パオパオだより

2024年05月10日(金)

ペア観戦チケット(招待) [ヤクルト]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スポナビの「神宮球場ペア観戦チケット(招待)」に応募したら、当たったー!

 応募するとき、「もし当たったら、ますみちゃんも一緒に行ってくれるか?」と言っていた。
 「当たるはずがないやろ」と言われていたが、当たりましたよー。
 5月21日22日23日の対DeNA3連戦。私は21日(火)と23日(木)は仕事なので、22日(水)に日帰りで行くしかない。

画像(320x179)・拡大画像(640x358)

 「ますみちゃん、当たったで。一緒に行ってくれるんやなあ。」
 「ほんまに席とれるんか。まずちゃんと確保してからや。」

 サイトにアクセスすると、一番いい席のS席だけが△で、それ以外は全部〇。(SS席のみ対象外)
 S席から順にやってみたが、全然つながらず。つながったと思ったら、途中で切れてしまう。この繰り返し。

 ますみさんが「電話しー」と言うのでヤクルト球団に電話した。
 電話はすぐつながり、結局「アクセス集中で、うまくつながるまで繰り返してもらうしかない」と言われた。
 午後3時10分から延々2時間半、パソコンで同じことを繰り返したが全然ダメ。そのうちにいい席は次々と×になってしまった。

 半分あきらめ気分で、ちょっとだけ走りに。
 午後6時10分に戻ってまた同じことをやってみると、なんとかライト外野席がとれた。外野ではまあまあいい席。トライして3時間後。
 5200円のS席をとるつもりだったのに、2900円の外野席になってしまった。
 「タダって、こういうことや」とますみさんは言う。でも、一緒には行ってくれるらしい。うれしい。

 家族ラインでこのことを報告すると、まきは「まきはずれたやつ」と送ってきた。まきも応募してたんかーい。当たったら、沖縄から行くつもりやったんかなあ。その気持ちがかわいらしい。

 最初は8時間半かかる昼間高速バスで行って、夜行バスで帰ってそのままバイトに行く予定だった。しかし、ますみさんが「8時間半の昼間高速バスはきつい」と言うので飛行機を探してみた。
 ありました、ジェトスター。手数料も入れて6470円。関空までは2500円ほどかかるが、成田空港から神宮球場は1241円で行ける。これで決まり。

 帰りは夜行バス。
 トイレなしのバスだと3000円であったが、トイレなしは不安。3列シートのトイレ付で5600円。
 京都駅八条口に朝6時10分着。バイト先の大学は京都駅から徒歩15分くらいなので、十分始業に間に合う。

 計算すると、交通費は全部で一人16009円。東京まで行ってこれは安い。飛行機で行くので、試合前に2時間ほど余裕もできた。
 楽しんできましょうねえ。
 それより、ヤクルトに勝ってもらわんとねえ。
 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年05月07日(火)

つつごうに泣く [ヤクルト]

画像(308x320)・拡大画像(617x640)

 昨日のDeNA対ヤクルト。 
 うれしくて悲しい試合だった。

 毎日毎日、大谷の代わり映えのしないニュースばっかり。
 「筒香情報を流さんかい!」と何回テレビに向かって叫んだことか。(これはますみさんが証言してくれる。)

 なにをかくそう、私は筒香ファン。ヤクルトの選手以外では唯一。
 どこが好きかと聞かれたら、「名前」。
 筒の香りやでー。なんかエロイ感じがしていい。

 アメリカに渡ってから鳴かず飛ばず。最初は少し情報もあったが、だんだん何の情報もなくなってしまった。
 「帰ってきたらええのになあ」と何回言ったことか。

 それがやっと実現。
 巨人に行かんでよかったわ。また使い捨てみたいに扱われるだけやし。

 昨日は筒香復帰第1戦。
 最初、普通のレフトフライをキャッチしただけで喚声が上がった。これがファンです。

 ヤクルト石川投手の186勝目がかかった試合。
 毎度のことながら、石川が先発すると野手が緊張して点が取れない。昨日も5回まで3対2の僅差。そこで石川は降板。
 いつもはここから逆転されて、石川の勝ち星が消えてしまうというパターンが多かった。ところが昨日は、7回に1点、8回にも1点追加し5対2。「今日は勝てるでー。」

