パオパオだより

2021年10月26日(火)

真面目すぎるところが長所でもあり、欠点でもある [競馬]

画像(231x320)・拡大画像(404x559)

◎スポーツ報知 10/24(日) 16:37配信

   【菊花賞】タイトルホルダーがラスト1冠奪取「無理してでもハナに」
        横山武史騎手は馬に感謝

  ◆第82回菊花賞・G1(10月24日、阪神・芝3000メートル・良)

 2021年の3歳牡馬クラシック最終戦は京都競馬場が改修中のため、1979年以来42年ぶりに阪神競馬場を舞台に、牝馬1頭を含む18頭が出走して行われ、4番人気のタイトルホルダー(美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)がスタート直後にハナを奪った横山武史騎手に導かれ、G1初制覇を成し遂げた。勝ち時計は3分4秒6。

 3番人気で5馬身差の2着がオーソクレース(クリストフ・ルメール騎手)。そこから頭差の3着には6番人気の牝馬のディヴァインラヴ(福永祐一騎手)が入った。1番人気のレッドジェネシス(川田雅将騎手)は着外だった。

 横山武史騎手(タイトルホルダー=1着)「前走(セントライト記念13着)がひどい競馬だったので、そのぶんのリベンジというか、より一層勝ちたいという思いがあり、それを結果に出せて良かったです。この距離は長いと思ったのですが、終わってみれば強かったです。馬の力を信じてあげられず、恥ずかしいです。いつも力みやすいというか、真面目すぎるところがあるのですが、行ってしまえばリラックスできるので、無理してでもハナに行こうと思っていました。馬が結構やる気でケンカしてまでペース落とすより、リズム良く運ぶことを心がけました。馬は余裕あったかもしれませんが、ジョッキーは余裕なかったです。(自身は皐月賞のエフフォーリアに続く2冠となり)できればダービーも取りたかったのですけど、違う馬ですが、こうやって2冠を取ることができ、何より頑張ってくれた馬に感謝したいです。真面目すぎるところが長所でもあり、欠点でもあるので、それを使い分けられるようにスタッフと一緒に馬と歩んでいけたらいいと思っています」
-----------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ロケットマラソン東京大会」の会場は神奈川県川崎市だった。
 左腰が強烈に痛み、階段の上り下りなど大変だった。ゆっくりゆっくり歩いてはいたが、頭もだいぶぼーっとしていたのかもしれない。
 
 二子新地駅から赤坂まで、来たとおりに帰るつもりが乗り間違い。途中で「来た時にこんな駅通らんかったなー」と気付いたが、どうしていいか分からなく終点・大井町まで。
 近道で帰れたのかもしれないが、さらにまちがう可能性もあったので乗ってきた電車で折り返して、二子玉川駅から赤坂へ。これで45分ほどロス。

 予定では、「フルマラソンを走ったあとに大浴場」だったのに時間が無くなってしまった。このホテルにしたのは大浴場があるからなのに。さっばり予定が狂ってしまった。
 急いで部屋のシャワーを浴び、テレビの前へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 菊花賞は15時40分出走。
 もうその時刻が迫っていたが、実は投票は前日に済ませていた。

 私の投票基準は「かわいくてかっこいい馬」。
 今回は断然、タイトルホルダーを本命に。JRA最軽量馬・メロディレーンの弟というだけで応援したくなる。

 対抗は、福永騎手騎乗のディヴァインラヴ。ヨメさんイチオシの福永騎手。それだけではなく、牝馬で3000mの菊花賞に挑戦というところがかっこいい。
 牝馬で菊花賞と言えば、2年前のメロディレーン。見事5着に入った記憶が新しい。

 今年の菊花賞は、メロディレーンゆかりのこの2頭で決まり。
 あとは、武豊騎手のディープモンスターやルメール騎手のオーソクレース、一般の一番人気レッドジェネシスなどを絡める。
 あとはじっくりテレビ観戦。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート。
 
