パオパオだより

2011年09月05日(月)

槌指(ツチユビ) [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の題は、「マジっすか、指骨折!」にしようと思っていた。
 でも、診断の結果は「槌指」。
 「つちゆび? 突き指とちゃうんですか。」
 「木槌の槌です。その槌で指をたたいたような状態ですね。指の背の腱が切れているんだと思います。だからまっすぐ伸ばせないんです。手術で腱をつなげば治るんですが、痛みもなく生活に支障がないのなら、添え木のようなものをしてしばらく様子を見ますか。」
 「はっ、はい。」

 昨日の「聖湖マラソン」。台風の中での開催だったため、テントにプルーシートをはり雨風をしのいでいた。そのじゅくじゅくになったブルーシートを、車の後部座席の下に押し込もうとしてガンガン押していた。やっと入ったと思って、手を引き抜いてビックリ!
 「くすり指、くの字にまがってもどりまへんがなー!」

 雨でずぶ濡れで、手がかじかんで感覚がなかった。本当ならすごく痛かったはずだ。自分の指が自分の意思で動かせないなんて・・・。

 今日は朝から、「あいおわ治療院」でマッサージと電気、「足達歯科医院」で虫歯2本抜歯、そして「田村外科」で槌指の治療・・・、これで半日終了。

 「田村外科」は、今年の3月22日、車のドアで右手中指を詰めて「挫滅」の診断。その半年後に、そのとなりのくすり指を「槌指」の診断とは・・・。ここでは、今まで知らんかった言葉を2つも教えていただきました。でも、「田村外科」のお医者さんは、私のことを「ドンなやっちゃなー」と思ってはるでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ほんまに、こんなんで治りますか?」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2011年09月04日(日)

第28回聖湖マラソン [ランニング・出張販売]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ショック!
 5km、22分37秒。50歳以上の部、18位。

