パオパオだより

2013年10月24日(木)

天野祐吉さん [私の好きな人]

画像(116x170)

◎朝日新聞10月21日朝刊

【評伝】 ありがとう さよなら CM天気図
             フツーですごい引っかき回し役

 天野祐吉さんはフツーの人だった。CMはみんなが見る。そのフツーなものの中に、時代のそよぎや、人の心のうつろいを見つけて届けてくれた。フツーで、すごい人だった。

 1979年に「広告批評」を創刊。待ち受けていたかのように「おいしい生活。」(西武百貨店・82年) 「おしりだってあらってほしい。」(東陶機器・同年)などなど、話題のCMがあらわれ、社会現象として語られる時代になった。

 「CMは、想像力を切り開き、鍛える」。天野さんはそう語っていた。やわらかいことばの下には思索者のゴリッとした芯があった。「広告批評」82年6月号には「まず、総理から前線へ。」「とにかく死ぬのヤだもんね。」と反戦広告を並べて話題を呼んだ。

 こだわりと月並みとヤボが嫌い。ひっかき回し役を進んで買って出た。

 連載中の「CM点気図」の前身「私のCMウオッチング」では90年に、洗濯機のCMを語った回がきっかけで、「妻が夫のパンツを洗うのは常識か否か」の論争が勃発した。いや、男女共同参画時代の到来を「パンツ洗い」を通して告げるべく、天野さんがしかけた。

 けれど、90年代も終わるころにはCM文化がやせ細っていく。「広告批評」も2009年に休刊。それでも最期まで書くことはやめなかった。20日の朝刊読者面では、前回東京五輪の年、1964年のベストセラーを語っている。

 図らずも最終回となった16日付「CM天気図」では顔写真付きの野菜販売を取り上げ、こう結んだ。「アンチグローバリズムのささやかなCMだったりして」
                         (編集委員・鈴木繁)
-----------------------------------------------------------------------------

 有名人が亡くなられても、ほとんど思うことはない。
 しかし、今年はちがう。
 島森路子さんと天野祐吉さん。「広告批評」という雑誌の編集に携わったお二人。島森さん66歳、天野さん80歳。テレビでしか見たことのないお二人だが、きっとお会いしたら私のような者にでも「ニコッ」と微笑みを返してくださりそうな・・・。そんなイメージのあるお二人でした。

 島森さんは長い闘病生活を送られていたようだ。だから、亡くなられたと知ったときは「やっぱり・・・。」
 天野さんは、私のバイト先で朝日新聞の連載を毎週楽しみにして読んでいただけに「えっ!」(先週も読んだのに・・・。) もう「CM天気図」は読めないんですね。

 テレビから、フツーの「下品でない」方が消えていくのがさびしい。 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

「ネット右翼の矛盾」 [書評]

画像(194x320)・拡大画像(286x470)

◎「BOOK」データベースより

   ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」 (宝島社新書) 
       安田浩一・山本一郎・中川淳一郎  2013年2月

【内容情報】
インターネット上で過激な発言を繰り返し、ついにはフジテレビや提供スポンサー企業に対してデモを行い、現実世界でも影響を持ち始めている「ネット右翼」。反韓、反マスコミ、反エリート…“愛国”“憂国”を唱える彼らの論調は、一見、非常に論理的な意見に見えるが、実は矛盾に満ちている。一体、ネット右翼はどのような人々が中心で、どのような生活を送ってきたことで、そのような考え方をするようになったのか。ネット右翼の「誤解」や「妄想」、はたまた「論理の矛盾」を具体的に挙げつつ、彼らのホンネがどこにあるのかを、ネットジャーナリズムの旗手3人が分析、明快に解き明かす。

【目次】
第1章 ネット右翼のリアル(ネット右翼のシンボル的存在、「在特会」/節電で「犠牲者」は増えたのか ほか)/第2章 弱者のツール(変わりゆく日本社会に置いていかれる恐怖と無学の関係/ネット発のデモが起こる構図 ほか)/第3章 メディアの反日陰謀論ー考えすぎだ、メディアにそんなガッツはない(レッテル貼りに成功した“愛国者”たち/私が反日認定された「理由」 ほか)/第4章 ネット右翼の正体ーお前ら、日本をどうしたいんだ!(「ネット右翼」に思想的なものは何もない/下から見上げる「目線の構造」 ほか)

