パオパオだより

2008年08月27日(水)

田中裕子さん [学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

小学校卒業アルバムより (6年3組)

 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 昨日、すごくいいことがあった。
 私の8月25日のブログのコメントを見ていただいた方は、「お察しのとおーり!」
 22年前上賀茂小学校を卒業した田中裕子(ひろこ)さんからのコメントだった。
 「先生先生!藤井先生ですよね!・・・」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 最初コメント先の名が「田中」とあったので、「たなかー、たなかってだれやねん。」と思っていたが、コメントを読んですぐ分かった。お人形さんみたいにかわいかった田中さんやん。

 12年と短かった教師生活の6年目と7年目。だいぶ余裕の出てきたころ。小学校5年から6年までの2年間担任させてもらった。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 このクラスは、本当にいいクラスだった。
 「頼りない担任に頼らず、自分たちで楽しいクラスにして行こう」という気持ちを持った子がたくさんいた。心の広いこの子たちにはいつもいつも助けてもらっていた。この子たちのおかげで、毎日毎日が楽しくてしょうがなかった。(これは謙遜でなく、正味です。)
 一番の思い出は、いっぱい遊んだこと。中でも、キックベースや雪合戦は忘れられません。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 そんな中で田中さんは控えめでおとなしかったので目立つ存在ではなかったかもしれないが、とにかくかわいかった。ちょっと違反なくらいかわいかった。
 家庭訪問に行ったとき、「田中さんはかわいくて・・・」とばっかり言っていたら、お母さんがちょっとあきれておられた。(でも、その言葉にちょっとうれしそうでもあった。) 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 その目立たなかった田中さんが、私を探してくれていたなんて! 
 22年もたって、とっくの昔に先生じゃなくなっている私に、「先生先生!」やなんて!
 ありがたい。アンビリバーボー。

 さて、今後新たな展開があるか。こうご期待。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

掲示板に「ご結婚おめでとう」の言葉が (1985年11月)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月26日(火)

「ゴン太(ゴンちゃん)」〜シリーズご近所犬4〜 [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

訃報・8月11日南村家ゴンちゃん死去 (12歳)

 今日の朝、いつものようにきくを連れて真樹といっしょに精華大学前方面に歩いていると、ゴンちゃんのおばちゃんに会った。おばちゃんは、ゴンちゃんを連れていない。

 「おはようございます。」
 「おはようございます。ゴンちゃんね、死んじゃったの。」
 「えー!」
 「みんなびっくりしやはるんやけど・・・。11日にね、娘がパン買いに行くっていって精華大学前のへんまで来たときに突然倒れてしまって。心臓マヒやったんやね。
 お昼時やったので、出て来ておられた精華大学の人たちが心臓マッサージをしてくれたり、水を飲ませてくれたりしてくれはったんやけど。
 お父さんがお弁当配りのボランティアに行っていて車がなくて、タクシーを呼ぼうとしたら『盲導犬意外は乗せられません』て言われるし。かわいそうやった。
 市原の奥に動物霊園があってね、そこで火葬にしてもらったの。今うちに返ってきてね、49日が終わるまではうちにおいておこうと思ってるの。」
 「何か一つ楽しい思い出教えてもらえますか。」
 「楽しいことばっかり。
 ゴンちゃんはね、北大路ビブレの4階のペットショップの売れ残りでね、うちの娘がビブレに勤めているんでそれがご縁で引き取ってきたの。
 うちに来てからは、せめて家の周りを歩けるようにといろいろと家を直しましたよ。門扉に手をかけてもたれるもんやからすぐ壊れてしまって、今のこ門扉高かったんよ。」

 ブログに載せたいので写真をお願いすると、遺影として飾ってあった写真を持ってきてくださった。ゴンちゃん8歳の時の写真。
 おばちゃんも言っておられたが、8歳の時より12歳のゴンちゃんのほうがかわいかった。人間と同じで、歳をとると赤ちゃんのようにかわいくなる。初めてゴンちゃんに会ったとき、子犬かと思ったくらいだ。

 ゴンちゃんはすごくおだやかなワンちゃんで、友だちのいないうちのきくの唯一のボーイフレンドと言ってもよかった。なんせ、うちのきくは、一匹だけで生まれてきた箱入り娘なもんで。ゴンちゃんのほうもまんざらでもないという感じやったのに。  
 ゴンちゃんやったら、きくのダンナさんになってもらえるかなと密かにねらっていたのに・・・。

