パオパオだより

2010年10月25日(月)

第22回諏訪湖マラソン・続き [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レース中はお客様が来られないので、少し余裕ができる。
 自分がウルトラを完走できてもいないくせに、いっしょに「四万十」に出た「みかた残酷マラソン」実行委員長の久保井さんのことがすごく気になっていた。私よりずっと実績があり力強い方なのに、去年に引き続きお腹の調子が悪くなり早々とリタイアされたらしい。
 久保井さんは、私のブログの「毒嫁シリーズ」の大ファンなので、ヨメさんに電話してもらった。

 今年の状況は、去年以上に悪く、30km過ぎで吐いてしまったそうだ。「村岡での1時間半の眠り病」ということもあったので無理をせず、早めのリタイアを決断されたらしい。
 そのあとすぐ病院には行かなかったのだが、木曜には朝起き上がれなくなったそうだ。そこで病院に行かれたのだが、久保井さんは地元では北海道縦断走をされた有名人ということで、お医者さんもあまり真剣に心配してくださらなかったそうだ。
 「50kmも走れなくて・・・」
 「ただ調子が出なかっただけで、少し休めば元に戻ります。」
 こんな診断であったらしい。ちょっと気の毒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートから1時間が過ぎたころ、「まもなく先頭ランナーが二人、競り合いながらゴールに向かっています」とアナウンス。
 これはいい写真が撮れるかもと思い、うちの出店テントのすぐ前へ。
 ゴールになだれ込んできたランナーは、てっきり招待の中央大学の選手だと思い込んでいたが、意外にも一般選手。かなりレベルの高いランナーであるようだ。(この後ろの3位の選手が中央大学。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 女子選手は、向かって左側が専用ゴールになっていた。これはうれしいと思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝ごあいさつに来てくださった三重のハットリさんが、ゴール後も来てくださった。
 私は、ハットリさんが今年初ウルトラだとおっしゃっていたので、てっきり私と同レベルの完走ギリギリランナーだと思い込んでいた。ところがどっこい、目指すはサブ10。それを聞いてずっこけてしまった。けっこうえらそうにアドバイスしたりなんかして・・・。
 でも、このハットリさんが不思議なことに私を立ててくださって、「藤井さんといっしょにウルトラを走りたい」なんて言ってくださる。「いっしょに」と言ってもそれはスタートだけで、「サブ10狙い」と「完走もままならん」ランナーとでは「いっしょに走る」とは言えんわなあ。

 「藤井さんは、これからのウルトラの予定は?」
 「いやー、実はもうウルトラは引退しようかなあとも思ってるんですわ。」
 「えっ!」(ハットリさんの顔色が変った。)
 「もう、自分にはウルトラの適性がないんちゃうかなあと思えてきて・・・。よう考えなアカンと思うんですわ。」
 「そんなこと言わずに、いっしょに走りましょうよ。」

 ああ、ありがたい。どうして私のようなだらしないランナーを、サブ10狙いのハットリさんがこんなに誘ってくださるのだろう。まあ、これは永遠のナゾということにしておきましょうか。(仮にウルトラに出るとしてもだいぶ先のことなので、これからゆっくりじっくり考えてみます。)

 あっ、それからハットリさんの今日のファインプレーのことを書くのを忘れていた。
 「ウルトラを引退しようかなあ・・・」と私が言ったあと、「サロマにいっしょに行くという手はないんですか」と。ここ普通の人は、「サロマに奥さんといっしょに」となるんです。
 さすがハットリさん。私のブログを深く読まれている。「奥さん」という言葉が出てくると、あとで「私はアンタの『奥さん』なんかになった覚えはない!」と、なぜか私が責められる。この辺の事情をすごく分かってもらえているから、「今日のファインプレー」。

