パオパオだより

2011年01月21日(金)

藤井勘太選手の背中 [マラソン評論]

画像(320x213)・拡大画像(640x427)

 今日、藤井勘太選手のお母さんにお借りしていた写真を返しに行った。

 「お母さん、ありがとうございました。
 勘太君から聞いたんですけど、お母さん、スポーツが得意ではなかったって本当ですか。」
 「そうですよ。」
 「クラブとかは?」
 「中学の時に、バレーとかバトミントンをちょこちょことやっていた程度です。」
 「そうなんですか。お父さんも足は速いほうじゃなかったって、うちの姉から聞いてますし・・・。そのお二人からあの勘太君が生まれはったんやね。」
 「勘太も小さいときはそれほどでもなかっんやけど、小5の時『大文字駅伝』を家の近くで見てからやわ。自分も走りたいと思ったみたいで、そこから練習しだしたんです。でもね、6年のときの予選会で2位までの学校が出れるのに3位やったから、結局『大文字駅伝』は走れてないの。あの時の予選会を吐きながら走ったのが、勘太の原点です。
 中学の陸上部入っても6位以上が上に進めるレースで7位とか、そんなんばっかりでねえ。中3の終わりころにやっとライバルの子に勝てたんですよ。」
 「そうなんですか。でも、その悔しさがくじけず長続きした理由かもしれませんね。」

 「あっ、それから一つだけお聞きしたいことが・・・。こないだ勘太君としゃべらせてもらって初めて知ったんですけど、去年の前半全く走れへんかったって。それで、体重がずいぶん増えてしもたらしいですね。そのとき、お母さん、勘太君になんかゆうたげはったんですか。」
 「実はね、私、それまったく知らんかったんです。」
 「えー!!! えー!!!」

 「勘太は私には何も言わへんから・・・。6月の教育実習で京都に帰って来たときは、『ちょっと太ったみたい。もう少しやせんと走れへんやろう』とは言いましたけど・・・。」
 「えっ、それだけですか・・・。」
 「それだけ・・・。」
 「よう、そこから猛練習に転換できたもんやねえ。」
 「ほんまにねえ。」

 お母さんも、確実に勘太君の「背中を押してくれた一人」であると思う。しかし、最近よく見る「息子が大学生にもなっているのにかまいまくる気持ち悪い母親」とは一味ちがう。私には、でーんとかまえて息子の決意を信じている立派な母親に見えた。
 お仕事中におじゃましたので長話ができなかったが、勘太君のお母さんとはもっともっとしゃべってみたいと思った。

画像(320x227)・拡大画像(640x454)

藤井勘太選手の背中を押してくださった人たち

※ 今日いろいろ検索していると、東海大4年の赤染選手(箱根8区)のブログに行き当たりましたhttp://ameblo.jp/a1k2a3z4o5m6e/。リンクさせてもらおうと思いましたが、またまた失敗。「ゾメ」で検索してみてください。藤井勘太選手の○○な写真も見ることができます。
--------------------------------------------------------------------------------

【何を今さら5km20分切りメモ】

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 お昼3時半過ぎ、家から宝ヶ池へ。 
 こないだ車で測ったら、3.5km。
 往復プラス宝ヶ池1.5km2周で、合計10kmになる。

 まず家から宝ヶ池、16分31秒。
 キロ4分40秒ペース。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 1周目、7分01秒。

 昨日の雪は、ちょっと少なくなった程度。
 ただ昨日は夜で足元が見にくかったが、今日は明るいうちに来たので走るのはまし。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ジョニー・オス・7歳

 2周目、7分16秒。

 シェパードを散歩させておられる方発見。
 「すいませーん、ワンちゃんの写真撮らせてください。」
 「ありがとうございます。飼っておられるんですか?」
 「うちは雑種なんですけど、よくシェパードの子犬にまちがわれるんです。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 日が当たらないところはいつまでも雪が消えない。
 せっかく車の心配がなく正確な距離表示があるところなのに、これではなあ。
 まだ雪の残っているところは、スタートから200m付近、600m付近、1100m付近。走る予定の方、気をつけて走ってくださいね。(昨日、廉の練習仲間の京都工繊大のY先輩がこけたらしい。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 宝ヶ池から家へ。3.5km、18分06秒。
 さすがに帰りは上っているので、キロ5分以上かかった。
 合計10km、48分55秒。

