パオパオだより

2014年09月20日(土)

ヤクルトに愕然 [雑感]

画像(226x320)・拡大画像(452x640)

◎毎日新聞9月9日夕刊・寝ても覚めても

   弱くても爽快=冨重圭以子

 日本のプロ野球は、優勝までのマジックナンバーがついたり消えたり、クライマックスシリーズ進出が決まったり、と次第に大詰めに近づいている。

 ただ優勝争いとは無縁なところで、観客の気分をすっきりさせてくれるチームも、存在する。

 最近、東京ヤクルトスワローズが面白い、という声をきく。ずっとセ・リーグの最下位にとどまっているにもかかわらず、なぜか見ていて爽快感を覚える、というのだ。

 ひたすら打つ。細かい策などなく、ひたすら打って、チーム打率も打点もリーグでトップだ。首位の巨人を本拠地・神宮球場に迎えた3連戦の2戦目を見に行って、なるほどな、と思った。

 この試合は負けたけれど、先発メンバー9人のうち6人が3割打者。無死で走者が出ても、バントなんかしない。上位も下位も、きっちり振り抜いた。走塁などでミスは多いが「打って、走って、面白かったね」と選手が言いそうな雰囲気がある。スキのない大人の野球は見応えがあるが、息苦しさがない開放的な野球も、やっぱり面白かった。

 夏の初めごろ、巨人のスコアラーとヤクルトの話をしたのを思い出した。「すごい打線ですよ。守備を捨てて、打撃だけでスタメンを並べている」と言うスコアラーに、思わず「弱くても勝てる、ですか?」と突っ込んだ。

 東京の進学校、開成高野球部の戦略を描いたノンフィクション「『弱くても勝てます』−−開成高校野球部のセオリー」(高橋秀実著、新潮社)でいう弱小高のセオリーとは、打撃練習に時間をかけ、試合ではどさくさ紛れで大量点を取る、というもの。これを地でいく野球は、巨人も恐れさせたのだった。

 それなのに最下位なのは、打っても打っても、打ち負けるからだ。中継ぎ陣が弱く、3点リードはリードのうちに入らない。その弱点も、最後まで見ないと勝敗がわからなくてスリルがある、ともいえる。

 特に好きなチームもないがたまには野球を見てみるか、と思った方や、一回から送りバントする野球はいや、という方には神宮がおすすめだ。観戦の際は、入り口に置いてあるデング熱対策用の虫よけスプレーの噴霧もお忘れなく。(専門編集委員)
-------------------------------------------------------------------------------

 こないだ何かのコメント欄に、「あんなに負けているのに楽しそうなヤクルトというチームに愕然」というのを見つけた。思わず「プッ」となってしまった。
 去年最下位。今年もけが人続出で、開幕から最下位独走。しかし、目が離せない。
 なんといっても打撃。チーム打率が290近くになったこともある。先発メンバーの1番から8番まで3割バッターということも、ヤクルトではめずらしいことではない。打って打って打ちまくって・・・。その代わり、ピッチャーが打たれに打たれて、最終的には負けているという恐ろしいチーム。何点リードしていようとも、試合が終わるまで安心できないハラハラするチーム。心臓に悪い。

 たぶんヤクルトファンの話題は、ゲームの勝敗より、けが人の復帰時期と次期監督が誰かということだろうと思う。

 もうええ。
 ヤクルトは「東京」を捨てよ。東京に2チームはいらん。
 ヤクルトの工場がある京都府宇治市にフライチャイズ移動。「京都ヤクルトスワローズ」でどうでしょう。
 新監督は、京都ゆかりの古田(立命館大出身)か宮本(同志社大出身)か悩むところです。
 京都に来てくれたら、ホームゲームは全部見に行きたいけどね。

画像(320x284)・拡大画像(640x568)

 来年こそ、なんとしてでも「這い上がれ!」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年09月19日(金)

第60回9の日平和ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今月は、9月9日9時9分スタートの「九条平和ランin大阪」があった。だから、個人の「9の日平和ラン」は省略してもいいのだが・・・。なんといっても、「なんやかんや理由をつけては走りたがる」パオパオですから。
 今日は「19日」なので19kmとはなりません。そこまでアホじゃないです。9kmほどをゆっくりと走ります。

