パオパオだより

2015年06月11日(木)

「リバーバンク」 [ショップ]

画像(320x192)・拡大画像(450x270)

◎京都新聞6月11日夕刊

   「リバーバンク」名物喫茶に幕 鴨川一望 愛され60年
          「鴨川ホルモー」「ヒポクラテスたち」ロケ地

 鴨川に架かる荒神橋の西詰にあり、数々の映画やドラマのロケ地になった喫茶店「リバーバンク」(京都市上京区荒神口通河原町東入ル)が、6月いっぱいで閉店する。店内から鴨川を一望でき、観光客や学生たちに愛されてきたが、店主が高齢のため、60年近い歴史に幕を閉じる。

 「いろいろな方に会うことができて、ほんまに楽しかった」。店主の一木久巳さん(85)は、撮影で訪れた有名人たちのサイン色紙を眺めながら妻幸子さん(66)と語り合った。

 倉庫だった建物を改装して1959年に営業を始めた。大きな窓から鴨川の流れと東山が望める好立地で、「鴨川ホルモー」「ヒポクラテスたち」などの映画やサスペンスドラマの撮影に使われた。

 京都の医大生たちの青春を描いた80年公開の「ヒポクラテスたち」では、臨床実習で初めて患者と向き合いながら悩み、もがく若者たちのたまり場として登場する。近くの府立医科大で学んだ大森一樹さん(63)が監督・脚本を手掛けた。「大森さん自身が学生時代、訪れてくれていたようです」と久巳さんは話す。

 近くに立命館大のキャンパスがあったころは学生たちが多く来店した。幸子さんは「最近でも同窓会で近くに来た人たちが訪ねてくれ、当時の面影はこの店しか残っていないから頑張って続けてって言われて勇気づけられてきた」と言う。

 長く看板犬として店の前で愛嬌(あいきょう)を振りまいてきた雄の「ラブちゃん」も老齢のため、5年ほど前から奥で寝ていることが増えた。「私も足が不自由になって、そろそろ潮時だと思った。これまで来てくれたお客さんには本当に感謝しています」と久巳さんは感慨深げに語った。30日が最後の営業日になる。     (樺山聡)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

------------------------------------------------------------------------------------

 実はこの喫茶店には一度も入ったことがない。
 しかし私は立命館大広小路学舎に4年通っていたので、私が18歳のとき(41年前)から知っていた。

 そして真樹が小6で大文字駅伝に出場したとき(9年前)、ヨメさんが時間つぶしにこの店に入ったらしい。そのときから「かわいいワンちゃんがいた」と言っていた。

 真樹は高校生になり、毎日荒神橋を渡り、喫茶「リバーバンク」の前を通ることになる。店の前の犬小屋にはそのかわいいワンちゃんがいた。きっと朝からそのワンちゃんに癒されていたことだろう。

 そのワンちゃんは「ラブちゃん」という名前だったんですね。このお店にも入ってみたかったし、ラブちゃんもさわらせてほしかったなあ。今月末まで営業されているのなら、行ってみようかしら・・・。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「『リバーバンク』をそのまま引き継がせてもらえへんかなあ。ラブちゃんもきくと替えて・・・」とヨメさんに言ってみた。
 「お客さんかみちゃちゃくってえらいことになるで。」
 「そやなー。」

 今日は雨。走ろうと思っていたのにまったく走らず。週末にレースがないときはどうしてもさぼりがち。
 それでも、きくの散歩は行かんとね。散歩に行くころは小降りになっていてよかった。

 今日はまたお泊り24時間のバイト。
 しっかり読書してきましょう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年01月14日(火)

手もみ総本店・修学院店 [ショップ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「武庫川新春ロードレース」のハーフゴール後、歩くのも大変な状態になってしまった。一晩寝たらましになるかと思ったが、翌朝も同じ。左足を引きずって歩いていた。
 「非常事態!」

 このままだと当分走れそうにない。とりあえずどこかでマッサージをしてもらおうと思い探すと、修学院に「ほぐし処」というのが見つかった。こういうところには行ったことがなかったのでちょっと不安だったが、もうそんなこと言ってられない。

