パオパオだより

2012年10月22日(月)

第34回阿波吉野川マラソン〜やっちまったぜー〜 [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「やっちまったぜー・・・」
 「あーあー。」 
 (注・この件に関しては、のちほどくわしく。)

 会場まで車で10分ほどのところに安いビジネスホテルが取れた。そのため、6時10分起きで、6時半からの朝ごはんも食べて出ることができた。
 会場の吉野川河川敷グランドに着いたのは7時過ぎ。空は快晴で、河川敷特有の強風ビュンビュン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8時半から受付が始まり、最初のハーフのスタートまで2時間あるということで、けっこうお客様が見に来られていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 受付でプログラムをいただき、さっそくチェック。
 2102名エントリー中1505名がハーフ。10kmは479名。私がエントリーした5kmはわずか118名。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それよりビックリしたのは参加者の都道府県別表。
 なんと、2102名中1930名が地元徳島。これは全体の約92%に当たる。こんなに地元率の高いマラソン大会も聞いたことがない。
 まあでもハーフの参加者が多いということは、そこそこ走れる人ばかりやから「京都キャロット」の商品も売れるかなあ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時30分にハーフがスタート。
 1500人はさすがに迫力があった。ただし、スタートはラグビー場なので、混雑することなくスムーズなスタートだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この最後尾に、普通の車イスでハーフマラソンに挑戦しているランナーを発見。うれしくなって、すぐ声をかけに行った( くわしくは昨日の記事を)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場のフンイキが分かる写真をと思い、土手の上から。
 この会場は駐車場が広く、ほとんどの方が車で来られているようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時55分に10kmがスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 太陽ギラギラの東に向かって一直線という感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「キリンさん、がんばってー」と、つい声をかけてしまった。
 この方、スタート直後はかなり前のほうでしたが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、私の「やっちまったぜー・その1」はシューズ忘れ。

 追い込みすぎているレースが続いたので、今回は楽しく走ろうと思っていた。でも、気が緩みすぎてレース用シューズを積み忘れ。なんと、今まで一度も走るのに使ったことのないNB・M675(ふるー)。今、早朝バイトの作業用に使っているシューズをはいてきた。これしかない。
 このシューズ、左右がサイズちがいで返品する予定だったのだがそのタイミングが遅れ、私のふだん履きとなったもの。まあ、走れんことはないか。
 ウォーミングアップとしてそこらをちょっと走ってみた。
 「ごそごそー、おもー。」
 でもそんなことゆうてられん。今日は重いシューズで早く走る練習。しゃーない。

画像(320x191)

 この写真はヨメさんが撮ってくれたもの。
 いきなり先頭に見えますが、実は前に6人。順位表彰のない大会なので、そんなに速い人はいないだろうと思っていたら大まちがい。こんなシューズでも、最初の1km、3分56秒で行ったんですけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 久しぶりの「カメラン」は、も一つだった。
 うまく撮ることができない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さてさて、ここで「やっちまったぜー・その2」

 2km地点、8分20秒(4分24秒)。
 だいぶペースが落ちてきたが、22分くらいではゴールできそう。

 ところが、2km過ぎで先頭のランナーが戻って来た。
 「えっ、こっちが2kmで先頭が3km?」
 なんぼなんでもそんなに離されてへんやろう。

 そう思いながらしばらく進むと、赤いコーンが置いてあり、その横に役員さんらしい方が立っておられた。
 「ここで、折り返したらええんかな。」
 ちょっと早いような気もしたが、競っていた人といっしょに折り返し。腕時計を見たら、2kmからまだ1分ちょっと。明らかにおかしい。でも、もう折り返してしもたし、行かなしゃーない。

 3km、10分35秒(2分14秒)。
 あっ、やっぱり。2.25km地点くらいで折り返してますね。

 4km、15分13秒(4分38秒)。
 これで元に戻った。

画像(320x193)

