パオパオだより

2018年07月29日(日)

第48回大文字山ランニング [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「大文字山ランニング・ファイナル」、未明の台風通過で中止になるものとばかり思っていた。
 ところが午前7時の「京都走ろう会」のホームページに、「コース状況を確認のうえ、開催する方向で準備しています」と掲示あり。急いで準備して出発。

 私は「峨山道トレイルラン」に向けて、「作務衣・菅笠」ランデビュー。
 ヨメさんは古いウェアしかなかったけれど、京都新聞さんのインタビューを受けてちょっと満足。8月4日の夕刊に載るらしい。私が横から口出ししたことも、記事に付け加えてもらえるでしょうか。楽しみ、楽しみ・・・。
-----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時過ぎ、会場の八神社に到着。
 人が全然いなかったらどうしようと思ったが、ナンバーカードを付けた選手が何人も見えてホッとした。

 受付をすると、私が13、ヨメさんは9だった。この時点で22人の参加申込。

 そのあとすぐ、コースの途中までウォーミングアップ走。
 広い道から狭い山道に入るところで、ゴール給水用の水を運んで上っておられる岩井さんと平田さん発見。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「写真撮っときますわー。」
 「ありがとー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 戻ってくると、ヨメさんが堂本さんとしゃべっていた。
 おとといの「富士登山競走」残念話かなあ。それとも足の痛み相談?

 堂本さんにお願いして、スタート前の写真。
 私は、作務衣ランデビュー。
 「あっ、笠かぶるのん忘れてた。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 富士登山残念賞の堂本さんとも記念写真。
 富士登山では、人生初のこむら返りに見舞われたとのこと。ランナー歴が長いのに、そんなことってあるんですねえ。
 今日、堂本さんは走路員をしてくださるそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まだアップが足らないので、トイレに行くのも兼ねて哲学の道へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まだ時間が早いせいか、銀閣寺に来られている方も少なかった。

 さっきの分と合わせて、全部で3kmくらいのアップができた。
 今日は中止になるものと思って、昨日15kmも走ってしまった。その分足が重い。

 当初の目標は13分切りだったが、これではとうてい無理。せめて、去年の13分50秒くらいで走れればいいのだけれど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時から開会式。

 京都走ろう会の松山会長のごあいさつ。
 今回で最終となった経緯について、くわしい説明があった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 元々は、「大文字送り火」の前にその火床まで駆け上がり、ご先祖様に思いをはせ、日々の健康に感謝する目的で始められたように思う。
 ところが、近年のトレイルランブームと小中学生の団体参加によって大会の趣が変ってしまった。
 「京都走ろう会」のモットーでもある、「みなさん無理せず、気持ちよく走りましょう」から徐々に外れつつあった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会員のみ参加できるとか、50歳以上と親子10歳以下限定とかであれば「京都走ろう会」の伝統が守って行けたかも・・・。役員をしたこともない私が口出しできることではないですが。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今までたぶん20回以上参加しているが、奥の社まで行ったことがなかった。
 もう来ることもないだろうと思い、参拝しにいった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 飲み物を買おうと思って持っていた160円を賽銭箱に入れようとしたが、探しても見当たらなかった。小銭を持って拝みに行くことなどめったにないのに。
 「夫婦円満、家内安全、家族みんなが健康で、下山さんのシティフルマラソン参加実現・・・。」
 私のいつものお願いです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時20分、表の鳥居前スタート。
 男子27名、女子18名、計45名。
 定員80名を超える年もあったのに、台風の影響で少なくなったのでしょう。その分普通の登山者とのトラブルも少なくなり、走りやすくなる。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 スタート直後、私の前を走ってられたのはNHK・BSの取材スタッフ。重いビデオカメラを持って私の前を走っておられたのでビックリ。プロですなあ。足の筋肉もすごいし。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 速いランナーたちははるか前に。ゆっくり系ははるか後ろ。
 私はいつも、真ん中へんにポツンと一人になることが多い。