 最低でも神鍋の22分18秒を上回ること、できれば21分を切って、あわよくば入賞・・・、をめざしていたのに(ここは10位まで表彰)。思い通りにはいかんもんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 台風12号がドンピシャ。四国に上陸し、中国地方を襲う予報。
 しかし、まさか中国自動車道が通行止めになるとは予想していなかった。土曜午後2時に家を出発。例年なら、夜8時には到着。ところが中国自動車道・山崎ICから先が通行止め。その手前の加西SAで思案。けっきょく、通行止め区間が比較的短かった山陽自動車道に迂回することにした。
 通行止め区間は岡山クリーンロードや国道2号線を通り、宿泊先の「シュプール高木」さんに着いたのは10時半。数回のトイレ休けい以外は、運転運転運転・・・。ようがんばりました。
 中国道の通行止め解除は、日曜の朝8時。なんと、加西SAで待機していたトラックの運ちゃんらは16時間の待ちぼうけ。今回は私の判断が正解だった。
 戸河内ICを出たときに電話させてもらうと、高木さんの奥様はちょうど食べごろになるように用意をして待っていてくださった。大あわてで食べさせていただいたのだが、毎年毎年ほんとうにおいしいものばかり。ありがとうございました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝起きて窓を開けると、すごい風。これは、雨よりも強風に要注意。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すぐ近くの会場に行くと、テントはたたんだまま。6時半から役員さんたちが出てこられるとのこと。いつもと少しテントの置き方が変っていたようだったので、勝手に立てるわけにも行かず待っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっとみなさんが来てくださって、テント設置。
 山側からすごい風が吹いていたので、車を風よけにした。そしてテントの周りにシートをはり、テントと車の間にも大きなブルーシートをはった。これでやっと商品が出せる。例年より1時間遅れ。
 とりあえず商品を傷めないようにというのを重視しながら出していたので、準備にかなり時間がかかった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 準備がひと段落したので受付へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 台風が接近というのに、名簿チェックを見てみると不参加はほとんどなかった。さすが、人気の大会だ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」の出店テントは、参加賞の炊き込みご飯と地元野菜のテントの横なので、ついでにのぞいて下さる方が多い。
 「雨じゃなかったら、もっと売れたのになあ・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まあこういうときは、せめて私の入賞でパーっと盛り上げてやねえ・・・。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 エイサーのお囃子が聞こえてきたので見に行った。広島で活動されている「琉風会」というグループだそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の大好きなエイサーが見られて、ますますがんばるぞーという気持ちになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1kmほど、アップのジョグ。
 じゃじゃぶりの雨で、写真もぼやける(防水でよかった)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大会会場は、スキー場なので雨がしのげる場所が少ない。みなさん、アップもあまりできていないように思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 計時担当の長野のアクティブライフさん。
 ナンバーカードの裏にはり巡らせた針金状の発信機は回収不要。ランナーにまったく負担をかけない画期的な計時システムです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大会総務係長の高木茂さん。
 朝早くからずっと走り回っておられた。いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート前、全日本マスターズの3000m障害で知り合った吉田勉さんと再会。去年、5km50歳以上の部で優勝(17分10秒)。しかし、今年は足を傷めておられ、ゆっくり走られるそうだ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 10時30分からハーフ、40分に10km、そして50分いよいよ私の5kmがスタート。
 最初500mくらいは平坦。どしゃ降りだったが、まずまずのスタートが切れた。
 500mあたりからゆるやかな上り。それでも快調に走れていた。さあそろそろ1km、ラップをとろうとしたら、時計が動いていない。「いやま、どうしましょう」と思ったら、ゆっくり走ってられた吉田さんが追いついてこられた。1km地点で吉田さんにタイムを教えてもらう。
 「4分15秒です。」
 上りもこの調子で粘って、帰りの下りで飛ばせたら21分くらいも可能・・・(捕らぬたぬきの皮算用)。
 上りばかり2km、8分59秒(4分44秒)。こんなもんか。
 平坦の折り返しで3km地点、13分36秒(4分37秒)。折り返しで、部門の先行者の人数を数えると14人。ということは、私は15位。帰りで5人抜かないと入賞できない。これはきつい。
 下りに入ってグーンとタイムが伸びると思いきや・・・。
 4km地点、17分57秒(4分21秒)。
 ゴール、22分37秒(4分40秒)。
 「なんじゃー、こりゃー!」
 最後の500mで3人も抜かれる始末。いったいどうしたんやろう。

 風はきつかったがのどが渇かない雨降り。行きがゆるやかな上りで帰りがゆるやかな下り。記録をねらうには願ってもない条件だと思っていたのに・・・。
 ああー、ああー、昨日の休けいなしの8時間半の運転。これが影響したということにしとこ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 けっきょく、雨は一度もやまず。
 広島市内は降ってないというのに、同じ広島でもこのあたり(島根との県境)は特別雨が多いらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 記録証をもらいに行くと、数えていた通りの18位。入賞なんてとんでもなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 体がビチャビチャで寒くなってきた。上に着るものを何も持ってこなかったので、着替え用のバスタオルを羽織る。それを見ていたヨメさんが、「変な人がいると思ってドキドキしてしもたわ」。たしかに、写真にとって見せてもらったら、めっちゃあやしいオッサンです。
 大雨の中、気持ちが途切れないように自分を励ましながら後片づけ。これはつらかった。
 温泉に入って帰りたかったが、ヨメさんは「それより、早く家に帰りたい」とのこと。しゃーないね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 戸河内IC前の道の駅。
 きれいな七夕飾りがあったので記念撮影。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大佐SAのあんドーナツは、1個50円。サーターアンダギーにあんが入ってる感じで、すごくおいしかった。
 これは、おすすめ!