 この写真もヨメさんが撮ってくれた。
 重たいシューズでも、しっかり最後まで足が上がっています。
 
 ゴール、19分41秒(4分27秒)。

 2kmから3kmまでが倍の4分28秒かかったとして修正すると、ゴールは21分55秒。これでだいたい目標どおり。

 5km全体の7位。
 中学生ぽい女の子にも負けてしまった。
 でも、私より前の人はかなりよすぎるタイムなので、この人たちも折り返し点をまちがえて帰ってきた可能性もある。私が500mもずっこしして、最初と順位が変わらなかったんだから・・・。まあ、順位表彰のない大会なんでいいということにしておきましょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴールの先では、「完走おめでとうございます。ばんざーい。」「ばんざーい。」」
 「ありがとうございます。ぺっぴんさんの写真を1枚撮らせてもらいますわ。」
 「みんなー、集まってー。」

 これは思い出に残るいい写真が撮れました。
 でも2100人分も「ばんざーい」をしてくださったのだろうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 本部ステージ前では、アマチュアの歌手の方が歌で応援してくださっていた。すごくいいフンイキです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お弁当つき、豚汁付き、温泉入浴券付きで参加費4000円。
 主催は、徳島県走ろう会連合会。役所が絡まず、ランニングクラブの運営だけでここまでできたら立派なもんです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 12時半から、ダウンを兼ねて「浅野さん探しラン」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レースでは2kmまでは冷静に走っていたのに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この給水所の先の赤いコーンで折り返してしまったんですよね。
 さっきおられた役員さんぽい方は、もうおられなかった。どうもあのコーンは、障害物をマークするために置かれていたものだったようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その先に、ほら、ありました。
 こんなに分かりやすい「5キロ折返し」の文字。
 「あーあ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は景色を見ながらゆっくり走る予定だったのに・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3kmすぎても浅野さんの姿が見えず、ちょっと心配になってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しかし、真っ直ぐなコースなので向こうからだんだんと近づく車イスランナーの姿が見えてきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあとは、少ししゃべったりしながら写真をいっぱい撮ってゴールまで。私が撮った写真は喜んでもらえたかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「こうじさん、おとなりの人形焼屋さんのワンちゃんかわいいで。」
 「いや、そら見せてもらわんなん。」
 「それがな、かみ犬で車から出せへんにゃって。」
 「いやー、そらぜひともかんでもらわんなん。」
 「でもな、飼い主さんもこないだかまれはって、ものすごショックやったんやって。」 
 「そっかー。まあ、見るだけでも・・・。」

 ワンちゃんの名はぺぺ。オスの5歳だそうだ。
 私が見に行くと、「うーうー」とうなっていた。でも、うちのきくのこっわいこっわい顔に比べたら、なんてかわいいんでしょう。

 ここで、もう一つ「やっちまったなー・その3」。
 先週の「余呉湖健康マラソン」と今回の「阿波吉野川マラソン」は、私が交渉して出店させてもらった大会。しかし、先週の「余呉湖」では最近の売り上げワーストを記録。でも近くだし、経費もあまりかかっていないしまあいいかという感じだった。
 今回の「吉野川」は大人ばかり2000人以上で、ハーフ出場者がほとんどということで期待していた。ところが、絶好の買い物日和だったにもかかわらず惨敗。なんと、「余呉湖」の売り上げを下回るワースト新記録。今回は高速代が往復18000円以上、ホテル代が12600円、これに車の燃料代、大会出店料などを入れると経費が50000円以上。完全に大赤字。
 「何で売れへんかようわからんけど、もう絶対来年は来れへんな」と眞寿美さん。私は、普通の車イスランナー・浅野さんともお知り合いになれたし、かわいいぺぺちゃんとも会えたし、また来たいんですけど・・・。大会自体も一昔前のほのぼのとしたフンイキがあり、コースも走りやすく好感が持てる。しかし、商売となるときびしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんは、徳島在住の親友・くーちゃんと会うため徳島居残り。帰りは私一人になった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 淡路島から見る夕日。 
 高速を運転しながらの撮影。よいオッサンはマネしないでね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 子どもらへのおみやげは、「すだちくん」の人形焼と、養護施設の方たちが販売されていたケーキ。両方すごくおいしかった。
 やっぱり、来年も行きたいなあ。もうちょっと売れるようにならんかなあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月21日(日)