 昨日のお昼すぎ、予約なしで行ってみた。案の定いっぱいで、2時半からということになった。そのとき、駐車場にいかつい車が停まっていた。
 「受付のおねえさんはニコニコしてよかったけど、マッサージは『エイサー、エイサー』とか言いながらギュウギュウしてくる恐いおにいさんとちゃうやろなー」とか心配しつつ・・・。

 2時半になり、再度来店。部屋に案内されると、そこは薄暗くランプのようなものがあるだけ。ちょっとびびった。でも心配していた豪腕系のおにいさんは出現せず、受付におられたおねえさんがそのままマッサージの担当ということだった。「ほっ!」

 初回のみ、ボディ30分+フット30分コース4425円が3780円。これにしてもらった。
 さすがプロ。上手だった。パンパンだった左ふくらはぎも見ちがえるほどにやわらかくなっていった。
 ただ、眠くて眠くて。前にヨメさんから「マッサージのときに寝たら効果がない」と言われていたので、必死で寝ないようにした。
 その寝ぼけた頭で思ったこと。「今までヨメさんにやってもらってたマッサージは、1回5000円以上の値打ちやなあ。今まで全部で何十万円分、いや何百万円分してもろたかなあ・・・。」
 そんなことを思っているうちに、1時間はあっという間に終わってしまった。

 このあと、まあまあ普通に歩けた。まだ走るのは無理としても、普通に歩けるだけでもうれしい。2回目からは普通の値段になるので、そうそう気安く行くわけには行かない。でも、「非常事態!」というときには、またお世話になりましょうかねえ。
--------------------------------------------------------------------------------

【RUN】
 
 今日は朝から「あいおわ治療院」。
 左足の痛みを説明すると、高橋大輔似の先生は「右足は筋力はあるが動きが硬い、左足は筋力はないが動きはやわらかい」とのこと。なんてバランスが悪いんでしょう。
 しかし、昨日のマッサージと今日の治療院のおかげで足はだいぶましになった。

 店往復1.3kmをゆっくりジョグ。左足に痛みはほとんど出ない。
 ゆっくり3kmコースをと思ってスタート。私の悪いクセである「飛ばしグセ」封じのためにわざと厚着で。走り出しても痛みが出ないので5kmコースへ。ただ折り返して上りになると、ちょっと痛みが出てきた。ゴールは28分52秒。しばらくはこんな感じの練習になるのかな。
 いつもの1kmダウンジョグをプラスして、今日は7.3km。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年11月18日(金)

京都食品製造所 [ショップ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここを「ショップ情報」のカテゴリーに入れていいのかどうか迷ったが・・・。まあ、京都にはこんなお店もあるということで。

 明日とあさっては、廉の大学(京都府立大学)の学園祭。
 陸上部は、おしるこを作って販売するらしい。そのおしるこのあんこを買いに京都食品製造所へ。ちょっと重たいので、パオパオの車での輸送を廉から依頼された。

 京都食品製造所は、御前通り花屋町下ルと言っても京都以外の方には分からないですよね。西大路五条の近く、もっと大雑把に言うと西京極競技場のあたりです。うちら、京都の北のほうに住んでいるもんからしたら、だいぶ南の西。

 着いてびっくり。「ふっるー。」
 廉が一人で入っていったのだが、なかなか出てこない。
 後で話を聞くと、おばあさん一人でやっておられるようだ。代金を払う時「朝はまだ頭がしっかり働いてへんから、計算がでけん」と言われたそうだ。
 私もそのおばあさんをチラッと見たが、杖をついておられた。ええねえ、大学生相手にバシバシゆうたってねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都食品製造所は、あんこのほかにもいろいろなものを扱っておられます。もし機会があれば、ぜひご利用ください。杖をついたしっかりしたおばあさんがていねいに対応してくださいますよ。

 あっ、それから、京都府立大学学園祭のほうもよろしく。
 陸上部のおしるこは、11月20日の日曜だけの出店だそうです。
 たくさん注文してもらえるといいのにね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年03月20日(金)

