パオパオだより

2014年02月04日(火)

「マラソンやっててよかったなあ」 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日、那覇空港14時発のピーチで関空へ。 
 15時45分着の予定が遅れ、15時58分着。京都駅行きのバスは16時05分発。それに乗れないと、次は16時40分。
 私たちの席は第26列。これは飛行機から降りるだけでも時間がかかり、あと7分ではとうてい無理とあきらめた。「ちょっと帰るのが遅くなるけど、しゃーないな。」
 そんなことを言っていると、「後部ドアもまもなく開きます」というアナウンス。
 「えっ、後ろ開くんかいな。ギリギリ間に合うかもしれん。行けー!」

 タラップを降りて建物までダッシュ。建物内に入ると通路が狭く前の人を抜けない。やっと広くなると、「すいません、すいません」と言いつつまたダッシュ。 
 京都駅行きのバス停に着いたのは16時04分。「セーフ!」
 ところが、後ろについて来ていると思っていたヨメさんの姿が見えない。「あー、やっぱり間に合わんかったかー」とあきらめかけたころ、必死にこっちに走ってくるヨメさんの姿が・・・。
 ものすごいダッシュで、時間ピッタリにバス停に到着。
 「ますみちゃん、マラソンやっててよかったな。」
 「そや。こんなときのために・・・。でも、きつかったー。」
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝から雨。今日も降水確立20%だったのに・・・。
 真樹は月曜は1限と4限なので、朝から車で送っていった。

 真樹が授業を受けている間に、名護城址の桜を見に行こうと思っていた。しかし、雨はさらにきつくなるばかり。予定変更で、このあとすぐ私は「理容きゃん」さんへ。NAHAマラソン以来なので、ちょうど2ヶ月ぶり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時半、大学までお迎えに。
 お昼のオムライス用のタマゴがなかったので、大学近くのローソンで調達。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ええ感じのネコちゃんがデーンと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時半には名護を出発しなければならなかったので、11時に「はやびる」。
 ヨメさんがちゃっちゃっとオムライスを作ってくれた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時半、真樹のアパートを出発。
 その前に、ハイビスカス前で記念写真。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中いろいろありましたが、6時半に我が家到着。
 さあきくちゃんとの感激の対面と思ったら、ちょうど廉が散歩に連れて出ていた。

 やっと散歩から帰ってきたきくは、私を見てまあまあ喜んでくれた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「きくちゃん、おばしゃんはお店にお仕事に行かはったわ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そして、夜8時。やっとおばしゃんが帰ってきた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「おばしゃん、おばしゃん」
 きくはちゃんと覚えていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜は大サ−ビスの長いお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ところが、家に帰っても「ファンファン、クークー」。
 廉いわく、「廉だけのときはものすごかしこかったのに、パオパオが帰ってきて急にアホになってしもたー。」 
 そうなん?
 パオパオはきくにもなめられてるってことかなあ・・・。

-------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 名護ハーフマラソンは、武庫川に比べるとずっとダメージは少なかった。腰の右側が痛いくらいで、足は全然だいじょうぶ。
 さすがに昨日は走る時間がなかったが、今日はちょっとだけでも走っておきたい。店往復1.3kmのあと、いつもの5kmコースへ。27分00秒。1kmダウンジョグで、合計7.3km。

 名護ハーフマラソンで一段落。次の目標を何にしますかねえ・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2014年02月03日(月)

第55回名護ハーフマラソン・続き [ランニング・出張販売]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ゴールまであと100mほど、陸上競技場の第4コーナーでヨメさんを発見。私の写真を撮ろうと待ち構えてくれていた。
 つまり、この写真はヨメさんを撮ろうとしている私をヨメさんが撮ってくれた写真。ああややこし。

