パオパオだより

2020年12月02日(水)

「NAHAマラソン」から「沖縄トライアルマラソン」へ [ランニング]

画像(320x226)・拡大画像(640x452)

 11月1日の「金岡タイムトライアル5000m」でスピード強化は一応終わり、次はフルマラソンに向けて練習の距離を伸ばしていく予定だった。

 11月8日の「武庫川ロード記録会10km」はその第1弾。徐々に距離を伸ばしていって・・・、と思っていた矢先の11月13日に入院。それから2週間を棒に振ってしまった。

 毎年出場していた12月の「沖縄100K」が中止。
 10月中旬、その代わりになにか走りたいと探していたら、「オンラインNAHAマラソン」というのが見つかった。
 はなからオンラインマラソンなんて申し込むつもりはなかったが、本来の開催予定日であった12月6日の午前9時に奥武山公園をスタートして、きっちり「勝手にリアルNAHAマラソン」を走ろうと計画を立てた。
 いつものように「平和・憲法9条」ののぼりを背負い、リアル大会の制限時間である6時間15分以内のゴールを目指すことにした。

 一番の難関は、ヨメさんに「あかん」と言われへんかということ。でも意を決してきちんと話したら、誰にも迷惑をかけないようにきっちりできるのなら「可」という返事をもらうことができた。

 うまい具合にソラシドエアの最安値4320円の往復が取れ、宿泊は真樹のところに3泊。名護の真樹のアパートから那覇の奥武山公園は遠いが、高速バスで行けば何とかなる。ということで、すべてがうまくいくはずだった。
 
 ところがところが、この度の災難。私にとっては、本当に災難としか思えない。
 「膀胱内視鏡検査が感染症の原因ではないのか」と担当医師に問うても、「可能性はありますが証明はできません」と逃げられた。
 本当にそれが原因なら、私は1ミリも悪くはないですやん。患者の立場は弱いものと思い知らされた。

 沖縄行って、真樹とおいしいもん食べて、6時間かけてフルマラソン走れるなんて・・・、天国やなあと思っていた。
 それから一気に地獄へ。痛い痛い、ムカムカ、かいかい・・・。

 一応、12月5日から20日までがチャレンジ期間。
 NAHAマラソンのコースを1日で走るつもりだったので、2タイプあるうちの「累積でフル」ではなく、「一気にフル」の方を申し込んでしまった。
 12月20日までに、1日でフルを走る体力が回復するかい?
 今、3kmを27分くらいで走ってフーフーゆってんのに。 
 あー、「累積でフル」のほうにしときゃよかった。

画像(320x213)・拡大画像(420x280)

 そうしてガックリきているとき、朗報が。
 ランナーズ主催の「トライアルマラソン」シリーズ。全国各地で新型コロナウィルス対策をして、5、600名規模で募集されている。
 少し前に、「2月沖縄開催予定」が発表されていた。それが、今日正式申し込み開始。

画像(233x217)

 2月6日(土)、午前9時スタート。
 会場は、那覇空港の南側に広がる豊崎ビーチ。
 定員550名。
 参加費10000円。

 参加費の10000円がきついけど、ずっと大会に出られてないしギリギリいいんじゃないでしょうか。
 LCCと真樹のアパートを利用して、経費を押さえるということで。

 いやいや待てよ。
 あと2か月で、フルマラソンを走れる体に戻っとると勝手に思い込んでいる私。
 それに、最難関の「妻の理解」がまだ。

 ヨメさんの知り合いは、「病気ばっかりしているくせに、また勝手に走りに行くに決まっている。なんでそんな男と離婚せんかなあ」とか言って不思議がっているらしい。
 よその家庭のことにそこまで無責任に発言するかとあきれてしまうが、そう言わせてしまう原因が私にはある。

 この歳までまあまあ(身も心も)健康に暮らせてきたのは、一番はますみさんと結婚できたことだが、ずっと走り続けてきたことも大きい。走らない人には、何のことかさっぱり分からないだろうが。
 今あちこちガタが来て入院ばかりしているが、そのほとんどは好き勝手に走ってばかりだからではなく、原因不明のものばかり。

 私から走ることを取ったら、何が残る。
 ますみちゃんときくちゃんとみーちゃんが残る。
 あら、けっこうええメンバーやん!

