パオパオだより

2018年03月27日(火)

年金とピロリ菌 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は午後1時に、日本年金機構・上京年金事務所へ。
 前回の帰りに今日の予約を入れてもらったので、スムーズに手続きが進むものと思っていた。
 ところが一番最初に言われた言葉が、「藤井さんの共済の記録が出てきません。」
 「出てきませんと言われても、実際に働いて掛け金払ってたんですけどね。」
 「おかしいですね。」
 そう言われたあと、「しばらくお待ちください」と言われ、どこかへ行ってしまわれた。
 そして結論。「できれば、共済年金は共済で手続きされた方が・・・。」
     ◇     ◇     ◇

 「お手続きに関しまして、平成27年10月より、年金の請求に関してワンストップサービスが開始されたことにより、公立学校共済組合に加入されていた方でも、他の実施期間(日本年金機構など)などに請求書をご提出いただくことが可能となっております。」
     ◇     ◇     ◇

 公立学校共済組合の対応があまりにもずさんだったので、こちら(日本年金機構)に来た。それなのに、またこの対応。
 私は小学校講師9か月、教諭11年の実績があるのだが、「夢見とったんか知らん」と自信がなくなってきた。まさか!

 その場で公立学校共済組合本部(東京)に電話。
 ここでまたひともんちゃく。

 「年金基礎番号と待機者番号を教えてください。」
 「年金基礎番号は分かりますけど、待機者番号はそちらからまちがった番号が送られてきて、正しい番号を教えてくださいとお願いしたら『電話では教えられません』と言われそのままです。」
 「その番号でけっこうですから、教えていただけますか。」

 アホかいなと思った。
 かなり待たされて、「その番号だと別の方のお名前が出てきますね。」
 「だから、さっきそう言ったでしょ。」
 「生年月日で調べてみますので、教えてください。」

 そして、まただいぶ待たされた。
 「藤井さんの共済年金の記録が見つかりました。」
 「当たり前でしょう。実際に働いていたんですから。正しい待機者番号を教えてください。」
 「それは決まりで教えられないんです。」
 「そしたら、私はずっとまちがった番号のままですか。」
 「しばらくお待ちください。」
 「さっきから待たされてばかりで、携帯電話でかけてるので電話代がかかってしょうがないんですよ。」
 「分かりました。こちらからお電話させていただきますので、お電話番号をお願いします。」

 ああ、どこまで続くぬかるみぞ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いったん店に戻った。
 きくちゃんを見てたら心も和む。

 ヨメさんに上京保険事務所での話をしたら、「穏やかに対応していてはダメ。怒り狂わな」とのこと。ふだん怒ることがない私なので、そう言われてもねえ。

 午後3時45分に、また鞍馬口医療センターへ。
 今日は「甲状腺低分化癌」でもなく「胆のう炎」でもなく「ピロリ菌対策」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 受付を済ませ、2階の内科に上がろうとしているときに電話着信。

 「藤井さんの共済年金の記録が確認できました。」
 「はい、それはさっき聞きました。とりあえず、正しい待機者番号っていうのを教えてもらえませんか。問い合わせのときに必ず聞かれるので。」
 「前に年金請求書を取り寄せてもらったときに、その右上に年金基礎番号と待機者番号がメモしてあると思うんですが。もしお手元にあれば、確認していただけますか。」

 病院の待合のイスの上で書類を全部出して確認作業。
 「ありました。確かに2種類の番号が書いてありますが、こんなメモみたいな数字だけでは何か分からないでしょう。あなた方にとっては分かり切ったことでも、一般人には数字だけでは何か分かりませんよ。」
 「・・・。」
 
 「ミスばかりで信用できないので、そちらでの手続きはしたくないです。日本年金機構から請求します。」
 「そちらで手続きされても、書類はこちらに回ってくるんですけどね。」

 このひと言でカチンと来た。
 「まちがった待機者番号を送って来て、スタートからつまづかせているのにひと言のお詫びもなく、なんでそうゆう言い方をされるんですか。」
 ここでやっとお詫びの言葉が。

 けっきょく、今日中に手続き完了するつもりが執行猶予。
 62歳の誕生日が近づいているのに何の通知も届かず、私が行動を起こしたのが去年の11月。もう4か月もたつのに、何にも進んどらん。
 ほんまに共済年金もらえるん?
 だんだん不安が増してきた。カフカの「城」の世界やわ。