 「タイトルホルダーはどこじゃ、どこじゃ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 おっ、いきなり先頭。
 3000mを逃げ切るのは相当難しいが、もう行ってまえー!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あらら、あらら、ほんまに最後まで逃げよったー。ゴール前、ぶっちぎりやん。」

 優勝3番タイトルホルダー、あと2・3着争いは11番ディヴァインラヴ、14番ステラヴェローチェ、18番オーソクレース。

 「どれが来てもだいじょうぶ。」

画像(320x179)・拡大画像(640x359)

 大接戦の末、2着は18番、3着は11番。

 やったー。

 単勝  3番 タイトルホルダー
 ワイド 3ー11
     3ー18
 3連複 3ー11ー18

 4種類の馬券が的中。(3連複は万馬券)

 ヨメさんのために、11番ディヴァインラヴの複勝も買っておいたのでこれも的中。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これで、フルマラソンの疲れが吹っ飛んでいった。
 ええかげんなもんです。

 「真面目すぎるところが長所でもあり、欠点でもあるので、それを使い分けられるように・・・」

 私みたいですやん(ちがうか?)

 これも、私の5年生存祝いになった。
 このツキを落とさないように、当分競馬(投票)はお休みします。
 かわいい馬を見つけたら、分からんけど・・・。

画像(243x320)・拡大画像(486x640)

ディヴァインラヴと福永騎手

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

おととい見たかったヤクルト優勝 [雑感]

画像(320x320)・拡大画像(640x640)

◎スポニチアネックス 2021年10月26日 21:45

   ヤクルト高津監督「選手の頑張りがすべて。心から本当におめでとう」 
   思い出の地・ハマスタで5度宙に舞う

 ■セ・リーグ ヤクルト5―1DeNA ( 2021年10月26日 横浜 )

 昨季まで2年連続最下位だったヤクルトが26日、2015年以来6年ぶり8度目となるセ・リーグ優勝を決めた。
 優勝監督インタビューに臨んだ高津臣吾監督(52)はナインの手で5度胴上げされた感想を聞かれ「開幕してからここまでたくさん色々なことがあったので、いまホッとした気分と、本当に選手が一生懸命頑張ってくれた成果だと。気持ち良く胴上げしてもらいました」と感無量の表情を浮かべた。

 マジック2として迎えたDeNA戦(横浜)に5―1で逆転勝ちを収めて2連勝。自力でマジックを1に減らした。午後9時4分の試合終了後はゲーム差ゼロで追走する2位・阪神の結果待ち。試合の様子が流れる大型ビジョンをベンチから全員で見守った。

 「まず最初に我々が勝つことが一番だと思ってました。確かにタイガースの勝敗は気になったんですけども、その前に今年を象徴するようないい打線のつなぎといいピッチャーのつなぎといい形できょうを取れたのが良かったと思います」。

 試合終了から18分後の午後9時22分に阪神が中日に0―4で敗れ、ヤクルトの優勝が決定。ナインが一斉にベンチを飛び出して歓喜の輪を作ると、高津監督は昨季の最下位から就任2年目で成し遂げた優勝にベンチ前で大きく「フーッ」と息をついてから選手の待つマウンド付近へ向かい、ナインの手で5度宙に舞った。横浜スタジアムは20年前の2001年に自身が胴上げ投手となった思い出の地。胴上げ前には選手たちに自ら声をかけたが「本当におめでとうと言いました。選手の頑張りがすべてなので、心から本当におめでとうと言いました」と誇らしげだった。
-----------------------------------------------------------------------------

画像(320x282)・拡大画像(500x441)

