パオパオだより

2018年02月19日(月)

仕事復帰 [雑用]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

仕事中は老眼鏡をひっかけて

 今日から仕事復帰。
 と言っても、いつもの寮の管理代行のバイトですけど。

 本来9日(金)の勤務だった分を、入院して来れなかったので無理やり今日に振り替えてもらった。そのため、今週はけっこうハードなスケジュールになった。

 19日(月) 寮2、24時間
 20日(火) 休み (左京区役所へ高額療養費申請、そのほか金策巡り)
 21日(水) 寮1、17時間
 22日(木) 胃カメラ検査
 23日(金) 寮2、24時間
 24日(土) 出張販売荷物積み込み
 25日(日) 「宇治川マラソン」出張
 26日(月) 寮1、17時間

 こうして見てみると、明日くらいしか走れる日がない。
 って、もうしばらく走らんでいいのか。

 「宇治川マラソン」には、真樹が沖縄から手伝いに帰って来てくれる。
 そして、28日(水)に家族5人そろって日帰り旅行に行く予定。それを励みにして、しっかり働くことにしよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ただいま、寮2のパソコンにトラブル発生中。
 私の仕事は、パソコン画面を見て寮生の入退館や喫食状況を調べる。そのパソコンが使えないので、仕事量はいつもの半分くらい。ただし、時間は長い長い24時間であることは同じ。

 ヒマな分、いつもの朝日・日経チェックは入念に。
 朝日では、「教えて!憲法 基本のき」という連載がよかった。分かっているようですぐに忘れてしまう憲法は、何べんも何べんも繰り返し読まなあかんね。

 日経は、いつもの「がん社会を診る」。
 2月7日の「赤ら顔で飲酒、リスク高める」がよかった。エタノールが肝臓で「アセトアルデヒド」に分解され、それをまたALDH2ちゅうやつが酢酸に分解して解毒する。ALDH2の遺伝子には分解力の強い型(正常型)と乏しい方(欠損型)があり、両親から受けた遺伝子のうちのどちらか一方が欠損型である「部分欠損型」が日本人の45%を占める。
 これや、これ。うちは父親が酒飲み、母親は一滴も飲めなかった。私は典型的な「部分欠損型」ですね。これで大量に飲酒すると、食道がんのリスクがすごく高くなるらしい。もうかなんで、新しい病名をもらうんは。きーつけよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 仕事はほぼ一日中座ったままなので楽。
 心配なのは食事。避けた方がいいものばかりのメニューの可能性もあったので、家から海苔とかマメの炊いたんとかを持ってきた。まあ、今日のおかずはぎりぎりセーフかな。量をだいぶ減らしたから、胆のうへの負担も少なかったように思う。

 これから寮の管理代行が続き、寮の献立のものを食べなくてはならないことが多いので、慎重に慎重に。まずは食べる量を減らすことからですね。(寮の献立を載せたいのだが、会社からそれはダメという通達がありました。)

 今日の食事コントロールはまずまずうまくいった。この調子、この調子。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月18日(日)

京都マラソン2018応援 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はおとなしく、京都マラソン応援。
 ランナーにとっても応援の者にとっても絶好のお天気。
 2月中旬の京都でこんないい天気は、もう二度とないかもしれない。ああ、今日走れてたらなあ。私の「サブ3.5」の可能性は80%くらいあっただろうに。くやしーい!
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日同窓会に帰っていた廉を、地下鉄・国際会館駅まで送っていく。
 ヨメさんはランナー全員を応援したいと、早めに家を出た。西賀茂橋まで歩いて行くと言う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私も廉を送ったあと、すぐに西賀茂橋へ。もちろん走って。
 家を出たのはちょうど10時。
 近道をしたつもりが意外と遠く2.4km、16分。

 西賀茂橋西詰が第4関門(18.4km)で、ここを11時40分までに通過しなくてはならない。ヨメさんが立っていたところ(東詰下がる)は18.7kmくらい。

 私が到着した時、「もうかなりのランナーが通過した」とヨメさんが言った。キロ4分で1時間15分なので、やはりみなさんいい調子で突っ込んでいかれたようだ。私の応援したい人はそれよりはゆっくりな人ばかりなので、ちょうどいい時間に来れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すると、パッと目に着く美人ランナーが。
 「そとみねさーん!」
 「あっ、ふじいさん、からだだいじようぶなんですかー・・・。」
 こんな早いスピードで駆け抜けられても、私の体を気遣ってくださる心優しい方です。ありがとうございます。必ずまた復活しますから。待っててくださいね。