 私としてはめずらしく怒りの声を出したので、だだ疲れ。
 教訓・・・実りのない怒りは抑えた方がまし。

 しかしその時、こちらに向かって笑顔で手を振るかわいい方が・・・。もちろん、石田ゆり子似医師です。ああ、オッサン医師じゃなくてよかった。(これもセクハラでしょうか。)

 このあと、ピロリ菌除去の薬の説明。
 実は私は11年前に嚥下障害になり、その検査の一環として胃カメラ検査をしてもらった。嚥下障害の原因は見つけられなかったが、ピロリ菌が見つかった。
 その時、ピロリ菌除去の薬服用をすすめられたが、費用が2万円と聞き放置したままだった。だから詳しく説明していただかなくとも、どういう薬かはよく知っている。
 今回は石田ゆり子似医師の強い勧めもあって、「費用が高くついても実施しよう」と決意した。(またセクハラ発言?)
 無理やり3月に入れてもらったのは、今月はもう限度額を超えているので、2万円かかったとしても返ってくるから。

 まあ、「胃がんですね」と言われへんかっただけでも良しとせなあかんのかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもの院外薬局で薬を出してもらってずっこけた。
 「2000円です。」
 そんなに安くなっとったんかーい!

 11年前の10分の1ですか。(11年前は保険もきかなかったらしい。)
 こんなことなら11年も引き延ばさず、もっと早くやっとけばよかったね。

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は午前中にRUN。
 宝が池方面へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ジョギングコース起点まで約3.2km、17分半。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこから、桜の森を通りいこいの森方面へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いこいの森で折り返すつもりだったが、橋を渡って地下鉄・国際会館駅方面へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すると、その手前の広場にちょうど400mトラックのようなところがあった。
 実際走ってみると、400mに近そう。
 次は、ここで3000m走か5000m走でもしてみますかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもとちがうところを走るのはおもしろい。
 ここは、地下鉄・国際会館駅の南側。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 岩倉川の桜並木は五分咲きというところでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に到着。 
 約8.2km、47分01秒。
 桜を見ながらのRUNは楽しかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の夕食はチキンカツ。超安上がりだったらしい。
 ただし、体重も安上がり(?)の56.7kg。
 57を超えそうなところで停滞してますねー。

----------------------------------------------------------------------------------
【元国労・中野さん情報】

 ブログもツイッターも長らく更新されていないので、今中野さんがどうされているのかよく分かりません。でも、私が2月に入院した時にお見舞いに来てくださった山下けいきさんの話によると、「中野さんは高知を離れる予定だったが、どうも残るらしい」とか。
 中野さん、ブログかツイッター更新してくださいね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年03月26日(月)

さらば、シエンタ [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11年乗った「トヨタ・シエンタ」がもう限界。 
 今年はもういなかに引っ込むかもしれんので、雪道に強い4WDが必要。
 ということで、思い切って乗り換えることにした。ヨメさんには、「どこにそんなお金があるん!」と怒られたけれど。

 今日でお別れ。
 どうも廃車にされるようだ。
 それでも11年も乗ったので、ちょっとでもきれいにしてから持っていこうと思った。
 ぞうきんで中を拭きだすと、きくの毛だらけ。きくも気に入ってくれて、よう乗ってくれたからなあ。

 前にも書いたが、シエンタにした理由の一つに、その名前がある。
 10年近く住み慣れたいなかから一家で出てきて、不安なことだらけ。どこからでもどなたからでも「支援」を受けさせてもらえればありがたいと思っていた。「支援多かれ」でシエンタ。
 車に乗り始めたのは24歳からなので、もう38年。何台の車に乗ったのか分からないが、シエンタはその中で最高の11年も乗り続けられた。心から「ありがとう」と言いたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 乗り換える車が手配できるまでは代車。
 「ラクティス」という車やそうです。
 11年ぶりに乗る「シエンタ以外の車」は、こわくてこわくて。代車やから、絶対に事故を起こさんように気を付けなあかん。これから1か月、ヒヤヒヤしながら運転せんならん。たいへんやわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくは最初「ちがう、ちがう」と言って車に乗ってくれなかった。でも、ヨメさんに促されてやっと乗ってくれた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しばらく固まっていたが、窓を開けてやると、いつものように上手に手をかけて外を見ていた。
 きくは柔軟性があるわ。
 頭の固い私とえらいちがいやわ。