【著者情報】
安田浩一(ヤスダコウイチ)
1964年生まれ。『週刊宝石』『サンデー毎日』などの記者を経て、現在はフリーのジャーナリストとして活躍

山本一郎(ヤマモトイチロウ)
1973年生まれ。1996年、慶應義塾大学卒業。投資会社経営の傍ら、著作家やブロガーとしても活躍

中川淳一郎(ナカガワジュンイチロウ)
1973年生まれ。1997年、一橋大学卒業後、博報堂入社。2001年に同社を退社し、雑誌編集者などを経て、06年からインターネット上のニュースサイト編集者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
--------------------------------------------------------------------------------

◎新書の小径(週刊朝日)より

■自分陣営の居心地悪さ     [文]青木るえか  [掲載]2013年04月05日

 「ならず者の最後の逃げ場が愛国」なんてセリフがありましたが、コリアンタウンで「チョーセン死ね!」とか言ってる在特会など見てると「まさにソレだ」と思う。私も「和食より韓国料理のほうが旨い」と言ったら「半島へ帰れ」と言われた。帰れと言われても。
 自分が気に入らないことを言う相手はすべて「韓国朝鮮在日認定」。それで聞くに堪えないようなヘイトスピーチを繰り返す。冷静に考えて「マトモではない」。どんな時代でもそういう層は表面に湧きだしてくるだろうが、やはり「いったいなぜそんなことに」という気持ちは抑えられないもので、本書の共著者である安田浩一の『ネットと愛国』などは、そういう気持ちを晴らしてくれる素晴らしい書であった。
 この本は「ネット右翼」をバカにする本だ。知性もなく、ついでに職もカネもなく、一対一になったらいきなり弱っちくなるような、救いようのない小物、それがネット右翼であり、ああいう連中に在日認定されちゃってオレたちもタイヘンだねワハハハ、というような。
 でも、どうも複雑な気分にさせられる。この対応(間違った行動を取る人をバカにする)は私もよくするし相手を貶めるために効果的と思ってきたし、議論にケリをつけるにはいい方法だ。しかし、こうやって自分以外の人がやってるのを見ると、逆効果なんではないかと思わされる。妙案も思いつかないが、貧乏でバカな人に向かって「おまえバーカ」と言ってるのが自分陣営の人だと思うと、居心地が悪いのである。
 ことにこの本における、中川淳一郎の、バカに対する上から目線は「やっぱり博報堂なんか入れる人はこうなるのか」という偏見が起きる。
 お料理ブログなんかをやってる奥さんとかがたまに嫌韓的なことを書いたりするのを見ると異様にコワイ。そういう奥さんたちは、こうやってバカにされて考えを改めるか。そのへんが私にはどうにもわからない。
--------------------------------------------------------------------------------


 今日からまた泊りのバイト。
 「電話番だけの時間に、久しぶりに本でも読むか・・・。」

 そう言えばこの2か月、また本を読んでいない。8月はいい感じで読めてたのになあ。あの後味の悪い本を読んで以来か・・・。
 そう、それが「ネット右翼の矛盾」。 
 8月中に読み終えていたのだが、読後の気分が悪く、書評を書く気にもなれなかった。
 一つきりをつけておかないと、次には進めない。今日ネットで調べてみると、私のいやな気分を代弁してくれているかのような書評が見つかった。それが上の「自分陣営の居心地悪さ」。

 私の亡き母は、「人から見下されるような人間になるな」とよく言っていた。しかし今も健在な父は、「人を見下すような人間になるな」と教えてくれた。私は母の教えは守れていない。でも、せめて父の教えは守って生きて行きたいと思っている。

 また気を取り直して、いろいろな本を読んでみよう。
-------------------------------------------------------------------------------

【今日のきく】

 「昨日はオッサンに一日連れられまわされて、やっと帰ってきたとおもたらオバサンになめまわされ・・・。つかれるちゅうねん!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013年10月23日(水)

じょんのび村ドッグランド [わんこ・にゃんこ]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 やっと行ってきました、綾部市・かんばやしの「じょんのび村ドッグランド」。

 「今日は平日で雨やし、貸しきりやな。しめしめ。」

 ところが、雨がきつすぎてドッグランどころではない。
 家から95kmの道のりをしんぼうしてきたきくちゃんは、ちょっと残念そう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「カフェ・じょんのび」に行くときは、たいてい私のいなかの家(花背別所町)に寄って行く。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここだと慣れていて安心なのか、きくも必ずシッコをしてくれる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくはパワーウインドーの開け方を覚えているので、雨が降っていようとお構いなし。

