パオパオだより

2019年07月27日(土)

木南晴夏 セミオトコ [私の好きな人]

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

◎テレビ試写室:「セミオトコ」 “セミオ”山田涼介がとにかく可愛い 優しい物語に癒やされる…

 ドラマからドキュメンタリー、バラエティー、アニメまでのテレビ番組について、放送前に確認した記者がレビューをつづる「テレビ試写室」。今回は、7月26日に放送される人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんの主演ドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)の第1話だ。

 山田さんが演じるのは、人間に姿を変える“美しきセミの王子様”で、木南晴夏さん演じるアラサー女子・由香との7日間限定のラブストーリーが描かれる。脚本は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和さんのオリジナル。山田さんが木に抱きつくビジュアルはインパクトがあり、期待度は高まるばかりだった。

 物語は、セミオトコ(セミオ)(山田さん)が何年も地中で羽化するときを待ち続け、ようやく迎えたその日、頭上から落下してきた由香の下敷きになりそうになるが、由香の機転で“ぺしゃんこ”の難を逃れる。だが、彼女の寂しそうな雰囲気が気になり、「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願うことで、人間の姿となって由香の前に現れ、「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかける……という展開。

 由香は人と積極的に関わることが非常に苦手で、これまでの人生はことごとくツイていない。何のために生きているのか分からないような由香の前に、セミオが現れる。

 人間になったセミオは、「なんて素晴らしい世界なんだ!」と目を輝かせたり、由香のことをうれしそうに見つめたり……と、山田さんだからこそ表現できる“王子様感”が出ていて、由香が「なんでそんなに可愛い顔なさるんですか」と話す場面も。ドラマを手がける同局の服部宣之プロデューサーも「山田くん演じるセミの可愛さにやられる夏であってほしいです」と話していたが、その言葉通りとなった。

 ドラマの舞台は、東京の都心から少し離れた国分寺。由香が住むアパート「うつせみ荘」の住人も個性的で、プライベートでも大親友という檀ふみさんと阿川佐和子さんが演じる大家さん姉妹は、“せっかち”な姉を檀さん、“おっとり”した性格の妹を阿川さんが演じており、本来の性格とは「あえて逆」になった2人のやりとりは見ているだけでも面白い。また、由香の“ヤンキー両親”の田中美奈子さんと高杉亘さん、さらに兄で“伝説のヤンキー”の三宅健さんの愛すべき姿も見逃せない。

 ドラマは、決して笑いを強調するわけではなく、切なくも“優しい”ストーリーが丁寧に紡がれていく。脚本の岡田さんは「山田さんのセミオトコは、きっと金曜の夜に疲れた心を浄化してくれるでしょう。“とびきりキュート”間違いなしです」と語っているが、切なさの中にも笑いがあり、可愛すぎるセミオに癒やされる……金曜の夜にとびきりの楽しみができた。

 「セミオトコ」は、毎週金曜午後11時15分(一部地域で異なる)に放送される。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x141)・拡大画像(610x270)

 おとついの睡眠時間が4時間。
 昨日は24時間バイトで、寮に宿泊。
 今日も朝6時前に起きて、開錠などをしなければならなかった。いつもなら前の晩は12時過ぎには寝ている。しかし昨日はどうしても見たいテレビがあり、寝るのが2時前になってしまった。(録画予約してくるのを忘れた。)これでまた、睡眠時間が4時間。

 「セミオトコ」、6チャンで夜中の12時49分から。1時間のドラマなので、終わるのは1時49分。
 眠たさをこらえても起きておきたかったわけは、木南晴夏さんが出ているから。女優さんのなかで、いっちゃん好きなんです。
 どこが好きかと聞かれたら・・・。

 「嫌いに理由はあれども、好きに理由なし」ってとこですかね。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月26日(金)

「アフリカの光」 [映画]

画像(320x320)・拡大画像(640x640)

◎映画.comより

■作品データ

製作年 1975年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 95分

■解説

北国の漁港を舞台に、“アフリカの光”を求めてさまよう二人の若者の青春像を描いた丸山健二の同名小説の映画化。脚本は「無宿〈やどなし〉」の中島丈博、監督は「櫛の火」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

