パオパオだより

2020年04月15日(水)

コロナがつぶす [時事]

画像(275x183)

座り込みを続ける人たちを挟むように並ぶ機動隊(左)と警備員=2019年12月10日午後0時6分、沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ前

◎朝日新聞4月14日朝刊

   辺野古座り込み、コロナで見送りへ 「国も工事止めて」
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に対する現場での抗議活動が、15日から当面見送られる。玉城デニー知事を支え、抗議活動の中心となってきた「オール沖縄会議」が13日発表した。また、同団体は沖縄防衛局に対し、感染拡大防止のために工事を中止するよう要請した。

 座り込みなどの抗議活動は、政府が移設作業を始めた2014年7月から平日に毎日、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で続けられてきた。同団体によると、悪天候時を除いて休止するのは初めて。

 これまでも距離を置いて座り込んだり、県外からの参加自粛を呼びかけたりしてきたが、これ以上は難しいと判断した。県内でも13日までに計73人の感染が確認されている。政党や市民団体などでつくるオール沖縄会議の福元勇司事務局長は取材に「人命最優先。国もすぐに工事を止め、関係者の安全を守ってほしい」と話した。
-------------------------------------------------------------------------------

 新型コロナウイルスが話題になるようになってから、一番ショックなニュース。私にとっては「志村けんさん死亡」よりもショック。
 新型コロナウイルスはいろいろなところをつぶしにかかっているが、オジイオバアたちの精一杯の抗議行動までつぶしにかかるとは。

 私が辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前を通ったのは、2015年が初めて。「第1回なごうらウルトラマラソン」の70km地点くらいであったと思う。
 もちろん、私のトレードマーク「平和・憲法九条」ののぼりを背負って。
     ◇     ◇     ◇

画像(320x240)

第1回なごうらウルトラマラソン(2015年3月)

 道の向かいから、私ののぼりを見つけた方たちからの大きな声援。
 「がんばってください。」
 「おまえもがんばれー。歩いてないで、走れー!」
 無茶言いよる。

 でも、ニュースや新聞で見るのとこの目で見るのとでは大ちがい。ウルトラレースで、こんなに考えさせられるコースが設定されているところはない。
     ◇     ◇     ◇

 あのとき私に「おまえもがんばれー。歩いてないで、走れー!」と声をかけてくれたオジイは、今も元気だろうか。

 そのあと辺野古には3回走って行ったので、全部で4回。 
 座り込みのオジイやオバアの代わりに、また「平和・憲法九条」ののぼりを背負って走らなければ。
 今年6月23日の「一人沖縄平和ラン」は、キャンプシュワブ前を通ろう。
 また、新しい出会いがあるかもしれないし。

画像(320x240)

2015年は大好きな田中さんに会えて完走できた

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮1のバイト。
 先週よりは早く帰ってこれたので、きくも私の帰りを待ってくれていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 よそのおうちと道に停まっている車の隙間を、上手にすり抜けるきくちゃん。

 「うまい!」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月14日(火)

なに山登山? [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、午後4時ごろからあてもなく走り出した。
 こういう時は、いつもは通らない道を選って走る。うちから東へ東へと進むと、岩倉の東の山に突き当たる。
 上高野の崇道神社というところの奥まで行くと、山に入る道があった。ここで、メラメラとトレイルランナーの血が騒いだ。山を走るつもりはなかったが、誘われるように山に入って行った。

 私は、自分もトレイルランナーのはしくれと思っていたが大まちがい。ただの迷走ランナーだった。
 途中からどこを走っているのか分からなくなり、とりあえず下へと進むとため池群に到達。まだ明るかったからよかったものの、暗くなっていたら「お池にはまって、さあたいへん」になっていたかも。
 「急に思いついて山に入る」はこれから絶対にやめよう。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x237)・拡大画像(640x474)

 家の中は寒い。
 厚着して走り出したら、外はけっこう暖かかった。でももう、そのまま行くしかない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ひっそりとした北稜高校の裏の道を通って一条山へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこから東へ東へ。
 同志社の間の道を通過。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うまい具合に「八幡前駅」手前の踏み切りで、叡電が通過。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 その先は車も入れないような狭い路地。
 ありゃ、かわいいネコちゃんの群れ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ほい、ほい」と呼んだら、こっちに来てくれた。
 車さえなかったら、ネコちゃんらは平和に暮らせるんやねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 来客お断りのお寺。
 これはこれでいいと思います。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さらに進むと、崇道神社。
 前に通った時に「寄ってみたいなあ」と思っていたところ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ずずずいっと奥に入っていくと、家から4.9kmになった。
 「ここで折り返すのも中途半端やなあ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 本殿の横を見ると、なにやら石碑が。
 140m上になんかあるらしい。これは行かなくては。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 けっこう本格的なトレイルコース。
 今日は山に入る予定はなかったので、グライドライドを履いてきた。

