パオパオだより

2017年04月22日(土)

第4回香住ジオパークフルマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 作戦通り(?)。
 前半バンバン、後半失速。

 5km 22分28秒 (4分29秒ペース)
10km 23分10秒 (4分38秒ペース)
15km 23分36秒 (4分43秒ペース)
20km 24分29秒 (4分53秒ペース)
25km 24分24秒 (4分52秒ペース)
30km 27分32秒 (5分30秒ペース)
ゴール  18分38秒 (5分14秒ペース)

 25kmからの8.551kmは、久しぶりの地獄でした。
 その結果。

■途中下車 60歳以上男子 
 1位、長山選手 2時間29分43秒
 2位、北出選手 2時間32分46秒
 3位、藤井選手 2時間44分17秒

 1位2位とはずいぶん離されてしまったが、なんとか3位。
 タイムは悪かったけど、これで満足しときましょ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんは5時前に起きて、きくのお散歩。
 ヨメさんが車に行ったら、きくはもう起きていたそうだ。安眠でけへんかったんかな。

 私は5時20分起きで、会場には5時40分ごろ着。
 受付がないのでそんなに早く来る必要もないのだが、ヨメさんは気がせくらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出店位置は去年と同じだったので、なじみの方がたくさんのぞきに来てくださった。

 店が落ち着いたので、昨日の来る道で買った京北の「ユリベーカリー」のパンで朝ごはん。
 そのあと、1kmだけアップジョグ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくが吠えると売り上げに関わるので、少し離れたところに停めた車で待機してもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートまであと少しという頃になると、店をのぞきに来られる方も少ない。
 これでやっときくちゃんの登場。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート前の記念写真。
 きくは、真後ろのスピーカーから流れてくる音楽に委縮していたようだ。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時に、フルと途中下車が同時スタート。
 ナンバーカードの大会名の所が、フルは青、途中下車は緑。それだけのちがいなので見分けにくい。

 あとでプログラムで人数確認してみると、フル1420(男1206、女214)、途中下車221(男149、女72)だった。
 途中下車少なー。これなら見つけられへんはずや。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール予想タイム順の整列。
 フルのタイムの看板が掲げられていたので、私の目標2時間半切りはフル換算3時間08分。これなら、相当前に並ばせてもらっても文句のないところ。
 先頭から10数列目の所に、横入りさせてもらった。一応、入賞狙いなもんで…。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 作戦としては、行けるところまで4分半ペースで押して行く。あとは粘れる限り粘る。
 途中下車とはよく言ったもんで、フルと同じ速さで走っても意味はない。私の今のフルの力では、33.551km地点通過は2時間57分。それをどこまで縮められるか。

 4分22、4分55、4分18、4分33、4分29で5km22分28秒。
 ここまではお見事!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分02、4分46、4分01、4分37、4分41で10km45分38秒(23分10秒)。

 上りでいっぱい追い抜かれ、下りでさっき抜かれた人を抜き返す。これが私の得意な走りなのだが。後半これがボディブローのようにきいてくるとは・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 トップが折り返してくると、「折り返しはもうすぐか」とうれしくなる。もうすぐでもないんやけど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもなら「田野さーん!」と声をかけるところだが、名字が変わられたので今回は沈黙。次回から「昌輝さーん!」と応援しよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 同い年最強の北出さんは、この時点で部門2位。
 この坂を下りきったところが折り返し点なので、私ともそんなには離れていない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第1折り返しで、私が部門3位であることを確認。見落としはないと思うのだが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返してしばらく行くと、3時間半のペースランナーの近くに兵庫のまっちゃん。
 私は、最悪でもこのペースランナーに抜かれないように走らなければならない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのしばらく後ろに中嶋さん。
 すごく軽快な走りに見えた。調子よさそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4分47、5分29、4分11、4分26、4分41で15km1時間09分14秒(23分36秒)。

 相変わらず、下りはビュンビュン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中島寛子さん。
 いい笑顔。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中島てっちゃん。
 今日は黙々と走っておられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この下り坂から見る海の景色が、このコースで一番きれい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 JR佐津駅手前から左折し、往復5km弱の盲腸線へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分09、5分11、4分38、4分59、4分30で20km1時間33分43秒(24分29秒)。

 少しペースが落ちてきたが、まだまだ許容範囲。
 この先のハーフ地点では、1時間38分50秒。
 ようがんばってるやん。このペースで残り12kmが行けたらええんやけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北出さん発見。
 おお、部門先頭ランナーに追いついてるやないですかー。
 私の励みにもなる。がんばってくれー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第2折り返しを折り返すと、なんと向かい風。
 全然気づかんかったー。
 このあたりから、ぼちぼち失速が始まった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 盲腸線のおかげで、タイムが近い人とは2回対面できる。

