パオパオだより

2018年01月05日(金)

箱根駅伝使用シューズ [陸上競技]

画像(320x228)・拡大画像(600x428)

◎ツイート「熊田大樹 @陸上‏」」より

第94回箱根駅伝】
選手着用シューズ・メーカー別人数
※カッコ内は第93回人数
58人 ナイキ(36人)↑
54人 アシックス(68人)↓
37人 ミズノ(54人)↓
35人 アディダス(48人)↓
23人 ニューバランス(4人)↑
3人 ミムラボ(0人)↑
東洋大はナイキ率100%
山梨学大はアシックス率100%
0:58 - 2018年1月3日

画像(180x180)・拡大画像(355x355)

ナイキ・ズームフライ

画像(180x180)・拡大画像(600x600)

アシックス・ソーティマジックRP4テンカ


画像(180x180)・拡大画像(198x198)

ミズノ・ウェーブクルーズJAPAN

画像(180x179)・拡大画像(640x638)

アディダス・アディゼロタクミセンブースト3


画像(180x180)・拡大画像(198x198)

NB・HANZO


--------------------------------------------------------------------------------------

 今年の箱根駅伝はおもしろかった。
 個人的には、やはり「往路東洋大の1年3名起用」がよかった。特に山登り5区に起用された田中龍誠選手。なぜか応援したくなるタイプの選手。2位青学大が迫ってきて、ハラハラドキドキの連続でした。ええもん見せてもらいました。久しぶりの、「学生と見間違う酒井監督」のインタビューもよかった。
 復路の日には仕事があり、帰ってから録画を見た。意外性のない展開で「やっぱりか」という結果。青学大には申し訳ないが、見ていて胸が高鳴る場面がなかった。

 「京都キャロット」的には、選手が履いているシューズがすごく気になった。箱根駅伝で話題になったシューズは、必ず一般ランナーの間でも話題になる。自分とはレベルの差は歴然であるのに、履いてみたくなるランナーが多い。
 特に、今までにない何かが加わっているシューズは目を引く。今回は、往路優勝した東洋大がとんでもないシューズを履いていた。「めっちゃかかとぶあついやーん」という、ナイキズームフライ。
 私らとちがってほとんどかかとが着地しないであろう駅伝選手に、軽いとはいえ、なんであんなぶあついソールがいるのかが分からん。これからまた調べてみます。

 復路6区で青学が逆転し、そのまま総合優勝。
 これでちょっとホッとした。青学大はずっとアディゼロタクミセンブースト。今、私も履いています。このあたりは、青学びいきというよりアディダスびいき。
 ナイキは大量生産せず、希少価値を上げていく販売方法。ここまで話題になると、たぶんズームフライはもう手に入らないと思う。
 その点、アディゼロタクミセンブーストはまだ手に入りやすい。私のような60代ジジイランナーが履いてもだいじょうぶという安定感もある。

 現時点では、一般ランナーにはナイキではなくアディダスをお勧めします。
 (残念ながら、現在「京都キャロット」に「センブースト」の在庫はありませんが、「レンブースト」と「ジャパンブースト」があります。ぜひお試しください。「センブースト」も入荷出来ないか交渉中です。
 NBの「HANZO」も気になる。服部半蔵から名前を付けたんでしょうか。4人→23人なので、伸び率1位。一度履いてみたい。
 あっ、山梨学院大の選手などが使用していたアシックスのソーティマジックテンカは在庫あります。こちらもひぜひよろしくお願いします。)

 またおもしろい記事を見つけました。よければ、どうぞ。

「箱根で激突したランニングシューズの“厚底 vs 薄底”論争の行方」(DDM japan.com)

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 寮の管理代行のバイトから帰ってくるのは夜12時前。
 いつもはきくがしっぽブンブンで出迎えてくれるのに、今日は廉のベッドで丸まったまま。だいぶ誘ったら、やっと居間に来てくれた。
 さぶいさぶい真っ暗な時に出かけて、真っ暗で日が変わるちょっと前に帰って来てるんやから、ちょっとサービスしてもらわんと。

 このあと、ちょっと「ガウガウごっこ」してから寝ました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

朝6時の二条城

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月24日(日)

全国高校駅伝2017 [陸上競技]

