パオパオだより

2009年07月16日(木)

和田峠の餅屋さん [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」の出店をやめたのに、私が今も「北軽井沢マラソン」にいくわけ。
 その一番の理由は、和田峠の力餅を食べたいからである。

 ここの力餅は、古くは中山道の峠越えをする旅人が食べたといわれるだけあって、塩味がきいている。私ら夫婦は、この塩味のお餅がすごくおいしいと思っているのだが、若い人の中には「もひとつかな」と思う人もあるようだ。フシギ!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この記事を書くとき、カテゴリーを「グルメ情報」にせず、「私の好きな人」にした。
 去年くらいに思ったのだが、私がここにひきつけられるのは、「お餅」以上に「お餅屋さんのご主人」のほうかもしれない。

 織姫彦星のように一年に一度お会いするだけだが、必ずお話をして帰る。その内容は、あっちに飛びこっちに飛び・・・。しかし、それは私にとっては心の落ち着く貴重な時間となっている。

 ご主人の井出さんは、今67歳。5年前に脳梗塞で倒れられ9ヶ月入院。しかし、そのあと復活し、いまも餅屋さんをやっておられる。
 今も左半身は不自由だが、意識して動きよくしゃべるようにしておられるのだそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こないだ(7/12)お店に行ったときは、ちょうど観光バスが到着し、店の中はごったがえしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このお客さんたちのお目当ても、やっぱり「力餅」だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年は予約していなかったので、私が行った時(お昼過ぎ)にはもう「力餅」は少ししか残っていなかった。だから、今年は二日前に電話して8個入り箱を5箱予約しておいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 何年か前、この「力餅」を送ってもらおうとして電話したことがある。
 そのこたえは、「悪くなったら困るから、送れない」というものだった。その返事を聞いて感心した。
 「このお餅は郵送して食べるようなものではない。この和田峠に来てこそ食べられるものだ」と言われているような気分になった。

 「こういうこだわりのある人、すき!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここのおそばも絶品です。

 ぜひ、中仙道和田峠まで来て、このおそばと力餅を食べていってください。そして、ご主人としゃべってみてください。おいしいおいしいお茶も、いつもポットに満タンに入っています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 和田峠の「力餅」は、8個入り800円です。(白4個、焼き餅4個入りです。)

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 1 )   コメント ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=531

力餅

そういえば京都のパオパオさんと約束をしていた。 今度、八ケ岳に蝶ちょを撮りに行ったら和田峠に寄ってみるよって http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=531 そうこの和田峠、 中山道の時に登った所。 (昔からの読者の方はこの中山道わかるよね) [[attac

田舎に暮らしたい! 2009年09月06日 21時56分

コメント

 ゼファー750さん、マイナーな話題に食いついてくださってありがとうございます。
 黒曜石は和田峠の近くでたくさんとれるようですよ。子どもといっしょに行っていたときは、餅屋さんのご主人がうちの子らにたくさんくださっていました。

 壮大な「一人駅伝」、すごいですね。ぜひ、いろいろなところをきょろきょろしながら走ってください。その内容も、ゼファー750さんのブログに書いておられましたっけ。

 和田峠の餅屋さん、ぜひ寄ってください。ご主人は、確か東京の大学を出ておられる方です。餅屋さんは叔母さんがやっておられたがあと継ぎがおらず、会社を辞めて帰ってこられたとか言っておられました。いろいろな知識を持っておられる方なので、話されたら面白いと思います。

パオパオ 2009年07月17日 23時19分 [削除]

1枚目の写真の黒曜石にひっかかりました。

茅野の尖り石の遺跡から鏃としてたくさん出た石です。
私の昔の知識では日本中何処にでもある石ではなく、
四国のある場所、長野の麦草峠、などなど数箇所が
産地と思いました。

子供の頃に麦草峠に行ったときには道端にごろごろと
転がっていましたよ、でかいのが。
今は国道299が開通して以来道端には皆無ですね。
白駒池の方に歩いていっても雨池側に行っても
無いです。

和田峠にもあったんですかあ。知らなかった。



和田峠と言えば6年前ですかねえ。
日本橋をスタートして中山道を京都まで走ったときに
苦労して登った峠です。
日本橋-京都は全部走るのに、たしか5年半
かかりました。
今は三条大橋から東海道を折り返していて
先々月に熱田神宮を越えて愛知県を走っている
途中です。


明日八ケ岳に蝶ちょを見に行くので帰りに
寄ってみますわ、、ここ。

ゼファー750 2009年07月17日 21時48分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第26回聖湖マラソン・続き

第26回聖湖マラソン・続き

第33回瀬戸内海タートルフルマラソン・前日受付

第33回瀬戸内海タートルフルマラソン・前日受付

第29回9の日平和ラン

第29回9の日平和ラン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.