 丸山、星、エスパーダの救援陣も踏ん張り、いい流れだった。
 そして8回裏、DeNAは1番から。エスパーダは1番打者は打ち取ったが、2番3番に連打で1点献上。5対3。
 それでも4番牧を三振に。ここで、高津監督の勝負勘が狂ってしまった。

 エスパーダは5番に四球。
 私は「はせちゅうに交代やー」と叫び、家族ラインにもそう送っておいた。はせちゅう(長谷川投手)は好調で、今年は左打者に1本もヒットを打たれていない。
 
 ところがエスパーダ続投。間を取りに行くわけでもなく、そのまま試合は続いた。
 四球後の初球。狙ってましたね、筒香。お見事でした。ほれぼれするようなきれいな逆転3ランホームラン。こんなんが見たかったー。

 いやいやいやー、これで石川の勝ちが消えてしまった。
 「なんということを!」

 私にとっては、うれしくて悲しい試合になってしまった。
 筒香も石川も活躍してほしいけど。

 でも、こんなことを言ってくださっている方もおられます。

画像(320x244)・拡大画像(640x489)

◎BASEBOLLKINGより

   「勝利投手の権利なんかさらさら思っていないんじゃないかな」
   ヤクルト・石川に大矢氏が感じたベテランの矜持

◆ らしさ全開の老練な投球を大矢氏が解説

 ヤクルトは6日、敵地でのDeNA戦に5−6で敗戦。先発した石川雅規は、5回92球2失点の内容で勝ち投手の権利を持ったまま降板したものの、今季初白星はお預けとなった。

 この日の石川は2回に犠飛などで2点を先制されたものの、直後に味方が逆転するとその後は落ち着いた投球でスコアボードに「0」を刻んでいく。

 勝利投手の権利がかかる5回のマウンドでは一死から度会隆輝に3イニングぶりに安打を浴びたが、1番の桑原将志を外角のシンカーを泳がせて中飛に打ち取ると、二死から度会を牽制で刺してこの回も「0」に。結局この日はここで交代となり、5回92球2失点、3安打1四球の内容でリードを保ったまま降板した。

 その後は8回に逆転されて白星もフイになった石川だったが、同日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した大矢明彦氏は「石川らしい粘りのあるピッチングだったと思いますよ」と44歳の大ベテランの投球を高評価した。

 また今年勝てば史上初となる23年連続勝利が記録されるだけに白星への期待が大きくなるが、大矢氏は「5回の勝利投手の権利なんかさらさら思っていないんじゃないかな」と胸中を推察すると、続けて「石川投手の場合は自分で責任を持って投げている。チームに主導権を与えたまま、自分の仕事をやりきるっていうね。その辺を感じさせてもらいました」とコメントし、自身の記録よりも目の前の試合に全力を注ぐ投手としての矜持を見せたと解説した。

 現在リーグ最下位に沈むヤクルトは、チーム防御率がセ・リーグ最下位と投手陣の安定感に課題を抱えており、石川にも記録以上の役割が求められている。22年以来の優勝に向け、今後も石川の投球に注目していきたい。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年04月30日(火)

はせちゅー [ヤクルト]

画像(320x215)・拡大画像(640x430)

◎サンスポ【球界ここだけの話(3249)】2023/12/01

   ヤクルト・長谷川宙輝が投手2人の戦力外で感じたこと
   「何で僕が残っているんだと」

 2024年は、さまざまな思いを抱いて臨むシーズンとなる。ヤクルト・長谷川宙輝投手(25)は、1軍登板わずか1試合に終わった今季を振り返り「悔しいです」と漏らした。ほとんどの選手が1年契約の厳しいプロ野球の世界。「背水の覚悟で、来年こそは無休で過ごしたいです」と決意をにじませた。

