パオパオだより

2018年09月12日(水)

がん生存率は101人中51番目の患者の値 [病院]

画像(213x320)・拡大画像(313x469)

◎毎日新聞9月12日朝刊

   がん3年生存率71%

◇乳がん95%、膵臓がん15% 
    国立研が初公表

 国立がん研究センターは11日、2011年にがんと診断された人の3年後の生存率を初めて公表した。これまで約10年前に診断されたがん患者の5年生存率を公表してきたが、最新に近い治療を受けた患者の状態を把握するため、5年分のデータがそろうのを待たず算出した。全体の3年生存率は71.3%。前立腺がんは99.0%、女性の乳がんは95.2%と高かった一方、治療が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんは15.1%と他のがんより大幅に低かった。

 全国の「がん診療連携拠点病院」など268施設の患者30万6381人のデータを集計・分析。日本人に多い「5大がん」(胃、大腸、肝臓、肺、女性の乳房)など11種のがんについて、進行度を示すステージ別に、がん以外の病気や事故で死亡する割合を除いた「相対生存率」を算出した。

 5大がんでは、肝臓と肺の生存率が比較的低く、胃は進行すると生存率が大きく下がった。乳がんは生存率が高いが、若い患者が多いことも関係していると考えられるという。

 がんは5年生存率が治癒の目安とされることが多い。3年生存率について、同センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は「新しい治療法の効果を含むタイムリーなデータを提供した。今後、同じ患者の5年生存率が出れば、対比することで、より早い段階で治療成績などの判断ができるようになる可能性もある」と話す。データはウェブサイト「がん情報サービス」(https://ganjoho.jp)で確認できる。【五味香織】

画像(320x248)・拡大画像(334x259)

 9月6日の毎日新聞夕刊・特集ワイドに、「余命は『「残りの寿命』ではない」という記事が載っていた。「余命1か月」と宣言されたのに、10年後もしっかり生存されている例があげられていた。

 東京女子医科大がんセンター長の林和彦教授(化学療法・緩和ケア)の話。
 一般的に医師が告げる余命は、「生存期間中央値」という指標だという。ある治療を行った患者が101人いたとすれば、ちょうどその真ん中の51人目の人が生存していた期間がその値となる。言い換えれば半数が死亡するまでの期間だ。あくまでも中央値なので、期間が短い人も、反対に長い人もある。
 「ですからその集団の中のどこにいるかは誰にもわからない。告げる場合、『あくまでも集団のデータであって、個別のデータではなく、あなたがどこに入るかは分からない。治療の取り組みや効果で変わるのです。今から余命を気にしていてもしょうがないと思います』と伝えています」
---------------------------------------------------------------------------------

 なんか納得できるようなできないような話。
 私も2年前の癌宣告を受けたあと、自分なりに自分の「余命」について予測してみた。

 しかし甲状腺低分化癌は、癌の中でもマイナー中のマイナー。患者数が少ないということは、治療法が進んでおらず、治療データも少ない。
 ただ担当のT医師が、いかにもお気の毒というような表情で、(摘出した腫瘍の大きさから判断して、)「全身転移の可能性大です」とおっしゃったものだから・・・。

 そこで私の自己判断は「余命2年」。それやったら、あと1か月ですやん。生きてますがなー。元気ですがなー。

 ごくまれならしいが転移していないということが分かり、その時の私の自己判断は「今後転移しなければ余命5年」。
 今のところアイソトープ治療がうまくいっているらしく、「すぐに転移する可能性は低くなった」とのこと。今年8月の京大病院退院後、担当医師は「来年はアイソトープ治療に来ていただかなくてもいいでしょう」とおっしゃった。

 ああ、ありがたや、ありがたや。この通りになると65歳の誕生日を迎えられるので、65で亡くなった母の年齢も超えられるかも。

 そもそも男性の甲状腺癌患者は極端に少なく、アイソトープ治療に来られている男性患者は重篤な方が多い。
 私はまたもや、「ごくまれに」治療が効果的にできている男性患者なのかもしれない。

 101人中の10番以内くらい、マラソンなら入賞が狙える位置ですかねえ。
 ほんとうにそうならいいんですけど・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月20日(月)

これで終わりに・・・ [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出張販売の翌日の病院通いはしんどい。
 今日は、鞍馬口医療センター耳鼻科。
 月曜ということもあって、駐車場にはなかなか入れないし、診察の待ち時間も長い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 I医師から、「いろいろとお忙しかったですね」と。
 胆のう摘出手術やアイソトープ治療のことを労ってくださった。

