パオパオだより

2021年07月16日(金)

うにげーさびら [沖縄]

画像(297x320)・拡大画像(325x350)

「工事中」の隣に設置された「わじゃ そーいびん」(お仕事中です)

画像(297x320)・拡大画像(325x350)

工事区間の始まりでは「ゆたしく うにげーさびら」(よろしくお願いします)

◎琉球新報 2017年8月12日

   思わず足が止まる!「わじゃ そーいびん」って?
   工事現場のうちなーぐち看板 発案者の思いを聞いてみた

 「わじゃ そーいびん(お仕事中です)」。糸満市武富のイオンタウン武富ショッピングセンター前の県道7号の道路工事現場で、うちなーぐちの看板が道行く人を楽しませている。発案者は、うちなーぐちを使う機会が減少していることに危機感を持った南山開発(本社・豊見城市)の取締役会長の浦崎実さん(60)だ。「言葉は使わなかったら忘れてしまう。まずは関心を持つきっかけになってほしい」と、2年ほど前から那覇市内や本島南部の工事現場でオリジナルのうちなーぐち看板を設置している。

 八重瀬町出身で、幼少からうちなーぐちに親しんできた浦崎さん。近年は同級生の模合などでうちなーぐちを使うが、職場では使う機会が減ったという。

 「言葉は時代によって変わっていくものだが、少しでもうちなーぐちを残したい」と、工事現場の看板をうちなーぐちで表記することを思い付いた。今では従業員にも積極的にうちなーぐちで話し掛けている。

 「ゆたしく うにげーさびら(よろしくお願いします)」「にふぇー やいびーたん(ありがとうございました)」など、各現場に合わせて必要な文言をうちなーぐちで考え、発注する。

 意味が分かりやすいよう、日本語表記の看板と併設するようにしている。看板はリースで、工事が終わると返却するため、これまで何枚作成したか不明という。

 浦崎さんは「南部でも地域で言葉が異なり、虫一つでも呼び方が違う。言葉はとても面白い。うちなーぐちをぜひ普及させたい」と力を込める。

 県道7号のイオンタウン武富ショッピングセンター前の工事は、今年10月末までの予定だ。

 「見学料は取りません。いちゃんだ(無料)ですよ」と、浦崎さんは少年のように笑った。
(豊浜由紀子)

画像(189x267)

工事区間の終わりでは「にふぇー やいびーたん」(ありがとうございました)

------------------------------------------------------------------------------

   五穀豊穣
         パーシャクラブ


五穀豊穣 サー天ぬ恵み ハリ今年
果報しどぅスリ サー御祝さびら 嘉例さびら
太鼓三線小 うち鳴らち ハリ今日や
舞いる美童ぬ美らさ 他にまさてぃ

野山緑、 花や咲ち 真南ぬ風や稲穂撫でてぃ
来年また 神ぬ美作 御願げさびら

五穀豊穣 サー天ぬ恵み ハリ今年
旗頭立てぃてぃ遊ぶ嬉しゃ 心嬉しゃ
島ぬ神々ぬ恵み ハリ受きてぃ
豊かなるくぬ御世ぬ 御祝さびら

ハリ太陽高々とぅ 真南ぬ風や稲穂撫でぃてぃ
来年また 神ぬ美作 御願げさびら

野山緑、 花や咲ち 真南ぬ風や稲穂撫でてぃ
来年また 神ぬ美作 御願げさびら

画像(320x203)・拡大画像(640x406)

------------------------------------------------------------------------------

 昨日は三線教室。
 私がやっと弾けそうになると、また新しい曲へと移っていく。

 今までに気に入った曲と言えば、「安里屋ユンタ」、「うちなー」、「娘ジントヨー」、「童神」、「満月の夕(ゆうべ)」・・・。
 最近では「五穀豊穣」がいいなあと思っていた。でもその「五穀豊穣」も、完全にマスターしていないのに次の曲に移ってしまった。残念。

 三線の先生は、新しい曲のたびにその歌詞の説明をしてくださる。ところが集中力に乏しい私は、その半分くらいしか理解していない。
 「五穀豊穣」に「うにげーさびら」が何度も出て来る。
 「ウニとクラゲのあえ物かなあ」とか想像したりして・・・。
 本当は「お願いいたします」という意味だったんですね。純粋に五穀豊穣を願ってはったんや。失礼しました。