 これくらいのスピードだと、作務衣はまったく問題なし。菅笠のほうも、風にあおられることもなくほぼ問題なし。ただし、一番小さいサイズを買ったので頭にかぶせる五徳も小さくて、長時間だと動いて疲れるかもしれない。大きさを調節できる五徳も別売りしているので、具合が悪そうならそれも買いますかね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 広い道から細い山道に入る手前に堂本さん。
 「写真撮るし」とおっしゃっていたが、撮れましたでしょうか。

 ここまで約550m、3分50秒。
 まあまあやね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この時点で北出さんのすぐ後ろにつけていたのに、ここからどんどん差を付けられてしまった。

 コーナーに立ってくださっていたのは三輪さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年から新役員の吉澤さん。
 最後の「大文字山ランニング」なのに、走れなくて残念ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 青の「鴨川走友会」の女性は、去年の「峨山道」のチャンピオンYさん。今年は招待選手だそうです。takacchさんに教えてもらいました。 
 そんな方と少しだけでも競わせてもらえて光栄です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お茶目な岩田さん。
 みなさんに声援を送ってくださっていました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 唯一崖崩れの場所には保坂さん。
 山側を気を付けて走れば問題なし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お地蔵さん前には梅村さん。

 ここで約1km、10分くらい。
 最後の長い階段2か所をがんばれば、14分が切れるか・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、長い長い階段。
 全部は歩かず、20段走れば20段歩く、10段走れば10段歩く。しかし、それが最後まで続けられなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後はかなり失速。
 ここを少しでも走らなくては、タイムは縮められない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の直線前のコーナーに岩井さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もちろん、最後の直線だけはしっかり走りました。
 私の時計で、14分25秒。(会の計測では14分23秒。)

 昨日15kmも走らへんかったら、14分は切れていたと思う。
 でも、最後の「大文字山ランニング」を走れただけで大満足。大会を開催してくださった京都走ろう会の皆様、どうもありがとうございました。お世話になりました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 曇り空ではあったが、京の街がきれいにくっきりと見えた。
 ここがゴールなんですから、このコースを走り切ると達成感がある。

 ゴール後、すぐにコースを引き返し後続の応援へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 takacchご夫妻。
 「いつも地蔵さんで抜かれてるのに、今年はご夫婦でゆっくり上らはったんですね。」
 「はい、最後ですから。」

 スタート前「峨山道」の話題になり、takacchご夫妻も2年前に完走されたと教えてもらった。1年ごとに輪島と羽咋のお寺をつなぐコースが交互になる。つまり、2年前は今年と同じく輪島から羽咋へ南下するコース。(ただし2年前は75km、今年は73km。)

 「スタートから50km(第5チェックポイント・徳田)までは十分に走れます。そこまで私で5時間くらい。ところがそこからの20kmは、同じ景色の山を上ったり下りたりの繰り返し。ものすごく消耗します。ここだけで4時間かかりました。ここまで足を残しておかないと、最後えらいことになります。
 50km地点(今回は48km地点)でおにぎりが出るんやけど、3つですよ。3つも食べらませんやん。
 あとは、10kmごとくらいに水と塩だけがあります。でも塩は直接入れんほうがいいですよ。胃がやられますから。
 それと、制限時間いっぱいまで走られる予定ならヘッドランプ必須です。」

 takacchさん、ありがとうございました。
 ウルトラやトレイルについては、その道のエキスパート「takkacchさんに聞け」ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもの笑顔さわやか、綾井さんが通過。

 そのあと2、3名が通過した後、上がってこられた役員さんが、「あとは奥さんと旗持ちだけ」と教えてくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 例の長い長い階段の上で待つが、なかなか現れず。
 5分近くたち、やっと「大名行列」のような一行が。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 その時ちょうど、北出さんが下りて来られた。
 「初めて13分切れんかったわ。年々タイムは落ちていくなあ。」
 同い年なのに、私より1分以上速いやないですか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさん本人は、大名行列ではなく「お姫様道中」のつもりだったらしい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 みなさんとおしゃべりしながら上がってきたので、いつもの年より楽だったとのこと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、最後の直線。
 役員さん方は気を使って、ヨメさん一人で花道を走らせてくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 記念すべき最後の大会の最終のゴール。
 お疲れさまでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 記録は25分32秒。
 今までで一番時間がかかったが、その分長く楽しめたと思ったらお得です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 恒例、阿加井さんによる全員集合写真。
 「京都走ろう会」のホームページにアップされていますので、そちらをご覧ください。。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 またまた堂本さんにお願いして、大文字山最後の夫婦ツーショット。

