パオパオだより

2012年09月15日(土)

マラソン大会から車イス使用者を排除することは社会から排除するのと同じではないのか [私の好きな人]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

どんぐりコロコロと遊ぶきくちゃん

 9月11日(火)、下山さんに京都マラソンへの参加希望の意思確認のメール。
 9月12日(水)、下山さんからお返事。「参加可能なら、参加してみたいです。」
 9月13日(木)、「ふつうの車イスランナーSさんを京都マラソンに!」という要望メール作成。下山さんに目を通してもらったあと大会実行委員会に送ろうとしたが、メールアドレスが記入されておらず。仕方なく、「京都いつでもコール」にメールを送付。

 9月14日(金)、「京都いつでもコール」より返信。

 この度は、「京都いつでもコール」にお問い合わせを頂戴し、ありがとうございます・
 いただいた内容につきましては、後日、京都市役所の担当部署から、お返事させていただきます。
 なお、返答に際しましては、事実確認や調査などで概ね2週間程度のお時間を要しますが、案件によっては、さらにお時間を要する場合もございますので、ご理解いただきすようお願いします。
     ◇     ◇     ◇

 去年は要望書を手書きし、大会実行委員会にFAXで送った。すると、2日後にFAXでお返事を下さった。
 今年は長文になりそうだったので、初めからメールで送るつもりだった。ところが実行委員会のメールアドレスが書かれていない。初めから作戦失敗だった。
 さあ、やり直し。「京都いつでもコール」に送ったメールをプリントアウトして、実行委員会にFAXしよう。京都マラソンの応募締め切りが9月21日だというのに、「返答は概ね2週間程度、さらに時間を要する場合も」って!

 それにしても、「京都いつでもコール」とはうまく考えた名前だ。「いつでもコールしてください、ただし返事は忘れたころしかできません」て。

 なんにもいちゃもんつけているわけではないのに。
 ごくふつうの生活をされている下山さんが、車イスを使用しているという理由だけでマラソンへの応募さえ拒否されている。
 参加資格の【1】1994年4月1日以前に生まれた方、【2】5時間40分以内に完走できる方の両方を楽々クリア。ところがその下に小さく「マラソン、ペア駅伝に車いすでの参加はできません。」つまり、【1】【2】をクリアしていながら京都マラソンに応募さえできないのは、日本中でただ一人、下山さんだけと言ってもいいかもしれない。
 これをおかしいと思わない人のほうがおかしいと思うのですが・・・。

 何十年も前は、マラソンは競技者だけのもの。それから徐々に一部愛好者に広まっていき、いまや練習さえ積めばだれもが大会に出られるようになった。そう、今はよほどの理由がない限り「だれもが」という原則を崩してはならない。
 ましてや、主催の一番目が「京都市」で、「健康都市・京都」や「共汗」(現市長発案の造語)をキャッチフレーズにしている京都市のマラソンなら。

 「マラソン大会から車イス使用者を排除することは社会から排除するのと同じではないのか 」という姿勢で、これからも粘り強く働きかけていきたい。


 

 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2012年09月14日(金)

Say Shoeさん、ご来店 [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ランナーズ9の会」のSay Shoeさんがご来店。
 埼玉にお住まいだが、あさっての「丹後100kmウルトラ」に出場のため京都に来られた。私とは、3年前の7月の「神奈川反核平和マラソン」でお会いして以来。
 Say Shoeさんは、今回の「ランナーズ9の会オリジナルTシャツ」をだれよりも早く5枚も注文してくださった。これはお礼に京都案内でもしなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 Say Shoeさんは数年前まで中学校の先生をされていたので、修学旅行の引率として京都の有名なところはほとんど回られたようだ。
 これは、「This is ANABA!」というところを紹介しなくては。

 と言っても、実は私も京都はよう知らん。
 くわしいところは、「京都キャロット」より北。
 鞍馬には行かれた事がないとおっしゃったので、そっち方面に行くことにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 パワースポットでパワー注入!