 上の記事の工事現場の「わじゃ そーいびん」で思い出したことがある。
 私がヨメさんにしつこく「ますみちゃん、ますみちゃん」と呼んで話を聞いてもらおうとすると、すぐに「私は忙しいんや」と叱られる。これからは「わじゃ そーいびん」と言ってもらえるとありがたい。と言うか、「うにげーさびら。」

 また「安里屋ユンタ」の「またはりぬちんだらかぬしゃまよ」は、「また逢いましょう、美しき人よ」という意味らしい。これも先生がていねいに説明してくださったはずだが、全然覚えとらん。私は三線教室の劣等生です。

 「沖縄の方言=うちなーぐちに、さよならという言葉はないんだよ」とも言われているらしい。さよならではなく、「また逢いましょう」。
 中国語の「ツァイチェン(再見)」に似ています。
 これから私もそう言おう。
 「また逢いましょうねえ。」

------------------------------------------------------------------------------
【今日のひと言】

中野 昌宏
いじめた人間は、一生許されないことくらい覚悟しないと。何甘いこと言ってんの?

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月29日(火)

「みるく世の謳(うた)」 [沖縄]

画像(320x213)・拡大画像(500x333)

◎琉球新報 2021年6月12日

   2021年度沖縄全戦没者追悼式 平和の詩 「みるく世の謳」全文

 みるく世の謳(うた)
          宮古島市立西辺中学校二年 上原 美春

12歳
初めて命の芽吹きを見た。
生まれたばかりの姪は
小さな胸を上下させ
手足を一生懸命に動かし
瞳に湖を閉じ込めて
「おなかすいたよ」
「オムツを替えて」と
力一杯、声の限りに訴える

大きな泣き声をそっと抱き寄せられる今日は、
平和だと思う。
赤ちゃんの泣き声を
愛おしく思える今日は
穏やかであると思う。

その可愛らしい重みを胸に抱き、
6月の蒼天を仰いだ時
一面の青を分断するセスナにのって
私の思いは
76年の時を超えていく

この空はきっと覚えている
母の子守唄が空襲警報に消された出来事を
灯されたばかりの命が消されていく瞬間を

吹き抜けるこの風は覚えている
うちなーぐちを取り上げられた沖縄を
自らに混じった鉄の匂いを

踏みしめるこの土は覚えている
まだ幼さの残る手に、銃を握らされた少年がいた事を
おかえりを聞くことなく散った父の最後の叫びを

私は知っている
礎を撫でる皺の手が
何度も拭ってきた涙

あなたは知っている
あれは現実だったこと
煌びやかなサンゴ礁の底に
深く沈められつつある
悲しみが存在することを

凛と立つガジュマルが言う
忘れるな、本当にあったのだ
暗くしめった壕の中が
憎しみで満たされた日が
本当にあったのだ
漆黒の空
屍を避けて逃げた日が
本当にあったのだ
血色の海
いくつもの生きるべき命の
大きな鼓動が
岩を打つ波にかき消され
万歳と投げ打たれた日が
本当にあったのだと

6月を彩る月桃が揺蕩(たゆた)う
忘れないで、犠牲になっていい命など
あって良かったはずがない事を
忘れないで、壊すのは、簡単だという事を
もろく、危うく、だからこそ守るべき
この暮らしを

忘れないで
誰もが平和を祈っていた事を
どうか忘れないで
生きることの喜び
あなたは生かされているのよと

いま摩文仁の丘に立ち
私は歌いたい
澄んだ酸素を肺いっぱいにとりこみ
今日生きている喜びを震える声帯に感じて
決意の声高らかに

みるく世ぬなうらば世や直れ

平和な世界は私たちがつくるのだ

共に立つあなたに
感じて欲しい
滾(たぎ)る血潮に流れる先人の想い

共に立つあなたと
歌いたい
蒼穹(そうきゅう)へ響く癒しの歌
そよぐ島風にのせて
歌いたい
平和な未来へ届く魂の歌

私たちは忘れないこと
あの日の出来事を伝え続けること
繰り返さないこと
命の限り生きること
決意の歌を
歌いたい

いま摩文仁の丘に立ち
あの真太陽まで届けと祈る
みるく世ぬなうらば世や直れ
平和な世がやってくる
この世はきっと良くなっていくと
繋がれ続けてきたバトン
素晴らしい未来へと
信じ手渡されたバトン
生きとし生けるすべての尊い命のバトン

