パオパオだより

2020年06月16日(火)

玉木昌美弁護士 [私の好きな人]

画像(320x240)

伊江島マラソン (2019年4月13日)

◎京都新聞6月16日朝刊

   玉木昌美氏死去 再審の「日野町事件」で主任弁護人、元滋賀弁護士会会長

 玉木 昌美氏(たまき・まさみ=元滋賀弁護士会会長)9日、肝臓がんのため死去、64歳。岐阜県可児市出身。自宅は大津市。葬儀・告別式は近親者で営んだ。喪主は妻泉(いずみ)さん。

 1983年に弁護士登録し、98年4月〜99年3月に滋賀弁護士会会長を務めた。日野町で84年、酒店経営の女性が殺害され金庫が奪われた「日野町事件」で、強盗殺人罪で無期懲役が確定した阪原弘元受刑者=2011年に死亡=の弁護人を当初から務めた。主任弁護人だった18年7月、第2次再審請求審で大津地裁の再審開始決定を得た。その後、大津地検が即時抗告し、現在、大阪高裁が審理中。
----------------------------------------------------------------------------------

 今日の新聞を見て、ショック。
 私と同い年の走友・玉木昌美弁護士が亡くなった。

 去年4月の沖縄、「伊江島マラソン」でいっしょに走らせてもらった。
 「こんなところでお会いできるとは思ってもみませんでした」と言って、記念写真におさまってもらった。あんなにお元気そうだったのに・・・。

画像(320x240)

鯖江つつじマラソン (2019年5月12日)

 その時がお会いした最後かと思っていたが、よく調べてみるとその1か月後の5月の「鯖江」のときにもお会いしていた。
 こうして、見つけたときは必ず写真を撮らせてもらっていた。
 1年1か月前に元気に走られていた方が、こんなに早く亡くなられてしまうとは。こんなことが身近にあるなんて、本当にショックです。
----------------------------------------------------------------------------------

画像(300x268)

◎滋賀第一法律事務所のホームページより

2016年3月24日
弁護士走快 マラソン日誌

   走ることは生きること
               弁護士 玉木昌美

 私の趣味は走ることであり、昼休みや夕方に琵琶湖岸を走り、時折市民マラソン大会に出場しています。1991年8月、琵琶湖ジョギングコンサートで5キロを走ってから、運動音痴だった私の人生が完全に変わりました。走ることは生きることであるといってもよいくらいです。また、休みがとれたたまの日曜日、家族をおいてひとり走りに行くのはけしからんという抗議に、妻や子をマラソンに巻き込むことにより家庭サービスを実現しました。

画像(153x300)

 1995年、子ども達が小4と小2で、ホノルルマラソンを家族全員で完走しました。その影響で小2のときホノルルのフルマラソンを完走した長男は、中学、高校、大学と陸上部で走り続けました(長距離と競歩)。
 スタートラインに立てることは健康である証です(これまで体調を壊したり、膝を壊したりして医師から止められ休んだこともありましたが、奇跡の復活を遂げました)。気力を奮い立たせながら、ゴールに向かいます。他のランナーとの駆け引き等心理ゲームの面白さがあります。また、ゴールしたあとの達成感と完走後のビールのおいしさは格別です。次の大会のことを考えるだけでわくわくする楽しさがあります。さらに、びわこランナーズのメンバーや弁護士仲間は勿論のことあちこちの大会で出会う人と仲よくなり、マラソン仲間が増えていき、再会を楽しみにしています。

 2016年2月で還暦になりましたが、アンチエイジングでさらなる進化をめざしながら元気に走り続けています。加齢による体力の衰えを気力でカバーしているといえます。遅いながらもタイムにもこだわり続けています。
 2016年のベストタイムは、10キロは5月の鯖江つつじマラソンの50分13秒で60歳以上の部で116人中19位でした。ハーフは2月の香川丸亀ハーフマラソンの1時間53分31秒でした。3月に久しぶりに板橋Cityマラソンでフルを走りましたが、4時間53分49秒でした。
 