 「藤井さんも、どうぞ。」
 「いや、私、もうパワーいりませんねん。あとは、ヨメさんが逃げんようにと願うだけです。あっ、まちがいました。ヨメさんから追い出されんようにと願うだけです。」

 「でもよかったじゃないですか、いい人とめぐり会えて。」
 「そうでしょ、そのとおり。ほんまによかったです。でも、ヨメさんはえらい目に合わされたゆうてます。」
 「へー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、鞍馬のあとは・・・。
 これぞANABAの花背に行きますか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大悲山口で、おばちゃんが一人でやっておられる山菜料理の店「はしもと」へ。ところが運悪く、今日は定休日。仕方ないので八桝の「交流の森」へ。その中の「翠峰荘」さんで食事。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 Say Shoeさんは「カレー雑炊鍋」、私は「地鶏親子丼」。とちらも980円と安かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここも閉まっていたら、もう食べるとこがなかった。まあまあおいしかったのでよかった。

 外は雨。鞍馬山に登っているときはお日様ガンガンだったのに、こちらでは寒いくらいだった。Say Shoeさんも「ふーふー」言いながら食べておられたが、あったかいものでちょうどいい感じ。

 いい天気ならこのあたりを散歩するのだが、天候も思わしくないので帰り道につくことにした。

 「90歳の父が家にいたら、寄って行きますか。」
 「それはぜひ。私のハーモニカを披露させてもらいます。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家の前まで戻ると、ちょうど父が表に出ていた。
 Say Shoeさんのお父さんも、戦時中揚子江近辺に出征されていたそうだ。私の父と話す取っ掛かりができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 父は、お上品なお客様は大好き。
 Say Shoeさんの奏でるハーモニカの音色が、いつまでも父の家にひびき・・・。

 Say Shoeさん、本当にありがとうございました。これで、また地域最長老の父の寿命が延びました。
 あさっての「丹後100kmウルトラ」、しっかり!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2012年09月13日(木)

仰げばパレード2012 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「○○高校でございます
  ○○高校はいい高校でございます
  生徒はみんないい生徒でございます
  先生もみんないい先生でございます
    ・
    ・
    ・

 思わず「プッ」とふき出しそうになった。
 でも、卒業を控えた3年生が街角に向かってこう語りかける姿はすがすがしいものだった。

 真樹の高校の文化祭では、3年生は各クラスでテーマを決め、山車を作り、おそろいのTシャツやポロシャツで街をねり歩く。これが「仰げばパレード」だ。私の8歳上の姉も、45年ほど前に経験したはずである。この高校の名物行事と言っていい。

 真樹は1組なので先頭を行く。その先頭でのクラスメイトのアナウンスが「○○高校でございます・・・」だった。先陣を切るには最高のパフォーマンスだったと思う。  

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1組のテーマは「先生と生徒像」というようなものであったようだ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 真樹もいい笑顔で学校をスタートしていった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 高校をスタートし、河原町通を南下、河原町丸太町を東進。
 熊野神社で左折し、北上。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私はパレードの写真を撮りながら並走。
 ただし、生徒さんの顔が写っているものは問題があるのでアップできず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京大病院前で、こんな写真も撮ったりして・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 写真屋さんも撮ってだいじょうぶですよね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京大病院の先で、給水休けい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 写真を撮っていると、「私の写真も撮ってー」。

 えっ?
 この高校のお母さんに知り合いはいないし、第一「写真撮ってー」て?

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 あらま、あーちゃんのおかあさん! (あーちゃんは真樹が中3のときの同級生。)
 なぜか、よく街中で偶然会うんですよねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 休けい場所でパレードとはお別れし、高校まで走っていくことにした。
 東大路通を百万遍まで。左折して西進。
 河原町今出川を左折し南下。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 荒神口まで約2.5km、16分。
 初めの分とこのあともちょっと走ったので、全部で5kmということにしておこう。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 構内で待っていたヨメさんと合流。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 歴史と風格のある校門前で記念写真。
 来年校舎の建て替えがあるらしく、この校門もどうなることやら。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 荒神口までお出迎え。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 真樹は「全然しんどくなかったし、すごく楽しかった」ということです。
 いい思い出ができたね。
--------------------------------------------------------------------------------