 まっちゃん、3時間半のペースランナーの前を走ってはるやないですか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中嶋さん、軽快さキープ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4分43、4分47、4分50、5分00、5分03で25km1時間58分07秒(24分24秒)。

 失速もこれくらいまでならギリギリセーフなんですが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これはうれしかった「いちごエイド」。
 すごくいいいちごがいっぱいで、いくつも食べたかったが一つだけにしておいた。まだ後ろに、たくさんのランナーがいるのだから。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分25、5分40、5分07、5分32、5分46で30km2時間25分39秒(27分32秒)。

 もう下りでもキロ5分が切れない。
 と言うよりも、下りをバンバン行くと腰がバンバン。こないだ練習で頭にバンバン衝撃が来たようなのが、今度は腰に。心臓も足も全然だいじょうぶなのに、腰が・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あと少しやし、がんばらにゃー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の直線は、前に誰もおらず気持ちよくゴールできそうだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しかし、私のゴール直前に差した選手あり。
 ゴールテープを気持ちよく切れると思っていたのに、ガックリ。「ジジイに対する心遣いちゅうのんはないんかい?」と思ってしまった。
 しかし、その選手から言わせると「ゴール前で写真撮ってるヒマがあったら走れよ」ってとこでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分22、5分03、5分23、2分49で2時間44分17秒(18分38秒)。

 最後は腰痛でえらいことになったけど、3位をキープできたので良しとしよう。
 ゴール後は寝転んでしまいたいくらいしんどかったが、それよりもちょっとでも動かなくてはと思った。それで、きくを連れて仲間の応援へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コース上に戻ったら、いきなり中西さん。「京都キャロット」の常連さんで、私が勝手に「やり投げのコーチ」と呼んでいる方です。
 いきなりだったので、ピンボケになってしまいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 残り1km地点まで行ってみたが、知り合いは見つけられず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、オッサンフラフラやし、もう帰りましょか。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくは何でも匂ぐ。
 イカの柵も匂いでいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あらためて完走証を見てみると、全体で15位のゴール。
 これはこれですごい。

 私がフラフラしているとき、宍粟市陸協のカメラマンの佐古井さんがご来店。
 うちのヨメさんに、「ご主人、いつもお元気そうでいいですね」と言ってくださったそう。
 でも、「来週水曜に入院で木曜に手術せんならんのです」とヨメさんが言うと絶句。そのあと、何も言わずタイツを買って行ってくださったそうだ。

 ヨメさん曰く。
 「どんな励ましの言葉より、励ましのお買い上げの方がうれしかった」と。
 心優しき佐古井さん、いつもありがとうございます。私のレース中の写真も送ってくださるそうだ。病気に負けないように、がんばってきますね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 表彰式に行くと、北出さん、中西さん、中嶋さんも来られていた。
 「写真撮りますよ」と中嶋さんがおっしゃったので、そのお言葉に甘えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もし来年も出ることができたら、途中下車2時間半を切って、このお二人に先着し、優勝しないとね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「途中下車 40歳代女子」の表彰式。

 中西さん、栄えある優勝。
 お話をお聞きすると、最後の下りで先行するお二人を抜き優勝できたらしい。これは気持ちがいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私と同じ「途中下車の部」だったので、いろいろと話が合ってよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が「フルと同じ賞品が欲しいですよねー」と言うと、「その先の9kmがあるとないとでは大ちがい」と諭された。ほんまにその通りです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「フル 30歳代女子」の表彰式。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中嶋さんは、3時間34分台のゴール。
 「このコースでそのタイムなら、平坦コースですごいタイムが出ますよ」とみんなに言われていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 急激な進歩ではなく、じわっじわっとタイムを縮められるのが中嶋さんらしくていいいですね。次も期待しますよー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、きくのお散歩へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大会会場から少し離れると、静かな港町。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくも、のんびりゆったりと散歩することができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 目の前にはコウノトリ・・・、いやサギですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お腹がへったので、うちのお向かいで出店されていたテントで「カニそうめん」(400円)を買ってもらった。すごくおいしかった。きくちゃんにもちょっとだけあげた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後3時がゴール関門。
 その30分後くらいから後片付け。
 4時半くらいに片付け終わり、会場出発。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、おまっとうさん。やっと帰れるよ。」

 と言っても、これから家まで何時間かかるやら・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 豊岡のラーメン屋さんで、ヨメさんは昼夜兼用ごはん、私はちょっと早すぎる晩ごはん。