 帰ってから家の近所を約1kmダウン、7分。
 こんなゆるい練習で、5km20分切れるようになるんかな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2011年01月20日(木)

「海炭市叙景」 [映画]

画像(224x320)・拡大画像(448x640)

◎シネマトゥデイより

チェック:5度芥川賞候補に挙がりながら、41歳で自殺した作家・佐藤泰志の遺作を映画化したオムニバス・ストーリー。北海道・函館をモデルにした架空の地方都市を舞台に、さまざまな事情を抱えた人々が必死に生きる姿を描く。監督は『ノン子36歳(家事手伝い)』の熊切和嘉。『アウトレイジ』の加瀬亮、『おにいちゃんのハナビ』の谷村美月、『春との旅』の小林薫らが出演する。リアルな人間ドラマとオール函館ロケによる映像に注目だ。

ストーリー:北国の小さな町・海炭市の冬。造船所では大規模なリストラが行われ、職を失った颯太(竹原ピストル)は、妹の帆波(谷村美月)と二人で初日の出を見るため山に登ることに……。一方、家業のガス屋を継いだ晴夫(加瀬亮)は、事業がうまくいかず日々いら立ちを募らせていた。そんな中、彼は息子の顔に殴られたようなアザを発見する。

画像(300x199)

-------------------------------------------------------------------------------- 
 まるで中国の映画を見ているようだった。
 5つの話をつなげてあったのだが、私が一番印象に残ったのは立ち退きを迫られるおばあさんの話。グレというネコを飼い、豚やヤギや鶏を飼っているおばあさんを演じているのは新屋英子さんだと思っていた。
 「中里あき」さん。映画のパンフレットを買ったのだが、彼女については何も書かれていない。ネットで検索してもほとんど情報がない。あの年齢で重要な役に使われているのだから、「知る人ぞ知る」女優さんなんでしょう。注目!

 私が「あまりにも普通すぎる俳優」と名づけた加瀬亮が、奥さんの友だちと浮気をしているDV夫役をやっていたのにはまいった。ファンは泣くで。
 大きなガスボンベを自分の足の親指の上に落とし身動きが取れなくなった時、タバコを勧められ、そんな状況の中でタバコを吸う。意味分からん場面やったなあ。

 昨日の朝10時前、京都みなみ会館へ。映画館に入る階段の壁に本日の上映予定が書いてあった。
 「海炭市叙景・152分」

 「えー、152分って、2時間半やーん」と思ってビビッたけど、あきない映画だった。見に行ってよかった。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

今日のきく

【何を今さら5km20分切りメモ】

 夕方6時過ぎ、宝ヶ池。
 2kmウォーミングアップ、10分半。
 インターバル1000m×4本、500mつなぎジョグ。
 4分03、4分06、4分05、4分08。
 1kmクーリングダウン、8分。
 これで、合計9km。

 まさかまだ雪が残っているとは思わなかった。2ヶ所すべりそうなところがあった。あれがなければ4分切りできたかも・・・。
 でもよく考えると、1km4分切れないようで何で5km20分切れる?ちゅう話やね。まだまだ先は長い。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2011年01月19日(水)

5km20分切りへの道 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

今日のきく

 「藤井さん、短いのは速いのに長いのはさっぱりやねー。」
 こないだの京都走ろう会の新年会で、堂本さんからそう言われた。

 「そうですねん。もう、ウルトラはあきませんわ。今年のボクの目標は、『5km20分切り』です。」
 「おー、すごい意気込みやね。」

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「暮れに久しぶりに5km走ったんですけど、21分9秒やったんですわ。あと1分ちょっとですやん。いけるいける。」
 「それがな、長い距離の1分はすぐやけど、5kmの1分はきついでー。」
 「分かってますって。でも、絶対にやる!」

 「55歳のオッサンが、今さら5km20分切ってどう?」って話やけど・・・。
 こないだの5kmは思いっきり力を出し切った感じで、ほんまに気持ちよかった。あとちょっとで、「風を切る」というところに行けそう。
 それに、あっという間に終わるのがよろしい。私のように集中力が持続しないような者にはぴったりの距離だ。
 今まで、「おんなじ参加費払うんやったら、距離の長いほうがお得」と錯覚していた。もう、その考えは捨てよう。自分の適性があると思われる距離で勝負してみよう。

