パオパオだより

2017年04月22日(土)

第4回香住ジオパークフルマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 作戦通り(?)。
 前半バンバン、後半失速。

 5km 22分28秒 (4分29秒ペース)
10km 23分10秒 (4分38秒ペース)
15km 23分36秒 (4分43秒ペース)
20km 24分29秒 (4分53秒ペース)
25km 24分24秒 (4分52秒ペース)
30km 27分32秒 (5分30秒ペース)
ゴール  18分38秒 (5分14秒ペース)

 25kmからの8.551kmは、久しぶりの地獄でした。
 その結果。

■途中下車 60歳以上男子 
 1位、長山選手 2時間29分43秒
 2位、北出選手 2時間32分46秒
 3位、藤井選手 2時間44分17秒

 1位2位とはずいぶん離されてしまったが、なんとか3位。
 タイムは悪かったけど、これで満足しときましょ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんは5時前に起きて、きくのお散歩。
 ヨメさんが車に行ったら、きくはもう起きていたそうだ。安眠でけへんかったんかな。

 私は5時20分起きで、会場には5時40分ごろ着。
 受付がないのでそんなに早く来る必要もないのだが、ヨメさんは気がせくらしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 出店位置は去年と同じだったので、なじみの方がたくさんのぞきに来てくださった。

 店が落ち着いたので、昨日の来る道で買った京北の「ユリベーカリー」のパンで朝ごはん。
 そのあと、1kmだけアップジョグ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくが吠えると売り上げに関わるので、少し離れたところに停めた車で待機してもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートまであと少しという頃になると、店をのぞきに来られる方も少ない。
 これでやっときくちゃんの登場。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート前の記念写真。
 きくは、真後ろのスピーカーから流れてくる音楽に委縮していたようだ。
 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時に、フルと途中下車が同時スタート。
 ナンバーカードの大会名の所が、フルは青、途中下車は緑。それだけのちがいなので見分けにくい。

 あとでプログラムで人数確認してみると、フル1420(男1206、女214)、途中下車221(男149、女72)だった。
 途中下車少なー。これなら見つけられへんはずや。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴール予想タイム順の整列。
 フルのタイムの看板が掲げられていたので、私の目標2時間半切りはフル換算3時間08分。これなら、相当前に並ばせてもらっても文句のないところ。
 先頭から10数列目の所に、横入りさせてもらった。一応、入賞狙いなもんで…。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 作戦としては、行けるところまで4分半ペースで押して行く。あとは粘れる限り粘る。
 途中下車とはよく言ったもんで、フルと同じ速さで走っても意味はない。私の今のフルの力では、33.551km地点通過は2時間57分。それをどこまで縮められるか。

 4分22、4分55、4分18、4分33、4分29で5km22分28秒。
 ここまではお見事!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分02、4分46、4分01、4分37、4分41で10km45分38秒(23分10秒)。

 上りでいっぱい追い抜かれ、下りでさっき抜かれた人を抜き返す。これが私の得意な走りなのだが。後半これがボディブローのようにきいてくるとは・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 トップが折り返してくると、「折り返しはもうすぐか」とうれしくなる。もうすぐでもないんやけど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもなら「田野さーん!」と声をかけるところだが、名字が変わられたので今回は沈黙。次回から「昌輝さーん!」と応援しよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 同い年最強の北出さんは、この時点で部門2位。
 この坂を下りきったところが折り返し点なので、私ともそんなには離れていない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第1折り返しで、私が部門3位であることを確認。見落としはないと思うのだが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返してしばらく行くと、3時間半のペースランナーの近くに兵庫のまっちゃん。
 私は、最悪でもこのペースランナーに抜かれないように走らなければならない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのしばらく後ろに中嶋さん。
 すごく軽快な走りに見えた。調子よさそう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4分47、5分29、4分11、4分26、4分41で15km1時間09分14秒(23分36秒)。

 相変わらず、下りはビュンビュン。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中島寛子さん。
 いい笑顔。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中島てっちゃん。
 今日は黙々と走っておられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この下り坂から見る海の景色が、このコースで一番きれい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 JR佐津駅手前から左折し、往復5km弱の盲腸線へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分09、5分11、4分38、4分59、4分30で20km1時間33分43秒(24分29秒)。