 ラーメン屋さんの横が畑だったので、またきくのお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは、中西さんに教えていただいた178→312→京都縦貫道→沓掛経由でわが家へ。
 高速代が3000円近くかかったが、だいぶ早く帰れた。
 山道じゃなかったので、きくも車の中で少しは寝られたみたい。

 大会の評判はすごくいいのだが、「京都キャロット」の売り上げは今一つ。「途中下車」を「ハーフ」にしてもらえんもんやろかー・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年04月21日(金)

第4回香住ジオパークフルマラソン・前日 [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年初の泊りがけ出張販売。
 きくも今年初の出張。 
 朝からヨメさんがよく言い聞かせていたので、きくは大張り切り。大会会場までの長い長い道のりも、文句ひとつ言わず。

 「かしこいきくちゃんやわー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「香住」は、今年は土曜開催。
 ということは金曜日に現地入りしておかなくてはならない。

 今年は京北→福知山→但東→豊岡というコースで。豊岡市内がちょっと混んだが、信号が少なくスムーズに行けた。それでも1時に出て6時着。距離は200kmほどだが5時間かかる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 香住港ではかわいいネコちゃんがお出迎え。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日の出店予定場所にテントだけでも立てておこうと思ったが、今日は平日のため港は稼働中。大型トラックが荷物の積み下ろしの最中だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 仕方ないので、きくの「港散歩」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 準備に来られていた大会役員さんにごあいさつだけして、今日の宿へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第1回からずっとお世話になっている「民宿・つかさ」さん。
 ガレージに車を置かせてもらって、またきくのお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すぐ前が海。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくはこわがりで、波があると近づけない。
 しかしここは消波ブロックが積み上げてあり、きくも安心していた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なぜか土がフワフワ。
 すごく歩きにくかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大きな石の上も楽しそうに歩いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんのほうがヒビッて、こけそうになっていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 車の中に長く乗っていて退屈だった分、散歩もたくさん目に。
 これでちょっと得心したみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 気持ちよく○ンコも出ましたわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もう置いて行かれることを察してか、それまでピンと立っていたシッポがダラン。

 「明日の朝まで、不安やろうけどしんぼうしてね。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月17日(月)

「香住ジオパークマラソン」がヤフーニュースに [ランニング・出張販売]

画像(186x280)

◎神戸新聞NEXT 4/17(月) 11:35配信
   
   兵庫・香住マラソン、のぼりに手書きの「・」 理由は…

 第4回の開催が22日に迫る兵庫県香美町香住区の「香住・ジオパークフルマラソン大会」。日本海の絶景や賞品の海の幸が毎年人気で、今年も全国から約2300人が参加を登録している。だが実は今回、大会名が微妙に変わった。「香住」と「ジオパーク」の間に「・」が加えられたのだ。その背景には関係者による、ある忖度(そんたく)があった。

 漁業が盛んな町の魅力をPRしようと、住民有志が2014年から始めた同大会。大会名にあるジオパークとは、京都、兵庫、鳥取の日本海側3府県にまたがる「山陰海岸ジオパーク」のこと。このエリアは10年に世界ジオパークに認定され、香美町を含む各地でツアーや景観保護などの活動が盛んに行われている。

 大会名を変更したのは「香住ジオパーク」が、国内の関係団体でつくるNPO法人「日本ジオパークネットワーク(JGN)」(東京)の申し合わせ事項に抵触しているのでは、と住民らから指摘されたため。その根拠は「ジオパークの名称を使えるのは、認定された地域だけ」という部分だ。山陰海岸ジオパーク推進協議会(事務局・但馬県民局)はこれを踏まえ、「エリア内の特定の場所だけをジオパークと表記しない」と方針として定めていた。

 規模が大きい大会だけに、指摘を無視するわけにもいかず、大会実行委員会は同推進協議会と相談し、間に「・」を入れることで批判をかわすという苦肉の策に出た。香住とジオパークは「・」で分割されている、という理屈だ。

 大会が始まる前、当時の町と県の担当者の了解を得て名前を決めたという田村高春・実行委員長(65)は「香住とジオパークを一度に宣伝できるいい大会名なのに」と憤るが、「まあええわ」と切り替えも素早い。町内に設置したのぼり約150本には、手書きで「・」を加えてどうにか乗り切った。

 しかし実はこの“騒動”、そもそもJGNは「問題なし」という見解だったという。事務局は「住民の活動に水を差すつもりは全くない。ジオパークの名前を使って地域を盛り上げてくれるのはありがたいことで、後援依頼があれば応じたいくらいですよ」と笑って答える。

 JGNによると「申し合わせ」は、認定されていない地域がジオパークを名乗るなど、誤解を与える事例を防ぐための「お願い」の意味合いが強く、罰則規定もないという。

 ちなみにのぼりには、「・」が抜けているものがちらほらと残る。走りながら探してみるのも面白いかもしれない。(黒川裕生)