 ヨメさんの話によると、「外人さんが『キモノ、キモノ』ゆうて喜んではったわ」とのこと。うーん、「オボウサン」には見えんかったかー。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 余った水を抱えて下山。私は2本持たせてもらいました。

 この下りに、おしゃべりしながら行くのがまたいいんですよね。
 これも最後ですか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 下りてくる途中から本降りの雨。
 みなさん傘を持って来られておらず、閉会式もたいへんだった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 閉会のごあいさつはいつも塚本さんだったのだが、去年亡くなられてしまい、今年は吉田康彦さんだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 例年、この後は「甚兵衛」さんでおそばを食べて帰っていた。今年もそのつもりだったが、雨でビチャビチャに濡れてしまったのですぐに家に帰った。

 家に着いてから気づいた。「おそばなんか食べたらあかんやん、昆布だしやのに。」
 ほんまや、ほんまや。もう早や忘れてたがな。ヨード制限食が台無しになるとこやったわ。

 「作務衣・菅笠」ランデビューは順調。次はもっと長い距離を走らなくては。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月28日(土)

江文峠往復15km [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お腹が痛い。へその左下。
 もう手術から15日目になるのに・・・。

 しかし、そろそろ長めの練習もしないとね。
 自分のペースでしっかり走れるところと言えば、静原の江文峠往復コース。調べてみると、去年の10月からご無沙汰している。

 午後5時半、「ゆっくり15kmを走れたらいいわ」という感じで自宅スタート。
 市原バイパス交差点で約1.9km。まっすぐ行けば鞍馬、右折すれば静原。今日は右折。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2kmちょっとのところにある叡電踏切。
 ちょうど電車が通過。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 採石場は、土曜日なのでお休みかな。
 この中を走ってみたいなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は曇り空のため、30℃くらいか。風もあって走りやすい。 
 心配していたお腹も、悪化はしていない。しんぼうしたら走れる痛さ。
 それよりも、相変わらず首と肩が痛い。体がコチコチで、きっと変なランニングフォームになっていたと思う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ほっとする里 静原」ポール前で5km、29分29秒。
 上りはキロ6分で行ければいいと思っていたので、これで十分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 江文峠手前のきつい上り坂1kmも6分半で行けた。
 金毘羅大権現前で7.3kmにしかならなかったので、峠を越えて7.5地点まで。44分40秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返したらずっと下り。
 久しぶりの長い距離なので心配だったが、足腰だいじょうぶ。
 ただ、首と肩が・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km、57分22秒(27分52秒)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつものねこだまりは、今日は1ぴきだけ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 我が家でちょうど15km、1時間24分49秒(27分26秒)。

 手術後15日で、ここまで走れたら上出来です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 台風接近と言うが、南の空には夕焼け。
 「ほんまに来るんかいな」と思った。

 明日の「大文字ランニング」で作務衣ランデビューしようと思っていたのに、中止ですかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日のヨード制限食。
 ヨメさん、苦心の料理。

 魚にもヨードが多く含まれているが、アジは比較的少ないらしい。
 私の食事に必須の汁はしいたけ出汁。お手間かけます。

 入院までの8日間、ヨード制限食は大変やけどよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 雨が小降りのうちに夜のお散歩。
 明日の朝は台風直撃で、散歩に行かれへんかも。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2018年07月27日(金)

ヨード制限食 [病院]

画像(320x174)・拡大画像(500x273)