 「きくちゃん、寒いし、かんべんしてもらえませんか。」
 「ダメ!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 それでも、雨の吹き込みがあんまりきつい時だけはロックさせてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家を10時半ごろ出て、着いたのは1時前。

 「やっぱり貸切やー、さあ走ろうぜ!」

 ところが、きくはにおいをかいでばっかり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「雨もきついし、もうあかんな。」

 そう思い始めたころ、お店からじょんのびかあさんが出てこられた。
 「いやー、きくちゃん、来てくれたん。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お店に入らせてもらうと、看板犬・じょん君がしっぽをぶりぶり振って大歓迎。
 「ありゃ、前はあんなに恐がってたのに・・・。」
 「じょんは犬が大好きで、今ほえる声が聞こえたから、『早く会わせろ』って言ってるんです。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「じょん君、かまれてもよかったら何ぼでも会わせたげるけど・・・。でも、きくにかまれたら3年ほど立ち直れへんやろなあ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日もいつものパターンの、カレーとケーキセット。おいしかった。
 ケーキセットについていた姫りんごが、お客さんの話題に上っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 じょん君は、「なんで会わしてくれへんのかなあ」と納得のいかない様子だった。
 「じょん君、それには深いふっかーいわけがあるんやでー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1時間半ほど車の中でかしこう待っていたきくと、ちょっとだけお散歩。
 「また、天気のいいときに来ような。」
 「そやな。」

 さて、きくにお友だちはできるでしょうか・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2013年10月22日(火)

きくの二足歩行 [わんこ・にゃんこ]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日はヨメさんは研修で留守。
 車に乗せてあるシューズやウェアを取り出すため、きくとお店へ。

 すると、歩道横の芝生にネコちゃん!
 きくは二足歩行で追跡。

 リードをしっかり握っていてよかった。
 ネコちゃんはあっという間に逃げていった。

 こういう場面で、きくは時々二足歩行になる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 店に行くまでのミラーに、私たちが写っていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 お店に到着。
 きくは、ヨメさんが出張していることを理解しているのかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私がゴソゴソしているあいだ、きくはかしこう待ってます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰り道もたいへん。

 「さっきのネコを追跡しなければ・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あっ、あっ、3びきも・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「見えへんかったことにしとこっと。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「おばしゃん、どこいったん?」

 今日も、とても女の子に見えないおっとこまえなきくちゃんでした。
----------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 晩ごはんは、廉と二人でしっぽり。
 水炊きをしたのだが、いつも残ってしまう豚肉も野菜もすべておなべに投入。二人で、「なんでこんなに食べられるんかなあ」と言っていた。
 ああ忘れてた。今走れないので食事は控えめにしなければ。お風呂前に測った体重は推して知るべし。
 「えらいこっちゃー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜のNHKのニュースで、「奥さんに感謝」みたいな特集をしていた。 
 ヨメさんが留守のときに、あらためてヨメさんのいいところを考える。しかし、なんぼ考えても私は「顔」。根性はババやけど、顔はいくつになってもかわいいと思ってしまう。それは、まやかしに引っかかってるんでしょうか。

 どうなんすかねえ、根性はババやけど顔のかわいいきくちゃんよ・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013年10月21日(月)

ついにランニング禁止 [ランニング]

画像(320x245)・拡大画像(350x269)

舞鶴赤れんがハーフマラソンで、海上自衛隊護衛艦のすぐ近くを走る市民ランナーたち(舞鶴市北吸・海自隊北吸岸壁)

◎京都新聞10月21日朝刊

   旧海軍の街、2000人駆ける 舞鶴でハーフマラソン初開催 

 舞鶴市制施行70周年を記念する「舞鶴赤れんがハーフマラソン」が20日、市内一帯で行われた。海上自衛隊基地を通る全国でも珍しいコースで、市民ランナーが護衛艦を間近に眺めながら岸壁を走り抜けた。

 市が、海上自衛隊舞鶴地方隊などと共催し、初めて開催した。ハーフ、3キロ、ペア(2・1キロ)の3部門に北海道から九州までの7〜79歳、2098人が参加した。

 ハーフは日本陸連公認コースで、海自隊岸壁約600メートルも通過する。ランナーたちは小雨かすむ中、間近に見える7隻の艦艇を撮影したり、乗組員に手を振るなどしながら足を進めた。ゴールは旧海軍の兵器庫だった倉庫群のある赤れんがパークで、ランナーは旧海軍の街として発展した舞鶴の歴史を体感しながら、さわやかな汗を流した。