 少しペースが落ちてきたが、まだまだ許容範囲。
 この先のハーフ地点では、1時間38分50秒。
 ようがんばってるやん。このペースで残り12kmが行けたらええんやけど・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北出さん発見。
 おお、部門先頭ランナーに追いついてるやないですかー。
 私の励みにもなる。がんばってくれー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第2折り返しを折り返すと、なんと向かい風。
 全然気づかんかったー。
 このあたりから、ぼちぼち失速が始まった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 盲腸線のおかげで、タイムが近い人とは2回対面できる。

 まっちゃん、3時間半のペースランナーの前を走ってはるやないですか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中嶋さん、軽快さキープ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4分43、4分47、4分50、5分00、5分03で25km1時間58分07秒(24分24秒)。

 失速もこれくらいまでならギリギリセーフなんですが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これはうれしかった「いちごエイド」。
 すごくいいいちごがいっぱいで、いくつも食べたかったが一つだけにしておいた。まだ後ろに、たくさんのランナーがいるのだから。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分25、5分40、5分07、5分32、5分46で30km2時間25分39秒(27分32秒)。

 もう下りでもキロ5分が切れない。
 と言うよりも、下りをバンバン行くと腰がバンバン。こないだ練習で頭にバンバン衝撃が来たようなのが、今度は腰に。心臓も足も全然だいじょうぶなのに、腰が・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あと少しやし、がんばらにゃー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後の直線は、前に誰もおらず気持ちよくゴールできそうだった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しかし、私のゴール直前に差した選手あり。
 ゴールテープを気持ちよく切れると思っていたのに、ガックリ。「ジジイに対する心遣いちゅうのんはないんかい?」と思ってしまった。
 しかし、その選手から言わせると「ゴール前で写真撮ってるヒマがあったら走れよ」ってとこでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5分22、5分03、5分23、2分49で2時間44分17秒(18分38秒)。

 最後は腰痛でえらいことになったけど、3位をキープできたので良しとしよう。
 ゴール後は寝転んでしまいたいくらいしんどかったが、それよりもちょっとでも動かなくてはと思った。それで、きくを連れて仲間の応援へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コース上に戻ったら、いきなり中西さん。「京都キャロット」の常連さんで、私が勝手に「やり投げのコーチ」と呼んでいる方です。
 いきなりだったので、ピンボケになってしまいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 残り1km地点まで行ってみたが、知り合いは見つけられず。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、オッサンフラフラやし、もう帰りましょか。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくは何でも匂ぐ。
 イカの柵も匂いでいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あらためて完走証を見てみると、全体で15位のゴール。
 これはこれですごい。

 私がフラフラしているとき、宍粟市陸協のカメラマンの佐古井さんがご来店。
 うちのヨメさんに、「ご主人、いつもお元気そうでいいですね」と言ってくださったそう。
 でも、「来週水曜に入院で木曜に手術せんならんのです」とヨメさんが言うと絶句。そのあと、何も言わずタイツを買って行ってくださったそうだ。

 ヨメさん曰く。
 「どんな励ましの言葉より、励ましのお買い上げの方がうれしかった」と。
 心優しき佐古井さん、いつもありがとうございます。私のレース中の写真も送ってくださるそうだ。病気に負けないように、がんばってきますね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 表彰式に行くと、北出さん、中西さん、中嶋さんも来られていた。
 「写真撮りますよ」と中嶋さんがおっしゃったので、そのお言葉に甘えた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もし来年も出ることができたら、途中下車2時間半を切って、このお二人に先着し、優勝しないとね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「途中下車 40歳代女子」の表彰式。

 中西さん、栄えある優勝。
 お話をお聞きすると、最後の下りで先行するお二人を抜き優勝できたらしい。これは気持ちがいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私と同じ「途中下車の部」だったので、いろいろと話が合ってよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が「フルと同じ賞品が欲しいですよねー」と言うと、「その先の9kmがあるとないとでは大ちがい」と諭された。ほんまにその通りです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「フル 30歳代女子」の表彰式。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中嶋さんは、3時間34分台のゴール。
 「このコースでそのタイムなら、平坦コースですごいタイムが出ますよ」とみんなに言われていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 急激な進歩ではなく、じわっじわっとタイムを縮められるのが中嶋さんらしくていいいですね。次も期待しますよー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また、きくのお散歩へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大会会場から少し離れると、静かな港町。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくも、のんびりゆったりと散歩することができた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 目の前にはコウノトリ・・・、いやサギですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お腹がへったので、うちのお向かいで出店されていたテントで「カニそうめん」(400円)を買ってもらった。すごくおいしかった。きくちゃんにもちょっとだけあげた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後3時がゴール関門。
 その30分後くらいから後片付け。
 4時半くらいに片付け終わり、会場出発。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、おまっとうさん。やっと帰れるよ。」