 「イヤだったね」ではなく「がんばったね」という意味だったんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 診察料420円、薬代90日分4890円。
 死ぬまで飲み続けなくてはならない薬代が高い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今月は入院のほかに4日の通院。
 もうこれで終わりになればいいんですけどね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ドッグセラピー、行ってみたいなあ。
 でも、この日は京大病院に行ってアイソトープ治療の結果を聞きに行く日だし・・・。

 病院に行く日は、それだけで1日がつぶれてしまう。
 ああ、もうほんとうに何もかも終わりにしたい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月10日(金)

退院から隠遁 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午前11時ごろ、無事京大病院を退院いたしました。
 気にしていてくださっていたみなさん、ありがとうございました。

 去年と同じく、退院後3日間はできるだけ人と接触しないようにと言われている。

 ・人との添い寝禁止。
 ・5歳以下の子ども、妊婦との接触禁止。
 ・5歳以上の子どもとは1m以上離れる
 ・家族とはできるだけ離れる。長時間一緒に過ごさない。
 ・用便後は2回流す。
 ・寝るときは一人部屋で。
 ・入浴は家族の最後で、入浴後はすぐに浴槽などを洗浄。
 ・衣類の洗濯は家族のものとは別に。

 こんないっぱいのことを、普段いいかげんな私が全部守れるはずがない。
 また去年と同じく、いなかの家に帰って3日間隠遁生活。これなら何とかできそう。

 愛妻、愛犬とは会えないが、あと3日のしんぼうです。(妻も犬もなんとも思ってへんかったりして・・・。かえってのびのび?)
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 毎朝6時過ぎに目覚めていたのに、退院日の今日に限って寝過ごし。「ふじいさーん」と呼ぶインターホンの声で起こされた。
 とは言っても、どんな看護師さんかまったく分からない。初日準備室にいたときに来られたお二人の看護師さんとは対面したが、そのあとの方は声だけ。出ていくときに通ったナースステーションにおられたのかもしれないが、けっきょく分からずじまいだった。

 7時に起こされ、部屋内のごみの処理。ゴミではない物もすべて処分しなければならないのがつらかった。
 加賀乙彦著「高山右近」、めちゃくちゃよかった。334ページもあるので中途半端で処分かと思っていたが、しっかり読めた。早く読み過ぎて2回目の半分まで読んだ。
 そんなに読むと愛着がわく。古本屋で105円で買った本なのに、まだまだ何回も読みたくなった。 
 内緒で持ち出したろか知らんとも思ったが、それはやめておいた。せっかくの治療が水の泡になっては、元も子もない。

 最後のシャワーを浴び、それまで履いていたパンツと靴下、使ったタオルとバスタオル、せっけんとシャンプーも廃棄。まあこれで、ゴムの伸びたパンツとふっるいバスタオルがたくさん処分できたので良しとしよう。

 ナースステーション前のパントリーで朝食。
 その時ちょうど、夜勤の方と昼勤の方の引継ぎをやっておられた。
 そして、そのあとシンチ検査へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1年前にも同じ事をしたのだが、もうすっかり忘れていた。
 機械が鼻すれすれのところまで来たり、目の前をグルングルン回ったり。全部で45分くらいなので耐えられるが、普通こんなことされたら気がおかしくなりますね。
 これで、放射性ヨードがしっかりと甲状腺由来の細胞に届いたかどうかが分かるそうだ。
 「全部焼き尽してくれよー!」

 退院後の説明というのが楽しみだった。去年、すごくかわいくて感じのいい看護師さんだったので。「最後にいっちゃんええのを出してくるあたり、京大病院もやるねえ」と思っていた。
 しかししかし、今年は男性。イケメンで女性の受けはいいだろうが、オッサン的には最低。話は半分くらいしか聞いていない。去年はいっぱい質問もさせてもらったのだが、今年はそんな気も起らなかった。
 「病は気から、やもんなあ・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年とちがい、会計は一般とは別のところだった。癌患者は待たせたら気の毒ということになったのかなあ。あっという間に請求書を出してくださった。

 入院5日分      677552→63832円
 タイロゲン注射1本分 106780→32030円

 合計95862円。いたたたた・・・。(でも、実費になると78万円なんですね。)  