第34回阿波吉野川マラソン〜新しいともだち〜 [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時半、1506名エントリーのハーフがスタート。
 その最後尾に普通の車イスランナーを発見。
 ああ、やっとお会いできました。

 「普通の車イスですよね。」
 「そうです。」
 「私のともだちで、普通の車イスでフルマラソンを完走されている方がいるんですよ。」
 「えー、そうなんですか。」
 「でもね、ほとんどの大会が車イスアウトなんですよ。」
 「そうですよね。徳島マラソンも出られませんもんね。」
 「今、普通の車イスでもフルマラソンに出られるように働きかけしてるんですよ。いろんな情報がほしいんで、ぜひ協力してください。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハーフマラソン初挑戦の「普通の車イスランナー」は浅野高弘さん。
 さっそく、私のおともだちになってくださるよう申し込んでおいた。

 「今日の目標は?」
 「一応、制限の3時間以内の完走です。」
 「そしたら、あとでまた写真撮らせてもらいに来ますわ。」

 11時5分からの私の5kmレースも終わり、ハーフスタートから2時間たった12時半からコースを逆走。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3km地点をすぎしばらく行ったところで浅野さん発見。
 「写真撮りに来ましたー。」

 浅野さんはかなり汗をかいておられるようだったが元気だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 残り3km地点でちょうど1時。あと30分。
 「制限時間内に行けますよ。しっかり!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 思っていたより気温が上がり、朝に吹いていてた風もやんでしまった。
 ランナーのみなさんの様子を見ていると、思いがけない暑さに体力を消耗してしまっている人が多かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しっかり給水。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後尾スタートだったのに、かなりの人を抜いている。
 浅野さんの後ろにまだまだランナーが。 

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「初めてのハーフ、しっかり完走できそうですね。」
 「はい。でも、だいぶ後ろから押してもらいました。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いずれは全部一人で、そしてフルにも挑戦してほしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあたり半分以上のランナーが歩いているので、普通の車イスランナーが混じっていても全く問題なし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一部の競技性の高いレースは別として、一般の市民ランナーのためのレースなら普通の車イスランナーと一緒が当たり前になってほしい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 スタートから1km地点に河川敷から土手に上がる階段がある。
 「あの階段はどうしやはったんですか。」
 「遠回りしてスロープのところから・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 残り1kmで、同じ階段を通る。
 浅野さんはまた遠回りしてスロープへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自動車や自転車を避けながら車イスで下ってくる。
 ここだけは楽そうだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 野球場の横を曲がると、ゴールまで数百メートル。
 浅野さんはフラッシュオレンジのブレーカーを来ておられるので、遠くからでも見つけやすい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もし来年もこの大会に来れたら、私は伴走者をやってみたいと思った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さすがに、ラグビーグランドに入るとなかなか進まなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の力を出し切って・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なんと、ゴールは2時間59分。
 制限時間内完走です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」出店の後片付けをしているとき。浅野さんが顔を出してくださった。
 お互いに名刺交換。私が撮らせてもらった写真をお送りする約束をした。

 車イスに関しては知らないことばかりなので、これからもいろいろと教えていただきたい。そして、下山さんのライバルになるくらい、「普通の車イスのランナー」としての腕を磨いていってもらいたい。
 これからもよろしくお願いいたします。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2012年10月20日(土)

10kmにシフト [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 トラック5000mに一区切りついたので、次は10kmロード。
 しかし、ずっと5km以下の短いレースばかり出ていたので、今どれくらいで走れるのか分からない。