 と言っても、これから家まで何時間かかるやら・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 豊岡のラーメン屋さんで、ヨメさんは昼夜兼用ごはん、私はちょっと早すぎる晩ごはん。

 ラーメン屋さんの横が畑だったので、またきくのお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは、中西さんに教えていただいた178→312→京都縦貫道→沓掛経由でわが家へ。
 高速代が3000円近くかかったが、だいぶ早く帰れた。
 山道じゃなかったので、きくも車の中で少しは寝られたみたい。

 大会の評判はすごくいいのだが、「京都キャロット」の売り上げは今一つ。「途中下車」を「ハーフ」にしてもらえんもんやろかー・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年04月21日(金)

第4回香住ジオパークフルマラソン・前日 [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年初の泊りがけ出張販売。
 きくも今年初の出張。 
 朝からヨメさんがよく言い聞かせていたので、きくは大張り切り。大会会場までの長い長い道のりも、文句ひとつ言わず。

 「かしこいきくちゃんやわー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「香住」は、今年は土曜開催。
 ということは金曜日に現地入りしておかなくてはならない。

 今年は京北→福知山→但東→豊岡というコースで。豊岡市内がちょっと混んだが、信号が少なくスムーズに行けた。それでも1時に出て6時着。距離は200kmほどだが5時間かかる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 香住港ではかわいいネコちゃんがお出迎え。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日の出店予定場所にテントだけでも立てておこうと思ったが、今日は平日のため港は稼働中。大型トラックが荷物の積み下ろしの最中だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 仕方ないので、きくの「港散歩」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 準備に来られていた大会役員さんにごあいさつだけして、今日の宿へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第1回からずっとお世話になっている「民宿・つかさ」さん。
 ガレージに車を置かせてもらって、またきくのお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 すぐ前が海。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくはこわがりで、波があると近づけない。
 しかしここは消波ブロックが積み上げてあり、きくも安心していた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なぜか土がフワフワ。
 すごく歩きにくかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大きな石の上も楽しそうに歩いていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんのほうがヒビッて、こけそうになっていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 車の中に長く乗っていて退屈だった分、散歩もたくさん目に。
 これでちょっと得心したみたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 気持ちよく○ンコも出ましたわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もう置いて行かれることを察してか、それまでピンと立っていたシッポがダラン。

 「明日の朝まで、不安やろうけどしんぼうしてね。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月20日(木)

伊江島マラソンでゲット [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日、「伊江島マラソン」でゲットしたメダルや賞品が手元に届いた。
 荷物が多すぎて、真樹に送ってもらうように頼んでいたもの。真樹はこのごろ毎日仕事なので、なかなか発送するヒマがなかったらしい。面倒なこと頼んで、ごめんね。

 3km5kmは優勝したので、鉢植えのハイビスカスももらった。それは大きくて送れないので、真樹のアパートのベランダに置いてきた。また、参加賞のTシャツ1枚、泡盛1本なども真樹にやってきた。

 参加賞や入賞賞品のほかに、一人500円の買い物券も付いている。私は3種目申し込んだので1500円分の買い物券。それで、ピーナッツ黒糖などのおみやげもたくさん買った。
 この写真に入りきらなかった分も含めて、送料1390円。沖縄から京都ですから、これくらいはかかりますね。


 大会翌日の新聞で入賞タイムなどを確認。

【3km60代男子】

1 11分56秒 (私)
2 13分33秒
3 15分27秒

【5km60代男子】

1 21分33秒 (私)
2 26分11秒
3 26分12秒

【10km60代男子】

1 46分00秒
2 46分41秒 (私)
3 47分06秒

 この結果を見る限りでは、来年も3種目連続入賞を狙いたくなる。3kmと5kmは、よほど強い人が参加しない限り来年も入賞はだいじょうぶそう。
 真樹が名護に住み続けていて、私の病気が悪化していなかったら、また行きたいなあ。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんのお昼ごはんを「京都キャロット」に届けに行くと、きくが「もう、帰らしてもうてよろしいか」と私の車前でアピール。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃん、まだ2時間ほどしかたってへんやん。もうちょっと働かなあかんのとちゃう?」
 「・・・。」きくはうらめしそうに私の目を見る。

 「もう、帰らしたって。退屈なんやて」とヨメさんが助け舟。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「うれしいなー、うれしいなー・・・。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 けっきょく、家に帰ってもすることないんですけど・・・。
 私の足の上にアゴをのせて、退屈アピールをしているきくちゃんでした。