 このレースは1kmごとに標示があり、道路にも白線が引かれていた。これだとラップがしっかり取れる。
 4分37、4分30、4分30、4分30、4分30で5km22分39秒。
 5分01、4分28、4分28、4分43、4分23で10km45分47秒(23分08秒)。
 4分33、4分31、4分35、4分31、4分31で15km1時間08分30秒(22分43秒)。
 5分08、4分20、4分24、4分25、4分25で1時間31分15秒(22分45秒)。
 最後の約1.1kmは4分37秒(1km換算4分11秒)でゴール1時間35分53秒。

 16km過ぎからの最後の約5,1kmは本来苦しむところだが、思ってもみなかった玉城さんの二度目の応援とゆるやかな下りのおかげで22分14秒(5km換算21分48秒)。ゴールしたとき、タイムはも一つだったのに満足感があったのはこういうことだった。
 気持ちよくゴールするって大事なことですね。

 ゴール後はダウンジョグを兼ねて、知り合いの写真撮り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「21世紀の森」の仲村さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なぜか私を「師匠」と呼ぶ小橋川さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「21世紀の森」会長の比嘉三雄さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ワンちゃんの写真、撮らせてください。」
 「ああ、ここも走りに来てるの。」
 「えっ、嶋袋さん。」

 最初ワンちゃんしか見ていなかったので、嶋袋さんだと分かっていなかった。名護の犬おじさんこと嶋袋順栄さん。まさかこんなところでお会いできるとは思っていませんでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「前にこんなワンちゃんいましたっけ?」
 「これは新入りさー。墓地に捨てられてたのを連れてきたさー。ガリガリでびっこ引いてたからダメかなあと思ってたけど、ここまで元気になったさー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 消防士さんが走っておられたので写真を撮らせていただいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「21世紀の森」の比嘉和子さん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもお世話になっています、比嘉増美さんとそのお友だち。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の1kmちょっとは、こんなきれいな並木道を走る。
 本当にいいコースです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール前の比嘉さんたち。
 比嘉さんはこのときはいい笑顔だったのに、ゴール後はこむら返り。蒸し暑さが影響したんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 けっきょく3km以上のダウンジョグになった。

 テントに戻ると、「21世紀の森ランクラブ」の方からおそばをいただいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私のブログのファンとおっしゃってくださる玉城さんのダンナさん。まあ色の黒い、味のあるオジイなこと。ご夫婦そろってまだお若いのに(たぶん、ダンナさんは私の一回り下)、もうお孫さんがおられる。ぼちぼち走ったりしておられるらしいので、ますます真っ黒に!
 ダンナさんともお話ができてうれしかったです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹は、10km1時間14分00秒の80位。10km全体382名エントリー中の、ドンピシャ真ん中の191位。これって、トリプルピタリ賞になりませんかねえ。

 真樹は今回は足も痛くならず、今まで一番気持ちよく走れたらしい。自分でレースを組み立てられたのと、よく知っている道を走れたのがよかったのかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1時40分過ぎ、ハーフのスタートから4時間半を過ぎたころ、最終走者が帰ってきた。これは写真を撮らせてもらわねば。

 「すいませーん、ブログに載せさせてもらってもいいですか。失礼ですけど、おいくつですか。」
 「63・・・、あっ、まちがえた。73です。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ゴールはしっかりポーズ決めてくださいね。」

 すごくいいゴールシーンだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私のブログファンとおっしゃるhollyさんが、北山高校駅伝部1年の息子さんを連れてご来店。いろいろとうちの商品を買っていってくださった。
 hollyさんは堀井さんかと思っていたら、全然ちがう沖縄バリバリの名字だった。
 これからも北山高校駅伝部を応援していきますので、よろしくね。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 商品はダンボール箱9個口で送ったのだが、帰りは2個減らして7個にするのが目標だった。しかし出店場所が分かりにくかったせいもあって、お客様は「21世紀の森ランクラブ」のメンバーや私のブログを読んでくださっている方ばかり。商品はほとんど減らなかった。それでも無理やり1個減らし8個にして名護郵便局へ。