 じっと待つのは性に合わんので、コース逆走。とりあえず、かもなす由美さんが島方式ボランティアをしておられるところまで行かなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 西賀茂橋を渡ってしばらく行ったところで、「ふじいさーん!」の呼び声。
 「おー」と応えて写真を撮らせてもらったが、お名前が出てこない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 続けてもうお一人からも声が。 
 急いで写真を撮らせてもらったが、こちらもお名前が出てこない。
 すんません、半分ボケジジイですので・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 またまた、「ふじいさーん!」の呼び声。
 今度は、どこからよばれているかが分からなかった。
 「こっちー!」と呼ばれてやっと分かった。走友・細井さんでした。細井さんは私を見つけるのがうまい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さてさて、島方式の場所まで。

 給水所で落とされたタブ系のごみがすごかった。
 立ち止まって取ったらどうなん。もったいない。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 私は超ベテランランナーなので、その辺はそつないですよ。
 「走りながら取る」ということはない。立ち止まり、落ち着いて「いただきます」と言っていただいています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 御薗橋西詰で島方式をしておられるものと思っていたら、そこじゃなかった。「もうちょい西か」と思い、御園橋通を西へ。
 すると、4時間半ペースランナーに堀田さん。意外なところで意外な人に会えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大宮通との交差点で島方式発見。
 西賀茂橋から1.3kmくらい。
 交差点の真ん中に、横断したい自転車とバイクがたまっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 男性ボランティアさんが私を見つけてくださり、「こっちですよー。」
 おー、そこに由美さんがおられました。

 「病院脱走してきたんか?」
 「いえいえ、昨日普通に退院してきました。ちゃんと受付まで往復走って行ってきましたでー。」
 「そうかー、走って。でも退院してしもたら、私明日病院行くのに、お見舞い行けへんやん。」
 「もう『ご清聴ありがとうございました』できませんでー。」
 「ほんまやな、残念。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 二人の自撮り。
 いいお顔ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、またヨメさんのところまで。 
 けっきょく、私が応援したかった中嶋さんと桜井さんは見つけられなかった。ヨメさんの横で待機しておいた方がよかったかな。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 帰る途中で、こんな応援。
 犬好きランナーにはたまらん応援ですね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 元の場所に戻ったのは11時5分くらい。 
 関門制限まで、あと25分。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ここからの応援をがんばらなくてはね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 山本さん(京都走ろう会)。
 声をかけさせてもらったら、元気なお返事が返ってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川河川敷を走っているのは・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そうそう、今日は賀茂川パートナーズの練習日。
 京都マラソン開催を気にせず、いつも通りの練習をされているようだ。
 あのペアは、平山君と吉川さんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」のななめ向かいのカラオケ屋さんのご主人。いつもお世話になっています。
 最近不調と言っておられたが、笑顔で走ってられてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5時間半ペースランナーに宮村さん。
 楽しそうに走っておられました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その後ろに斉藤さん(京都走ろう会)。
 みなさんから注目されるペースランナーの仕事は、それなりに大変でしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「まえださーん、しっかり!」
 「はい、がんばります。」

 カツを入れさせてもらいましたので、ぜひ時間内完走してくださいね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これは絶対に、禁止されている仮装ではありません。ふだん着物を着ている人の普段着です。これをダメにすると、民族衣装締め出しで差別問題に発展します。
 私も着物で走ろうか知らん。そのためには、今からふだんに着物を着る実績を作っとかんとあかんね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、関門までの時間がどんどん少なくなっていく。
 さすがにこのあたりになると、ランナーの数がまばらになってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 川向では、「関門制限まで、あと○分」のカウントダウン。
 多くのランナーが必死で走っておられる姿を見ることができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ますみちゃん、ランナーがいやはるうちに写真撮っとこ。」

 三角コーンにカメラを置いて、ツーショット写真。
 走れへんかったけど、いい記念になりました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 関門を通過されたランナー全員を見届けて、二人で家まで歩いて帰ることに。
 2.4km、2.4これもまあデートみたいな・・・。

 「京都キャロット」旧事務所につながるきつい坂を上ると、美猫・こたろうちゃんのおうちの前。
 「もうだいぶ前に見た切りやし、もうおらへんにゃろなあ」と庭をのぞくとちがうネコちゃんが。

 「あら、めずらしい」と飼い主さんが私らを見つけ、駆け寄ってこられた。
 「あのー、小太郎ちゃんて、もういませんよね。」
 「いいえ、元気にしてますよ。まだ9歳くらいやと思いますよ。」
 長いこと見てへんかったから、もっと年寄りと勘違いしていた。
 「あのネコちゃんは?」
 「こたろうが、ほかされてお腹の大きいネコちゃんを連れてきて、うちで産んだんです。そのお母さんも生んだ後も大変やって、動物病院連れて行ったり・・・。」
 「その時に産んだネコちゃんですか。」
 「そうなんです。全部もらってもらおうかと思ったけど、1ぴきはお母さんのところに残しといたげなかわいそうかなあと思って。」
 「いやー、ええとこに飼ってもらってよかった。こたろう君はすごいやさしいネコちゃんなんですね。」
 「ところがね、そのお母さんネコ、こたろうが来たらフーと追い返すんですよ。全然ありがたく思ってへんみたい。」
 