 【山陰海岸ジオパーク】山陰海岸国立公園を中心に、京都府京丹後市から鳥取市までの東西約120キロ、南北最大30キロの地域。大陸から分かれ、日本列島が形成された過程が確認できる貴重な地質遺産で、玄武洞(豊岡市)や湯村温泉(兵庫県新温泉町)、鳥取砂丘(鳥取市)などが代表的な見どころとして知られる。

------------------------------------------------------------------------------------

 「(あいさつの)原稿には残念ながら山口県の物産がない。忖度してほしい」と、国民をなめ切った三流タレント(?)が発言している。
 それに比べると、「香住ジオパークマラソン」実行委員さんの忖度はおもろい。

 「まあええわ」と切り替えも素早い、というところを読んで心から笑ってしまった。
 手書きで「・」を加えて、というのはたぶん黒マジックでしょうね。たいへんやったような、そうでもないような・・・。これぞ「手作り大会」やないですか。

 先送りされてきたこの大会のプログラムを見てみると、「参加者7千人未満のフルマラソン大会で第5位の評価」らしい。すごいようなそうでもないような・・・。

 そうそうこのナンバーカード先送り方式は、私ら出店業者にとっては大きなマイナス要素となる。一番いいのは、受付が朝早く、スタートが遅い大会。時間を持て余したランナーがちょこちょことのぞきに来てくださる。
 ついでに言っときますと、大会のメイン種目が「ハーフ」の大会が一番よく売れる。10km以下はシューズやウェアをバンバン買われる方が少ない。またフルになると、心の余裕がなくなるのかゆっくり見ようという気にはなられないようだ。
 そういう意味で、今回から設定された「途中下車、33.551km」に期待したのだが、中途半端な割には長すぎるということで申込者は少なかった。

 私は中途半端なことが大好きなので、もちろんここに申し込み。「60歳以上男子」はたったの27名かー。
 おーっと、私が「同い年最強」と思っている北出さんもエントリーしてはるやん。これで私の予想順位がまた一つ下ってしまう・・・。

 それから、「33.551kmのゴール目標は2時間半切り」と書いたが、冷静に考えると今は無理。キロ4分28秒ペースって、うまいこといって15kmくらいまでが限界でしょうね。
 目標を下方修正します。
 奇跡的には、2時間半切り。(フル換算、3時間08分)
 現実的には、2時間40分切り。(フル換算、3時間21分)
 アクシデントがあれば、2時間50分切り。(フル換算、3時間33分)
 アップダウンのきついコースやし、暑くなったらこれも無理かも・・・。

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は昼前からずっと雨。そのためまったく走らず。
 最近、寮の管理代行の仕事のない日は必ず走っていたのにねえ。

 今日も、ヨメさんが晩ごはんのおかずを作って行ってくれた。チキンがでかいなあと思いつつ全部食べた。
 ヨメさんが夜10時すぎに帰ってきて、「チキンは残ってへんの―。」
 「えっ、あれ、2人分やったん?」
 「多かったやろなー。」 
 「うん、お腹パンパン。」
 「はー・・・(と深いため息)。」

 ヨメさんは「野菜ライス」みたいなんで食べていた。ごめん!

 走りもせんと、食べるもんは腹いっぱいなので体重増。
 最近63kg台が普通になってきている。
 危険!

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ずっと雨だったので、ヨメさんが帰って来てから短いお散歩。
 もちろん、○ンコ出るヒマはない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「明日はいっぱい行ったるから、今日はしんぼうしといてー。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月16日(日)

第12回宍粟市さつきマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x238)・拡大画像(640x477)

 走る準備をしてこなかったのに、急きょ10kmの部に参加。
 かなり暑かったけど、気持ちよく走れました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5時5分自宅出発。
 コンビニやガソリンスタンドに寄ったが、7時ちょうどに現地到着。宝塚が渋滞なく進めたのでストレスがない。

 毎年お借りしていた会場向かいの畑。今年は様子が変わって心配していたが、今年も快く貸してくださった。ありがとうございました。

 去年は強風が吹き、テントを抑えるのに大変だった。今年は雨や風の心配はなくなったが、気温はどんどん上がって行った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝一番に、宍粟市陸協のカメラマン・佐古井さんがごあいさつに来てくださった。
 京都に隣接する兵庫にも、古くから行かせてもらっている大会が多い。準地元と言えるので、知り合いがたくさんのぞきに来てくださる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 道の向かいを散歩中のかわいいワンちゃん発見。