【RUN】

 調子に乗って、夕方もラン。
 下り1000m+上り1000mの練習。

 1kmアップのあとの1本目、3分52秒+6分08秒。
 ほとんど休まず続けて2本目、3分48秒+5分59秒。
 3分50秒を切れたので満足。
 中距離らしいダイナミックなフォームで走れただろうか。
 1kmダウンをプラスで合計6km。

 お昼の5kmと合わせて全部で11km。
 なかなかいい練習ができた。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年09月12日(水)

脱原発のジレンマ [時事]

◎ゼファー750さんのブログ「田舎に暮らしたい!」9月10日の記事より全文引用

 「フェイスブックからシェア!」

狩●   ●
「あなたがたのような散々世話になってきたくせに恩を仇で返す意味の
脱原発には賛同できません。」
フィードを読ませていただいていたら、こんなコメントの書き込みを
みつけました。僕よりちょうど20歳若い男性の書き込みでしたが、
ようは、資源の無い日本という国で、散々原子力発電の恩恵を受け
取ってきたのに、自然災害が原因で原子力発電所の事故が起こっただけで、
手のひらを返すようにあれは「政府が起こした人災」だとさけび脱原発を
主張するのはおかしい・・・(そもそも自然災害に人は抗うことはできない
のだから)恩をあだで返すとはなにごとか。というような主旨ですね。
彼の勉強不足が随所に露呈するのですが、その日本人的な発想、意外に
多いのかもしれませんね。ちなみに、僕が反論するとすれば、次のような
ことになるでしょうか。

1.彼は資源が無いというけれど、火山列島日本には地熱エネルギーがあり、
地熱発電は日本の技術として海外に輸出していますし、風力発電だって
洋上発電で原発数基に相当するものが開発されていますし、四方を海に
囲まれた日本ならではの波動発電なんてのも技術は確立しています。
それを、原子力に拘るあまり使ってこなかったのは歴代の日本政府ですし、
電力会社です。
...すでに各地で実験的な利用が始まっている用水路を利用した
小規模水力発電とか、町内会をカバーする規模の太陽光発電とか、
原子力発電を止めても必要なエネルギーを確保する道筋は明らかに
なっていると思います。

2.彼のいうとおり、原発事故は政府が起こしたのではありません。
一民間企業である東京電力が、地震と地震による津波による被害の
危険性を何度も指摘されながら、その影響を軽視、適切な対応をとって
こなかったことによる事故であり、人災です。
彼の言うとおり、自然に抗うことができない人間が、放射能という
自然界で最も厄介なエネルギーをコントロールすることはできないのです。
その意味では彼の発言は自己矛盾を内包しています。

3.彼は知らなかったのかもしれませんが、ずっと、原子力政策・
原子力発電所に反対する運動はあった。僕も、学生時代から原発反対の
立場です。手のひらを返したように脱原発を叫んでいるわけではありません。
311で、ずっと指摘した原発の問題が正しかったことが明らかになった、
だから何故原発を止めきれなかったのかという自戒もこめて同じ過ちを
繰り返さないよう『脱原発』を叫んでいるのです。
そこに、事故を経験して、原発の怖さに気づいた人たちが合流し、
大きな流れができたのです。その民意を無視しているのが野田内閣です。

4.「恩をあだで返すのか」ここが一番厄介です。日本人的な感性の部分
ですからね。それを言うなら、豊かな自然の恩恵をいただいてきた人間が、
その豊かな自然を破壊する放射能をばら撒くことこそ、「恩をあだで返す」
行為だと僕は思います。

いずれにしても、原発反対運動はこれからが正念場です。


------------------------------------------
この文章に対して私のコメは

薬害の運動でもこれとほぼ同じ論理で因縁 をつけてくる人がいて困ってし まい
ます。このような人は確かに多いですね。 私は(独断と偏見では)人類が科学
技術を受け入れる時 には斜に構えているべきだと信じています。そんなものな
くともちょっと不便でも自然のままがいいんだけどな!っ と。ただ科学が進み
便利になった、時間も限られており有 効に使いたい。ならば人類共通の財産と
なったその科学的 事実とやらを使ってやってもいいぞ。周りに迷惑を及ぼし た
りしないことさえわかればね。くらいの態度が正しい科 学との接し方と思って
います。一科学者のはしくれとして、 科学に対する主人は人間だと思っていま
す。人類を幸せ にしない科学技術なんてものは糞くらえです!