 「うーん、それどっかで聞いたことのある話やなあ。私一人の力で育てましたてか」とヨメさん。
 「自分や、自分!」

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

小太郎 (2012年3月)

 こたろうちゃんには会えへんかったけど、元気にしていることが分かってよかった。それに飼い主さん(すごくお上品な農家のおねえさん)とも久しぶりにお話ができてよかった。

 「私のピカチュウには一言もふれはらへんかったなあ」とヨメさん。
 「普通のデブの服に見えたんやろう。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コンビニによってうどん玉を買い、家に着いたのは12時半ころ。 
 きくは退屈そうにしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「今日みたいにいい天気やったら、きくもかしこう見ていたかもなあ。」

 来年はきくも応援に行く?
 いや、私はやっぱり「おきなわマラソン」のほうに行きたいかなあ・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月17日(土)

第101回9の日平和ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私のラン再開は「9の日」から。

 って、今日17日ですやん。
 いいんです、いいんです。走れるときに走ったら。

 今日は「京都マラソン」受付の日。受付にはギリギリ間に合いましたねえ。
 「あんなに苦しんで入院したのに、退院日にランですか」と思われる方もあると思う。一応、石田ゆり子似医師は「体と相談して、無理しないように少しずつ走ってください」とおっしゃっていた。
 受付場所までは9km弱でしょう。これをゆっくり走るならば、私にとっては「少しずつ」の範疇です。

 午後3時、スタートしようと思ったら猛吹雪。ちょっと待って、3時25分に自宅出発。

 もともと受付には走って行くつもりだったが、その直前の体調が不安定になってしまっただけにに、ふだん走るときには持たない携帯電話とお金をしっかり持ってスタート。危ないと思ったら、すぐバスかタクシーに乗ること。

 それと調子乗りの私を制御するために、厚着でスタート。ここ重要なんです、暑がりの私は厚着をしたら否応にもスピードが抑制できるんです。
 それにしても、パンダ帽子と黒ネックウォーマーは怪しすぎる。一応「9の日平和ラン」なので、「いらんちゃ 米軍基地!」ジャンバーで。この色なら、倒れていてもすぐ見つけてもらえるでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 受付会場・みやこめっせへの最短距離を。
 いつものポチ君にごあいさつし、圓通寺の裏の急坂を真っ下に。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地下鉄・北山駅で3km。 
 入院前、京大病院まで走って行った時が7.5km。みやこめっせはその1kmほど先なので8.5kmくらいか。ずっと下りなので、無理しなかったら全部走って行けそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出町を過ぎたところから鴨川河川敷へ。
 うちらへんは雨でビチャビチャだったのに、ここらは濡れていなかった。そんなにちがうんやね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 飛び石を渡る人たち。
 逆光で撮ったのでいい感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都精華高前で6km、40分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 冷泉通の手前で上の道へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 冷泉通は、大文字駅伝の旧10区(アンカー区間)。
 真樹が小6の時、走らせてもらいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あー到着。
 ここが入口かと思いきや、「入り口はこの先でーす」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ほんとうに到着。
 8.15km、54分38秒。6分42秒ペース。
 想定では9km弱だったが、思っていたより近かった。

 時々「フ―」となりかけたけど、まあまあ走れましたやん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すぐに受付へ。
 「受付だけして走りません」と言ったのに、「緊急連絡先を書いてください」と。
 なーんでか、よう分からん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 他の番号のところはガラガラだったのに、私のところだけ混みごみ。これも理由がよく分からんかった。
 「サブ3.5枠」、採りすぎたんちゃう。

 いったんナンバ―カードを受け取った後、チップ回収所へ。
 明日の朝、「やっぱり走る」とか血迷ったことを言い出さんようにね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこから出口までが遠かったこと。
 これで気分が悪くなってしまった。

 帰りも自分の体調が続く限りは走って帰ろうと思っていたが、この迷路ウロウロでゲーが出そうになった。もう京阪と叡電で帰るか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そんな時、目に入ってきたのがわが社の緑のガードマン制服。そうそう、3年前の今ごろ私もここに立ってました。
 知ってる人がいないかと探したが、ほとんどが女子大生契約社員。「ざーんねん」と帰りかけたとき、真樹のそっくりさんの○舘さん(30歳)発見。なんでもできる○舘さんなので、今日の隊長役かな。