「RK工房」 [ショップ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちの家から西に50m、長代川にかかる橋を渡ると「RK工房」の看板。
 積極的に宣伝されていないので、うちが引っ越してきてもうすぐ2年になるのに、このパン屋さんには行ったことがなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1か月ほど前だったか、うちのヨメさんと真樹が初めてパンを買いに行った。
 「女の人が一人で、何もかもやってはるみたいよ。」

 「地球研前」バス停から長代川に沿った道に入り、ちょっと横に入ったところにそのお店はある。1階のガレージを改装して、パン工房にされていた。
 「RK」は、このパン屋さんのオーナーさんのイニシャルだった。
 火曜と木曜だけの営業。ということは、ここのパンはかなり希少価値がある。うちのヨメさんも、何度か営業日でない日に行ってしまったり、遅くに行ってパンがほとんど残ってなかったりということがあったようだ。
 「食べたくてもなかなか手に入らない・・・」。これは、行きたいのにいつまでたってもたどり着けなかった、カフカの「城」の世界かな?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こないだの火曜日、たまにはお昼にパンもいいだろうということになって、私が4人分買ってくることになった。

 「すいません、ブログに載せたいんで写真撮らせてもらっていいですか。」
 「はい。パンのことばかり書かれてるんですか。」
 「いえ、そうじゃないんですけど・・・。うちがこのすぐ近所なんです。」
 「そうなんですか。」

 そのあと、もっと話されるかなと思ったが、黙々と働いておられた。「仕事人」という感じで、たいへん好感が持てた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前にヨメさんがもらってきたこのお店のパンフレットには、「数に限りがありますので、できるだけ予約をしてください」と書かれていた。それが心配だったが、開店の11時半ちょうどに行ったので、たくさんの種類のパンを選ぶことができた。

 4人分なので、1人3個として12個。
 全部ちがう種類を買ったので12種類(調理パン7、菓子パン5)。これで、およそ2400円。1人頭600円になるので、お昼としては適切。
 私は子どもたちが選びそうにない、「サーモンなんたらサンド」から食べた。これがまた、意外においしくて・・・。大好きな「ベーコンエピ」も、さっき出来上がったばかりの感じで香ばしい。そのほかのパンも、どれもおいしかった。

 家から歩いてすぐの所に、こんなおいしてパンのお店があるとありがたい。
 なんとか、もうちょっと営業日を増やしていただけるとうれしいんですけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月28日(木)

古村ショップ [ショップ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 岩倉幡枝の「古村ショップ」をご存じでしょうか。
 幡枝のバス通りに面したこじんまりした店です。コンビニというか、何でも屋さんというか・・・。
 いなかの何でも屋さんを知っている人なら、なんとなく分かると思うのですが・・・。

 この店のご主人・古村正昭氏は、知る人ぞ知る名マラソンランナー。
 ぱっと見は、ソウルオリンピックマラソン優勝のボルディン(イタリア)。しかし体型はアベベ(エチオピア)のようにほっそり。。
 私より一回り上ですが、大学時代(40年くらい前)に出したフルマラソンの記録が、かなり長い間京都最高記録として残っていたのです。(確か、2時間21分やったと思う。)
 そして、つい最近まで、母校立命館大学の陸上部監督をされていました。大学女子駅伝では、もう一歩のところで優勝を逃しましたが、その後育てた子たちが大活躍。今や立命館は、大学女子駅伝の常勝校におどりでています。

 昨日うちの店の定休日で、近くで昼ごはんでも食べようと岩倉幡枝方面を歩いていると、古村さんにバッタリ。
 「古村ショップ」におられることはめったにないのに、私を見つけ、「藤井くーん、こんなとこでなにしとんにゃな。」
 けっきょく、そのすぐ近くの「まんまるのきもち」でいっしょにランチ。(ランチは1000円。わりと変わったものが出てきて、おいしいです。)