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

暗くなるとこわい竹藪の道

 今日は仏大グランド往復10km。

 「香住・途中下車」33.551kmを、アディゼロタクミ・センブーストで走ってみようかと思った。今日、そのつもりで試走。

 ちょっと頭痛があったせいもあるのか、走ると頭にガンガン響いた。平地、上りはさほどでもなかったが、下りはダメ。「香住」のコースはかなりアップダウンがあるので、今回は使用断念。ターサージールTS4で走ることにします。

 5分34、5分11、5分22、5分40、5分19で27分07秒。
 5分00、5分25、5分12、5分19、5分22で26分20秒。
 10km、53分27秒。

 ここから、「香住」の最初の10kmだけでも45分で走ろうと思ってんにゃからえげつない。それで10km走れたとしても、あと23km以上残っている。
 ようよう考えて走らんとなあ・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月19日(水)

「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」 [書評]

画像(218x320)・拡大画像(369x540)

◎Discover社ホームページより

■商品説明

 「三つ子の魂百まで」と言いますが、家庭は人間にとってもっとも原始的な社会・人間関係を体験する場です。そこで大きく影響するのが生まれ順、つまり、きょうだい構成=「きょうだい型」です。

 「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから」と下のきょうだいの面倒を任せられることによって責任感を身につける “きまじめな王様”長子。
 生まれたときから兄姉という「前例」を見ながら要領よく甘え上手に育つ “したたかなアイドル”末っ子。
 上と下に挟まれ、自分のアイデンティティを模索し続ける “永遠の思春期”中間子。
 親の愛を一身に受け、ひたすら天真爛漫に成長する “マイペースな天才肌”一人っ子。

 「お兄ちゃんぽい」「妹っぽい」という性格は、本当なのか? そして、それはどのように形成されたものなのか? 独自に開発した「きょうだい型メソッド」により、その仕組みがまるわかりになります!

 「だから自分はリーダーの役割が苦手なんだ」「そういえば、自分の友人は一人っ子ばっかり」など、自分自身への理解が深まると同時に、自分とは違う人のメンタリティに驚くこと請け合いです。

 思わず「あるある」と言ってしまうエピソードに加え、それぞれのタイプを動かすためのひとことフレーズ、相性チェック表など、仕事、恋愛、結婚、友人……あらゆる人間関係に役立つコンテンツ満載の一冊。

<本書の効果・効能>
・自分では意識していなかった性格、考え方の根っこの部分を知ることができる
・親やきょうだいの行動原理が分かり、家族づきあいがラクになる
・妻や夫、子どもの考え方が分かり、夫婦のやり取り・子育てにも役立つ
・恋人や友人、職場の同僚の性格が分かり、コミュニケーションが円滑になる

<こんなに違う!それぞれの思考・行動パターン>
たとえると…….
 長子は、A型のライオン
 末子は、O型の犬
 中間子は、AB型のカメレオン
 一人っ子は、B型のネコ

著名人では……
 長子は、石原慎太郎・市川海老蔵
 末子は、イチロー・本田圭祐
 中間子は、孫正義・柳井正
 一人っ子は、村上春樹・坂本龍一

仕事では……
 長子は、仕事に成長を求める
 末子は、仕事にバランスを求める
 中間子は、仕事に人間関係を求める
 一人っ子は、仕事にやりがいを求める

結婚では……
 長子は、価値観が合う人と結婚する
 末子は、気が合う人と結婚する
 中間子は、自分を好きな人と結婚する
 一人っ子は、自分が好きな人と結婚する

■目次

はじめに
 きょうだい型メソッド1 〜人は誰もが「一人っ子」か「末子」として生まれる〜
 きょうだい型メソッド2 〜性格は、親・きょうだいとの関係で決まる〜

1章 まるわかり!「きょうだい型」別 性格&相性
 長子:性格 責任感と自尊心の強い生まれながらの「王様」/相性 仕事は末子、結婚は長子同士がうまくいく
 末子:性格 ノリと愛嬌でしたたかに人生を謳歌する「アイドル」/相性 最も相性いいのは末子同士、一人っ子にはイライラすることも
 中間子:性格 繊細で複雑で感受性の強い「永遠の思春期」/相性 誰とでもうまくやっていけるが、中間子同士の恋愛には要注意
 一人っ子:性格 人間関係オンチでマイペースな「帰国子女」/相性 ラクなのは一人っ子同士、世話焼きの長子との相性も◎
 きょうだい型を補正する4つの要素