 応対してくださった郵便局員さん(比嘉卓也さん)がすごく気のきく方で、「2個のダンボールをつないだら170サイズで送れるので割安になりますよ」と教えてくださった。このおかげで、170サイズ3個と160サイズ2個の5個口で送ることができた。ガムテープできちっとはってくださり、ビニールひももしっかりかけてくださった。これは本当にありがたかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 郵便局から戻ると、ぶがりなおしの席に稲嶺名護市長さんが加わっておられるのを発見。比嘉増美さんにお願いして、私たちのことを紹介していただいた。
 京都府の日本海に面した丹後地方に、新しい米軍基地(Xバンドレーダー基地)ができそうだというお話を中心に聞いていただいた。名護市長選と京都の新米軍基地、それに名護ハーフマラソンのことなどを私が連載させてもらっている「ねっとわーく京都」に書かせて欲しいということをお願いした。
 いっしょの写真をお願いすると、「やっぱり沖縄は半そででないとねー」と言いながらわざわざ上着をぬいでくださった。すごく話しやすくて、初対面でも親近感の感じられる市長さんでうれしかった。
 早く下書きを書いて、問題がないかどうか目を通していただかなくては。おいそがしいとは思いますが、どうかよろしくお願いします。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあと、真樹のアパートに帰ってシャワー。
 気温が高かったせいで、両腕に塩が吹いていた。

 さっぱりしたあと、もう一度陸上競技場へ。大会役員さんにお礼のごあいさつに。
 「商売としては大赤字でしたけど、走らせてもらってすごくいい大会だと感じたので、ぜひ来年も出店させてください。できれば陸上競技場の奥ではなくて、出入り口に近いところで」とお願いしておいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 土曜日はおすし屋さんで食べたので、今日はかあちゃんの手料理。すぐ近くに「スーパーかねひで」があるので、そこまで買い物に。

 真樹のアパートの裏のネコちゃんは健在。
 気持ちよさそうにウトウトしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 買い忘れたものがあって、もう一度「スーパーかねひで」へ。
 その途中のパチンコ屋さんの駐車場に居ついているネコちゃんも健在。沖縄は冬もそこそこ暖かいので、ネコちゃんたちもどうにかこうにか生きのびているようだ。顔なじみのネコちゃんに再会すると「ほっ」とする。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 晩ごはんのメインは、真樹の大好きな豚汁。それに、一人暮らしではなかなか買えないお刺身。沖縄産の春菊のおひたし。じーまみーとうふと海ぶどう。
 サラダには、hollyさんからいただいたプチトマトも入れて。すごくおいしかったです。hollyさん、ありがとうございます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜は、小橋川さんからいただいたケーキを食べてゆんたく(小橋川さんは、ケーキの移動販売をされています)。
 「このおいしさやったら、マラソン会場とかでも売れるんちゃう?」とか言いながら・・・。

 ヨメさんはせっかく1年ぶりくらいに沖縄に来たのに、どこにも遊びに行けずかわいそうだった。大会中も店がヒマだったので、走ってみたいとも思ったそうだ。
 「来年、ますみちゃんが走るかー。パオパオが店番でもええでー。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月02日(日)

第55回名護ハーフマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「顔が赤いのは、日焼けってことにしておいてくださいね。」

 あと片づけも終わりそろそろ帰ろうかというとき、稲嶺名護市長を発見。市長さんとはランニングのお仲間でもある比嘉増美さんにお願いして、私たちを紹介していただいた。前から機会があればぜひお話してみたいと思っていたので、念願が叶った。

(注)このあたりのことは「ねっとわーく京都」にくわしく書くつもりなので、ここには書かないことにします。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場着6時15分。まだ真っ暗。暗闇の中での出店準備は大変だった。
 雨が降っていたが、21世紀の森ランクラブの方たちがテントを用意してくださったので安心。ただ雨のせいか、6時半になっても受付にはほとんど来られなかった。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 受付とは反対側の第4コーナーの近くでの出店だったので、明るくなって受付がにぎやかになってもこちらはひっそりしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゆるきゃら・りゅうちゃん。
 シンプルでかわいい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 うるま市の小橋川さんがごあいさつに。
 出場する予定ではなかったらしいが、けっきょくハーフに出ることになったとのこと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 木金土の3日間まったく走っていないので、しっかりアップをしなくては。
 陸上競技場のすぐ近くにかわいいワンちゃん。変わった植木鉢みたいなお家に入っていた。もう1ぴきの黒いワンちゃんもかわいかった。