 いろいろ話をしたが、その中で一番おもしろかったこと。
 「藤井くーん、花背の家は今どうなってんの?」
 「置いたままです。今、空き家です。」
 「もったいないなあ、ええ家やのに。」
 「ボクがヨメさんに離婚されたら、あこしか帰るとこないし、それで置いてありますねん。」
 「そうかー。離婚されるかー。(しみじみ)」

 そんなしみじみ聞かんでも・・・。

 その帰り、「古村ショップ」に寄り果物を買う。
 「ちょっと悪なりかけやし、まけとくわ。」
 調子に乗って、いっぱい買ってしまいました。
 「もうちょっと近くやったら、毎日買い出しに来んにゃけどな。」とヨメさん。

 ここで、このブログの読者のみなさんに問題。
 なぜ、私と古村さんは知り合いなんでしょう?
 マラソンつながり・・・NO!

 実は、牛乳つながりなんです。
 くわしくは後日ということで・・・。 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年04月19日(土)

アシックスストアTOKYO [ショップ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

アシックスストア東京 テクニカルスタッフ・高橋洋平さん

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ホテルヴィンテージ新宿

 ホテルで朝食をとり、外に出ると突風。スカートのすそを押さえて歩く女の人が多かった。
 今日は、まず「ランナーズ」に行き、その後「アシックスストアTOKYO」へ。時間があれば、「ランステ」やランニングショップを回る予定。

 新宿駅から渋谷駅へ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

パチンコの開店にならぶ人

 忠犬ハチ公像やモヤイ像を見て、「ランナーズ」がある目黒区東山へ。駅から約20分ほどで、2丁目6番あたりにたどり着いた。
 意外に閑静な住宅地。比較的古そうなお屋敷あり、新しいマンションあり、○○会館あり、会社のビルあり。そのあたりを何回か回ってみたが、「ランナーズ」が見つからない。
 

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

ランナーズビル

 マンションから出てきた女性に、「『ランナーズ』という出版社をさがしているのですが・・・。」と言うと、ご存知ではなかったが、いっしょに歩いてさがしてくださった。
 なんて親切な。たった一人でもこういうふうに対応していただけると、それだけで東京のイメージアップ。
 ゆっくり歩くと、さっき通り過ぎていた所にありました。前もって言われていたとおり、5階建てのビルはひっそり、人の気配なし。
 郵便受けに、京みやげ「おたべ」と私の名刺を入れ、ビルの写真を撮って帰ることにした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ランナーズ玄関(私の心霊が・・・)

 そこから、また渋谷駅へ。
 歩いていると炭火焼のようないいにおい。まだ10時台やしおかしいなあと思っていたら、あれはどうもビル建設工事現場からただよってきている。
 朝ごはんしっかり食べてきたのに、もうお腹へってんのかなあ。(まぼろしのにおい。)

 渋谷から新橋へ。
 「アシックスストアTOKYO」は、歩いてすぐだった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

アシックスストアTOKYO

 一階のレジのところにおられた女性スタッフに声をかけた。この方がまたかっこいい人で、またゼッターランド・ヨーコさんに見えた。(このごろ、きれいでかっこいい女の人はみなゼッターランド・ヨーコさんに見えてしまう。これって、病気?)
 「京都のランニング用品店の『京都キャロット』と申します。うちのホームページに載せたいので、店内の写真撮らせてもらってもいいですか?」
 「それは、広報を通していただかないと・・・。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2階・ビデオコーナー

 「(えっ、アシックスに広報なんてあったっけ、と思いつつ) そうなんですか。うちの営業担当の、本社の田村さんにゆってもらったはずなんですけど。こちらのスタッフに同期の方がおられるそうで。」
 「わかりました。お名刺をいただけますか。」
 「はい。あのー、京都のおみやげです。みなさんで食べてください。」(名刺に京都キャロット雑用係って、書かんでよかった。もっとあやしまれるとこやった。ぎりぎり、セーフ。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ランニングマシンと足型測定器

 男性スタッフの方は、午前中はイベントで、お客様と共に走りに行っておられるとのこと。1時前には戻る予定ということだったので、店内をくわしく見せていただくことにした。
 写真撮影もOKが出たので、いろいろ撮らせてもらった。お客様が写らないようにと言われたので写真は殺風景だが、実際はひっきりなしに来客があった。
 スタッフの人数も多い。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