 2017年3月、ある工業高校に18歳選挙権、主権者教育をテーマに出張授業に出かけましたが、その高校では毎週全員が2・4キロ走るマラソンをしているということでした。「運動音痴だった私が還暦を過ぎても走ることに夢中になっている。次のマラソン大会をどこにするのか思うだけで楽しい。人生わくわくすることを持つことが大切です。」という話に力が入りました。

 仕事をしつつ、また、憲法運動等に積極的に参加しつつ、かつ、走り続けています。マラソンが人生を変えたといってもよいほど重要な意味を持っています。
---------------------------------------------------------------------------------

 ご家族でホノルルマラソンを走られたのは1995年でしたか。今から25年前ですね。
 「小学生が着られるランシャツ・ランパンはないでしょうか」と京都キャロットを頼ってきてくださった。ヨメさんが探してお渡しできた時、ものすごく喜んでくださったのをよく覚えている。

 25年前ということは、うちの廉が4歳で真樹が1歳。
 「いつかはうちも家族4人でフルマラソンを」という気持ちはあったんですが、残念ながら実現できませんでした。玉木さんご一家がうらやましい。

 一度ゆっくりお話がしてみたかったです。 
 残念です。

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 玉木昌美さんを偲んで、「ランナーズ9の会」のTシャツを着て9km走る。

 午後6時、ちょうど北郵便局に用事があったので、差出物を腰にぶら下げてスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上賀茂神社はなにやら工事中。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その前の酒屋さん、理容院、金物屋さん、お好み焼き屋さんは取壊し。道路を広げて、新しい御薗橋につなげる予定。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北郵便局まで3.74km。
 思っていたより近かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 郵便物をポストに入れ、再スタート。
 まともに折り返すと7.5kmくらいにしかならない。
 遠回りして帰ろっと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山通りを東へ。
 北山大橋を渡り、まだまだ東へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地下鉄・北山駅前で左折して北上。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 深泥池の西の道を通ると、父が入院していた京都博愛会病院が見える。
 父が亡くなって、もう5か月近くがたつ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中、店の軒下にツバメの巣。
 「おかあさーん」って鳴いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちに帰って9km、59分半。
 9kmというのは、走るのにはちょうどいい距離。

 玉木さんの走ってはる写真、ご家族に送ってあげよう。

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日は4時間以上歩き回ったので、さすがに夜に起きることはなかったらしい。
 でもヨメさんの説によると、「散歩だけではあかん。もっともっとかわいがったらんと」。最近猫の世話ばかりしているので、きくが焼きもちをやいているとか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前の公園を散歩させているとき、ご近所さんが通りがかられた。私はここぞとばかりに、きくをべた褒め。きくもまんざらでもないという顔をしていた。

 褒めて褒めて、かわいがってかわいがって、長生きしてもらわんなん。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2020年05月04日(月)

マラソンのともだち [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮2の24時間バイト。あー、なが!

 寮の斜め向かいの不動産屋さんが、なぜか電飾をされている。サンタの長靴のようなものも・・・。ひょっとして、これも新型コロナウイルス対策なんでしょうか???

 よくヨメさんから、「アンタのともだちは変な人ばっかりやな」と言われる。たしかにねえ、あの人やこの人(匿名希望)は変な人と言われてもしょうがないかもしれん。
 まあ私のともだちってみんな走ってる人ばっかりやから、「走ってる人=変な人」なんかもしれん。

 しかし、そうでもないしっかりした人もいる。
 昨日、埼玉のみったんさんからメールをもらった。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

北軽井沢マラソン(2008年7月13日)

 メールの後半部分だけ、公開させてもらっていいでしょうか。
     ◇     ◇     ◇
「丹後ウルトラ」中止とのことですか・・・
夏の大会を越えて、秋の大会にも中止の波がかかってきてしまったのですね。
目標の考え方、設定の仕方を元から考え直さないといけないのかも知れませんね。
「野辺山」も早々に中止が決まり、来年のエントリフィーが割引きになる対応とのことです。
練習ができていなかったので、何だかほっとしてみたり、残念に思ったり。

