パオパオだより

2020年09月11日(金)

歩行困難 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、京大病院放射線治療科。
 甲状腺癌の経過観察。

 駐車代がもったいないので、いつもはバイト先である寮2に車を停めてそこから歩いて行っていた(約1.2km)。ところが、今日はダメ。
 昨日の夜ロキソニンを飲んで寝たのだが、朝起きたらさらにお股の具合が悪化していた。もうほとんど歩けない。

 京大病院の駐車場は一律1000円なので、病院近くのコインパーキング(30分200円)に入れた。そこから病院までは200mほどだったが、それでも痛くて痛くてだいぶ時間がかかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時から診察。
 担当のN医師は、「なんでも知ってる話のうまい大学生」のよう。
 なにをお聞きしても、ペラペラと答えてくださる。「そこまでつまびらかにしなくとも」と心配になることもある。だから、ここにはくわしくは書かない。

 今から思うと、膀胱癌の手術も京大病院の方がよかったかも・・・。いやいやいや、看護師さんなどがいい人ばかりだったし鞍馬口の勝ちかな。
 病院の選択は悩ましいねえ。

 とりあえず、今年のアイソトープ治療は延期。血液中のサイログロブリン値をしっかり見て行きましょうという結論。
 「コロナの影響で不確定要素が大きいですけど、また来年の夏か秋に入院を考えておいてください」とのこと。そのころには、N医師のおっしゃっていた「病棟リニューアルオープン」となるんでしょうかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 診察が終わって、コインパーキングまで。
 1時間以内に戻れたので400円。600円の節約になった。
 帰りに病院前を通ると、駐車場は満車。病院内はガラガラだったのに。ひょっとすると24時間1000円なら安いので、病院に関係ない人が停めているのではないのだろうか。(院内の証明がいらなくなった。)それならあほらしい。鞍馬口は1時間100円やしね。

 家に帰って、ヨメさんにお股が痛くてしょうがないという話をした。そしたら「なんで京大病院の先生に相談せえへんにゃなー」と言われた。
 「放射線治療科の先生やで」と言うと、「医者はなんでも診れるー」と。そうやったんか。相談したらよかったなあ。

 このままだと、あさっての西京極3000mはとうてい無理。
 明日起きたら、奇跡的に治ってるってことはないかなあ・・・。

-----------------------------------------------------------------------------------
【今日のきくみ―】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 オバサンがスーパーに買い物に出かけて、つまらんきく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「空き缶フミフミ」でもして時間をつぶしますかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みーちゃんは、このごろよく足元まで来ている。

画像(320x215)・拡大画像(640x431)

 今日はちゅーるの力を借りて、みーちゃん生触りがちょっとだけできた。
 フワフワの背中やったなあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年08月24日(月)

薬代年間2万円 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、鞍馬口医療センター・耳鼻科。
 甲状腺癌の経過観察だったのだが、主な話題は膀胱癌。
 私のカルテには、膀胱癌の手術のことは書かれていたようだが、その後のことはくわしくは書かれていないようだった。

 「手術の後はどうですか」とA医師。
 「オシッコがたまってないのにしたくなって、無理に出すと頭がクラクラするような激痛で・・・。」
 「刺激反応ですね。」
 「今まで経験したことがないような痛さだったんで、泌尿器科の先生にゆったんですけど、『その痛みをとることはできません』って言われて・・・。」
 「痛み止め出しておきましょうか。」
 「ありがとうございます。」

 こんなにあっさり痛み止めを処方してくださるなんて。
 この後、近くの薬局へ。
 痛み止めのカコナールなんて、金額的にはしれたもの。 
 それより、甲状腺全摘後に服用する薬。チラーヂンとカルシウムとそれを吸収させる薬。これは前担当のT医師から、「飲まないと一日も生きられない」と言われた。たいそうやね。
 それプラス、痰の切れをよくする薬「アンプロキソール」。

 これらが1日いくらになるかを計算してみた。
 今日の支払額から痛み止めの分を引いて、77日で割るとだいたい53.3円。
 ×365で年間19454円。ほぼ2万円!
 これはきついね。

 死ぬまでずっと飲み続けなくてはならない薬。今でもぼけて飲み忘れたりしてるのに、この先ずっと飲み続けることはできるんかなあ。

------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 オバサンお出かけで、庭が広くなって、うれしくなったきくちゃん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 みーちゃんは、相変わらず私のタンスの裏の巣。
 暑いので、めんどくさそうに「シャー」してます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3000m障害の水濠ならぬ、3m障害のの水濠。
 きくは上手に通過しています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ますみちゃんは髪の毛をカット。
 いつもは変な顔で帰ってくるのに、今日はさわやか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 節約生活のため、カット代も超安いところ。
 晩ごはんのおかずも199円の鯛。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜はみーちゃんじゃすり。
 今日は脳天ゴシゴシ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんは食欲旺盛。
 年寄りの割に夏バテしてません。