 今年の10kmを振りかえると・・・。
 1月 亀岡   41分42秒
    くみやま 41分43秒
 3月 足羽川  41分36秒 
 4月 四日市  42分14秒
 5月 春季陸上 41分36秒(トラック10000m)
 6月 たたらぎ 45分11秒

 最後の「たたらぎ」を除き、なんとまあ低レベル安定なこと。絶対41分は切れると思ってのぞんだレースで、この結果である。「もう!」という感じ。

 練習でも10kmは長らく走っていないので、とりあえず京都走ろう会の例会コースを走ってみよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まず、例会1.4kmコースをウォーミングアップに。約7分。

 京都走ろう会10kmコースは、出雲路橋西詰を南にスタート、丸太町橋を折り返し戻って約4.9km。次は北の御薗橋を折り返し戻って10km(後半約5.1km)。
 今日の目標は、無理せずゆっくり目に、45分から47分くらいのペースで。コースを4分割して下り11分上り12分で走れば、ゴール46分。よしよしこれで。

 10時半すぎスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずは丸太町橋、12分06秒。
 予定より1分遅れ。
 かなり気温が上がっていて息苦しい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 河原では子どもたちが遊んでいた。川に入りたいくらいの暑さ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出雲路橋に戻って約4.9km、24分50秒(12分43秒)。
 いかんいかん、これはゴール50分を超えてしまうペース。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 御薗橋、37分27秒(12分36秒)。
 ちょっとだけペースアップ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあたりの車道拡幅に伴って、歩道も広くなるようだ。
 御薗橋の歩道も広げてくれるといいのにね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール、49分34秒(12分06秒)。
 最後はまあまあ気持ちよくゴールできた。でも、目標より3分も遅かった。
 今はこんなもんでいいでしょう。ロード10km40分切りをめざすには、このコースで42分を切っておかないと無理。あと1ヵ月半で7分短縮です。やります。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 腰や足の具合が悪いので、今日は用心してGT2150で走った。次はもっと軽いシューズでもいいかな。

 明日の「阿波吉野川5km」は、無理せず楽しく走ります。
 たくさん「京都キャロット」の商品が売れたらいいんやけど・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月19日(金)

アンタの稼ぎは1日125円くらい [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日の夜、きくちゃんのお散歩にかこつけてコンビニでビールを買ってきた。(6月末友人が亡くなり、長らく封印していたビールを解禁。)
 ビールと言っても、もちろん第三のビール。500cc缶で125円。でも家に帰ったら、ヨメさんからすぐに警告。
 「またー、なにこうてんにゃなー。」
 「1本125円やし、ええやろな。」
 「なにが125円やな。アンタの1日の稼ぎやろー。」
 「うまい!」

 もう腕上げすぎやわ。思わず「うまい!」とうなってしもたなあ。
 収入がないちゅうのはつらいねー。125円のビールも気安く買ってこれへんにャから。

 現在の私の唯一のぜいたくは、「スカルプD」。なんと、3800円。
 ヨメさんの理論に当てはめると、第三のビール125×30=3750で、スカルプDは私の1ヶ月分の稼ぎに相当することになる。そうかー・・・。いやいや、もうちょっとだけ多いっス!もうちょっとだけ・・・。
--------------------------------------------------------------------------------

【RUN】

 今日は最短3kmコース。
 絶不調、16分33秒。
 体が重く、左手がしびれ、左ふくらはぎも痛い。
 追い込みすぎないようにしよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月18日(木)

60で引退 [雑感]

画像(112x150)