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 できるだけ人に1m以内に近づかないようにと言われているので、もちろん車で迎えに来てもらうわけには行かない。自力で帰る。
 でもその前に腹ごしらえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年と同じく、「らんたん」のラーメン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 丸1年たっているのに、何も変わっていない。
 ホッとする。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年は、シャーシューメン並(850円)と麦飯小(120円)にした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年見つけた「きくちゃんねぎ」。
 なんと、今年もありました。
 ちょっと、泣けてきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 初めて乗った「市バス65番」。
 東大路を高野まで、高野交差点を左折して下鴨高木町まで。生協の横を右折して北上。北山通りを右折して修学院駅前。白川通に突き当たって左折。あとは宝が池交差点を左折して国際会館前へ。なんちゅう複雑なコースやねん。

 国際開館前からは京産大行きのバスで地球研前まで。乗り継ぎがうまくいったのに、病院前から家まで50分くらいかかった。バスは疲れるわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に着くと、ヨメさんがお昼ごはんを用意して置いて行ってくれていた。しかし、ラーメンを食べてしまったのでもう食べられない。晩ごはん用に持って帰ったらいいとの書置きがあったが、お皿などまためんどくさいことになるのでやめておいた。
 忙しい中、せっかくヨメさんが用意してくれたのに申し訳なかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 どこかから缶詰をいっぱいいただいたとのこと。これはありがたい。3日間の隠遁生活にはうってつけ。でもこれだけでは足りないのでお買い物に出かけた。
 スーパーから出てくると大雨。でもこれでだいぶ涼しくなった。

 家に帰って隠遁生活の準備。あれやこれや揃えるのがたいへんだった。「退院して、その続きに隠遁とはねえ」とか思いつつ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ぐずぐずしていたので、いなかの家に着いたのは午後6時過ぎ。
 さあ、これから3日間は強化合宿のつもりで・・・。って、何を強化するんですかね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 月〜金と病院だったので、体がなまっている。
 どこも痛いわけではないので、退院したらすぐ走らなければ。

 ゆっくり気持ちよく走れるのは、花脊峠往復8km。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 峠までの上りは、キロ6分半くらいのペースで。

 さすがに、足が全然動かない。それに、あちこちが痛む。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 8月12日は別所にいるけど、人との接触禁止。
 9月23日は予定がないが、ヨメさんは鍼灸院を休めないという。
 10月28日は諏訪湖マラソンに出張販売。

 今年も全×ですかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 峠まで3.93km、26分15秒。

 いつもならここで少し休けいするのだが、もう暗くなってきたので折り返して続けて下り。

 別所大橋の手前で、「こうじさん、だいじょうぶですか」と車から声をかけてくださる方あり。メイママさんじゃないですか。
 私のブログをしっかり見てくださっているメイママさんは、ちゃんと1m以上離れたところから声をかけてくださっていた。さすが!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に到着、3.83km(なぜか100m短い)22分24秒。 
 往復で7.77km、48分39秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あちこちそうじをした後、1年ぶりのいなかでの食事。
 缶詰があってよかった。今日は焼き鳥の缶詰。
 あとはモズクと野菜とインスタントみそ汁。
 これで十分ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1年ぶりに入るいなかの家のおふろ。
 広くて、足をビューンと伸ばせる。
 ほんまにええ気分。
 広いおふろに入れるだけで、長生きできそうな気がする。
 あとは、いつもとちがう布団でぐっすり寝られるかどうかが問題やね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2018年08月09日(木)

うちのヨード制限食一覧 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

しいたけの柄

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

7月28日

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

7月29日

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

7月30日

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

7月31日

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

8月2日

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

8月3日 コンビニ食

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

8月4日

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

8月5日

 去年もヨメさんがたいへんだったヨード制限食。
 今年は胆のう炎が解消したので少しはましになるかと思ったが、やっぱりヨメさんはたいへんだった。(8月1日は寮1の夕食「トマトソーススパゲティ」、8月3日は寮2の夕食に昆布だしが使ってあったのでコンビニで調達。)

 今年は出汁をとるために、「しいたけの柄」を大量に買ってきた。これで、私の食事に外せないおいしい汁を毎回つくってくれた。何やかやといそがしい中、ほんとうにありがとうね。

 このヨード制限食も、今年で終わりにできたらいいのにね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2018年08月07日(火)

「瞑想にふけってください」 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いよいよ今日の午後、準備室から治療室へ移動。