-----------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前から痛かった右アキレス腱の外側が悪化。
 ヨメさんに診てもらうと、「腫れているから走ったらあかん」と。私の苦手な鍼をちょちょちょいとしてくれた。
 「これで痛みがましになるはず。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それなら町内ウォーク。
 私が左京区役所に連れて行った三毛猫ちゃんに遭遇。耳が切ってあったのでまちがいない。元気そうでよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ぷーぷーその他も元気そうで安心した。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こんなんもいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 全部歩いたら、キロ11分。
 町内3周したので30分を超えた。

 歩きばっかりはしんどいね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年08月19日(水)

歯を抜いたら [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、使い物にならなくなった歯を抜く日。
 お昼12時に、壬生坊城第二団地を通って歯科医院へ。

 ボロボロになった歯の根っこを抜くのに悪戦苦闘。全部抜くのに30分近くかかった。
 「トイレに行かせてください。」
 私は今は30分くらいしかしんぼうできない。
 トイレから戻って、仮の歯を入れるのにまた30分ほど。これはギリギリセーフ。終わってすぐにまた、トイレに行きましたけど。

 そして2時前に家に到着。
 3時くらいに一度トイレへ。 
 しかしそのあと異変が。
 全然トイレに行きたくならない。ずっと続いていた膀胱あたりの違和感も、気にならなくなった。けっきょく、次にトイレに行ったのは6時間後の夜9時。
 
 「もれそ でない いたいの三拍子」が、突如
 「もれそじゃない ふつうにでる いたくない」に変化。

 考えられることはただ一つ。
 抜歯後の痛み止めにもらったロキソニン。60mgと書いてあったので、かなりきついやつやと思う。これが効いたとしか思えない。

 なーんや、こんなことなら痛み止めを出してもらっとけばよかった。
 「痛みを取るのに、私たちができることはなにもありません。日にち薬だと思ってください」なんて言われるものだから、遠慮してしまいましたわ。

 明日、緊急で泌尿器科の診察をお願いした。
 でも、歯科医院でいただいた薬が効いたとしたらなんとしよう。
 「おんなじ薬をいただけますか」と言ったらいいのかねえ。

 「もれそ でない いたいの三拍子」は、昼間は1時間も持たず繰り返し。寝床に入っても、せいぜい1時間半くらいで繰り返し。めっちゃ苦しかった。

 今日は歯を抜いたので、「運動とアルコール」禁止。二つの楽しみがなくなってしまったが、久しぶりに熟睡できそう。
 いなかへ帰る予定も変更。
 多少暑くても、夜中にトイレに行かなくてすんだら楽。

 このまま痛みが取れていったらいいんやけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 雨の中を走ったままで放っておいたシューズを洗った。
 ちょっとでも濡れたら洗わなあかん。かなり臭くなっていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 2足のつもりが、もう1足たして合計3足。
 膀胱全摘なら、最後に思いっきり走って全部処分しようと思っていたシューズたち。

 まだまだ、はくぜー!

-----------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 オバサンが出張鍼灸で、おもしろくないきく。
 かわいい手ってやねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕方お散歩へ。
 アスファルトはまだ少し熱かった。
 本当は土の道のほうがいいんやけどね。

 きくの好きな、旧京都キャロット店舗へ向かう道。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中のくさむらでウロウロ。
 いっぱいいっぱい歩いたね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと足がからんでコロンとなったこともあったけど、めげずにすぐ立ち上がるきくちゃん。
 えらい!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日のみーちゃんも一枚。
 ますますかわいくなってますよー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年08月15日(土)

にょうへー [病院]

画像(320x209)・拡大画像(600x393)

膀胱癌の臨床病期

 「うまい やすい はやいの三拍子」じゃなく、
 「もれそ でない いたいの三拍子」。

 ほんまにひどい。
 尿道の管を抜いてもらったのが8月5日(水)。その日は火を吹くような勢いの痛さ。担当医師が「膀胱の内側をやけどしていると思ってください」という意味が分かった。トイレに行くたび毎回5分くらい動けず、ひたすら痛みに耐えていた。