 三重県鈴鹿市の中田正弘さん(66)は「普段は見られない護衛艦の近くを走れて、他の大会にはない景色を楽しめた。できればフルマラソンもやってほしい」と喜んでいた。
--------------------------------------------------------------------------------

 昨日の「舞鶴赤れんがハーフマラソン」の9kmすぎ、左ヒザに激痛。生涯初の途中棄権もやむなしというところまで追い込まれた。しかし「ハーフのハーフで棄権はないやろう」と思い、再発する激痛をだましだましで何とか完走。しかし、そのあとのダウンジョグの時にも激痛が・・・。

 今日、予約してあった「あいおわ治療院」さんへ。高橋大輔似の先生の言葉。
 「左足のヒザに水がたまっています。それ自体はどうってことないんですが、その水を自然に抜く機能がきちんと働いていません。急に痛みが走り、急に楽になったのはその機能がおかしくなっているということです。しばらくランニングはやめてください。」

 走暦31年。今までいろいろな故障を経験してきたが、いつも練習量を減らし「走りながら」治してきた。「あいおわ治療院」の高橋大輔似の先生も、今までそういう方針だった。その先生が禁止と言われるのだから、今回はよっぽどひどいようだ。先生の指示に従い、よくなるまでランニングは封印。

 幸い今週末は「諏訪湖」で、出場せずに出店のみ。来週末は「京都丹波」で、ヨメさんが3kmで私は出場せず。次は3週先の「南紀日置川」までレースは申し込んでいない。「南紀日置川」の5kmで20分を切って2年連続入賞を狙っていたが、いつから練習再開できるんでしょうね。

 走れないときに気をつけることは、「体重増」。せっかく軽くなって走りやすくなったのに、このままでは2年前に戻りそう。
 「ごはん、へらそう!」

-------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

 なぜか、店の外。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お仕事中でも「かまって」攻撃がすごい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ああ、たいくつ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 店からの帰り、ネコちゃん発見。
 「フェンフェンフェンフェン・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ほんまは、ネコちゃんもちょっと恐いきくちゃんでした。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013年10月20日(日)

舞鶴赤れんがハーフマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は危なかった。
 「キロ5分ペースでハーフ1時間45分。前日までのフラフラ状態を考えれば、これで上出来。コース風景の写真を撮りながらゆっくり走ろう。」そう思いながらスタートした。 
 ところが、走るには絶好の小雨。いい感じで足が出る。これはそこそこのタイムを狙わなくては・・・。最初の5kmは22分50秒。「ええやん。いけてるやん。」
 ところが、9km手前の下りで急に「バキッ!」
 左足のお皿の下に矢が刺さったような痛み。左足が動かせない。そこから激しい痛みに耐えながらのピョコタン走り。ちょうど10km地点の先が「京都キャロット」の出店場所だったので、本気で「もうやめよう」と思った。
 でもね。9kmから10kmの1kmが4分38秒。ピョコタン走りの割りにスプリットタイムが落ちていない。「行ってまえー!」
 無理やり押していくと、11km手前で痛みの矢が抜けた。「よし、よし、よし。」
 そのあとも左ヒザが何回か「バキッ!」ときた。でも、何とかしのいでゴール。私の時計で1時間37分41秒(正式計時1時間37分43秒)。
 もう十分です。でも、この「バキッ!」は初体験。このあとちゃんと走れるんでしょうか。心配。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場すぐ近くのホテルが取れたので、朝は5時半起床。朝ごはん代わりのパンも前日に買っておいたので、7時からの受付に間に合うように出店の準備ができた。出店用に準備してくださったテントは通常の2倍の広さ。これなら雨であってもまあまあ商品を見やすく広げることができる。大会主催者様、ありがとうございます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝起きたときはやや強めの雨だったが、次第に弱くなり、スタート前のアップジョグをしたときはもうやんでいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地元京都府での大会ということで、知り合いにたくさん会えると思っていた。ところが、声をかけてくださったのは走友・桜井さんと「ランナーズ9の会」のかわせみさんのみ。このお二人ともハーフに出場ということなので、折り返しでは見つけて写真を撮らせてもらわなければ。
 あとで調べると、この日はマラソン大会目白押し。近辺でもいろいろな大会が行われていたので、京都のランナーも分散したようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この大会の一番の特徴は、その名のとおり「赤れんが倉庫」がスタートゴールであること。でも、この倉庫が旧日本軍の兵器庫だったとは知りませんでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ウェアは、雨があがったのでランシャツランパン。風がないので、途中ぬれたとしても体が冷え切ってしまう可能性は少ない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「15分前までにスタート地点へ」と何度もアナウンスがあった。私はめずらしく、20分前の9時10分にスタート地点へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゲスト、市橋有里さんのごあいさつ。
 「可憐な少女」のイメージしか残っていなかったので、久しぶりにお見受けした「大人ぶり」にややタジタジ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ランシャツランパンにしたからには、当然1時間35分狙い。いや待てよ、当初の予定は1時間45分のはずだっのに・・・。しかし、ランシャツランパンのランナーは先頭付近にもほとんどおらず、堂々と並ぶことができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝早くからずっと実況してくださっていたのは、ご自身もフルマラソン完走経験のあるアナウンサーさん(ヨメさんに聞くとFMのαステーションに出ておられる方らしい)。
 この方のおしゃべりが抜群によかった。やはり、ご自身が走っておられるだけはあると思った。いろいろな大会に参加させてもらっていると、正直「なんじゃー、こら」と思うようなアナウンスがある。ひどいのは、もう走る気も失せるようなものもある。
 ランネットの大会レポートの評価で、「MC」の項目がないのはなんでだろう。もしあれば、「舞鶴赤れんが」のMCはまちがいなく五つ星評価です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時30分、ハーフがスタート。
 最初に埠頭をループ状に走る。そこに最初の1km標示があったはずだか見つけられず。せっかくの陸連公認コースなので、1kmごとのラップを取ろうと思っていたのに・・・。たぶん、4分10秒くらいでしょう。