 昨日東京から帰り、今日は早朝から17時間バイト。
 ヤクルトはおととい勝って、マジック2。
 今日ヤクルトが勝ち、2位阪神が負けるとヤクルトの優勝が決まる。

 BSのNHKで放送があった。また、マイパソコンでダゾーンの中継も見ることができる。でも、お仕事中はダメ。
 携帯で一球速報をチラチラ見ながら・・・。

 夜9時で、管理人室の窓口業務は終わり。
 もうヤクルトの試合も終わりに近づいていたので、管理人室の奥に置いてあるテレビをちょっとだけ見させてもらった。

 ヤクルトナインは自分たちの試合が勝ちで終わり、2位チームの試合が終わるのを横浜スタジアムの画面を見ながら待っていた。なーんか変な感じだったが、阪神が負けて、ヤクルトの優勝決定。

 あー、これが見たくて東京まで行ったのに・・・。
 6年前と同じで、私が見に行った次の試合で優勝決定。
 「なんと、間の悪か男よ〜。」

 私の当初の予想では、10月21日、22日の対広島2連戦で優勝が決まるものと思っていた。ただ優勝目前でモタモタすることはよくあるので、そのあとの23日、24日の対巨人戦までもつれ込む可能性が高いと読んだ。
 そしてあちこち調べて、この2日間のチケットをゲット。
 準備万端で臨んだつもりだったのに・・・。

 ヤクルト失速、阪神踏ん張り、雨で1試合中止もあり。
 そして今日。

 まあ優勝したから、ぜいたくは言うまい。
 今は、阪神の意外な粘りに拍手。

 もう生きているうちにヤクルトの優勝はないかもと思い、無理して東京行きを決行した。ああ、目の前で優勝の瞬間を見たかった。

 私の大好きな高津監督は、抑え投手初の優勝監督となった。すごいね。
 この優勝で、当分ヤクルトは高津監督が続くでしょう。
 次の優勝まで、がんばって生きましょうかねえ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年10月25日(月)

ロケットマラソン2021東京大会 [ランニング]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 前夜、久しぶりのフルマラソン挑戦に気持ちが高ぶったのか何度も目が覚めた。睡眠不足が一番ダメだが、早めに寝たのでだいじょうぶでしょう。

 次に心配なのはお腹。
 しっかり食べておかなくては力が入らん。
 ただホテルの朝食が7時からで、マラソンのスタートが9時。会場が多摩川西岸(神奈川県)。時間がないので、めっちゃ急いで食べましたわ。

 現在の体重は58.5kg前後。
 一つ前のフルマラソンは2020年2月で、体重64.1kg。
 も一つ前は2019年2月で、体重63.5g。
 そのころより5kgも軽くなっている。
 だいじょうぶかいな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が泊まったホテルは赤坂。そこから表参道、二子玉川と2回乗り継いで「二子新地」駅へ。ホテルから約30分。

 電車が多摩川を渡るとき、下流の写真を撮った。
 テントがたくさん張ってあるところが会場のようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 駅から10分。スムーズに会場に来れた。
 まずは受付。

 昨日ハーフと10kmの部が行われ、今日はフルと30km。
 参加者名簿が貼ってあったので確認してみると、フルの参加者は150名くらいか。それでもここは往復コースなので、一人ポツンとなってしまうことはない。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 昨日の夜すごく寒かったので、寒さ対策で長そでTシャツやロングタイツを持って来た。しかし、朝からすごくいい天気。心配していた風もほとんどない。こうなると、逆に暑さが心配。
 重ね着しようかと思い持ってきたランシャツが役に立った。これ単独で着ても暑いくらいの気温になりそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8時半から競技説明。
 「いつもなら『写真を撮ってください』と言われたら、気軽に応じていたのですが、現在の状況を考えてご遠慮させてもらっています。」
 そこだけしっかり心に残ったなあ。写真撮ってもらいたいときは、そこら辺にいる人捕まえてお願いせんなんなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時、ABブロックのランナーがスタート。たぶん、自己申告3時間半までのランナーだと思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここには、「3時間」と「3時間30分」のペーサーが複数ついている。記録狙いの人にとってはありがたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ただこの気候がねえ。
 記録狙いの人には厳しいかも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私はその5分後スタートのCブロック(たぶん4時間以内)。