 ゴンちゃんのご冥福をお祈りします。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月25日(月)

真樹、14歳! (8月23日生まれ) [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日、島根の「三瓶高原クロスカントリー」から帰り、1日遅れの真樹の誕生お祝いをした。
 お祝いと言っても、家族そろってケーキを食べるだけである。

 夜8時ごろ京都南ICに着く予定だったが、またもや中国道西宮近辺で事故による渋滞。ここは、通るたんびに事故というイメージ。
 東寺の近くに、ヨメさんが短大時代バイトしてたケーキやさんがあり、電話してみると9時までやっているとのこと。さっそく「まきちゃん、たんじょうびおめでとう」ケーキを注文した。

 渋滞がまだ増えそうな心配があったので、いつもよりちょっとスピードをあげた。ケーキ予約して、取りに行くのが間に合わへんかったら、えらいこっちゃもんね。

 調子よく飛ばしていると、気がつけば前後に車全然なし。
 そして、後ろから突然白い車が猛スピードで・・・。覆面パトカーさんでした。
 80km規制を111kmで走行、31kmオーバー。罰金、25000円。トホホ・・・。

 その後、渋滞は解消に向かい、予定どおり8時くらいに高速を出ることができた。そんなに飛ばさんでも間におうたんや。

 「コトブキ」の店長さんは、漫画家ひさうちみちおさんのお兄さん。短大時代デブリンだったうちのヨメさんのことを、おぼえてくれてはったそうだ。店の前を掃除していたのが、その息子さん。お父さんの仕事を引き継いでるんやなあ。

 罰金25000円もくらってしまったので、ばんごはんは「京都一安い250円弁当」を買うことに。四条大宮によって、弁当2つ、500円。やすっ! (考えてみれば、この弁当100食分の罰金! あほなことしてもた。)

 家に着くと、きくちゃんがいつものきゅんきゅん攻撃。「なんで、わたしも連れて行ってくれへんかったん。さびしくて、たいくつで、きゅんきゅんきゅん・・・。」
 廉と真樹は、夏休みの宿題の追い込み・・・って、それ遅過ぎひん。次の日から、学校やし。
 
 でも、真樹は自分の誕生日に、バスケ部の背番号入りのユニフォームがもらえて上機嫌。
 「ひょっとして、番号がもらえへんかも。」と心配していたが、いい番号がもらえたようで本当によかった。
 そんなふうに、子どもらの喜ぶところ(時々は悲しむところ)をすぐ近くで見せてもらえて、こんなうれしいことはない。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 うちは、8月10日の廉、23日の真樹とケーキが続く。それでも、家族そろって食べる誕生日ケーキはおいしい。ケーキを食べながらもいろんな話をする。この時間が、好き。  
 いつまでいっしょに、誕生日ケーキ食べてくれるんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年のケーキの灯は消えた。でもまた来年、みんなで笑ってケーキが食べられますように。
 一年しっかり生きていこう!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 6 )

2008年08月24日(日)

2008三瓶高原クロスカントリー [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ポンちゃんと池田修司さん(2kmウォークラン完走)

 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「三瓶高原クロスカントリー」の楽しみは、なんと言っても多久和ミッシェルさんに会えること。
 彼女は、私が知っている女性ランナーの中のピカ一美人です。昨年10月に出産され、ランニングの方はどうされるのかなと心配していました。でも、今年の5月、「24時間リレーマラソンイン日吉津」(5/10のブログ)で元気な姿を見せていただき、安心しました。
 「ああ、これからも大会で会えるんや。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 そういえば去年のこの大会で、ポッコリおなか(当たり前です、妊娠8か月)にもかかわらず、だんなさんの応援に来ておられた。
 自分が走るのが好きで、大会のふんいきを味わうのも好きなんでしょうね。
 受付でもらった参加者名簿で確認すると、5kmにエントリー。初出産後10か月で、優勝はねらえるのだろうか。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 それからもう一人、会いたい人がいる。
 「みかた残酷マラソン」で知り合った吉岡哲志さん。みかたをいっしょに完走した「らいちゃん」の飼い主さんである。「どぅーじょぐ」というブログを書いておられ、その中にこの大会に出場予定と書いてあった。
 朝、うちのテントにひょっこりごあいさつに来られたが、らいちゃんは連れてきていないとのこと。残念!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ウォークランのスタート