 今まで3回の全身麻酔の手術の時も尿道に管を通されたが、抜いた後にここまで痛くはなかった。今回は膀胱の手術やからまたちがうのかな。

 入院中の強烈な痛みは、退院後には少しだけましになってきた。でも少しだけ。
 もう管を抜いてもらってから10日たつというのに、かなり変。
 1時間もしないうちにもれそうな尿意。(もうこの時点で痛い。)
 そして、出そうとがんばってもほとんど出ない。
 なんとかチョロチョロと出たあとは激痛が走る。
 昼間はまだしも、夜寝ているときもほぼ同じなので安眠できない。

 なんぼ何でもおかしいでと思って、ヨメさんに聞いてみた。
 「それは、にょうへーやな。」
 「なに、その『そうへい』みたいなん。かわいいな。」
 「尿が閉じるで、尿閉や。」
 「にょうへー、にょうへー、かわいいな。」
 「真剣に聞け!」
 ヨメさんは怒り出した。

画像(298x320)・拡大画像(429x460)

経尿道的膀胱腫瘍切除術

 「経尿道的膀胱腫瘍切除術」の術後合併症として、こんなことが書かれていた。

5)尿道狭窄(男性の方のみ):カテーテルを抜いた後、尿が出にくくなることがあります。これは、尿道あるいは膀胱頚部が、手術に使用した機器やカテーテルに圧迫されて浮
腫を起こしたり、虚血後の変化として組織が縮んで硬くなったりすることにより、尿の通り道が狭くなるために起こるもので、尿道狭窄や膀胱頚部硬化症といわれています。
発生率は比較的高く、統計的に約 10%と言われています。発生した場合には、外来で金属の器械で尿道を広げたり、入院して尿道の切開術を行うこともあります。
--------------------------------------------------------------------------------

 これやね。
 ヨメさんが教えてくれた「尿閉」は、「尿道狭窄」ともゆうみたい。

 ヨメさんは、「アンタの態度が悪いから、お医者さんがガシャガシャと適当にやってしまわはったんちゃうか」などと言う。
 なんちゅうことゆうねん。
 膀胱全摘を免れただけで、もう大先生じゃー。

 この痛みは、「にょうへー、にょうへー、かわいいな」と歌って耐えることにしましょう。
 ああ、でもこの「もれそ でない いたいの三拍子」はいつまで続くん?

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2020年08月13日(木)

運命の分かれ道 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は鞍馬口医療センター・泌尿器科。
 8月3日の「経尿道的膀胱腫瘍切除術+前立腺針生検」の結果を聞く日。

 膀胱腫瘍が浅ければ、今後は定期健診を続けて行けばいい。ただし、腫瘍が筋層まで浸潤しておれば膀胱全摘。膀胱全摘になれば、もう走るのはすっぱりやめようと決めていた。
 前立腺癌の方も、そう診断されると長い長い治療が待っているようなことを言われていた。

 自分の人生の重大ニュースを考えると、一番はまちがいなく眞寿美さんと結婚したこと。しかしそのあと、二番三番はスッと思い当たることがない。教師を辞めたこと、子どもが生まれたこと、甲状腺全摘手術をしたこと・・・。いやそれよりも、次は「離婚」が二番に入ってしまうのかと戦々恐々としていた。

 そこに挟まってきたのが今回の膀胱癌。26歳から走り始めて、もうすぐ39年。ランニングとは長い長いお付き合いだったので、走るのをあきらめるのはつらい。結婚生活が35年で、それより4年も長いんですから。
 そうなると、私の人生の重大ニュースは「結婚ー断走ー離婚」の順に落ち着きそう。(「断走」という言葉は「断酒」から思いついた。)
 

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 午後3時、診察室に呼ばれた。
 ヒゲのH医師。

 「今日はお一人ですか。」
 「はい、家族を呼んだ方がよかったですか。」
 「いえ、だいじょうぶですよ。」

 えー、なんやねん。家族を呼ぶちゅうことは、悪い方の告知かーい。 
 胸がドキドキして来た。

 「診断は膀胱癌です。ただし悪性ではなく、今回の切除手術で取りきりました。筋層までの浸潤は見られませんでした。再発しやすい癌ですから、今後定期的に検査を受けて行ってください。
 前立腺の針生研でも、癌ではありませんでした。」
 「やったー! よかったー!」

 本当はバンザイをしたいほどうれしかったが、診察室内だったのでちょっと控えめに。
 ここで一番に思ったのは、「これでまた走れる」ということ。

 「前に血尿が出ているので走るのは控えた方がいいですかとお聞きしたら、全然だいじょうぶと言われたんですが・・・。」
 「だいじょうぶですよ。癌と運動は何の関係もありませんから。運動できるなら、してもらった方がいいくらいです。ただし、今は熱中症に気を付けて。」

