パオパオだより

2012年10月28日(日)

第16回若狭高浜はまなすマラソン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「おう・・・」
 「ああ・・・」

 まさかここで会えるとは。滋賀の「あざいお市マラソン」の役員をしておられる多賀さん。ずいぶん古くからの知り合いである。私が会場をウロウロしているのを見つけて声をかけてきてくださった。

 「今日は商売じゃなくて、走りに?」
 「そうなんですよ。このごろフルとかウルトラはやめて、短いのんばっかり出てますねん。今日は3kmと5km。」
 「2回も走んのん? 元気やなあ。わしとこ親父が倒れてしもて、全然走れてへんねん。」
 「そうなんですか。」
 「今日は、息子と娘のつきそい。」
 「あっ、あの子ら。いくつにならはったんですか。」
 「上が中3で、下が小3。」
 「そうですか。でも、お父さんも走らはんのでしょう。」
 「わしは娘の伴走しょうと思って来たんやけど、娘が一人で走るゆうもんで・・・。」
 「へー、小3で自立してはんにゃ。」
 「そうでもないんやけど・・・。」
 「多賀さんはいくつにならはったんですか。」
 「3。」
 「3て、43?」 
 「なんでやなー。53や。」
 「いやー、わこう見えますやん。43ゆうてもだいじょうぶですよ。」
 「そうかー、何も考えてへんからなあ・・・。」

 私が常々ゆってる「おっとこまえ」は、こうゆう人です。20年ほど前に初めてお会いしたときとほとんど変わっていない、「おっとこまえ」の多賀さんでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ああなつかしい堀越峠。
 京都府と福井県の県境の堀越峠を越えるのは、高校2年の時以来ちょうど40年ぶり。あの時はバイクで通り、下界に民家が見えた時はジーンと来た。
 40年前とほとんど変わってへんなあと思いながら下りてきたら、すごいループ状の新しい道路が建設中だった。これも原発のお金なんかなあと思いつつ・・・。
 道の駅・名田庄で休けいし高浜へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家を出たのが6時半。
 うちのいなか(花背別所)を通り、京北町から162号線。この道はほんんど信号がないので早い。家から約95kmを2時間で。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 若狭和田のはまなす公園に着いたのは、受付が始まる8時半。
 雨を覚悟して来たのだが、到着したときは降っていなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 公園のトイレに入ってビックリ。
 こんなことする人もいるんやー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1.5km、3km、5km、10kmの4種目。全部合わせても800人弱。こじんまりした大会です。
 私は本気の3kmとゆっくりの5kmの2種目エントリー。3kmは自己ベスト、11分24秒の更新。5kmは22分以内くらいでという目標。
 ここは参加費が1500円なので、2種目参加でも安上がり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 時間がだいぶあったので、3kmコースを試走。
 小学校の前には、現在の放射線量が示されていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しっかりと折り返し点も確認。
 天気予報では9時の風速が10mだった。しかし、海沿いは強風、ちょっと入れば微風という状態。(遅かった時の言い訳が見つからない。)

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「良いところ 見つけてほめて ほら笑顔」

 ええ看板じゃー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 和田港の横を通ればゴールまで100mほど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 若狭富士を正面に見ながらのゴール。
 これは気持ちいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「許すな密航 !!」
 さすが日本海側です。

 朝お茶漬けしか食べてきてないので、出店されていたパン屋さんのパンを買って食べた。近くにお店がまったくなかったので、これは助かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地元の消防士さんもアピールランをされるよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1.5kmに出る少年野球の団体。
 砂浜でのウォーミングアップ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時、まずは1.5kmの多賀さんの娘さんの応援。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「多賀さーん、しっかり! ・・・あれ、お父さんも走っとるがな。」
 「○×△■・・・」

 なんかゆうてはったが、よく聞き取れなかった。たぶん、「やっぱりいっしょに走ることにしたわ」という意味でしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは高速連写で撮ってみた。
 あとで確認すると、「このカメラ、どうなっとんじゃい!」
 多賀さん親子が32枚。そんなぎょうさんはいらんどー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 厳選して、この2枚でどうでしょう。
 ああ、多賀さんの住所聞くのん忘れた。思い出の写真になるかもしれんのに・・・。渡せへん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時35分から、3km。
 その30分後に5kmがスタートなのでたいへん。

(注)まだまだ、続きます。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月27日(土)

