パオパオだより

2017年04月14日(金)

アルパカ牧場対○○○○牧場 [雑感]

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

◎日経4月14日夕刊・瀬戸際の知恵(5)

   アルパカ 村に笑顔生む
          訪問客増え 生活に張り

 まだ1メートルを超える積雪が残る3月末、新潟県長岡市の旧山古志村にある牧場の畜舎で、20頭のアルパカが春の訪れを待っていた。

 2004年10月23日夕刻に発生した新潟県中越地震で、村民全員は村外避難を余儀なくされ、全域で避難指示が解除されるまで約2年半かかった。人口が減る中、復興の一助になればと、米国在住の日本人女性が3頭を寄贈し、09年春に村に到着した。活用を担ったのは元村職員の青木勝さん(67)だ。

 青木さんは「都会の長岡に移住するのではなく、山古志の自分の集落で暮らしたいという思いの村人の人生をより豊かにする」と考えた。愛くるしいアルパカで住民の笑顔をつくる。牧場の入場料は無料にした。

 たとえ100円でも有料だと「駐車場はないのか」「土産物はないのか」と文句が出るかもしれないが、無料ならば「アルパカに会えますか」と立ち寄る人の態度が異なると予想したためだ。思惑が的中したのか、気軽にアルパカを見に来られる観光スポットとして人気を集め、いまや休日には1日1千人超の客が牧場を訪れる。入場無料を聞きつけ、近隣の特養施設からもアルパカによる「癒やし」を求めて訪問が相次ぐ。

 アルパカが呼び水となって増えた村外からの訪問者は住民の生活に張り合いを与えた。変化は住民が設置する小規模の野菜販売所に表れた。以前なら「見た目が悪い」と敬遠されていた野菜だが、今では鮮度の良さを理由に購入する人が多いという。

 仲間3人と野菜や山菜を販売する女性(74)は「以前は自宅で食べるだけの野菜作りだったが、今では売るものだからなるべく良いものをつくろうと思う」とほほ笑む。

 青木さんは11年に役所を退職し、発足した「株式会社山越アルパカ村」の社長に就いた。アルパカはウシ目ラクダ科。牛を長年飼育してきた村の住民には飼育しやすい動物だ。牧場が開場する5〜11月、近くの住民5人が交代で清掃や餌やりを担当。1日1時間ほど働けば年末には1人10万円程度の収入になる。

 繁殖にも取り組み、今や60頭に増えた。各地の動物園などへの販売や長期間のリース、イベントでの貸し出しなど事業は牧場運営だけにとどまらないが、青木さんは「アルパカで地域の若者を3人くらい雇用するくらいの規模がいい」と話し、事業を拡大させるつもりはないという。

 最近、農林水産業では生産から加工、販売の一体化を組み合わせる「6次産業化」が注目されているが、青木さんは「その必要はない」と言い切る。「山古志で楽しく暮らしていける糧があればいい。暮らしの農業は0次」

 全村避難で一時、無人となった集落は無料で会えるアルパカによって長い歴史を刻んできた生活・文化を守りつつ、新たな魅力を創り始めた。

Globally involving trend everyone wish to have stuffs which unfortunately celebrities have got. A replica handbags together with breitling replica watch is a extremely popular trend accessory. But don't you get worried a lot of. There does exist most suitable option for you that is definitely get her replica hublot in addition to lower your expenses. You can find most of the factors associated with luxury watches with replica watches best sale. You can find a large number of 2017 replica lv damier azur this cater to practically woman associated with every taste. Because of typical to help trendy, because of modern day so that you can conventional, you can find different types of replica louis vuitton speedy which best meet your personality.