 5km、39分08秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これが「なんか」です。さて、なんでしょう。

 まだ上に続く道があったので、行ってみることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中で下界が見えた。
 もう100m以上は登っているはず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 尾根に出たところで、「こんにちは」の声。
 誰もいないと思っていたので、めっちゃビビった。

 「どちらに行かれるんですか」と聞かれたので、「いや、よく分かってないんです。」
 「右に行けば瓢箪崩山、左に行けば三宅八幡に出ます。」
 「瓢箪崩山って大原ですよね。それは遠すぎますね。三宅八幡に下りますわ。」

 下りる前に、一番高いところで記念撮影。
 しかし、いったいここはなに山?

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 下りはフカフカの道。走りやすかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この小屋の先で道が二つに分かれていた。
 何も考えずに右を選択。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 犬の鳴き声が聞こえていたので、もうすぐ住宅地かと思っていたら、出てきたのは池。ありゃりゃりゃりゃ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ため池がいくつもあった。
 いったいここはどこ?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 柵に囲まれていたのだが、扉があったのでそこまで行ってみた。ところがその扉には南京錠がかかっていた。仕方なく飛び越え。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うーん、前にここらを走ったか知らん。
 まあ、岩倉の東の端にはまちがいない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「花園町」バス停に出て、やっと土地勘が戻ってきた。
 あとは西へ西へと進めば家に帰れる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「岩倉駅」の近くを通り、また西へ西へと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都精華大学の構内へ。
 学生には一人も出会わなかった。ひょっとして、立入禁止やったんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 駅をまたぐ橋の上から南側を撮影。
 目に見えない新型コロナウイルスのせいで、どこに行ってもシーンとしている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 我が家到着、9.67km。
 町内ワンブロックを回って10km、1時間25分55秒。
 キロ8分36秒ペース。

 めっちゃおもしろかったけど、山の中は要注意。
 次からは、しっかり準備ができているときだけ山に入ることにしよう。池に溺れて死ぬのはかなんから。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月13日(月)

「みかた」の味方 [ランニング]

画像(320x240)

去年のみかた残酷マラソン

 今日、「みかた残酷マラソン」が11月15日に延期されることが発表された。粘りましたねえ。やっと決断されましたか。

 これで、私が「一人出張販売」に行こうと思っていた大会が全滅。私の手帳の予定表はひどいもんです。

 2月23日 「宇治川マラソン」中止・・・ここが悪夢の始まり
 3月 1日 「篠山マラソン」中止・・・「京都キャロット」最後の出張販売行けず。
 3月 8日 「かつしかランニングフェスティバル」中止・・・下山さんの伴走できず

 4月11日 「伊江島マラソン」中止・・・私の3種目入賞と真樹のハーフがなしに
 4月19日 「宍粟市さつきマラソン」・・・私の「一人出張販売」デビューならず
 4月25日 「香住ジオパークフルマラソン」中止・・・出張販売行けず

 5月 3日 「ユリカモメウルトラ70km」中止・・・出張販売行けず
 5月10日 「鯖江つつじマラソン」中止・・・出張販売行けず
 5月17日 「奥びわ湖健康マラソン」中止・・・出張販売行けず
 5月24日 「小豆島オリーブマラソン」中止・・・出張販売行けず

 6月 7日 「たたらぎダム湖マラソン」中止・・・出張販売行けず
 6月14日 「みかた残酷マラソン」延期・・・出張販売行けず
 6月21日 「神鍋高原マラソン」中止(コロナ騒動前に決定)

 7月 5日 「やぶは高原マラソン」中止・・・出張販売行けず

 今のところこんなもん。
 なんとか工夫して開催してくれるのではないかと期待していた「みかた」も、ついに陥落。今の状況だと仕方ないですね。「みかた」が私の「一人出張販売」のデビュー戦になるのなら、それはそれでいい思い出になったのに・・・。
 私は「みかた」の味方です。秋には、「販売→レース参加→販売」を実現して盛り上がりましょうね。

 今唯一の希望は、4月に予定されていた「十二坊トレイルラン」が6月21日に延期して開催予定であること。再延期にならなかったら、この大会が私のソロデビューになるんですが。開催できるかどうか、危うそう。

 「一人でがんばって出張販売に行く」という私に、ヨメさんは「アンタにできるわけがない」と吐き捨てる。できるかどうかやってみないと分からないのに、そのチャンスさえ与えられない。それが悔しいねえ。
     ◇     ◇     ◇

 「念のため、確認しとこかー」と京都走ろう会のホームページを見てみる。
 ガーン!