 帰りは渋滞もなく、いつも通りの時間で帰ってこれた。
 「もう、台風かんにんしてな。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年09月03日(土)

ニイヤ! [マラソン評論]

画像(126x180)

◎スポーツナビ 8月30日(火)12時16分配信

 決勝進出の新谷「わがままな性格が世界で通用したのかな」=世界陸上・女子5000m予選

 陸上の世界選手権(韓国・テグ)第4日は30日、女子5000メートル予選が行われ、新谷仁美(佐倉アスリート倶楽部)が15分31秒09で決勝進出を果たした。絹川愛(ミズノ)はわずか及ばず、予選敗退となった。杉原加代(デンソー)も姿を消した。

 以下、新谷のコメント。

「特に決勝を狙ったっていうわけじゃなく初体験だったので、自分が守るものなんてないし、世界で通用するとも思っていないので、空の状態で走れたのが逆によかったのかなと思います。

(最初から飛ばしたのは)どう思われようが自分のペースでいこうと思っていたので……。あんまりよくない性格が効いたのかなと思います。自己中心的でわがままな性格が世界で通用したのかな(笑)。コーチの方からも、ケニア勢が上げ下げするペースでいくよりも、最初から自分のペースでやった方がプラス(タイム上位5人)でも引っかかるからという言葉をいただいていました。私は頭も空っぽなので、だからできたのかなと思います。今ではこの空っぽな頭にちょっと感謝しています。本当にその通りにいい結果が出ました。

(追いつかれてからは)これが当たり前の世界ということをすんなり受け入れて、粘ることに切り替えていきました。(ペースは)上がっているという感覚はなかったんですけど、ついていけるペースだったんで、最後に落ちても、プラスで拾われなくても、粘って粘ってという感じでした。(決勝は)わたしの性格上、ついていくことが苦手みたいなので、ちょっとでも前の位置で走れたらいいなと思います」
--------------------------------------------------------------------------------

 今回の世界陸上では、女子マラソンの中里麗美選手と男子マラソンの中本健太郎選手の二人をマークしていた。中里選手はうちのヨメさんの若いときに似ているから、中本選手は「京都キャロット」をよく利用してもらっている安川電機の選手だからというのがその理由。 
 ところが、女子マラソンは録画するのを忘れ、中里選手の活躍が見られなかった。明日の男子マラソンは、しっかりと録画しておかなくては・・・。

 あまり期待していなかった女子5000mで快挙。新谷仁美選手が決勝進出。
 実はこれも録画しておらず、レース内容は見ていない。しかし、新谷選手のコメントをあとで見てビックリ。「空の状態で走れた」、「どう思われようが自分のペースでいこうと思っていた」。すばらしい。

 映像を見て、またビックリ。「別人?」
 以前に見たロングヘアーを後ろで束ねたスタイルではなく、髪を短めにし、茶色に染め、かわいくセットされている。
 以前ののんびりした受け応えではなく、はきはきと積極的に発言されていた。
 「何かあったんかしらん」と思えるくらい。
 これは決勝も期待できる。

 昨日の女子5000m決勝は、しっかりとリアルタイムで見ることができた。
 「スタートから自分のペースで行ってくれよー・・・。」
 期待通り先頭へ。
 途中同時進行のやり投げに中継が変り、その間に後続集団に追いつかれてしまった(2000mくらい?)。でも、そのあとの走りもによかったように思う。新谷選手は、絶対次に期待できる。そう思えるレースだった。

 新谷といえば、岡山・興譲館高校のイメージが強すぎてなかなかそこから抜け出せなかったような気がする。今回のレースで、そこから二段も三段も駆け上がったのではないだろうか。

 「ニイヤ!」
 ちょっとアフリカっぽい名前の響き・・・、応援しようぜ!