 少し走っただけで、汗がジワー。これは気をつけないと救急車が出るようなパターンか。もっと走ろうと思っていたが、3kmが精一杯。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8時から開会式。雨はやんだが、まだ下はビチャビチャ。
 大会会長である稲嶺名護市長をはじめ、大会役員さん、招待選手が勢ぞろい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時、10kmの部がスタート。こちらは382名のエントリーなので、そんなに混雑はしていなかった。
 真樹は大学の友だちといっしょにスタート。ただし、その友だちは元陸上部なのですぐ離される予定。

 さてよく似た感じのこの二人は、写真のどこに写っているでしょうか?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その10分後の9時10分、2247名がエントリーのハーフの部がスタート。
 横のほうからシューと入って、前から10列目くらいに並ぶことができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「最初の1kmが、4分37秒! こんな遅い入りの1kmってあったっけ?」
 自分ではもっと速いつもりだったのに、遅い。やはり湿度の高さがこたえているようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2kmは9分07秒。この1kmは4分30秒なので、これ以上遅くならないようにがんばろう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 黙々と走っていると、「ふじいさ〜ん!」と呼ぶ声。
 「あっ、玉城さん! 写真、写真。」
 「撮ってないで、早く走ってください。」
 「いやいや、余裕を持って・・・。」

 パオパオだよりのファンだとおっしゃってくださっている方を見捨てて、先を急ぐようでは人間失格です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 名護の名勝・ヒンプンガジュマル。
 これも写真を撮っておかなくてはね。

 きっちり4分半ペースを守り、5kmは22分39秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 7km過ぎ(10kmコースの5km地点)に、「京都キャロット」の古くからのお客様・近江さんが待機。朝に、「どうやって応援しよう」と聞いてこられた。「キャロットさんでは愛想なしやし、こうじさんでは親しすぎるし・・・。」」
 たぶん「ふじいさ〜ん」と呼んでくれはんにゃろなと思っていたら、なんと黙って手を振ってはるやないですか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ちょっと戻って走って来ますし、写真お願いします。」
 ということで撮ってもらったのが上の写真。まあまあ余裕ありますかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km、45分47秒(23分08秒)。

 中間点の標示はなかったが、48分ちょっとということになる。後半イーブンで行けたとしても、1時間36分超え。
 「あかんわ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 羽地内海沿いの道は、景色がきれいで気持ちよく走れる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 15km、1時間08分30秒(22分43秒)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きつい坂の途中に、またもや近江さん。
 「写真、撮ったげるよ。」
 「いえいえ、もう十分です。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「近江さんのダンナさんですよね。1枚、写真撮らせてもらいます。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 16km地点に、「おー、またもや玉城さん!」
 なんてありがたい。私ひとりのために応援に来てくださるなんて。このあたりから日差しがきつくなり、ちよっとめげそうになりかけていたので、ここでの応援は本当にうれしかった。
 ランシャツで手をぬぐってから、握手をさせていただいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 国道58号線は、名護に来るたびによく車で通るところ。そこを堂々と走らせてもらえるのだから、走りがいがある。
 このちょっと先が真樹のアパート。真樹が出た10kmの部だと、本当にその真ん前を通るコースになっている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 20km、1時間31分15秒(22分45秒)。
 かなり足腰がふらついていたが、玉城さんと近江さんの応援の効果があった。最初は大崩れするかもと不安になったが、最後の最後まで4分半ペースを守って走ることができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 陸上競技場の中では、ヨメさんが写真を撮ってくれたし。
 しんどかったけど充実したレースだったと言える。