画像(320x182)・拡大画像(640x365)

------------------------------------------------------------------------------------

 今日は寮2(出町)24時間。

 ここは朝日新聞のほかに日本経済新聞も取っている。日経は株関係のページが半分くらいという印象。株持ってへん我々はどこ読んだらいいの状態。

 そんな日経だが、夕刊はまだおもしろい記事が多いと言える。
 「シリーズ・瀬戸際の知恵」もおもしろい。
 今日は、あの地震で大被害を受けた山古志村の知恵。

 そうかー、アルパカ牧場かー、やられたなー。

画像(320x213)・拡大画像(400x267)

 先日長崎の真柴先生宅を訪問させてもらった時、一番の話題は別所の将来のことだった。私のふるさと・花背別所町は、真柴先生にとっても社会人のスタートとなった地である。

 「こうじ君の学年はすごく多かったよね。」
 「はい、12人いました。僕らが最後の二けた学年です。そのあとは最高で7人です。真柴先生の1年目は、1年3人と2年7人の複式で、3年が僕らで12人でした。」
 「別所小学校はなくなってしまったけど、別所に小学生はいるんでしょ。」
 「それがね、うちの兄の孫と姉の孫と、あと一家庭だけなんですよ。みんなで3、4人やったと思います。」
 「えー、そんなに少なくなったの―。」
 「じいさんばあさんばっかりで、若い人がほとんどいませんから。」
 「この先、別所がにぎやかになることはもうないのかなあ・・・。」

画像(320x213)・拡大画像(400x267)

 私には夢がある。
 それは私の大好きなハイエナと遊べる「ハイエナ牧場」を別所に作ること。
 そんなことを思っているうちに、山古志村に「アルパカ牧場」を作られてしまった。新聞記事によると、けっこううまくいっているみたい。

 いろいろ調べてみると、アルパカは性格も穏やかで飼育しやすい動物のようだ。ハイエナはそうはいかんわな。「小さい子もいっしょに遊べる」、・・・無理やろな。

 山古志村のアルパカ牧場は販売もしていると書いてある。別所のじいさんばあさんらも牛を育てた経験のある人が多いので、山古志村からアルパカを仕入れて「別所アルパカ牧場」をするのもいいかも知れない。

 いやー、でも夢の「ハイエナ牧場」も捨てがたい。
 ハイエナ、ずっと見てても全然あきないんですよ。

 「東のアルパカ、西のハイエナ」、無理かなあ・・・。

画像(320x184)・拡大画像(640x368)

【追加】

 今日、真柴先生からメールをいただいた。
     ◇     ◇     ◇
 こんにちは。
 ぶじ走ることできましたか?
 子どもさんお元気でしたか。
 来てくれてありがとう。
     ◇     ◇     ◇
 シンプルやけどうれしいお言葉。
 すぐに返事。
     ◇     ◇     ◇
 こうじです。
 メールありがとうございます。
 マラソンは1位1位2位と3種目走り切りました。
 翌日娘が働くレストランにも行きました。
 また手紙書きます。
     ◇     ◇     ◇
 ショートメールなので、字数制限がありもどかしい。
 出会ったときは、大学出たての22歳の新採教師と小3のぼんず。でも、今はほとんど違和感のないのジジとババです。
 「来てくれてありがとう」の言葉は本当にうれしい。この先もお付き合いできれば・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月07日(金)

森きらら・海きらら [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の中学校時代の相棒・林幸博君と、2012年の春に長崎旅行をする予定だった。新幹線往復の予約を取り、泊めていただく予定だった中学校時代の恩師のお宅までのタクシーも予約した。そして例によって例のごとく、私は細かい旅行日程を組んでいた。もちろんその中に、「森きらら・海きらら」も入れてあった。

 しかし、幸博君のお兄さんからの突然の電話。
 「癌で入院して、そのまま出てこらへん。」
 それから約3か月後の6月26日、幸博君は亡くなった。(「ありがとう、幸博君」)

 今回の長崎行きの一番の目的は「真柴先生」だが、ずっと心に引っかかったままの「森きらら・海きらら」も見ておきたいというのもあった。

(注)まだまだ、続きます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

-------------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月05日(水)