 「お知らせ
  新型コロナウィルスの拡散防止の観点から、4/19および5/3の例会は中止とします。」

 あー! あー! どうしましょ。
 元気なジジイの受け皿は・・・。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくに目薬さしてます。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 以前なら大暴れしただろうに。今はおとなしく従っている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 オバサンに抱っこしてもらうのがうれしいのかも。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月12日(日)

三上山・2 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、これ。
 いろいろな重圧に負けず、つねに笑顔を忘れずに!

 今日は「希望ヶ丘トレイルラン」が予定されていた日。走りたかったなー。
 いやいやいや、自分一人で走ったらいいやん。ということで、朝ご飯を食べたあと希望ヶ丘へ。

 今回は途中まで大会が設定した通りのコースを走っていたつもりが、やっぱり迷走だった。途中から雨がきつくなり、岩場で滑ってえらいこっちゃになったけど、めちゃくちゃ楽しかった。

 今日が三上山登山2回目。これから月に1回は登りたい。
 それにしても、正しいコースは・・・。
----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 本番は9時30分スタートの予定だった。できるだけそれに近い時刻にスタートしようと思っていたが、グズグズしていて11時ごろ到着。
 希望ヶ丘の駐車場に入ろうとすると、大きな看板とカッパを着た一人の女性。
 「5月6日まで閉園になりました。」
 「えっ、駐車場も入れないんですか。」
 「はい、全面閉鎖です。」
 「あららららら。花緑公園とかも閉鎖ですかね。」
 「それはこちらでは分からないのて、行ってみられたら・・・。」

 ちょっと先の花緑公園へ。
 よかったー、駐車場開いてました。何台か車が停まっており、公園には家族連れの姿も。

 急いで着替えて、三上山をバックに記念撮影。
 地図を持って、11時20分ごろスタート。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 予報では午後から雨だったが、もうポツポツと降り始めていた。
 前回かなり迷走してしまったので、今回は本番のコースをしっかりと探しながら走る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 シダ街道ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 野鳥観察施設の横を通過。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここを右折して、東光寺方面へ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 まあまあ走りやすい道。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 眼下にスタートした「ふるさと館」が見える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 おー、これが「石のトンネル」。
 古代峠ですね。ここにたどり着いたということは、コースはだいたい合っている。

 ほんとうはここらで折り返すのだが、先におもしろそうな所があったので行ってみた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 積木ならぬ「積み石」か?

 下の方から、ほら貝と鐘の音。地図には「東光寺越」とか「妙光寺山」とか書いてあるが、近くにお寺ってあったっけ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 遠くのお寺の音が、風に流れて届いているのかもしれない。
 山と山の間に見えているのが「御池」ですね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 おり返して戻ってくると、2週間前に通った道に出てきた。
 突き当りが、三上山をぐるっと一周する「中段の道」。
 前は右に行ったので、今日は左へ。(本番とは逆行になるのだが。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「中段の道」は走りやすい。
 余裕の自撮り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「裏登山道」の標識があったのでそちらへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これは砂防ダムでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと分かりにくい標識。
 どっちに進んでも山頂。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 まっすぐ上るため、かなりきびしい上り。

 しかしここで気づいたことがあった。
 私のランニングの弱点の一つは、「呼吸が浅い」こと。全然深く吸えてないし、吐くのもできていない。(水泳が苦手なのも、これが原因だと思われる。)
 ところが急な上り坂が続くと、自然に深い呼吸になっている。この練習は、私の呼吸の改善にいいかも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この六角形はなんじゃろな。
 どうもここで火をたくらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さらに上に行くと、たくさんの木が切り倒されていた。
 ひょっとして、2年前の台風の被害かなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 直登と緩やかな上り。
 ランナーは黙って直登を選ぶ。(本番は緩やかな方を下るらしい。)

 この先で、今日初めての人と出会う。トレイルランの装備をしたランナーだった。
 先日は家族連れにたくさん会ったのに、今日はけっきょくこの人一人だけだった。天気が悪かったとはいえ、これも新型コロナウイルスの影響ですかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「姥の懐」、これは入っとかなあかん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 願掛けをするところではないのだろうが、一応いろいろなことをお願いしておいた。
 ここから少し上がるともう山頂。