 目標はもちろんサブ4。
 25kmまではキロ5分半ペースをキープ。その先は落ち込みをできるだけ抑えて(最悪でもキロ6分を超えない)、なんとかなんとか・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私はギリギリスタートラインに並んだので最後尾。
 いつもスタート直後に飛ばしてしまうので、これでいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートラインまで15秒。
 最初の1kmは5分26秒。いいんじゃないですか。

 ところが1km過ぎから、アスファルトがなくなり土道へ。
 「聞いてないよー。」
 てっきり、ずっとアスファルトだと思っていた。

 この未舗装路が3.2kmあたりまで。
 つまり、このコースは舗装と未舗装が半々くらいということ。これを嫌う人も多いかもしれないが、私は気分転換になるのでいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートから4.22km地点で折り返し。
 これを5往復したらフルマラソンの距離になる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初の折り返しは、スタートまでの15秒を引いて23分21秒。これは5分31秒ペース。いいねえ、この調子で行こう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返すと、少しだけ上りになる。
 風はゆるやかに吹いている程度。無風よりはいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1往復8.44km、46分08秒(22分47秒)。
 ちょっと速くなってしまった。抑えて抑えて。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2回目の折り返し。
 5分30秒ペースに戻った。

 ここらあたりから体感温度がすごく上がってきて、エイドに寄るたびに水を頭からかけた。真夏並みの対策。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一人ポツンとなることはないと思っていたが、4時間のペーサーについている集団の前に出てからはずっと一人。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2往復を終えて、ほぼ思い通り。
 キロ5分半ペースをキープ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いい位置でかわいいワンちゃんに遭遇。
 「甲斐犬ですか。」
 「甲斐犬です。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「らいほう・オス・1歳9か月」

 もちろん、うちのきくの写真も見てもらった。
 「もうすぐ17歳なんです。らいほうちゃんも長生きしーやー。」

 立ち止まって話をしたので、かなりの時間が経過した。しかし、これは決してロスタイムではない。これでめっちゃ元気が出てきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2往復半でハーフの距離、1時間56分13秒。
 ピッタリ5分半ペース。
 いいねえ。
 後半の落ち込みを抑えることができれば、サブ4行ける!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3往復、25.32km。
 ちょっとだけペースが落ちたが、あと2往復で終わり。
 がんばれそう。

 しかし、ここらあたりから左の腰が痛くなってきた。ずっと前から痛めているところ。
 練習で一番長く走ったのが、9月26日の「希望が丘クロカン」で24km。その先は最近では未知の距離になるのだが、やっぱり歪みが出てきましたか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 30kmの部にもペーサーが配置されていた。
 ほとんどのペーサーが、対面するごとに「ナイスラン!」とか声をかけてくださった。これがすごく励みになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 たぶん日陰は涼しいのだろうが、コースはすべて日なた。
 途中大きな木の下を通るときだけ、一瞬涼しさが感じられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3往復を過ぎてから、知らん間にスピードダウンしていた。
 それまでペース計が「5:30」か「5:35」だったのに、「5:40」とか「5:45」。
 こりゃいかん。これ以上落ちないように気を引き締めないと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4往復、33.76km。
 3時間09分。
 残り1往復をなんとか50分で。絶対にキロ6分を超えてはならない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最終周は感謝の気持ちを込めて、大会スタッフさんの写真を撮ることにした。

 ここは、スタートから2kmあたりのエイド。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここは、30kmの部の折り返し。
 1回まちがえて折り返しそうになった。
 スタッフさんに教えてもらい、事なきをえた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の折り返し。
 ふっと気が抜けると、すぐにキロ6分を超えてしまう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返して800mほど。スタートから言うと5km地点あたりのエイド。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここにはお菓子やアメなどが用意してあった。
 私はけっきょく最後まで、水・スポーツドリンク以外はとらず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あと2kmあたりのエイド。
 ここのスタッフさんもよく声をかけてくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 謎の応援美女。
 どなたかの応援に来られていたと思うのだが、私のような赤の他人にも愛想よくエールを送っ下さっていた。
 もうゴール前だったので、「写真、撮らせてもらいますねー」と言って撮らせてもらった。
 ほんとうにありがとうございました。こういう応援をしていただけると、がんばろうという気持ちがわいてくるんです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 終盤何回か左ふくらはぎがつりかけていたので、ラストスパートはできなかった。
 サブ4まで、気を緩めず走りきったらなんとかなる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「テープ、お願いします」と言って立ち止まる。
 せっかくのかわいいお二人の写真が、ピンボケになってしまった。