 分かりやすい赤い車じゃなくなったけど、またきげんよう乗ってね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川の桜は今、こんな感じ。
 ちらほら咲きです。

 春になると桜が咲く。
 あと何回、この新しい桜を見ることができるのだろう。
 次に乗り換える車が、私の人生最後の車になるだろう。
 そう思うと、ちょっと・・・。

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はいろいろといそがしく、走りに行ったのは6時半前。
 もう暗かったので、安全な団地内1kmコースを走ることにした。

 3周、5分26、5分10、4分51で15分28秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日まったく咲いていなかった近所の桜も、今日一気に開花。
 暖かい日が続くらしいので、あと2、3日もすれば満開かな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の夕食は、焼き魚と餃子とあえ物。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 メキシコ産やったかな、超やっすいメロン。おいしかった。

 本日の体重、56.9kg。
 まだ力がわいてこない感じ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

治療するかしないか [病院]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日も鞍馬口医療センター。
 おととい退院したばっかりやのに・・・。
 いやいやちょっと忘れかけていましたが、今日は「甲状腺低分化癌」のほうです。忘れられるものならば忘れてしまいたいけれど、そういうわけにはいきません。

 今日は超音波検査。
 予約は16時。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと早めに着き、超音波検査室の待合にいると「いらっしゃいませ。」
 「ズズズ・・・」ですね。
 見た目が宝塚男役トップみたいなT医師。このじょうだんが全然似合わん。光る眼にビビるちゅうねん。

 検査自体はどうちゅうこともない。
 「左側はツルツルできれいなもんです。右側にはぺっしゃんこになった○○がちょっと残ってますけどね。特に問題はないでしょう。」
 ◯◯がよく聞き取れなかったが、まあいいでしょう。私は細かいことにはこだわらないんです。

 検査が終わって本題。
 「今年も8月にアイソトープ治療の予約をしたんですけど・・・。先月と今月の血液検査の結果、サイロブログリンの値が、2.1→1.7と下がってきてるんですよね。
 京大病院のK先生も、『2以下ならだいじようぶかなという感じなんですが、2.6なんでねえ』とおっしゃっていたんですよ。それが今1.7でしょ。1週間の入院と高い費用をかけてまで入院する必要があるのかどうかと、今思っているんですが。」

 その答えは単純明快だった。
 「今おっしゃった通りのことを、京大病院の先生にも相談してもらって一緒に考えられたらいいと思います。」
 なるほど。
 その資料として、来月も血液検査をしてサイロブログリンの値の変化を見る。そのうえで、アイソトープ治療をするかしないかを決める。

 ああスッキリした。
 来月のサイロブログリン値が0.9とかやったらいいのになあ。(一番困るのは、また1.7継続ちゅうやつやね。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「薬のほうはどんな状況ですか」と聞かれた。
 「チラージンは飲み忘れたらあかんて聞いてたんで、順調に減っています。でもカルシウムのほうは、よう飲み忘れるんですわ。」
 「藤井さん、逆です。チラージンは一日くらい飲み忘れてもどうってことないです。でもカルシウムは忘れないように飲んでください。」
 「えー・・・、そうやったんですか・・・。」

 しっかり聞いているようで、けっこう間抜け。
 病院お向かいの薬局に薬を出してもらいに行ったのだか、これからも薬をまちがえんようにせなあかんわ。どんどん薬は増えていく一方やろうし。

 それにしても薬代は高い。今日は診察料より薬代のほうがずっと上やし。これを死ぬまでずっと飲み続けならんてね。いやになるね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年03月25日(日)

きく、13歳! [わんこ・にゃんこ]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日は、きくの13歳の誕生日。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 恒例、パオパオ手作り誕生日お祝いケーキ。
 今年は、もひとつでしたかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それでもきくは喜んでくれた。

 雲ケ畑に40日。別所に1年11か月。
 そして、ここ市原に11年。
 この先どこに住むことになっても、長生きしてやー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 8 )