今、私たちの中にある

暗黒の過去を溶かすことなく
あの過ちに再び身を投じることなく
繋ぎ続けたい

みるく世を創るのはここにいるわたし達だ

(県平和祈念資料館提供)
-------------------------------------------------------------------------------

画像(275x183)

自作の平和の詩「みるく世の謳」を朗読した上原美春さん

 6月23日「沖縄慰霊の日」、糸満市の平和祈念公園では毎年五千人規模の追悼式が行われている。しかし新型コロナの影響で、昨年は約160人、今年はさらに縮小されてとり行われた。

 毎年県内の学校の児童・生徒から「平和の詩」を募っている。今年も1500点の中から、宮古島市の中学校2年の上原美春さんの作品が選ばれた。

 「みるく世ぬなうらば世や直れ(平和な世がやってきて、みんなの暮らしが良くなりますように)」。祖父の奏でる三線と歌が大好きで、詩では宮古民謡の「豊年の歌」の一節を引用した。

 私もいつかは三線をしっかりマスターして、平和の礎の前で弾いてみたい。

 上原美春さんが朗読していたのは午前11時過ぎ。
 そのころ、私は読谷村に入ったばかり。1945年4月1日、米軍が上陸した場所の近くを走っていた。

 私は走ることくらいしかできないので、毎年沖縄慰霊の日には「平和・憲法九条」ののぼりを背負って沖縄を走る。
 上原美春さんが言うように、「みるく世を創るのはここにいるわたし達だ」という思いを込めて。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月24日(木)

一夜明ければ [沖縄]

画像(239x320)・拡大画像(479x640)

 67km走って、一夜明ければ・・・。
 今年は今までで一番体調が悪かったのに、ダメージは一番少なかった。

 ゴール前にいただいたひまわりの花。
 真樹が、焼酎のビンにさして飾ってくれた。
 きれいやねえ。かわいいねえ。(写真も真樹が撮ってくれた。)

 「慰霊の日に『平和・憲法九条』ののぼりを背負って走るのは9年連続です」と言うと、「新聞社などに取材に来てもらばいいのに」とおっしゃる方があった。
 いやいやいや、取材してもらうために走ってるわけじゃないんです。

 一番は、私の実家の本家の藤井勘六さん(父のいとこ)が沖縄戦で戦死されたので、それに対して何かをしたいと思ったこと。
 次は、私が走ってるのを真樹が喜んでくれていると思ったこと。
 これくらいなんです。
 これでは取材のし甲斐がないですよね。
 たぶん「ただ走りたかっただけです」と口走って、ヒンシュクを買ってしまうのがオチです。まっ、当たらずといえども遠からず。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 昨日走っている途中でいただいた3個のパンが食べきれなくて、2個を腰にぶら下げてゴールした。それを真樹と半分こして今日の朝食。おいしかったー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 はんぺんはリラックス。
 でも、はんちゃんぺんちゃんとは仲良くなるヒマがなかったなあ。
 当分沖縄には来れそうにないしなあ。また一からやね。
 バイバイ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は真樹のバイトがない日だったので、JAと道の駅・許田まで送ってもらった。
 JAではマンゴーの小さいやつ、道の駅ではサーターアンダギーがお目当て。マンゴーはいいのが見つかったが、サーターアンダギーのお店は定休日。ガックリ!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹は「空港まで送ったげる」と言っていたのだが、そこまでは気の毒なのでここで帰ってもらった。
 私はここからやんばる急行バスで空港へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 道の駅が改修中で、バス停がとんでもないところに移動。
 「こんな周りに何にもないとこはきついなあ」と思っていたら、突然の雨。急いで持ってきていた折りたたみ傘をカバンから取り出したが、もうすでにビチョビチョ。小さい傘だったので、そのあとも降り続く雨で私もカバンもえらいことになってしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時53分のバスが9分遅れで到着。
 「屋根がなくてずぶぬれになりました」と運転手さんにクレームを。
 「今、改修中なんで・・・」で終わり。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 空港についてもまだ雨が降り続いていた。この時期だからまだよかったものの、体が冷えてカゼをひくところだった。