トークショーで還暦引退プランを明かした西城秀樹=東京ドームシティ・プリズムホール

◎デイリースポーツオンライン10月8日

  西城秀樹、60歳で歌手引退プラン…2度の脳梗塞で人生観変化

 歌手・西城秀樹(57)が7日、60歳で、歌手を引退するプランを明かした。都内で行われた「きずなアートフェス」でトークショーを行った際「60歳になったら歌の世界から去っていこうと思う」と語ったもの。2度の脳梗塞を経験し人生観が変わったといい、60歳を機に新たな挑戦を始める。好きなアートのほか、脳梗塞の闘病とリハビリの経験を生かした用具や装備の開発などにも取り組む意向だ。

 衝撃の発言に、会場は一瞬にして静まり返った。

 トークの終盤、今後の活動について問われた西城は「60歳になったら歌の世界から去っていこうと思う」と静かな口調で明かした。その後、どよめいた会場のファンをなだめるかのように、「10万円払ってくれれば、いつでも歌いに行きますよ」と笑顔で付け加えた。完全に引退するのは難しいと思われるが、本気で第一線から退く覚悟を見せつけた。

 1972年のデビューから常に歌手として第一線を走り続けてきた。03年、昨年の暮れと、2度の脳梗塞で倒れたが、そのたびに厳しいリハビリに耐え、不死鳥のようにステージに帰ってきた。

 だが死と隣り合わせの経験をしたことで、限りある人生を心のままに生きたい、という思いが強まったという。西城は「60歳まで頑張って、61歳からは新しいことにも挑戦していきたい。大好きなアートなど、好きなことをきちんとやっていきたい」と話した。

 すでに新たな挑戦は始まっている。この日は「リハビリで履きやすい靴を開発した」と、自身がプロデュースしたリハビリ用シューズが、アシックスから来春発売されることを発表。「自分で経験したから、何かしていきたい」と医療や介護などの分野の活動も視野に入っている。

 還暦まであと2年半。西城は「でも、まずは60歳まで生きないとね」とニッコリ。歌で頂点を極めた男の新たな挑戦から目が離せない。
--------------------------------------------------------------------------------

 「60で引退」って、私も宣言しようと思ってたのに・・・。
 同い年の西城秀樹に、先ゆわれてしもたー。
 でも、「何から引退?」とマジメに問い詰められるとちょっとつらい。人生は35歳で降りてしまったし・・・。私が引退できるものって、ランニングしかないじゃないですか。なんやかんや言いながら、26歳から30年以上も続けてるんですから。

 60歳までは「後期自己ベスト」が更新できると思う。フルマラソンは、今年の東京マラソンの3時間28分を上回るのはもう無理。でも、ハーフ以下はまだまだ縮められる。もっと短いトラックの5000m、1500m、800mはさらに期待できる。具体的には、60歳で5000m19分切り、1500m5分切り、800m2分35秒切り。これが実現できれば、私が目標にしている亀岡の快速ランナー・松本一之さん(61)に勝てるかもしれない。
 勝負できるのは半年だけ。私が60歳になった半年後に松本さんは65歳になり、一つ上のクラスになってしまう。その半年の間になんとか1勝し、晴れ晴れ引退。こうならんかなー。

 ちっせー目標に思われるかもしれないが、トラックを走っている方なら分かりますよね。55歳からトラックを始めた者のもがき苦しみを。

 でも、西城秀樹の記事を読んであせった。「60歳まであと2年半」やて・・・。4月生まれだとこうなるんですね。12月生まれの私も、あと3年2ヶ月。えらいこっちゃー。

 (なお、晴れてランニング引退の暁には、やり投げに専念・・・。ではなく、滋賀マスターズの加古文子さんに弟子入りしてぜひ棒高跳びもやってみたいです。)
--------------------------------------------------------------------------------

【RUN】

 4日ぶりのラン。
 今日の夕方は、台風並みの風が吹き寒かった。よっぽどジャージを来て走ろうかと思ったが思いとどまってよかった。走り出すとすぐ体が温まった。
 今日はゆっくりと5km。行き15分ちょうど、帰り15分18秒で30分18秒。ちょっとゆっくりすぎたかな。
 次の目標は、12月9日の西脇・公認10kmで40分切り。これからは、そこそこのスピードで10kmを走りきる練習もしなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 新しいカメラで初めて夜に写真を撮ってみた。
 フラッシュの威力が強烈。きくの顔が白くなってしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと離れて撮ると、いい感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「おっとこまえー!」