画像(166x200)

男子の1位でゴールする佐久長聖の山本嵐

◎時事ドットコムニュースより

   佐久長聖が2度目V=女子の仙台育英は23年ぶり−全国高校駅伝

 全国高校駅伝競走は24日、京都・西京極陸上競技場を発着点とするコースで行われ、第68回の男子(7区間42.195キロ)は佐久長聖(長野)が2時間2分44秒で9年ぶり2度目の優勝を果たした。第29回の女子(5区間21.0975キロ)は、仙台育英(宮城)が歴代2位の1時間6分35秒で23年ぶり3度目の制覇。

 佐久長聖は6区で1年生の鈴木が連覇を狙った倉敷(岡山)を抜いて首位に立ち、アンカーの山本が倉敷に1分27秒差をつけてゴール。仙台育英が3位に入った。

画像(128x200)

女子の1位でゴールする仙台育英の木村梨七

 女子の仙台育英は、2区のエカラレが区間新記録の快走で7位からトップに浮上。そのまま逃げ切った。1分6秒差で長野東(長野)が2位、昨年優勝の大阪薫英女学院(大阪)が3位だった。

------------------------------------------------------------------------------------

 今回の注目は、チームとしては沖縄男子の北山高校と女子の名護高校。個人選手としては、田中希美選手(西脇工)と高松智美ムセンビ選手(薫英女学院)。

 女子がスタートし、1区の田中希美選手がいきなりバンバン飛ばした。惚れるわー。私のいっちゃん好きなパターン。
 最後は追いつかれ3位でタスキリレーとなったが、それでいい。悔しいけれど、力は出し切ったと思う。田中希美選手、まだまだ伸びますよー。

 2区の高松智美ムセンビ選手は、17位でタスキをもらい13人抜きで4位まで浮上。すごいがんばったんやけど、仙台育英のヘレン・エカラレ選手に区間賞は持っていかれた。二人は身長が全然ちがうもんなあ。でも、すごく良かったと思う。高松智美ムセンビ選手も、まだまだ伸びますよー。

 さて、肝心の沖縄チーム。
 女子の名護高校は、1時間17分46秒で46位。県予選の1時間20分28秒から2分42秒も縮めた。よかった。
 男子の北山高校は、2時間12分05秒で43位。県予選の2時間19分15秒より7分10秒も縮めた。7区間で7分? 驚異的!よかった。
 1区が23位でタスキリレーしたから、「今年はだいじょうぶ」と思って見ていたが、ちょっとハラハラしましたわー。
 しかし、2時間12分を切ろうかというタイムで43位とは・・・。レベル高すぎでしたね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年08月05日(土)

タダ、見る! [陸上競技]

画像(200x194)

◎産経ニュース8月5日より

   多田修平がボルトに一時先行 「うれしさ大きかった」 
           特殊な走り武器に3年後照準

 【ロンドン=坂井朝彦】隣を走る「伝説の男」を一時、置き去りにした。注目の男子100メートル。予選6組で世界記録保持者のボルトと同組となった多田修平(関学大)は10秒19の4着、全体17位で準決勝に進んだ。40メートル付近まで先頭を駆け、最後はかわされたが、「前半は1位で行けて良かった」と振り返った。

 第6レーンの多田の右隣は、今大会で現役を退くスーパースターのボルトで、「うれしさが一番大きかった」。スタート直後の加速が決まり、ただ一人抜け出した。大きな歩幅のボルトが追いかけ、ひとにらみする場面もあった。

 身長196センチ、体重94キロのボルトに対し、多田は176センチ、66キロ。長距離選手のような細身で華奢な体形は「欠点」と自覚する部分でもある。将来的に肉体改造していく計画だが、今回は「まだ、できていない体」で世界と渡り合った。

 自分にしかできない走り−その秘訣を「僕の走り方は特殊。あまり力を使わず、バネを使う」と説明する。地面からの反発力を最大限に利用する走法で、比較的狭い歩幅で脚の回転を速くする「ピッチ」に絶対の自信を持つ。

 号砲が鳴り、細身の体がグイッと前に出ると、低い前傾姿勢を保つ。中盤に向けて体を起こし、トップスピードへ。所属する関学大の林直也コーチは「(地面から得る)反発がかなり強い。あっという間に膝が高いところまでくる」と解説。このため、急速にピッチが上がり、素早く前へと進むことができる。