 ゴールは、1時間35分53秒。目標より2分ほど遅かった。
 それでも、ほとんど集中力を切らさず走れたのでよかった。以前は前半型だった私だが、本日のレースでは少しだけだが後半のほうが速い。また少し進化したのかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 記録証発行係は名桜大学生。

 50代男子の部、16位。
 う−ん、レベル高いですね。3位入賞ははるかかなた。
 でも、また走ってみたくなるいいコースだった。

 さて、来年は・・・。

(注)もうちょっと、続きます。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月01日(土)

第55回名護ハーフマラソン・前日受付 [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は降水確立10%が大外れ。
 受付テントの向かいのテントなしのところで商品を出していたのだが、途中から本降りになりずぶぬれになってしまった。

 昨日、「降水確立10%やし、前日受付は安心やなあ」と言っていた。しかしそれを聞いた真樹が、「名護は分からへんでー」と言っていた。それがバッチリ当たってしまった。まだ住みだして1年足らずなのに、もう真樹は立派な名護市民です。

 今日は売れなくてもいいので、明日の宣伝になればいいと思って粘っていた。でももう限界。4時過ぎからかたずけ始めて、5時過ぎに撤退。

 「今日は散々やった」と思っていたが、最後に大逆転。
 晩ごはんを食べに行った「イオン」内の100均で、きくちゃん発見!
 何枚も何枚も写真を撮って楽しみましたわー。
 「似てるー!」 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日は、名護陸上競技場の第4コーナーあたりで出店しています。
 21世紀の森ランクラブの比嘉さんのご厚意により、「琉球ナショナル」のテントをお借りできました。これを目印にして、ぜひお立ち寄りください。私はハーフに出場しますのでほとんどおりませんが、ますみ店長がお相手させていただきます。

 私の明日の目標は、当初はⅯ55クラスになっての自己最高の1時間27分でしたが、思っていたより暑くてそれは無理。せめて、1月12日の「武庫川」の1時間33分52秒を超えられますように・・・。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年01月31日(金)

「名護はネコちゃんいっぱいやなあ」 [沖縄]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日は「名護ハーフマラソン」前日受付で出店します。
 大会に出場されるみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。受付のついでに、のぞいていってくださいね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2014年01月30日(木)

「バカに民主主義は無理なのか?」 [書評]

画像(107x170)

◎光文社ホームページより

  「バカに民主主義は無理なのか?」  長山靖生/著

 民主主義だからダメなのか? まだ民主主義じゃないからダメなのか?
 昨今の日本を見ていると、もう本当に「日本の民主主義はダメなのか?」とうなだれてしまう。これまで、日本の政治がうまく機能していない理由は、「民主主義が未熟」であるためだと説明されがちだったが、本当は何が問題なんだろう。本書では、日本の民主制の危機、問題点を考えるにあたり、民主制や自由思想の歴史、そしてそれを近代日本がどのように移入したのか、さらに、改正が取り沙汰される日本国憲法の、国民の見落としている根本原理などについて一から学び直す。また戦後政治が何を積み残してきたのかを丁寧に振り返り、最後には、我々に最も欠けている思考について検証。民主主義の限界を克服する道を探る。「必要悪としての政治」という視点から、民主制の主体=民衆に求められる資質・精神について考える。


■目次

はじめに

第1章 日本人は、いったい政治に何を望んでいるのか?
         ――日本の民主制が危機におちいっている理由
第2章 「自由」と「平等」に、根拠はあるのか?
         ――民主制の歴史と、展開
第3章 日本国憲法、何か問題でも?
第4章 戦後の日本政治は、何を積み残してきたのか?
第5章 バカに民主主義は無理なのか?
         ――輝かしくない日本の未来に向けて
あとがき
参考文献