 今回のいきさつを初めから終わりまで、お仕事中なのに全部聞いてもらいました。
 「3月から週1くらいで復帰しようと思ってたんですけど、また前とちがうところに悪いところが出てきて・・・。」
  これがいつまで続くんでしょう。でも、○舘さんとしゃべれて、急に力がわいてきた。
 「やっぱり、走って帰ろうっと。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スポンサーの顔を立てないといけないのは分かるけど、私のように体調不良の者はシューと出してほしい。出口に展示されていた雛人形を見て、お口直し。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4時50分、みやこめっせ前をスタート。
 プログラムや参加賞を背中に背負って。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 センスのいい看板発見。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 冷泉通の横の疎水は工事中。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川合流地点で約2.5km。
 このあたりから、また天気がぐずついてきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 下鴨西通のスーパー・セルフィ下鴨で約4km、30分。
 あと半分。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 最後のほうにこの急坂が待っている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さすがに上り坂にやられ、8.16km、1時間02分45秒。7分41秒ペース。

 往復16.3km、どうにかこうにか走り切れました。
 ただしいつもとちがい、走ってきた途中の記憶がどんどん薄れて行っている。脳に栄養回ってへんのですかね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6時前に帰れてよかった。
 当分、暗い時は走らないようにしようと思う。今の体調では危ないので。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんに、ナンバーカードと参加賞を披露。
 「パオパオ」ゼッケンで走りたかったなあ。元気になったら「京都マラソン」コースをこれ付けて一人で走るか。
 参加費12000円で、この手ぬぐいみたいなん一つだけとはねえ・・・。うーん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 晩ごはんは、おかゆと手羽先煮とサツマイモのお味噌汁。おいしくいただきました。

 10日ぶりの湯舟はよかった。
 ふろ上がりに体重を計ると、「55.7kg」。
 どひぇーん、病院では服を着たままだったので500g分くらい引いたらいいのかと思っていたが、もっと引かなあかんかったみたいやね。

 今日、店のバイトさんとガードマンの○舘さんの両方から「すごく痩せはって」と言われた。そらそうやわなあ。入院前から4kg近く減ってるんやから。
 いろいろなことに配慮しながらも、しっかり食べて体重戻さなねえ。これでは、走れんわ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

9泊10日で退院 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日午前9時半、無事退院いたしました。 
 心配してくださった皆様、ありがとうございました。

 9泊10日の入院は、今までで一番長かったものでした。
 またすぐ来週に胃カメラ検査があり、3月には結石除去手術で入院と気は抜けませんが、まずは一区切り。
 無理をせず、養生するように心がけます。

 このブログもずっと「病院ネタ」が続きましたが、これからまたおもしろいこと書きますねー。見てくださいねー。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の最後まで出ましたアップルジュース。
 もう当分はいらんなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 退院前に体重を計る。
 また、うまく写らず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 服を着て、カメラを持って56.8kg。
 やっぱり56.5kg以下ですね。

 高校卒業後の最低記録です。44年ぶりの記録更新ですか。
 昨日シャワーをさせてもらったとき、鏡に映った浮き出たあばら骨にビックリ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 病院での最後のコーヒー。
 京都走ろう会のポップさんが、ブログ「ぽっぷらぽち」の中で私のことを書いてくださっていた。
     ◇     ◇     ◇

(中にはいつもお世話になってる京都キャロットのパオパオさんのブログを拝見させてもらっています。今は入院されていますが、またお元気な姿を見られるのを楽しみにしています(^^) )
     ◇     ◇     ◇

 気にかけてくださってありがとうございます。
 やせてしまいましたけど、元気ですよー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最近は「京都キャロット」のジャージを着て、これが話題になるように画策していました。何人かが引っ掛かってくれましたなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一番最初にお世話になったS看護師さん。最後も来られて、「病院に来られた時はたいへんでしたね。でも、だいぶ回復されてよかったですね。また砕石に来られるんですよね」と声をかけてくださった。Sさんのような落ち着いた物腰の方が一番。今回のピカイチ看護師さんでした。

 荷物を整理し、ナースステーションによって退院準備完了。
 お金がないので後払いの手続きもしておいた。
 10日間もの長い間、たいへんお世話になりました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こないだヨメさんにいらんもんをたくさん持って帰ってもらったのに、大変な荷物。これ、ピーチならセーフ(10kg)でジェットスターならアウト(7kg)になるとこですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地下鉄・鞍馬口駅から国際会館まで。
 そこから京都バスで地球研前。

 病院から少しの距離なのに、気温は下がり、天候も全然ちがう。雨ですやん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ああ懐かしの我が家、10日ぶり。
 やっと帰ってこれました。またすぐ入院やけど・・・。

 さあ、きくちゃんは?