 大阪桐蔭高時代から高さの低い「ミニハードル」を使った練習で、脚をきれいに降ろす意識を磨いてきた。林コーチによると、「最初は(ハードルを)またいでいるだけだったが、脚を振り下ろすと、(地面からの反発力で)ぽーんと跳ね返ってくるような感じになった」という。

 約2カ月前までは「関西の有望株」の位置付けだったが、今や「日本が誇る1人」。3年後の東京五輪での決勝進出を目指し、「上半身(の筋力)がまだまだ足りていない。(体を)前傾にして、後半でも蹴る力をつけたい」と修正点を挙げる。

 その道半ばに位置する今回の世界選手権。目標は予選突破だったが、あっさりとクリアした。「かなり力んだが、そこを直せばベストの走りができると思う」。歩みを止めない21歳のスプリンターは、次なる高みを見据えた。

------------------------------------------------------------------------------------

 多田修平。
 東大阪市出身の関学生。
 小顔のおっとこまえ。
 こりゃ応援せな。

 夜中3時に目覚まし時計で起きようっと。

 となると、4時10分からの女子10000mも見なあかん。鈴木亜由子よ、スタートからバンバン行ってくれー。

 となると、5時45分からの男子100m決勝も見たい。

 そこまで起きて、また寝られるかな。
 明日は京都走ろう会の例会があるし。8時半には起きなあかん。
 とりあえず、12時から3時まで寝よう。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日、私は寮2(出町)から朝帰り。
 玄関を開けると、きくがしっぽブンブンで飛び出してきた。
 大歓迎してもらったので、お礼の朝散歩へ。
 涼しいうちにたくさん散歩ができてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜は、私ら二人引きでお散歩へ。
 うれしいのか、スタスタスタスタ歩く。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 公園でガウガウごっこ。
 12歳なのに、いつまでも子どもっぽいところのあるきくです。

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝帰りからダラダラしていて走れなかった。
 そういう時は、夕食後に3km。

 9時すぎに家を出ると、お隣の家にネコちゃんがいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3km、17分04秒。

 夜は白っぽい服装のほうが安全なのだが、着替えるのがめんどくさくて着たままで走った。今日はお腹ゴロゴロはなし

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2015年12月20日(日)

北山高女子応援2015 [陸上競技]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年も高校駅伝女子・沖縄代表「北山(ほくざん)高校」の応援。
 今年は1区と5区を走る3年生を重点的に応援しようと計画を立てた。

 毎年自転車で走りまくって応援していたのだが、足の具合が悪く、自転車を車に積んで西院まで。コインパークに車を入れ、阪急で西京極へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 西京極に着いたのは9時40分すぎ。
 もう女子の選手紹介は終わったようで、男子3区の紹介が始まっていた。
 グレ、キンゴリ、キプリモ、ニジオカ、カマイシ・・・、第3区はたいへん。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場の様子をゆっくりと見たかったが、もうゆってる間に女子がスタートする。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また阪急・西京極駅に戻り西院へ。
 途中でかわいいワンちゃんに会ったので、写真を撮らせてもらった。
 「レオ・オス・14歳」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 西院駅から北に歩き、1区6kmの中間あたりと思われるところで待機。
 スタートから8分後の10時28分ころ、先導の白バイが見えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そしてその後ろに30チームほどの大集団。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いくつかの集団が通り過ぎ、「さあここらに北山の長山選手がいるはず」と目を凝らしたが分からず。その後ろにはパラパラとしか選手がいなかったので、完全に見逃してしまった。
 適当なところで、「ほくざん、ファイト!」と言い続けとけばよかった。残念!