画像(320x252)・拡大画像(640x504)

 1周2.5kmのコースを16周して、あと2.195kmをプラスするらしい。
 あー、いやいや。あきるー。
 でも、走る機会を作ってもらえただけでもありがたいと思わなあかんのかな。

 まずは、ヨメさんに話して了承してもらうこと。 
 次に、体力(走力)回復。
 とりあえずは、10kmをふらつかずに走れるようにがんばろう。

 真樹は以前バイト先の面接で、「お父さんはなにをされている人ですか」と聞かれ、「父は走る人です」と答えたそうだ。
 うれしいねえ。
 ええ子に育ったねえ。
 「離婚しないのが不思議」と言った人に、うちの良い娘を見せてやりたいねえ。

 「ア〜ホ〜・・・。」(byミスター・オクレ)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年12月01日(火)

やきもちラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、昨日よりちょっとでも多く走りたい。
 でもなにかめあてがないと、なかなか走る気がわいてこないんですよねえ。
 「3kmくらいを休まず走れんもんかなあ。」

 うちから3kmと言えば、御薗橋。
 御薗橋のちょい手前の上賀茂神社にはやきもち屋さんがある。
 「そうや、迷惑かけた寮長・寮母さんやもう一人の代行さんにやきもち買って持っていこう。」明日バイト日なんで。
 グッドアイデア!

 ゆっくりしか走れないので体は温まらない。それを見越してたくさん着込こみ、買ったやきもちを入れるディバッグを背負ってスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後2時45分にスタートしたのだが、うちから1kmの京産大はひっそり。オンライン授業がまだ続いてるんでしょうか。

 最初の1km。8分ちょうど。
 下りとはいえ、昨日よりは速く走れている。

 その先はゴルフ場。
 こちらも人気がなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明神川に沿って、裏通りへ。
 狭いけれど、車が来ないので安全。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年は中止になってしまったけれど、毎年5月5日に行われる「競べ馬」のコース。
 人間が走ってもいいんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上賀茂神社到着。
 ここもひっそりしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 葵家のやきもち屋さん。
 前の場所は製造専門で、販売は市バスの車庫だったところの入り口になった。

 ここまでふらつかず、休まず走ることができた。ただし、一回だけ目の前が暗くなった。ちょっと危ないやつ。

 2.85km、23分ちょうど。キロ8分04秒ペース。
 平均心拍151、最大心拍171。
 いつもなら。必ず200を超えていたのに、今はいい感じで走れているのかも。

 寮長・寮母さんに1つ、もう一人の代行さんに1つ、いつもコーヒーをおごってくださる掃除のおばちゃんに1つ、それに家用。4個入りを4つ買ってディバッグへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りも同じ道で。
 「織田信長・明智光秀 古文書特別公開」
 これは見とかなあかんなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと横に入り、鳥居の正面へ。
 いつものお願いをしておいた。
 もちろん、一番は「夫婦円満」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「競べ馬」のコースを一気にと思ったが、だんだん息が切れてきた。
 帰りは緩やかな上りやからね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴルフ場のお向かいの田んぼだったところに、新しい老健施設。もうすぐ完成ですね。
 それにしても立派な建物。私らはには払えないような高そうな施設です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りも一度も歩かず走ることができた。

 2.94km、26分51秒。キロ9分08秒ペース。
 平均心拍143、最大心拍165。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 冬なので、ディバックを背負っても背中に汗はかかなかった。
 「たたらぎ」でもらった参加賞やけど、まあまあよかった。これならまた使えるね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また町内パトロール1km。

 いつもひさしの下にいる黒猫ちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 毎度おなじみドキンちゃんとぷーぷー。
 白黒のコントラストがきれいやねえ。

 これで今日は5.8km+1kmで6.8km。
 ちょっとずつちょっとずつ増やしていければいいと思う。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 家に帰って、ヨメさんとお茶。
 
 今はお腹の調子が悪く、いっぺんにたくさん食べられない。
 中間に適当におやつっぽいものを食べるのがいいみたい。

 「やきもち」も「ますみちゃんと食べたらおいしかったー。」
--------------------------------------------------------------------------------

画像(209x241)

 今日、ヨメさんが「おんらいん京都マラソン」にエントリー。
 お客様からの問い合わせが多いので、自分でもやってみるとのこと。

 ひょっとしたら、超超超久しぶりに私といっしょに走る機会ができるかも。
 来年の1月23日からということなので、まだだいぶ先の話だが、私も楽しみ。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきくみー】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きっ、きっ、きくちゃんの首が・・・。」

