パオパオだより

2019年09月23日(月)

ミズノ・ウェーブダイチ4 [ランニング用品]

画像(320x320)・拡大画像(530x530)

 10月6日は「峨山道トレイルラン77km」。
 10月20日は「花脊トレイルラン25km」。

 両方制限時間内に完走すればいいのだが、ヨメさんは「峨山道」は絶対に無理と言う。たしかに、今の私の状態を考えるとそう思われても仕方ない。

 去年の年末から今年初めにかけての「恥骨骨折」、そのあとに続いた「頚椎狭窄症」。このおかげで、練習はさっぱりで、レース結果は惨憺たるもの。

 「恥骨骨折」と「頚椎狭窄症」はひと段落したが、長期にわたる練習不足のために少し走ると体のあちこちが痛む。
 今できることは、この痛みをできるだけ和らげること。そのために一番に考えるのはシューズ。今まで多くのトレイルシューズを試し履きしてみたが、長い距離のトレイルに適応できるシューズが見つかった。

 

「ミズノ・ウェーブダイチ4」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 トレイルラン用のシューズは、かっちり履かせるためか、つま先部分がとがっているものが多い。しかし、私らの年代のベテランランナーは扁平足が多い。つま先部分がとがっていると、長時間のランニングでは必ず痛みが出てくる。

 その点、この

「ミズノ・ウェーブダイチ4」

は余裕のあるつくり。この幅なら当たるところもなく、ストレスのない走りができそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 トレイルラン用のシューズのソールはたいそうなパターンのものが多いが、このシューズはトレイルも舗装路も両方に対応できるようなソールになっている。このあたりは実際に走ってみないと分からないが。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 足入れ感、抜群。
 トレイル用のソールでなかったら、ウルトラマラソンにも使えそうな感覚。
 
 ただし私は甲高なので、靴ひもが余らなかった。これならシューレースロックを使ってもいい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「さて、どこを走ってみるか」と考えたのだが、いきなり山岳コースというわけにもいかず。第一、近くにそんないいコースはない。
 とりあえずは舗装路と未舗装路の両方を体験するということで、鴨川河川敷を目指すことにした。

 午後4時、自宅スタート。
 うちのすぐそばに、350mの土の遊歩道がある。いつもきくを散歩させているところ。
 まずここを走ってみた。
 いい感じ。しっかり地面をつかまえながら走っている感覚だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その先は急な下りを含む舗装路。 
 3.7kmほどで上賀茂神社へ。
 どこも痛むところなく問題なし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川河川敷に出て、未舗装路へ。
 ただし以前に比べて、コンクリートで固めてある部分が多くなっている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山大橋を過ぎた第1給水所(?)手前で5km、32分07秒。
 キロ6分25秒ペース。ずっと緩やかな下りなので、すごく楽に走れている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出雲路橋東詰めの南側に、かわいいネコちゃん。
 しばらく姿を見なくて心配していたネコちゃんかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出町の合流地点からは東岸を走ることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 飛び石を渡って東岸へ。
 いい天気なので、大勢の人が渡られていた。
 「ごめんやっしゃ、ごめんやっしゃ・・・」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 三条大橋のたもとに「立入禁止」の看板あり。
 「もうちょいで10Kmやし、そこで折り返そうと思ってたのに・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9.72km、1時間02分37秒。

 今日は休まず20km走る予定なので、帰りを工夫しなければならない。

 おり返して300m弱のところで10km、1時間04分26秒。
 5〜10の5kmも32分18秒と同じペースで走れていた。ほぼ未舗装だったが、リズムが乱れることなく順調に走れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出町の合流地点から高野川へ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 こちらの河川敷は狭く、自転車が来るとこわい。
 ただ、走ったり歩いたりしている人は少なかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中から河川敷がなくなり、上の歩道へ。
 ここもあまり広くないので走りやすくはない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 松ヶ崎橋を超えたところで15km、1時間37分20秒。
 この5kmは32分53秒。緩やかな上りだが、ほぼ同じペースで走れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自宅到着で19.5kmほどだったので、また町内で調整して20kmにした。
 ゴールは2時間13分07秒。この5kmは35分46秒。キロ7分10秒ペース。
 最後の5kmはさすがに疲れた。
 それでも、足のどこにも痛みが出なかったのがよかった。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 あと1回はアップダウンのあるトレイルコースで練習したい。
 「峨山道」はこのシューズでがんばります。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年10月20日(土)