 残念がってばかりもいられない。
 急いでコインパークに戻り、車を出して「堀川紫明」へ。
 途中ヨメさんに電話。
 「かたまってて、北山分からんかったわ。」
 「途中では48番やったで。」
 「おー、がんばっとるやん。中継したら順位教えて。」

 そのあとしばらくしてメール。
 「52位」
 よっしゃ、このあとがんばってもらわにゃー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 堀川紫明の手前で渋滞。
 そらそうや。北大路堀川を通行止めにしてるんやから。
 車を置いて走る。しかし、2区の選手は全員通過したところだった。(あとで調べると、第2中継所では58位。)

 しばらくすると、もう3区の先頭の選手が戻ってきた。
 「西脇工」、強い。1区では田中希実選手(田中千洋さんの娘さん)が僅差の2位でタスキリレーをしたらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのすこしあと(4番目)に、「大阪薫英」。
 あの高松望ムセンビ選手。直接お見かけするのは久しぶり。調子がよさそうに見えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「どうか、どうか・・・」と祈りながら北山高校を待ったが、残念ながら最後尾。それでも、前とはわずか100mほどの差。

画像(320x309)・拡大画像(640x619)

 「うえはらさーん、しっかり! ほくざーん、がんばれー!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年3年で主将だった宮城選手は、私の応援が「はっきり分かった」と言ってくれた。1年の上原選手の耳に、私の声は届いただろうか。

 急いで路上駐車した場所に戻る。
 早く5区の西大路通に戻らなくては。
 思っていたよりうまく戻れたのだが、西大路通近くになると渋滞。また車を乗り捨て走ろうかと思ったが、今度はけっこう距離があった。
 しかししばらく待つと前の車が動き出し、西大路通の手前へ。でも、これは全選手が通過したから動き出したのだった。あーあ、私の応援作戦失敗。

 けっきょく、ちゃんと応援できたのは3区のみ。
 1区の長山選手、5区の嶋袋選手、ごめんなさい。今年が最後の都大路だったのに・・・。
 いやいや、京都には「都道府県対抗女子駅伝」もある。またちがう形で応援できる日が来るといい。待ってますよー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

※ 私の応援計画メモ。一番上が先頭通過予定時刻。一番下が北山高校通過予定時刻。

-------------------------------------------------------------------------------------
【おまけ】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後、ヨメさんは男子の応援に。
 5区・世羅高の山口和也選手と、6区・桂高の松本竜汰選手の応援に。(お二人とも「京都キャロット」のお得意様です。)
 5区は激しく画面が切り替わり写らなかったが、5区から6区への中継所では、ヨメさんがしっかり写ってましたわー。
 テレビ画面を見せても、廉はよう見つけんかった。
 さてー・・・、ウォーリーならぬ「ますみちゃんをさがせ!」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 6 )

2015年12月18日(金)

高校駅伝女子戦力分析 [陸上競技]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

大城昭子先生と(3.15なごうらマラソン100kmのゴール後)

◎沖縄タイムス12月16日

   都大路へ気合十分 全国高校駅伝・沖縄代表

 駅伝の男子第66回・女子第27回全国高校大会が20日、京都市西京極陸上競技場付設コース(男子7区間=42・195キロ、女子5区間=21・975キロ)で行われる。沖縄県勢の男子コザは2年ぶり6度目、女子北山は4年連続4度目の出場。ことしは都大路での全国大会開催50周年の節目の記念大会となり、男女ともに出場校が全国地区代表(各11校)と開催地(京都)代表(各2校)を加えた59チームに増えた。コザ、北山ともに前回出場時は最下位。それぞれエース区間の1区の走りをポイントに挙げる。(粟国祥輔)

画像(300x215)

■男子・コザ 1区で流れに乗る

 2年ぶり6度目の出場となる男子コザは、59チーム中40番台後半を目標に見据える。前回は1区(10キロ)の出遅れが響き最下位に。濱里正巳監督は「約4分の1を走る1区次第だ」と強調する。

 県大会は2位でタスキを受けた3区の主将・神里裕司(3年)が3年連続区間賞の走りでトップに立ち、流れに乗って2時間18分45秒で優勝。九州大会でもタイムを1分54秒縮めた。「九州は思った以上に暑かった」(濱里監督)と、全国では一層の更新を狙う。

 1区の兼次祐希は2年生ながら5000メートルのタイムが14分台と地力がある。2年前の1区走者は2キロから7キロすぎの上りで振り切られたが、「兼次は大きな大会ほどいい走りをする。上りにも強い」とチームの期待がかかる。

 1年生の時に都大路を経験している神里主将は「どういう展開になっても、焦らずにたすきをつなぐ」とチームを流れに導く。

画像(300x229)

