パオパオだより

2018年02月23日(金)

「末っ子」 「中間子」 [書評]

画像(122x180)・拡大画像(185x272)
画像(122x180)・拡大画像(185x272)

 今日は寮2(出町)24時間。
 寮は国公立入試を目前控え、いつも以上に落ち着いた雰囲気。ブログに書くようなことは特にありません。

 先日の入院は緊急だったため、読む本を持っていくことができなかった。そこでヨメさんに頼んで、そこらにある本を病院に持って来てもらった。その本の感想でも書きましょか。

 「末っ子ってこんな性格」と「中間子ってこんな性格」。
 この本を買ったのはお察しの通り、私(末っ子)とヨメさん(中間子)の相性を調べてみたかったからです。
 結論から言うと、買わんでもよかったね。立ち読みで十分でした。2冊読むのに1時間かからんかった。読むとこないし―。前に読んだ「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」の焼き増しみたいな内容やしー。

 まずは「末っ子」の私の分析。95%合致してします。「甘え上手で他力本願」「要領がよくてしたたか」「ノリのいい平和主義者」、その通りです。唯一当てはまらかったのは「旅行の計画が苦手」というところ。私は旅行の計画が得意中の得意です。

 次に、ヨメさんの「中間子」の分析。こちらも80%以上合致していると思う。「人間関係のエキスパート」「“自分探し”継続中」「こじらせのかまってちゃん」。「かまってちゃん」はほんまに実感する。

 そしてこの二人の相性は・・・。
 中間子女性から見た恋愛が盛り上がる相手は、とにかく楽しい末っ子やそうです。
     ◇     ◇     ◇
 何かにつけて悩みがちな中間子にとって、ノーテンキに人生を楽しむ末っ子は心惹かれる存在。恋愛の時ぐらい煩わしい現実から離れ、チャランポランになりたい! そんな中間子の切実な思いを、いとも簡単にかなえてくれるのが末っ子たち。
     ◇     ◇     ◇
 そうやてー。
 私とヨメさんは相性いいはず。そう書いてあるやん。
 ただし、ヨメさんの指図したがりは何? それは長子の特徴やろう。私が頼りなさ過ぎて、そうなってしもたんかなあ。
 まあそれでも基本的には抜群の相性ということですので、これからも仲良くしてくださいね、ますみさん!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月22日(木)

地味練 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 バイトの都合で、一日おきにしか走れない。
 今日はバイトはなかったのだが、病院に行ったり、借金返済に行ったり。なかなかまとまった時間が取れない。

 また、胃カメラ検査のあとはなぜか「激しい」運動はダメらしい。でも、ゆっくりジョギングは「激しくない」運動やからだいじょうぶですね。

 今日も、医療用インソールに慣れるためのゆっくりジョグ。おとといつま先が窮屈だったので、今日は薄いソックスで走ることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また午後4時前から。

 今日は慎重に、最も走りなれた十王堂橋往復5km。
 このコースを走ると、それで終わってしまうことが多い。できればもっと走れるようにと、最近はこのコース練習は封印してちがうところを走ることが多かった。

 十王堂橋の欄干にカメラを置いて自撮り。バックは比叡山です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5km、29分46秒。 
 地味なコースを地味なタイムで。

 まあ、当分はこんなもんでいいでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に帰ると、庭に黒いものが。
 かわいいかわいい黒猫ちゃんでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は2kmダウンジョグ。
 今度は、かわいいかわいいトラネコちゃんに遭遇。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 叡電・二軒茶屋駅には変わった色の電車が。
 真樹は、こうゆう深緑色が好きやそうです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっぱり走り足らんので、6時前にもう一度。
 今日は、ターサージールTS4にインソールを入れてみた。これがまた意外や意外にピッタリ。というか、「イドミ」のつま先が狭いだけなんかも。

 おとといと同じく、団地内1kmコースを3周。
 さっきよりちょっと速めに。
 5分25、5分10、4分56。徐々に速く走ってみた。
 さすがに今の状態で、キロ4分56秒は息切れした。でもこれをあと1分縮めなていかなければ。
 
 このあとも1kmダウンジョグをしたので、今日は5+2+3+1で11km。
 地味な練習を続けていきましょうねえ。

 せっかくちょっと戻っていた体重だが、朝食絶食、昼食おかゆのせいで、今日はまた55キロ台に逆戻り(55.9kg)。踏ん張りが効かんわー。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「走るヒマがあったら、散歩に連れて行かんかい!」と怒っているきくちゃんでした。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

