パオパオだより

2014年02月21日(金)

氷の上で何回転しようが [雑感]

画像(320x189)・拡大画像(450x267)

◎京都新聞2月20日朝刊・談論風発

   余計なお世話?

 ソチ五輪報道が続いている。負けたら帰れない雰囲気だった時代に比べ、国民もメディアも優しくなった。金メダルと銅メダルを同じように称賛する。メダルを逃した選手に「胸を張って帰って」という。
 
 ひねくれ者の私はつい、余計なお世話だと思ってしまう。くちびるをかむ選手の胸には、さまざまな思いが浮かんでいる。敗因の分析、やり残したことへの後悔、今後のこと・・・涙や沈黙の理由を読み取り、思いやり、伝えるのが報道だろうに。

 真っ先に「感謝」を口にする選手も増えた。悪いことではないが、時代が言わせているようでもある。第一声は、素直な感情の発露を聞きたい。ジャンプ団体で銅メダルを獲得した葛西選手の涙からは、見ただけで感謝の気持ちが伝わってきた。

 「夢舞台」「聖地」「進化」「レジェンド」・・・連日、聞き飽きた言葉が流れてくる。私は長くスポーツ記者をしていて、「天才」と書いた選手は2人しかいない。天才とは何か。誰のことか、自分なりに考えてきた。「ライバル」という言葉も慎重に使った。ライバルを持たない主義の選手もいるからだ。

 氷の上で何回転しようが紛争が解決するわけでなし、腹の足しになるでもない。スポーツとは、本来どうでもいいことを真剣にして真剣に見るから、奥深くて面白い。する人と見る人の間に立って伝える者は、ふさわしい役割を果たしているだろうか。
                    (時事通信社京都総局長 若林哲治)
--------------------------------------------------------------------------------

◎竹田恒泰氏のツイッターより

メダルを取る可能性のある日本選手へ。
(1)メダルは噛むな。品がない上に、メダルを屈辱することになる。
(2)国歌君が代は聴くのではなく歌え。国歌も歌えないのは国際人として恥ずかしい。
また、日本には国歌斉唱時に胸に手を当てる文化はない。直立不動で歌うこと。
http://twtr.jp/takenoma/status/432081537299779584

もし私が国費を使って何かをさせていただくとしたら、細心の注意をはらうでしょう。
成果が出せなくて、いい思い出になりましたなどとは、絶対に言わない。それが、私の価値観です。
http://twtr.jp/takenoma/status/432184266332463105

特に冬季五輪は、品のない選手がおおい傾向がある。世界の舞台で活躍するアスリートには、
日の丸を背負った自覚をもって、立派に振る舞って欲しい。日本を愛するがゆえに、私は選手に節度を求めたい。
http://twtr.jp/takenoma/status/432185375868465152
--------------------------------------------------------------------------------

 大きなお世話が多すぎる。
 「スポーツとは、本来どうでもいいことを真剣にして真剣に見るから、奥深くて面白い。」
 これを忘れたらあかんね。

 「メダルを屈辱することになる」の意味がさっぱり分からないんですが・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2014年02月20日(木)

ヨメきくランに遭遇 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日もバイトで、家を10時50分には出なくてはならい。
 朝のんびりしていたら、もう9時半。ちょっとだけでも走ろうと思った時に、やっときくが起きてきた。寝坊しすぎやろう!
 あわててヨメさんとお散歩に。円通寺往復3kmを走らんと、朝ごはんがもらえんとです。

 私もそのちょっとあと、5kmコースへ。ところが、500mほど行ったところで「ヨメきくラン」に遭遇。
 「あれ?」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「いっつもはどんどん行きたがるのに、今日はもう帰るって。」
 「えー、きくちゃん、そんなことではあかんやろう。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その言葉を理解したのか、きくはUターン。
 てってってってっ・・・。
 思いがけないところで私に会って、なんかうれしくなったみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まあ、一回は○ッコもしといてっと。
 「さあ、ガンガン走るぜ!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 交差点で、「ヨメきく」組は円通寺へ。私はシャトレーゼから十王堂橋へ。
 きくがかわいいかわいい顔で、「こっちこー」って誘うんですよねー。
 でも、きくのペースは私にはちょっと遅い。ここでお別れ。
 写真を撮っていたので、最初の1kmは7分10秒。しかし、そのあとの4kmはキロ5分を切り、5km26分56秒。1kmダウンジョグをして、今日は6km。