カレスサッポロ 北光記念病院ホームページより

 ついこないだ退院したばかりなのに、もう次の入院準備。
 今度は京大病院の隔離病棟でアイソトープ治療(放射性ヨード内用療法)。

 めっちゃマイナーな癌である「甲状腺低分化癌」になったばっかりに、こんな変わった治療をせんならんことになった。去年に続き2年連続で。

 放射性ヨードを飲む8月7日の前の2週間、ヨード制限食がたいへんなんですわ。食べたらあかんもんがいっぱいあって。

 身近に「甲状腺低分化癌」の方なんかおられませんよね。それも男の。
 私が、そのめっちゃ珍しい男の「甲状腺低分化癌」患者です。

 今日は寮2に24時間なので、あらためてアイソトープ治療のおさらいをした。

(注) 記事中の「ヨード」と「ヨウ素」は同じもの。
 「アイソートーブ治療」は「放射性ヨード(ヨウ素)内用療法」とも言います。ややこしいね。

---------------------------------------------------------------------------------
◎harecoco.netより

■放射性ヨウ素内用療法は何故甲状腺がんに効くのでしょうか

 甲状腺細胞は、のりや昆布などに含まれるヨウ素を取り込んでホルモンを合成します。乳頭がんや濾胞(ろほう)がんなどの甲状腺がんは、正常な甲状腺細胞と似た性質を持ち、通常のヨウ素と同じように放射性ヨウ素も取り込みます。
 放射性ヨウ素の入ったカプセルを飲むと、放射性ヨウ素は取り込まれた甲状腺がんの細胞のみを破壊します。手術で切除しきれなかった甲状腺のまわりのリンパ節転移も、放射性ヨウ素内用療法で破壊することができます。
 甲状腺がんが転移している場合にも、同様に破壊することができます。

※ただし、放射性ヨウ素内用療法は手術療法で甲状腺組織をすべて摘出した患者さんが対象となります。甲状腺組織を一部残している場合は十分検討を要します。

■放射性ヨウ素内用療法は甲状腺がんの治療にどのようなメリットがあるのでしょうか

 手術で甲状腺を切除した患者さんにとって、放射性ヨウ素内用療法は次のようなメリットがあります。
 手術で甲状腺を完全に取り除いたつもりでも、多くの患者さんに目に見えないほどの小さな甲状腺組織が残ってしまいます。残った甲状腺組織の中にがん細胞がないとは限りません。放射性ヨウ素内用療法を行うと、目に見えない甲状腺組織も破壊することができます。これをアブレーションと呼びます。アブレーションは外来で行う方法が主流になりつつあります。
 甲状腺がんは、肺やリンパ節などに転移している場合がありますが、転移した甲状腺がんも放射性ヨウ素内用療法で破壊することができます。
---------------------------------------------------------------------------------

 これで、アイソトープ治療の前にヨード制限食にしなければならない理由が分かってもらえたでしょうか。
 日本食(和食)はヨードだらけで、普通の食生活を送っていると、もうそれ以上にヨードを取り入れられなくなってしまいます。 
 だから、放射性ヨードを服用する前はヨードを枯渇させておく必要があるわけです。

 ちなみに、原発の臨界事故が起きたときにヨウ素剤が配られるのはちょうどこの逆。
     ◇     ◇     ◇

 Q)なぜヨウ素剤を飲むの?

A: 原子力施設に事故がおきた場合、いろいろな放射性物質が施設から放出されます。放射性ヨウ素もその中の一つです。
 放出された放射性ヨウ素は、呼吸や食物とともに体の中に取り込まれ、甲状腺に集まります。そのため甲状腺癌の原因になるおそれがあります。
 これに対し、前もってヨウ素剤を飲んでおけば、放射性ヨウ素が甲状腺に集まることを防ぎ、尿や便から排出されて、発癌の危険性(リスク)を低減することが出来ます。


画像(226x320)・拡大画像(453x640)

(クリックで拡大)

画像(226x320)・拡大画像(453x640)

(クリックで拡大)

 細かいことを言うと大変ですが、大雑把に言うと「和食全滅、洋食セーフ」ですかね。
 去年はこれに胆のう炎制限食も重なっていたので、「洋食も全滅」。
 そう思うと、今年はもう胆のうがないので楽と言えば楽かな。
---------------------------------------------------------------------------------