 その時、私の時計で3時間59分30秒くらい。
 「やったー、サブ4!」
 きちんと計画を立てて、その通りに走れたのは走歴40年で初めてかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私のすぐ後ろに、4時間のペーサーとお一人のランナー。
 あれっ、10数名おられた集団はどこ行った?
 私は後ろから抜かれた記憶はほとんどないので、みなさん脱落されたんでしょうか。

 最初、4時間ペースランナーに気づいた時「ついて行こうか」とも思った。しかし、その時「200勝を目指していたら200勝はできない。僕は220勝を目指しています」というヤクルト・石川投手の言葉を思い出した。
 実は、私も今日は3時間52分を目指していたんです。(ハーフまではそのペースで行けたんですけど・・・。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 記録証をもらいに。
 そこの係の女の子が、「見てましたー。」
 何かと思ったら、「写真撮りながら走ってられましたよね。」
 そんなひと言がまたうれしい。

 正式記録は3時間59分10秒。(60歳代第3位)
 ネットタイムなので、私の時計より少し速くなった。
 これが公認記録だとうれしいんですが・・・。
 また、どこか探して走るか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴールされてくつろいでられた方を捕まえて、写真をお願いした。
 全然いやがられず、何枚も撮ってくださった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 そのあと、「記録はどうでしたか」と聞いてきてくださった。
 そこでちょっとやりとり。
 まったくの赤の他人なのに、ゴール後のじいさんの話を聞いてくださってありがとうございました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さっき話しかけてくれた記録証係の女の子の写真も撮らせてもらった。

 正直に言って、最後の最後は泣きたいくらいに左腰が痛かった。でもがんばってゴールした後に、かわいい女の子や気さくに話してくれる男性ランナーにあえた。
 腰は痛いが心は豊か。

 前から東京は親切な人が多いという印象だったが、今回もますますそう思った。関西より東京の方が私には合っているのかも(厳密にいうと神奈川ですが・・・)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次にフルを走るときは、少なくとも30km走はしとかなあかんね。最後が持たん。
 しっかり練習すれば、3年前の3時間43分近くまでは行けるやろう。
 やってみよう、やってみよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 河川敷ではワンちゃんのトレーニング。
 犬も人も、日々の地道なトレーニングが大事です。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年10月24日(日)

三重楽 [雑感]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「三重苦」の反対は「三重楽」かな。
 まあ、「三重イキイキ」とか「三重ウキウキ」でもいいような・・・。

 まずは、「サブ4」を目指してのぞんだ「ロケットマラソン東京大会」。
 3時間59分10秒。
 ギリギリですけど、目標達成。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 マラソンから帰って、ホテルで「菊花賞」をテレビ観戦。
 ちみちみと100円かけた3連複、3ー11ー18が的中。
 これが万馬券(42番人気)。
 JRA最軽量馬メロディーレーンの弟・タイトルホルダー、やってくれました。
 タイトルホルダーは普通の体重の馬だが、顔がかわいい。
 逃げて、逃げて、最後はぶっちぎり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 菊花賞が終わって、今度は神宮球場へ。
 今日負けたら、ほんまに優勝は危ない。
 6対4と楽勝ではなかったけど、ヤクルトらしい全員一丸となった試合だった。
 これで、京都からわざわざ応援に来た甲斐があった。

 でも今日1日が充実しすぎて、もうクタクタ。(超ぜいたくな疲れ。)
 これで、私の5年生存祝いになった。

 それぞれ楽しかったことは、またのちほどくわしく書きますね。
 おやすみなさい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年10月23日(土)

一年で一番弱いヤクルトを見た [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 疲れた。
 ヤクルトのいいところがまるでなかった。
 すごくいい席が安くで取れて、少し前までは優勝決定日にもなる可能性のあった試合なのに・・・。
 ガックリ!