真樹のラーメン [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 廉は宇治市陸協記録会、ヨメさんは「京都キャロット・産大前店」へ。
 今日のお昼は私と真樹の二人だけになった。外食をしたいところだが、節約節約。今日は真樹がラーメンを作ってくれることになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹も来年4月からは一人暮らしの予定。
 栄養が偏らないように、自分で考えて食事を用意できるようにならなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「できましたー。」
 「いただきまーす。」

 いろいろなものが入っていて、すっごいおいしいラーメンだった。
 「ごちそうさまでしたー。」

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

--------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 今日は午前中。
 3+1+(1000+1000)+1。

 まずは3km、14分41秒。
 1kmスロージョグのあと下り1000m、3分47秒。体に切れがなく、3分50秒は超えたと思ったがなんとか。
 続けて上り1000m、5分39秒。1kmダウンジョグをプラスして、今日は7km。
 この練習、私にはけっこう合っているみたい。

 明日は、3kmロードの自己記録(11分24秒)更新をめざします。

 廉も今日の記録会で、1500m自己記録(4分20秒)を3秒更新したそうだ。
 負けてられん!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月26日(金)

チャラ右翼ヨワ右翼ジジ右翼 [時事]

画像(224x320)・拡大画像(421x600)

◎信濃毎日新聞10月26日朝刊

   石原新党 タカ派路線の危うさが

 東京都の石原慎太郎知事が、知事を辞職し新党を結成すると表明した。「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表らが参加する予定だ。次期衆院選をにらみ、橋下徹大阪市長が率いる「日本維新の会」との連携も視野に、第三極を目指す思惑があるのだろう。

 石原氏の知名度は高いものの、新党の顔触れは新鮮さに欠ける。任期途中で都政を投げ出すことへの批判もある。どこまで有権者の支持を得られるかは未知数だ。

 石原氏は都庁で緊急の記者会見を開き、国政に復帰する決意を述べた。最後のチャンスと勝負に出たとみられる。

 石原氏が掲げた目標は二つある。新憲法の制定と「硬直した中央官僚の支配制度」の改革である。都知事を長年務めた経験から、中央省庁が地方自治を阻害しているといった指摘には説得力がある。半面、現行憲法の否定論には強い違和感を覚える。

 石原氏は最近、「(現行憲法を)廃棄したらいい。改正しないで横に新しい憲法をつくっておいて、しっかりした総理大臣がでてきたら国会にかけたらいい」とも述べている。

 憲法に問題があるとすれば、どこにどのような課題があるのか、一つ一つ丁寧に議論すべきである。諸悪の根源を憲法に求め、改正手続きすら無視するような議論は、あまりに乱暴だ。国政復帰により、改正に向けた動きが加速される懸念が捨てきれない。

 強硬なタカ派姿勢は、外交面にも表れている。尖閣諸島を都が所有すると宣言し、実効支配を強める計画を打ち上げた石原氏である。国民には賛同する声も少なくないが、国家間の外交では、あらゆるリスクを想定した周到な準備と交渉が欠かせない。

 相手を刺激する石原氏のストレートなもの言いは、国際関係に無用なあつれきを生む恐れがある。国政復帰に対して、経団連の米倉弘昌会長が「具合が悪い」と否定的な見方を示したのも、石原流のやり方に不安を覚えたからだろう。石原新党の外交政策を慎重に見極める必要がある。

 永田町に解散ムードが高まり、政治家の生き残り策や政界再編の動きが盛んになっている。

 肝心な政策が後回しになってはまずい。東日本大震災からの復旧・復興をはじめ、原発と将来のエネルギーの在り方、社会保障の将来像、消費税問題など、政治の課題は山積している。各党には政策の座標軸をはっきりと打ち出すことを、あらためて求めたい。
--------------------------------------------------------------------------------

 我ながら、リズム感のあるいいフレーズを思いついた。
 「チャラ、ヨワ、ジジ」。
  
 誰も書いてないが、ジジ右翼さんは45歳にしてフットサル日本代表に選ばれた彼に触発されたのではないだろうか。テレビで何回も流れてますよね。「(Jリーグの)歴史はここから始まった・・・」サッカー界の45歳は政界の80歳くらい・・・。いや、これは絶対に政界に行かない彼に失礼でした。