コブシラン [ランニング]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 昨日きくのお散歩に行ったとき、「この白い花は何やろう」という話になった。

 私は小さい時、春休みによく山仕事に連れていかれた。うちのいなかは雪の多いところで、冬の間に雪で倒れてしまった杉苗を起こしに行く。(それを「杉起こし」という。)
 その時、向かいの山のあちこちに白い花が見えた。
 「桜には早すぎるし・・・。あの花は何?」
 「あれは、コボセや。春一番に咲く花や」と母が教えてくれた。(うちのいなかでは「コブシ」のことを「コボセ」という。)

 その記憶があったので、すぐに「コブシやと思うで」と言った。
 「ちがうやろう。モクレンやろう」とヨメさんが言う。
 その場で結論は出なかった。

 帰ってから調べると、「コブシ」と「モクレン」は親戚。
     ◇     ◇     ◇

   白木蓮とこぶしの違いは?3つのポイントで簡単に見分ける方法(ケンズニュースより)

春めいてくると、美しい白木蓮(ハクモクレン)を見かけるようになります。
春の季節は、桜も美しいですが、白木蓮が持つ白い清楚な美しさも格別だと思います。
また、桜と同様、春にしか咲かないという希少さもその美しかをよりひき立てているような感じもします。
ところで、白木蓮(ハクモクレン)は、辛夷(こぶし)と見間違えしまう方が多いので、その違いについてまとめてみました。
ちなみに上が白木蓮、下がこぶしです。

画像(320x239)・拡大画像(481x360)
画像(320x211)・拡大画像(481x318)

■開花時期

白木蓮は、3/10〜4/10頃なのに対して、こぶしは、3/15〜4/15頃です。
咲く時期は、こぶしの方が、若干、遅くなります。
こぶしと言えば、千昌夫の「北国の春」で
「こぶし咲く、あの丘 北国の ああ 北国の春〜」
と歌われてもいます。
“北国のこぶし”だから、咲く時期が少し遅いと覚えたら良いかもです(笑

■花の大きさなど

白木蓮の花の大きさは、8〜10cm
こぶしの花の大きさは、4〜5cm
白木蓮の方が大きいですし、花びらの幅が広く、厚みがあります。
こぶしは、花びらの幅が狭く、より薄くなっています。
また、白木蓮は花が閉じたような感じで咲きますが、こぶしは、しっかり全開します。
白木蓮の方が、少し恥ずかしがり屋という感じなのでしょうか^^

■花の咲く方向

花の咲く方向
白木蓮の場合は、花が上向きに咲きます。
それに対し、こぶしは、色々な方向を向いています。
白木蓮は、一途に一方向を向き、こぶしは、いろいろなところに愛嬌を振りまいているという感じなのかもしれませんね。

■葉の違い

白木蓮は、花が咲いている時、花の付け根に葉っぱがありません。
それに対して、こぶしは、花の下に一枚葉っぱがついています。
こぶしには、ワンポイントのアクセントがあるという感じで、ここも大きな違いという感じになります。

■3つのポイントで見分けましょう

ちなみに白木蓮もこぶしも樹の全体や樹肌を見る限りでは、ほとんど変わりがありません。
白木蓮もこぶしも同じ木蓮科で、そうった意味では、同じ仲間です。
だから、見分けが付きづらいというのもある意味、当然なのだと思います。
ですから、基本的には、
花の大きさ
花の咲く方向
花に葉っぱがついているかどうか
という3つのポイントで見分けるのが良いということにあります。
白木蓮とこぶしの違いをしっかりと見分けて、それぞれの美しさを満喫していきながら、春の訪れを楽しんでいきたいものですよね。
     ◇     ◇     ◇