2章 こんなに違う!「きょうだい型」別 思考&行動パターン
1)たとえると
 長子は、A型のライオン
 末子は、O型の犬
 中間子は、AB型のカメレオン
 一人っ子は、B型のネコ

2)フィクション
 長子は、エルサ(アナと雪の女王)
 末子は、まる子(ちびまる子ちゃん)
 中間子は、来生瞳(キャッツアイ)
 一人っ子は、浅倉南(タッチ)

3)著名人
 長子は、石原慎太郎・市川海老蔵
 末子は、イチロー・本田圭佑
 中間子は、孫正義・柳井正
 一人っ子は、村上春樹・坂本龍一

4)進路
 長子は、道を切り拓く
 末子は、楽な道を行く
 中間子は、道に迷う
 一人っ子は、我が道を行く

5)価値観
 長子は、やるべきことをやる
 末子は、やれそうなことをやる
 中間子は、みんながやらないことをやる
 一人っ子は、やりたいことだけやる

6)欠けているもの
 長子は、デリカシーがない
 末子は、ガッツがない
 中間子は、素直さがない
 一人っ子は、常識がない

7)決断
 長子は、よく考えて決断する
 末子は、人に決断してもらう
 中間子は、決断を先延ばしにする
 一人っ子は、よく考えずに決断する

8)ピンチ
 長子は、ピンチにもろい
 末子は、ピンチに見て見ぬふり
 中間子は、ピンチに張り切る
 一人っ子は、ピンチに気づかない

9)チャンス
 長子は、チャンスに気づかない
 末子は、チャンスに浮かれる
 中間子は、チャンスに尻込みする
 一人っ子は、チャンスをつくる

10)仕事やキャリアに求めるもの
 長子は、成長を求める
 末子は、ワークライフバランスを求める
 中間子は、人間関係を求める
 一人っ子は、やりがいを求める

11)チームワーク
 長子は、自分がやるべきだと思っている
 末子は、誰かがなんとかしてくれると思っている
 中間子は、誰かがやるべきだと思っている
 一人っ子は、自分のことだけやりたいと思っている

12)打ち合わせ・会議
 長子は、嫌われても言うべきことは言う
 末子は、おいしいところを持っていく
 中間子は、場の空気を優先する
 一人っ子は、全然違う話をする

13)注意される・叱られる
 長子は、「自分が悪かった」と反省する
 末子は、「自分のせいじゃない」と開き直る
 中間子は、「なんで自分だけ」といじける
 一人っ子は、「どうしよう…」とひたすらショックを受ける

14)褒められる
 長子は、「いえいえ、私なんてまだまだ」と謙遜する
 末子は、「やっぱり自分はすごい」と増長する
 中間子は、「裏があるのでは」深読みする
 一人っ子は、「○×※□......!」と動揺する

15)酒グセ
 長子は、説教する
 末子は、無礼講になる
 中間子は、荒れる
 一人っ子は、一対一で話し込む

16)友達づきあい
 長子は、頼られたい
 末子は、甘えたい
 中間子は、八方美人
 一人っ子は、一方美人

17)金銭感覚
 長子は、人のためにお金を使いたい
 末子は、人のお金を使いたい
 中間子は、お金にシビア
 一人っ子は、お金に無頓着

18)恋愛
 長子は、恋人には意外と甘える
 末子は、恋人には意外とそっけない
 中間子は、恋人には意外とわがまま
 一人っ子は、恋人には意外と尽くす

19)結婚観
 長子は、価値観が合う人と結婚する
 末子は、気が合う人と結婚する
 中間子は、自分を好きな人と結婚する
 一人っ子は、自分が好きな人と結婚する

20)夫婦ゲンカ
 長子は、すぐケンカする
 末子は、うやむやにする
 中間子は、よく話し合う
 一人っ子は、すぐ家出する

21)実家との関係
 長子は、実家にちょくちょく顔を出す
 末子は、実家にダラダラ居座る
 中間子は、実家から距離を置く
 一人っ子は、実家から結局離れられない

22)子育て
 長子は、理想主義
 末子は、現実主義
 中間子は、博愛主義
 一人っ子は、溺愛主義

3章 こうすればうまくいく! 「きょうだい型」別つき合い方&ひとことフレーズ
 長子 つき合い方&このひとことでうまくいく!
 末子 つき合い方&このひとことでうまくいく!
 中間子 つき合い方&このひとことでうまくいく!
 一人っ子 つき合い方&このひとことでうまくいく!