 実際は、「あんなチャラい奴や、あんな弱い奴が党首として人気を取れるのなら、この歳でも十分人気は取れる」と思われたのでしょうね。ああ、右翼花盛り、選り取りみどり・・・。

 一つだけ救いは、選挙の投票数がもっとも多い団塊の世代(私の7、8歳上)に右翼支持者が比較的少ないことでしょうか。
-------------------------------------------------------------------------------- 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【RUN】

 ついこないだまで暑くて走りに出るのがいやだったのに、もう寒くて走りに出るのがいやになってきた。今日もサボろうかなあと思ったが、明日は廉の記録会。いい記録が出ることを祈りながら走ろう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもの5kmコース。 
 行き13分41秒、帰り13分33秒で27分15秒。
 ( この写真は別。きくはいっしょには走っていません。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 廉は明日は1500m。
 自己ベスト4分20秒を上回るのが目標らしい。( ちょうど私より1分速い。)
 しっかり!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月25日(木)

だれが112000円も出す? [マラソン評論]

画像(268x320)・拡大画像(300x357)

( ウィキペディアより)

◎京都新聞10月25日朝刊

   京都マラソン無抽選枠「スポーツ振興ランナー」に変更

 来年3月の第2回京都マラソンで京都市に10万円以上を寄付した人に与える無抽選出走枠について、市などでつくるマラソン実行委員会は24日、名称を「チャリティーランナー」から「市スポーツ振興サポートランナー」に変更することを決めた。

 寄付枠は今年3月の第1回大会で想定以上に経費が膨らんだため、寄付を大会運営費に充てようと市が新設。スポーツ施設整備などに充てる「市スポーツ振興基金」に10万円以上を寄付すると、抽選無しで出走権が得られるようにした。2人1組のペア駅伝も含め500人分枠を用意し、5千万円の収入を見込んでいる。

 しかし、名称をめぐり、当初決めた「チャリティー」の表現が慈善活動への協力と誤解を招くとして、開会中の9月市議会が名称の表現や周知方法の再検討を求める決議を可決。市にも「寄付が東日本大震災の被災地支援に充てられるのか」とする問い合わせが寄せられていた。

 このため、「チャリティー」という表現を使わないことにした。ただ、寄付枠への申し込みは24日現在、32人分にとどまっている。

 市は「倍率3・3倍の一般枠の当選者が決まった後に落選者から申し込みがあるとみている。あらゆる機会を通して制度周知に努めたい」としている。

 一般枠ランナーの抽選結果は今月29日に発表する。
--------------------------------------------------------------------------------

 「市スポーツ振興サポートランナー」とは・・・。長すぎる! センスなし。
 私が名付けるなら「特権ランナー」。
 無抽選という特別な権利をもらうのだから「特権ランナー」でいいでしょう。札束で出走権利をゲットですから、「特権」という言葉のイメージにピッタリ。でも、これではますます応募者が尻ごみするか・・・。

 あっ、いいのん思いつきました。
 「S枠ランナー」でどうでしょう。「S枠」の「S」は、もちろんSpecialのS。これだと肩身の狭い思いはしなくてすむかも。

 ただ、抽選に落ちた人が10万円+1万2千円出してまで出ようと思いますかねえ、500人近くも。見通しが甘い。
 
 ここで提案。
 「S枠ランナー」の参加費は、1万2千円×3.3(競争倍率)で4万円でどうでしょう。これでもう一つスペシャル特典(たとえば、大会記念限定ブレーカーとか)を付けてくれたら、そんなに高くはない。この枠を1250人とれば、予定通り5000万円ゲットです。

 ついでに「A枠ランナー」も作りましょう。この「A枠」の「A」は、特に意味なし。演劇とかの「S席、A席」をまねただけです。
 この「A枠」は積み立て方式。毎年1万円ずつ積み立てて5年で5万円になったら、無抽選で出場。これ、かなりいい案だと思いますけど。

 「『京都、大阪、神戸』と(それぞれ)一回でええし出たいなあ。」
 これが多くのランナーの願いです。毎回当たり外れを楽しみたい方は別ですが、フルマラソンは普通はだいぶ前から計画を立てて出場するもの。出れるかどうか分からん大会なんて、私は応募しようとは思いません。

 さあ、頭カチカチのみなさん。私の意見は参考になりましたでしょうか。

 あっ、S、Aとくれば「B」。
 一般枠ランナーをいっそ「B級ランナー」と呼べば・・・、「しばかれる!」
 1万2千円も出して「B級」呼ばわりはないわなあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月24日(水)