■著者紹介長山靖生(ながやま やすお)
1962年茨城県生まれ。評論家。歯学博士。鶴見大学歯学部卒業。歯科医のかたわら、文芸評論、社会時評など幅広く執筆活動を行っている。1996年、『偽史冒険世界』(筑摩書房)で第10回大衆文学研究賞を受賞。2010年、『日本SF精神史』(河出ブックス)で、第31回日本SF大賞、第41回星雲賞を受賞。著書は他に、『「人間嫌い」の言い分』『不勉強が身にしみる』『「論語」でまともな親になる』『新書で名著をモノにする 平家物語』(以上、光文社新書)、『天皇はなぜ滅びないのか』『天下の副将軍』『テロとユートピア』(以上、新潮選書)、『日露戦争』『大帝没後』『謎解き 少年少女世界の名作』(以上、新潮新書)、『千里眼事件』『奇想科学の冒険』(以上、平凡社新書)など多数。

-------------------------------------------------------------------------------

 ちょうど1週間前の木曜のバイトのときに読み終わった本。あれから1週間たって、中身をほとんど忘れてしまった。
 そこで他の人の書評を見てみると、評価の低いものが多かった。私は読んでいてそんなにダメとは思わなかったのだが・・・。歯医者さんが民主主義や政治に関する本を書いておられるだけでもおもしろいやないですか。
 全体としては社会科の教科書を読んでいるようだったが、ところどころ「フムフム」とうなずくところもあった。
     ◇     ◇     ◇
(目次の一部)
 ・「一票の平等」という過疎地差別、地方の植民地化
 ・「出たい人」からしか選べないー政党政治の欠陥と、維新の元勲たちの危惧
 ・ついに「消費税」導入、「国策としての少子化」の矛盾は放置され・・・
 ・戦場では、敵を撃ち、味方を助ける者を戦友と呼ぶー「友愛」の危険性を自覚せよ

(各章のまとめの一部)
 ○日本には厳然たる地域格差があり、差別もあります。
 ○選挙よりもクジ引きの方が、マシな人が選べるのでは?
 ○「みんなで幸せ」になれないからといって、「みんなで不幸」を望みますか?
 ○日本国憲法が古くなったとして、古いものはイケナイのなら、伝統とか文化はいらないのでしょうか。
 ○政権政党が変わっても、日本の政治はあまり変わりません。というか、自民党と民主党って、単なる派閥ではないのですか?

【第5章のまとめと課題】・・・・・は、ここに紹介した理屈(暴論?)やデータだけでなく、みなさんが日頃から気になっている疑問や不満、情報を加味して、ご自身で設定してください。
     ◇     ◇     ◇

 やっぱり私が課題を設定するならば、「地域格差と差別」。
 だいぶ前にも書いたが、「一票の格差」を訴える人たちには「一米軍基地の格差」や「一原発の格差」もいっしょに訴えてもらいたい。米軍基地も原発も人口比で配分するなら、東京や大阪に集中しなければ納得できない。東京湾や大阪湾をもっと埋め立てて、米軍基地や原発を誘致すべきです。それからでしょう、「一票の格差」を論じるのは。

 私にはもっといい案がある。その都道府県の「不便指数」を算出して、その不便さに応じて議員数を手厚くするというのはどうだろう。そうすると、東京都の国会議員が一番少なくなり、見捨てられがちな県の国会議員が一番多くなる。東京なんて、これ以上なにがしたいねんと問いたい。不便なとここそやりがいありまっせー。

 「立候補者は過疎地をめざす!」

 ひゃー、かっこいい。ってことにはならんかなあ・・・。
 ( 私も十分なバカですね。)

--------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

 今日は朝から雨。
 毎週木曜はバイト前のひとっ走りが恒例になっていたが、雨ではねえ。17日ぶりの練習休み。

 でも、きくの散歩に休みはない。ますみちゃん、「ご苦労さんどす!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第15回四万十川ウルトラマラソン・続き

第15回四万十川ウルトラマラソン・続き

2か月ぶりの真樹

2か月ぶりの真樹

雨の中華・カラオケ・きく

雨の中華・カラオケ・きく

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.