絶食無料 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

病院の窓から見える左大文字

 今日は胃カメラ検査。
 胆のう摘出手術の前に、担当医が私の胃の状態も見ておきたいということで。
 いなか育ちの60歳以上はほぼみんな、胃がんの原因になるピロリ菌を胃に持っているらしい。井戸水と野菜への肥やし。この二条件にあてはまるものは・・・、私はそのどまんなか!
 調べてもらって、「もうすでに胃がんですね」ってことになったらどうしましょう。
 もうええぞ! もういらん!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 胃カメラ検査は内視鏡室で。
 かなり立て込んでいて、次から次と検査してもらう方が。
 私も当日の運転禁止ということでヨメさんに送ってもらい、早めに来たつもり。ところがだいぶ待たされた。

 やっと私の番。
 中待合で待っていると、私の担当医・石田ゆり子似医師が来られた。
 「退院後、お体はどうですか。」
 「はい、もう普通のごはんを食べています。それでも入院前の半分くらいにしているので、体重が全然戻りません。」
 「そうでしょうね。あせらず、徐々に増やしていくようにしてください。」

 そのあと、私が希望した例の「眠くなる薬」を腕に注射。
 病院での常套文句「チクッとッしますよ」と、石田ゆり子似医師。
 ところが「チクッ」どころか、「チッ」くらい。今まで一番上手な注射だった。

 「横を向いて、お尻をもうちょっと後ろに・・・。」
 その看護師さんの言葉を最後に記憶なし。また、コロリと眠ってしまった。
 「藤井さん、終わりましたよ」の呼び声で目を覚ました。時間にして30分くらいだったのだろうか。ぐっすり眠っていたので、胃カメラ検査をしてくださったのが石田ゆり子似医師なのか別の医師なのかも分からない。薬、効きすぎやろー。

 薬の影響でふらつくので、しばらくすぐ横のベッドで安静に。
 そこで、お腹がゴロゴロ。
 「トイレ行ってもいいですか。大きい方なんですけど。」
 「はい、足元がふらつくと思いますので、付いて行きます。」
 トイレに入ると、昨日の夜8時から絶食しているのにしっかりと出た。

 それからベッドに戻って30分ほど。最初の説明では「1時間ほど安静に」と言われていたのだか、たぶん立て込んでいたからでしょうね。
 服を着替えて検査室を出ると、またお腹ゴロゴロ。
 「さっきトイレに行って、まだ1時間もたってへんのに・・・。」
 でも、トイレに入るとまたしっかりと出た。
 「食べてへんのに出るって、どういうこと?」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日のお支払いの前に、10日間入院分の支払いに。 
 左京区役所でもらった限度額認定証を見せて、57600円。
 あとは食費・・・。
 「まさか絶食中4日間12食分も費用取られんのんちゃうやろな。食事指導とかゆうて・・・」と心配だった。しかし、その点はきっちり。6日間16食分5760円だけが計上されていた。よかった。

 ピロリ菌撃退の薬を飲まんなんのは覚悟せんなんけど、その費用がほかの治療と合わせて月の限度額内に入ればいいんですけど。日程的に無理かなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあと、地下鉄・鞍馬口駅から四条へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 四条駅から地上に上がると、わが社のガードマン。
 マスクをしているのでだれか分からん。私が休みだしてもう1年半になるので、全然知らん人かもしれん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 商工中金で借入金返済。33万円+貸付利子。 
 これで終わりじゃないんですよねー。まだまだ続く借金返済。なんぼぎょうさん借りとんねん!
 
 あー!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 胃カメラ検査が終わったあと、ずっとお腹が痛い。トイレに行っても痛みは治まらない。
 そのことを看護師さんにも言ったのだが、「麻酔薬とかいろいろと入りましたのでよくあることです。ひどい様でしたら先生に診てもらいましょうか」と言われた。そこまでひどくなかったので病院を出て来たが、お腹は痛いまま。

 商工中金での待ち時間にヨメさんにメールしたら、「国際会館駅まで迎えに行ったげる」とのこと。これはありがたかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きく付きのお迎えはうれしい。
 ガラスの反射でよく分からないでしょうけど、目を凝らしてください。かわいいかわいいきくちゃんが浮かび上がってきますよー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月21日(水)