 「ワンちゃんの写真、撮らせてください。」
 「はい。」
 「かわいい顔してるし、メスですよね。」
 「・・・はい。女の子です。」

 「女の子ですか」とお聞きすると「メスです」と返事が来ることが多い。それで「メスですか」と聞いたのだが、今回は「女の子」といったほうがよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「きらら・女の子・1歳半」

 この時間にここを散歩させておられたので、ランナーさんだと思う。来年もお会いできるでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 兵庫・ゆめさき舎のまっちゃんご来店。

 「ますみさんの目の前でこんな話をするのははばかれるんですが、ブログに書いてはった長崎の先生、いいですね。」
 「なんでヨメさんの前やったらあかんのですか。よう分からん。でも、ほんまにかわいい人でしょう。高3の時の写真がもう抜群で。あの時に会ってみたかったなあと思ったら、ボク5歳の保育園児ですわ。大笑いや。」

 「なんで、ヨメさんの目の前やったらあかんのですか」とお聞きすると、「奥さんの前で他の女性の話をするのはダメでしょう」と。うーん、「どの口が?」と言う気がせんでもないが・・・。

 そのあとまっちゃんは、ヨメさんと鍼灸の話。
 「卒業でけへんかったんは、なにが足らんかったんですか。」
 「○○ですよ。(○○はヨメさんが怒るのでここには書けません)」
 「えっ?」
 「いやいや、強いて言えばエロさが足りんかったちゅうことです。もうちょっとエロかったら、あと5点は取れてたはずですわ。」

 ヨメさんが真剣に取り組んでいることを、おちょくっては怒られている私です。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 10時、ハーフがスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この10分後に5kmがスタート。
 そして、そのまた10分後に10kmがスタート。

 ちょっとだけでもアップしたかったが、まったくできず。アップなしでレースに出るのは何年ぶりでしょう。(昔はようやってましたけど・・・。)

 仲間の写真を撮りながら応援ランはするつもりでいた。しかし、まさかレースを走れるとは思っていなかったので、ランシャツやレース用シューズ、5本指ソックスは持ってきていない。まあ、レース気分を味わわせてもらえるだけでいいとしましょう。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 初めから最後尾スタートのつもりで並んでいると、大好きな朝日啓介さんが。
 朝日さんはメタボ解消を目指して45歳で走り始められ、50歳で心臓にペースメーカーを入れることになったが、そのあともずっと走り続けて現在に。今80歳だそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハーフに比べるとずっと参加者は少ないが、それでも最後尾スタートとなると前が混雑していた。
 最初の1kmが6分03秒。いい感じです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ところが、道路が広くなり前がすいてくると、知らず知らずスピードアップ。 1kmすぎからは、キロ4分半ペースにアップ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10kmの部のトップ。
 2位以下が見えないくらいのダントツ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km60歳以上のトップ。
 こちらも2位以下を大きく離している。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走友・山本ヒデさんは2位争い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返して少し先の5km地点で、ちょうど25分くらい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝日さんは、いつもの無駄な力の入っていないきれいなランニングフォーム。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここでは、毎年恒例の楽しい応援がある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」テント前を通過。
 ヨメさんはしっかり私の写真を撮ってくれていた(この記事のトップ)。私のほうはブレてしまったけれど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中で時計の押すところをまちがえ、ゴールタイムがどれくらいか分からない。後半の下りを飛ばしてしまったので47分ちょっとだろうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール後は、約束していた通り朝日さんのお迎え。
 暑さにやられて歩きだしているランナーが多かったが、朝日さんは着実に歩を進められていた。

 少しだけ言葉を交わし、そのあとは黙って並走させてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都キャロット前にヨメさんの姿見えず。ちょっと奥に引っ込んでいたみたい。

 「ますみちゃーん、師弟コンビの写真とってくれー!」

 そう叫ぶと、ヨメさんが飛び出してきてくれた。
 朝日さんがスピードダウンしてくださり、これで憧れの朝日さんとの並走写真ゲット!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここからゴール前に先回り。
 朝日さんのゴールシーンを撮ろうとしたが、見つけられなかった。
 あとでヨメさんに聞くと、朝日さんは調子よくゴールに向かわれ、久しぶりの1時間9分台のゴール。私の近回りよく早くゴールされたようだ。
 この暑さの中、いいタイムが出たようでほんとうによかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハーフに出られているまっちゃんの応援に戻ろうと思ったが、20分前にスタートしているのでゴールも間もなく。すると、ラストスパートに入るまっちゃん発見。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずまず思い通りのタイムでゴールされたようだ。