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に着き、玄関から「きくちゃん、きくちゃん、帰ってきたでー」と何回呼んでも出で来ない。
 しびれを切らして、廉の部屋、真樹の部屋と覗いてみるがおらず。
 居間で固まってましたがなー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 とりあえず記念写真。
 きくは困っとったなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、オッサンやん。忘れたん?」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「オッサンと言われても、どこのオッサンなんだか・・・」と言いたげなきく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これがきくなりの「死んだふり作戦」なんでしょうか。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「きくちゃん、おちゃんぽ行こか。」

 この「おちゃんぽ」にはガバッと反応。
 「どこのどなたか存じませんが、そこまで言っていただけるのなら、お付き合いしましょうか」という感じかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出かけたときはすごいいい天気。
 きくも大喜び。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10日ぶりおちゃんぽ記念写真。
 やっぱり、まだ困ってますね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 大きい公園に行くまで、何回かフラッと来た。
 そらそうや、10日間トイレとロビーくらいまでしか歩いてへんにゃから。

 このころから比叡山に雲がかかかり、天気があやしくなってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 小雨からみぞれ、そしてだんだん本降りに。
 公園のトイレで雨宿り。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 いくら待っても降りやまず。
 「きくちゃん、ちょっと走るか。」

 きくはいつもヨメさんと走っているらしいので、いつでもOK。
 私は病み上がりで、ちょっと足元おぼつかなかったが、、きくといっしょならだいじょうぶ。公園からは800mほどあるはずだが、何とか走り切れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に着いたら、私もきくもビチャビチャ。 
 中嶋さんの教え、「冬は晴れていても帽子をかぷって走りに出る」を忘れていました。
 でも、少しでも濡れるまいと頑張って走ったのがよかった。ゆっくりちょっとずつなら走れそう。
 きくちゃんのおかげやわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのあと、やっと何となく思い出してくれたみたいで「もう一回おちゃんぽ」要求のグイグイ。
 「もう行かへんで―」と言ったら、すねていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「また、夜にな。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月16日(金)

コーヒーにコーフン! [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日の午後3時半ごろ、ドクターからの許可が出たので8日ぶりにコーヒーを飲んだ。そらもう、おいしゅうておいしゅうて。
 そして夜になり、いつも通り10時半くらいに横になったのだがまったく眠くならない。前日までは、お昼寝をしても夜になればすぐ寝つけたのに。昨日は朝6時からずっと起きていてお昼寝もなしだったのに、夜になっても眠くならなかった。
 思い当たるのは、コーヒーを飲んだことのみ。昼に飲んだコーヒーが、寝る前まで影響するとは知らなんだ。8日ぶりに体に入ってきたカフェインに、過剰反応を起こしたんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それともう一つ。
 やっとうつらうつらとしかけたころ突然、「詰所の方―、詰所の方―」と叫ぶ声。
 「あっ、廊下側の『たつじい』さん。「『詰所の方』ってなに? なんでナースコール押さへんにゃろ。この部屋はナースステーションから一番遠い部屋やから、叫んでも聞こえへんで。代わりにナースコール押したろか」と思った。
 そう悩んでいるうちに、バタバタと足音。すごいねえ。あんなに離れているのに聞こえたんやねえ。私には絶対ナースは務まりませんなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そんなこんなで熟睡できず。
 朝起きたら頭がボー。このごろ好不調が一日交替。

 朝食を食べ、シャワーを浴びて戻ってくるとヨメさんが来てくれていた。新聞とコーヒーを持って来てくれた。
 「このためだけに時間取って、駐車代払って・・・」とぼやいていたが、かわいいかわいいますみちゃんの顔見ただけで元気出ますがな。
 そのあとさっそく持って来てくれたコーヒーを飲むと、体がシャキン!
 「コーヒーを飲みながら新聞を読む」、これこそ私が一番くつろげる時間です。ありがとうね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 退院後の食事についてよく聞いておきたかったので、栄養士さんに来ていただいた。この方もIさん。「鞍馬口」はIさんが多いわ。

 若くてかわいい女性だったが、すごく丁寧に分かりやすく説明してくださった。
 脂分が胆嚢に悪いのは前から知っていたが、繊維質の食べ物も要注意とは初めて教えてもらった。繊維質のものは消化するのに時間がかかり、それだけで胆嚢の負担になるらしい。その代表的なもののうち、ゴボウはめったに食べないが、糸こんにゃくときのこ! 冬場は2日に1回は食べとがるなー。大好きやし。当分、豚肉と白菜だけの水炊きですか。

 あと、強調されていたのは「一気に食べないこと」。控えたほうが良い食品が混じっていても、そんなに気にすることはない。気にしすぎると食べるものがなくなってしまう。大事なのは、その量。いろいろなものを少しずつ,何回かに分けて食べれば問題ないとのこと。そう聞いて、ちょっと安心した。


※ パソコン調子悪し。なおったら、続きを書きます。(16日20時)

※ 打てない文字があったのですが、今治りました。付け加えます。(17日7時)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昼食後、夜眠れなくてもいいのでまたコーヒー。
 栄養士さんのお話によると、このコーヒーは自販機のコーヒーよりカフェインがきついはずとおっしゃっていた。。それでも飲みたい。いや、「きついから」飲みたいのかも。