 いきなりブラスバンドの応援があり、これは大いに元気付けられた。ほんとうにありがとうございます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこからいったんスタート地点へ。
 9時45分スタートの3kmの部のランナーが応援してくださった。これもうれしかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2km地点から国道27号線へ。
 雨だったので気にならなかったが、晴れていたら車の排気ガスがきつかったかも・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 海上自衛隊基地には護衛艦。
 これぞ舞鶴です。 
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 国道を右折し、坂を上って雁又トンネルへ。
 トンネルはけっこう長かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 トンネルを出たところから下りで、そこが5km地点。22分50秒。 
 キロ4分半ちょっとで走れている。これも小雨効果。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このさきで、また別のブラスバンド。
 ランナーはみな、心の中で「ありがとう」と思っているはず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここから海上自衛隊航空基地へ。
 基地内をループ状に走るので、トップランナーには会えないかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも、入ったとたんに前からランナーが。
 トップランナーに会えました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 航空基地内にはヘリが5機。
 このヘリが、今後も戦闘ではなく人命救助に使われ続けることを願う。

 航空基地を出るちょっと手前で、めちゃくちゃ美人の自衛官発見。
 よっぽど「いっしょに写真を」とお願いしようと思ったが自重。たぶん、この応援もお仕事の一環として出ておられるんでしょうから。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 坂を上り、またトンネルへ。
 そろそろかわせみさんが・・・と思っていたら、トンネル内の暗いところで発見。昨日「京都一周トレイル・北山コース」を完走されたばかり。「この足でだいじょうぶかなあ」と心配されていたが、しっかりとした足取り。

 トンネルを出て坂を下りきったところあたりで、左ヒザに「バキッ!」
 骨折したんかいなと思うくらいの強烈な痛さ。左足が痛くて、右足一本の力で走っているような感覚。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このゆるきゃらさんは、海上自衛隊の?

 この前もピョコタンピョコタン走り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 せっかくの護衛艦前もゆっくり見る余裕なし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ああ、救いの神!
 弱っている時は、犬を吸うに限る。私にとってワンちゃんは麻薬です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「すいませーん、ワンちゃんの写真撮らせてください。」
 「はい。」
 「お名前は?」
 「ぽんずです。」
 「ぽんず? ぽんずちゃん、わろてくれてんの。」