おわりに
------------------------------------------------------------------------------------

画像(198x320)・拡大画像(397x640)

 今日は寮1(二条)17時間。
 ポケットWi-fiを忘れ、マイパソコンが使えず。
 久しぶりに読書しましたわ。

 私の大好きな畑田国男さんの「兄弟姉妹型」以来の「きょうだい型」分析。
 これはめっちゃおもしろかった。
 「末っ子」の欄は、私とのシンクロ率95パーセントくらいありますねえ。
     ◇     ◇     ◇

■末子

 平和主義者だが損得勘定に敏感で、意外にがんこ。
 交換条件を出してドライに交渉すべし。

1.楽しいことが大好きな平和主義者

 重苦しい雰囲気やもめごとを嫌い、面倒なことはできるだけ避けようとする。しかも陽気で社交的。

2.「誰かがなんとかしてくれる」

 責任を持ったり、決断を任されたりすることが大の苦手。ノリや愛嬌でその場をごまかしてやり過ごそうとする。

3.損得勘定に敏感

 世渡り上手で、自分の得にならないことはしたがらない。交渉するにはドライに交換条件をちらつかせるのが◎。
     ◇     ◇     ◇

 ほんま当たってます。
 「誰かがなんとかしてくれる」は、末っ子の基本中の基本です。
 「意外にがんこ」というのもその通りだと思う。
 「平和主義者」という評価は、なんかうれしい。

 ここで気になるうちのヨメさん。
 ヨメさんは、姉と弟がいる中間子。
     ◇     ◇     ◇

■中間子

 人当たりはよいが、内面は実に複雑で繊細。
 相手を尊重し、味方になることがカギ

1.複雑な八方美人

 人当たりよく誰とでも仲良し。でも実は心を開いていなかったり些細な傷ついたりしていることも。

2.気配り上手な目立ちたがり屋

 気配りの人でありながら、意外に自分への注目を求める。そのため駆け引きや探り合いも得意。

3.人間関係を重視

 相手が自分をどう思っているかに非常に敏感で、尊重されればされた分だけ相手を大事にする。
     ◇     ◇     ◇

 ふむふむふむ・・・。
 心当たる節が多い。
 特に「相手が自分をどう思っているかに非常に敏感」というところはその通りなような気がする。
 気にするヨメさんに対して、末っ子の私は「だーれもなんとも思ってへんてー」とよく言っているんですが・・・。

画像(320x278)・拡大画像(640x557)

 さて、一番大事なのは相性。
 末子(私)と中間子(ヨメ)の相性は・・・。

【末子から見た中間子との相性】

 表面的なノリだけで突っ走りがちな末子をうまくサポートしてくれるのは中間子。長子ほど偉そうに振る舞わないので末子にとってもつきあいやすい相手です。結婚生活でも上手にリードしてくれるでしょう。

【中間子から見た末子との相性】

 中間子は空気を読むことに長けていて、相手に合わせるのが得意。その分、我慢を重ねて、ストレスをため込む傾向があります。
 同じ身勝手ならどこまでも天真爛漫な一人っ子をサポートしたり、明るく言うことを聞く末子をプロデュースするほうが、中間子のやる気につながるでしょう。
     ◇     ◇     ◇

 私とヨメさんは「きょうだい型」の相性としてはまあまあというとこみたいですね。

画像(320x232)・拡大画像(366x266)

 ちなみに、上の表は朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」で使われた「明日から使えるきょうだい別取扱い説明書」(2016年1月放送)。

 これをうちの夫婦に当てはめると、末っ子彼氏と間っ子彼女になるので、彼女から見て「気楽な彼にあこがれるが限度もある」。
 いろいろ見比べててみると、もろいねえ。

画像(320x213)・拡大画像(450x300)

 畑田さんの「兄弟姉妹型」理論で一番感心したのは、「ホームラン王に長男はいない」というもの。
 日本プロ野球の歴史上、ホームラン王は全員次男以下だった(1977年パリーグのリー選手を除く)。
 「そうか、それで原や清原はホームラン王を取れへんかったんか」と納得した。

 しかし、一昨年のセリーグホームラン王にヤクルトの山田哲人選手が。山田選手は、たしか姉と妹がいる長男。これで、畑田理論が初めて崩れてしまった。
 畑田さんが生きておられればその見解をお聞きしたいものだが、山田選手がよっぽど特異な存在であったということだろうか。
 まあ、何でもかんでも万能な理論などないということでしようね。