 次は「香住」で勝負・・・、と言っても途中下車コースに出る私と33.5kmまでですが。私の目標は、2時間半切り(4分28秒ペース)。
 そのままフルのゴールまで行けたら、3時間10分切れますよー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもとちがうウェアで走ったので記念写真。
 こんなものでも持ってきておいてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場内には、地元婦人会や青年会のお店が出ていた。
 いつも買う山菜おこわ(300円)と、勧めてもらったりんごドレッシング(500円)。
 いいお買い物ができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 12時半の交通規制解除後も、ゴールを目指すランナーがいっぱい。 
 しかし、今年はいつもより30分ほど早めに片付け始めた。アナウンスがよく分からなくて、ヨメさんは楽しみにしてい餅まきには行けず。強風の去年よりは売り上げは増えたが、最後のしめの餅まきに参加せんとね。このマラソン大会の名物やから。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お昼ごはんは、去年に引き続き山崎IC前の「回っていないけど意外とおいしい回転寿司屋さん」へ。
 えび三昧(7種・650円)は、豪華でおいしくてお得な感じがした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは宝塚トンネル前名物の追突事故が2件。みなさん、前をちゃんと見て運転しましょうね。ああ、疲れた。

 それでも家に帰ったのは5時すぎ。
 まだまだ明るいので、2人びきできくのお散歩へ。
 きくが大喜びしてくれてよかった。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年03月19日(日)

第29回都道府県対抗全日本マスターズ駅伝・第5回全日本マスターズロードレース [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年は出店の申し込みが遅く、「また来年」と言われたこの大会。今年は早くからお話しさせていただき、「京都キャロット」の出店が実現した。

 自宅から大会会場である滋賀・希望が丘公園まで、ちょうど1時間。高速道路代もいらず、ガソリン代も知れている。運転の負担も経費も少なくてすみ、こういう大会で出店させていただけると本当にありがたい。
 あとは、売れるかどうか・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 7時すぎに会場入りした時はシーンと静まり返っていた。
 しかし、8時すぎころからお客様がポツポツ。駐車場から陸上競技場に向かわれるときに、必ず出店場所の横を通って行かれるのでしっかり目についたようだ。

 一番最初のお客様は、長野代表の女性選手。
 「なかなか手に入らなくて困ってたんです」とターサージャパン(13900円)の23.0cmを買って行かれた。うちの店のことは「駒ヶ根マラソン」の出店でよく知ってもらっていたらしく、ここでターサージャパンが見つかりすごく喜んでおられた。

 「ますみちゃん、一番最初のお客さんがええ人でよかったなあ。最初が困った人やったら、一日憂鬱になってしまうもんな。」

 私もマスターズに入れてもらって6年になるので、滋賀・京都・大阪を中心に知り合いが増えた。そんな方の多くが、「ここでお店出しておられたんや」と言ってのぞきに来てくださった。
 それぞれ各都道府県の代表選手として来られている方ばかりなので、商品知識も豊富。あまりくわしい説明をしなくとも、上手に商品を選んで買って行ってくださった。

 植草輝和さん(静岡)曰く、「今日はみんなお金持ってるから、結構売れると思うよ。」
 たしかに近県以外は前日宿泊して来られている方がほとんどだろうし、会場が車でしか来られないところとくればそうなのかもしれない。期待しよう・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時半、駅伝男子の部スタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1区のみ5.2kmで、2から6区が5kmの合計30.2kmの駅伝。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初はずっと芝生を走るので、しっかりしたフォームの選手が差をつけていく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1区のトップ争い。
 接戦だったので見ごたえがあった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 滋賀2区には、名コーチ・中島洋選手。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時、女子の部とエルダーの部がスタート。
 女子も接戦でおもしろかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 エルダーの部に出場の太田君子選手(滋賀)。
 私が「同い年最強女子」と崇める選手。
 今日も朝一番にごあいさつに来て下さった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 女子とエルダーは各区3km。
 この3kmという距離が、またしんどいんですよねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「太田さん、前の二人を抜いて!」と関係者からのかけ声。
 「はい!」