いい情報そうでもない情報 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮1(二条)17時間。
 やっと本来の勤務体制に戻った。

 いつまでたっても朝は寒い。今日も6時で6℃。それが昼過ぎには20℃を超えるのだから、体の調子がおかしくなる。こういう体調を整えるのに、甲状腺は役に立っているらしい。

 寮生が入れ替わり、おもしろいことだらけ。でも、これは職務上知りえた情報ということになるのでブログには書けない。私のような経験をしている人は少ないと思うので、そんな話が何かの役に立つこともあると思うのだが、・・・残念やわ。

 先日、身近なある人から「私も20年ほど前に甲状腺全摘手術して、アイソトープ治療したんですよ。それからずっと〇〇〇〇〇〇(薬の名前)を飲み続けてます」と告げられた。
 まさかまさかのカミングアウト。ある人に私の病気のことを話し、それを聞いたその奥様がわざわざ私に話しかけてこられたのだ。

 「あなたのような方を探していました」と言いたかった。本当にありがたかった。
 その感情をあらわにしたわけではなかったが、「えっ、そうなんですか」と言った時の私の表情を見て、その喜びと安堵感は察していただけたと思う。

 「甲状腺低分化癌で甲状腺全摘手術して、コンブやらを食事制限した後に、監禁部屋で放射性ヨード治療せんならんのです」とか言っても、みんなちんぷんかんぷん。そらそうや。自分がこうならなかったとして、ほかの人から同じことを言われてもちんぷんかんぷんや。「癌て、患部を切り取ってしまう手術と抗癌剤と放射線の外照射治療とちゃうんかい」くらいしか知識がない。

 いろいろな経験がある方々が、自分の経験上の話をしてくださる。それは私のことを心配して言ってくださっているのだが、正直なんの役にも立たん。そんな人たちには悪いけれど、聞いていてちょっとイライラしてしまったりもする。このあたりが病気の「ビョーキ」たるところですね。(なんのこっちゃ!)

 カミングアウトしてくださった方は、厳密に言うと私と同じ病気ではない。しかし、治療法や手術、その予後についてはほぼ同じ。
 「今まで20年間薬を飲み続けてきやはって、平均寿命から行くとあと30年以上飲み続けなあかん。それだけでもすごいわー」と思ってしまった。
 身近な方なので、またなんでも気楽に聞いたりできる。ほんとうにいい病気の先輩が見つかった。

 専門知識のある医師や看護師は、治療する経験は豊富でも治療される側の経験には乏しい。「私ならこうする」と言われても、それはあくまでも仮定の話。ゆうて悪いけど、「ほんまに患者の気持ち、分かっとんかいな」と思ってしまう。医療従事者がいくらがんばろうと、実際に病気になられた方の体験談を超えることはできないと思う。

 大学時代の同級生のとしさんといい、今回の方といい、私は「病気の先輩」に恵まれている。ただ惜しむらくは、お二人とも男性ではなく女性であること。

 「男の甲状腺低分化癌患者、出て来いやー」、今はそんな気持ちです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月18日(土)

一人飯三日九食 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

■3月16日(木)

朝・冷ごはんのお茶漬け
昼・スーパーのお弁当とパンとお茶(704円)
夕・「ラーメン魁力屋」の餃子定食・ラーメン大(1058円)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

■3月17日(金)

朝・冷ごはんのお茶漬け、ごはんカチカチ
昼・コンビニのカレーとパン(406円)
夕・「ラーメン日本一」のから揚げ定食(850円)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

■3月18日(土)

朝・トーストとコーヒー
昼・コンビニのカップ焼きそばとパン(344円)
夕・「ラーメンタンポポ」のラーメン大とライス小(900円)
-------------------------------------------------------------------------------

 ヨメさんが沖縄に行っていた3日間、一食も作らなかった。
 一人飯はおいしくないねえ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月15日(水)

「そうだね!」 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮2(出町)24時間。
 こちらの寮の管理代行をさせてもらって、もうすぐ1年になる。