 そうですか、そうですか。
 今日から再スタート。落ちるところまで落ち込んでしまったけど、今から挽回していくでー。

 診察の後、癌専門の看護師さん(Kさん)がいろいろとお話をしに来てくださった。この方が若い女性なのにすごく聞き上手で、ずいぶん長話をさせてもらった。これだけでも心が晴れる。
 先日の入院の時も、最初に入院の説明に来てくださったK看護師(看護師になられたばかりのかわいい女性)、薬のこと以外もていねいに説明してくださったM薬剤師(男性)、全身麻酔のことを素人にも分かりやすく説明してくださったT医師(女性)と、鞍馬口医療センターは感じのいい人ばかり。
 この先もお世話になります。よろしくお願いいたします。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は廉彩夫婦がお見舞いに。
 診断の結果がよかったからお祝いの手巻き寿司パーティになったけど、悪かったらどうなぐさめてくれたんやろうねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ついでに3日遅れの廉の誕生日祝い。
 真樹がいたらよかったのになあ。
 きくちゃんが横を向いているのもちょっと残念。

 とにかく、今日が暗くなってしまう日じゃなくてよかった。
 さあ、明日からしっかり走るで!

-----------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 医師より「走っても良い」とお墨付きをいただいた。
 今日走らないでどーすると思ったが、病院で緊張したせいか体がしんどい。
 午後5時すぎ、ちょっとだけでもと思い、「行くぜ!」Tシャツを着てスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっぱりしんどくてあかん。
 うちから1. 5km先の緑の小屋で折り返し。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 自宅到着3km、20分06秒。
 かなりへとへと。

 町内ダウンジョグをしていると、黒猫ちゃんがダラーとしていた。
 夏バテせんように、気を付けような。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2020年08月06日(木)

退院イタタタ [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午前10時すぎ、ヨメさんがきくちゃん連れでお迎えに来てくれた。

 かわいいかわいいきくちゃんは、オッサンのこと覚えてくれてたかなあ。それまでワンワンほえていたのに、私が「きくちゃん」と呼びかけると静かになった。
 覚えてくれてたんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんはうっとおしい私がいない間、きっとのびのびと過ごしたんでしょう。
 これからはそうはいかんで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みーちゃんもいつもの場所に引っ込んでいたけど、エアシャーもなかったので覚えてくれてたんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日のお昼は、私の大好きな冷めん。
 ヨメさんも気を使ってくれてますね。おいしい冷めん、ありがとうございます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 左腕のかいかいは、名札の輪っかに対するアレルギーだろうとのこと。体調が悪い時は、ちょっとしたことにアレルギー反応するみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これはかいかいをしんぼうしたらすむ。
 ところがしんぼうできない痛みが二つ。
 一つはオシッコの時の激痛。「イタタタ」というより「ズッキューン」という感じの痛み。もういや。ちょっとずつうずくまる時間が短くはなってはいるが・・・。
 もう一つは腰の痛み。ずっと痛かった左の腰の痛みがましになってきたと思ったら、今度は右。「イタタタ」、「イタタタ」の繰り返し。なんじゃらほいと思ったが、これはどうもぎっくり腰やね。腰がひねれへん。

 明日は寮2の24時間バイト。
 二つの痛みのうち、どっちかでもましになったらいいんやけど。

-----------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の退院日なので、一週間ぶりの夫婦水入らずでほっこり・・・、と思ったら大まちがい。
 ヨメさんは夕方から出張施術。乞われて行くところがあるのはありがたいと思わなければ。

 「みーちゃんもきくちゃんもいるし、さびしない」と思ったらこれも大まちがい。
 「両方とも、寝てばっかりで出て来んがなー!」

 7時前にやっと、お腹を減らしたみーちゃんがタンスの後ろの巣穴から出てきた。
 みーちゃんのお上品な食べ方を見ているだけで、心が豊かになる。
 「ほんまに、2年間も野良生活してたん?」

画像(239x320)・拡大画像(478x640)

 8時、やっときくが起きた。
 寝ぼけているけど、むりやりお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのうちに、だんだんしっかりと歩くようになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一週間ぶりのオッサンとのお散歩、喜んでくれたかな。
 嫌がってはなかったように見えたけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 歳はとっても、食欲旺盛。
 きくちゃんの食べっぷりを見ていると、まだまだだいじょうぶな気がする。
 まずは、来年3月の16歳を目指そう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

一線を越えないブルゾンますみ

一線を越えないブルゾンますみ

毒嫁ファン

毒嫁ファン

第21回みかた残酷マラソン・続きの続き

第21回みかた残酷マラソン・続きの続き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.