緊急・足型測定会 [ランニング用品]

画像(320x161)・拡大画像(640x323)

画像はブログ「実践帰宅ランと実践職場ランチ」より拝借

 急なことですが、21日の日曜日に「京都キャロット」で足型測定会があります。
 私もそうですが、ランナーのみなさんはしっかり計画を立てておられる方が多いので、急に言われて急に参加は難しいと思います。しかしシューズとインソールをいっしょに買っていただくと、ともに2割引きだそうです。

 時間の都合がつきそうでしたら、ぜひご来店ください。
 くわしくは、このブログのリンク集のトップ「京都キャロット」を見てください(→)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は今年の2月、鞍馬口医療センター整形外科でインソールを作ってもらった。

 左足の親指付け根の激痛を訴えると、「両外反母趾、両扁平足」と診断された。そして、インソールを作って使うようにと指示された。
 そのあと、できるだけこのインソールを入れたシューズで走るようにした。すると、いつの間にか左足の親指付け根の痛みはなくなった。

 「京都キャロット」でも、ほぼこれと同じようなインソールを作ってもらえるらしい。
 特注インソールはシューズ並みの価格になってしまうが、「故障を防ぐ」ツールだと思えば安い。

 何がしかシューズの具合が悪い状態が続いている方は、思い切って特注インソールを作ってみる価値はあると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は、今日寮2に24時間バイトからの朝帰り。
 小雨が降っていたが、いつも通りきくの早朝散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくといっしょに写真を撮ろうとしたら、きくの顔が枠外。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もう1枚は枠内に入ったのに、きくがあっちを向いていた。
 うまいこと撮れんもんですねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 毎度おなじみ、野菜自販機帰りのお散歩。
 きくは、ちょっとだけでも散歩ができたらうれしいみたい。

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、1080円散髪に行ってスッキリ。

 久しぶりに走ってみた。
 いつもの5kmコースにしようと思ったが、まだ太ももが痛い。

 3kmにしといた。
 6分36、6分42、6分31で19分51秒。

 明日の京都走ろう会例会は、10kmを走ろうをと思っていたが無理。3.1kmか5kmかなあ。
 晩に、ヨメさんに温灸器治療してもらおう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年06月14日(木)

ブルックスMAZAMA [ランニング用品]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前半戦のメインエベント、6月23日沖縄慰霊の日の「一人沖縄平和ラン」もまだ終わっていないのに、もう気持ちは後半戦。10月14日に、能登半島で「峨山道トレイルラン・73km」(羽咋市〜輪島市、14時間半制限)というのがある。
     ◇     ◇     ◇
 約700年前、時のトレイルランナー「峨山禅師」が駆け抜けた伝説の古道「峨山道」。曹洞宗の礎を築いた高僧が總持寺ー永光寺を往来した修行をイメージし、食料を提供するエイドは1箇所のみ、あとは水と塩だけという厳しさの中、セルフサポートでゴールを目指す。
     ◇     ◇     ◇
 「トレイルラン」、「曹洞宗」、「セルフサポート」にピピピと来ましたねー。私の実家は「曹洞宗」。水と塩しかサポートしないって、これまたうれしいねえ。「サービスが悪い」と文句タラタラランナーは参加できない。スキっとする。

 最近こそトレイルレースに出ていないが、以前はたくさん出ていた。「大江山」、「飯道山」、「那岐山」、「野辺山、「御嶽山」、「比婆山」、「王滝」などなど。

 久しぶりのトレイルラン。能登半島73kmの山道を走って、悟りを開こうと思う。

 そのためには、まずシューズ。
 

ブルックスMAZAMA


 

というトレイルランシューズが手に入った。このシューズは細長。いつもは26.5cmなのだが、このシューズだとつま先がだいぶ余った。よって、26.0cmに。 
 外反母趾のため親指は当たっているが、小指が当たっていないのでこれでだいじょうぶなはず。