 ただ、テーブルの影に入っているだけでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みーちゃん、だんだんでかくなってきています。
 私のすぐ横で、さわれそうなんですけどねえ。
 それが、まだまだむずかしいんです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年11月30日(月)

第131回勝手に国労応援ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日で11月も終わり。
 11年間続けてきた「勝手に国労応援ラン」を途絶えさせてはならない。 
 「走れへんけど、走りに行こ―。」

 もちろんJRの駅を目指すのはとうてい無理。
 代わりと言うのもなんですが、近くの叡山電車の駅に行って、電車の写真でも撮ってきましょうかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後3時スタート。
 うちから一番近い「二軒茶屋駅」へ。

 家から100mほど歩いたあと、試しにゆっくり走ってみた。
 「いや、ゆっくりやったら走れるやん。」

 「二軒茶屋駅」まで0.37km。3分31秒。これはキロ9分半ペース。これで走ったと言えるんかなあ。せめて9分は切りたいなあ。

 電車の写真を撮って、再スタート。
 ここで折り返して南下。

 次は「京都精華大前駅」へ。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都精華大前駅」到着。0.75km、6分06秒。これはキロ8分10秒ペース。これでやっと「走った」感じになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 歩道橋を渡って京都精華大の構内へ。
 そこから「木野駅」を目指す。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「木野駅」到着。0.8km、7分33秒。またキロ9分半ペース。 
 さっき橋の上から写真を撮るのに時間がかかったから。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、ここから家までノンストップで走れるかなあ。
 帰りは緩やかな上りやからきついけど、がんばってみよう。

画像(320x247)・拡大画像(640x494)

 家まで1.37km、12分17秒。一度も歩かず走り続けることができた。
 おー、ギリギリキロ8分59秒ペース。
 なんかレベルは低いけど、がんばりました。

 10月24日には1km3分53秒で走れていたのに。今やその2倍以上の遅さでもフーフー言っている。なんちゅうこっちゃ!

 北の空には虹。
 私を応援してくれていると思っておこう。

 合計3.3km+町内パトロール1km。
 今までで一番短い「勝手に国労応援ラン」になってしまったかも。

 来月は軽々20kmくらい走れるようになっていたい。
 ぼちぼちね。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 話は戻って、今日の朝のこと。
 きくちゃんが庭でへたばっていたので、散歩に連れ出した。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 長代川沿いの散歩道。今日は北側へ。

 まずはきくちゃんと記念写真。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 反対側からもう1枚。
 ありゃ、逆光でくらーい写真になってしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちから100mちょっとのところにある大きな公園へ。
 きくはすぐに挟まるところを見つけ、スッポリ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくは疲れ知らずで、引っ張らなくてもしっかり歩いていた。

 ところがこのあたりから、私が徐々にしんどくなってきた。
 きくといっしょにゆっくりゆっくりと家へ。
 今日も散歩は300m程度。

 家に入ると、ヨメさんが「その顔色、どしたん?」と。
 たしかにちょっとフラっと来ていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 またヨメさんが、あちこちにお灸をしてくれた。
 たぶん3000円分以上。
 すぐには効かなかったが、だんだんだんだん楽になってきた。
 このおかげで、午後のちょこっとランにつながった。

 ヨメさんによると、私の具合の悪いのは、退院後に飲み続けている抗生物質の薬。この薬は悪い菌とともにいい菌まで殺してしまう。
 今も続く、吐き気、腹痛、「かいかい」はこの薬のせいではないかとのこと。たしかにそうかも。
 この薬もあと2日分で終わり。その日以後は、スッキリしてくるのだろうか。そうであればうれしいのだが。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の朝は吐き気がして、ヨメさんが出してくれた柿とリンゴが一口も食べられなかった。ところが夜になり、ふろ上りにはまるまる1個をペロリ。

 ますみちゃんのお灸のおかげや。
 「そこに愛はある」なあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年11月29日(日)

しぶとい香り [雑感]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「藤井さんもしぶとい香り」、昨日の「忍びの者」さんからのこの評価気に入りました。
 これは誉め言葉、すごく励ましになる。