 そのあとベッドでおとなしく本を読んでいると、「こんにちはー」とお見舞い客が。
 なななんと、耳鼻科の担当医であるT医師(Iさんばっかりでややこしいが)。
 「明日退院なさると聞いたので、やってきました。」

 今回意外なお見舞い客の連続だったが、まさか耳鼻科の先生がわざわざ私の病室まで来てくださるとは思ってもみなかった。
 いろいろ今回のいきさつなどをお話したのだが、みんな「知ってます」というお返事。私が「退院後に走ってもいいか」と聞いたこと、それに対する内科のI医師の見解などもすべて知っておられた。「横のつながりがしっかりできてるんやなあ」と感心した。

 帰り際、「彼女は石田ゆり子みたいなかわいい先生ですが、とても勉強熱心な賢い先生ですから、安心して診てもらってください」と言って帰られた。
 「いやー、ボクは○○先生から□□先生まで、いい先生ばかりで喜んでいます。」
 「いえいえ、私なんか・・・。」(耳鼻科のI医師は宝塚系。)
 ほんとうは、「美人医師から美人医師のリレーでウハウハです」と言いたかったところだが、これはアウト! 自重、自重。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 恒例、病院食公開。
 だれも興味ないかも…。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お昼はうどん付き。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕食はしっかり。
 おかゆ以外は、かなり普通に近づいたのでは。
 それにしても、最後までアップルジュースやったなあ。

 そして夜。
 今日の記事を書いている途中、突然一部の文字が打てなくなってしまった。せめて切りのいいところまでと、打てない文字をよそから探してコピーしてとたいへんだった。(現在、問題解決。)
 そのあと、悲しいお知らせのメールが。これは私個人にとって悲しいだけで、他の人には何ともない。またあとでくわしく書きますね。

 コーヒー2杯飲んだ割には寝つきがよかった。もうカフェインに慣れてきたんかなあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月15日(木)

体重56キロ台 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

タイミング悪く、「57.0」の表示が写らなかった

 昨日はまあまあ調子よかったのに、今日はちょっとフラフラ。
 どこが悪いというわけでもないのだが、体に力が入らない。
 処置室というところに体重計が置いてあるので計ってみた。

 「おー、なんてこったい。服着たままで57.0kg!」

 ジャージ上下にTシャツとパンツ。これで500gはあるやろう。ということは実質56.5kg以下かー。入院前からくらべて、1週間で3kg減か―。
 力が出んはずやわ。
 もしこのまま京都マラソンに出てたら、5kmも走れんかったやろなあ。

 絶食4日、そのあとのおもゆ攻め、効きましたねー。
 入院前からの50(%)からの再スタートと思っていたが、もうちょい下方修正やね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日もお忙しい中、担当医が病室まで来てくださった。
 昨日同じランナーであるということが分かってから、I医師が別人に見えてきた。すごく話しやすい。

 「あのー、コーヒーが飲みたいんですけど、まだダメでしょうか。」
 「あっ、いいですよ。1日に1杯か2杯程度なら。」
 「アメとかは・・・。」
 「いいですよ。脂質コントロールさえ気を付けていただければ、基本は何を食べていただいても。」

 あー、やっと・・・。
 こないだから先生とも話し合っていたのだが、「脂質」はもちろん最重視だが、それに加えて「量」にも気を付けること。脂分のあるものを絶対口にしてはいけないのではなく、その量をよく考えること。できれば少しずつ分けて食べるのが理想。

 まず最初に、先日Nさんからいただいた「沖縄黒糖アメ」。
 「藤井さんの好きな沖縄のアメが売ってあったので買ってきました。」
 そんな言葉だけでも元気が出ますやんか。「藤井さんの好きな」だけで涙が出かかりますやん。今日はじっくり味わっていただきました。

 そして1つだけ持って来ていたブルックスのコーヒー。ヨメさんが、だめもとで入れてくれといたんでしょうね。
 こうなるとちょっとおつまみが欲しくなる。普段はコーヒーを飲むときにおやつなんか食べへんのに。
 今回初めて行く地下売店。誰かにばれへんか、ドキドキ。
 なんでやねん! ちょっとずつやったらなに食べてもいいってゆってはったやん。
 「源氏パイ」と「海苔巻きせんべい」購入。合わせて280円。
 袋から2個ずつ出して、あとは戸棚へ。

 あー、腰が抜けるほどおいしかった。ゆっくりゆっくり食べたら、かなりの満足感。
 でも、これでもうコーヒーはおしまい。
 明日ヨメさんが持って来てくれるかどうか・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 恒例、病院食公開。
 朝がちょっと豪華に。(と言うほどでもないか。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昼はお魚。
 オレンジがおいしかった。
 退院しても、果物をしっかり食べるようにしよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜は何か変なもんの寄せ集め。
 私はスパゲティとニンジンが苦手。(ぜいたく言うな!)
 それに、なんと朝夕7連続で出ていたアップルジュースが消えた。(代わりは?)

