パオパオだより

2012年02月24日(金)

ハーフ1時間半切り総括 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 息子・廉の大学陸上部同期、「みずぽん」さんが学連ハーフのときの写真を撮ってくれていた。長居周回の南側、時計台から1kmくらいの地点。ここに来るたびに声をかけてもらい、私も「調子ええわー」とか、「まだまだいける」「ねばるでえー」とか言いながら走らせてもらった。その上に写真まで撮ってもらって・・・。今回ハーフ1時間半が切れたのは、「みずぽん」さんの力も大きいです。ほんとうにありがとう。

 去年12月に「学連ハーフに出たい」と思ったとき、私のハーフの持ちタイムは1時間44分48秒(11月6日の土山マラソン)。廉が私のエントリーへの条件として出したのが、1時間30分切り。まあ、常識的なラインです。でも、自己流の練習を一人でしている私に、2ヶ月でハーフ15分短縮はきつい。
 とりあえず、それからでも間に合うハーフの大会に申し込み。
 1月8日   武庫川   1時間35分目標  1時間35分02秒
 1月22日  木曽三川 1時間32分目標  1時間34分17秒
 2月4日   名古屋   1時間30分目標  1時間32分50秒
 最初の武庫川で約10分も縮められたので、あとも思い通りに行くと思っていた。でも、そうは甘くなかった。私の最終選考会的レース、2月4日の名古屋で1時間32分50秒に終わってしまった。このとき、1週間後の学連ハーフは、すべてうまくいったとしても1時間31分、「惜しかったなー」で終わりそうな気がしていた。

 当日。
 まず、気象条件が抜群。風がなかったのが一番うれしかった。コースは今までに何回も走っている長居周回の平坦な走路。コースの景色も全部覚えているところ。
 そして、何より出場者全員が競技者。私のエントリーの動機が「現役大学陸上部の息子と走ること」だったので、スタートラインに立てた喜びをかみしめながらスタートすることができた。
 去年の暮れから「体重を減らしたい」と思ったら、特別何の努力もしていないのに3kg減。去年9月ころから体中次々と故障し(腰左右、左お尻、右ひざ内側、首から肩)、痛いところだらけ。それでもそこそこ走れるのは、体重が減ったことも大きいのかもしれない。
 故障の中では首が動かなくなったのが一番痛かったが、これで私のキョロキョロしながら走る癖がなくなり、案外よかったのかも(何でもいいふうに考えましょう)。
 周回道路に出ると、2周目から前のランナーが見えなくなった。一人ポツンと取り残された感じ。それでもあせることなく自分のペースで走ることができた。5km地点で「20分30秒」と知ったとき、「こんなに早く走っているのにしんどくない」と感じた。まだまだいける。

 私が自分で取ったラップ、スプリットは以下の通り。
  5km     20分32秒
 10km     41分26秒(20分54秒)
 15km 1時間02分50秒(21分24秒)
 20km 1時間24分13秒(21分23秒)
 ゴール 1時間28分52秒( 4分39秒)

 途中で何人に抜かれたか分からない。でも、2周は抜かれなかった。
 最後の1周で、やっと前を行く学生ランナーを1人だけ追い抜くことができた。つまり、最初から最後まで他のランナーと併走することはなかった。よく自分でペースを組み立てられたものだ。
 (193名スタート、180名完走。私は178位。)

 今回の成功の要因をあげると、以下の通り。
?レベルの高いレースにチャレンジしたこと。スタート前から最下位覚悟でタイム勝負という気持ちだったので、落ち着いて走れた。
 「私のせいで息子が恥ずかしい思いをしなくていいように、最低限1時間半切り」という気持ちを持ちながら走り続けられたのがよかった。
?ウェアとシューズのチョイスが的確だった。冬場のレースはウェアで悩む。スタート直前まで寒さが心配だったが、風がなく、ランシャツランパンで出場したのは正解だった。
 また、数日前にはき出したばかりの「アディゼロタクミ レン」は、見事にジャストフィット。初めて足を入れたときに「ピン」と来たシューズは、まずまちがいない。競技者のトレーニング用として売り出されたシューズだが、私のレベルでは完全にレース用として使える。
?思っても見なかった、京都府立大陸上部女子3人からの応援。同じところを7周もするので、3人で合計21回。これはうれしかった。前後のランナーがいなくて走りにくかったのだが、この3人のおかげで気持ちが途切れることはなかった。

 正直に言って、ハーフ1時間半を切る練習はできていなかった。それなのにこんないいタイムが出たのは、やはり精神面の比重が大きいということだろうか。

 多くの方にほめていただき、多くの方が「次の目標は?」と聞かれる。中には、「フルのサブ3」や「ウルトラのサブ10」ですねとおっしゃってくださる方もある。
 うちのヨメさんも、「このオッサン、調子に乗って、何しだすか分からんでー」と言う。でも、廉がちゃんと言ってくれていた。「もう、パオパオは当分真剣に走らへんらしいわ」。
 そのとーり。私はこう見えても、そんなに調子乗りでもなく、そんなにおだてに乗るほうでもないんです。今は、フルやウルトラにはほとんど興味なし。逆に、走り始めて3年目くらいのとき(29歳?)に出したハーフの自己ベスト、1時間20分19秒に少しでも近づきたいという気持ちはある。

 ズバリ!
 次の目標は、「来年の学連ハーフで1時間25分切り」。
 それまでは、トラック5000mや、ロードの5km・10kmでスピードをつけて行こうと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------

【RUN】

 こないだ走った7kmコース。
 うちから宝ヶ池通りへ出て、岩倉の叡電交差折り返し。行き19分31秒、帰り20分27秒で39分58秒。1kmスロージョグをプラスして8km。
 全部で50分ほど。1日の練習の時間としては、これくらいがちょうどいい感じです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=1561

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2012


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第30回京都ロードレース

第30回京都ロードレース

第25回SAIKOロードレース・前日受付

第25回SAIKOロードレース・前日受付

ドッキリ、27年!

ドッキリ、27年!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.