 この「はい!」の返事が、女子中学生のようで感動した。
 いい場面を見させてもらった。陸上部経験のない私には、これはまねできない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 石川の美人ランナー・折戸小百合選手。
 古くからの「京都キャロット」のお得意様。
 走られたあと、シューズを2足も買って行ってくださった。ありがとうございました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 小柄だがガッツあふれる伊神佐登美選手(滋賀)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都走ろう会例会にも来てくださっている新居健選手(京都)。
 50代で3000m9分台の脚力の持ち主です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 小林玲子選手(兵庫)。
 故障のほうは、もうよくなったんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 後ろから迫ってきた滋賀の刺客に抜かれてしまったが、必死に付いていく小林選手。チームのために踏ん張る、これが駅伝の醍醐味です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「おおこださーん!」と呼びかけると、片手をあげてニッコリ。
 大小田ふみ子選手(京都)の走りからは余裕が感じられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 小嶋祐子選手(滋賀)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝にごあいさつにきてくださった植草輝和選手(静岡・後)。
 あとでお聞きすると、この時に競っていた選手には先着したらしい。 
 「でも、ちがう選手に抜かれましたよ。3kmで抜かれたのは初めてかもしれない。レベル、高いです」とのこと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 曽野政男選手(滋賀)。
 元3000mSCのスペシャリスト。芝生はどうなんでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 男子の部、京都チームのアンカーは中村智明選手。
 いつもニコニコで錦戸亮ふうなのだが、走っておられるときの表情は硬い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私と同い年の細川博義選手(高知)。
 細川さんも朝にごあいさつに来てくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「去年の3月、仕事が忙しくてカップめんばかり食べてたら、夏にその影響が出てたいへんでした。」
 「えっ、どういうことですか。」
 「体の力が入らなくなってしまって、歯もうずくし・・・。」
 「やっぱり、食べるもんて大事ですね。」

(注)もうちょっと、続きます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年03月05日(日)

第37回篠山ABCマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヘンタイ速報!

 「抗がん剤です」と持ってきてくださったのは、うまい棒10本。
 ヨメさんが「アンタのヘンタイ仲間」と呼ぶ植木屋そうへいさん。いつもありがとうございます。私は決してそうへいさんのことを「ヘンタイ」なんて思っていませんから。
 もし私が来年も走れるようでしたら、この篠山で対決しましょうかねえ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が少し寝過ごして、去年より10分遅い5時25分に自宅出発。
 途中、交差点でブレーキをかけたときに積んでいたテントの支柱(鉄製)が滑り出て左手直撃。これくらいですんだからよかったものの、へたしたら後頭部直撃とか、フロントガラスこなごなとかになっていたかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6時50分ころ会場到着。
 いつものスタート地点横のガレージをお借りして出店準備。雨の心配がまったくなかったので、商品を並べるのが楽だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お客様の数はすごく多かったが、そのほとんどがゼリーなどを求められる方。いそがしかった割に、売り上げはたいしたことなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 かわいいワンちゃんご来店。
 でもいそがしくて、飼い主さんとおしゃべりする余裕もなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しっぽタレタレでしたね。
 人がいっぱいでこわかったんやろね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝早く、うまい棒を持ってきてくださった植木屋そうへいさん。
 「半そでか長そでで迷ってるんですけど・・・。」
 「今日のこの天気で3時間半で走るつもりなら、絶対に半そでですよ。」
 「そうですか。」
 「お日さん照ってて風がないんやし、長そでは暑いと思いますよ。」

 暑がりの自分基準で答えてしまったが、3時間半ランナーなら長そではいらないと思った。こんなことを言った手前、急に寒くなってきたらどうしようと心配しつつ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時40分、まずは登録の部がスタート。
 いつもの外峯さんが声をかけに来てくださった。私の病気のことも心配してくださっていた。
 篠山には毎年出場されているようだし、私も登録の部で出たらいっしょに走れる。来年は5kmだけでも追いかけさせてもらいましょうかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 有森さん、かつみ・さゆりさんもすぐ横で応援。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらは実際に走られる、女と男の和田ちゃん。
 うちの出店テントのすぐ前におられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 反対側の端には女と男の市川くん。
 すごく走れそうに見えるけど、今まで和田ちゃんに勝ったこどないらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「お久しぶりです」と声をかけてきてくださったのは井上郁さん。
 私と同い年で、若いころは競い合っていたランニング仲間。
 「このごろ全然走ってへんし、4時間切るのが精一杯」とおっしゃっていた。

 それよりビビッたのが、うちの廉と同い年の息子さんの話。あの天下のK大を卒業され、どうしても医者になりたいということで現在F医科大へ。
 「どこまでかしこいんですかー」と思わず言ってしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時50分に未登録の部がスタート。
 すきすきの登録の部にくらべ、こちらはこみごみ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 赤いジャケットの市長さんがスターター。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そうへいさん、発見!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まあなんてきれいなジャンプ。 
 それにしてもカッパ着てはるやん。待ち時間が長いから、スタート前まで着とくのなら分かる。でもカッパ着たままスタ―トって、よっぽど寒がりかー。
 また心配になってきた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ヨメさんは、3年連続同じピカチュウの着ぐるみで応援。
 でも、ピカチュウに見えるかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ふじいさーん」と声をかけてくださったのは細井さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 登録の部は1分ほどで、全員スタートラインを通過。しかし、未登録の部は12分過ぎても全員通過ならず。記録を狙うなら絶対登録しなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 例年なら、ここから少し北に行ったところの18km地点あたりから逆走して応援をしていた。しかし、今年は腰の具合がよくないので中止。

