パオパオだより

2021年10月20日(水)

投票ラン+頼光橋ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 水曜9時は、町内の大きな公園へ。
 今日も、ストレッチ+ラジオ体操。
 今日はラジオ体操の速さに何とかついていけた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 その間、ヨメさんはきくのお散歩。
 後ろ足だけでも靴を履かせたら、すりむけない。
 ちょっと寒くなっては来たが、日なたはまあまあ暖かい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 10時半過ぎから、期日前投票へ。

 風が吹き寒かったので、長そで長パンで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 圓通寺裏の急坂を下り、地下鉄・北山駅前へ。

 ラジオ体操が効いているのか、走り始めからすごく楽。
 準備運動は大事ですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 京都府立大前を左折。
 手前の建物は「京都学・歴彩館」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 左京区役所着。4.45km、26分42秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつものことながら、憲法9条をまもってくれそうな候補者と政党に一票。
 最高裁判所裁判官国民審査では、「米軍基地移設に伴う辺野古サンゴ移設訴訟」に反対した裁判官のみ無印。他の裁判官には「×」を付けた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は今までで一番人が少なかった。
 待つこともなく、あっという間に投票が終了。

 左京区役所前で自撮りしてから帰路へ。
 帰りは体が温まったので、長そでTシャツを脱ぎ半そでで走ることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 深泥池地蔵さまを拝んで、急坂を登ろうかと思ったが無理せずS字坂で。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 緑生い茂るコースは気持ちいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 シカさん、いましたー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自宅到着、4.73km、28分28秒。

 S字坂を通ると、250mほど距離が多くなる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 町内猫パト1km。

 今、町内の水道管工事中で、猫ちゃんらはほとんど隠れてしまっている。
 この黒猫は「ぼっすん」かな。

 投票ランで9.2+1で10.2km。
 ずっとキロ6分ペースだったが、楽に走れてよかった。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後4時過ぎ、もうちょい走りたかったので町内ランへ。
 いつもは1周1kmコースを走るのだが、今日は南側を頼光橋まで伸ばして1周1.5kmコースにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 工事はもう終わったようだが、猫ちゃんの姿はほとんど見なかった。

 目標のキロ5分半ペースで走り出したつもりだったが、最初はちょっと速かった。涼しいと調子に乗ってしまってダメ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4周6km、32分20秒。
 キロ5分23秒ペース。
 これでもまだちょっと速い。明日、もう一回調整してみよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、町内猫パト1km。
 ぷーぷーとこで3びき猫だんご。
 おいしそう。

 これで、午前の分と合わせて17.2km。
 今日もいい練習ができた。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x188)・拡大画像(408x240)

◎京都の「ろうじ」を歩く より

【頼光橋】

頼光橋というからには、源頼光(「よりみつ」と読むのだが、一般には「らいこう」と呼ばれることが多い)に所縁の橋だろうかと、謂われを紐解いてみると、
源頼光が四天王(渡辺綱・坂田金時・卜部季武・碓井貞光)を従えて、都から鞍馬詣の時に渡った橋だという。

また、この市原野の地には、頼光を恨む鬼同丸が頼光と四天王の鞍馬詣での帰りに、牛の体内に潜み待ち伏せをした。
しかしこの牛を怪しんだ渡辺綱が矢を射掛けると、鬼同丸が出て頼光に斬りかかるのだが、頼光これに慌てず、一刀のもとに鬼同丸を切り捨てる。
という話が、古今著問集に記されている。

源頼光は平安中期の武将で、市原野での鬼同丸を切り捨てた他にも、丹波口大江山の酒呑童子の鬼退治、(一条天皇「平安時代中期の66代天皇」の御世に、都の姫君が大江山の酒呑童子のさらわれるという事件が起こった。
天皇は、源頼光とそれに従う四天王、そして藤原保昌とにその征伐を命じた。
頼光たちは大江山に向かい、酒呑童子達に酒をたらふく飲ませ、酒に酔った寝込みを襲い、鬼どもを征伐したという。

また、京の妖怪、土蜘蛛退治(頼光が病に臥せっていると、そこに7尺(2m)もの身丈がある怪僧が現れ頼光を襲ったが、頼光は名刀・膝丸で僧を斬り付けた。
翌日、四天王を伴い血の跡を追うと、北野天満宮裏で大蜘蛛が倒れていたのである。この土蜘蛛の正体は、神武天皇が討伐した土豪の怨霊だったという。
北野天満宮の東向観音寺には、土蜘蛛灯籠なるものが奉納されている。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきくみー】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくをだっこすると、暖かくて幸せな気持ちになる。
 きくもそう思ってくれたらいいのだが・・・。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 みーちゃん、栗万ぐーりぐり。
 オバサンの足に挟まれて、「しあわせ!」

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=5471

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

ダウン続出、京都ランナーズ懇親会(7/26)

ダウン続出、京都ランナーズ懇親会(7/26)

第97回勝手に国労応援ラン

第97回勝手に国労応援ラン

愛情いっぱい???

愛情いっぱい???

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.