《参考資料》
■一食あたりのヨード含量(micro gram)
栄養と食糧 12:34-36,1959 日本食品中のヨード量より

昆布(3×3cm)1307.2   御飯(茶碗1杯)31.2  大根(5cm)0.5

わかめ(小さじ1杯)100.3 食パン(6枚切1枚)10.2 人参(1本)0.5

のり(寿司用1枚)182.9  大豆(片手1杯)15.8  白菜(2枚)1.5

のり(佃煮小さじ1杯)18.1 豆腐(1/4丁)2.6   キャベツ(2枚)7.8

かつお(1切80g)158.4  牛肉(80g)13.1   ホウレン草(1束)1.6

たい(1切80g)29.0   豚肉(80g)14.2    玉葱(1/2玉)8.4

あじ(1切80g)25.0   鶏肉(80g)39.9    胡瓜(1本)3.9

さけ(1切80g)122.2   牛肝臓(80g)126.3  馬鈴薯(1ヶ)2.6

ぶり(1切80g)152.4   卵黄(S1ヶ)10.6   いちご(10ヶ)4.5

いわし(1切80g)214.7  卵白(S1ヶ)1.2   りんご(1/4ヶ)7.8
 
さば(1切80g)198.2   牛乳(1本)12.0   バナナ(1本)5.7
-------------------------------------------------------------------------------

 また大雑把に言わせてもらうと、「海系のもん食うなよー、陸のもん食うとけよー」ってことですかね。

 昆布のヨウ素が、治療に使う放射性ヨウ素の3万倍とはビックリ。
 3万倍て・・・、絶対に昆布は食ったらあかん!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月26日(木)

真樹はだいじょうぶかTOV [家族]

画像(320x240)

去年10月の「ラブトライアスロン」

 今日は寮1に17時間。
 久しぶりに「京都丹波トライアスロン」のホームページを見てみた。

 去年のリザルトを見ていると、「SKIP」とか「TOV」とか書いてある。
 (出場36名、時間内完走27名、SKIP1名、TOV5名、DNF3名。)

 なんのこっちゃと調べてみると・・・、「SKIP」はswim skipで,水泳(スイム)をしないで,デュアスロン(バイク&ラン)で競技した人です。小学生等のスイムが危険だと判断される大会等にあります。当然認められる大会と認められない大会があります。ローカルルールです。
 「TOV(Time over)」はローカルルールですが,制限時間内に規定種目等をこなせなかった場合等に制止されます。

 「京都丹波トライアスロン」スーパースプリントの部にも制限時間が設定してあった。
 スイムで15分、プラスバイクで45分、プラスランで60分。
 私はスイムが危ない。SKIPになる危険性あり。
 スイムさえ何とかなれば、あとは楽勝なんですけどね

 真樹はスイムとランはまあまあ得意だが、バイクが苦手。
 去年の「ラブトライアスロン」では、スイム11分38秒+バイク34分04秒で45分42秒。あかん、42秒オーバー。
 ランは18分54秒かかったが、これは3kmなので2.5km換算で15分45秒。これはがんばったら15分で走れるでしょう。(トータル1時間01分27秒で、1分27秒タイムオーバーになる。バイクがネック!)

 問題はやっぱりバイク。細いタイヤのバイクにするだけで数分は縮められそうだが、「沖縄で練習、京都でレース」やからなかなかうまいこといきませんねえ。

 真樹が「TOV」にならんように、対策考えならん。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 寮1から帰ってくるのは、夜12時前。
 必ずきくが玄関に出てきて、私をじっと見る。

 「そんな見つめられたら、いかなしゃーないな。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 人間でいうと、60代熟女らしい。

 「やられるわー。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月25日(水)