こんな時だからこそ、これまでやってきたことは大切に、パオパオさんのようにコツコツを継続して
いつか大会で思いっきり走れるように準備していきたいと思っています。
私のほうは、4月から異動になって、まだ半人前状態です(笑)

最近は埼玉の奥武蔵(日高・飯能)の山に縁があって、トレランとは言えませんが足を踏み入れることがあります。
遠く富士山が見えるのですが、京都はもっともっと先にあるのですよね・・・遠いなあ
昔の人は歩いて行ったのですから、ほんとにすごいことです。
NHK大河ドラマ「麒麟が来る」を見て、滋賀や岐阜のことを知ると行きたくなりますね。もちろん京都も!

いつか必ずお会いできると信じて、細々とでも走り続けます。
パオパオさん、ますみさん、ご家族の皆様、きくちゃんの益々のご健勝と、幸せを祈念しています。

埼玉のみったんより
     ◇     ◇     ◇

 2008年7月の「北軽井沢マラソン」のレース中に声をかけさせてもらったみったんさん。それ以来お会いしていないのに、なぜかつながりがあります。

 私よりかなりお若いのに、なんか落ち着いたいい文章です。
 きくちゃんのことにも触れてもらって、こんなうれしいことはありません。
 みったんさんに会う方法は、来年の「野辺山」にエントリーすること。しかし、65歳であのコースに挑戦するのは無謀か?
 「いちびりジジイ最後の挑戦」というのもいいかもね。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

万博クロカン(2014年12月23日)

 もうお一人は千尋さん。
 昨日の記事にコメントを入れてくださった。

 まっ「パオパオだより」の愛読者の方なら、説明不要ですね。
 2008年4月の「根尾淡墨桜マラソン」で知り合って以来、なぜか親しくさせていただいている。ヨメさんが、「いいほうに」不思議がる存在。
 昨日でご結婚6周年。
 これからもダンナさん、息子さんを含め仲良くしていただきたいと思っています。

 くしくも、お二人とも私がブログを始めた2008年以来のおともだち。
 以上、「変ではない」私のともだちの紹介でした。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年03月12日(木)

タチウオ♪ほしいも♪etc. [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「うわっ、うわっ」とヨメさん。
 「いっぱい、いっぱい・・・。」

 今日朝早く、東京のひこちゃんからの荷物が届いた。3月7日、下山さんの「かつしかハーフ」の伴走の前日にひこちゃんちでタチウオをいただく予定だった。それがなくなったため、タチウオをうちに送ってくださることになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 冷蔵便で届いたのでタチウオだけだと思っていたら、いろいろいろいろ。その中でも、ほしいもには「お誕生日おめでとうございます」のコメント入り。
 「私がほしいも好きなん、何で分かったんかなあ。前に京都に来はった時にゆったんかなあ」と不思議がっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずはほしいもをいただいた。
 そして、きくちゃんにもちょっと。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくは「うんまい、うんまい」と言って食べていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お昼にはマーボー丼と生姜焼き丼。
 これも冷凍のタチウオといっしょに送っていただいたもの。
 お昼にぴったり。おいしかったー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 晩ごはんに、タチウオ。
 ダンナさんが釣ってこられたタチウオを、味噌漬けにして冷蔵で送ってきてくださった。味噌の味がきついともひとつかなあと思っていたが、絶妙の味のしみ具合でおいしかった。

 ひこちゃん、「かっこいい」ダンナさん(仏さまから昇格)、どうもありがとうございます。
 またお願いしますね。

 

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は雲一つない青空。家の中より外の方が暖かい。
 こんな時は走りに行かねば。

 午後4時すぎ、スタート。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 東北部クリーンセンターの峠には上がらず、川島織物前を通って十三石橋へ。ここで3.2km。いつもは左折するのだが、右折して雲ケ畑方面へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中崖崩れがあった個所をなおす工事中だった。
 道幅が広くなるといい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大岩前で5km、30分04秒。