 ヨメさんときくを合わせたら6kmなので、せめてそれには負けんようにしっかり走らんとあかんね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2014年02月19日(水)

真樹はおもしろい [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今回の沖縄行きは、もともとは予定外だった。
 去年12月のNAHAマラソンの30km地点から収容バスで帰り、真樹はもう当分はフルマラソンは出たくないと言うと思っていた。
 ところが、NAHAマラソンからそんなに日もたたないうちに、「おきなわマラソンにも出たい」と言い出した。もちろん、それなら一人で行かせたらいいのにとおっしゃる方もあるとは思いますが。私は「なんでも便乗型」ですので・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今回のおきなわマラソンの目標は、「最低でも31km、できれば31.5km関門を突破」。
 真樹は早い段階から両足裏に水ぶくれができていたのに、何とか最低目標だけはクリアした。このブログの写真を見た人から、「真樹ちゃんは最後のほうも全然しんどそうに見えない」と言われた。本当は足が痛くて大変だったんですよ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「次のNAHAマラソン、どうしょっかなあ・・・」と真樹は言っている。今思い返せば、真樹は競技としてではなく普通に走るのがずっと好きだった。大学生になった今も、年2回もフルマラソンに挑戦している。今のところいい結果は出ていないが、それでもまた走る娘は私の自慢だ。
 ただ、「パオパオと走るのは終わりにして、一人で走ってみようかな」とか言う。
 「なんでー!」

 これも、真樹の成長ちゅうことなんかなあ。
 12月のNAHAマラソンまではまだだいぶあるし、「パオパオ、いっしょに走らへん?」と誘ってもらえるように、かしこうしとこっと。 
 本当に、真樹はパオパオを楽しませてくれるいい娘です。

(注) 写真は、真樹の近所の名護のネコです。

--------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 今日は仏大グランド往復10kmコースへ。
 ゆっくり走る予定だったが、最初の1kmがゆっくり走ったつもりが5分15秒。
 「これは、もっとスピードアップしてもだいじょうぶ。」
 行き5kmが25分28秒、帰り5kmが23分08秒で48分36秒。
 こんな感じでゆったりと走れるといい。
 1kmダウンジョグをプラスで、今日は11km。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月18日(火)

5日で忘れるきく [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5日前、尻尾をちぎれんばかりに振って見送ってくれたきく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「はよう帰ってきてね」と言ってくれているような・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ところが5日後の今日、沖縄から帰ってきて店に行くと・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 のそっと出てきたことには出てきたが、うんともすんとも言わずただふるえている。 

 「知らんオッサンが攻めてきたー」てか? 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、もう忘れたんかいなー。たった5日やでー。」
 「そそそそんなこと言われても・・・、知らんもんは知らん!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつものゆうパックの集荷の方が、「そういえば、いつもと目の色がちがうような・・・。」
 どうなったんじゃい、きくちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも散歩に連れて行くと、タレタレだった尻尾がやっとピンと立った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あー、そういえばこんなオッサンいたよなー・・・。うん、なんかいたような気がする・・・。」 

--------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 夕方、ちょっとだけ走った。
 1.3+3+1で5.3km。3kmは15分49秒。

 ご近所犬・エルちゃんを見に行くと、ちゃんと覚えていて出てきてくれた。きくよりかしこいんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月17日(月)

ヤクルト対韓国LGツインズ [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 せっかく体験テーマパーク「むら咲きむら」に来たのだから、一つくらいなんか作っていこうかなと思っていた。ところが、真樹は「それよりプロ野球のキャンプを見に行きたい」と言う。そういえば、ヤクルトのキャンプ地・浦添市民球場はここから20kmほど。ネットで調べると、今日は韓国LGツインズとの練習試合(無料)。これは行かねば・・・。
 朝9時前に遅い朝ごはんを食べていると、朝食会場の中庭を中日の山本昌投手とサングラスの女性が歩いていた。後で調べると、隣の北谷でキャンプをしている中日は今日はお休み。それで、むら咲きむらに遊びに来られていたようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 浦添市民球場に着いたのはまだ11時前。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 球場を見に行くと、LGツインズが練習中。
 ヤクルトの選手は、体育館で練習していたようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヒマだったので、ヤクルト関連グッズのお店をのぞく。
 Tシャツとタオルとメガホンとサイン用色紙とサインペンを買った

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 この記念撮影用パネルは撮っておかないと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お昼は「ヤクルトラーメン」(450円)。

 「どこがヤクルトやねん!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 体育館から出てくるヤクルトの選手を待った。
 真樹のお目当ては、田中浩康選手。(渋い!)