鴨川10km・2回目 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は真樹の中間テストの最終日。そのあとは、毎回恒例の「お疲れさんランチ」。
 ということで、10時前に真樹を高校に送っていき、そのあと鴨川へ。
 先週の土曜日と同じ、1.4km+10km+1.4kmの練習。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こないだは気温が25℃近くまで上がり、息苦しかった。目標にしていた46分前後にはほど遠く、49分34秒もかかってしまった。5kmばっかり走っていたので、10kmがすごく長くて・・・。
 しかし、今日は涼しい。鴨川に着いた時点で16℃ほど。
 シューズもGT2150からアディゼロタクミ・レンへ。
 まずは1.4km、6分38秒。足が軽く上がるような気がした。

 10kmコースを4分割したそれぞれの区間で30秒ずつ縮めたら47分台。そこからもうちょっとがんばれば、こないだの目標46分台に届く。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 丸太町橋、11分18秒。
 涼しくて走りやすい。

 荒神橋の上流の飛び石を小さな子たちが渡っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出雲路橋(約4.9km)、23分03秒(11分44秒)。
 ここまでで、こないだより2分近く速い。いい感じ。

 今日は、保育所の子どもたちとたくさん出会った。お散歩日和だったんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 御薗橋、35分16秒(12分13秒)。
 北風が強くなってきたががんばった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール、46分26秒(11分09秒)。
 こないだより3分以上短縮。2回目にしてはがんばりすぎかも・・・。次がたいへん。

 今日走っていて気づいたこと。
 今、鴨川のランニングコースはボコボコ。以前の大雨のときに土が流れてしまってそのまま放置。視覚障害のあるランナーもたくさん走られているコースなのに、これでは・・・。
 京都マラソンのコースとしても使用されているので、試走されているランナーもあるだろうに。これではがっかりでしょうね。しっかりお金をかけて直す気はないんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、あと4分半縮めたら41分台か・・・。行けるね。
 これからもっと涼しくなってくるし。ちょびちょび縮めよう。

 1.4kmコースを逆走して今日の練習は終わり。

 いったん家に帰りヨメさんを乗せて高校へ。
 真樹を乗せ、そこからすぐ近くの「びっくりドンキー」さんへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずは返してもらったばかりの「模試結果」の分析。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここのランチはだいたい700円くらい。
 私は、パインバーグステーキセット(732円)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ドリンク類は126円。
 私はここのちょっと苦めのコーヒーが大好き。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 廉も来れたらよかったんやけど、学内でバイトがあるらしい。
 次は4人そろって来ようぜ!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年10月23日(火)

すべての「犬猫」に謝罪を! [時事]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「きくちゃん、だーいすき!」

◎毎日新聞10月23日朝刊

   「謝り方も知らない鬼畜集団」
          週間朝日おわび 橋下氏が公開謝罪要求

 橋下徹大阪市長は22日、自身の出自に関する週刊朝日の連載を巡り、おわびが掲載された同誌が市役所に届いたことを明かし、「謝り方も知らない鬼畜集団」などと批判、公開の場で直接謝罪するよう求めた。記事を執筆したノンフィクション作家の佐野眞一氏に対しても「佐野を(社会的に)抹殺しに行かないといけない」などと激しい言葉を並べた。

 市によると、同誌を発行する朝日新聞出版の社員が22日に市職員に手渡したという。橋下氏は大阪市内で記者団に「僕は子供に、謝る時は週刊誌を送りつけて終わりという育て方はしていない」と批判。同誌が橋下氏の実母に、記事を掲載した週刊誌を送り、取材を求めたことを明らかにし、「人間じゃない。鬼畜、犬猫以下。矯正不可能だ」などと激怒した。また、佐野氏についても「向こうはペンの力で僕(や家族)を殺しにきた。佐野を抹殺しに行かないといけない」「僕と同じくらい異常人格者だ。佐野のルーツを暴いてほしい」などと話した。

 連載は同誌が10月26日号で始めた「ハシシタ 奴の本性」。同誌は2回目以降の連載休止を決めている。23日発売の11月2日号では2ページにわたる「おわび」を掲載した。【原田啓之】
-------------------------------------------------------------------------------