 いや、きくはお嬢でーす。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月17日(水)

死刑囚から臓器移植 [時事]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

今朝、玄関にいたカマキリ

◎京都新聞9月28日朝刊

   謝罪「臓器提供を希望」
        松田元死刑囚、執行直前に

 熊本県宇城市で2003年、男女2人を殺害して現金を奪ったとして強盗殺人罪などで死刑が確定し、27日に福岡拘置所で執行された松田幸則元死刑囚(39)が、事件の被害者、遺族などへの謝罪や臓器提供の希望をつづった手紙を、執行直前に関係者へ送っていたことが分かった。
 手紙の消印は19日付。事件について「取り返しのつかないことをしたと強く後悔している」とし、被害者の冥福を日々祈っていると記述。一方で、独り暮らしをしているという母親のことを気遣い「母のことを思うと申し訳なさと自分に対する腹立たしさから気が狂いそうになってしまいます」と書いている。
 また死刑執行後に「私の臓器を使って一人でも多くの人が助かってくれたら、思い残すことはありません」とし、臓器提供の意思を表明。死刑執行は少なくとも2週間前までに告知してもらい、方法も薬物注射にしてほしいとの希望も記していた。
 死刑制度については「自分がやったことに対してはそれ相応の償いが必要」と、賛成の考えを示し、代替刑として仮釈放のない終身刑を導入することについては「ある面で死刑よりもむごい刑罰」とした。
 法務省などによると、死刑囚の臓器提供が行われたケースはない。死刑執行の告知は直前の当日朝に行われ、執行方法は絞首。拘置施設内に設けられている刑場で執行される。
--------------------------------------------------------------------------------

 最近のニュースで一番心に残ったもの。それは、ノーベル賞でもなく、オスプレイでもなく、大量殺害でもなく・・・、死刑囚の臓器提供。この記事はショックだった。

 「臓器移植」はデリケートな話題である。以前、「臓器移植とあんもちゃん」(2010年8月)という記事を書き、けっこうな論争になったことがある。(ああなつかしい。ふくたママさん元気かな。)

 死刑囚は本人がはっきりとその意思表示をしていても、臓器提供を認められないのか。これは差別ではないのでしょうか。
 死体から体の一部を切り取ってもらうのに、その持ち主がどうのこうのと言ってる場合なんでしょうか。臓器移植上で考えれば、いつ脳死状態になるか分かりやすい死刑囚の臓器は移植には適しているはず。「死刑囚であろうが、いただけるものなら喜んでいただきます」とおっしゃる患者さんはおられないのだろうか。

 私は意思表示カードも持っていません。その代わりにここに書いておきます。
 もし他の人からの臓器移植で命が助かるとしても、私は絶対に臓器移植はしません。今さら、もういいです。
 また、私の臓器は絶対にタダでは渡しません。不幸なワンちゃんネコちゃんを助けてくださる方、またはそういうことにお金を出して下さる方にのみ臓器を提供します(以前と同じ。)
 以上。
------------------------------------------------------------------------------

【RUN】

 月火水と3日連続ランニングはお休み。
 短い距離をぶっ飛ばすのは、長い距離を走るのと同じくらいダメージが大きいと分かった。
 涼しくなってごはんの量が増えてきた。それで走らないもんだから、この3日間で2kgほど体重が増えてしまった。こりゃいかん。明日は走ろうっと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2012


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

大塚正美さん

大塚正美さん

学ちゃんと牧子さんの結婚式・挙式編

学ちゃんと牧子さんの結婚式・挙式編

第14回9の日平和ラン

第14回9の日平和ラン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.