 長らく人気のあった血液型性格分析は、非科学的で差別的な一面もあるということがやっと浸透し、最近聞くことはほとんどなくなった。
 それに比べれば、この「きょうだい型」は自分を知り他人とのコミュニケーションを取るのに役立ちそうに思う。
 まあとりあえずは、本を1冊読んだくらいで知ったかぶりの顔をせんようにちゅうことですけどね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年04月18日(火)

第91回9の日平和ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今月9日は沖縄から京都に帰ってくる日、明日19日は寮2(二条)、29日は手術2日後。「9」のつく日は全滅。
 今日は18日で「9」とは何のつながりもないが、「今日、走っとこー。」

 夕方5時すぎなのに、気温は20℃くらい。
 練習では今年初めての「Tシャツとランパン」姿。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は「京都学生駅伝・最終区」コースへ。(たしか、去年からコース変更になったようだが・・・。)

 自宅→京産大前→柊野別れ→鴨川河川敷。
 西賀茂橋の少し南で約2.3km。

 昨日の雨で、だいぶ増水していた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 河川敷の桜もおおかた散ってしまった。
 あとはしだれ桜に期待です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 御薗橋の仮橋はいつできるんでしょうね。
 はよせんと、梅雨が来て、台風が来て・・・。

 ここまで約3km、16分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上賀茂橋から上の道へ。
 宝が池運動公園に向かうまっすぐな道。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きつね坂通過は6時すぎだか、まだ16℃もあった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 宝が池の桜ももう終わり。

 ここまで約6km、33分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 トンネルを越え、そのまま北へ。
 シャトレーゼ手前の信号を左折。
 あとは地球研前までまっすぐ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一条さん横の桜は、しだれ桜なのでまだまだきれい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もうちょっとで家というところで9km、49分30秒。
 キロ5分半ペースは爽快。

 今日は9km走れたので、立派な「9の日平和ラン」と言えますかね。
 来月9日は、勝手に退院日ではないかと予想している日。
 走れますかねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いつもの長代川沿いの土道をダウンジョグしていると、田んぼに2羽のカモ。
 こないだ、おんなじとこらへんにうちの庭から逃げて行ったネコちゃんが伏せていた。もう二度と来てくれへんかもと心配していたら、今日また庭でくつろいでました。よかったー。

-------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私にはいつも強気なのに、逃げないネコにはちょっと弱気なきくちゃんです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月17日(月)

「香住ジオパークマラソン」がヤフーニュースに [ランニング・出張販売]

画像(186x280)

◎神戸新聞NEXT 4/17(月) 11:35配信
   
   兵庫・香住マラソン、のぼりに手書きの「・」 理由は…

 第4回の開催が22日に迫る兵庫県香美町香住区の「香住・ジオパークフルマラソン大会」。日本海の絶景や賞品の海の幸が毎年人気で、今年も全国から約2300人が参加を登録している。だが実は今回、大会名が微妙に変わった。「香住」と「ジオパーク」の間に「・」が加えられたのだ。その背景には関係者による、ある忖度(そんたく)があった。

 漁業が盛んな町の魅力をPRしようと、住民有志が2014年から始めた同大会。大会名にあるジオパークとは、京都、兵庫、鳥取の日本海側3府県にまたがる「山陰海岸ジオパーク」のこと。このエリアは10年に世界ジオパークに認定され、香美町を含む各地でツアーや景観保護などの活動が盛んに行われている。

 大会名を変更したのは「香住ジオパーク」が、国内の関係団体でつくるNPO法人「日本ジオパークネットワーク(JGN)」(東京)の申し合わせ事項に抵触しているのでは、と住民らから指摘されたため。その根拠は「ジオパークの名称を使えるのは、認定された地域だけ」という部分だ。山陰海岸ジオパーク推進協議会(事務局・但馬県民局)はこれを踏まえ、「エリア内の特定の場所だけをジオパークと表記しない」と方針として定めていた。

 規模が大きい大会だけに、指摘を無視するわけにもいかず、大会実行委員会は同推進協議会と相談し、間に「・」を入れることで批判をかわすという苦肉の策に出た。香住とジオパークは「・」で分割されている、という理屈だ。

 大会が始まる前、当時の町と県の担当者の了解を得て名前を決めたという田村高春・実行委員長(65)は「香住とジオパークを一度に宣伝できるいい大会名なのに」と憤るが、「まあええわ」と切り替えも素早い。町内に設置したのぼり約150本には、手書きで「・」を加えてどうにか乗り切った。