■女子・北山 集大成「調子いい」

 女子北山は長山夢芽(3年)と嶋袋由惟(同)が3度目の都大路だ。中でも、1年生の時から1区を担い続ける長山の走りが鍵を握る。過去2年間とも長山の出遅れが響いて最下位だったが、「調子は3年間で一番いい」と集大成のランで駆け抜ける。

 部員は1年生2人、2年生1人を含めた全5人。たった1人の故障が即欠場を意味する苦しいチーム事情だが、OBの協力による専門指導で体幹を鍛え、沖縄ハムの長濱徳松会長からのスッポンの差し入れなどを励みに4年連続代表の座をつかんだ。大城昭子監督は「安定した走りにつながった」と周囲に感謝する。

 県大会優勝の後、九州大会でもタイムを約42秒縮めたが、全国との差は依然大きい。今回は出場59校と多くなるが、その分チャンスが増えるわけではない。アンカー嶋袋主将は「最下位を脱出し、沖縄のレベルを上げたい」と強い決意で臨む。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山高校女子駅伝部の激励に、差し入れを持って京都の宿泊先まで行ってきた。
 ちょうど激励会の時間だったようで、選手と話をすることはできなかった。しかし、監督をされている大城昭子先生とお話することができた。

 「長山さん、調子いいみたいで。日体大の記録会で自己ベスト出されたんですってね。」
 「はい。今年はやってくれると期待しています。」
 「1区がある程度いいところで来てくれたら、あともがんばりますもんね。」
 「そうですね。最後まで、他校のランナーが見えるところにいてくれたらと思っています。」

 北山高校女子は4年連続の出場。私は4年前から応援をし続けている。
 4年前は1チームが途中棄権となり最下位は免れたが、その後2年は最下位。今年も予選タイムは1時間18分51秒ということで、下から2番目の平田高校(島根)とも2分09秒の差がある。
 これは女子のハーフの距離から考えると、600mの大差。5人でつなぐ駅伝なので、1人あたり25秒縮めないと追いつけない。これは確かにきつい。
 しかし、レースはふたを開けてみないとどうなるか分からない。1区の長山選手は3000m9分52秒までの実力をつけてきている。長山選手がさらに1段アップの力を出し、59チーム中50番くらいで2区にタスキをつなげられたら、その先はもう分からない。234区の初出場の1、2年が「流れ」にのってとてつもない走りを見せるかもしれない。それを想像するだけでワクワクしてくる。

 あさっての本番は、1区長山選手が50位前後でタスキリレー、234区は粘りの走りで何とか58位のチームと競い、アンカー嶋袋選手が最下位脱出のゴール。これを夢見て応援することにします。

 「力を出し切れ、北山女子!」


※予選タイムと1区選手の3000mベスト記録(申告時点)

北山(沖縄)    1時間18分51秒・ 9分56秒
平田(島根)    1時間16分42秒・ 9分59秒
新潟明訓     1時間15分44秒・ 9分26秒
比叡山(滋賀)   1時間14分27秒・ 9分35秒
遊学館(石川)   1時間14分26秒・ 9分57秒
富山商      1時間14分25秒・10分01秒
山形城北     1時間14分25秒・ 9分52秒
小豆島(香川)   1時間14分18秒・ 9分51秒
佐賀清和     1時間14分12秒・ 9分52秒

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2014年12月21日(日)

北山高女子応援2014 [陸上競技]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第26回全国高校駅伝・女子の応援に。

 今年も、沖縄今帰仁村の北山高等学校女子駅伝部を応援する。去年は5区間全員の写真を撮ることができなかったので、今年こそ全員の写真を撮るのが目標。
 第1中継所になる平野神社前には、2区を走る仲井真エンドリアみどり選手と補助の植田さんが待機していた。声をかけさせてもらっての1枚。中継まであまり時間がないときに無理を言ってすいませんでした。でも、すごくいい写真です。