 昨日走っている途中でいただいた「楚辺ポーポー」。ありがとうございました。今日のお昼ごはんにさせてもらいました。私の好きな黒糖味で、おいしかったー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 思い返すと、この4日間ずっと雨。めずらしいこと。
 まあ、涼しくて過ごしやすかったですけど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 神戸空港から、午後5時ちょうどのポートライナーに乗れた。
 2時間くらいで帰れるかと思っていたが、乗り継ぎがあまりうまくいかず、家に着いたのは7時25分ころ。
 道の駅・許田から7時間半。名護から京都に帰るのは一日仕事です。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 私が家に着き、玄関で荷物の整理をしているとき、みーちゃんがずっと待っていてくれたらしい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 かわいいねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の晩ごはんは、私が沖縄で買って来た中味汁ともずく。
 ヨメさんがおいしく作って出してくれた。
 ごちそうさまでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 デザートもおいしかったー。

 愛情やね。

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「バイト日以外は走る」と決めているので、夕食後にちょっとだけ。
 痛いところもあるが、ゆっくりなら走れる。
 キロ8分ペースで2kmだけ。

 体重かなり減ってるのに、お腹ポッコリに写ってる。
 おかしい。
 写真を撮るときは、スラリと写るように気を付けよう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2021年06月22日(火)

おみやげくばり [沖縄]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日も朝は「はんぺん」から始まる。
 いや、今日は「ぺんはん」の順でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 はんちゃんは、近くには来てくれるんやけどなでさせてはくれない。みーちゃんみたいにパンチ入れることはないけど。

画像(245x320)・拡大画像(491x640)

 まずは散髪。
 4月中旬に名護に来た時以来なので、ちょうど2か月。けっこう伸びている。

 10時すぎに出発。
 細かい雨が降っていたが、「理容・きゃん」さんまでは1kmちょっとなので走って行くことにした。。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「理容・きゃん」さんまで1.23km。
 ちょっと濡れたけど、沖縄ではすぐ乾く。

 2年連続で、「沖縄慰霊の日」の催しは中止だそうだ。
 どうにか工夫してできなかったもんかねえ。

 ちっちゃいおみやげをもらってもらった。
 いつもすごく喜んでくださるのでこちらもうれしい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 帰りも雨。
 人にも会わない。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 JAでちっちゃいマンゴ―が売っていないか見に行こうと思っていた。
 ところが、マスクをしてきていないことに気づき退却。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 けっきょく、往復で2.5km。
 何もせんよりはましという程度のラン。

 真樹はお昼のバイト先が休業中なので、私といっしょにお昼ごはんを食べに行くことになった。もちろん、おなじみの「きっと屋キッチン」さんへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その途中で、いつも私を応援してくださっている玉城さんのお勤め先へ。
 玄関前に、新入りのかわいい猫ちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 玉城さんのお話では、まだ生まれて半年くらいなのにもう出産したらしい。猫は早く大人になるんですね。

 私の体のことを心配して聞いてくださったが、「もう歳なんで、不調の原因はほぼ老化からみたいです」と説明させてもらった。
 明日はお勤め先から応援して(念じて)いただくようにお願いしておいた。

 ちょっとしたおみやげをお渡しして、きっと屋キッチンさんへ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 マラソン大会の中止が続いたので、ここに来るのも超久しぶり。
 真樹と来るのも何年振りになることか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 安定のおいしさでした。
 満足、満足。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹を降ろして、一人で「部間タイヤ」」さんへ。
 いつもお世話になっている比嘉さん御夫妻にお礼を言いに。

 途中、安和の琉球セメント新桟橋で、辺野古の新基地埋立用の土砂の積み込みが行われていた。数は少なかったが、抗議のために集まっておられる方もおられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 沖縄の人たちを分断するようなことばかりがどんどん進められている。
 今の名護市長は、これに対してどういうお考えなのだろうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 比嘉増美さんはおられなかったが、旦那さんと長男の雄也さんがおられた。
 「4月に名護に来た時に、イオンで中村良平さんに会って、名護に来たら比嘉増美さんに会いに行かなければと言われたんです。その時は時間がなかったんで、今日来させてもらいました。」

 21世紀の森ランクラブもずっと練習会もされていないそうで、仲間と長い間会っておられないとのこと。大会がないと、みんなで練習と言っても盛り上がらないようだ。飲み会もできないしね。
 来年2月の「おきなわマラソン」が復活しますようにと、みんなで願いましょうと言ってお別れした。そのころにはコロナもおさまっていたらいいんですけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰り道から部間タイヤさんが見えたので、車を止めて写真を撮らせてもらった。
 工場の裏はリゾート地みたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、おうかがいします。
 工場の裏で泳がせてもらおうかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹のアパートに戻ると、いつもの猫ちゃん。
 何回も何回も出産したのだが、最近やっと手術をしたらしい。さくら耳になっていた。(と言うか、水平カットなのでさくらの花びらには見えない。)

