パオパオだより

2012年01月11日(水)

「にいちゃんにいちゃんゆうて、何でも聞き」 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日1月11日は、私の母の命日。もうあの日から21年もたった。

 いなかに父が一人でいるはず。こちらでも雪がチラチラ降り出したが、命日くらいはお参りに帰ろう。4時前、市原の家を出発。
 鞍馬までは雪は全然なかったが、山に入っていくとだんだんと大変なことに。百井別れの手前でチェーンを巻いた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 花背峠を越えると、北風がまとも。風がぶつかるところは吹き溜まりになる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 我が家は誰も雪かきをしていないので、すぐには入れない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちの家から300m北にあるおじいさん(父)の家に行くと、兄夫婦は出かけており、やっぱりおじいさん一人だけだった。
 今日「大丸」で買ってきたロールケーキをお供えして「チンチーン」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 21年前の1月10日の夕方、兄から電話をもらった。
 「おかちゃん、もうあんまり長ないらしいわ。」
 「えー、ついこないだ、これから冬が来るたびに入院せんならんゆうとったとこやのにー。まだまだ生きるつもりやったのにー・・・。」

 その数時間後、また兄から電話。
 「もう、あかんらしい。すぐ、病院に来て。」
 「えー! そんなに悪かったん?」

 そして、夜は何とか持ちこたえ、未明に息を引き取った。
 最後の最後まで小さな声だが話をしていた。その通訳係は私の兄。兄によると、母は最後の最後まで自分の7人兄弟の末の弟のことを気にしていた。母は長女で、下6人が弟。臨終の間際まで、長女としての責任を果たそうとしていたのだろうか。私ら4人の子のことは何一つ言っていなかったらしい。

 遺言はなかったが、私は母から何べんも何べんも言われていたことがある。
 「こうじ、にいちゃんにいちゃんゆうて、何でも聞くにゃでー。」
 いなかでは長男は絶対。跡取り息子とそれ以下では扱いもちがうし、かかる責任も全然ちがってくる。まあ、私ら末っ子は、「おちゃらけ担当」みたいなもんです。

 母の言い伝えはまあまあ守れている。残った父に対しての「おちゃらけ担当」もけっこうできている。それでええことにしてください。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 おじいさんのスコップを借りてきて、うちの家の橋の雪かき。湿った重い雪だったので腰への負担が大きかった。かなり時間がかかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 またおじいさんのところに戻り、いっしょに相撲観戦。
 大関把瑠都がつき出した力士の後ろに行司がいて、その行司が頭から土俵下に落ちた。意識不明のような状態になった。「こんなこと初めて見るなー」とおじいさんも言っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ピンボケになってしもたなあ

 全部の取り組みが終わったところで帰ることにした。
 おじいさんも、私がお参りに帰ってちょっとは喜んでくれたかな。

 また帰ります。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=1508

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

ふたりの宵山

ふたりの宵山

京都走ろう会例会〜再開・再会・初対面〜

京都走ろう会例会〜再開・再会・初対面〜

ももちゃん

ももちゃん

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.