 これでだいぶ力がわいてきた。 
 でも、左ヒザはそのまま。痛い痛い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10km、46分01秒(23分11秒)。
 ヒザに激痛が走ってからの1kmが4分38秒。てっきり5分は超えていると思ったのに、意外に走れている。
 この先が大会会場なので、「もうやめたほうがいい」と思っていた。ところが、予想外にこの1kmのタイムがよかったので行けるところまで行くことにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すると、11km手前で「スコーン」と痛みが消えた。「ヒザから矢が抜けた!」
 この1kmも4分36秒。ピョコタン走りでこのタイムって、我ながら根性あるやん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 15km付近で、折り返してきたトップランナーに遭遇。
 7kmあたりで見たトップランナーと同じ方ですね。
 
 私は15km、1時間9分18秒(23分17秒)。
 後半は海岸沿いの道なのでアップダウンがきついのかと思っていたが、ほぼ平坦。このコースなら記録も狙える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 後半も2回「バキッ!」がきた。でも、たくさんの応援のおかげか「スコーン」と治ってくれた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返し点は15.7kmくらい。
 あと5kmちょっとなら行ける。がんばろう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 見つけました、走友・桜井さん。
 朝にヘタレ犬・ジロの写真を見せてもらった。真っ黒の長毛雑種。めっちゃかわいい。実際に見てみたいなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 かなり後方だったが、かわせみさんも発見。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 笑顔が見えたので、完走されたでしょう。
 2時間半の制限はちょっときつかったかもしれませんが・・・。

 20km、1時間32分51秒(23分33秒)。
 もうだいじょうぶ。最後の1.1kmは左ヒザの痛みも出ず、ラストスパートもかけられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール前でいったんストップ。
 写真を撮っていると、ギャラリーから笑い声が。
 これでも1時間37分41秒。最後の1.1kmが4分50秒。一時どうなるかと不安いっぱいだったが、ハーフ全体をしっかり走ることができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 若い娘さんたちがお出迎え。
 おっちゃんとしては、「めちゃくちゃうれしいです」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 記録証をもらうと、1時間37分43秒。年代別第25位。 
 このタイムで25位とは、レベル高いんですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんはカレーを買いに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 こんなカレーでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時半ころ、ハーフスタートから2時間すぎくらいから雨がきつくなってきた。
 このあとにゴールするランナーは、かなりビチャビチャになっていたようだ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 朝は雨も小降りだったのでけっこうたくさんのお客様があったのだが、ゴール後に来てくださる方は少なかった。泊まりできた出張販売としては、残念ながら赤字。でも、来年も開催されることを期待して来年は好天気になることを祈ろう。
 私は、ランナーとして参加させてもらって大満足。自衛隊基地の中を走れる陸連公認コースなんてなかなかないでしょう。点数をつけるなら、90点以上でもおかしくない大会だと思う。
 
 この大会は、舞鶴市制70周年を記念して開催された大会。来年以降については白紙状態らしい。参加された方からの要望が多ければ、続けて開催される可能性が高いらしい。
 参加されたランナーのみなさん、ぜひ大会事務局に声を上げてください。私のこだわりは「距離の正確さ」と「会場全体のふんいき」くらい。これはほぼ満点。大会全体の評価も90点以上だったと思います。ランネットの大会レポートにも書いてくださいね。

 舞鶴はいい街でした。また来たいです。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 帰りには「舞鶴港とれとれセンター」へ。
 おいしそうな「のどぐろ」を買った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 来年もまた大会があったらいいのになあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2013年10月19日(土)

舞鶴へ [ランニング]

画像(150x212)

 明日は「舞鶴赤れんがハーフマラソン」。
 丹後方面は何度も行ったことがあるのだが、舞鶴はほとんどない。
 第1回大会なので、「どんなんかなー」と楽しみ。

 ただし、明日はどうも雨の模様。せっかくの「京都キャロット」の出店も、また商品をぬらさないように気をつけるばかりになりそう。
 レースのほうも小雨なら走りやすい。しかし現在体調不良。雨に打たれて体が冷えると、たいへんなことになりそう。写真を撮りながらゆっくり走るつもりったが、雨だとその予定も狂う。シューズはターサージールTSに決定。でも、ウェアはどうしよう。悩むところだ。

 4日間まったく走ってなかったので、お昼前にちょっとだけ走ることにした。走る前に準備運動をしていたら、目がくらんで玄関扉にぶつかってしまった。
 何とか練習最短3kmコースを走って16分52秒。 
 明日はどうなることやら。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2013


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

京都走ろう会例会(9月第3日曜)

京都走ろう会例会(9月第3日曜)

一生裏モテ期

一生裏モテ期

いなかでの3日間

いなかでの3日間

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.