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 猫ちゃんのすみかになっている車には、はり紙がしてあった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 しっかりとしたことが書かれていた。
 これで、あの猫ちゃんも安心やね。

画像(320x234)・拡大画像(640x468)

 昨日は晩ごはんに間にあわなかったので、今日はちょっと早めに。
 また細かい雨が降っていたが、走って。

 百均で買ったマスクを立体型にするのを試してみた。これはいい。息がしやすい。
 明日も、人がいるところはできるだけマスクをして走ろうと思っている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「今日は我部祖河食堂の中味汁定食やね。」

 「あれ、電気ついてへんやん。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あーよかった、やってるやん。」
 「申し訳ありません、もう終了しました。」
 「えー、7時半までじゃないんですか。」
 「7時20分がラストオーダーなんです。」
 「泣泣・・・・」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「しゃーない。かねひででなんか買って帰るか。」

 そう思ってかねひでに向かう途中、パチンコ屋さんの前の「我琉そば」さんが開いていた。よかったー。
 ここまで2kmも走りました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ミニカレーそばセット(690円)。
 おいしかったー。
 やっぱりお店で食べるのはいい。本当に食べた気がした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 かねひでに寄って、明日の朝食べるものなどを購入。
 バッグに入れて走って帰ったのだが、雨がかなりきつくなっていてまいった。

 家まで1.3kmくらい。これで今日は2.5+2+1.3で5.8km。
 明日の足ならしくらいにはなったかな。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 明日の朝食、今日真樹と食べるぶどう、ヨメさんへのおみやげの黒糖。
 けっこう重かったなあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年06月21日(月)

気温は低めだがムシムシ [沖縄]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹がしっかり働いているところを見られてよかった。

 午後6時20分ごろ名護に着き、真樹のアパートではんぺんをちょっとかまってから、着替えてイオン名護まで走って行った。
 行くとは言ってなかったので、だまってしばらく働いている様子を観察していた。私が見ている間、ずっと動き回っていた。

 「うちの子、よう動きまっしゃろ。」
 私とちがって、真樹は働きもん。自慢の娘です。
-----------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝出る時に真樹にラインを送ったら、「沖縄は雨です」と返ってきた。
 晴れても雨でもむし暑そう。

 10時06分のバスに乗り、地下鉄に乗り換えて京都駅へ。
 ここでちょっとおみやげを購入。
 11時15分発のJRで三ノ宮駅へ。そこからポートライナーで神戸空港へ。
 今日は時間の余裕を持たせて早めに出たので、すごく楽だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 飛行機も早く着いた。
 15時50分発の高速バス(111番)がとまっていたので、乗ってしまおうかと思った。でも、その40分後に出るやんばる急行バスのほうが500円以上安いので思いとどまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 16時30分発のバスに乗る。
 名護は黒い雲に覆われていたが、もう雨は降っていなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 名護バスターミナル前に、18時20分ごろ到着。
 クーラーの効いたバスから降りると、気温は高くはないのだがムシムシした感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 アパートのドアを開けると、はんちゃんがお出迎え。
 ぺんちゃん見当たらず。

 はんちゃんがベットの下に行ったのでのぞいてみると、ぺんちゃんもいました。前はぺんちゃんのほうが人見知りしなかったのに、いつの間にか逆転しているみたい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 はんちゃんは、私の前にずっといた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ぺんちゃん、ベッドの下の入ったなり。
 どうしたんかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹の働いているところを見たかったので、走ってイオンへ。
 ここまで2.5km。
 この2日間は体力温存なので、チョロチョロと走るだけにしとこう。

 ダイソーやヒマラヤを見ていたら、知らんうちに時間がたってしまった。レストラン街に行くと、「7時半、オーダーストップ」。
 ああ、忘れてたー。

 まあ、真樹の働いているところが見られたからいいか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すきっ腹のまま、帰りも走って。