 まずは地下鉄「国際会館」駅へ。自宅から2.7km。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 プリンスホテル前を通り宝ヶ池へ。
 街路樹が少し色づいてきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 宝ヶ池で3.5km、21分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 チワワ5頭立て。
 ちょっと遅れているのは車いすのチワワ。
 「ワンちゃんの後姿撮らせてください」と言うと、「ありがとうございます。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きつね坂からは京都タワーも見える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きつね坂を下りずに、土の道を下る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 松ヶ崎の○○神社。(名前、忘れました。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地下鉄「松ヶ崎」駅で4.88km。30分ちょっと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらは、北山通りの北側の「松ヶ崎」駅入り口。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山通りには、きれいな教会がある。
 ここで結婚式を挙げられる方も多い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地下鉄「北山」駅。
 ここで5.88km。ここから帰路へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最短コースを通ると北山駅から3kmなので、9kmに足りない。わざとジグザグの道を登る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中でポチ君の家を通ると、ダンナさんが畑にねぎを植えられていた。もちろんごあいさつ。ポチ君ご一家は、すごく感じのいい方ばかり。
 頼光橋で8.6km。家まで残り500m。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴールはなんと9.09km。
 だからどうしたちゅうことですけど・・・。どうもしません!
 58分もよう走ったちゅうことですね。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 頭の写真は載せられない。「カット!」

 昨日の深夜TVで、「ザビエルの肖像画はザビエル本人ではない」と言っていた。本人は髪フサフサのイケメンだったようだ。
 「頭がザビエル化してきた」という私の自虐ネタは受けがよかったのに、これから使いにくいなあ。

 第60回と言えば、まる5年。どんどん髪の毛が少なくなっても、今日も元気に走るパオパオでした。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年09月18日(木)

カメラ忘れラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上の写真は、走り終わったあと。
 ああ不覚。カメラを入れるウエストバッグはつけていったのに、中は空。これでは何しに行ったのか分からん。(私はたいてい走るよりも撮影重視。)
 「バンザイ」ではなく、「お手上げ」のポーズです。

 今日も午後からバイト。午前中にちょっとでも走っておきたい。
 右足の親指の痛みは、まずまずおさまっている。カチカチには変わりないが、おふろに入ったときにもんでいるのが効いているのかも。

 今日は久しぶりに鴨川へ。10時50分、自宅スタート。
 自宅から西賀茂橋の南側まで、約2.3km。ここから東岸を南下。昼までに帰りたいので、片道30分を目安にして折り返す予定。

 鴨川は一見足にやさしい土の道に見えるが、コンクリあり石畳ありデコボコありで要注意。京都はほんまに安心して走れるところがない。ランナーの募金で、ウッドチップコースとか作れんもんかなあといつも思う。

 北大路橋で4.8km、28分。もうちょい行けるね。
 出雲路橋を対岸に渡って5.6km、32分43秒。 
 ここで折り返したら、ちょうどいい感じ。

 出雲路橋の北側には、京都走ろう会の堂本さん。 
 ゆっくりしゃべりたかったのだが、昼には帰らんならんのでごあいさつだけ。

 上流に向かうと、けっこうな向かい風。
 これはいい練習になる。

 西側河川敷は東側に比べると道はまし。ただし、砂の部分が多く滑って力が入りにくい。

 帰りはちょっと遠回りしたので6km、37分49秒。
 トータル11.6km、1時間10分32秒。

 かわいいワンちゃんに会わへんかったからいいものの、もし会ってたら「カッ、カッ、カメラが・・・」になってたでしょうね。

 右足の親指はだいじょうぶ。
 これくらい走らんと、体重が増えてしょうがない。 
 明日もぎょうさん走ろうっと。(カメラ持ってね。)

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくは、午前中はほとんど廉のベッド。
 ということで廉のベッドはきくの毛だらけ。廉がよくくしゃみをしているのはこのせいです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年09月17日(水)

きくと曼珠沙華 [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくは女の子やから、お花が似合うんですよねー・・・。
 そうでもないか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はお昼の2時にお散歩。
 いつもの長代川の散歩道を歩いていると、突然川べりにダッシュ!

 「なんかおる、なんかおる・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 獲物(?)は川にチャポンと飛び込んだので、たぶんカエルでしょう。
 このあと水が苦手なはずのきくなのに、川の中までズボズボと。もちろんつかまるはずはありません。残念でーした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こないだ河原の草刈りがあったばかりなのに、曼珠沙華はあちこちに咲いていた。強い花なんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰り道でも、またフライングアタック。 
 きくごときにつかまる虫もカエルもおらんて。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 またまた、残念でーした。

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 夕方、新しいインソールを入れたシューズでいつもの5kmへ。
 当分アスファルトで走るのはやめておこうと思っていたのだが、新インソールの感覚を確かめるためにあえてアスファルトを走ってみた。

 走り出して、ヒザの関節が曲がりにくいような感じがした。突っ立って走っているような感じ。しかし次第に慣れてきて、スムーズに走れるようになった。
 足指の痛みが出なかったので、効果ありということになるのでしょうか。まだよく分かりません。

 5km、26分57秒。
 もうちょっとゆっくり走らないとダメですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年09月16日(火)

インソール(ソルボ) [ランニング用品]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 私の選手生命を延ばすため(???)、ヨメさんがインソールの交換をすすめてくれた。