 以上の見分け方から行くと、私の「コブシ説」が正しいように思うのですが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日のお昼は、ヨメさんが焼うどんを作っていってくれた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それだけでは足らんので、3時のおやつに餅を二つ焼いて食べた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後4時半、「コブシ」咲く市原の自宅を出発。 
 今日は鞍馬方面へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらの楽しみは、二ノ瀬の猟犬。
 今日も吠えまくられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 貴船口で、ちょうど「出町柳行き」の叡電が南下。
 あの細かいきれいな花はなんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鞍馬寺山門前で約5.2km、30分。
 いつもはここでちょっと休けいするのだが、今日は続けて10km走りたかったので休けいなし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 せっかく鞍馬に来たのだから、天狗さんにごあいさつ。
 今年は雪が少なかったので、長い鼻もだいじょうぶ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 駅前の花は、桜なんでしょうか。
 分かりません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りも元気な二ノ瀬の猟犬。
 ほかにもいっぱいいたけど、吠えまくられで飼い主さんが出て来られたら困るので、写真は一枚だけ。もうちょっと撮りたかったなあ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 その代わり、例のネコ広場でゆっくり撮影。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ボスっぽいネコちゃんもいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと上にももう2ひき。
 この数を見て、不妊手術はちゃんとできているんだろうかと心配になった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に到着、10.4km。
 1時間をちょっとだけ超えた。
 でも、10kmをしっかり走れたことが大きい。

 2kmダウンジョグをして、今日は12.4km。
 無理せず、ぼちぼち段階を踏んで。
 今のところいい感じです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の夕食はから揚げ。うまかったー。

 恒例、ふろ上がりの体重測定は56.8kg。
 早くも57kg回復近し。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2018年03月24日(土)

いくぜ! [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日、退院。
 
 朝食を食べ、荷物を整理するとまだ8時過ぎ。
 「今、看護師さんの引継ぎの時間とちがうんかなあ」と思った。
 なんか早すぎるような気もしたが、まあええか。

 パジャマからTシャツに着替えると、「いくぜ!」Tシャツだった。
 さあ、これからどこに?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 病室での最後のコーヒー。
 湯沸かし器から直のお湯は、今から思えばおいしくなかった。

 退院前に勝手に体重測定。
 服を着たままで55.6kgだったので、55kgくらいですね。
 今回の入院で、また入院前から2kg減。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんが迎えに来てくれるというので、1階の待合で待っていた。
 今日は土曜で1階は無人。ということはエアコンが入っていない。
 ぬくぬくとした病室に5日間もいたので、この待合がさむーてさむーて。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時過ぎ、お迎えの車が。きくちゃん付きで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくはやっぱり私を忘れていた。
 最初はわけもわからずにこっちを見てくれたが、そのあと車に乗り込むと全然私のほうを向いてくれなかった。こわくなったみたい。

 とりあえず、私は家に帰れてほっこり。
 これからは、体重戻しに向けて「いくぜ!」

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 せっかく家に帰ってきたのに、きくは近くに来てくれない。
 真樹の部屋から外を向いて日向ぼっこ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、オッサンせっかく帰ってきたんやから、遊ばんか。」
 しかし、きくは無視。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 何べんも呼んだら、やっと振り返ってくれた。
 私を思い出すまで時間がかかりそう。

---------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 とにかくちょっとでも走りたかった。
 日曜以来、中5日のラン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 行きが上り、帰りが下りになる東北部クリーンセンターへ。

 走り始めはさすがにふらついた。若干蛇行。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 入院中に桜が咲き始めるものと思いこんでいたが、やはりうちらへんはまだ寒い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 例のネコ広場には、今日は一ぴきだけ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返しの向山4号橋で15分10秒。
 かなりゆっくり走ったつもりだが、まあまあ走れていた。

 しかし、折り返して下りに入ると急に吐き気。
 気持ち悪くて気持ち悪くて。
 これはたぶん体重減の影響だと思う。5kmも走り切る力がないということ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は市原野保育園の卒園式。
 卒園児と保護者が人のアーチをくぐっていた。
 うちの真樹がここを卒園してから、もう17年にもなるんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5km、29分57秒。
 1kmジョグをプラスして6km。
 退院日にこれだけ走れたら十分。吐き気も次第におさまった。

 お昼はうどん。
 このあと間食もして、夜もしっかり食べて、体重を少しでも戻そう。

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく2】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後は休養。
 5時から、きくのお散歩へ。
 ヨメさんもいっしょに。

 すると、途中で店のバイトさんから電話。 
 「お客さんやし、店に行くわ。」

 きくはわけもわからず、ずっと去っていくヨメさんの後ろ姿を見つめていた。
 「知らんオッサンだけになると、不安なんかい!」

---------------------------------------------------------------------------------------
【RUN2】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくの散歩のあと、もう一度走りに行くことに。
 走りなれた十王堂橋往復5kmへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午前中ほどしんどくはなかった。
 折り返しで13分40秒。