■ストーリー

空は重く、暗い、北の果ての港町。順と勝弘の二人は人人の視線を意識しながら、寒そうに肩をすぼめて歩いていた。二人が行きたいのはアフリカの海だった。なぜアフリカの海でなくてはならないのか、本当は二人にも分らない。この計画の全てが曖昧だった。しかし、二人がこの計画に熱中しているのは紛れもない事実だった。春になればマグロ漁船が帰って来る。それに乗ればアフリカに行けるはずである。二人はそれまでの生活費を稼ぐ...
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x320)・拡大画像(640x640)

 好き嫌いがはっきり分かれる映画。
 私は大好き、ヨメさんダダ疲れ。

 マニアックぽく見えるのに意外と普通なヨメさん。普通に見えるのに意外と全身ヘンタイと言うべき私。そのため、なかなか二人の話が合わない。

 ショーケンはデビューの時から好きやった。私が12歳のころ。その時ヨメさんは6歳やから、好きもなにもないわなあ。

 ショーケンの代表作と言われている「傷だらけの天使」は、私のテレビなし時代(18〜19歳)のことなのでまったく知らない。
 この映画は、その翌年に公開されたもの。ヨメさんの話によると、グダグダさかげんが「傷だらけの天使」に似ているらしい。

 ショーケンは上手に使ったげたら、ええ俳優やったのに。人生後半はもひとつやったね。惜しいねー。

画像(320x320)・拡大画像(640x640)

 ショーケンと田中邦衛がベタベタとひっつく場面が延々と続いた。
 どこまで続くねんという感じだったが、私はそんなんも好き。

画像(320x201)・拡大画像(500x315)

 マグロ遠洋漁業の漁師の妻役の絵沢萌子さんがすごくよかった。
 これは、私ら二人の意見が一致。

 なんか、うちのヨメさんに似てるんですよねー。
 「アフリカの光」の中の役では、もっともっと似てたんですけどねえ・・・。

 私の青春時代でもあるこの時代の映画はおもしろい。
 また機会があれば、ほかの映画も見てみたい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月25日(木)

父のお見舞いと百井の林さん [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日のこと。
 午前中に鞍馬口医療センターへ。父が誤嚥性肺炎のために救急搬送されたらしい。

 兄からのメールがけっこう深刻だったので、病院に行くまでは心配でしょうがなかった。
 ところがヨメさんに先に行ってもらい、私が遅れて病室に入ると、父はコロコロと笑っていた。「もう!」

 しばらくすると、兄もいなかから出てきた。
 兄の話によると、父は病院に来るまでの救急車の中が一番しんどそうとのこと。花脊峠を越えるグネグネ道ですからねえ。
 「ヘリコプターで運んでもらえると助かるんやけど」と言っていた。
 どちらにしても、できるだけ病院に来なくて済むように気を付けて行かなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 父の病室は、ナースステーションのすぐ横の2人部屋。
 私らにイスを持ってきてくださったおとなりさんは、なんと百井の林さん。
 「『とり幸』やってる林の叔父です」と。
 「えっ、そしたら幸博君の叔父さんですか。ボク、中学の時の同級生です。ずっと仲良くさせてもらって・・・。」
 「あー、そうでしたか。あいつも早う死んでしもて・・・。」
 「お葬式も行かせてもらいました。」
 「今どこに住んではるんです?」
 「二軒茶屋の近くです。」
 「あー、あの藤井さん。よう話は聞いてました。」

 父のお見舞いに行って、林幸博君をしのぶ話ができるとは。
 もう7年もたってしもたけど、忘れてへんでー。
 二人で行く予定やった長崎旅行が、病気悪化で行けへんようになったんが心残りやったなあ。
 中学の同窓会、せなあかんね。

「ありがとう、幸博君」 2012年6月26日

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 17時間バイトから帰ってきたのに、きくは寝たまま。
 「あっ、そうか。今日はいつもの水曜じゃなくて木曜やから起きひんのか。」
 まさかね。そんなかしこい犬とちゃうやろ。

 めずらしくヨメさんも付いてきて、2人引きの深夜散歩。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「目が覚めてしもて、寝られへんがな」と文句を言っているきく。
 「ごめんね。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 名護の比嘉さんがマンゴーを送ってきてくださった。
 いつもお世話になってばかりなのにすみません。
 めちゃめちゃおいしかったです。ありがとうございました。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月24日(水)