 (暮れの「あのつ越年マラソン」の壮年5kmは、21分09秒で3位入賞でした。もうちょっと待って賞状もらったらよかったなあ。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 堂本さんは、去年「野辺山ウルトラ100km」も完走し、今年はついに「富士五湖ウルトラ112km」に挑戦。多くのベテランランナーが100kmウルトラへ、さらにその先へと向かう。

 私は逆行。一般的なロードレースでは最短とも言える5kmに照準を合わせる。
 今月末の「くみやまマラソン」で、20分30秒を目標に走る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 幸い、きくもウォーミングアップくらいならいくらでも付き合ってくれる。今日は4km40分くらい走ってくれた。そのあとの5kmが24分24秒だから、ウォーミングアップのほうがずいぶん時間が長い。(そんなん、ウォーミングアップって言えるんかなあ・・・。)

 きくは時々シ○○とウ○○で止まるのできついけど、これからもウォーミングアップには付き合ってもらおう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年01月18日(火)

藤井勘太選手写真集 [マラソン評論]

 今日は、私が連載させてもらっている「ねっとわーく京都」の原稿提出しめ切り日。今日しめ切りで、来月9日に3月号として発売される。
 今回は、先日の箱根駅伝の10区を走った藤井勘太選手(東海大4年)について書かせてもらった。今までの記事はこのブログに書いたものをまとめたような内容が多かったが、今回はちがう。
 「藤井勘太選手、独占インタビュー!」

 と言うほどのたいそうなものでもないが、なかなかいい内容です。「ねっとわーく京都」を少しでもたくさん買っていただきたいので、そのインタビュー記事はブログには書かないことにします。
 ぜひ、京都の大きな書店で買ってください。500円です。

 その代わりと言ってはなんですが・・・。
 箱根駅伝のときに私が撮った写真はみんなピンボケ。「ねっとわーく京都」の記事に添付する写真がない。そこで藤井勘太君のお母さんにお願いすると、たくさんの写真を貸してくださった。
 「ねっとわーく京都」に使われるのはそのうちの一枚だけ。それも白黒。これはもったいない。と言うことで、貸してくださった写真をここで公開させていただくことにした。(お母さん、ありがとうございました。

画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x213)・拡大画像(640x426)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x212)・拡大画像(640x425)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x214)・拡大画像(640x429)
画像(320x213)・拡大画像(640x426)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x215)・拡大画像(640x430)
画像(320x213)・拡大画像(640x426)
画像(320x214)・拡大画像(640x429)
画像(320x213)・拡大画像(640x427)
画像(320x218)・拡大画像(640x436)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年01月17日(月)

京都走ろう会新年会+都道府県対抗女子駅伝 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 西院の「おふくろ」、12時半集合。
 「おふくろ」は、京都走ろう会会員である河田さんのお店。

 私はいつもは大幅に遅刻するのだが、今年は前もってバスの時間を見ておいたので5分遅れくらいで到着。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みんなそろったところで記念撮影。
 阿加井さんのいいカメラで3枚。

 そのあと、津田会長さんのごあいさつ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次は、三輪さんの乾杯!
 例年通りの新年会です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 河田さんの奥さん、いつもお世話になっています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 都道府県対抗女子駅伝のアンカーがもうすぐ西院に到着というところで、新年会は一旦中断。半数以上が西大路通りに繰り出した。
 一番前で虎視眈々と待ち構えているのは津田会長。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 と思えばいつの間にか反対側の歩道に・・・。
 すばしっこさは、まだまだ若者に負けません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「来たー! トップ、京都の福士選手!」

 でも去年は青森代表で出ておられたし・・・、ちょっと複雑かな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 たなびく髪の毛がきれい。
 すごく楽に、気持ち良く走ってられるように見えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2位、岡山。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3位、福岡。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっと来ました。私の注目度ナンバーワン、山口の野村利奈選手。京都府出身です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の撮った写真では苦痛に耐えているという顔ですが、素顔は超美人。
 高校時代は無名で、鹿児島の鹿屋体大に入ってからぐーんと伸びた選手なので京都からの出場経験はなし。そんな選手がこの都大路を走るって、これもこの女子駅伝のおもしろさですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4年連続最下位の沖縄。今年は45位。
 