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ぷらっとこだま、9時10分京都駅発、12時48分東京駅着。
 東京駅から東京ドームはすぐだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中に入ると、私の席は3塁ベースの延長線上。
 すごく見やすいいい席だった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 周りを見回すと、ヤクルトユニフォームがけっこういる。それを確認してから、私もユニフォームを着た。いつも肩身が狭いから。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 14時、試合開始。

 巨人の先発は菅野。
 いきなり1番塩見の投ゴロをハンブルしてくれて、チャンス!
 ところが、あとが続かなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヤクルトの先発は石川。

 「200勝を目指すピッチャーは200勝できない。僕は220勝を目指します」という名発言があった石川。現在177勝だが、本当にがんばってほしい。

 ところが、いきなり丸選手のスリーラン。
 石川はワンアウトを取っただけで降板。本人最短のノックアウトだったらしい。
 ガクガク。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はヤクルト傘の花が開いたのは1回だけ。
 まっ、その時点では4対1なので、みんな逆転を期待していたのですが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 代打の神様・川端も不発。

 それ以外の選手もみなパッとせんかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8回表、青木選手のファールボールがもうちょっとで私のハゲ頭に直撃するところだった。そのボールは、私の真後ろのヤクルトファン4人組のどなたかがキャッチ。そのボールはもらえるものと思っておられたが没収されていた。
 これが、今日の試合の唯一楽しかった思い出です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ピッチャーガタガタ、バッターヨレヨレ。
 だいぶ前のヤクルトを見ているようだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「連敗さえしなければ、楽々優勝」と言っていたのだが、これで3連敗。
 阪神が残り2連勝したら、ヤクルトは3勝1敗以上でないと優勝できない。
 あらら。
 知らん間にきわどくなってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、周りにいっぱいヤクルトファンがいて心強かったのになあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 巨人は東京ドーム最終戦ということで、セレモニーをしていた。そのあとに引退する亀井選手のあいさつもあるらしい。
 でも、私は疲れたのでもう帰る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ドームの外は冬のような寒さ。
 明日のマラソン、だいじょうぶかいな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日の夜、神宮球場で今日と同じカード。
 明日負けたら、ほんまに危ない。
 ヤクルト―、頼むでー。
 私の5年生存祝いをしてくれー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年10月22日(金)

「なに食べたい?」 [家族]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 もうすぐ、真樹がちょっとだけ帰ってくる。
 月末に友だちの結婚式があり、それに出席するために。

 真樹が帰ってくるとき、かあちゃんは必ず「なに食べたい?」と聞く。
 沖縄で一人暮らしやから、ろくなもん食べてへんやろうと思って、せめて京都に帰ってきたときくらいええもんを食べさせてやりたい。

 昨日の夜は、私の大好きな水炊き。
 その画像を家族ラインで送ったら、「お鍋いいなぁ」と返ってきた。そして、その続きに「おでん食べたいなぁ」と。
 かあちゃんが「おでんにするわな」と送ると、「やったー! でもパオパオ食べられへん?」

 「ほれ見てみ。真樹はやさしいなあ。パオパオが食べられへんゆうて、きーつことる。」
 「それがふつうや。アンタだけやで、自分のことしか考えてへん人間。ふつうは自分以外の人のことも考えるもんや。」
 「どあほ!」とは言われんかったけど、そういうニュアンス。

 「どあほ」系のパオパオから、やさしいええ娘が生まれたと思ったらいいんちゃうん。
 すぐ帰ってしまうからゆっくはでけへんけど、きくちゃんみーちゃんかまいと「柿とり」はしようなあ。楽しみやね。