 その代りと言っては何だが、朝からそこらをちょろちょろちょろちょろ走っているワンちゃんがいた。飼い主さんをめっちゃ引っ張っている。
 「こら写真撮りに行かなー。」

 「すんません、ワンちゃんの写真撮らせてください。お名前、なんていうんですか?」
 「ポンちゃんです。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「歳は?」
 「6歳です。」 
 「柴犬ですか?」
 「いいえ、ハイブリットです。意味分かります?」
 「いろいろ混ざっているっていう・・・」
 「そうそう。」
 「どこかからもらわはったんですか?」
 

画像(180x135)・拡大画像(640x481)

 「公園に段ボールに入れて捨ててあったのをひろってきたんです。手のひらにのるくらい小さかったんですよ。」
 「すごく人なつっこいですね。」
 「そうでしょ。どんな人もだいじょうぶです。小さい子も全然こわがらずにさわってくれます。私、去年病気で倒れたんですけど、今いっしょに走るのがいいリハビリです。」 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 まずウォークランのスタート。
 これは誰でも出られます。事前申し込みが原則ですが、当日参加もできます。一番内側の1kmコースと、真ん中の2kmコース。ポンちゃんと池田さんと私は2kmコース。
 私はいつも8kmレースをウォーミングアップなしで走っていたので、この2kmがちょうどいいアップになる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ポンちゃん貸し出し中

 私はゆっくりゆっくり走り、およそ15分でゴール。
 さあ、後ろから来るポンちゃんと池田さんの写真撮ろうと思って待っていたが、なかなか来ない。やっとポンちゃんらしきワンちゃんが見えたと思ったら、ナニッ!?
 小学生の女の子がロープを持っている。「ポンちゃん、貸し出し中!?」
 ポンちゃんもポンちゃんやけど、気軽に愛犬を貸したげる池田さんもすごいね。これはなかなかできんわざやねー。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 次は、眞寿美さんの3km。
 去年は不覚にも9位に沈み、入賞はならなかった。(8位までが入賞です。)
 今年こそ、復活の走りを。
 昨日3km走って、一たたきしてあるし。今日はピンクのランスカを着て、やる気モード。
 「もう店はほっといて、ヨメさんの写真、写真。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(231x308)

見事!? 7位入賞、賞品ゲット

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 私は8km。
 スタート地点に行くと、吉岡さんも来られた。
 吉岡さんは「哲志」というお名前の通り、哲学者の風貌。体も相当絞っておられるようで、まるで大学の教授のよう。特に愛想よく話されるわけでもなく、私と顔を合わせても簡単なあいさつ程度。(実は、私はこんな人が大好きです。)
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 スタート直前に、ポンちゃんの飼い主・池田さんが。
 さすがにポンちゃんは置いてこられたようだ。
 「どれくらいで走られるんですか?」と聞かれたので「何とか40分は切りたいです。」
 「えー、そんなに早いんですか。私は1時間くらいかかります。」
 「ゆっくり行かはったらよろしいやん。こんな気持ちいいコースですし。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ポンちゃん、待ちぼうけ

 8kmは、一般のスタートの8分後に高校生がスタートする。いつ高校生に抜かれるか、何人に抜かれるかと思いながら走るのもおもしろい。
 いずれにしても、あの高校生たちのマジメな走りを間近で見られることがうれしい。
 8kmレースは、3kmコースを2周、2kmを1周する。この3kmコースの坂がけっこうきつい。
 しかし、ここはねばりの走りで、39分37秒のゴール(15位)。よくがんばりました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

吉岡哲志さん、優勝

 吉岡さんは、50代の部優勝。すごい! らいちゃんとのジョギングが効いたのかな。
 多久和ミッシェルさんとは、残念ながら会えませんでした。ヨメさんに聞くと、ミッシェルさんは5kmで優勝。こちらもすごい! カレンちゃんも来てたのかな。ダンナさんとかわりばんこでめんどう見てはったのかな。会ってお話したかったな。
 この大会は売り上げが上がらないけれど、やっぱり来年も来たい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月23日(土)

第9回ひろしまクロスカントリー [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

トップ独走のゴール!・・・ではなく、ほぼビリでした

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

道後山高原クロカンパーク

 「ひろしまクロスカントリー」の受付開始時刻は、9時。
 これだと朝ゆっくりできる。
 あと心配なのは雨だけ。夜中はすごいどしゃ降りだった。
 会場に着くと、案の定テントに雨がいっぱいたまっていた。  