薄れゆく記憶 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮1(二条)17時間。
 ちょうど2週間前、ここで夕食のカレーを思いっきり食べてお腹が痛くなった。まさか、そのあと10日間の入院になるとは・・・。

 朝8時半過ぎ、お掃除のKさんが出勤。
 さっそく「バレンタインのチョコ」と言って、LOOKの宇治抹茶味をくださった。今年はバレンタインデーに入院中。私にとってはこのチョコが唯一ということになった。
 Kさん、いつもありがとうございます。胆のうにはよくないので、一日一個か二個くらいにしときますねー。

 Kさんにこの間のいきさつをまとめて話そうとしたが、うまくまとまらない。
 最近思うのだが、食事制限をしているせいか、脳に栄養が回らず、その働きが鈍っている感じがする。特に記憶力が落ち、この2週間のことがよく思い出せない。

 寮長さんも出て来られたので、ご迷惑をおかけしたことをお詫びした。せめて2週間前の水曜のことだげでも思い出して、きちんと報告しておかなくては。

 「1年半前に、胆のうに胆石がいっぱいたまっていることが分かっていました。すぐに胆のう摘出手術をせんなんくらい悪かったんですけど、その時のCT検査で甲状腺腫瘍が見つかって、そっちの治療が優先になってしまって。
 胆のうのほうは、食事に気を付けていたらそうそう発作は出ないだろうということで後回しになりました。
 ところが2週間前の水曜日、寮の夕食でカレーが出て、若い子らにつられて思いっきり食べてしまいました。
 夜7時半くらいに食べ終わって、1時間後の8時半くらいから痛み出し、それがだんだんひどくなっていったんですけど、あと2時間くらいで帰れるしとしんぼうしました。
 11時の館内巡回が終わって、運転して帰ったんですけど、あまりにも痛すぎてこの時の帰り道の記憶がほとんどありません。
 家に帰っても全然痛みはましにならず。そこですぐに救急車を呼んだらよかったんですが、前におとなしくしていたらストンと痛みが治まった経験があったので、とにかく朝までしんぼうすることにしました。
 ところがけっきょく痛みは治まらず。夜が明けてきたのでヨメさんに起きてもらい、車で救急外来に連れて行ってもらいました。
 ヨメさんはすごくゆっくり運転してくれたんですけど、ちょっとした振動がお腹にこたえて、7時過ぎに病院に着いたときが最高の痛みになっていました。
 その救急外来で言われたのが、『8時半になれば専門の先生が来られますので、それまで待ってください』。
 その言葉にヨメさんがブチ切れて、『それなら、ここから救急車呼んで、別の病院に運んでもらいます!』

 しっかり覚えているのはこのへんまで。
 あとは、救急担当の医師と看護師さんが・・・。いろいろとしてくださいましたね。」

 10日間の入院生活も、いろいろな方がお見舞いに来てくださったが、あれも夢かも。
 退院日にみやこめっせまで往復走ったのも、夢やったのかも。
 まあ、このブログに写真入りで記事を書いているから、夢ではないみたい。

 食事制限続行中なので、全然体重が戻らない。昨日も夕食後なのに56.4kg。
 今日も寮長さんに、「えらい頬がこけて・・・」と言われた。
 明日も胃カメラ検査のため、今日の夕食後から絶食。

 胆のうに負担がなく、ちょっと食べたらすぐ体重が増えるという食べ物、ありませんかねえ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2018年02月20日(火)

医療用インソール [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2月7日に届いていた医療用インソール。
 しかし、その日まさに胆のうが暴れだし、翌日から10日間入院。京都マラソンまでに慣らして、よければ本番も使おうかと思っていたのに。その計画は泡と消えてしまった。
 半分忘れかけていたこのソール。今日、やっと使ってみる気になった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「アディゼロタクミ・レンブースト」と「アデアディタクミ・イドミ」を預かってもらって、それに合うようにインソールを作ってもらった。具合が悪い時は何度でも修正してくださるらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずは、ゆっくり練習用に使っている「イドミ」から。
 足を入れてみた感じはいい。とにかく走ってみなければ。