 「いっしょに行くなんて、とんでもないらしいですわ。なあ、ますみちゃん。」
 「そうなんですか」とハットリさんはちょっと固まっておられたような・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10月末が国労闘争団の中野勇人さんの誕生日なので、何かおみやげをと思って見に行った。以前はそんなテントもたくさん出ていたのだが、今はほとんどない。
 さて、私は何を買ったのでしょう。中野さん、お楽しみに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあと、いりえゆかさんとバッタリ。
 ダンナさんといっしょといわれていたのに、しばらくの間ダンナさんはどこかに行かれていた。その間うちのテントの横で、二人でしばし歓談。
 しばらくしてうちのヨメさんが気付き、「また、しょーもないことゆうとんのんちゃうやろな。ええかげんにしーやー。」

 「いりえさんとこはかっこいいダンナさんでいいですよねえ」とヨメさん。
 「藤井さんところもかっこいいじゃないですか。」
 「ぜんぜん。頭はげたおっさんやし・・・。」
 「でも、いつもいつも『大好き』って言ってくれる人はなかなかいませんよ。」
 「ノンノンノンノン・・・(ここはおフランスぽく)。私に養ってもらいたいから言ってるだけです。」

 しばらくして、いりえさんのダンナさんが戻ってこられた。いりえゆかさんによると、朝から「生パオパオさんが見られた」と喜んでおられたそうである。
 しかし、せっかくご対面できたのにダンナさんとはほとんどお話できなかった。(*^_^*)して、私たちのほうを見ておられただけである。これは、この「関西お笑い軍団」(うちの夫婦+いりえゆかさん)の魔の手に巻き込まれまいという意思表示であったのかもしれない。それは賢明な判断であったかも・・・。何でもかんでも「パオパオだより」に書かれてしまうし・・・。

 一つだけおかしかったこと。
 いりえさんご夫婦が、「藤井さんはウルトラ何回も出ておられるんですねえ。よく100kmも走れますねえ。どうしたら100kmも走れるんですか」と言われたこと。
 わしゃー何回もウルトラ出とるけど、100kmは走れてへんて。どうせ聞くなら、「どうして100km走れないんですか」やね。まあ、それは毎回毎回ヨメさんに責められてることやけど・・・。

 お別れ際に、いりえゆかさんがおっしゃった。
 「これからもずっと『諏訪湖』は来られるんですか。」

 実は大会出店料が大幅アップとなり、もう今年限りで終わりにしようかという話題が出ていたところだった。でも、いりえゆかさんのまぶしすぎる笑顔にやられて、「はい」と言ってしまった。なんか、自分でもよう分からんけど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 端っこの位置でお客さんが少なかったせいか、陳列したものがあまり乱れていなかった。そんな時は後片付けも楽。
 2時半ころには片付け終わり、諏訪ICへ。
 SAのレストランもあきてきたので、諏訪IC前にあった中華料理店「一品香(イッピンシャン)」に入った。

 このころから雨が降り出した。店を出している時に降らなくてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中途半端な時間帯だったので、私らの貸し切り状態。落ち着いてゆっくり食べることができた。
 カニ玉セット(1300円)とチンジャオロースセット(1000円)。スープやデザートも付いているので高くはない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りには、子どもらのためにシューマイや中華ちまきをおみやげに買った。
 今日の晩ごはんの時間には帰れないので、子どもらだけでピザを宅配で取って食べるらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中央道に入ると、土岐JCTあたりで30kmの渋滞。30kmって、ゴールデンウィークでもあるまいに。路面が雨でぬれた高速道路をちびちび進む運転は、だだ疲れ。
 最初の渋滞を抜けたと思ったら、今度は小牧JCTが渋滞。それを抜け名神に入ったら、今度は八日市付近が渋滞。今日って、特別に何もなかったやろうに。なんでこんなに混むのかしらん。
 今日はレースにも出ていないのに、長時間の運転で左腰に激痛。ちょっとましになりかけたと思ったら、定期的にこれ(長時間運転)があるので全然完治しません。