 結果を先に言うと、非常に具合がよかった。
 トレイルラン用のシューズが小さめな理由がよく分かった。きっちり履かないと、シューズの中で足が動いてしまう。それは山道ではかなり危険。多少当たるところは、しっかり履きこなしてなじませるしかない。
 ついでに言っておくと、ソックスもずれにくいすべり止め付きにすること。これで、足が動いてしまいやすくなる下り対策はバッチリです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 アウトソールもギザギザになっていてすべりにくくなっている。
 重量は26.0cmで260gくらい。トレイルラン用シューズにしてはかなり軽い方だ。
 もう重いシューズは履きこなせないので、この軽さはありがたい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 近くでトレイルランの練習になるところ・・・、宝が池公園ですね。
 山の中を走るときは目立つ色のほうがいい。ということで黄色のTシャツ。本番でもハーフタイツで出るかもしれないので、私としてはめずらしいハーフタイツで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずは長代川沿いの土の道。
 シューズがしっかり地面をつかんでいます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北稜高校の西側を通り・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都乗馬クラブの北に出たので、この丘を上がる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こんな近くに乗馬クラブがあるのなら、乗馬も習ってみたいなあ。高いんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お馬さんがお不思議そうにこっちを見ていた。
 ここは私道やから、本当は入ったらあかんとこかもしれん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 坂を下りたら、もうすぐ宝が池公園。
 ここで、下りでシューズの中の足が動いてしまうことが分かった。もっと、きちきちに履かないとあかんみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 宝が池公園入口で2.2kmほど。
 ここからトレイルぽいコースになる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 池の周りは砂利が敷いてあるので走りづらい。
 まあ、それも練習ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 起点から300mほど行ったところに、森に入っていく道がある。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 最初はコンクリート舗装。
 トレイルランレースでは、コース中にこんな個所も多い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 分かれ道に標識がない。
 右でよかったんかなあと思いながら進む。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中にフェンスがあり、扉が設置されていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2枚目の扉前で記念写真。
 けっこう上がってきたので、あとは下りですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 木々の間から下界が見える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 調子よく下って行ったつもりだったが、途中から道らしいものが見当たらなくなってしまった。これ、冬とか夕方暗い時とかやったら遭難するパターンです。大文字山での遭難が増えているらしいけど、こんな低いところで遭難したら、非難ごうごうでしょうね。

 トレイルシューズのおかげで急な下りも安心だったが、一度だけ落ち葉が積もっているところで滑ってしまった。トレイルランは下りが要注意。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっと山から出られたと思ったら、そこは墓場。
 予定していたところよりだいぶ南に降りてしまったようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すぐ横は松ヶ崎大黒天。
 お墓と神社が隣り合わせちゅうのもおもしろい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこからしばらくアスファルト道を通って宝が池方面へ。
 子どもの楽園前で5.5km。

 このまま帰ると物足りないので、もう一度森に入ることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さっきと反対のコースを走るつもりで、土の道を入っていく。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 平安騎馬隊の厩舎があるところで行き止まり。
 仕方ないので引き返す。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここは入って行けそうな感じ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ちゃんとした登山道があった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 石段もありーの・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 タモリさんが好きそうな岩もありーの・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今度は迷うことなく下りていけた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ほぼ元の場所に近いところに戻った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あとは池周回の道路を通って、出入り口まで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出口で約8.3km、1時間。

 一応、約6kmを47分のトレイル練習ができた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 帰りも長代川沿いの土の道を。ここは350mある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に到着、10.6km、1時間14分。
 
 ブルックスMAZAMAは、トレイルも舗装路もどちらも行けることが分かった。。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、例のシロクロちゃんが寝そべっていた。
 このごろこのネコちゃんばっかりなので、ほかのネコは遠慮してるのかな。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 近くにいいトレイル練習コースが見つかった。
 シューズを慣らすために、せめて週に1回くらいはここを走りたいねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家にはいるときくが見当たらなかった。
 よく探すと、カーテンにくるまっていた。
 寝てばっかりいんと、またオッサンとも走ろうな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年03月01日(木)

ミズノ5本指ソックス(アーチサポート) [ランニング用品]