 アンカーの選手はきれいな方でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

道路のの反対側に、津田会長さんたちの姿も・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 46位、和歌山。

 和歌山は、毎年みかん色のユニフォームなので見つけやすい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 繰り上げ、富山。
 
 4区で転倒のアクシデントがあったらしく、タスキはつながらなかったらしい。(順位なしという扱い。)

 先頭から最後尾まで10分ちょっと。各チームのレベルがかなり上がってきているようだ。あとは県内に実業団のないチームの取り扱いを考えてほしい。ほとんど高校生以下のようなチームもあり、明らかに不利。
 「ふるさと選手制度」を発展させて「助っ人選手制度」なんかどうでしょう。まるきり関係ない都道府県でも、本人の希望で交渉が成立したら出場できるとか。
 私なら、沖縄から出たいなあ・・・。

--------------------------------------------------------------------------------
◎京都新聞1月16日朝刊より

 「古里に感謝の思い込め、力走誓う 全国女子駅伝開会式」

画像(300x208)

開会式で選手宣誓する山口の野村利奈選手

 皇后杯第29回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞社、NHK共催、村田機械協賛)の開会式が15日、京都市左京区の京都会館であり、47都道府県の選手が都大路での力走を誓った。

 各チームの主将が都道府県の旗を持って入場し、前回優勝の岡山が皇后杯などを返還した。日本陸連の河野洋平会長が「この駅伝は世界選手権や五輪にもつながっている。大いに頑張って、全国のスポーツファンの胸に熱い火をともしてほしい」と激励、門川大作京都市長たちが歓迎の言葉を述べた。

 選手を代表して、今年の国体開催県である山口の野村利奈主将(27)=長岡京市出身=が「温かく見守ってくださる古里の方々へ感謝の思いを伝えられるような走りで大会を盛り上げます」と宣誓した。

 レースは16日午後0時半に西京極陸上競技場(右京区)をスタートし、国立京都国際会館前(左京区)を折り返す9区間42・195キロのコースで競う。2連覇に挑む岡山や地元・京都を中心に激しい優勝争いが予想される。(小池直弘)

【関連記事】

 「エリートでなくとも 山口・野村主将 宣誓、故郷で大役」

 「未来の後輩たちにも希望というメッセージを伝えられるような走りで、盛り上げることを誓います」。長岡京市出身で山口の野村利奈主将(27)=ユニクロ=はふるさとで選手宣誓の大役を果たし「気持ちを込めてできた。気持ち良かった」と笑顔で振り返った。
 特に「後輩へのメッセージ」の言葉に思いを込めた。6年連続の代表だが、大学までは「無名」だった。代表の座は遠く、京都女子高時代は大会を支える補助員として発着点の西京極にいた。初出場は鹿屋体大4年の2006年、鹿児島代表としてだった。「エリートでなくても、取り組み次第で大きな大会に出られるんだと伝えたかった」
 その後、就職先の静岡から2度、09年以降は移籍したユニクロの本拠地の山口から3年連続で代表に選ばれている。山口は両親の出身地。「第二のふるさとのユニフォームで地元を走れて光栄です」
 今回はアンカーの重責も担う。「一つでも順位を上げ、笑顔でゴールしたい」と気を引き締める。(長谷川真一)
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 47都道府県全チームが通過し、新年会の再開。

 部屋に戻ってテレビを見ると、すでにたくさんのチームがゴールしていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の主役は、このお二人?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「お代官様、例の話はこれでよろしく・・・。」
 「そちも悪よのう・・・。」

 さて、どっちがどっち?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会長さんから、しめのごあいさつ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ほとんどの方が、二次会のカラオケへ。
 私は少しのビールで「ヨッパライ、ヨッパライ!」
 阪急→地下鉄→京都バスを使っておとなしく帰りました。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年01月16日(日)

京都走ろう会例会〜吹雪〜 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「えー、なんでこんなとこ走っとんねー!」

 私の10kmコースの9kmあたり。
 前に見えるはヨメさんのピンクジャンバー。
 ここらで44分。なんぼ吹雪で走りにくかったとは言え、5kmコースの4km地点でこんなにかからんやろう。