 うちにはもう一人ではなくもう一ぴき、「しぶとい香り」のするきくちゃんがいる。
 お昼過ぎ、「弱ってるもん同士で、ゆっくりゆっくり散歩に行こけー」ときくを誘い、いつもの長代川沿いの散歩道へ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 昨日の夜、壁づたいにそうろりと歩いている私を見て、ヨメさんが「ほんまのおじいさんになってしもたな」と。
 夜中、1階のトイレに下りたのはよかったが、2階に上がるときは四つんばい。
 ほんまのおじいさんというか、なんというか・・・。

 きくのゆっくりぶりが、今はありがたい。
 家から200m弱の住宅建設現場まで。

 今日に限っては、ふらつきながら歩いている私よりきくの方がしっかり歩いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃんのおかげで、ちょっとだけやけど歩けたわ。ありがとうな。お互いしぶとく生きて行こうぜ!」
------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕方5時すぎ、意を決して早歩きへ。
 歩道の広いいつものコースを北稜高校前まで。

 「もし走れたら、ちょっとだけでも走ったろ」とたくらんでいたが無理だった。
 2週間ほぼ寝たきりだったので、体がフワフワ。知らんうちに、どうしても右に傾いていく。
 それに恥骨痛。本来の前立腺炎の影響は、もうほとんどないと思われるのに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北稜高校前で13分33秒。キロ12分ペース。
 「早歩き」どころか、普通に歩くより遅いやん。

 帰りはもうちょいなんとかならんかと思いがんばったつもりだったが、12分49秒。キロ11分半ペース。
 これは手ごわい。
 ふつうに走れるようになるまで、そうとう時間がかかりそう。

画像(239x320)・拡大画像(479x640)

 ダウンジョグを兼ねた町内パトロール。
 11月10日以来なので19日ぶり。

 「猫さんら、変わりなく過ごしてるかなあ」と心配だった。
 今日は2ひきに会えただけ。
 「今日からまた『猫パトロール』に回るしね。よろしくね。」

画像(256x320)・拡大画像(512x640)

 北稜高校前往復2.2kmプラス1kmで、今日は3.2kmの「早歩き」。

 明日はせめてキロ10分を切って「早歩き」したい。
 がんばろうっと。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は「京都キャロット鍼灸院」のお客様が4名。
 おそがけからの方もあり、晩ごはんは二人で食べられないことになった。
 今晩は「ますみちゃんと食べたら、なんでもおいしい」と言えない日。残念!

 それでもちょっとの空き時間に、ちゃちゃっと私のおかずを用意してくれた。
 「ぶり大根」、ありがとね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 食べ始めたら、なにやら視線が。
 みーちゃんが私のスキをうかがっている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でたー、『なんかもらえませんか』攻撃。
 それはあかんやろ。
 
 みーちゃんに取られることもなく、おいしくいただきました。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2020年11月28日(土)

忍びの者 [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 思いもかけなかった今回の入院。
 コロナの影響で面会禁止だったので、家族を含め病院へのお見舞いはなかった。
 しかし、ヨメさんを通してうれしいお見舞いが届いた。

 ここで冷静に考える。
 お見舞いを届けてくださった方は、私ら夫婦共通の知り合い。
 このお見舞いは私への励ましとともに、家事すべてを一人切り盛りし、それに入院している私の世話で疲れ果てているますみさんへの励ましも込められている。いや、後者の比重の方が高いのかもしれない。

 私の大好きなコーヒーと、「あんもっち」というパン。このパンは、我が家の最後の猫・あんもちゃんの名前が入っているので買ってきてくださった。
 それとお手紙。その封筒には「お忍び便です」と付箋がはられていた。これは「ブログに書かないで」というサインであることは分かっている。
 昨日、「その辺の事情は分かった上でブログに書きたい」とメールしたら、匿名でアップすることを了承していただいた。
 もちろん、お手紙の内容はヒミツですが。

 そのあとの私からのお礼のメールは、(一部を除き)公表しても差しつかえないでしょう。
     ◇     ◇     ◇

「ジジイ泣かせ」

 京都キャロットの藤井です。
 お礼を言うのが遅くなりました。

 先日の「あんもてぬぐい」、涙がポロリは比喩ではなく本当の話です。ジジイ泣かせるなあ。

 今回の新聞切り抜きもうれしい。京都市動物園にツシマヤマネコが来た時、一番に見に行ったくらいですから。(私の一押しは、京都にはいないけどハイエナ、京都にいる中ではヤブイヌです。)