画像(263x320)・拡大画像(527x640)

 こないだと同じ場所で記念写真。
 「三上山・2」制覇。
 真冬は無理かもしれんけど、来年4月の本番までに「三上山・10」を達成したい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートから約5km、1時間18分。

 森の中を走っているときは気づかなかったが、広いところに出ると、雨がかなりきつくなっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いいカメラだと、鳥居越しに下界が見えるんですが。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もうちょい先の見晴らしのいいところで撮影。
 ここから表登山道を下りる。

 岩の上は通りたくなかったのだが、どうしても通らなくては下りられないところがあった。慎重に通ったつもりが、ズルッ!

 「ずがいこつ、こっせつ!」

 と思ったが、骨折はしてはいないみたい。
 でもまったく受け身ができず、帽子は吹っ飛び、頭とお尻を強打。左手首もぐねってしまった。(何日か後に、頭がガンガンしだしたりして・・・。)
 さすがのトレイルラン用シューズも、雨に濡れたツルツルの岩は無理だった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 気を取り直して、気持ちよく走れる道を下っていく。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここが「妙見堂跡」でしょうね。

 ここから「中段の道」に入らなければならなかったのに、まっすぐ下りてしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あーあ、山から出てしもたやん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも、しばらく走ると見慣れた景色。
 あの工場の裏から山に入れたよな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 無事戻りました。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 左にこけてもクッションになるように木の枝が敷いてあった。
 ありがたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「花緑公園まで830m」の標識。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出てきたところは、ロッジなどが建ち並ぶところ。
 ここを左折。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ふるさと館前」到着。
 約8.7km、2時間14分。

 10kmは走るつもりで来ているので、公園内をジョグ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 チューリップがきれいに咲いていた。
 雨のため、もう一人もおられなかったけれど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここからも山の中に入っていく道があった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ひょっとして、これが本番コース? 
 ますます分からなくなってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10kmになったので終了。2時間27分。

 上から下まで、雨でビチャビチャ。
 車の中でお着換え。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 びわ湖大橋近くの「ラーメン藤」に行くつもりだったが、カーナビで調べると石部の店が近かったのでこちらへ。
 入る前に店の写真を撮ろうと思ったら、車が水たまりの水をビシャー!
 せっかく着替えたのに、またビチョビチョ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 店に入ると、お客様は二人だけ。
 小柄な女性が一人で何もかもされていた。

 ラーメン+ライス(950円)を食券で。
 ストーブがあったので、それにあたってずっと乾かしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 超久しぶりの「ラーメン藤」。
 冷えた体がよく温まった。

 「三上山登山+ラーメン藤」、またしようっと。

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜、まだ雨が降っていたがきくのお散歩。
 さくらの花びらが散ったところをウロウロ。

 きくはしっかり身がついているので寒がりではない。
 帰って体重測定をすると、16.7kg。
 けっこう体のしっかりしたおばあさん犬です。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2020年04月11日(土)

「もみの家」 [映画]

画像(196x320)・拡大画像(393x640)

 「〔もみ〕というのは、脱穀前の稲の実のことで、まだ固い殻を被った米のことなんです。家族も、我々も、時間をかけて、その固い殻を破る手助けをするんです。」
緒形直人演じる〔もみの家〕主宰者・泰利の台詞より
     ◇     ◇     ◇

 ずっと、「樅の木」の「もみ」を探していた。いつ出てくんにゃろうと思いながら。
 映画の最後の緒方直人のセリフで「ズッ!」

 「もみって、お米のもみのことやったんかー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都シネマの会員更新の時期。これは行っとかないと。

 四条堀川に、6時間まで900円というコインパーキングが見つかったので車で。そこから四条烏丸の京都シネマまでは、歩いて10分ほど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨年2月に亡くなられた佐々木すみ江さんが出ておられる映画なので見に行った。新聞の映画評で「主人公の16歳のあやかが、佐々木すみ江さんが演じる地元の老婆に声をかけられて号泣する場面がいい」みたいなことが書いてあった。
 その場面を期待しながら見ていたら、序盤でいきなり。「えっ、このあとどうしたらいいの」状態になってしまった。

 いい映画だとは思うが、エグイ映画が好きな私には合わない。文部省推薦で、学校から団体鑑賞に行くような映画。
 ハラハラドキドキ、「それはあかんやろう」という場面がまったくない。