 2017年に東京・聖徳学園高から育成ドラフト2位でソフトバンクに入団。20年シーズンからヤクルトに移籍した。東京・小平市出身で、幼少期から憧れていたヤクルトのユニホーム。同年は44試合に登板したが、21年に血行障害の一種である胸郭出口症候群を発症し、同年9月に手術を受けた。22年は、2軍戦では実戦復帰を果たしたが1軍登板はなし。チームが日本一やリーグ連覇を果たす中、歓喜の輪に背番号53の姿はなかった。

 今季、チームは5位に沈んだ。投手陣の整備が課題となっているが、中でも「左のリリーフ」は重要事項の一つ。今季、左の救援投手で10試合以上に登板したのは、守護神としてリーグ2位の33セーブを挙げた田口と山本のみ。ソフトバンクを戦力外となった通算463試合の登板の嘉弥真を獲得し、ドラフト3位で明大・石原を指名したが、まだ足りないのが現状だ。

 シーズン終了後には、左のリリーフである久保と成田が戦力外通告を受けた。タイプは違うとはいえ、同じポジションの2投手がチームを去った。この事実は、長谷川にとっても大きな出来事だった。

 「久保さんと成田さんが戦力外になって、何で僕が残っているんだということをしっかり感じながら取り組みたいです」

 もちろん、チームの戦力になってもらいたいという期待があったからこそ、来季も燕のユニホームを着るわけだが、長谷川は自身が残ったことへの「責任」を深く感じていた。

画像(320x216)・拡大画像(528x358)

 オフシーズンは出力を上げるために、ウエートやフィジカルトレーニングに励んでいる。最速154キロを更新することが目標だが、「球速じゃなくても、そういうトレーニングをすることで、球の質感が変わってきたり、球速が速くなくても抑えることにつながれば」と生き残りをかけて必死になっている。

 左の剛球タイプは多くないだけに、力強い直球で押していくスタイルは大きな武器になる。だが、制球力が課題であることもまた事実。長所を伸ばしつつ、短所も削っていく。全ては1軍の舞台に上がるためだ。

 「チャンスですし、入ってくる選手には負けていられないです」

 来季はまさに背水の8年目。「ヤクルトの長谷川宙輝」がいる意味を考え、努力し、再び神宮のマウンドで躍動してほしい。(赤尾裕希)
-----------------------------------------------------------------------------------

画像(259x320)・拡大画像(518x640)

◎スポニチアネックス / 2024年5月1日 0時9分

   ヤクルト・長谷川が好救援で1127日ぶりの白星
   血行障害を乗り越え「凄く良かった」

 ◇セ・リーグ ヤクルト4―3巨人(2024年4月30日 東京D)

 ヤクルト・長谷川宙輝投手(25)が、30日の巨人戦で1127日ぶりとなる白星を手にした。

 1点ビハインドの6回1死一塁の場面で、星に代わって3番手としてマウンドに送り込まれた。丸に四球を与えて一、二塁とピンチを広げたものの、続く代打・長野を遊ゴロに打ち取って無失点で切り抜けた。直後の攻撃で味方打線が2点を奪って逆転したため、21年3月30日のDeNA戦(横浜)以来、3年ぶりに勝利投手となった。

 「先頭にフォアボールを出しましたけど、その後をしっかり抑えることができて勝利につながったのは凄く良かったなと思います」

 聖徳学園高から16年育成ドラフト2位で入団したソフトバンクでは支配下選手に昇格できず、20年からヤクルトに移籍した。21年には胸部の血行障害の手術を受け、22年は1軍登板機会なし、23年は1試合の登板で0勝0敗、防御率13・50という成績だった。

 移籍4年目、苦難を乗り越えて「左キラー」として再スタートを切った。「ピンチであったり左打者に対して抑えるのが自分の仕事」と長谷川。今年8月で26歳。プロ野球選手として脂が乗ってくる年齢でもあり、高津監督は「今から良い時期が始まっていく。若いので期待している。貴重な左ですしね」と飛躍を期待した。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(270x320)・拡大画像(540x640)

 「なんで、はせちゅーのファンなん?」とますみさんは不思議がる。
 そらそうや。
 ヤクルトと言えば、山田哲人、村上宗隆が2大看板。(うち的には内山壮真を入れて3大看板。)
 長谷川宙輝投手と言っても、ヤクルトファンからも忘れかけられている存在かもしれない。

 でも、私一押しの選手なんです!