 いろいろなものを少しずつ食べることを心がけ、早く体重を元に戻そう。
 この体重では、とうてい走れんわ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月14日(水)

「引退しないでください」 [病院]

画像(320x301)・拡大画像(640x603)

図は四谷メディカルキューブより

 「趣味でマラソンしてるんですけど、退院後に走ってもいいんでしょうか。」
 「はい、マラソンされていることはお聞きしています。どうぞ走ってください。胆嚢炎とマラソンは何の関係もありませんから。引退しないでください。」

 今日は、夕方にヨメさんにも病院に来てもらった。担当医から、画像を見せながらの今までの経過と今後の予定の説明があった。
 その中で一番気になっていたのは、今後も今まで通りに走ってもいいかということだった。その答えはあっさりしたもので、「OK」。何か制限があると思ったら、まったく今まで通りでいいということだった。

 「引退って・・・、プロやないんやし・・・」とヨメさんが横でボソボソ言っていた。
 でもこんだけ走っていて、ブログアクセス数が1日7000となると、「セミプロ」くらいは言ってもいいんじゃないでしょうか。
 あっ、ヨメさんが言いたいのは「お金にならん」ちゅうことか。そやそや。

 そして、その話の中で担当のT医師もランナーであることが分かった。
 「私も京都マラソンに申し込んだんですけど、抽選外れました。」
 実際に走っておられる医師がだいじょうぶと太鼓判を押してくださっているので、そのお言葉は信じられる。私はもともと無茶ができないほうなので、今まで通り綿密な計画を立てて走り続けることにしよう。
 
 京都マラソンに向けて仕上げてきた練習は、今回の件で0からの再スタートになるのかと思いこんでいたが、50くらいからの再スタートに留められそう。

 そうなると、次はどのレースを目標にするかちゅうことやね。
 つぶれかけ、つぶれかけ、その都度這い上がれる私はラッキー以外の何物でもない。ゆうてくださいよー、「ほんまに甲状腺癌かー」、「ほんまに胆嚢炎かー」。
 「ほんまやでー。おんなじ病気の人、私を見て元気出してねー。」

---------------------------------------------------------------------------------
◎Boston Scintificより

   胆嚢(たんのう)・胆管の働きと胆道結石について

画像(317x320)・拡大画像(447x450)

 胆嚢(たんのう)、胆管は肝臓で作られた胆汁を胆嚢で濃縮して胆管を通して十二指腸へ流す管のことを言います。胆汁は食事で取った脂肪の分解に関わりますが、消化酵素ではありません。この胆汁のなかに含まれているコレステロールやビリルビンが結晶となり大きくなってできたものを結石といいます。

 胆嚢内にできたものが胆嚢結石、肝臓内の胆管にできたものが肝内胆管結石、胆嚢から総胆管に出てきたものや、総胆管にできたものが、総胆管結石と呼ばれています(図1)。一般には、この胆汁を流す道にできた結石はまとめて胆道結石と呼ばれています。


■症状について

画像(301x320)・拡大画像(424x450)

 胆道結石は、症状が全くない場合もありますが、結石が胆嚢の出口や胆管の十二指腸への出口に嵌(はま)ってしまうと、痛みが生じます(図2)。また、脂っこいものを食べた後に心靴窩部(みぞおち)や右季肋部(みぞおちの右)が痛んだり、血液検査で肝臓・胆道の酵素であるGOT、GPT、LAP、γ-GTP(ガンマ-GTP)、ALPの上昇が見られたりすると胆道結石が疑われます。
 
 胆管結石で感染を起こすと化膿性胆管炎といって胆道全体に感染が及び、黄疸や胆道感染により発熱します。この様な場合には緊急入院や緊急の治療が必要な状態と言えます。
----------------------------------------------------------------------------------

 図2が分かりやすいかなあ。

 1年半前にお腹いたになり、近所のクリニックから紹介されて初めて鞍馬口医療センターで診てもらったのが、胆嚢の出口に胆石がはまりかけた痛み。
 「すぐ切った方がいい(胆嚢摘出)」と言われたが、その時撮ったCTスキャンに甲状腺腫瘍が見つかり、胆嚢のほうは後回しということになった。「食事さえ気を付ければ、そうそう発作は出ませんから」ということで。

 そしてそれから1年半後。
 いつの間にか胆嚢から出てしまった胆石が、総胆管の出口(十二指腸とのつなぎ目)に詰まってしまった。なんと、先週木曜の朝一に撮ってもらった画像には総胆管出口に2個の胆石。そしてその3時間後に撮った画像では1個。つまり、まさにその細い出口から無理やり出ようとし、結局1個は出ていったわけです。その痛みと言ったら・・・。