 「誰もついてくれはらへんかったん。」
 「うん。コースまちがえてしもたー。」
 「えー。」 
 「高野川走ってしもたー。」

 あとでよく聞くと、葵橋を渡るところをスルーし、次の出町橋もスルー、加茂大橋を渡って高野川を北上したらしい。おかしいと気がついて戻ったらしいが、合計7km以上になったらしい。

 私は10km49分22秒くらい。くしくも前回のタイムといっしよ。ヨメさんは迷走した結果、その3分後くらいにゴール。ほんまに「おつかれさん」どした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は吹雪。
 廉をバイト先まで送って出雲路橋へ。ヨメさんを降ろして、コインパークまで車を置きに。そこから出雲路橋まで走っていくと、もう、みなさんスタート地点に向かっていた。
 「すんませーん。まだ走る用意ができてへんし、ちょっと待ってください。」

 私がスタート地点に走っていくと、「藤井さん、はよう写真撮らなー。」
 「ほんまや、ほんまや。」
 でも、写真を撮るまもなくスタートのピストル。あわただしかったが、何とかみなさんについていった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 丸太町橋で、11分04秒。
 雪道の割にはしっかり走れている。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 葵橋のたもとでかわいいワンちゃん発見。
 ボーダーコリーのオスとメス。4歳だそうだ。名前は聞かなかった。ちょっと覚えられそうになかったので。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 吉田出さんは、3.1kmコースを走り終えられてクーリングダウン。毎回必ずウォーミングアップもされているし、それがランニングを長く続けられる秘訣なんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 雪のため、今日の計時は出雲路橋の下。担当幹事さん、ありがとうございます。

 ここで、23分31秒(12分27秒)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は5kmの人が少ないようだ。
 阿加井さんにお会いしたあと、さっぱり誰にも会わない。
 いつもなら、北大路橋と北山大橋の中間あたりでヨメさんに会うのに、まったく人影なし。時間がかかっているのかと対岸を探したが、走る人自体が見当たらない。どうしたんやろ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 御薗橋、36分53秒(13分22秒)。
 同じ鴨川河川敷でも、北に行くほど雪が深くなる。かなり走りにくい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 加茂川パートナーズの東さんに追いついたので、写真を撮らせてもらった。よかったら、この写真、また使ってくださいね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山大橋を過ぎたところで、10km最後尾についておられた堂本さんが「追いつくでー」。それを聞いても何のことか分からなかった。
 しばらく走ると、前にピンクジャンバーが・・・。「追いつくでー」はこのことやったんか。

 「なんでこんなとこ走っとんねー!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 たぶん、はなたれてますね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 吹雪の中の迷走は、きつかったやろね。
 「八甲田山かーい!」

 ヨメさんを追いぬいで、私は先にゴール。
 49分22秒(12分29秒)。

 雪道は心配だったが、意外と走れた。シューズとソックスもほとんどぬれなかった。
 ただし、走り終わったら、足がドーンと重い。走っている最中は、そんなに感じなかったのに・・・。これはクロカンと似ている。まあ、いい練習になったでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 柴田さんは、すれちがうごとに声をかけてくださった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール前100m。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 残り30m。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「足元気つけてー、ゆっくり、ゆっくり・・・」と平田邦子さん。
 こけずに無事ゴール。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 平田さんがもうちょっと早く来て下さっていたら、ヨメさんの迷走もなかったんですが・・・。平田さんはいつもはバイクですが、雪のためバスで来られたそうです。
 こんな足元の悪い中、酉脇節子さんも顔を出してくださっています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、北大路橋東詰めのコインパークまで写真を撮りながら。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後尾の二人(岩井さんと堂本さん)は、「写真撮るよー」とも言ってないのに、だいぶ向こうからポーズをとってはった。
 おもろすぎるちゅうねん。楽しみすぎやちゅうねん。
 でも、その笑顔、ランナーのかがみです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2011


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

沖縄住まい探し

沖縄住まい探し

旧花脊峠ラン

旧花脊峠ラン

第2回東尋坊 愛の100kmマラニック・前日受付

第2回東尋坊 愛の100kmマラニック・前日受付

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.