 向かいのガトーレールの支柱の上に石を置き、その上にカメラを置いて自撮り。
 カメラが川に落ちてしまわへんかと心配だった。

 ここで折り返して下り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りの十三石橋で9℃。
 ひんやりとしてきたが、無風なので寒くはない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りも川島織物の横の平坦な道で。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自宅到着10km、58分17秒(28分11秒)。

 ぎっくり腰は、もうだいじょうぶみたい。
 5月3日の「ユリカモメ70km」めざして、しっかり練習するぞー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2020年01月10日(金)

うれしい年賀状 [私の好きな人]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 2015年まで、「年賀状大賞」というのを選んでいた。でも、どうしても毎年同じ人からの年賀状を選んでしまうのでやめていた。

 あれから5年。いろいろとありました。
 疎遠になってしまった人もあれば、新しく親しくなれた方もある。
 「大賞」などと上から目線ではなく、もらってほんとうにうれしかった年賀状を紹介したい。

 一番うれしいのは、意外な人からの年賀状。
 「第3回沖縄100K」(2018年12月)のレース中に知り合った「ねこ4」さん。サプライズで「京都キャロット」にご来店いただいたこともあったが、それ以後はお会いしていない。
 それでも忘れられていないって、うれしいじゃーありませんか。

 「宮古島」ということは、1月19日ですよね。「沖縄100K」はあの時完走されたので、次は「宮古島」に挑戦なんですね。
 私は同じ日に「名護ハーフマラソン」です。年代別優勝を狙っていたけど、最近の老化ぶりからするとふにゃふにゃふにゃ・・・。
 名護からねこ4さんに応援電波を送りながら、こちらもがんばって走りますね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 以前から、「駒ケ根マラソン」の時によくお会いしていた矢澤さん。「京都キャロット」の上得意様でもある。「ランナーズ9の会」に入っていただいてから、さらに親しくなれたような気がする。

 その矢澤さんが、2年連続で「沖縄100K」の50kmの部に出られていたなんて。沖縄まで行って同じレースに出ているのに、50kmと100kmはまずお会いすることはないんですよね。残念!

 私が久高島に行こうかどうかでグスグズしているときに、矢澤さんは平和祈念公園に行かれていた。私も、次はちゃんとしよう。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 年賀状の差出人の名前の下に「25才」とあった。
 「誰やねん、25才の知り合いなんかおらんど。真樹と同い年やん・・・。」
 よくよく見ると「田中」さん。「沖縄おつかれさまでした」でやっとわかった。
 ええかげんにせえよ、なんの25やねん!でも、うれしい。

 「第6回、リベンジ!!」って、次は第5回なんですけど。
 とにかく「沖縄100Kは毎年出る」とおっしゃっていたので、私も次が「最後の挑戦」の覚悟で臨みたいと思っています。

 私65歳、田中さん26歳(?)の挑戦になるんですか。


 はからずも、今回は「沖縄100K」関連の三名様の年賀状を紹介させていただいた。でも、ほかにも楽しい年賀状をたくさんもらっています。みなさま、ありがとうございました。
---------------------------------------------------------------------------------

【追加】

 「沖縄100K」の記録をランネットで調べていたら、ないと思いこんでいた第2回の写真が見つかった。うれしー。

画像(320x212)・拡大画像(400x266)
画像(260x173)
画像(260x173)

 それにしても・・・。

 第2回パオパオ   13:58:05
 第3回ねこ4さん  13:57:34
 第4回田中さん   14:02:20
 
 なんと、ええ勝負なこと。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2019年08月17日(土)

おおうえ民宿のきこちゃん [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日は三瓶高原クロスカントリー。
 今年もお泊りは飯南町の「おおうえ民宿」さん。
 実は「もうやってないんですよ」と言われたのだが、そこを無理にお願いして泊めていただくことになった。

 食堂に調理師免許が飾ってあった。
 「おかあさん、のりこさんておっしゃるんですか。」
 「ううん、きこ。」
 「きこさんですか!?」
 「うそ、うそ。」
 「もう!」

 今年の11月で80歳だそうだ。
 にもかかわらず、今日一番に「ダンナさん、お体はだいじょうぶですか」と声をかけてくださった。前に癌の話をしたもんで。これ、なかなかできないことですね。