このようなものでした。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(320x214)・拡大画像(400x268)

 この記事にコメントを入れさせてもらった。

 おひさしぶりです。京都のパオパオです。
 今日の記事は、ゼファー750さんのクリーンヒットです。
 「今まで散々原子力発電よって作られた電気を消費し、今も使っているものがなにをえらそうに言う」と言われたときうろたえていました。しかし、この分かりやすいていねいな説明を読んですっきりしました。ありがとうございます。
 私のブログに、この記事を全文引用させてもらってもいいでしょうか。(クリックでリンクさせてもらっても、なぜかあまり見てもらえないので・・・。)
     ◇     ◇     ◇

 「ジレンマ」という言葉もいまや死語でしょうか。

 ジレンマ、ディレンマ (dilemma) とは、
ラテン語、ギリシャ語においては2つの仮定や前提(di-lemma)から導き出される矛盾や障害や問題を意味し、日本語では「両刀論法」[1]という。「進退両難」、「板ばさみ」という「二方向のどちらも行けない」、「二方からの相容れない要求によって身動きが取れない」といった表現も表記されている。転じて「抜き差しならない羽目」や「窮地」という意味にも使われるようになった。
ある問題に対して2つの選択肢が存在し、そのどちらを選んでも何らかの不利益があり、態度を決めかねる状態。
哲学・論争などの分野では前提を受け入れると2つの選択肢の導く結論がともに受け入れがたいものになることを示し、議論の相手を困らせる論法。

のいずれかを指す。(ウィキぺディアより)
     ◇     ◇     ◇

 脱原発運動がたとえ「板ばさみ」であろうと、自分の頭でよく考え、自分のできることを見つけて行動していこうと思う。
------------------------------------------------------------------------------- 

【RUN】

 日曜に炎天下を18kmも走り、「もう当分走りたくない」と思った。
 月火と休んだが、今日も走らないとかえってこのあとがしんどそう。
 最短3kmコースへ。15分23秒。まあまあ走れた。
 1kmスロージョグをプラスし、今日は4km。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年09月11日(火)

なぜ車イスだけが、ダメなんでしょうね [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

マラソンに挑戦する会 (金沢・犀川河川敷、2011年5月3日)

 京都マラソンの参加申し込みの締切日(9/21)が近づいてきた。今回は自分の申し込みをする気はまったくない。しかし、前回同様、参加申し込みすら拒否されている方がある。
 マラソン大会の値打ちは、その大会に出たいと強く願う人が出られ、完走できるできないにかかわらず満足して帰ってもらえることであると思う。

 私の友人である東京の下山さんは、競技用ではなくふだんの生活用の車イスでフルマラソンを完走してしまわれる方である。私は目の前で、4時間台後半のタイムで何度も完走される姿を見ている。その下山さんの希望は「公道を使ったフルマラソンを完走したい」というものだ。
 しかししかし、なんやかやと理由をつけられ、下山さんはその参加権利を得るための抽選にすら参加させてもらえない。他の障害については一切不問であるのに、車イスでの参加のみ不可というのは・・・、「差別」ではないのでしょうか。
 去年京都マラソンに問い合わせたときの実行委員会さんのお返事は、「安全に走行できない」からというものだった。でも、「安全に走行できない」なんて勝手に決め付けるのは、下山さんに大変失礼なことだ。もしそう思われるのなら、そうならないように一つ一つの懸念を解消する手立てを考えるべきである。何の手立てもせずに門前払いはひどすぎる。
 確かに、福王子まで上り坂や松ヶ崎のきつね坂、でこぼこの鴨川河川敷を普通の車イスで通るのは至難の業である。それを心配されるのは理解できないこともない。でもよく考えてみてください。あの人は「普通の車イス」で何回もフルマラソンを完走されている方なんですよ。障害者スポーツの関係者の方にお聞きしても、今までそんな方は聞いたことがないと言われるような方なんです。完走できるかどうかは分からないけど、きっと完走めざして苦心工夫努力されますよ。
 「健康都市・京都」とか言っておきながら、たった一人のマラソン出場を願う人を門前払いしてしまうなんて・・・。どう考えてもおかしいでしょう。