 「ソルボ・ランニングエア」(2400円+税)。
 こんなんに頼るようになったらもう終わりかもとも思ったが、「老いてはヨメに従え」。

 昨日、廉に「3000mSCで自己ベストが出た」と自慢したら、「車いす生活になっても知らんでー。絶対無理しすぎやって」と言われた。廉もこのごろやる気を出して練習しだしたので、パオパオもがんばってるのに・・・。
 「老いても息子には従わん!」

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 右足の親指の裏が痛いだけなのに、かかとの保護が重視されたインソールのように見えた。しかし、ヨメさんの話によると「足全体のバランスがくずれているので痛みが出ている」とのこと。バランスを整えれば、痛みが出にくくなるらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今7足くらいのシューズを使っているのだが、交換インソールが1つだけではねえ。とりあえず、これからの練習に使うことが多くなりそうな底厚めのシューズ、フェザーファインに入れることにした。
 ちょっとだけ走ってみたのだが、慣れないせいかかえって不安定な気がする。慣れれば、具合よくなるのかな。

 もっと走ってみて気が付くことがあれば、またレポートします。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年09月15日(月)

レン君の追っかけ [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「れん、ほら見てごらん。ハイエナだよ。」
 「あのー、お子さん、れん君っていうお名前なんですか。」
 「はい、そうです。」
 「この左側のハイエナね、レンっていう名前なんですよ。」
 「えっ、そうなんですか。れん、おんなじ名前だって。よかったねー。かわいいねー。」
 「元々は大阪の天王寺動物園にいて、ここにトレードされたんです。ボク、京都からレン君の追っかけで来てるんです。」
 「うわー、遠くから・・・。」
 「あっ、ちなみに、うちの息子もれんって言うんです。」

 池田動物園に入り、一番にハイエナのところに行った。日曜なので、次々と家族連れが来られる。その中に、小さな男の子を抱っこされたご家族があった。そのときのお母さんの言葉から楽しい会話になった。
 そのお母さんは、ハイエナの前から離れられるとき私に「ありがとうございました」と会釈。それがすごくうれしかった。岡山のれん君、私のようなハイエナ好きの子になってね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハイエナ舎はゾウ舎の裏あたり。
 目立つ場所はやっぱりゾウやキリンの場所になっていたが、ハイエナもそんなに悪い場所ではない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このいかつい顔のハイエナは、レンの相方「ブッチ」。
 もちろんメス。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハイエナはオスよりメスのほうが強いらしい。だから美少年の面影があるレンに対して、ブッチは女親分の風貌なんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4時ごろ、飼育員の方がえさを持ってこられた。 
 レンはそんなに反応していなかったが、ブッチは「ホッホッホー」と大きな声を出して喜んでいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハイエナのえさは、骨付きの馬肉。 
 週に4回のみ。だいたい1日おきなんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レンはなぜかゆっくりと食べる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あまりガツガツしていない。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ブッチは食べるのが早い。骨もバリバリ音を立てて速攻で飲み込んでいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あっという間に大きな肉のかたまりがなくなってしまった。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これはレン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レンはゆっくりゆっくり。
 そういう性格なんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ブッチは手を洗ってるのかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あー満腹!」といういいお顔。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レンはまだ食べている。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ブッチの眉間には大きな傷が。まさか、弱いはずのレンにやられたんじゃないでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レンのアップを撮りたかったのだが、動き回ってうまくいかない。 
 天王寺動物園のときより狭くなり、そこをちょこちょこ回っている姿がちょっとかわいそうな気がした。もっと広いところに住ましてあげたいなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 けっきょく、ハイエナ舎の前に1時間。
 時々、見に来られたお客様に解説のようなことをさせてもらった。
 「左がオスのレンで、大阪の天王寺動物園からきました。右はメスのブッチ。ハイエナはオスよりメスのほうが大きいんです。・・・」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ブッチのかわいいポーズ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ブッチのまん丸ポーズ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レンは動き回って撮りにくい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 でも、最後に「見返り美人」のポーズ。
 ありがとね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が着ているのは、中国マスターズ陸上の参加賞のTシャツ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 動物園にいた時間は1時間20分。そのうち、ハイエナ舎前に1時間。残りの20分でほかのところを見て回った。

 最後に、レンとブッチに「また来るねー」と約束した。
 それまで元気でね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次に来るときはもっとゆっくり見てみたい。古い動物園だが、落ち着いた雰囲気のいい動物園だと思う。あとは、ハイエナ舎をもうちょっと広くしてください。お願いします。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

えびせんべいと絵葉書のおみやげ

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2014


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

24時間リレーマラソン・イン・日吉津・2008

24時間リレーマラソン・イン・日吉津・2008

再見! たろちゃん

再見! たろちゃん

三宅誠孝さんが・・・

三宅誠孝さんが・・・

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.