 駐車場の遠くに動くものが見えた。
 やっぱりかわいい猫ちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 全然違う方向にももう1ぴき。
 この猫ちゃんはさくら耳。
 どなたが世話してくれてはるんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ダイソーで買ったマスクや老眼鏡を腰にぶら下げてのラン。
 走りにくいったらありゃしない。

 でも今日の5kmを入れて、今月200kmを突破。
 あさって70km行くつもりなんで、月間300km突破も夢ではない。
 がんばろう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ダイソーでは5点買って550円。
 キャップ用日よけガードなど、あさってに使うものばかり。 
 ちゃんと役に立ってくれるかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レストランが全部閉まってしまったので、コンビニのお寿司。2つ合わせて946円。意外と高くついてしまった。
 あさっては早く名護に到着して、お寿司屋さんで思いっきり食べたいなあ。7時半オーダーストップでは無理かなあ。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきくみー】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が出かけるときのきくちゃん。
 かしこうしといてや。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が出かけるときのみーちゃん。
 かしこうしといてや。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年04月16日(金)

こっそり沖縄 [沖縄]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こっそり沖縄に来ました。
 去年の6月23日「沖縄慰霊の日」以来、10か月ぶり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 県庁前には「辺野古の海を遺骨で埋めるな」と、ガマフヤー・具志堅隆松さんを始め多くの方が集まって来ておられた。

 沖縄戦で戦死した私の父のいとこ・藤井勘六さんの遺骨も、いまだ見つかっていないんです。勘六さんの遺骨の上に新米軍基地なんて、とんでもない!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 パレットくもじの地下の「ふる里」さんでアーサー汁定食(750円)。
 混んでいて時間がかかりそうで心配だったが、注文してから3分で持ってこられた。すごくおいしかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 食べ終わってすぐに9階の「シネマパレット」さんへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この映画館に来るのも超久しぶり。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日見た映画は「僕が跳びはねる理由」。
 いろいなことを考えて考えて考えて・・・。
 ああ、むずかしい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 屋上庭園で記念写真。

 2か月と10日のばした髪の毛がうっとうしくて。
 ここから名護の「理容きゃん」さんへ。
 初子オバアは、私の知っている理容師さんの中で一番うまい。京都から名護まで行って切ってもらう値打ちがある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹のアパートに行くと、もう真樹はバイトから帰って来ていた。

 まんまるはんちゃんがお出迎え。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前は懐いてくれていたぺんちゃんは、すっかり忘れてしまって逃げ回っていた。そら、10か月ぶりやもんな。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 真樹と久しぶりの外食。
 イオンの中にできた「五穀」さん。

 「真樹、五穀豊穣ゆう唄知ってるか。ごーこくほうじょう、なんちゃらなんちゃらやー、なんちゃらなんちゃー。」

 ちょっと張り込んで田園定食(1280円+税)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 わらび餅もついていて、大満足。

 「ドーナツ買って帰るか」と1階に下りると、「藤井さん」と呼ぶ声。
 なんと、21世紀の森ランクラブの中村さん。マスクをしているのによく見つけてくださった。ひょっとして、真樹のことを覚えていてくださったのかも。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 家に帰って、ぺんちゃんおびき寄せ作戦。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「すきあり」で、ぺんちゃんゲット。
 この時は暴れたけど、そのあと思い出してくれたのか、だいぶなでなでさせてもらった。

 (私の頭、散髪してもらってさっぱりしてるでしょ。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹とでは、こんなにいい顔でだっこしてもらってるのになあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜には、真樹友も入って3人でケーキとコーヒー。
 ゆんたく、ゆんたく、よかったね。

 明日、10kmをしっかり走りましょうねえ。 

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日のために、ちょっとでも走っておきたかった。
 午後9時前、晩ごはんを食べ終わってから1時間ほどだったが走りに行った。

 やっぱり、ちょっとお腹が痛い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 名護市陸上競技場まで1.1km。
 ここも5月5日まで、午後8時閉門になっていた。

 ここで折り返し。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に戻って2.2kmだったので、家を通り越して市民球場まで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここで折り返して、家まで3kmになった。24分。

 何もせんよりはましかなあ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 駐車場に、みーちゃんそっくりさん。
 ちゃんと耳が切ってあったので安心。
 「長生き、しーやー。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「焼肉ドラゴン」

「焼肉ドラゴン」

ジャンプ・イン・名護ビーチ

ジャンプ・イン・名護ビーチ

最後の晩餐

最後の晩餐

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.