画像(239x320)・拡大画像(479x640)

 「はん・ぺん」も元気そうでなにより。

 このごろみーちゃん太ってきて、はんぺんに近づいてきたかもしれん。
 みんなころころ、ころころ。

-----------------------------------------------------------------------------------
【今日のきくみー】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日、ヨメさんが送ってきてくれたきくちゃんの写真。
 歯を食いしばって(?)、しっかり歩いてるねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これは毎度おなじみ、私がバイトに出かける前のみーちゃん。
 ストーブを付けると、すぐあたりに来ます。
 超寒がりな元野良猫です。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2021年10月21日(木)

ほんとのペース走 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 日曜のフルマラソンに向けて最終調整。
 キロ5分半ペースをしっかり身につけなくては。

 日曜の東京の予想最低気温は8℃。
 フルは、多摩川河川敷を朝9時スタートなので10℃くらいではないだろうか。
 それって冬やん。河川敷なので風が吹く可能性も高い。寒さ対策をしなくては。

 何かの大会でもらったアームウォーマーを出してきた。
 こないだねこ4さんにも言っていたのだか、私は「雪が降っていてもランシャツランパンで走りたい」タイプ。でも、ジジイになるにつれ、長そでTシャツを着、ロングタイツを履き、アームウォーマーもつけたことがなかったが今回試してみることにした。
 親指を通すところがある手のひらまで隠れるアームウォーマー。家から鴨川まで走ってみたが、いい感じ。そんなにうっとおしくない。

 午後4時過ぎスタート。
 家から鴨川まで約2.3km、12分30秒。もうキロ5分半ペースで走れていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、仮想多摩川で「16.5距離標をスタートして、下流に4.2km走って、折り返して4.2km」を走ってみる。(本番はこれを5往復。)
 さあスタートしようと思ったときに、しっぽブンブン振りながらあっちこっちキョロキョロ見ている口の黒いかわいいワンちゃんに遭遇。これは声をかけなあかん。
 
 「ごん・オス・まだ7か月」

 思った通り、まだ若いワンちゃんだった。
 ご近所のようだったので、またきっと会えるね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートして1km、5分05秒。
 あかんあかん、速すぎる。
 私がよくやってしまうミス。ここをぐっと抑えないと、そのあとが続かない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なんとか調整して、そのあとはまあまあ。
 5分5秒、5分20秒、5分18秒、5分23秒、1分06秒で22分10秒。
 下りやからこんなもんでいいか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 時計をリセットして、すぐに折り返し。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 対岸を北上する学生軍団。 
 見ていて気持ちいいスピード。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りはスピードが安定。
 上っているのでもっとスピードが落ちるかと思っていたが、いい感じで走れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分25秒、5分33秒、5分32秒、5分21分、1分06秒で23分04秒。
 これぞ5分半ペース。よくできました。

画像(320x249)・拡大画像(640x499)

 アームウォーマーはよかったのだが、手のひらに汗をかく。これなら手首までない方がいいが、タダやし文句言わんと使おう。東京まで持っていこう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家まで約2.3km、14分40秒。
 いつもは帰りはフラフラでだいぶ時間がかかるのに、今日はこれもしっかり走れた。

 いいねー。
 いい感じで本番が迎えられそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に入ると、きくちゃんがダウン。
 家の前の工事が終わり、アスファルトがさらになったので、オバサンに歩行特訓を受けたみたい。楽しそうに歩いたとのこと。よかったね。

 私は、2.3+8.4+2.3で13km。
 今日は町内猫パトはなしです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

箱根駅伝・藤井勘太選手

箱根駅伝・藤井勘太選手

イレ・バラン

イレ・バラン

「お弁当食べに来ました」ー兵庫・ゆめさき舎にてー

「お弁当食べに来ました」ー兵庫・ゆめさき舎にてー

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.