やっと参加申し込み。
 私と真樹がスーパースプリントで対決。

 真樹の申込書の自己PR
     ◇     ◇
 沖縄から参加します
 トライアスロンは2回目です
 今回もお父さんと参加します!
 泳ぐのも自転車も苦手ですが
 がんばらずにがんばります!
     ◇     ◇

 私は、足がつかない水深2mの大堰川(桂川の上流)でおぼれないかが心配。
 真樹は、大事な大事なネコの「はん・ぺん」を置いてくるのが心配かな。

 まだレースまで2か月以上あるし、しっかり練習しよう。

画像(320x320)・拡大画像(480x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2018


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第25回くみやまマラソン

第25回くみやまマラソン

林式トレーニング

林式トレーニング

真樹、16歳!

真樹、16歳!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.