--------------------------------------------------------------------------------

◎スポーツナビ 9月2日(金)22時19分配信

 新谷「後悔まったくない」=世界陸上女子5000m決勝

 陸上の世界選手権第7日が2日、韓国・テグで行われ、女子5000メートル決勝では新谷仁美(佐倉アスリート倶楽部)が出場したが13位だった。

 新谷はスタート直後からペースを上げ、一時は大きく集団を引き離した。しかし中盤以降ペースを落として、13位でのゴールとなった。

以下、新谷のコメント

「本当はもっと第一集団についていければ盛り上がる状況になったんですけど、今回の目標は達成したんじゃないかなと思います。

 前半から自分のペースで、スタートから1周してスローペースというのが分かったので、もうどうせメダルとか入賞とか取れる走りではないので、どう思われようが、ちょっとでも皆さんに(胸の)日の丸が見せられるようにと思っていました。そういう展開にしようと、後半のことは考えていませんでした。

 ペースは考えていません。予選のときのように空の状態で走っているので、オーバーペースだろうがオーバーペースじゃなかろうが、自己ベストを狙うつもりもないし、無我夢中で走るのが今回の目標だったので、それが達成できてよかったと思います。最初に(先頭に)出て粘れなかったという後悔はまったくありません。出なかったら逆に後悔していました。2000メートルまでちょっとでも粘れたんだから、その部分だけは満足しています。

(中盤以降は)皆さんが見ての通り、ダメでしたね。終わってみれば、もっと粘れたんじゃないかという部分もあったと思うし、記録もそんなに速いわけじゃないので、後半の失速は日本の皆さんには申し訳なかったなという反省点はあります。

(初の世界選手権は)きついですね。できれば(予選と決勝を走るのは)二度とやりたくないですね(笑)。5000メートル1本なら走ります。2本は間があいても嫌という気持ちが強いです。
 結果はどうあれ、目標とする前半自分のペースで引っ張っていくという形をとれたので、それに関してはすごく満足しています」

画像(270x320)・拡大画像(380x450)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年09月02日(金)

「一家にアホは二人いらん!」 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

強風の中、散歩に出かける廉ときく

 私のセンスのなさは、自他共に認めるところである。
 気の利いたことを言おうと虎視眈々とねらっているのだが、結果はいつも「シラー」。
 それに比べて、うちの家族は(私以外)みな気の利いたコメントを連発する。

 真樹「パオパオ、400mから3000m障害に転向したん?」
 私「なんでやねん!」

 前に滋賀マスターズの中島コーチに400mをほめてもらった時、「これから400m専門にしょっかなー」とじょうだんで言ったのをおぼえていたようだ。55歳のええかげんなオッサンに「専門」も「転向」もないやろうに。おもろいこと言いよる。

 廉「3000m障害と400mハードル、考えた人はどっちがアホやろなー。3000mに水濠まで越えさせようと思った人と、陸上で一番しんどいと言われてる400mにハードル置くことを考えた人。両方、どうかしてるなー。」
 私「いや、その400mハードルも出てみようかなーと思ってんにゃけど・・・。」

 廉はけっこう勘がいい。うちのオッサンのことやから、次にまたへんなことをたくらんでいるとちゃんとお見通し。
 「ばれたかー・・・。」

 さて、大御所・うちのヨメさん。
 数々の名言があるのだが、勝手に公開するとわが身に危険が及ぶ。
 でも、今日採り立ての名言なら公表してもいいかな。

 「一家にアホは二人いらん!」

 ヨメさんも、ハメをはずしたり、人目を気にせず新しいことにチャレンジしたりしたいそうだ。でも、いつも目の前でアホなオッサンがしたい放題しているので腰が引けてしまうらしい。気の毒に・・・。ヨメさんは、「アホ夫婦」と思われることだけは死ぬほどいやとのこと。

 夜その話をしていたら、真樹からのひと言。
 「アホな人って、家族から一人ということはないやんな。だいたいそこの家族は全員アホやんなあ。」
 これぞ、名言!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

家のカラオケで山口百恵の「愛染橋」を歌うますみさん

 そう言えば、「(台風の)強風でスカートめくれまくり・・・」とか言っていた人が・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2011年09月01日(木)

憲法判断 [時事]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

通販事務所の近くに咲いていたひまわり

◎京都新聞8月26日朝刊・「私論公論」より

 「韓流裁判所 憲法判断で社会を変革」  弁護士・襄 薫(ぺエ・フン)