 一押しの理由は、「ヤクルト一のおっとこまえ」。 
 「それかーい」と言われそうですが。

 はせちゅーはソフトバンクの育成で3年。そのあとにヤクルトへ。
 ヤクルト1年目に44登板と活躍。そのシーズン後に引退した五十風亮太(うちでは「ぴゅーた」と呼んでいる)の背番号「53」をもらった。

 「おう、これは左のぴゅーたや」と喜んでいた。
 「おっとこまえからおっとこまえに『53』が引き継がれたなあ。」

 しかしその後2年は血行障害でサッパリ。
 去年の浦添の春キャンプで、「長谷川宙輝」のタオルを買ったのだが、「一軍に戻れるんやろうか」と不安だった。
 結局、去年は1試合登板で終わった。
 「3年間あかんかったんやから、これは絶対に戦力外通告やなあ。あのタオルを持って応援することはなしかー」とガックリ来ていた。
 ところが今年も契約。
 そして1軍登録。
 1127日ぶりの勝ち投手。
 正直、夢を見ているようです。

 もっともっと夢を見させてくれー、はせちゅー。
 うちの地域猫も、どれかに「はせちゅー」って名前つけたろー。
 左利きのおっとこまえの猫はおらんかー。
 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2023年06月03日(土)

石川(43)青木(41)川端(35)でいいんちゃうん [ヤクルト]

画像(264x191)
画像(259x194)
画像(269x320)・拡大画像(311x369)

 ヤクルトの12連敗はきつかった。
 そのせいか、セリーグ2連覇のチームなのにオールスターファン投票が低調。どのポジションでも、惜しいところにも届いていない。

 でも、オールスターには監督推薦枠がある。
 今年のセリーグの監督は、前年優勝のヤクルトの高津監督。
 「もう、石川、青木、川端の監督推薦出場でいいんちゃうん」と言ったら、ヨメさんが「なんでそんな年寄りばっかり」と返す。
 いやいや、今のヤクルトはこの3選手の気迫で持ちこたえていると言っても過言ではない。

 6月に入って、おととい今日と2連勝。(昨日は雨で中止。)
 でもその前に12連敗してますからねえ。

 「年寄り3選手を脅かす元気な選手、出てこいや!」

---------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みーちゃんのカリカリがなくなりそう。
 体にいいカリカリはおいしくないみたいで、あまり食べようとしない。体にはよくなさそうなカリカリは、いい匂いがつけてあるのかバクバク食べる。これは混ぜ混ぜするしかないね。

 夕方6時前から町内ジョグ。
 トラちゃんにごあいさつして、家を再スタートしてコーナンへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6時過ぎなのに、こんなに明るい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自分の影がこんなに長い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 同志社横の岩倉川も、もう夜には蛍が出ているはず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コーナン着2.6km、17分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 パパパと買って、バッグに詰め帰路へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 沈む間際の太陽は、めちゃくちゃまぶしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の横を叡電が追い抜いていく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは荷物を背負っていたので、19分半。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その荷物を持ったまま、また町内ジョグ。

画像(236x320)・拡大画像(472x640)

 ひさしちゃんが。めずらしくひさしからおりていた。
 そばに寄って見ると、めちゃくちゃかわいい顔。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 さあ、カリカリブレンドを作らなければ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【今日のみー】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ヨメさんがだまって出かけたもんだから、「オバサンを出せー、オバサンを出せー」となき続けていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 鳴き疲れたら、びろーん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 カリカリを買って帰って、みーちゃんを探しに行ったら階段ではちあわせ。
 なぜかあくびをするみーちゃんでした。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2023年05月20日(土)

「四番・サード・内山」でええんちゃうん [ヤクルト]

画像(244x320)・拡大画像(283x370)

◎スポーツ報知 5/20(土) 15:34配信

   【ヤクルト】内山壮真がプロ初の3戦連発 失点直後に同点2ラン

◆JERAセ・リーグ DeNA―ヤクルト(20日・横浜)