京セラドーム大阪 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヤクルト、勝ちましたー。
 巨人相手に10対4。
 わざわざ京セラドーム大阪まで応援しに行った甲斐があった。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 試合そのものより、試合開始前に歩道の植え込みに座って食べた、たこやき・から揚げ・コロッケのほうがうれしかったかも・・・。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都バス、地球研前→国際会館
 地下鉄、国際会館→京都
 JR、京都→大阪
 地下鉄御堂筋線、梅田→本町
 地下鉄中央線、本町→九条

 久しぶりの夫婦そろってのお出かけ。
 せっかく大阪まで行くのに、野球観戦だけではもったいない。球場の近くに映画館がないか調べたら、あの「シネヌーヴォ」が600mほど手前にあった。それも、「追悼ショーケンプログラム」やってるし。

 5月に甲子園に行ったときと同じで、「野球が始まるまでは別行動でもいいか」という感じで、15時15分から始まる映画の30分前くらいに着くように家を出た。

 前に「シネヌーヴォ」に行ったとき道に迷ったので、まずは場所の確認。
 「ヒロシマナガサキ 最後の二重被爆者」のポスターが貼ってあったので、「これも見たいな―」とヨメさんに行っていた。すると、映画関係者らしき男性が「3時からです。ぜひ見て行ってください。」
 映画の呼び込みをされているとは、すごい映画館だ。あの方は、監督さんだったのだろうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんが行きたがっていたパン屋さん「ピンポンパン」。
 隔週水曜が定休日だが、やっていてよかった。
 いっぱい買ったのに605円。
 「やすすぎるー。」

 このあとバラバラになるつもりだったが、ヨメさんが「映画に付き合ってあげる」と。ああ、ありがたやありがたや。

 「アフリカの光」は1975年の映画で、ショーケン、田中邦衛、桃井かおりが出ていた。1時間半ほど。
 映画の中身はグダグダ。でもそのグダグダさが私にピッタリ。「あー、おもろかった。さわやかー!」と言いながら出てきたのに、ヨメさんは死にかけていた。
 映画の評価は人それぞれなところがおもしろい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 庶民的な商店街だったので、ブラブラ。
 とにかく、いろいろなものの値段が安い。

 試合開始の6時までまだだいぶ時間があったので、何か食べようということになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 できるだけ安くつくもので・・・、それでいてけっこうおいしくて・・・、時間がかからないもの・・・。
 もうすぐドームという交差点の角にたこ焼き屋さん「風風(ふうふう)」発見。これやね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 向かいのコンビニでビールを買ってきて、青空飲食。
 アツアツのたこ焼きやらを、道端で二人で食べたのは初めてかもしれん。
 店の前で腰かけたところは、ちょうど日陰になっていてそれほど暑さは感じなかった。

 お腹いっぱいになり、適当に酔っぱらってドームに乗り込み。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょうどいい時間にドーム到着。
 「えらい人が少ないなあ」と思ったが、もうお客さんは中に入っておられる方が多かった。私らみたいにギリギリに来るものの方が珍しいみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「1番、セカンド、山田哲人・・・」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 応援は、例のレフト上段席だけ。
 周りを見回しても、ヤクルトファンらしき人は見つからない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お目当ての「4番、村上」はチャンスで三振。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 でも下位打線ががんばって、1回表に4点先取。
 ヤクルトの試合で、こんな展開になることはめったにない。

 さっそくヨメさんは傘を取り出して振り上げる。
 周りは「シーン」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ああ、でも3塁ベンチ後ろにはたくさんの傘が開いていた。
 次はあの席で見たいなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2回にも2点追加。
 ヤクルトらしくない。

 巨人ファンばっかりの中で、傘を振り上げるヨメさん。
 「もうそれくらいでかんにんしたり・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「4点差ということは、満塁ホームランを打たれもまだ負けてへんちゅうこっちゃ。」