 お昼に中華をたらふく食べたのでそんなにお腹は減っていなかったが、黒丸PAで軽い食事。私は肉うどん(450円)。ヨメさんのミニうどんは、なんと150円! これ、学食価格やなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中華料理店を3時半に出て、京都の我が家に着いたのは結局11時前。7時間以上かかったんや。そら、腰の具合も悪なるはずや。

 家に着くと、廉の陸上部の○○先輩のお母さんからのケーキ。「いつもお世話になってます」って、こっちのほうやのに。
 疲れて帰ってきたときに、なんでもええ、こんなちょっとしたことで心がなごみます。○○先輩のお母さん、ありがとうございました。とってもおいしかったです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2010年10月24日(日)

第22回諏訪湖マラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

いりえさんご夫妻と眞寿美店長

 「今日は、いりえゆかさんもこーへんし、かわいいワンちゃんも見つからへんし、さっばりやわ。」

 いりえゆかさんのブログ「ラスティックなひとりごと」は隅から隅までしっかり読んでいるつもりだったが、ちょっと読みまちがえていた。「今年はもうレースが終わり」というようなことが書いてあったように勘ちがいしていた。
 12時半ころ、私がトイレから「京都キャロット」のテントに戻った時、いりえゆかさんにバッタリ。
 「いやー、来てはったんですか。」
 
 いりえゆかさんに初めてお会いしたのは、ちょうど2年前のこの大会。「いつもブログ見せてもらってます」と私に話しかけてこられた。これは、知り合い以外の女性としては初のこと。ご自身もブログを書いておられると聞いて、そのあと「ラスティックなひとりごと」を初めから全部読んだ。
 正直に言います。しびれました。それは、言葉ではうまく説明できない何か・・・、いわゆる「ビリビリ」ですか。(意味不明) ブログの中のスキーに没頭されているシーン以外は、どの部分もほんまに「ビリビリ」きます。
 それから去年のこの大会でお会いし、今日を入れてもわずかに3回目。それでもブログを全部読ませてもらっているという余裕からか、いやになれなれしくしゃべらせていただいています。
 うちのヨメさんいわく、「アンタはいりえゆかさんのストーカー」。
 そのとーり!
 かっこいいダンナさん、すいません。こんなしょーもないブログのネタに巻き込んで・・・。

 うちのテントの横で二人でしゃべらせてもらった内容は・・・。
 まずは、「ラスティックなひとりごと」の記事への要望。「愛犬まある君」ネタと、「いりえゆかさんご実家」ネタを強くお願いしておいた。これは、めっちゃわらける。(あっ、「わらける」と書いても通じんか。「笑えてしょうがない」という感じの言葉です。)

  その次に、「ダンナさんとの出会い」ネタ。これはブログのどこにも書いてない。今日も、直接何回も聞いたがうまくはぐらかされた。こういうことはないしょにしといたほうが値打ちがあるんかなあ。ちょっとだけ聞き出すことに成功したが、ここには書かんとこっと。
 「あのよさげなダンナさんと、どこでどう知り合い、『ラスティックなひとりごと』になっていったのか・・・」
 このへんものすごく興味ありますが、ひとのことほっとけってことですね。

 次に娘さんのこと。娘さんは元々ご両親譲りのウィンタースポーツ(ボードらしい)で頭角を現しておられたのだが、最近は陸上競技でも活躍されている。一つのことで一流になるのも難しいのに、夏冬で切り替えて2種類以上の種目で輝いておられる。それも、まだ小学生なのに。親としては心配な面もあるだろうが、その何倍も楽しみがあるのではないだろうか。
 うちの廉も中学時代クロカンスキーをやっていたが、京都のレベルと長野とでは雲泥の差があった。いりえさんの娘さんには、ウィンタースポーツはもちろんのこと駅伝も盛んなこの長野でもまれて成長していってほしいと願っています。