 ここの桜もまだ全然。ほころんでもいなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5km、27分38秒。
 5kmはもうだいじょうぶやね。
 あとは、もうちょい距離が伸びても走り切れるスタミナづくりや。

 午前6km、午後も6km走って合計12km。
 足指付け根も痛まなかったし、これからしっかり計画立てて走りこんでいこう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんが「何食べたい?」と聞いてくれたので「肉」と言っておいた。

 今回の入院は健康体での入院だったので、お腹が減って減って。パソコンで食品の通販ばかり見ていた。中でも牛ステーキのページはなんぼ見たか分からん。頭が痛くなるくらい。
 だから「肉」というのはステーキのイメージだったのだが、ヨメさんが用意してくれたのは豚肉の水炊き。まあお腹にはこっちのほうがずっとやさしいのだけれど。

 お風呂上りに体重測定。
 56.1kg。
 水炊きの威力、ありましたね。ただし、これは最後にスープをいっぱい飲んだから。一時的な体重増で、身にはなっていなさそう。

 一週間に1kgずつ増やして、4月15日の「宍粟市さつきマラソン」を59kgで迎えられるようにしよう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2018年03月23日(金)

身元引受人? [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「みき江ねえさんがな、『アホな弟でごめんな』って言ってはったわ」と前にヨメさんが言っていた。その姉からのひと言で、私への積もり積もった怒りがだいぶ静まったらしい。

 私が入院するたびにお見舞いに来てくれるのは、みき江あねだけ。今回は義兄の弘さんもいっしょに来てくれた。

 3月生まれの姉は、敬老乗車証をもらってきたそうだ。私の8歳上なので、もうそんな年になっていたんですね。

 その話から年金の話になった。
 私が「試算してもらったら、65歳からで年41万、前倒しですぐもらったら34万くらい」と言ったらびっくりしていた。姉はたぶん35年くらい、義兄は40年以上会社勤めをしていたので、こんな少額ではないのだろう。
 まあ私のようにまじめに働いてこなかったら、老後にえらい目に合うということなんでしょうね。

 ヒマなので、また年金のことを調べてみた。
 76歳以上生きる人は、年金を65歳からもらったら元が取れるらしい。でもそこまで生きられない人は損になるとか。その可能性の高い人は前倒ししてもらうべし。私はその可能性がかなり高い。5年生存率が50%台ですから。
 それでも今すぐもらうと月28000円くらいなので、せめて30000円になる今年の誕生日までは待とうかと思っている。(2年前倒しの63歳から。)

 私に何かあった時、身元引受人になってくれるのはみき江あねくらいと思っていたが、この歳になって甘えていたらあかんね。自分で自分の始末を考えなければ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の朝食は五分がゆ。
 食べ終わったあと、「シャワー使われますか」と聞きに来られた。お願いすると、「一番に入ってください」と。
 なんと、朝8時15分からシャワー。
 シャワーのあと体重を測りに行くと、55.3kg。ついに、実質54kg台に。
 昨日はお腹が減って、パソコンで食べ物の通販ばかり見ていた。それが逆効果で、さらに体重が減ったんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お昼はやっと普通のおかゆ。
 おかずがお肉だったので、この組み合わせは変。
 もう白ごはんを食べてもいいような気がするんですが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 姉が見舞いに来てくれた時、「今朝も寒かったやろ」が第一声だったが、病室にいると何も感じない。
 この5、6日の間に、桜もだいぶ咲いたんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕食の焼き魚とちっちゃいエビがおいしかった。

 明日の朝には退院。
 さあ、体重戻し計画を立てなければ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

※身元引受人とは・・・ 刑事事件での身元引受人(みもとひきうけにん)とは、逮捕によって身柄を拘束された被疑者(被告人)の監督を行う人の事を言います。 刑事事件で身近な方が逮捕されてしまった場合は、この身元引受人がいることで早期の釈放を望めることもあります。
     ◇     ◇     ◇

 「身元引受人」て、主に警察とかで使う言葉やったんや。一般によく使うのは「身元保証人」のほうですね。私は誰も「引受」も「保証」もしてもらえんけど・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年03月22日(木)