 担当のI医師が、「私も経験ないんですけど、赤ちゃんを出産するときの痛みのようなものじゃないでしょうか。」
 「それって、こんなジジイにゆってもらっても永遠に分からん痛みでっせ」と言いたかったがぐっと押し殺した。

 無理矢理飛び出した胆石は、十二指腸を通り小腸を通り大腸を通り、もう体の外へ出ていったんでしょうね。

 さて、今後の予定は・・・。
 3月末、「内視鏡的乳頭切開術、結石除去術」で入院。
 要するに、今回入れてもらったステント(管)を取り、総胆管の出口を広げて、詰まったままの胆石を取り除く手術。

 7月ごろ、「胆嚢摘出手術」。
 もうちょっとごまかして何とかなるかなあと思っていたが、もう限界らしい。できるだけ早くと言われたが、4〜6月は出張販売が続くので7月予定にしていただいた。

 これに加えて、8月は「アイソトープ治療」で京大病院に入院。
 今回も含めると、これで今年は年間4回も入院せんなことになる。
 体力的にはだいじょうぶそうだが、入院費用が・・・。
 私の入院費用の「クラウドファンディング」ちゅうのは、・・・あきませんよねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日も愛人1号がお見舞いに。 
 でもよく聞いてみると、ご自分の診察と検査の合間に来られたとのこと。
 今日は「愛人」というより「文学部・かもなす教授」みたいな感じ。1時間ほどおられたのだが、帰られるときのごあいさつが「どうもご清聴ありがとうございました」。
 笑うわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 恒例の病院食も載せときましょか。
 朝は相変わらずガックリですね。
 里イモあるだけでも、昨日よりはましか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の昼からは、「本がゆ」。
 おかゆのおかずに「肉!」。このアンバランスがたまらんねえ。
 なすびの炊いたんがおいしかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜は、バレンタインデーメニューですか?
 鯛かなあ。
 もうアップルジュースいらんぞ。ほかの味のジュースはないんか!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そうそう、今日、普通の車いすランナーの下山さんからメールをもらった。
     ◇     ◇     ◇


藤井様
東京都の下山です。

え!?急性胆管炎で入院中ですか!!!
ブログを見て、すごく驚いています。

京都マラソン、残念ですが何よりも身体が大事です
御身体ご自愛ください。

今年のランフェスタは、3月11日です。
http://www.katsushika-fureai-runfesta.jp/
今年こそ、2時間の大台を切ることができるかと
ペース配分も無視して前半から攻めていきたいと思っているところです。
しかしここのところ寒くて寒くて、下山も縮こまっているところです。

下山は、講演活動の希望が増えて車イス体験講座
ボランティア推進講座、障がい者スポーツ講座などに注力しています。
何とびっくりですが
障がい者の立場からの人権講座を3月7日に行います。
100分間話し続けることができるか、頑張ってみます。
この中で、車イス利用者であることを理由にマラソンに参加できないという
悔しい思いを、人権の通して訴えさせていただきます。
下山は50歳を超えましたが、体力の続く限りの挑戦を続けていきたいです。
もし叶うならば、シティマラソンを藤井さんと一緒に走り、ゴールしたいです!!
そんな夢のようなことを願いながら、毎日を過ごしています。

藤井さんの完全復活を心より願っています。
まだまだ寒いです。
ゆっくり休むのも、たまにはいいですよ^^。

下山利博
     ◇     ◇     ◇


藤井です。メール、ありがとうございました。
今まで似たようなことが何回もあったのですが、今回は痛みが治まらず、ついに入院となりました。
今から思うと、京都マラソンに向けた練習が胆嚢に悪影響を与えたのかもしれません。

3月7日の人権講座、しっかりしゃべってくださいね。「悔しい思い」というところを特にみなさんに理解してほしいと思います。下山さんはおとなし目なので、本気で悔しがっているところを見せてほしいと思います。見に行きたいところですが、11日の「かつしかハーフ」には行かせてもらう予定なので、その時にまた結果を聞かせてください。

3月11日には、たぶん走ってもだいじょうぶと勝手に思っているのですが、ドクターストップがかかる可能性もあります。またその時はメールさせていただきます。今のところ、走れなくても応援には行こうと思っています。

その人権講座、録画とかは撮られないんでしょうか。もしあれば、見てみたいです。
11日に下山さんと一緒に走れますように!

それでは、また。
     ◇     ◇     ◇

 下山さーん、ドクターストップかかませんでしたよー。
 3月11日、いっしょに走りましょうねー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

絵しりとり

絵しりとり

「殺処分ゼロの定義」って?

「殺処分ゼロの定義」って?

一人沖縄平和ラン

一人沖縄平和ラン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.