 今日やっと、下山さんに連絡することができた。
 「今年も交渉してみようと思っているんですが、ご迷惑ではないですか」と。
 そのお返事は、こちらがすごくわくわくしてしまいそうなものだった。(以下、一部抜粋)

 「風穴をあける活動に脱帽しています。
  なぜ車イスだけが、ダメなんでしょうね。と不思議に思う今日この頃です。

  京都マラソン、とても興味深いですね。
  参加可能ならば、参加してみたいです。

  6時間の制限であれば、完走可能と思います^^;
  他ランナーとの接触云々については、大声を張り上げて危険回避可能と思います。
  自転車用のベルも付けていますし問題無いと思います。
  もし、参加可能ならば……、と思いますのでよろしくお願いします。」

 一番うれしかったのは、「大声を張り上げて危険回避」というところ。カチカチの実行委員会さんに聞かせてあげたい。マラソンて、こうやっておおらかに楽しむもんですよ。

 マラソン大会のお世話をするのも人間だし、出場するのも同じ人間。できる限りいろいろな人が出場できて、みんなで楽しめたほうがいいじゃないですか。
 「ああ、大声を張り上げながら普通の車イスで京都マラソンを快走する下山さんの姿を見てみたい。」

 明日、さっそく働きかけをしようっと。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

九条ランin京都・交流会 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「九条から九条へ古のロマンをもとめて! in京都」は、午後1時20分、地下鉄九条駅にゴール。そこからゆっくり歩いて京都駅へ。京都タワーホテルの地下の銭湯で入浴後、その上にあるチャィニーズ・レストラン「塔苑」さんへ。
 用事があり早く帰られた方も数名あったが、交流会にも35名ほどの方が参加。3時開会予定でしたが、みなさんお腹ペコペコのどカラカラ状態で、待ちきれないといった様子。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は、この日のために間に合わせた「ランナーズ9の会オリジナルTシャツ」を売りさばかなくては。いつもとちがうプリント屋さんに注文を出したので、代金は先払い。「京都キャロット」からの持ち出し金分だけでも早く回収しないと、またヨメさんに怒られるー。
 「アンタは儲けにもならんいらんことばっかりして・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「9ちゃんの退職金を前借して、みなさんに『9条せんべい』のお土産を」と尼崎の酔うたろう君。遠くから参加の方には大きいのを、それ以外の方は小さめのを。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日入会してくださった押本さんも、鳥取からの参加なのでもちろん遠来賞です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日のためにいろいろと準備してくださった、京都の神ちゃんとハッチャン。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ハッチャンは交流会の司会までしてくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ランナーズ9の会」の9ちゃんから初めのあいさつ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 Yシュガーさんの「カンパーイ!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中華料理はビールがグイグイといける。
 私はのどが渇いていたので、最初の2杯をあっという間に飲み干してしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 Yシュガーさんが持って走られた「平和憲法9条を守ろう」の旗。長身の彼が持っておられたので、こちらもかなり目立ってました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今回のコース決定に力を貸してくださったかわせみさん。くわしいコース図も一人一人に配ってくださり、本当に助かりました。ありがとうございました。またの機会があれば、よろしくお願いします。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都から参加の4人が紹介され、ひと言ずつ自己紹介。
 私の自己紹介は・・・。