 ヨメさんは、恒例の野菜選び。
 ヨメさん曰く、「三瓶クロスカントリーは、この野菜が楽しみで来てるねん。」
 やそうです。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x320)・拡大画像(640x640)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月27日(土)

木南晴夏 セミオトコ [私の好きな人]

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

◎テレビ試写室:「セミオトコ」 “セミオ”山田涼介がとにかく可愛い 優しい物語に癒やされる…

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまでのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、7月26日に放送される人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんの主演ドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)の第1話だ。

 山田さんが演じるのは、人間に姿を変える“美しきセミの王子様”で、木南晴夏さん演じるアラサー女子・由香との7日間限定のラブストーリーが描かれる。脚本は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和さんのオリジナル。山田さんが木に抱きつくビジュアルはインパクトがあり、期待度は高まるばかりだった。

 物語は、セミオトコ(セミオ)(山田さん)が何年も地中で羽化するときを待ち続け、ようやく迎えたその日、頭上から落下してきた由香の下敷きになりそうになるが、由香の機転で“ぺしゃんこ”の難を逃れる。だが、彼女の寂しそうな雰囲気が気になり、「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願うことで、人間の姿となって由香の前に現れ、「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかける……という展開。

 由香は人と積極的に関わることが非常に苦手で、これまでの人生はことごとくツイていない。何のために生きているのか分からないような由香の前に、セミオが現れる。

 人間になったセミオは、「なんて素晴らしい世界なんだ!」と目を輝かせたり、由香のことをうれしそうに見つめたり……と、山田さんだからこそ表現できる“王子様感”が出ていて、由香が「なんでそんなに可愛い顔なさるんですか」と話す場面も。ドラマを手がける同局の服部宣之プロデューサーも「山田くん演じるセミの可愛さにやられる夏であってほしいです」と話していたが、その言葉通りとなった。

 ドラマの舞台は、東京の都心から少し離れた国分寺。由香が住むアパート「うつせみ荘」の住人も個性的で、プライベートでも大親友という檀ふみさんと阿川佐和子さんが演じる大家さん姉妹は、“せっかち”な姉を檀さん、“おっとり”した性格の妹を阿川さんが演じており、本来の性格とは「あえて逆」になった2人のやりとりは見ているだけでも面白い。また、由香の“ヤンキー両親”の田中美奈子さんと高杉亘さん、さらに兄で“伝説のヤンキー”の三宅健さんの愛すべき姿も見逃せない。

 ドラマは、決して笑いを強調するわけではなく、切なくも“優しい”ストーリーが丁寧に紡がれていく。脚本の岡田さんは「山田さんのセミオトコは、きっと金曜の夜に疲れた心を浄化してくれるでしょう。“とびきりキュート”間違いなしです」と語っているが、切なさの中にも笑いがあり、可愛すぎるセミオに癒やされる……金曜の夜にとびきりの楽しみができた。

 「セミオトコ」は、毎週金曜午後11時15分(一部地域で異なる)に放送される。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x141)・拡大画像(610x270)

 おとついの睡眠時間が4時間。
 昨日は24時間バイトで、寮に宿泊。
 今日も朝6時前に起きて、開錠などをしなければならなかった。いつもなら前の晩は12時過ぎには寝ている。しかし昨日はどうしても見たいテレビがあり、寝るのが2時前になってしまった。(録画予約してくるのを忘れた。)これでまた、睡眠時間が4時間。

 「セミオトコ」、6チャンで夜中の12時49分から。1時間のドラマなので、終わるのは1時49分。
 眠たさをこらえても起きておきたかったわけは、木南晴夏さんが出ているから。女優さんのなかで、いっちゃん好きなんです。
 どこが好きかと聞かれたら・・・。

 「嫌いに理由はあれども、好きに理由なし」ってとこですかね。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

マラソントライアルin長居公園2010

マラソントライアルin長居公園2010

第79回9の日平和ラン(9日じゃないですけど)

第79回9の日平和ラン(9日じゃないですけど)

ちょこちょこ食べてます

ちょこちょこ食べてます

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.