 午後4時前から。
 走り出すと、足が「ペタッ、ペタッ」と着地し、うまく走れない。
 それに、例の左足親指の付け根が強烈に痛む。10日間も入院してたのに、全然ようなってへんのかいな。
 いや、でも土曜にみやこめっせ往復した時、全然痛くなかったなあ。どうなってんのかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こんないい天気の日は、ちょっとでも走らないともったいないね。
 とりあえずこのインソールに慣れることが大事なので、あまりコースやタイムを気にせず走った。
 長代川沿いの道を走り、宝が池に行くことにした。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 タイムを気にしないときは宝が池がいい。
 ワンちゃんやネコちゃんにも会えるかもしれないし。

 だいたいキロ6分ペースくらいで走れているみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 距離表示が新しくなっていたのはいいのだか、風にあおられてよく見えない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 工事中だったところも、もう終わっていた。
 2月末までって書いてあったのに、どういうこと。わざわざ「京都マラソン」直前だけ通行止めにしてたってこと。この京都市のセンスの悪さに怒りを覚える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 宝が池を1周だけして、来た道と同じ道を通り家まで。
 なんやかや言いながらいつしかインソールになじんできて、「ペタッ、ペタッ」走りが普通になってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に到着、6.9km、41分。
 これくらいから、ぼちぼち走って行けたらいいでしょう。

 ほぼ問題はなかったが、インソールが分厚い分、つま先が窮屈になった気がする。これも慣れないとしょうがないのかなあ。この窮屈さが続くと、レース用には使えへんかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 団地内を1kmダウンジョグ。
 いつものところにいつもの黒猫ちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いやいや、よく見るともう1ぴき。
 この団地には優しい人が多いから、みんな穏やかな表情やねえ。いつか、おっちゃんにもさわらしてやー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第2部は、「レンブースト」。
 午後6時。もう暗くなりかけていたので、安全な団地内を走る。

 これが意外や意外。ピッタリ!
 つま先の窮屈感もない。気持ちよく走れた。
 レースには使えんと思っていたが、これなら使えるかも。
 ただ、足になじんできただけなのかもしれないが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さっきの黒猫ちゃん、またいましたよーん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 1周1kmコースを3周、約19分。
 まあまあ走れてよかった。
 また1kmダウンジョグをプラス。

 これで今日は、6.9+1+3+1で11.9km。
 あせらずぼちぼちと。当分は地味な練習に徹するようにしよう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

金策巡り [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

左京区役所

 今日は仕事はお休みだが、雑用がいっぱい。

 まずはあるお金をかき集めて銀行口座に入金。少しでも問屋さんに支払わなくてはならない。どこを探しても、ほんとに少ししかありませんでした。

 次に左京区役所へ。
 「国民健康保険限度額適用認定証」をもらいに。(いわゆる、高額療養費を自己負担限度額まで下げてもらう証書。)私の場合は、月に57600円を超えるとそこで止めてもらえる(食事代などは別途)。

 通いなれた1階8番窓口へ。
 「ちょっと調べてきます」と係の方が席を外された。
 「先月の健康保険費が支払われていませんね。」
 「はい。入院してたもんで。」
 「お支払いがないと、認定証は出せないんです。2階でお支払いができますので、そのあとでもう一度来ていただけますか。」
 「いえ、とりあえずここに一番に来たのでお金は持って来ていません。一回家に帰って、銀行によってお金をおろしてからでないとお支払いはできません。時間がかかるので、午後にもう一回来ます。」

 私がそう言うと、奥に引っ込まれ上司に相談されていた。 
 上司登場。
 「今日明日中くらいにお支払いしていただけますか。」
 「はい、このあと行こうと思ってたんです。」
 これでやっと手続きが進んでいった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に帰って、ヨメさんにその話をした。
 「なんて―! 誰のための制度やねん! 病院に払うお金に困って来てるもんに、『認定証は出せん』てか。アンタらからお金もらうわけじゃなし。私やったら、そこで暴れまくってるなあ。」
 私はお坊ちゃん育ちなので、とてもヨメさんのように暴れることはできません。
 ただ、ずっと支払いを続けていて、たまたま先月の支払い分が遅れていただけの者にこの対応は確かにおかしいと思った。未納常習者への対応みたいでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

JA京都中央市原野支店

 その次は、JA市原野へ。
 医療共済から入院費などを支払ってもらう手続をしなくてはならない。今回は胆のう炎なので、がん共済のほうはダメらしい。痛いねえ。がん共済も毎月5200円ほど払っているのに・・・。
 まあそれでも、医療共済から5000円×10日で5万円は出るんでしょうね。(医療共済は、毎月7800円も払っている。)
 早く病院で証明書を書いてもらわなくては。