 「京都キャロット」の藤井です。
 もう21年も前にも退職して、それからずっとヨメさんに食わしてもらっています。今は、早朝のバイトと「ねっとわーく京都」という月刊誌の連載の原稿料だけが収入です。この「ねっとわーく京都 」は京都市職労」が編集している月刊誌で、京都市政の表もうらもよく分かるいい雑誌です。なんと言っても、私の連載「憲法9条+ランニング=パオパオと言われる日をめざして」、これはためになる。500円とちょっと高い感じがするし、京都以外のところでは手に入らないかもしれませんが、定期購読もできますのでぜひ読んでください。
 この「ねっとわーく京都」の読者で知っている人は、今まで、私の兄と私の最後の教え子と「ランナーズ9の会」のまっちゃんと3人だけだったんですけど、今日スタート前の京都駅でもうお一人判明しました。京都の「オットエッセイ」さん(写真真ん中)です。ぜひこの会の中でも読者を増やして行きたいです。
 あっそれから、ランナーズ9の会オリジナルTシャツをたくさん作らせていただきましたので、みなさん買ってくださいねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 押本さんの自己紹介。
 押本さんの一番いいところは、私は「お上品」なところだと思います。
 私の知り合いが入会してくださってすごくうれしい。何年でも待ってみるもんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 山下けいきさんの自己紹介。
 先週金曜から始められた「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動、略してイバキン(茨金)、の宣伝もしておられた。みなさん、金曜夕方6時は、阪急茨木市駅東口へ。
 
 今日は、「脱原発」のゼッケン止めも紹介していただいた。山下さんが入っておられる大阪のランニングクラブのお知り合いが作っておられるそうだ。
 山下さんに買っていただいたTシャツはLサイズですが、ちょっと小さかったかも・・・。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 シャンソン歌手・堀田さちこさん登場。
 9ちゃんたちとはかなり古くからのお友だちらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 シャンソンだけではなく童謡も。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こんな目の前できれいな歌声を聞かせていただいて、すごく得した気分。

 このあと私は眠ってしまったようで、以下数枚の写真は撮った覚えがなく・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6時、お開きに。
 私はだいぶ酔っていた。たぶん、みなさんとちゃんとお別れのごあいさつをしなかったように思う。ずいぶんと楽しませてもらったのにすいません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰り際、私の大事な4番目の読者「オットエッセイ」さんと記念写真。
 憲法九条を守るため、これからもいっしょに走りましょう。どうかよろしくお願いします。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2012年09月10日(月)

九条ランin京都(6)南座前〜九条駅 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

九条ランin京都(5)平安神宮〜鴨川河川敷 [ランニング]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

九条ランin京都(4)水路閣〜九条山 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 神奈川から参加してくださったYシュガーさん。私とは3年前の「反核平和マラソン神奈川」でご一緒させてもらって以来。
 それよりなにより、今回作らせてもらったランナーズ9の会オリジナルTシャツのデザイン製作者。だいぶ前に考えてくださったものを、今回つかわさせていただきました。
 ありがとうございます。すごくいいTシャツが来上がりました。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ランナーズ9の会の9ちゃんを中心に、尼崎の酔うたろう君とYシュガーさん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

■南禅寺水路閣(京都観光Naviより)

 琵琶湖疏水の分線(蹴上以北)にある水路橋で1888年(明治21)完成。南禅寺境内を通過するため、周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。全長93.2メートル(幅4メートル、高14メートル)レンガ、花崗岩造り、アーチ型橋脚の風格ある構造物で、静かな東山の風景にとけこんでいる。市指定史跡。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うーん、ここも京都マラソンで通れたら・・・。
 きっと、みなさん喜ばれるだろうに。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここで、みなさん写真を撮ったり撮られたり・・・。
 しっかり休けいしてから再スタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 南禅寺水路閣あたりで、全行程18kmの半分の9km。
 次にめざすは九条山。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 11時27分、九条山到着。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 京都の通りの名前から言うと、ここはx三条通の延長になるのだが、なぜに「九条山」?
 何の根拠もないのだが、私は「九条」さんというおえらい方のお名前と関係があるんじゃないかと思っているんですが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自転車でも上るのがえらい坂。
 これで、折り返し点の九条山に全員勢ぞろい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 人文字「9」。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 もう一枚。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、ここからは下り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここらは歩道が広いので、けっこうみんなバラバラに好き勝手に下りていった。  