 去年は、この先に行くとき「ルビコン川を渡る」くらいの気持ちだった。鞍馬口医療センターのI医師にビビらせてもらっていたので。
 私は、てっきりカギのかかった部屋に監禁されるものだと思いこんでいた。実際は部屋にカギはかかっておらず、前の廊下までは移動自由だった。
 ただし、「絶対にすのこのところを越えて戻ってはいけない」。また、「何か異常事態が起こっても、医師も看護師もすぐに助けには行けない」とも言われた。
 まあ、それだけ体中から強い放射能が出ているということ。なんぼ聞いても、この治療もよう分かりませんが。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 職務上知りえた情報を外部に漏らすのはダメでしょうが、自分の治療上知りえた情報は漏らしてもいいことにしましょう。

 手前2部屋が準備室。(地図では上の部分。)
 今日、そこから廊下のすのこを越え、お隣の治療室へ。

 ここに持ち込んだものは原則すべて捨てる。
 下着、タオル、石鹸・シャンプー・歯磨き、食料(ジュース・果物・お菓子など)、コップ、お箸、スプーン、本、新聞・・・。

 昨日の看護師さんからの説明の時、「携帯電話は持ち込まれますよね。パウチのようにして、充電器もぐるぐる巻きにするので、退院のときにすぐに持って帰れないかもしれませんがお部屋には持って入れます。ごくまれに、持ち込まないという方もおられますが・・・。」
 「持ち込みません!」
 「えっ、いいんですか。ご家族と連絡取りあったりされないんですか。」
 「しません。去年も持ち込みませんでした。」
 「新聞とか、前もって言ってくださったら買ってきて届けますが・・・。」
 「だいじょうぶです。たった3日間のことなんで。」
 「はい、分かりました。瞑想にふけってください。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お隣の病室内が、廊下の小さな窓からチラッと見える。外のカーテンを全部閉められていた。昨日もそうだった。
 男の甲状腺低分化癌患者は極めて少ない。以前、ここの男女別予約表を見せてもらったが、男は何か月かに1組(2人)という割合。その分、深刻な患者さんが多いのかもしれない。

 私の病室は、カーテン全開。
 昨日の「おケツ注射2本目」はこの病室で受けた。
 「カーテン開けっ放しでもだいじょうぶですよ」と言ってズルッと。
 「いえいえ、それはちょっと・・・」と言いながら、担当の女医さんがあわててカーテンを閉められていた。

 こんな状況、ほかの患者さんからしたら「なにニタニタしとんねー!」と怒られるかも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 時々人も通られるので、窓から外を見ていると少しは気もまぎれるんですが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝ごはんをしっかり食べ、マグミットという下剤を飲まされているのでそちらのほうもしっかりと。
 朝の飲み物は4種類から選べたのだが、私はもちろん「ヤクルト・ジョア」。
 たのむでー、ヤクルト。今日勝って連敗止めてくれよー。パソコン持ち込めへんから、途中経過が見られへんけど。夜のスポーツニュースをしっかり見ようっと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あとは、持ち込むものとそうでない物との仕分け。

 100円ショップでいろいろとそろえたのでそんなに費用はかかっていない。それでも最終的に捨てるとなるともったいない。
 コーヒーやお茶も本当にいるだけの数にして、残りは退院後いなかに3日間の分に残しておいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今回の持ち込み書籍はこれ。

 「高山右近」 加賀乙彦著 講談社 1999年9月初版 334ページ

 ついこないだ、オウム事件の死刑囚13人が死刑執行された。
 それに関してヨメさんと話しているときに、「加賀乙彦さんも死刑執行に大反対やったんやで」と言っていた。
 それで、病院に行く日の朝に選んだのがこの本。そうとう前に古本屋で105円(定価1900円+税)で買って放置したままだった。

 ええ機会や。
 オウム事件とは何の関係もないけど、高槻のキリシタン大名・高山右近は気になっていたし、この3日間で一気に読んでしまおう。パソコンを使っていた時間を読書に回せるんやから、334ぺージ、がんばったらいけるでしょう。

■加賀 乙彦(かが おとひこ、男性、1929年4月22日 - )は、日本の小説家、精神科医(専門は犯罪心理学)。本名は小木 貞孝(こぎ さだたか)。本名でも著作がある。
 室生犀星とは7親等の血縁。娘はQVCジャパンショッピングナビゲーターの加賀真帆。自宅は東京都文京区本郷にある。
 オウム真理教事件において、弁護士に依頼され松本智津夫に接見し、訴訟能力はなく治療すべきであると結論づけた。
 死刑囚の苦しみを描いた『宣告』が代表作で、死刑廃止論者と見られている。