 ヤクルトの内山壮真捕手が、プロ初の3戦連発となる3号2ランで試合を振り出しに戻した。

 2点を先制された直後の4回、2死一塁からDeNA先発ガゼルマンの高く入ったスライダーを捉え、左翼席まで運んだ。

 17、18日の巨人戦(神宮)でも本塁打を放っており、今季1号から3試合連発。リードするピーターズをバットでも援護した。
----------------------------------------------------------------------------------

画像(213x320)・拡大画像(426x640)

 今日もヤクルトが負けた。(4連敗で借金5)
 ヨメさんは、「疲れるだけやから、もう見んとき」と言う。
 「いや、それはファンとちゃうで。ファンは、負けても負けても負けても応援すんねん。」

 そうそう、ついこないだまでヤクルトは「負けて負けて負けて」の球団やったんやから。それを忘れたらあかん。

 それにしても、村上が気の毒すぎる。もう休ませてあげてほしい。
 「出続けていたら、そのうちに調子が出てくる」と言う人がほとんどだったが、もうそんな段階ではない。
 うちでは、エラーしても自分から「ドンマイ」と言う村上を見て、「ドンマイ村上」と呼んでいた。でもエラーが多すぎて、もう「ドンマイ」という雰囲気もなくなってしまった。
 休ませてあげたらダメなんでしょうか。

 「誰が4番打つ?」と言う人が多いと思う。
 普通、村上の代わりはサンタナかオスナです。でも、発想の転換をしましょう。
 ヤクルトには、絶好調の内山がいるじゃないですか。内山選手は元々ショートだったので、サードの守備もだいじょうぶでしょう。

 身長171cm、体重71kgの小さな大打者、内山選手をヤクルトの4番に!
 まだ20歳ですが、だいじょうぶ。
 新たな発想で、ここは思い切って悪い流れを変えてみませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は24時間バイトからの朝帰り。いつもならこの続きに京都御所のバイトに行っていた。そんなしんどいこと、ようやってたね。

 また、いつもの2kmウォーキングへ。
 静市公園までは11分くらい。すごく速く歩けたので、帰りは走ってみることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 特に痛みも出ず、ちょうど6分。
 これは意外だった。
 もうちょい走ってもだいじょうぶそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 町内ジョグに行くと、いきなりぴゅーた。
 また新築の家のガレージにいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その一筋北の通りにはぱん君。
 耳がVカット。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さらにその先には、ドキンちゃんとぷーぷー。
 私が疲れていても、こうして応援団が出てきてくれる。
 うれしいねえ。

---------------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 晩ごはんを食べたあと、ちょっとだけ走りに。

 また、ぴゅーたいましたね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2kmを走ってみる。

 5分31秒、4分58秒で10分29秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日の京都走ろう会は3.1kmをゆっくり走ろうと思っていたが、5kmは走れそう。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 明日は走った後に親睦会。
 今回は、飲食物は各自で用意するとのこと。ますみちゃんがおにぎり弁当を作ってくれるらしい。それを楽しみにして、がんばって走ろう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2023年05月10日(水)

2日連続完封勝利 [ヤクルト]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日、甲子園球場に行ってきました。
 実は、ヨメさんを誘っても来てくれないと思い一人分だけ席を確保。と思ったら、2つのサイトからチケット購入を検討していて、知らん間にちょっと離れた2席を購入してしまっていました。

 昨日の朝、「甲子園にヤクルトの応援しに行ってくるわ。まちごうてバラバラの2つの席を取ってしもたんやけど、ますみちゃんは行かへんわなあ」と言ってみた。
 すると「行く!」と即答。
 「あれ、前にもゆったら、『そんなもん、行ってられるかいな』ゆうとったやん。」
 「チケット代がもったいないし。」
 「いやー、こんなうれしいことはない。ますみちゃんと一緒にヤクルトの応援ができるー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後3時前に家を出て、5時ごろ甲子園着。
 駅前に大阪王将があったので、持ち帰り弁当を注文。これにペットボトルのお茶を買って、今日の晩ごはんに。
 電車で来たのでビールを飲んでもだいじょうぶだが、750円もするのでしんぼうです。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 二人ともレフト外野席。塀から近く、バックスクリーンのすぐ横。