画像(320x320)・拡大画像(530x530)

ミズノ 5本指ソックス (アーチサポート)2MX5503

 外反母趾&扁平足の私に、「京都マラソン用最終秘密兵器」としてヨメさんが用意してくれていたのがこのソックス。履こうとしていた矢先に急性胆管炎になり、そのまま入院。退院日が「京都マラソン」前日だったので、このソックスも履かないまま放置されていた。

ミズノ 5本指ソックス (アーチサポート)2MX5503

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日やっと履いてみる気になった。
 次の目標に向けて、そろそろスビートを上げる工夫をしていかなくては。

 足にピッタリフィットするタイプのソックスなので、履くのにちょっと時間がかかる。ただ履けば無駄な隙間などがなく、本当にピッタリ。
 アーチサポートというだけあって、足底がキュッと持ち上がる感じ。それと、私の気のせいだと思うが、足指も広がった感じがする。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 足入れ感覚はすごくいい。
 どちらかというと薄めのタイプなので、レースにも十分使えそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このソックスの効果を調べるために、医療用インソールは入れずに走ってみることにした。普通のインソールのスカイセンサーJAPANで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は一回お休みした三線教室に行ったので、走ろうとしたときはもう暗くなっていた。こういう時は走りなれた十王堂橋往復5kmコースへ。

 走り始めはいつも足指の付け根が痛むのに、今日はだいじょうぶだった。途中少し痛みかけたが、ほとんど気にならず。

 これはいい。
 アーチサポートソックスは分厚いものが多いのだが、これは薄いので普通のソックスと変わらない感覚。今日は5kmを30分とゆっくりだったが、もっとスピードを出してもだいじょうぶな気がする。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 このソックスで「京都マラソン」に出られていたら・・・。
 ますます「サブ3.5」の可能性は高まっていただろうに。

 過ぎたことを言っても仕方ない。
 このソックスでもう少しスピードアップを図っていこう。そして、次はどのレースに照準を絞るかなあ。

※ この「ミズノ5本指ソックス(アーチサポート) ¥1944」は京都キャロットで1700円(税込み)で販売しています。
 また今後も私の使用レポートを書こうと思っていますので、よろしければお買い求めください。(いいタイムで走らないと、このソックスの売り上げにかかわってしまうなあ。)

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の朝で、真樹とはお別れ。
 今回、きくは真樹を思い出すのが早く、けっこうベチャベチャと引っ付いていたのに・・・。ざーんねん!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 国際会館駅まで、お見送り。
 さみしくなるね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その続きに、オバサンオッサン二人引きのお散歩へ。
 うれしいうれしいから、しっぽピーン!

 「真樹ちゃん、また帰って来て遊んでねー。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月08日(金)

ソックス選び [ランニング用品]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が、シューズ選びと同じくらいに重視しているのがソックス。特に、長い距離を走るときはソックスが重要。ストレスを感じさせない物を選ばなくてはならない。

 先日、京都走ろう会の堂本さんからお勧めのソックスを教えていただいた。ところが、そのソックスは「京都キャロット」の取り扱い商品ではなかった。残念! 
 ヨメさんに内緒でどこかで調達するという手もないことはないのだが、それは・・・。

 その代わり、ヨメさんのおすすめのソックスを試すことにした。
 信頼あるC3fitのアーチサポートクォーターソックス。
 まずアーチが落ちてビロビロになっている私の足には、サポートがバッチリ。そしてくるぶしが完全に隠れる長めのソックスなので、短いソックスのスース―感がない。
 後ろの部分にリフレクターロゴがついているので、夕方、車にひかれそうになっていることが多い私は助かる。

 あとは走ってみて・・・。
 かかとの補強部分がふかふかで、気持ちいい。練習にはすごくいい感じ。ただ、レースにはちょっとどうかな。もう少し長い距離で使ってみないとどうとも言えない。

 次に長い距離を走るときに使ってみよう。
 と言っても、もう「沖縄100km」まで走れる日がほとんどない。もう間に合わんか・・・。

画像(300x300)

-------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 今日は「村松流3」をしようと思っていた。しかし、走ろうと思ったときに雨が降り出してきた。今ごろ長い距離を走るのはどうかなあという気持ちもあったので、「もう走らんとき」と神さんがゆうてはんにゃと解釈。