 寮長寮母さんがすごくいい方で、いつもいつも「藤井さんが来てくれてよかった」と言ってくださる。こんなうれしい言葉はない。

 寮長寮母さんの会話を聞いていて、いつも感じることがあった。寮母さんがバババッと発言されたことに対して、寮長さんが「それは、こうしたらいいだけのことや」といなされる。それに対して、寮母さんの反応はいつも「そうだね!」これが不思議でならなかった。

 今日、そのことを言ってみた。
 「寮母さんて、寮長さんの言わはることにすぐ『そうだね!』って納得しやはるじゃないですか。それがすごくビックリでした。」
 「そうですかー。」
 「うちのヨメさんなんか、話の途中で自分がまちがってるって気付いても、絶対『そうやな』なんて言いませんから。」
 「そうなんですか。私は寮長が自分を押し殺して悪役に徹しているのが分かってますから、指摘されたことはスッと入ってくるみたいですね。」
 「信頼されているんですね。うらやましい。」

 「でも、藤井さんの奥さんは・・・」というところから、ヨメさんの鍼灸師挑戦の話になった。うちのヨメさんをほめてほめて・・・。
 「私には絶対にできないことに挑戦されているので、がんばってほしいと思っています。」
 こんなありがたいお言葉に、なんとか応えて行かなくてはね。

 寮母さんはシャキシャキの江戸っ子。京都には絶対おらんさっぱりした女性です。そう言えば、下山さんの奥様もさっぱりしてたなあ。
 東京出身のさっぱり女性、いいですね。
 一回でいいし、ヨメさんに「そうや」と同意してほしいもんやねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

唯一のヨメさんとのペアになるネコちゃんソックス

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月14日(火)

はいれません! [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今まで保険の広告など関心がなかった。
 でも、最近はどうしても見てしまう。

 「いろんな種類の保険があるもんやなあ・・・。それぞれ掛け金がちがって、もらえる保険金もいろいろなんやなあ。いや、でも全部に共通の・・・。このちっこい字で書いてあるやつは・・・。」
     ◇     ◇     ◇

 健康についての4つの告知項目すべて「いいえ」であれば、お申込みいただけます。

□最近3カ月以内に、医師から入院、手術、検査のいずれかをすすめられたことがありますか。または、現在入院中ですか? 「はい」

□最近3カ月以内に、がんまたは上皮内新生物・慢性肝炎・肝硬変で、医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかをうけたことがありますか。 「はい」

□過去2年以内に、病気やけがで入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。 「はい」

□過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物で入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。 「はい」

     ◇     ◇     ◇

 「全滅じゃー!」

 この先まだ「がんで入院・手術」が待っていて、それがすんでも転移すればまた同じ。「5年間何もなければ保険に入れたるよ」って、・・・無理。

 「死ぬまではいれません!」

 毎月父に仕送りしていたつもりのお金で、父は私・ヨメ・息子・娘の保険金を払ってくれていた。父がもう管理できないということで、去年から直接私が支払うようにした。でも4人分の保険金は莫大なもので、私のがん保険と医療保険は解約しようと思っていた(二つ合わせて月11000円以上の掛け捨て)。
 ところが、解約しようと思っていた翌月に甲状腺分化癌発覚。
 「あー、解約せんでよかったー。」

 それにしても、ほかの3人はすべて貯蓄型の保険なのに、なーんで私だけ掛け捨てのがん保険と医療保険にしたんやろう。やっぱり、父には先見の明ちゅうのがあったんでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくがすねると、一番じゃまになるところで寝そべる。
 ずっとすねているうちに、なんですね始めたかも忘れてしまうくせに・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第36回武庫川新春ロードレース・続き

第36回武庫川新春ロードレース・続き

2000mレペティション

2000mレペティション

第25回SAIKOロードレース・前日受付

第25回SAIKOロードレース・前日受付

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.