ヤクルト5連勝、2位浮上 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 行ってきました、京セラドーム大阪の「巨人対ヤクルト」。
 勝ちました、ヤクルト5連勝。
 巨人と入れ替わり、2位浮上。
----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5月23日に行く予定だった「阪神対ヤクルト」(甲子園)が雨で中止で行けなかった。それで、そのあとすぐにヤクルト戦のチケットを探した。
 すると、7月の「巨人対ヤクルト」(京セラドーム大阪)のチケットが見つかった。ちょっと高かったが、ライト外野席の最前列だったので思い切って買った。

 待ちに待った2か月間。やっとその日がやってきた。
 ドーム球場はええわ。雨で中止ということがないし。

 ヨメさんは午前中に、京都駅の近くの鍼灸院にお勉強に。
 私は、きくの散歩やら自転車の練習やらをしてから、午後2時過ぎに出発。

 京都駅で合流する予定が、JRに飛び乗ったため別々に同じ電車。大阪駅で環状線に乗り換えたのだが、それも時間の余裕がなく別々に同じ電車。やっと目的の「大正」駅出口で合流。

 いろいろあわてて乗ったので、京都駅から大正駅まで45分くらいで来れた。京セラドーム大阪って、思っていたより近い。

 時間があったので、ドーム前のイオンでお買い物。
 野球を見に来られている方は、みなさん早くから球場に向かわれていた。応援グッズとかを買わはるんかなあ。
 私らのヤクルト応援グッズは、「どうせ、端っこの方にちょびっとあるだけやろしねえ」。
 イオン内にも野球観戦者があふれていたが、全員巨人ファン。ヤクルトファンはゼロ。隠れヤクルトファンは、私らを含めて10人以下かなあ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ヨメさんは遠慮していたが、私が頼んで頼んでやっと新しい洋服を買った。70%引きのさらに10%引きちゅうやつ。もう計算でけへん、なんぼか分からんやつ。
 でもすごく似あっていて、よかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 イオンの1階にある「花あかり」というお店で早い夕食。
 「生ビール190円ちゅうとこがあったら、食べてから球場にはいろ」と言っていた。そしたら、このお店の生ビールが199円。よかったわー。私は2杯もいただきました。

 私は「牛タン御膳(1580+税)」、ヨメさんは「天ぷら刺身牛タン御膳(1480+税)」。
 お腹いっぱい、べろべろに酔ってから球場入り。
 これで、高い食べ物や生ビール(750円)を買わなくて済む。安上がり。

画像(320x239)・拡大画像(640x478)

 球場の入り口で、いきなり「オレンジもじゃもじゃ」を渡された。
 「巨人ファンちゃうのに・・・。」

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 でも、こういうときは臨機応変に「にせ巨人ファン」にならな。
 まわりに一人もヤクルトファンおらへんし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 小学生による始球式のあと、午後6時に試合開始。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お目当ては山田哲人選手。
 「今日もホームラン!」と願っていたが、ヒットが出たしいいか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その代りに、4番バレンティンが特大3ランホームラン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レフト外野上段席は応援傘の乱舞。
 でも盛り上がっているのはここだけで、球場全体はシーン。もちろん私らの周りもシーン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中で小学生が出てくる場面もあった。
 これはうれしいやろねえ。
 選手も、もっと近くまで出てきたったらええのに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今の私の一押しは「雄平」。
 ヒットを打った時、塁上で見せる笑顔が一番いい選手。
 初球から、手の届く球は何でも振るところがガッカリさせられたりもするが・・・。

■雄平(高井雄平)
 2003年より7年間投手。実働5年で18勝19敗。(08、09年は各1試合登板。)
 2010年野手転向も一軍出場なし。
 2012年9月、一軍定着。
 2013年4月、右膝前十字靱帯を断裂。
 2014年、打率.316、本塁打23、打点90を記録。
 (一軍通算10勝以上でシーズン20本塁打、藤村富美男以来59年ぶり4人目。)