 このあとも電動アシスト自転車を駆使して、かんばって写真を撮りました。その何枚かをプリントして、宿に届ける約束。今から、京都駅近くまで写真を届けに行ってきます。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 先週北山高校を訪問させていただいたとき、監督である大城昭子先生から「西京極でお会いしましょう」と言われお別れした。私も最初はそのつもりでいたのだが、西京極まで行ってしまうと1区と5区しか応援できない。やはり去年と同じく、第1中継所で1区2区を応援し、折り返し付近で3区を応援、そこから第4中継所に戻って4区5区の応援。これがうまくいけば、5人全員の写真が撮れる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時半ごろ、平野神社に到着。
 2区の選手はあちらこちらでアップしていたが、仲井真選手は見つからない。
 平野神社の中では、千葉県人会の方々がお餅をついておられた。たぶん、高校駅伝の応援に来られている方でしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 西大路通の西側に仲井真選手発見。
 「なかいまさーん」と呼びかけ、北山高校駅伝部父母会が作られたエコバックを掲げると、「にこっ」と微笑み返し。しかし、そのときはちょっと写真を撮らせてもらえそうな雰囲気ではなかった。
 しかしそのあと、撮れるチャンスがないかとカメラを構えて待っていると・・・。仲井真選手がそれに気付いて、立ち止まってくれているじゃないですか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「OKです。」

 私がそう言うまでじっと待ってくれていた。
 なんてかわいい子なんでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのあと、私はまた道路の東側に退避していた。
 ところが、道の向かいを見ると、仲井真選手が誰かとしゃべっている。
 「たしか、去年は一人ポツンといたような・・・。」
 そこは本当はもう関係者以外は入れないところだったが、スーと入っていった。
 「マネージャーさん?」
 「いえ、補助で付いてきています。」(植田さんは短距離パート)
 「写真撮らせてね。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北行きの車道を完全にストップし、いよいよ中継が始まる。
--------------------------------------------------------------------------------
【第1区】長山夢芽選手(2年)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 故障上がりでの1区挑戦となったが、去年のタイムより34秒遅れの22分12秒。
--------------------------------------------------------------------------------
【第2区】仲井真エンドリアみどり選手(3年)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年より10秒縮め15分03秒。
 一人抜いて46位に浮上。
--------------------------------------------------------------------------------
【第3区】宮城亜美選手(3年)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 比叡山をバックに走る。
 撮影場所としてはここが最高。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年より18秒縮め11分24秒。

 去年名前をまちがって応援してしまったので、今年は「みやぎさーん、しっかり。ほくざんこうこう、がんばれー!」と大声で。
 あとで聞くと、「応援の声がちゃんと聞こえました。分かりましたよ」とのこと。
 なんてかわいい子なんでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
【第4区】渡具知莉乃選手(1年)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年は唯一の3年生・比嘉優乃選手が走った区間。
 今年は1年生ががんばった。11分14秒で去年の比嘉選手より18秒遅れ。

 ここまで戻ってくるのにかなり時間がかかってしまい、第4中継所に行こうとしたら通行止め。だんご状態の人ごみから脱け出したら、もう目の前に渡具知選手。そのため、こんなアップの写真になってしまいました。
--------------------------------------------------------------------------------
【第5区】嶋袋由惟選手(2年)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年より9秒縮め18分58秒。

 かなり離れたところから撮ったので、こんな写真しかありません。ごめんなさい。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴールは、1時間18分51秒で47位。
 残念ながら、去年のタイムから15秒遅れ。
 しかし、常に前が見える位置で走れていたことが大きい。
 ぜひ来年も県大会を制し、今年のタイムを3、4分縮めるつもりでまた京都に来てほしい。もちろん男子といっしょにね。

 夕方、京都駅近くの旅館まで写真を持っていった。写真を渡したときはあんまり反応がなかったのに、「チーズケーキも持ってきました」と言ったら「おー!」と歓声。
 なんてかわいい子たちなんでしょう。
 また、来年!

-------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 たいてい毎日ヨメさんのふとんに入って寝ているきく。
 いったいふとんのどこらへんに寝てるのかふしぎだったが、今日それが判明した。

 「そーか、そんなとこから顔出して寝てたんかいなー。」
 「ふぁっふぁっふぁっふぁっふぁー。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 5 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「久志20km」対策

「久志20km」対策

一人沖縄平和ラン・2015

一人沖縄平和ラン・2015

陸上競技犬・花火・真樹のバイト

陸上競技犬・花火・真樹のバイト

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.