 「○○○○○マラソン」ご一緒したいって、ジジイ泣かせるなあ。
 こういうのが、がんばろうという気持ちの源になりますね。

 正体不明(?)の○○さんの位置づけがどうもしっくりこなかったのですが、今回のお手紙でなんとなく・・・。 
 小学校教師をしていた私の最後の教え子のような感覚でしょうか。

 先日の○○○○、不調でしたね。もう話題にもしたくないかもしれませんが、写真を撮らせてもらったのでお送りします。

 今回のあんもっちの話、匿名ならブログにちょっと書いてもいいですか。「お忍び」と書いてあるときは、「ブログに書かないで」というサインだとは分かっているのですが・・・。

 いろいろと、ほんとうにありがとうございました。
 すぐ走れるようになるやろうと思っていた私の考えは甘かった。ちょっと動いただけでフラフラです。
 「来年3月までには、なんとか」と思って、ぼちぼちがんばります。
 では。

               2020.11.27
                       藤井廣司
     ◇     ◇     ◇

 そのお返事がまた秀逸。ごく一部ですが、こんな感じ。
 「藤井さんもしぶとい香り」
 「わたしは、たぶん何かと不気味」
 「珍獣コビトカバのようなもの」

 これからも、私の大事な「忍びの者」として末長くよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------------------------

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日は、24時間バイトからの朝帰り。
 ストーブをつけると、みーちゃんがストーブの前でビロンビロン。
 こんななってるのに、まだ私がこわいみたい。
 いつになったら・・・、言うまい言うまい。

画像(320x320)・拡大画像(640x640)

 前立腺炎の方は、たぶんもうだいじょうぶ。
 ところが、昨日の夜からまた恥骨痛。今日の朝、また歩くのがたいへんになってしまった。

 頼みの綱は、ヨメさんの鍼灸。
 かなりいっぱいしてもらったら、左足はすごく楽になった。右足もその前に比べたらまし。これで少しずつ少しずつ歩けるようになった。ああ、ありがたい。
 みなさーん、「京都キャロット鍼灸院」よろしいよー。
 ぜひ一度いらしてくださいねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「お昼はちょっと濃い味のもんが食べたい」との私のリクエストで、ヨメさんがおいしいラーメンを作ってくれた。
 もちろん病院は薄味だったので、ラーメンの濃いスープがお腹にしみわたった。うまかったー。ありがとね。

 このあと、少しでもお散歩へ・・・。
 いやいや、そんな気持ちさえわいてこない。

 今日はほとんど居間、時々トイレのみ。一歩も外に出なかった。
 明日こそ、ちょっとでも歩こう。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 晩ごはんは、また鍋。
 今日は鶏つくね。

 おいしいねえ。
 あったまるねえ。
 それに、安くつくらしい。
 いいことづくめ。

 体重もちょっとだけ回復。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私もきくちゃんも夕方寝。
 私は夜もぐっすり寝れるだろうが、またきくちゃんが夜中にウロウロするパターン。
 きくちゃん、オバサンを寝かしたってくれー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年11月27日(金)

ふらふらな一日 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

右ヘッドライトあたりが破損

 昨日退院で、さっそく今日の早朝からバイトに復帰。寮2に24時間。明日の朝7時まで。入院中に2日あった寮1のバイトを休ませてもらったから、これ以上休んでいるわけにはいかない。

 急に立ったりすると立ちくらみするので、なにごともゆっくりゆっくりと。
 どうにかこうにか一日が終わろうとしている。あとは、深夜12時過ぎの大浴場のボイラー閉栓がたいへん。これがあるから、寝るのがだいぶ遅くなってしまう。

 でもなんとか。
 この後のバイトもがんばって行かなくては、10時間で2台つぶしてしまった車の修理代が全然払えない。
 みなさーん、熱があるときは絶対に運転したらあきませんよー(経験者は語る)。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日退院してからはずっとヒマ。
 少しは体を動かした方がいいと思い、町内散歩でも行こうかと・・・、とてもそんな気にはならなかった。家の中をちょっと歩いただけでフラフラ。
 甲状腺腫瘍摘出手術の後は、一時帰宅の許可をもらって「鴨川ゆっくりラン」を走ったほど元気やったのに。今回はそれほどきついダメージを食らったということかな。あれから4年、歳も取ってることだし。

 昨日の晩ごはんは大好きな水炊き。
 最近ずっとごはんはお茶碗に1杯だけにしていたのだが、昨日はうれしくて超久しぶりに1杯半。これは体重がけっこうなもんなはず、と思っておふろ前に測ったら61.8kg。
 これってふだんならうれしいのだが、入院前より2.5kg減。いつもよりたくさん食べてこれだから、実質3kg以上減と考えていいのかも。