 体育館から出てきた田中選手に、「サインお願いします」と大きな声で言ったのだが、小さな会釈でスルーされてしまった。

 しかし、そのあとたまたま通りがかった宮本慎也元選手にサインをしていただいた。売店のお兄さんも言っておられたが、「すごくラッキーなこと」らしい。

 また、そのあとにフジテレビの中村光宏アナを発見。私服っぽい格好で、ほとんどまわりに気づかれていない感じだった。
 「サインしてください」って言ったらしてくれはったかも・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後1時、練習試合開始。
 その時、田中選手の固い表情のわけが分かった。田中選手は今日は1番セカンドで先発。
 去年ふがいない成績で終わったので、今年にかける意気込みがすごかったということだと思う。がんばって!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 試合が始まったころは日差しがきつく、真樹はさっそく買ったばかりのタオルでほっかむり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 先発で3回をピシャリと抑えた八木投手。
 多くの記者からインタビューを受けていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 田中浩康選手登場。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すごくいい当たりだったがライトフライ。残念!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中から曇り空になり、風がビュンビュン。
 沖縄らしい天気やねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中の守備から出てきた藤井選手。
 今年新入団のキャッチャーのはずが、なぜかレフトを守っていた。でも、同じ名字のよしみで、これからも応援しようっと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9回表のピッチャー交代の時には、高津新コーチ。
 これはファンサービスでしょうね。それまでちがうピッチングコーチが出ていたのに。ピッチャーマウンドの近くでピッチングフォームを披露したりして、元気いっぱいな感じ。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと前は、ヤクルトにもたくさんのスターがいたのに。今はファン歴46年の私でさえ、ぱっと言える選手が少なくなってしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9回裏には、地元沖縄出身の比屋根選手も代走で出場。大きな声援があった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 試合は残念ながら2対1でヤクルトの負け。
 しかし、練習試合ならではの思い切った場面がたくさん見られてよかった。
 真樹はまた一人でも見に行きたいらしい。誰か、いっしょに行ったってくれんかなあ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月16日(日)

第22回おきなわマラソン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 嘉手納基地第5ゲート関門(31.5km)4時間30分の壁は破れず。
 しかし、去年は基地入り口(29.0km)でストップだったので、基地内を走り関門まで到達しただけでも進歩した。NAHAマラソンの30kmよりも上まわったので、よくがんばったと言える。次の目標は33kmあたりかな。(ちょっと甘いでしょうか。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ホテルむら咲きむら」で急いで朝食をとり、臨時駐車場になっているイオン具志川へ。7時50分に着いたので、8時発のシャトルバスに間に合いそうだった。ところが人が多すぎてバスが足りないとのこと。「漁港に回ってください。」
 漁港の駐車場にはまだ余裕があったが、バス待ちのランナーがあふれていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場についたのは8時半ころ。もう、スタートの各ブロックゲート閉鎖の8時40分まで10分くらいしかない。
 「21世紀の森ランクラブ」の比嘉増美さんを探し、荷物を預かってもらった。
 「スタート地点へ、急げー!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私は陸連登録のAブロックだったのだが、人でごった返していて途中で8時40分を過ぎてしまった。それでCブロックから入れてもらおうとしたら、「Aは一番前です。まだ入れますから」と。
 NAHAマラソンはちょっと遅れただけで、「一番後ろに回ってください」と言われたのにえらいちがい。余裕をもって並べるという点では、「おきなわマラソン」の勝ち。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートゴールもこの沖縄らしい門をくぐるのだから、その点も「おきなわマラソン」の勝ち。(ああ、この門をくぐってゴールしたい。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年と同じ前の右端に並んだ。
 そして後ろを振り返ると視線が合い・・・。
 「宮里さんですよね。」

 「京都キャロット」通販のお客様の宮里哲哉さん。職場のお仲間とご一緒の写真を撮らせていただいた。皆さん、速そうです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 沖縄市長さんのピストルで、9時ちょうどスタート。