 投手として2年間ほとんど使われず、野手としても2年間一軍出場なし。そして、やっと一軍に定着したとたんに十字靭帯断裂。そこからの復活です。
 いわゆる「苦労人」であることはまちがいないが、凡打の時のガッカリ顔とヒットの時のはじける笑顔を見ていると、とても「苦労人」に見えない。
 ヨメさんは、「いつもなんかちょこちょこ動いている落ち着きのない子みたいやなあ」と言っていた。
 私らの席はライト外野席の最前列だったので、雄平の姿が近くで見ることができてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8回表1死満塁のピンチで登場の風張蓮投手。
 うちの「廉」とは字がちがうが同じ名前。歳もほとんど変わらない。(うちの廉が一つ上。) もう奥さんも子どももいるらしい。
 ここで、長野、吉川尚を連続凡退に。しびれたねえ。ここで打たれてたら、ヤクルトの負けでしたね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最終回は石山投手。
 「さあ、ゲームセット」と思ったら、2アウトからヒット。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しかし、そのあときっちり抑えてヤクルト6対5の1点差勝利。
 ああ、見ごたえありすぎた。
 ちょっと疲れたけど、まわりの落胆ぶりはえげつなかった。
 約3万人の巨人ファンの落胆と、約300人くらい(??)のヤクルトファンの有頂天。それでも、ヤクルトファンはおとなしく喜んでいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんに「ヤクルト勝利の瞬間」の写真を撮ってもらおうと思ったら、こんなでかい顔が・・・。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 撮り直しの1枚。
 まわりに喜んでいる人のいない中でのバンザイは気が引ける。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ヨメさんも遠慮気味のバンザイ。
 「喜べるのは今だけやし。またすぐ連敗街道まっしぐらやわ。」
 その通りかもしれん。今のうちに有頂天になっとこー。

 9時50分試合終了。
 10時09分の地下鉄に乗ろうとしたら、積み残し。でもすぐに次のが来て乗れた。 
 淀屋橋に10時32分着。京阪が出るのが10時36分。走りましたわー。
 何とか間に合って、11時31分出町柳着。
 11時40分発二軒茶屋行きに乗り、京都精華大前11時57分着。
 家に着いたのは12時3分ころ。

 勝ったからよかったけど、負けてたらこの帰り道はきつかったやろなー。
 きくちゃんがかしこう待ってくれてたからよかったけど、やっぱり大阪は遠かった。
 ヨメさんは「勝利の女神」かもしれんし、もう一回くらいは行きたいなあ。でも、無理かなあ・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

めざせ時速25km [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8月26日の「京都丹波トライアスロン」の各種目ごとの目標は、スイム375m・13分、バイク10km・24分、ラン2.5km・11分。トランジションタイムがどれくらいかかるか分からないが、各1分に収められれば、48分でゴール。50分切りまであと2分余裕がある。

 ちょっと目標高すぎるかなあ・・・。
 ちなみに去年10月の「ラブトライアスロン」は、12分45秒+29分09秒+12分09秒(3km)で54分03秒。
 スイムは溺れず完泳できればそれでよし。
 得意のランは去年通りに走れれば10分ちょっと。
 バイクが一番縮められる可能性がある。

 去年は自転車屋さんで、タイヤの太いマウンテンバイクをお借りした。安定しているので乗りやすかったが、思ったようにスピードは出なかった。
 今年は細いタイヤの自転車を知り合いからもらったので、かなり飛ばせる。平坦地では、1km2分半は楽々切れる。これで時速24km。これからの練習次第で時速25km超えも可能だ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は午後2時過ぎから大阪へ。
 野球観戦で遅くなるので、お昼の暑い時にきくのお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくは私らの言っていることがだいたい分かるようで、すぐに〇ッコをした。

 この後コンビニで買ってきた冷やしうどんを食べ、すぐに自転車の練習スタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずは宝が池公園のトラックへ。
 3.1km、8分40秒。

 そのまま1周425mのトラックに入り、10kmになるまでタイムトライアル。
 ふだんは散歩されている方も多いのだが、さすが35℃超えでは皆無。いくら飛ばしても、だれにも迷惑をかけない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km、25分27秒。
 トラックに入ってからの6kmは14分27秒。時速24.8km。
 平坦なところなら、時速25km超え行けますねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自転車を倒して、そのままランへ。
 灼熱トラックを6周。
 工事に来ておられたおじさんたちが、こちらを不思議そうに見ておられた。