 京都産業大学出身で大塚製薬に入った上門選手の「びわ湖毎日マラソン」も見んならん。上門選手は、「市原野保育園」でうちの真樹の一つ上。そんなこと言われても・・・てか。大学時代は「京都キャロット」にも何回も来てくれたんですよ。

 その前にお昼ごはん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一番近いところは満席だったので、またいつもの「味の郷土館」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 何年か前のマラソン完走後に注文して、気持ち悪くて食べられなかった「牛とろ丼」。
 走らんかったら、おいしいです!

 (去年も同じものを食べ、同じことを書いていました。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんは、テントで販売されていた焼きそばなどを買って来て食べていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それにしてもタレ目ー!

 このあと、「びわ湖毎日マラソン」のスタートを観戦。車のテレビは電波状況が悪いようで映らず。仕方なく、パソコンのネット放送へ。
 このネット放送、映像はきれいだが映像と現場の音のみ。タイムも距離表示もなく、もちろん解説も付いていない。なんか見ていて盛り上がらんのよねえ。
 でも、スタート直後先頭に躍り出た選手を見てびっくり。
 「ひっさやんけー。」

 「ひっさ」こと久本選手は、廉の大学陸上部時代の練習仲間。大学はちがうのだが、ご近所なので合同練習をさせてもらっていた。廉と同じように大学院を出て、愛知の会社の就職した社会人1年生。

 「ひっさ、やりよんねー。」
 ヨメさんは、すぐにラインで廉に送っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レース中お客様はまったくないので、ゴール前の応援に。

 一番に見つけたのは、短距離の堀田さん。
 100m走らせたらめっちゃ速い堀田さん。フルも3時間10分を切ろうかという勢い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次は外峯さん。
 いつもよりちょっとだけ遅かったかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 Y・Dさん。マラソンランナーの中ではでかい方なので見つけやすい。今年もいい写真が撮れました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の給水所。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 40kmのスペシャルドリンク。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あっ、出てはったんや!」

 わが「ランナーズ9の会」の三郎太さん。
 割と楽そうに見えましたけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 元気な植木屋そうへいさん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 予定通りゴール3時間半ペース。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あっ、出てはったんや!」

 こちらもわが「ランナーズ9の会」の○○さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 にこやかに走ってられた桜井さん。
 たしかもうすぐ退職って言ってられた。かわいいワンちゃん見に行かんなん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「びわ湖毎日マラソン」のゴールの時刻が近づいてきたので、応援はここまで。
 コースを走ると迷惑になるので、少し迂回して会場へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中でかわいいワンちゃん発見。
 私に向かって吠えていたので、おうちの方がカーテンを開けられた。

 「ワンちゃんの写真撮らせてもらいましたー」と言うと、飼い主さんは笑ってられた。

 今年の応援ランは例年の半分くらい。7kmほどでしょうかねえ。
 急いでパソコンをつけると、ちょうど「びわ湖毎日マラソン」のゴール。1位の外国人選手で2時間9分ちょっと。えらい悪いタイムやないかい。
 そのあとやっと日本のベテラン選手が入ったと思ったら、2時間10分10秒。これでは・・・。若手はどうなっとんじゃい。

 お目当ての上門選手のゴールシーンがない。40km地点で10位やったのに、何かアクシデント? 調べに調べて、2時間12分58秒、第10位でゴールしたことが分かった。よかったー。
 これでヨメさんが、巨人の荒川コーチみたいに「私が育てました」って言えるなー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レース後はほとんど売れず。
 「おみやげもん屋さんにはけっこう寄ってはるのに、なんでうちには来てくれはらへんかなー」とヨメさんは嘆いていた。
 仕方ないので早めのお片付け。片づけ終わったのは5時20分。
 お腹ペコペコだったが、会場近くにはキャラバンで入れるようなお店はない。途中何回かお店に入ろうとしたが、どことも満員。仕方なく葛野五条の「ザ・めしや」さんまで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あー、やっと食べられてよかったー。
 うちのヨメさんのパクパク画像でお楽しみください。
 
 きくは、私らが早く帰ってきて喜んでいた。
 篠山は近くていいのだが、天気も良かったのでもうちょっと売れてほしかったねー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

釘ささりラン

釘ささりラン

「ひめゆり」 -長編ドキュメンタリー映画-

「ひめゆり」 -長編ドキュメンタリー映画-

マナーク・ブリス・6・11

マナーク・ブリス・6・11

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.