 しかし実はこの“騒動”、そもそもJGNは「問題なし」という見解だったという。事務局は「住民の活動に水を差すつもりは全くない。ジオパークの名前を使って地域を盛り上げてくれるのはありがたいことで、後援依頼があれば応じたいくらいですよ」と笑って答える。

 JGNによると「申し合わせ」は、認定されていない地域がジオパークを名乗るなど、誤解を与える事例を防ぐための「お願い」の意味合いが強く、罰則規定もないという。

 ちなみにのぼりには、「・」が抜けているものがちらほらと残る。走りながら探してみるのも面白いかもしれない。(黒川裕生)

 【山陰海岸ジオパーク】山陰海岸国立公園を中心に、京都府京丹後市から鳥取市までの東西約120キロ、南北最大30キロの地域。大陸から分かれ、日本列島が形成された過程が確認できる貴重な地質遺産で、玄武洞(豊岡市)や湯村温泉(兵庫県新温泉町)、鳥取砂丘(鳥取市)などが代表的な見どころとして知られる。

------------------------------------------------------------------------------------

 「(あいさつの)原稿には残念ながら山口県の物産がない。忖度してほしい」と、国民をなめ切った三流タレント(?)が発言している。
 それに比べると、「香住ジオパークマラソン」実行委員さんの忖度はおもろい。

 「まあええわ」と切り替えも素早い、というところを読んで心から笑ってしまった。
 手書きで「・」を加えて、というのはたぶん黒マジックでしょうね。たいへんやったような、そうでもないような・・・。これぞ「手作り大会」やないですか。

 先送りされてきたこの大会のプログラムを見てみると、「参加者7千人未満のフルマラソン大会で第5位の評価」らしい。すごいようなそうでもないような・・・。

 そうそうこのナンバーカード先送り方式は、私ら出店業者にとっては大きなマイナス要素となる。一番いいのは、受付が朝早く、スタートが遅い大会。時間を持て余したランナーがちょこちょことのぞきに来てくださる。
 ついでに言っときますと、大会のメイン種目が「ハーフ」の大会が一番よく売れる。10km以下はシューズやウェアをバンバン買われる方が少ない。またフルになると、心の余裕がなくなるのかゆっくり見ようという気にはなられないようだ。
 そういう意味で、今回から設定された「途中下車、33.551km」に期待したのだが、中途半端な割には長すぎるということで申込者は少なかった。

 私は中途半端なことが大好きなので、もちろんここに申し込み。「60歳以上男子」はたったの27名かー。
 おーっと、私が「同い年最強」と思っている北出さんもエントリーしてはるやん。これで私の予想順位がまた一つ下ってしまう・・・。

 それから、「33.551kmのゴール目標は2時間半切り」と書いたが、冷静に考えると今は無理。キロ4分28秒ペースって、うまいこといって15kmくらいまでが限界でしょうね。
 目標を下方修正します。
 奇跡的には、2時間半切り。(フル換算、3時間08分)
 現実的には、2時間40分切り。(フル換算、3時間21分)
 アクシデントがあれば、2時間50分切り。(フル換算、3時間33分)
 アップダウンのきついコースやし、暑くなったらこれも無理かも・・・。

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は昼前からずっと雨。そのためまったく走らず。
 最近、寮の管理代行の仕事のない日は必ず走っていたのにねえ。

 今日も、ヨメさんが晩ごはんのおかずを作って行ってくれた。チキンがでかいなあと思いつつ全部食べた。
 ヨメさんが夜10時すぎに帰ってきて、「チキンは残ってへんの―。」
 「えっ、あれ、2人分やったん?」
 「多かったやろなー。」 
 「うん、お腹パンパン。」
 「はー・・・(と深いため息)。」

 ヨメさんは「野菜ライス」みたいなんで食べていた。ごめん!

 走りもせんと、食べるもんは腹いっぱいなので体重増。
 最近63kg台が普通になってきている。
 危険!

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ずっと雨だったので、ヨメさんが帰って来てから短いお散歩。
 もちろん、○ンコ出るヒマはない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「明日はいっぱい行ったるから、今日はしんぼうしといてー。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

三宅愛子さんからのお手紙

三宅愛子さんからのお手紙

第34回小豆島オリーブマラソン・前日受付

第34回小豆島オリーブマラソン・前日受付

第25回みかた残酷マラソン・前日

第25回みかた残酷マラソン・前日

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.