 夜のニュースでは、私も真樹もスタートの様子がちらっと写っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1km地点で真樹を待つ。
 NAHAマラソンでは、真樹がピンクのTシャツに黒のロングタイツで見つけにくかった(そのパターンの女性ランナーが多くて)。今回は上が白基調、ランパンが細かな柄の物ということで見つけやすかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「こんにちはー」と声をかけて下さったのは、「21世紀の森ランクラブ」の安村さん。
 NAHAマラソンほど混雑していないので、見つけてもらいやすく、しゃべっていても他の人の迷惑にならない。この点も、「おきなわマラソン」の勝ちかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 NAHAマラソンは途中抜いていくのはとうてい無理だったが、これだけすいていたら追い越せそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ふじいさーん!」
 いつもお世話になっています。「21世紀の森ランクラブ」会長の比嘉三雄さん。いい感じで追い抜いて行かれた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ダースベイダーの応援。
 これは動きにくそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「21世紀の森ランクラブ」の仲村さん。
 私の知り合いは、みなさんしっかりと私を見つけてくださり声をかけて行ってくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5km通過、33分44秒。
 真樹としては飛ばしすぎだが、案外楽そうに走れているので良し。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このままのペースで行けたらゴール4時間台。
 いつか、それくらいで走り切れるようになるといいのにね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しかしあとで聞くと、6kmあたりから足の裏が痛み出したらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 音楽での応援は力になる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらは、小学生でしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km通過、1時間11分24秒(37分40秒)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なんと、2週間前の「名護」より2分半も速い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その少しあと、後ろから小橋川さん。
 地下足袋シューズでフルに挑戦。

 真樹がいつも言っている。
 「沖縄にパオパオを慕っている人がいるのが不思議。」
 「ほんまやね。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 立派な牛も応援。
 名前を聞いたけど忘れてしまった。
 頭をなでさせてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初の難関の上り坂。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹はここで初歩き。
 私はその間トイレへ。いったんはぐれてしまったけれど、「歩道側にいててや」と言っておいたので見つかるでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こちらも、かなり若い子の太鼓での応援。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 NAHAマラソンでもらいそこねたヤクルト。
 「今度はもらったぜい!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年に引き続き、ピカチュウと抜きつ抜かれつのデッドヒート。(となりにはウルトラマン。)
 しかし、今年は「トイレに並んでいるピカチュウ」とか「エアーサロンパスを足にかけてもらってるピカチュウ」を見せてもらった。笑ってしまいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 15km通過、1時間53分43秒(42分19秒)。
 上り坂を歩いた割にはいいスプリットタイム。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 高校野球部の応援。
 声を出しなれているから応援もうまい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 女の子たちも部活をしている子でしょうね。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっと真樹に追いついた。
 足の裏が痛い割にはしっかり走れている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あちらこちらにたくさんの私設エイドを出してくださっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 20km通過、2時間36分27秒(42分44秒)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この先にかわいいワンちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくの前に飼っていた「エリちゃん」に似ている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なかなか前を向いてくれないので、おかあさんと小さな男の子が一生懸命向かせてくれていた。どうもすみませんでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中間点通過、2時間46分35秒。

 「真樹、去年より15分以上速いで。31.5kmの関門突破、絶対行けるで。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、ここからが勝負。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 エイドでもらった氷を食べて気合を入れ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年もおられました、玉城デニー議員。
 真樹に上手に撮ってもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 25km通過、3時間22分58秒(46分31秒)。
 このあたりからつらくなるところ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、沖縄マラソン名物の長い長い上り坂が始まった。

 「次の関門、だいじょうぶですかねえ。」
 「全部歩いたらアウトです。1kmのうち100mでも走れたらだいじょうぶです。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 たしか、観光バスのガイドさんだったような・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 那覇から名護に行くとき、いつも高速から見ているタンク。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 長い長い上り坂がもうすぐ終わろとスあたりで「ふじいさーん!」
 「あっ、小橋川さんの・・・。」
 奥様と娘さん。よく私たちを見つけてくださったものです。ありがとうございます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 だいぶ引き離したはずのピカチュウに追いつかれ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹は「もう、走れへん」と言う。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年ストップした嘉手納基地ゲート前。
 去年はここで4時間半だったので、やはり15分ほど速い。
 残り2.5kmを24分。ここからキロ10分を切るのはとうてい無理。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それでも、31.5km関門までは絶対に行こうと決めていたのでまた歩き始めた。

(注)まだまだ、続きます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

ポケットWifi忘れたー

ポケットWifi忘れたー

腰痛体操

腰痛体操

しょろバイ初給料

しょろバイ初給料

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.