 けっきょく、昨日と全く同じ練習。
 最初にいつもの5kmをゆっくり。
 5分55、5分54、5分58、5分41、5分48で29分18秒。

 1kmジョグのあと、1.5km全力。
 3分54、1分57で5分51秒。
 今はこれが精一杯か。
 目標は5分30秒なんですが・・・。

 このあと2.5kmジョグをして、今日も合計10km。

-------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 よく出社拒否をするきく。
 ところが私が「仕事に行くでー」と言ったら、ストーブにあたっていてもガバッと起き上がる。自分でも悪いと思ってるんやね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ストーブ前で寝ているときは、時々「クワッ、クワッ」と変な声を出す。うなされてるんかなあ。
 ヨメさんによると、「床暖カーペットが熱すぎるんやわ」と。そうなんやろか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 外反母趾がますますひどくなってきたので、ヨメさんがテープで矯正してくれた。はったときは開くけど、またすぐ戻るんちゃうん。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月07日(木)

シューズ選びの難しさ [ランニング用品]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日、久しぶりに「アディゼロタクミ・センブースト」を履いた。今度の日曜、「亀岡1.5km」ですから。
 12月に入ってずっと「スカイセンサーJAPAN」を履いていた。これはウルトラ用にはバッチリ。当分これで練習して、12月17日の「沖縄100km」の本番もこれで出る。
 それはそれでよかったのだが、今日薄いシューズを履くと頭にガンガン。その前は全然そんなことはなかったのに。この1週間で、私の走法が変わってしまったということなんでしょうね。

 それに「センブースト」のかかと部分をよく見ると、左足の外側が減りすぎてますやん。黒いところが削れて、白いところが見えてますやん。これ、あかんやつやん。
 「センブースト」は、「京都マラソン」に使おうと思っていた。それまでちびらんように履こうと思っていたのに、もう十分ちびってますやん。どうしましょ。

 「沖縄100km」のあとは、1月21日の「名護ハーフ」、そして2月18日の「京都マラソン」。その両方に「セン・ブースト」を使うつもりだった。でもシューズの状態を見てみると、ハーフは行けてもフルはちょっと・・・という感じ。
 「スカイセンサーJAPAN」はいいシューズなのだが、「守り」のイメージ。「名護」と「京都」はとことん「攻め」たいからねえ。

 今日思ったのだが、目標のレースに向けては練習もレースも同じシューズを履いたほうがいい。そうでないと調子が狂ってしまう。
 ただし、私のように「1.5kmの翌週に100km」というような者はどうしようもないですけどね。

※ おもしろい記事を見つけました。
  ブログ「素人ランナーのランニング考察」の「フラットソールとセパレートソールの違いと実際に試した比較 」
 「そもそも人の走り方にはその人個人のクセがあって、それは個性とも言うべきです。本来持っている個性をちょっとずつ修正しながら伸ばした方が、結果的にタイムも良くなるしケガも少なくなります」という観点からいろいろと考察しておられるので参考になる。知ったかぶりの講釈よりずっと信用できます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の一人晩ごはんは、おかずが少なかったのでキムチをプラス。
 久しぶりに食べたら、すごくおいしかった。

-------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 一度くらいは「1.5km全力」をやっておきたかった。

 まずはいつもの5km。
 6分06、6分06、6分06、5分56、6分06で30分22秒。1kmごとのスプリットが、5回中4回同じでビックリ。

 1kmジョグのあと、いつもの1kmコースを伸ばして1.5km。
 3分52、1分58で5分50秒。
 初めての1.5km全力の割にはまあまかな。いや、最近キロ6分半ペースで走っていたんやから、ようこれだけ走れたなあと思ったほうがいい。
 調子に乗って、肉離れを起こさんように気をつけなあかん。

 この後またゆっくりジョグを2.5kmして、今日は合計10km。

-------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくはかわいいなあ。」
 「しっとる!」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

雨の名護

雨の名護

10kmTT+妖怪ラン

10kmTT+妖怪ラン

きくのがんばり

きくのがんばり

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.