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 気温は35℃近くまで上がってきたのではないだろうか。
 しかし、私はそれよりもお腹が減ってクラクラ。
 「水が飲みたいと思う前に飲まなくては」とよく言われるが、私の場合は「何か食べたいと思う前にお腹に入れとかんとあかん」ちゅうこっちゃね。 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

九条ランin京都(3)聖護院〜南禅寺 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都にはたくさんの有名なお寺がある。
 門前を京都マラソンのコースに予定され、それに大反対しコースを変更させたお寺もある。かと思えば、仁和寺のように大勢のお坊さんが門前でマラソンの応援をされたというお寺もある。

 ここ聖護院 ( しょうごいん) は、どの宗派にも属さない独自の修行をされているお寺だ。聖護院は「修験道の寺・山伏の寺」と言っていい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 たくさんののぼりを持って街を練り歩く(走る)私たちを快く受け入れてくださるのは、「修行僧や山伏」の方たちと通じるものがあるからかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、宗教者のネットワーク「宗教者九条の和」で活動されている聖護院だからこその受け入れ態勢だと思う。
 3年前9月9日の「9・9・9(サンキュー)平和ラン」でも聖護院さんにお世話になった。そのときも今回も、かわせみさんが交渉してくださった。本当にありがとうございます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ふだんは入れない枯山水の庭に通された。
 きれいに筋をつけられた庭に踏み込むのは、さすがにみなさん躊躇された。
 「みなさんが帰られたあとにまたきれいにしますから、気になさらないで」というご住職のお言葉。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 宮城門主は学会で出張ということで、別のご住職が私たちへのメッセージを代読してくださった。
 お坊さんの中にも、「反核平和、憲法九条を守ろう」と訴え続けておられる方がたくさんおられる。本当に心強い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 代読してくださったご住職が、そのあとに付け加えてくださったひと言がすごくよかった。
 「どんな小さなことでも、ひとりひとりができることをやっていきましょう。決して無理しないように。」

 このあと、よく冷えたお茶をいただいた。すごくおいしかったです。ありがとうございました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みんなそろって記念写真。
 若いお坊さんがピースサインをしてくださっているのがほほえましい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちら、写真バチバチ組です。
 前にPTAから訪問させていただいたとき、「写真はご遠慮していただいています」とおっしゃっていたのだが、特別OKだったのかも・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 暑い中、私たちの再スタートを見送ってくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いいお話をお聞きし、冷たいお茶をいただいてリフレッシュ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次にめざすは南禅寺。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 気温はぐんぐん上昇。
 また、私たちの列がたてに長く伸びてしまった。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 人力車のお兄さんがこっちに向かってきたのでシャッターを切ったのだが、速すぎて車輪しか写っていなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 東山高校前を通過。
 私の小中時代の同級生・富雄ちゃんは、この高校の野球部出身で、その後競輪選手として活躍。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 南禅寺の北門・大寂門に到着。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここを入ると別世界。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 拝観に来られている方も多かった。
 その前をさっと走り去る青い集団。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 石畳はちょっと走りづらい。
 しかし、周りの緑を見ながらゆっくりラン。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