 ヤクルトファンは、常に最悪の事態を想定して試合を見ている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「おー、あの元木。バラエティに出てた時より細なってるやん。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっとお腹がすいてきたので、さっき買ったパンをカバンから取り出す。
 野球場は建前は飲食物持ち込み禁止だが、ほとんどのところは少しなら黙認している。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 のども乾いたのでチューハイ(500円)購入。(球場内で使ったのはこの分だけ。)
 またおねえさんと写真を撮ってもらおうと思ったが、ここはダメとのこと。その代りでもないだろうが、うちがヤクルトファンだと言うと、山中投手の話題を出してきてくれたりと、それなりのサービスが。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5回を終わって、9対4。
 「満塁ホームランを打たれても、まだ1点勝ってるなあ。」
 もうええちゅうねん!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヤクルト応援団も、今日は元気いっぱいだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中に、スタンドから子どもが大勢ずらずらと。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 外野の方からも、子どもが続々と。
 すごい数。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 グランドに入れてもらえるとうれしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 巨人の選手が守備位置についているときにしてあげたら、もっと喜んだやろうに。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 何回転もグルグルの女子。
 元体操部かなあ。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 7回終了時で10対4。


 「よっぽどのことがない限り、今日は勝ちやろう。きくちゃん待ってるし、帰ろかー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8回表の、青木・バレンティン・村上の三者凡退を見て家路へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 試合終了よりだいぶ早く出てきたのに、地下鉄は混んでいた。
 京橋まで出て京阪に乗ったのだが、こちらも混みごみ。
 枚方市駅でやっと座れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出町から叡山電車。
 車内が七夕飾りになっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 よーく見ると、短冊に書かれた願い事は大人のものもあり。
 来年、書かせてもらってぶら下げてもらおうかなあ。64歳のジジイの願い事を。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 11時20分ごろ、やっと我が家着。
 きくちゃんは、廉の部屋の入り口で行き倒れ。呼んでも反応なし。
 でも、そのあとみんなでお散歩へ。
 「きくちゃん、長いお留守番ごくろうさんでした。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月23日(火)

2枚で280円 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日も午後から雨。
 午前中に走りに行けばよかったが、行けずじまい。

 楽しみな晩ごはんは、とんかつ。
 「自分一人でも作れるように」と、ヨメさんからレクチャーがあった。
 たぶん教えてもらった通りにしても、私ではおいしいのはできないんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんのとんかつは、うまかったー。
 先週、スーパーの特売で「2枚280円」やったらしい。安くておいしいのんをよく考えてくれている。

 バクバクと食が進んだ。その分消費しなくてはならないのに、2日間まったく走らなかったので体重増。
 「効果てきめん」の反意語はなんやろなーと考えたんですが、分からん。

 とりあえず、明日は午前中にちょっとでも走ろう。
 入院した父のお見舞いも行かんなんし・・・。

 明日は水曜で、本当は17時間バイトの日。でも、もう一人の方に曜日を代わってもらった。
 夜は京セラドーム大阪に行って、ヤクルトの応援。今日もサヨナラ負けやったけど、明日は頼みますよ〜ん。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 毎日毎日、野菜自販機通い。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年07月22日(月)

ちゃんと食わしてる [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「具合悪いとかばっかりブログに書いて―。ちゃんと食べさせてへんみたいに思われたらかなんなあ。『ちゃんと食わしてる』って書いてもらわんと、やってられんわー」とヨメさん。

 今日のお昼も、店から一時帰宅してもらって食事の用意。
 具だくさんのソーメン。
 そんなに大盛りでもなかったのに、なぜか夜まで全然お腹が減らなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜7時過ぎに店から帰って、ヨメさんはちゃちゃっと晩ごはんの用意。
 鶏の焼いたのやら、ナスビとキムチを炒めたもの。
 ちょっと食べすぎたかも。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 手作りデザート付き。
 これもすごくおいしかった。
 毎日毎日、ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 お昼、寝ていたきくちゃんを起こし、ちょっとだけお散歩。

画像(320x248)・拡大画像(640x497)

 アジサイの横の道は、でこぼこで歩きにくい。
 でも、きくは好きみたい。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

ひとり・反核平和マラソン

ひとり・反核平和マラソン

こたろう〜シリーズご近所猫7〜

こたろう〜シリーズご近所猫7〜

大学クラス会2016

大学クラス会2016

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.