 還流が花盛りである。冬のソナタに始まる映画やK−ポップなどの芸能、スポーツ、サムスン・現代自動車などの製造業、観光旅行、食品など、その対象は広範囲にわたっている。
 日本に生まれ育ち、根深い差別と偏見にさらされてきた私にとっては、複雑な心境は否めないものの、基本的に歓迎すべき変化である。しかしながら、韓流はこのような産業にとどまらない。政治文化にも及んでいる。
 1988年、韓国で憲法裁判所が設立された。憲法裁判所とは、通常の司法裁判所とは異なり、憲法裁判のみを処理するために設立された特別な裁判所である。
 日本では、通常の司法裁判所が通常の裁判に付随して憲法判断を行っている。通常の司法裁判所とは異なる憲法裁判所は、日本国憲法にはない制度である。47年に日本国憲法が施行されて以来、すでに60年が経過したが、最高裁の違憲判決はいまだに20件に満たない。
 一方、韓国の憲法裁判所は、設立された88年から2010年までの約20年の間に500件を越える違憲判断を行っている。日韓の人口比はおおむね3対1、最高裁と憲法裁判所存続期間もおおむね3対1であることからすれば、韓国の憲法裁判所が短期間にいかに多くの違憲判決を下したかが分かる。
 韓国で違憲判決が多い理由には何点かが考えられる。まず第一に、憲法裁判所ができた88年という時代は、軍事独裁体制とその負の遺産を清算すべきであるという歴史的課題を抱えていたことである。
 72年の朴大統領による非常厳戒令の宣布、国会の解散、維新憲法の制定、緊急措置の発令などの一連の人権弾圧施策、79年の朴大統領暗殺、軍事クーデター、80年の光州事件、87年の民主化宣言など韓国の民主主義の実現には、他国における民主化実現過程と同様に多くの国民の血が流れた
 第二に、数百年もの間、韓国社会の隅々にまで浸透していた儒教思想に基づく伝統的家族制度を否定し、個人の自由と尊厳を基礎とした近代的家族制度を創造する社会的要請があったことである。
 この二つの政治的・社会的課題を清算した後も憲法裁判所は、表現の自由や刑事事件、その他の分野においても、社会に巣くう不条理を座視できない国民の鋭い問いかけに対し、次々に画期的な判断を続けている。
 また、政治文化の他の領域でも、韓国は、日本にない二つの重要な制度を既に実現している。
 一つは、2001年の国家人権委員会の設立であり、もう一つは、06年の在韓外国人に対する地方参政権付与である。
 基本的人権の尊重、民主主義の実現、近代的家族法の制定という歴史的課題は日本社会にも存在していた。むしろ、韓国は殖民地時代の日本を通じて近代法(ドイツ法・フランス法などの大陸法)を継受している。
 なぜ、韓国は社会変革が早いのか。私には、次の2点が思い起こされる。一つは韓国社会に巣くう不正、不公正、不条理に対する韓国国民の激しい怒りであり、もう一つは、歴史ないし後世に対する韓国人の責任感とそれに基づく自浄努力である。忍耐は必ずしも金ならずである。

 ぺエ・フン 1953年山口県下関市生まれ。京都大経済学部卒、79年に会計士補登録、88年大阪弁護士会に登録。2007年に神戸大大学院経営学研究科を修了しMBA取得。在日コリアン弁護士協会理事。著書に「裁判の中の在日コリアン」、「韓国憲法裁判所」などがある。

-------------------------------------------------------------------------------
◎京都新聞9月1日朝刊

 「君が代不起立者の情報収集は適法」 横浜地裁

 神奈川県教育委員会が、入学式や卒業式の君が代斉唱時に起立しなかった教職員名を収集したのは違法として、県立高校の教職員ら27人が県に情報消去などを求めた訴訟の判決で、横浜地裁は31日、「収集は服務規律の保持を担う県教委の裁量内の判断で、違法ではない」として請求をいずれも棄却した。原告側は控訴する方針。