九条ランin京都(2)九条診療所〜聖護院八ツ橋前 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初の目的地は、九条診療所。
 9時12分に到着したので、走ったのはわずか2、3分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 井上けんじ京都市議から、激励の言葉。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「藤井さん、『九条診療所』の看板も撮っておいてくださいね」と尼崎の酔うたろう君から頼まれて撮った一枚。酔うたろう君のデジカメは壊れてしまったらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9ちゃんからのお礼の言葉。
 一番無効にチラッと写っているのは、新聞社の取材を受ける京都の神ちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 シャンソン歌手の堀田さちこさんも駆けつけてくださった。
 「走れなくて、すみません。」
 「いえいえ、あとでたっぷりと歌声を・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「押本さん、京都らしいバックやし、写真撮っときますわ。」
 「ありがとう。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走った後の交流会のとき、スローライフさんに聞かれた。
 「今日は犬の写真撮れましたか。」
 「それが、走り出して間もないときにかわいいワンちゃんがいまして。」
 「えー、いましたっけ。」
 「私ね、体に雑主犬センサーちゅうのがついていて、ちょっとの気配でも感じ取れる能力あるんですわ。見てください、このワンちゃん。毛が抜けかけでボロボロに見えますけど、かわいいかわいい・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都駅の東側を通り・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここらは歩道が狭く、たて一列。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 信号ごとにとまるランはすごく疲れる。
 週間天気予報では雨から曇りの予報だったのに、残暑厳しき晴れ間の暑さ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 京都タワーを見ながらゆっくりと。
 予想外に暑いとは言え、みなさんしっかり走っておられます。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ディバッグの上に手作り9条ランシャツを重ねて。
 かっこよかったです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 烏丸通は歩道が広く走りやすい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 歩行者の方は少なかったが、意外に自転車の方が多い。
 要注意です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 先頭を引っ張るかわせみさんと9ちゃん。
 背中もかっこいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 烏丸丸太町を右折して丸太町通へ。
 何回も書きますけど、やっぱり京都マラソンでは御所の横を通ってほしいなあ。京都御所は京都にしかないんやから。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 熊野神社前で東山通へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 八ツ橋のええにおいがぷんぷんと・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 だれも「八ツ橋食べましょかいな」とは言わんかったなあ。
 私はこの時点で、もうお腹がへってきていました。
 でも、まだ10時35分。
 スタート時にいただいた地図を見ると、スタートからここまで約6.5km。今日の全行程のやっと3分の1です。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

九条ランin京都(1)集合〜九条駅 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あれ、なんであの人がここに?」

 集合場所である京都駅前広場に、意外な人が現れた。
 「押本さん、参加してくれはるんですか。」
 「はい。」
 「ひょっとして、『ランナーズ9の会』にも入ってくれはったんですか。」
 「はい、今入りました。」
 「いやー、ありがとうございます。まさかここで押本さんにお会いできるなんて思ってませんでしたわ。」
 「足を痛めていてあまり走れないんで、自転車で後ろをついて行かせてもらいます。」

 こんなにうれしいことはない。
 押本さんは、3年前の「24時間りリレーマラソン日吉津」で初めてお会いした。「京都キャロット」がその大会に出店させていただいていたのだが、押本さんの方から話かけてきてくださった。
 「ランナーズ9の会に入ろうかなあと思ってるんですけど、つれがいなくて・・・。」
 当時の私は、まだ「ランナーズ9の会」に入れてもらったばかりで、ほかの人を積極的に引っ張ろうという気持ちもなかった。(いや、3年たった今も同じかも・・・。)

 3年越しにやっと入っていただけたんですね。今日のこの大会に駆けつけて、9月9日に入会されるなんて・・・。やるねー。
 きっと、「ランナーズ9の会」のホームページや私のこのブログを見てくださっていたんでしょうね。本当にありがとうございます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は8時前に着いたのだが、もう世話役の方々が来られていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 まずは荷物を預けに、タワーホテル地下3階の銭湯へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の参加者は40名り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 世話役の方は胸にオレンジのリボン。
 参加者全員にも名札が配られた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 神奈川、愛知、香川、鳥取など遠くからの参加者もあり、にぎやかになった。 

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「ランナース9の会」発起人、9ちゃんからのごあいさつ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都駅を出発したのは8時55分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「地下鉄九条駅まで1kmほどあるでー。あこを9時9分にスタートしょうとおもたら、走らな間に合わへんでー。」

 ということで、九条駅に自転車を置いてこられた押本さんも含め、ウォーミングアップラン。
 私は、今日も「九条は世界の宝」ののぼりを背負って走る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「よかったー、間におうたー。」

 9月9日9時9分に、地下鉄九条駅入り口でみんなで記念写真を撮り、「九条から九条へ古のロマンをもとめて! in京都」は無事スタート。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第31回京都ロードレース・大会準備

第31回京都ロードレース・大会準備

京都お金持ちマラソン

京都お金持ちマラソン

第20回みかた残酷マラソン・続きの続き

第20回みかた残酷マラソン・続きの続き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.