シューズコーナー

 2階に、初めてランニングシューズを買いにこられたようなお客様(中年の男性)がおられた。
 スタッフの説明がすごい。めちゃくちゃていねい。ありとあらゆる説明が次から次と・・・。これは、まねできん。
 お客様のほうもいろいろ興味をお持ちのようで、よく質問されていた。
 このやりとりを横で聞いていてしつこい感じがなかったのは、やっぱり言葉のせいかなあ。関西弁同士では、しつこいやろなあ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1階・レディスフロアー

 1階は、すべてレディスのウェア。
 これで、アシックスの意気込みがうかがえる。
 こちらも、ひっきりなしに30代と思われる女性が来店されていた。東京マラソンが火をつけた第?次マラソンブームを支えているのは、この人たちだ。
 確かに、このカラフルなウェアを見ているだけでもこころよい。ましてや、それを身に着けてかっこよく走る自分の姿を想像してみると・・・。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

2階・メンズウェア

 フルマラソンなら短くても3時間、場合によっては5、6時間。注目を浴びて走ることができる。自分を追い詰めさえしなければ、健康にもよい。
 また、いきいきと走る姿を見て、まわりの男性陣がほっておくはずがない。若い女性ランナーが増えると、それに付随して自然と男性ランナーも増える。いい循環だ。
 まだ少し時間があったので、さきにお昼を食べることにした。ガード下のラーメン屋さん、おいしかった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

喜多方ラーメン

 1時前、店に戻ると、男性スタッフ・高橋さんも帰ってこられていた。
 さすが、ほぼ毎日、お客様のランニングイベントを引っ張っておられるだけのことはある。見るからに走れそう。この人のアドバイスなら、聞いてしまうね。

 高橋さんからお聞きした話は、次のようなものである。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

女性スタッフをちょっとかすった

 「東京マラソンをきっかけにランナーの数は増えている。指摘されているとおり、30代女性の伸びが顕著である。アシックスストアも、そういったお客様のニーズに応えられるよう努力している。
 東京マラソンが大きくクローズアップされているが、当店のお客様の一番の目標はホノルルマラソン完走という人が多い。お客様のお話を聞いていると、ホノルルマラソンの魅力は東京マラソンどころではない。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ソックスの種類もすごい

 また、ランニングショップに求めるものも多様になってきた。商品購入の際の、専門的で的確なアドバイスはもちろんのこと、それにプラスアルファが必要。レベル別のトレーニングなどの各種イベント。ロッカーやシャワーの設備。これらは、東京のランニングショップでは当たり前のようになってきている。
 当店もロッカー、シャワー完備で、イベントもレベル別にほぼ毎日開いている。お客様があきないように新しいコースを見つけ、変化をもたせる工夫もしている。」 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ランニング用小物のむこうに私の心霊が

 京都は安全に走れる所は鴨川くらいしかないという話をすると、せっかく山に囲まれているのだからトレイルランのコースを見つけてみたらとアドバイスしてもらった。確かに。「東山三十六峰」と「鯖街道」の中盤くらいやもんな、京都の山を走るのは。考えてみるともったいない。
 「京都キャロット」も、ロッカー、シャワー完備にできたらいいんやけど、今の場所ではなあ・・・。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 でも、高橋さんとしゃべらせてもらっていい勉強になった。若いのにしっかりしてはる。
 「お客様があきられないように、常に新しいトレーニングコースを探しています。」との言葉には、感心しました。
 よく考えると、高橋さんの年齢は私の半分。その割にはええ仕事してまっせ。アシックスさん、高橋さんのお給料上げたってね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

京都走ろう会例会・8月第3日曜

京都走ろう会例会・8月第3日曜

2010三瓶高原クロスカントリー

2010三瓶高原クロスカントリー

第75回京都学生駅伝競走大会(12/7)

第75回京都学生駅伝競走大会(12/7)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.