 まあ前回が「ボーダー 二つの世界」というエグイ映画やったから、今回はこれでよかったのかな。たまには安心して見られる映画も見ないと、つかれるー。
----------------------------------------------------------------------------------

画像(160x227)

 大林宜彦監督が亡くなられた。

 「一番好きな映画は?」と聞かれたら、「日本の映画なら『さびしんぼう』やね」と答える。
     ◇     ◇     ◇
『さびしんぼう』という言葉は、大林監督の造語である。広島弁で腕白小僧、悪ガキを意味する"がんぼう"に対する女の子の呼び名がないので『さびしんぼう』というのを考えたという。子供の頃から使っている言葉で、8mmにもシナリオにも『さびしんぼう』を題名にしたのが何本かある。"がんぼう"が女の子を思うと"さびしんぼう"になる。"さびしんぼう"は両性具有のコンセプトで、人を愛することは淋しいことだという大林の感性が育んだ造語なのである。大林は「ぼくの映画は全部"さびしんぼう"という題をつけてもいいと話している。(ウィキペディアより)
     ◇     ◇     ◇

 「さびしんぼう」は1985年の作品なので、私が30歳の時。もう結婚していた。なんで「さびしんぼう」にひかれてしまったのか、謎。

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 映画を見終わり、堀川高校前のコインパーキングへ。
 そこで着替えてランニングスタート。

 四条堀川から四条通を西へ西へと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 千本四条のハデなパチンコ屋さんの前で1km。
 6分半のいいペース

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 西院交差点手前の?山寺前で2km。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都ファミリー前で3km。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 日新電機前で4km。
 三菱側の桜は、まだ少し咲いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 フレンドマート前で5km、32分46秒。

 ここで折り返すかとも思ったが、もう少しで桂川に出るので行ってみることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 松尾橋で5.8km。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上流に進んで6km、39分20秒。

 せっかくなんで、ここで記念写真。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りの西院交差点で10km、1時間05分26秒(32分39秒)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート地点に到着、12.08km、1時間19分11秒。
 しっかり走りました。

 「映画+ランニング」がうまい具合にできた。
 ただし、ふだんきれいな空気しか吸ってない私には四条通の排気ガスはこたえた。裏通りをよって走った方がよさそう。
 次に走るなら、もっといいコースを考えよう。

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 オバサンに全体重をかけるきくちゃん。
 あまえているんだかなんだか・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年04月10日(金)

スーパーフィート [ランニング用品]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 外反母趾がひどい。特に右足。
 なんとかましにならんもんかと考えてみた。

 眞寿美店長改め、眞寿美院長先生お勧めのインソール。
 ほんとうはあつらえのインソールが一番。しかし私らが買うシューズは1万円以下。それに1万円のインソールって、なんだかねえ。
 そう思っていたら、「5000円でいいのがあるでー」とのこと。その名は「スーパーフィート」。今まで「京都キャロット」のお客様にお勧めして、すごく評判がよかったらしい。

 外反母趾の足に効果があるかどうかは分からないが、何もしないよりはましだろう。私の足のサイズに合うスーパーフィートがあったので、試着させてもらうことにした。

 今一番履いているのが「グライドライド」なので、インソールを出してみた。すると、左足はアシックスのマークがくっきりと残っているのに、右足はかなり消えてしまっていた。ここからも、右足に力が入りすぎているのが分かる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走り始めると、体が前のめり。
 「グライドライド」自体が前のめりになるようなシューズなのに、それにさらにかかと部分が厚めのインソールを入れたもんだから走りにくい。それに普通のインソールに比べてかたい感じがする。

 家から東南へ1.5kmのところで折り返して3km、16分52秒。
 まあまあ走れている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1kmつなぎジョグのあと、シューズ履き替え。
 前傾になっていない「ヌーサトライ」に。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 同じコースはおもしろくないので、北に向かって。
 静市交番の先で折り返して3km、19分04秒。

 こちらは坂のコースなので時間がかかったが、シューズは違和感なし。インソールがピッタリはまって、走りやすい感じがした。シューズとインソールの相性というのもあるみたい。
 もうちょっといろいろと試してみる必要がある。うまくはまれば、ウルトラにも使えるかな。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日も宝が池。
 いい天気だったが、北風ピューピューで寒かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつものネコちゃんだけでなく、カメさんやシカさんにも会えてよかった。
 きくちゃんは1周歩くのにだいぶ時間がかかったが、おもしろかったかな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第26回勝手に国労応援ラン

第26回勝手に国労応援ラン

パラダイス

パラダイス

江文峠往復15km

江文峠往復15km

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.