 みーちゃんは、オバサンの残したごはん粒をなめまくり。これくらいの気持ちで食べて行かんと体力は回復しないのかも。

 おふろに入ると頭がキーン。しばらくして頭の痛みがましになって、2週間ぶりのおふろにゆっくりつかって・・・。今度は湯舟から上がるときにフラフラ。
 あかんあかん、もうちょっとで「すっぽんぽんジジイの救急搬送」になるとこやった。

 やっぱり体調良くないので、9時半くらいには寝床へ。このパターン、こないだみーちゃんが逃げてしもたやつや。
 心配やったけど、できるだけ早う寝んと朝起きられへんし。でも入院中のいろいろなことが思い出されて、なかなか寝付けんかった。

 ここに書いても仕方ないことだが、「そこに愛はあるんか?」の代表作一つくらいは書いていいかな。

 入院後高熱に悩まされたが、これはこれで仕方ないと割り切っていた。それより難儀したのが恥骨と腰の痛みと手首の「かいかい」。
 恥骨と腰は持病みたいなもんだったので、痛み止め薬をもらい服用してしんぼうしていた。
 しんぼうできないのが手首の「かいかい」。右手は明らかにバーコードのついたわっかに負けている。左手は点滴の針が入っている付近。針を固定するために上からはられたテープにかぶれたのかもしれない。

 例の真樹に似た優しいX看護師さんに言ったら、すぐに右手のわっかをハサミでパチンと切ってくださった。左手については「皮膚科にかかれないか聞いてみます」と言ってくださった。もうこの対応だけで、半分くらい痒さが治まる。
 「聞いてみたんですが、主治医の許可がないと、入院中は他の科の診察は受けられないようなんです。今日先生が来られますので、そのあたり直接聞いてくださいませんか」と。

 そして先生登場。
 「いったん退院してからもう一度皮膚科に行ってください。ここじゃなくても、ご近所にもあるでしょう。」
 「・・・(市原のいなかにありますかいな。)」

 「こんななってるんですけど」と言って両手を差し出したが、ろくに見もせず「シャワー、ちゃんとしてますか?」って!

 「・・・(はあ? してるに決まってるやろ、月水金しか使えへんのに。第一シャワー浴びる時は、水がかからんように看護師さんが手首にビニール巻いてくれてはんねん。それ、知ってる? 洗うに洗えへんのよ。 点滴ずっとしとけと指示したのはあなたでしょうに。 患者がどんなことで困っているかとか、痛みや痒みを少しでも和らげてあげようって気はあるんか?)」(これはあくまでも私の心の中の叫び。現実は口を開けてあきれかえっていました。)

 「そこに愛はあるんか?」と言うより、「人間としてどうなん?」という話でした。
 以上。

 そんなこんなのあと、10時前くらいには眠りについた。次に起きたのは2時。病院では最長で2時間、たいていは1時間から1時間半おきに起きてトイレに行っていた。
 やっぱり家にはかわいいヨメさんときくちゃんとみーちゃんがいるので、安心して寝られるんやなあ。

 ただ2時に起きてから、また寝られんようになった。隣の部屋では、きくちゃんがふすまにボンボン体当たりしている。あとで分かったことだが、この時ヨメさんの顔とかもふんでえらいことやったみたい。
 きくちゃん、オッサンが帰ってきて、興奮しすぎたんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝5時50分起き。
 居間に下りると、みーちゃんは悪さはしてないようだった。
 寮2の時は時間の余裕があるので、みーちゃんの朝ごはんやり。
 このごろ、みーちゃんはオバサンの足元スリスリをするらしいが、私にはかすりチップ程度。早う、「ええジジイ」認定してほしいなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも私がお茶漬けサラサラをしている間も、ずっとそばにはいてくれている。これだけでも心が豊かになる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「みーちゃん、行ってくるね」と言うと、小さく「みゃー。」
 こんなかわいいみーちゃんに見送ってもらったら、少しくらいしんどくてもがんばってこーという気になる。

 けっきょくは、ふらふら、ふらふらの一日になってしもたけどね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

結婚31周年

結婚31周年

翔猫(とびねこ)

翔猫(とびねこ)

ふじえだマラソン対策ラン2

ふじえだマラソン対策ラン2

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.