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

京都キャロットブース

 この大会は、広島県の東北部に位置する旧西城町(現庄原市)が主催である。
 出店させていただくのも、今年で7年目になる。子どもを連れてきていたころは、家族4人ともレースに参加していた。今は夫婦2人だけだが、ヨメさんが3km、私が8kmと交代で参加し続けている。
 そんな様子を見ていただいていたのか、役員さんも売店の人たちも、私たちにはすごく親切にしてくださる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

テント前は多くの応援

 高原とは言え、毎年8月中旬開催なので暑い。ところが今年は雨模様のため、今までで一番すずしかったように思う。
 この大会の特徴は、なんと言っても芝生のコース。雨でじゅくじゅくになっていないか心配だったが、全然だいじょうぶだった。芝生は、アスファルトしか走ったことのない者にとっては走りにくい。しかし、なぜかおもしろい。気持ちいい。
 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

レース後のヤラセ写真です

 時折雨がぱらついたが、すぐビニールをかけたため、大きな被害にはならなかった。
 ヨメさんは、3km、20分25秒、16位。
 中国電力やマツダなどの一流ランナーといっしょに8kmを走った私は、38分19秒、33位。私の5km通過と、8kmトップのゴールがだいたい同じでした。
 ついに今年のエントリーが、1800名越え。この大会も、真夏の名物レースとして定着しつつあるようです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 大会終了後、後片づけも終わり、気になっていたワンちゃんを見に行った。
 そのワンちゃんは、会場すぐ近くの民家につながれていた。お留守のようだったので、勝手に写真だけ撮らせてもらった。
 最初ちょっとびびっていたが、ヨメさんが近づくとよろこんでこっちに来てくれた。口の周りが黒いワンちゃんは、なんとも言えんくらいかわいい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 ここから、明日の会場、島根県三瓶高原へ。
 以前は三次周りでいっていたが、最近はカーナビおすすめの仁多周りで行っている。
 山道が多く一部狭いところも通るが、こっちの方がかなり早く行ける。
 たぶん、京都の人に「仁多」と言ってもほとんど知らないだろう。出張販売は、いい地理の勉強になります。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 2時間半ほどで、今日の宿泊先「おおうえ民宿」に到着。ここは、島根県の頓原町。「頓原」も京都の人は聞いたことがないやろなあ。
 民宿のちょっと手前で、またもやかわいいワンちゃん発見。運転中でも、一瞬の輝きを見逃しません。
 「あっ、きくによう似た犬!」
 「うそっ!」
 「まあ、見てみいな。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 通り過ぎた車をバックさせ、ワンちゃんのもとへ。
 「いやー、ほんまにきくちゃんそっくり。でも、このワンちゃんはオスやな。○○○○○○○○から、かむかもしれん。」とヨメさん。(伏字8文字。)
「こわがってるだけちゃうん?」

 横にもう1ぴき、こちらはおだやかなお年より犬。
 「こっち、なでさしてもらおう。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 きく似のミニシェパード系のワンちゃんがほえつづけているのに、このおうちもお留守のよう。
 こっちもさわりたかったなあ。でも写真に撮れただけでもよかったか。

 いろんなワンちゃんやニャンコちゃんに会えるのも、出張販売の一つの楽しみです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月22日(金)

大正旅館とおおうえ民宿 [宿情報]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

旅館の写真を撮り忘れました。代わりに留守番をする「きく」

 8月中旬、「ひろしまクロスカントリー」と「三瓶高原クロスカントリー」がれんちゃんである。京都から広島そして島根へと移動が大変だが、真夏の大会は少ないので、このパターンも今年で6年目になる。

 最近泊めていただいているのは、「ひろしま」の前が東城町の「大正旅館」さん、「三瓶高原」の前が頓原町の「おおうえ民宿」さんである。
 どちらもおばちゃんが一人で切り盛りしているという感じ。
 ごはんがおいしい。
 工事系の人がよく泊まっておられる。
 会場から少し離れているので、ランナーがあまり泊まっていない。(朝が静か)
 料金が安い。
 いいことだらけです。

 「おおうえ民宿」では、取れたての野菜を買うこともできる。これがまた、めっちゃおいしい。

 売り上げがさほど伸びないのにも関わらず、しんどい目をしてでも行くのには、こんな要素もあるのです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2008


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

真樹のひと言

真樹のひと言

「あんもちゃん、半分ですね・・・」

「あんもちゃん、半分ですね・・・」

真樹、受験

真樹、受験

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.