 「キャロットさんのホームページからブログが見られなくなったときは、心配してたんですよ。」
 「そうでしょう。もう、それいっぱい言われました。ボクのブログ見てくれてはる人って、京都キャロットの『雑用係のブログ』のとこをクリックして見てはった人がすごく多かったみたいで・・・。リンクをぶち切られた時、これはなんかあったにちがいないって、わざわざ店まで偵察に来てくれはった人もいやはったんですよ。ボクがいるのん見て、『ああよかった。まだ、追い出されてへん』ゆうて安心して帰って行かはりましたわ。」
 「でも、どうしてリンクが復活したの?」
 「なんか、問い合わせが多いからとか言って・・・。ほんま、応援してくれはるみなさんのおかげです。」
 「私も楽しみにしてるので、ブログ続けて行ってくださいね。」
 「ありがとうございます。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、やっと本来の「諏訪湖マラソン」レポートを。
 
 前日の宿泊は、今まで泊まっていたホテルがいっぱいだったので、少しはなれた「すわ湖苑」さんへ。間欠泉の近くです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年泊まったところより宿泊費が少し安かったので、その分地ビールをたくさん注文した。長野名物・鯉の甘露煮があれば、それをあてにかなり飲めます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 結局3種類4本いただきました。私は、黒ビールぽいのが一番おいしく感じました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝5時45分起き。
 「すわ湖苑」さんを出るとき、おにぎりをいただいた。作り立てで、まだあったかかった。これはありがたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年のうちの割り当て場所は、スポーツ店の一番はし。すぐお隣りは飲食関係のテント。出店場所としてはあまりよい位置とは言えない。でもこれだけお店が増えてくると、最初のころから来させてもらっているうちの店も、存在感が薄れてくる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 以前はこの大会も必ず走っていた。しかし、スタート前のトイレがあまりにも混みすぎ、以前トイレにいけないままスタートを切りえらい目にあった。それ以来、このレースには出ていない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハーフだけで7000人。それも全員一斉スタート。道路もそんなに広くはないし、ちょっとこれでは無理があるような・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートもゴールも出店場所のすぐそばなので、そういう意味では参加しやすいのだが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 以前に比べると、仮設トイレの数もだいぶ増えているようだ。
 スタート15分前に「各ブロックのゲートを閉鎖します。このあとは最後尾にお並びください」というアナウンスがあった。ということは、15分前までは並ばなくてもだいじょうぶということか。それなら、トイレも行けるかも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時スタート。最初はやや広めの道路なので、少しずつだがみなさん走って進んでおられた。ただ、少し先に行くと道路幅が狭くなるのでどうなるか。私が以前出たときは、いつもそこらが渋滞していた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もっと仮装ランナーが多いと思っていたが、意外と少なかった。大会要項に何か書かれていたのかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後尾がスタートゲートをくぐったのは、スタートのピストルからおよそ6分後。スタートだけ見ると、まずまず合格点。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 諏訪湖一周は16,8kmなので、4.3kmほどのちいさな周回をこなして元の位置に戻ってくる。確かここが第1関門だが、35分なのでほんんど引っかかる人はいない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 応援の人の後ろにはかりんの実が。この実はのどにいいらしい。

 ここでランナーを見送ると、あとはヒマ。レース中はまったくお客様が来られない。
 11時半ころから、ゴールされた方がぽつぽつと来られる程度。そう思うと、やっぱりトイレを上手に済ましてレースに出ないと値打ちがない。ぼーと待っているのはつまらん。毎年そう思っているのだが、申し込みをしようと思ったころには締め切りが過ぎている。

 こんなことでは、「京都キャロット」の走るオッサンの名がすたってしまう。反省!