 私は前から4列目。周りはみんな阪神ファンかと思ったら、目の前にヤクルトファンの若者。それも川端選手のユニフォームを着ていた。ええ子です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 試合は、ヤクルト吉村投手と阪神村上投手の投げ合いでずっと0行進。
 7回表にやっと、ヤクルトサンタナ選手のソロホームランで均衡が破れた。
 数百人しかいないヤクルトファンは大喜び。それにしても、4万人対400人の応援合戦はきついね。大阪にヤクルトファンはおらんのかーい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8回、突然スコアボードが真っ暗に。
 まっ、この位置から後ろを見るのはしんどかったので、どうってこともなかった。
 それより、外野席は背もたれもないので長く座っているのがしんどい。もし今度来るとしたら、もっといい席から見よう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1対0のまま、9回裏阪神最後の攻撃に。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 最後だけヨメさんの席に行ったら、後ろの席の方がもう帰られていたのでそこに座らせてもらった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 9回裏ノーアウト2塁になったけど、田口投手が踏ん張って1対0でヤクルトの完封勝ち。
 「バンザーイ!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 阪神さん、ありがとうございます。
 たぶん1パーセントしかいないヤクルトファンは大喜び。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 甲子園球場は、来年で100周年らしい。
 「巨人の星」前で記念撮影。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 球場を出るのが遅かったので、駅に入るだけでだいぶ時間がかかった。それでもそのあとがスムーズに行けたので、叡電の最終の一つ前に乗れた。

 家に着いたのは11時40分。
 こんな遅くまで付き合ってくれて、ますみちゃんには感謝感謝。
-----------------------------------------------------------------------------------

画像(232x320)・拡大画像(270x372)

◎スポーツ報知 5/10(水) 21:15配信

   【ヤクルト】43歳石川雅規、1年目から22年連続勝利のプロ野球タイ記録 
         元近鉄・米田哲也に並ぶ「また次の1勝を」

◆JERAセ・リーグ 阪神0―5ヤクルト(10日・甲子園)

 球界最年長投手の43歳、ヤクルト・石川雅規投手が先発。5回1/3を4安打無失点と好投し、1年目から22年連続勝利のプロ野球タイ記録をマークした。

 石川は1年目の02年から昨季まで21年連続白星。この白星で22年連続勝利となり、56〜77年の米田哲也(近鉄)が持つプロ野球記録に並んだ。

 4月20日の中日戦(神宮)以来の1軍先発となったこの日は、シンカーやスライダーなど多彩な球種をコースに投げ分け、打たせて取る投球で順調にゼロを並べた。3回には連打を許して、無死一、二塁と得点圏に走者を背負ったが、百戦錬磨の投球術で後続を断った。

 打線は4回に3者連続四死球で2死満塁とすると、オスナが阪神・西の145キロ高め直球を左前に先制2点打。レジェンド左腕の通算184勝目を後押しした。

 試合後、石川は「両サイドにストレートを投げることができた。(目標の200勝まで)1勝1勝ですよ。また次の1勝をとれるように頑張るだけです」と次を見据えた。
----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x214)・拡大画像(378x253)

 そして、今日。
 今日は身長167cm、43歳の石川雅規投手が先発。

 いつもいつも「石川投手に勝ち星を」という気持ちが強すぎて、みんなガチガチになってしまうのだが今日はちがった。前日接戦をものにした余裕が感じられた。
 石川も1回に大量失点してしまうことが多かったのだが、今日は1回2回と3者凡退。
 「これはいける」と期待できた。

 最速134キロでしたっけ。
 これで空振りをどんどん取れるんですから、おもしろいねえ。

 救援陣もがんばって、石川に184勝目をプレゼント。
 正直、石川投手の200勝は無理かもと思っていたけどだいじょうぶです。
 今年は無理やけど、来年に行ってまえ!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2024


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第48回京都スポーツ祭典陸上競技大会・お友だち編

第48回京都スポーツ祭典陸上競技大会・お友だち編

年賀状投函ラン

年賀状投函ラン

2015年度に見た映画のまとめ

2015年度に見た映画のまとめ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.