画像(320x238)・拡大画像(640x477)

みずほ銀行出町支店

 さて、いよいよ最大の金策。
 と言っても、最後のなけなしの定期預金解約です。これだけは命の危機が迫るまで残しておこうと思っていた預金。もう今が、ある意味「命の危機迫る時期」なのかも。

 担当してくださった窓口のおねえさん(さきさん)が、すごく感じのいい方でよかった。私の歳なら「オレオレ詐欺に引っ掛かってるかも」と思われてもしょうがないくらいなのに。
 せめて数万円だけでも残しておこうと、最近入れた分だけを指定し手続きをした。するとしばらくして、古い方を残した方が利息がいいと教えてくださった。ちなみに新しい方は0.01%、古い方は0.3%だった。なんと30倍ですか。

 ここでおろしたお金で、国民年金(ヨメ・真樹の二人分)2か月分、国民健康保険2か月分、市民税・府民税、固定資産税などを支払った。それにまだ支払いしていない入院費があさって、商工中金からの借入金の返済が月末。これらを合わせると、もうほとんど残らない。
 もう、定期預金もないぞー。これからどうしましょ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私のメインバンクは、なぜかみずほ銀行。
 藤井と富士が似ていたので、教師に採用されたときに富士銀行の口座を作った。もちろん、その時はみずほ銀行になるとは夢にも思いませんでしたけど。

 口座を作るとき、「毎月27日に普通預金の残高が○万円以上あると、勝手に定期に振替できるシステムがあります。ぜひ」と勧められ申し込んだ。そして、それから今までそのまま。約38年間(456か月)。私は3万円で設定してもらったので、毎月必ず振替えられ一度もおろさなかったら1368万円!(たぶん、実際は合計最高100万円を超えたことはない。)

 教師をしていた時は順調に定期預金に回っていたが、やめてからはガタガタ。おろす方が多くなってしまった。今回の解約で、何とか9万円だけ残すことができた。あー!

 とっくの昔になくなった富士銀行のキャッシュカードを、今も使い続けている変なオッサンがおりますでー。私ですけど。残高しょぼいですけど・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2018年02月19日(月)

仕事復帰 [雑用]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

仕事中は老眼鏡をひっかけて

 今日から仕事復帰。
 と言っても、いつもの寮の管理代行のバイトですけど。

 本来9日(金)の勤務だった分を、入院して来れなかったので無理やり今日に振り替えてもらった。そのため、今週はけっこうハードなスケジュールになった。

 19日(月) 寮2、24時間
 20日(火) 休み (左京区役所へ高額療養費申請、そのほか金策巡り)
 21日(水) 寮1、17時間
 22日(木) 胃カメラ検査
 23日(金) 寮2、24時間
 24日(土) 出張販売荷物積み込み
 25日(日) 「宇治川マラソン」出張
 26日(月) 寮1、17時間

 こうして見てみると、明日くらいしか走れる日がない。
 って、もうしばらく走らんでいいのか。

 「宇治川マラソン」には、真樹が沖縄から手伝いに帰って来てくれる。
 そして、28日(水)に家族5人そろって日帰り旅行に行く予定。それを励みにして、しっかり働くことにしよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ただいま、寮2のパソコンにトラブル発生中。
 私の仕事は、パソコン画面を見て寮生の入退館や喫食状況を調べる。そのパソコンが使えないので、仕事量はいつもの半分くらい。ただし、時間は長い長い24時間であることは同じ。

 ヒマな分、いつもの朝日・日経チェックは入念に。
 朝日では、「教えて!憲法 基本のき」という連載がよかった。分かっているようですぐに忘れてしまう憲法は、何べんも何べんも繰り返し読まなあかんね。

 日経は、いつもの「がん社会を診る」。
 2月7日の「赤ら顔で飲酒、リスク高める」がよかった。エタノールが肝臓で「アセトアルデヒド」に分解され、それをまたALDH2ちゅうやつが酢酸に分解して解毒する。ALDH2の遺伝子には分解力の強い型(正常型)と乏しい方(欠損型)があり、両親から受けた遺伝子のうちのどちらか一方が欠損型である「部分欠損型」が日本人の45%を占める。
 これや、これ。うちは父親が酒飲み、母親は一滴も飲めなかった。私は典型的な「部分欠損型」ですね。これで大量に飲酒すると、食道がんのリスクがすごく高くなるらしい。もうかなんで、新しい病名をもらうんは。きーつけよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 仕事はほぼ一日中座ったままなので楽。
 心配なのは食事。避けた方がいいものばかりのメニューの可能性もあったので、家から海苔とかマメの炊いたんとかを持ってきた。まあ、今日のおかずはぎりぎりセーフかな。量をだいぶ減らしたから、胆のうへの負担も少なかったように思う。