(注)後半に続く。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2010年10月23日(土)

宇治陸協記録会 [陸上競技]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

2010/9/15

 今日、廉は太陽が丘で宇治陸協記録会。9時半ころから、5000m4組のどこかの組に出場する。
 私たちは今日から「諏訪湖マラソン」の出張販売に出かけるのだが、宇治によって廉のレースを見てから長野に向かおうと思っている。

 廉は、9月15日の「関西六公立大学競技会」で5000m16分42秒5を出しているが、あの大会は未公認。今日は公式記録になるとのことなので、ぜひ16分台を出してほしい。

 くわしくは、「諏訪湖マラソン」から帰ってからご報告します。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年10月22日(金)

ぴょこたんきく [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくの足のケガが悪化しているようだ。
 歩き方が、「ぴょこたんぴょこたん」。おとといは、ここまでひどくなかったのに・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもどおり、朝、駅まで真樹を見送りに行った。
 いつもなら真樹のだいぶ前を歩いて行くのに、今日は真樹に追い抜かれる始末。
 「ぴょこたんぴょこたん・・・」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日の晩、真樹の社会のテスト勉強に付き合ったので、パオパオは眠とうてたまらん。ちょっとでもええ点取ってくれたらええんやけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都精華大の前で、ネコちゃん発見!
 いつもなら飛んでいくきくなのに、やっぱり今日は「ぴょこたんぴょこたん」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あんまり元気がないので、ヨメさんが「はたえだ動物病院」に連れて行ってくれた。お薬ももらってきたので、明日は「ぴょこたんぴょこたん」なおるかな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2010年10月21日(木)

気立てのいい・・・ [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日から真樹は中間テスト。
 お昼で終わるので、昨日3人でランチを食べに行った。我が家的にランチのお気に入りに入っている、松ヶ崎の「癒味家」。週替わりランチ(デザート2品、飲み物つき)、1300円。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前の日に「パオパオも行ってええんか」と聞いてみた。
 ヨメさんは無言。真樹は「ええんちゃう」。
 まあ、「気立てのいい子」とまでは言えんかも知れんけど、父親をないがしろにせーへんだけでもましか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちのヨメさんは、時々ぶち切れるのをのぞいては本当に気立てのいいヨメさんです。よう、嫁に来てくれたなあ・・・。

 真樹は真樹で、またかあちゃんとは一味ちがう「気立てのいい」娘さんになってね。

※「気立て」→(おもに子ども・若い人について)すなおでやさしい思いやりのある気持ち。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年10月20日(水)

きく、よわ! [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、きくが返り討ちにあってしまった。

 今日の午前、私がお皿洗い、ヨメさんが洗濯物干しをしている時、表できくの「ギャウン」という声。私もヨメさんも、きくはお互いのほうに引っ付いているものと思い込んでいた。知らん間に開いていたところから表に出ていたようだ。
 しばらく二人で探し回って、やっとヨメさんが見つけて連れて帰ってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に帰ってからのきくの様子がおかしいので、前足を見てみると血が・・・。つめ1本が折れかけていて、肉球の皮もむけている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんがきくを発見したとき、近くには犬も何もいなかったらしい。いったいどうしてケガをしたのか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は車にでも引っかけられたのかと思った。でも、車は通っていなかったようだし。
 「まさか、熊?」
 それはないわなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんの説では、ネコを追いかけて行って、どこかによじ登って自分で落ちたのではないか。だから肉球がすりむけていると。
 でもきくって、今までどっかによじ登ったことってあったっけ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ナゾにつつまれた「事件」だが、きくが相当ショックを受けていることはまちがいない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 とにかく、これからきくが私らの目の届かないところに行かないように気をつけなければ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日は、いなかのおじいさん(私の父)が、土手の草刈りをしていて転げてしまい、救急車で運ばれた。(大事には至らなかった。) 
 今、ちょっと気を引き締めなければいけない時期なのかもしれない。 
 それを、きくちゃんが教えてくれたのかな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

三途の川RC〜竜じいをしのんで〜

三途の川RC〜竜じいをしのんで〜

第25回サロマ湖100kmウルトラマラソン下見

第25回サロマ湖100kmウルトラマラソン下見

四国八十八カ所ピースラン・続き

四国八十八カ所ピースラン・続き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.