 佐村浩之裁判長は判決理由で「不起立は教職員の国歌への歴史観や世界観に結び付けることができる情報」として、県個人情報保護条例が取り扱いを原則禁じている「思想、信条に関する情報に当たる」と認定した。
 一方で、起立の指示に反した違反事実に関する情報でもあるとし、県教委がそうした情報を収集、記録するのは人事管理上、必要だとした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

神鍋高原マラソンでもらった花

--------------------------------------------------------------------------------

 日本国憲法第19条  「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」

 日本国憲法第98条第1項  「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。」

 「憲法は全ての法において優先する。」裁判官は、本当にそれを肝に銘じて判決を下しているのだろうか。
 「君が代不起立」が「思想、信条に関する情報」と認定しておきながら、その罰則のために使われる情報収集、記録が憲法違反ではないと判断するなんて・・・。

 日本も韓国に習って、「憲法裁判所」を作ってほしい。そして、憲法違反の疑いのある事柄に対しては厳格に判断してほしい。違憲判決が過去60年で20件なんてありえない。

 「憲法はすべての法に優先する」のだから。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年08月31日(水)

第20回勝手に国労応援ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6月24日、国鉄闘争共闘会議と原告団中央協議会は解散総会を開催した。そして、6月30日付で解散声明を発表。
 私の「勝手に国労応援ラン」はどうなるんでしょう。この「勝手に国労応援ラン」を、ブログを通してまた応援していてくださっていた方もあったというのに・・・。

 とりあえず、「京都→徳島」一人駅伝は今月で終了。短時間ではあったが国労闘争団四国常駐の中野勇人さんともお話できたし・・・。

 今月は、初心に戻ってうちの近所でゼッケンアピールラン。私の練習コースで一番短い3km。朝9時過ぎから、ゆっくり走って17分36秒。

 走っていて気づいたのだが、右アキレス腱の痛みはかなりましになってきている。以前は、痛くて右足を引きずるような走りだった。今はちょっとだけなら後ろにけれる。
 しかし、今度は左足首が痛い。この原因は分かっている。先日の3000m障害の着地。水濠7つは、役員さんのアドバイスどおり両足を前後に開き両足着地をした。28の木製ハードルは1つを除きすべて左足着地。やっぱり91,4cmからの衝撃はきつかった。早く治さなければ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくを連れてダウンに行こうかなーと思ったけど、きくは行く気なし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 長代川の散歩道をゆっくりと。
 やっと河原の草を刈ってくださった。年々刈る時期が遅くなっているような気がする。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まだ全部は刈れておらず、南側はジャングル状態。
 この道は「地球研」の方もよく使っておられるので、こんなに伸びる前に刈ってもらいたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北稜高校の先で折り返し。
 今年は、インターハイに棒高跳びの選手が出たんやね。

 往復で約2.2km、14分。
 今日は合計5.2km。わずか30分ほどのアピールランでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一昨年12月から1年半ほどの間だが、私なりに勝手に国労を応援させてもらった。中野さんの話によると、「まだ闘いは終わっていない」とのこと。それなら、それなりに「勝手に応援」は続けて行きたい。
 中野さんに今のぞむのは、おたよりなりツイッターなりで今の状況を報告されることである。はっきりとした方向性が見出せないのなら、正直にその通り表現することである。身内で完結した話でも、部外者にはまったく伝わらない。
 ほかの人にはマネできない超長距離のアピールランを計画・実行・成功させてこられた中野さんのことだから、部外者へのアピールの必要性は人一倍実感されているだろう。

 ほぼ死にかけ(?)の中野さんにエール。
 「大変だとは思いますが、またここからという気持ちで、もうひとふんばり!」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第17回四万十川ウルトラ・まだまだ

第17回四万十川ウルトラ・まだまだ

「ビクター」〜シリーズご近所犬12〜

「ビクター」〜シリーズご近所犬12〜

さたみやのふみちゃんに電話

さたみやのふみちゃんに電話

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.