 もう橋下氏ネタの記事を書くのはやめようと思っていたが、これは黙っていられない。
 「佐野氏を抹殺しに行かないといけない」という発言は、普通なら十分警察の取調べの対象になるものだと思うが、大阪市長という立場を利用してお咎めなし。

 私がカチンと来たのはそこではない。
 「犬猫以下」ってなんですか!
 犬や猫はもともとさげすまされる存在で、週刊朝日の関係者はさらにそれ以下という表現。自分が批判するときに、批判対象と全く関係ないものを引き合いに出し怒りまくるという手法。橋下氏は「頭がいい」との評判だが、私はこれは頭のいい人の手法とは考えにくい。
 今回の抗議は差別の問題も絡んでのものだと思うが、その当人が「犬猫以下」という表現で抗議をしているのはなんかおかしい。もちろん、「犬猫」も「人間」も平等なんて言うつもりはありませんが・・・。テレビから彼の「犬猫以下」という発言が流れるたびに、心臓がドキドキし悲しくなり凍り付いてしまう。

 「僕は子供に、謝る時は週刊誌を送りつけて終わりという育て方はしていない」と批判したそうだ。しかし、「人間じゃない。鬼畜、犬猫以下。矯正不可能だ」というののしり方は教えているのだろう。
 小さいときに犬や猫に出会った子は、そこからいろいろなことを学んでいくと思う。いいことばかりじゃなくつらいことも含めて。私もそうだった。楽しいことをいっぱい経験させてもらい、ちょっとだけつらいことも味わった。いくつになっても、今まで出会ったワンちゃんネコちゃんのことは忘れられない。私の人格形成の半分くらいは「犬猫」関係からと言ってもいいかもしれない。

 自分の父親が人を批判するのに「犬猫以下」と表現する。その子たちは、「家族を守るため」という理由で父がそう言ったと納得できるのだろうか。その子たちが犬や猫と楽しくかかわりあえるだろうか。これは言葉使いの問題ではない。ふだんの生活態度から自然と出た言葉だろう。

 そういう言い方をする人を批判しても仕方ないのかもしれない。ただ、犬や猫との楽しい経験がないだけなのかもしれない。しかし、どんな扱いを受けても「犬猫」は自分では抗議できない。少数派切捨て政策ばく進中の彼の目が、「犬猫」切捨てに向かわないように祈るばかりである。

--------------------------------------------------------------------------------
【追加】

 橋下氏の今日午後4時のツイッターより

【訂正・お詫び】連載第一回の週刊朝日を、週刊朝日サイドが実母に送り付けた事実は
存しませんでした。現物は実妹が購入してきたものです。
週刊朝日サイドから実母へ送ってきたのは連絡が欲しい旨のレタックスで、
当該週刊朝日発売日前です。
https://twitter.com/t_ishin/status/260635398886273024

週刊朝日発売日当日、同じマンション内に住む実母が実妹が購入した週刊朝日と
レタックスを僕のところに持ってきました。僕も登庁前だったので実母の話を早とちりし、
週刊朝日の現物とともにレタックスを送ってきたと勘違いしました。
https://twitter.com/t_ishin/status/260635879683522560

事実を訂正するとともに、このような誤った事実認識のもとに、
週刊朝日を鬼畜集団と批判したことは申し訳ありませんでした。
以後、公言する際は、しっかりと事実確認をしていきます。
https://twitter.com/t_ishin/status/260636255430270977
--------------------------------------------------------------------------------

 「鬼畜集団」と批判したことは謝罪されたが、「犬猫以下」については何もなし。

 「犬猫以下と批判したことは申し訳ありませんでした。犬猫のみなさんやそれ以下のみなさんに不愉快な思いをさせてしまったことについて謝罪します」くらい言ってほしかったなあ。

 橋下氏がチンピラ弁護士としてテレビで活躍されていたときと政治家になられてからの一番のちがいは、ユーモアのあるなし。あのユーモアを思い出す余裕ができたら、もうちょっと人気が回復すると思いますけど。私から見ると、常に何かにビクビクされているようにしか見えないんですけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【追加写真】 
「何で変な写真ばっかり載せるの! もっといい写真あったやろ!」
 ヨメさんに怒られました。
 これはどうでしょう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2012


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

コブシラン

コブシラン

宝ヶ池インターバル復活

宝ヶ池インターバル復活

「沖縄100キロ」に向けて

「沖縄100キロ」に向けて

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.