■高山 右近(たかやま うこん)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。代表的なキリシタン大名として知られる。カトリック教会の福者。
 父は摂津国人・高山友照、母は洗礼名マリア。同じく摂津国人の中川清秀は従兄弟とされる。  

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昼食はオムレツ。
 ヨメさんの話によると、「タマゴは安くて栄養があるので、使いやすい」とのこと。病院食にもよく出るし、胆のう炎になる前の我が家でもよく食卓に出ていた。
 もうなんぼでも食べられますよーん。私の大好きな「茶わん蒸し」も解禁のはずだが、これは手間がかかってめんどくさいらしい。
 退院祝いに・・・、いや、12月の私の誕生日祝いのときでいいし「茶わん蒸しを食わせてくれ―!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 荷物の仕分け終了。
 治療室用貸パジャマに着替え、これですべてが完了。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、「ルビコンすのこ」を渡ろう。
 これから瞑想にふける3日間。
 みなさま、さようなら。


(注) 明日とあさってはパソコンが持ち込めませんので、新しい記事は書けません。前もって用意した特別記事を、ヨメさんにアップしてもらう予定です。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月06日(月)

ニセ患者疑惑 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日から京大病院に入院。

 朝、ヨメさんに病院まで送ってもらった。
 きくちゃんも来てくれるかなあと期待したが、ちょっと遠いからね。夕べ、久しぶりにちょっとだけいっしよに寝てもらったしよかった。
 オッサンが帰ってくるまで、オバサンのゆうことよう聞いてかしこー待っててな。うまくいけば金曜退院だが、そのあと3日間はできるだけ人と接触しないようにと言われているし・・・。

 きくは犬やけど人並みや。
 3日間というと土日月かー。来週の月曜の夜に会えたらいいな。


 1年ぶりの北病棟、アイソトープ(RI)治療室。
 私はどこも痛くもなく入院してきているので、医師や看護師との受け答えもかなりフレンドリー。病室とは思えない和やかな雰囲気だった。
 「これはちょっと問題かなあ。」

 不謹慎と言えば不謹慎。
 同時期に隣り部屋に入院された男性は、かなり深刻な状況に見えた。私みたいなヘラヘラした者が隣にいたら、イライラしやはらへんやろか。「ニセ患者疑惑」をかけられても仕方がないような・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨード系食品は持ち込めないが、果物は全部OK。今年も、モモ、スモモ、ブドウ2種といっぱい買ってきた。

 医師や看護師は去年とは総替わりという感じ。ただし、古い古い病棟は以前のまま。いろいろな説明を受けたが、何も変わったところはなかった。
 一つだけ、シャワー室に浴槽があったのが鉄板でおおわれていた。去年「浴槽は使わないでください」と言われていたのに、私が毎日入っていたのがばれたんでしょうか。まさか。

 午後3時に「おケツに注射」2本目。ズルッと出したおケツの左側にブスッ! 昨日よりさらに痛かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日放射性ヨードを飲んだあと、体内残留放射能をできるだけ早く減らすために、水を一日1.5〜2リットル飲むように言われている。でもこんなエアコンのきいた病室で、そら無理じゃ。どんなに暑くなっても水分はいらない方なのに。

 お茶やコーヒーなら何杯でも飲めるほうなので、病院内のコンビニでお茶パックやコーヒーパックを買ってきた。(コーヒーパックは家から持ってきたつもりが忘れてきた。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もう胆のうがないので、なんでも食べられる。
 そう思って楽しみにしていたしょっぱなの昼食は「チキンライス」。ガックリ! 
 よりによって、私の苦手なメニューですがな。
 バチ当ったか―。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕食はタイのちり蒸し。
 これはうまかった。
 入院して、「病院食が楽しみ」って言ってるのもお気楽すぎるか。
 日々の生活に四苦八苦しているヨメさんに申し訳ない。

 今回の入院で今年4回目。支払いの限度額が設定されているとは言え、年に4回はきつい。バイトも休んでいるし。
 でも、今回でこの治療が一区切りとなる可能性もある。そうなってくれるとありがたいのですが・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第38回小豆島オリーブマラソン・前日受付

第38回小豆島オリーブマラソン・前日受付

京都府知事候補・門さんへの応援演説

京都府知事候補・門さんへの応援演説

かわいい母娘

かわいい母娘

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.