 消化していない冷やしうどんが、お腹の中で暴れてしんどかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ランは2.5kmは12分39秒。
 本番はこんなに暑くはないので、まだまだ縮められる。

画像(320x221)・拡大画像(640x443)

 一番苦手なスイムも、超古着のウエットスーツが見つかったので何とかなりそう。
 バイクでこけないように気を付けて、ランで実力が発揮できれば、目標に近いところに行けるかもしれない。

 あともう一つ、ランだけで3位以内も目標にしている。
 去年のスーパースプリント男子は、1位9分59秒(36歳)、2位10分59秒(18歳・高校生)、3位11分05秒(20歳)。

 この若者たちの中に食って入ったろかい!
 ひひひとほくそ笑む62歳のジジイ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月24日(火)

スイムラン・イン・花脊 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 二日連続のいなか帰り。
 どうしても帰らなくてはならない用事があったのだが、どうせ帰るのなら川を泳ぐ練習をしよう。

 私が29歳の時、「びわ湖アイアイマン」に出るために買ったウエットスーツ。いなかの家にちゃんと残してありました。
 11年前に廉と西表島に行ったときに着て以来、しまったままになっていた。ボロボロになっているかもと思ったが、色あせているだけで、見た感じはだいじょうぶそうだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 着てみました。
 33年前よりは細くなっているはずなのに、着るのに難儀した。そうやそうや、このウェットスーツは元々着るのに難儀してたんや。
 でも着てしまったら、そんなに違和感はない。しっかり泳げそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちの家の前の別所川は浅い。足の立たないところで泳ぐ練習をしないと意味がないので、花脊大布施町まで行くことにした。
 別所川が合流する大堰川は、「京都丹波トライアスロン」のスイムコースの上流に当たる。大布施町あたりまで行くと、場所によっては足の立たない深いところもある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後5時前。
 気温27℃、水温24℃。
 なかなかいい感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初、肩の出たスーツで川に入った。あまり浮かないし、肩も寒い。
 すぐに長そでを上に着た。これで万全。
 浮力も落ちているかもと心配だったが、これだけ着るとプッカリ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 足の立たないところは5mほどしかない。
 仕方ないので、そのあたりをグルグル。
 上流向きはほとんど進まず、下流向きはあっいう間に流され・・・、これではあまりいい練習になっていませんね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 相変わらずの「死にかけた鯉泳法」。
 これはめっちゃ疲れる。
 とにかく、どんなことがあっても375m泳ぎ切らなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 何やかやで20分以上川に入っていた。
 レースでの目標は、13分以内なんですけど。
 これからしっかり練習していきましょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 東の空にお月様が。

 まだ少し時間があるので、花脊峠近くのトレイルコースを走ってみることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 花脊峠はもう24℃まで下がっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 峠から花脊山の家まで歩いていけるコースが整備されている。歩いていけるということは、もちろん走って行けるということ。
 前から気になっていたのだが、今日ちょっとだけ走ってみることにした。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 峠から進む道なので、ずっと下り。
 道幅は広く、走りやすい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1km進んだところで折り返し。8分12秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 来るときに気にしていなかったがた、途中小川を超えた。
 この川が別所川になり、大堰川に合流し、桂川、淀川となって大阪湾に注がれる。長い長い水の旅があるんやねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 峠に戻って2.05km、17分30秒。
 もうちょっと走りたかったけど、泳いでちょっとフラフラ状態。
 今日はこれくらいでかんにんしといたろ。

 多鶴子姉に聞いたところ、「花脊交流の森」前の川のほうが深くて長いコースが取れるとのこと。あの辺りは平坦な道路コースも取れるので、次は「花脊交流の森」を基点にして、スイム+バイク+ランの練習をしよう。
 いい練習場所が見つかった。うれしい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

大正旅館

大正旅館

「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」

「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」

「綾部福知山」家族旅行

「綾部福知山」家族旅行

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.