 これから寮の管理代行が続き、寮の献立のものを食べなくてはならないことが多いので、慎重に慎重に。まずは食べる量を減らすことからですね。(寮の献立を載せたいのだが、会社からそれはダメという通達がありました。)

 今日の食事コントロールはまずまずうまくいった。この調子、この調子。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月18日(日)

京都マラソン2018応援 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はおとなしく、京都マラソン応援。
 ランナーにとっても応援の者にとっても絶好のお天気。
 2月中旬の京都でこんないい天気は、もう二度とないかもしれない。ああ、今日走れてたらなあ。私の「サブ3.5」の可能性は80%くらいあっただろうに。くやしーい!
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日同窓会に帰っていた廉を、地下鉄・国際会館駅まで送っていく。
 ヨメさんはランナー全員を応援したいと、早めに家を出た。西賀茂橋まで歩いて行くと言う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私も廉を送ったあと、すぐに西賀茂橋へ。もちろん走って。
 家を出たのはちょうど10時。
 近道をしたつもりが意外と遠く2.4km、16分。

 西賀茂橋西詰が第4関門(18.4km)で、ここを11時40分までに通過しなくてはならない。ヨメさんが立っていたところ(東詰下がる)は18.7kmくらい。

 私が到着した時、「もうかなりのランナーが通過した」とヨメさんが言った。キロ4分で1時間15分なので、やはりみなさんいい調子で突っ込んでいかれたようだ。私の応援したい人はそれよりはゆっくりな人ばかりなので、ちょうどいい時間に来れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すると、パッと目に着く美人ランナーが。
 「そとみねさーん!」
 「あっ、ふじいさん、からだだいじようぶなんですかー・・・。」
 こんな早いスピードで駆け抜けられても、私の体を気遣ってくださる心優しい方です。ありがとうございます。必ずまた復活しますから。待っててくださいね。

 じっと待つのは性に合わんので、コース逆走。とりあえず、かもなす由美さんが島方式ボランティアをしておられるところまで行かなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 西賀茂橋を渡ってしばらく行ったところで、「ふじいさーん!」の呼び声。
 「おー」と応えて写真を撮らせてもらったが、お名前が出てこない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 続けてもうお一人からも声が。 
 急いで写真を撮らせてもらったが、こちらもお名前が出てこない。
 すんません、半分ボケジジイですので・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 またまた、「ふじいさーん!」の呼び声。
 今度は、どこからよばれているかが分からなかった。
 「こっちー!」と呼ばれてやっと分かった。走友・細井さんでした。細井さんは私を見つけるのがうまい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さてさて、島方式の場所まで。

 給水所で落とされたタブ系のごみがすごかった。
 立ち止まって取ったらどうなん。もったいない。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 私は超ベテランランナーなので、その辺はそつないですよ。
 「走りながら取る」ということはない。立ち止まり、落ち着いて「いただきます」と言っていただいています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 御薗橋西詰で島方式をしておられるものと思っていたら、そこじゃなかった。「もうちょい西か」と思い、御園橋通を西へ。
 すると、4時間半ペースランナーに堀田さん。意外なところで意外な人に会えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大宮通との交差点で島方式発見。
 西賀茂橋から1.3kmくらい。
 交差点の真ん中に、横断したい自転車とバイクがたまっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 男性ボランティアさんが私を見つけてくださり、「こっちですよー。」
 おー、そこに由美さんがおられました。