「洗濯のりは食べられん!」 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都五山の送り火のことを「大文字焼き」と言う人がいる。
 「今川焼き」や「人形焼き」じゃあるまいし、どこにもあんこ入ってませんよー。

 大文字(左京区)
 松ヶ崎妙法(左京区)
 舟形万灯籠(北区)
 左大文字(北区)
 鳥居形松明(右京区)

 これで五山。
 この中で一番マイナーなのは、やっぱり北区西賀茂の「舟形」かなあ。
 先日、東京の下山さんに「舟形」の洋菓子をおみやげとして持って行った。一応そこで説明したのだが、「舟形」と言われてもたぶんご存じなかったと思う。御薗橋より北の河原に出ると、火傷しそうなくらい近くに見えるのだけれど。
 「大文字」に飽きた人にはお勧めです。ぜひ、8月16日には見に来てください。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日で入院4日目。
 今回の入院は、体は元気なので退屈。
 朝食もまた「おもゆ」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昼食から「五分がゆ」と予定表に書いてあったので楽しみに待っていた。
 ところが運ばれて来たお椀を開けて、「ガーン!」

 「おもゆやないかーい!」

 すぐに言いに行った。

 「ちょっと待ってくださいね」としばらく放置。
 だいぶたってから謝りに来られた。「これしかないので、お昼はしんぼうしてください」と。

 お隣さんは一週間の絶食で、今日のお昼、私と同じ「おもゆ」で食事復活。
 看護師さんが「食べられましたか」と聞きに来られた。
 「洗濯のりは一口も喉を通りませんでした。」
 「うまい!」
 心の中でそう叫んだ。

 たしかにあれは洗濯のりやね。白い洗濯のりと、ちょっと色のついた甘い洗濯のり。どちらも気持悪い。
 それでもお腹が減っているのと、きちんと謝りに来られたのとで、いただくことにした。例の洗濯のりを。

 このあと、石田ゆり子似医師が病室に来られた。お隣さんも担当のようでいろいろとお話されていた。
 「全然食べられなかったので、売店に行って何か買ってきていいですか。」
 「そうですね。プリントとかヨーグルトとか、あとはすぐ消化できるお菓子類ならいいですよ。」

 よっしゃよっしゃええがなええがな、私も同じようにゆってみよう。
 「五分がゆのつもりでいたので、おもゆでは全然お腹がふくれなくて。売店に行って何か買ってきていいですか。」
 「ダメです。病院が出したもの以外は食べないでください。(キッパリ)」

 なんでやねん!
 こんな元気で腹すかしてんのに・・・。
 第一、五分がゆ出さへんかったんは病院のミスじゃろが。

 しかし、相手が石田ゆり子似医師なので、しんぼうしんぼう。
 気持ち悪い「おもゆ」を飲んだあと、体重を測ると55.7kg(実質55.2kgくらい)。
 これでは、いつまでたっても体重は戻らんどー。

 このあと、栄養士のIさんも来られた。
 「T先生(石田ゆり子似医師)のお話を聞いていると、直前に食べたものと胆のう炎の発作はそんなに関係ないみたいですね。たまたま、その時期になったって感じみたいですね。」
 「そうかもしれません。先生がおっしゃるように、これを食べたからこうなると決まったものはありませんから。できれば避けた方がいいと言っている食品も、避けてばかりいると栄養が偏りますし。今藤井さんは筋肉が落ちている状態ですから、いろいろなものを少しずつまんべんなく食べられたらいいと思います。」
 「ヨメさんがすぐ『あれはあかん、これはあかん』てゆうんですわ。」
 「T先生や私がだいじょうぶと言ってたと伝えてください。」
 「はい、そう言います。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜にやっと「五分がゆ」と形のあるおかず。
 あー、うまうま。

 ヨメさんも来てくれてしゃべっていると、やっとお腹も気分も落ち着いてきた。

 ほんま、食べもんの恨みはこわいでー。
 早く体重を戻したーい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「旅芸人の記録」

「旅芸人の記録」

第16回四万十川ウルトラマラソン

第16回四万十川ウルトラマラソン

四国八十八カ所ピースラン・続き

四国八十八カ所ピースラン・続き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.