 「病院脱走してきたんか?」
 「いえいえ、昨日普通に退院してきました。ちゃんと受付まで往復走って行ってきましたでー。」
 「そうかー、走って。でも退院してしもたら、私明日病院行くのに、お見舞い行けへんやん。」
 「もう『ご清聴ありがとうございました』できませんでー。」
 「ほんまやな、残念。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 二人の自撮り。
 いいお顔ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、またヨメさんのところまで。 
 けっきょく、私が応援したかった中嶋さんと桜井さんは見つけられなかった。ヨメさんの横で待機しておいた方がよかったかな。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 帰る途中で、こんな応援。
 犬好きランナーにはたまらん応援ですね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 元の場所に戻ったのは11時5分くらい。 
 関門制限まで、あと25分。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ここからの応援をがんばらなくてはね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 山本さん(京都走ろう会)。
 声をかけさせてもらったら、元気なお返事が返ってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川河川敷を走っているのは・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そうそう、今日は賀茂川パートナーズの練習日。
 京都マラソン開催を気にせず、いつも通りの練習をされているようだ。
 あのペアは、平山君と吉川さんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」のななめ向かいのカラオケ屋さんのご主人。いつもお世話になっています。
 最近不調と言っておられたが、笑顔で走ってられてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5時間半ペースランナーに宮村さん。
 楽しそうに走っておられました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その後ろに斉藤さん(京都走ろう会)。
 みなさんから注目されるペースランナーの仕事は、それなりに大変でしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「まえださーん、しっかり!」
 「はい、がんばります。」

 カツを入れさせてもらいましたので、ぜひ時間内完走してくださいね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これは絶対に、禁止されている仮装ではありません。ふだん着物を着ている人の普段着です。これをダメにすると、民族衣装締め出しで差別問題に発展します。
 私も着物で走ろうか知らん。そのためには、今からふだんに着物を着る実績を作っとかんとあかんね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、関門までの時間がどんどん少なくなっていく。
 さすがにこのあたりになると、ランナーの数がまばらになってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 川向では、「関門制限まで、あと○分」のカウントダウン。
 多くのランナーが必死で走っておられる姿を見ることができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ますみちゃん、ランナーがいやはるうちに写真撮っとこ。」

 三角コーンにカメラを置いて、ツーショット写真。
 走れへんかったけど、いい記念になりました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 関門を通過されたランナー全員を見届けて、二人で家まで歩いて帰ることに。
 2.4km、2.4これもまあデートみたいな・・・。

 「京都キャロット」旧事務所につながるきつい坂を上ると、美猫・こたろうちゃんのおうちの前。
 「もうだいぶ前に見た切りやし、もうおらへんにゃろなあ」と庭をのぞくとちがうネコちゃんが。

 「あら、めずらしい」と飼い主さんが私らを見つけ、駆け寄ってこられた。
 「あのー、小太郎ちゃんて、もういませんよね。」
 「いいえ、元気にしてますよ。まだ9歳くらいやと思いますよ。」
 長いこと見てへんかったから、もっと年寄りと勘違いしていた。
 「あのネコちゃんは?」
 「こたろうが、ほかされてお腹の大きいネコちゃんを連れてきて、うちで産んだんです。そのお母さんも生んだ後も大変やって、動物病院連れて行ったり・・・。」
 「その時に産んだネコちゃんですか。」
 「そうなんです。全部もらってもらおうかと思ったけど、1ぴきはお母さんのところに残しといたげなかわいそうかなあと思って。」
 「いやー、ええとこに飼ってもらってよかった。こたろう君はすごいやさしいネコちゃんなんですね。」
 「ところがね、そのお母さんネコ、こたろうが来たらフーと追い返すんですよ。全然ありがたく思ってへんみたい。」
 
 「うーん、それどっかで聞いたことのある話やなあ。私一人の力で育てましたてか」とヨメさん。
 「自分や、自分!」

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

小太郎 (2012年3月)

 こたろうちゃんには会えへんかったけど、元気にしていることが分かってよかった。それに飼い主さん(すごくお上品な農家のおねえさん)とも久しぶりにお話ができてよかった。

 「私のピカチュウには一言もふれはらへんかったなあ」とヨメさん。
 「普通のデブの服に見えたんやろう。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コンビニによってうどん玉を買い、家に着いたのは12時半ころ。 
 きくは退屈そうにしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「今日みたいにいい天気やったら、きくもかしこう見ていたかもなあ。」

 来年はきくも応援に行く?
 いや、私はやっぱり「おきなわマラソン」のほうに行きたいかなあ・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第40回武庫川新春ロードレース

第40回武庫川新春ロードレース

能登和倉マラソン2009・後半

能登和倉マラソン2009・後半

京都走ろう会新年会(1/18)

京都走ろう会新年会(1/18)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.