パオパオだより

2017年04月14日(金)

アルパカ牧場対○○○○牧場 [雑感]

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

◎日経4月14日夕刊・瀬戸際の知恵(5)

   アルパカ 村に笑顔生む
          訪問客増え 生活に張り

 まだ1メートルを超える積雪が残る3月末、新潟県長岡市の旧山古志村にある牧場の畜舎で、20頭のアルパカが春の訪れを待っていた。

 2004年10月23日夕刻に発生した新潟県中越地震で、村民全員は村外避難を余儀なくされ、全域で避難指示が解除されるまで約2年半かかった。人口が減る中、復興の一助になればと、米国在住の日本人女性が3頭を寄贈し、09年春に村に到着した。活用を担ったのは元村職員の青木勝さん(67)だ。

 青木さんは「都会の長岡に移住するのではなく、山古志の自分の集落で暮らしたいという思いの村人の人生をより豊かにする」と考えた。愛くるしいアルパカで住民の笑顔をつくる。牧場の入場料は無料にした。

 たとえ100円でも有料だと「駐車場はないのか」「土産物はないのか」と文句が出るかもしれないが、無料ならば「アルパカに会えますか」と立ち寄る人の態度が異なると予想したためだ。思惑が的中したのか、気軽にアルパカを見に来られる観光スポットとして人気を集め、いまや休日には1日1千人超の客が牧場を訪れる。入場無料を聞きつけ、近隣の特養施設からもアルパカによる「癒やし」を求めて訪問が相次ぐ。

 アルパカが呼び水となって増えた村外からの訪問者は住民の生活に張り合いを与えた。変化は住民が設置する小規模の野菜販売所に表れた。以前なら「見た目が悪い」と敬遠されていた野菜だが、今では鮮度の良さを理由に購入する人が多いという。

 仲間3人と野菜や山菜を販売する女性(74)は「以前は自宅で食べるだけの野菜作りだったが、今では売るものだからなるべく良いものをつくろうと思う」とほほ笑む。

 青木さんは11年に役所を退職し、発足した「株式会社山越アルパカ村」の社長に就いた。アルパカはウシ目ラクダ科。牛を長年飼育してきた村の住民には飼育しやすい動物だ。牧場が開場する5〜11月、近くの住民5人が交代で清掃や餌やりを担当。1日1時間ほど働けば年末には1人10万円程度の収入になる。

 繁殖にも取り組み、今や60頭に増えた。各地の動物園などへの販売や長期間のリース、イベントでの貸し出しなど事業は牧場運営だけにとどまらないが、青木さんは「アルパカで地域の若者を3人くらい雇用するくらいの規模がいい」と話し、事業を拡大させるつもりはないという。

 最近、農林水産業では生産から加工、販売の一体化を組み合わせる「6次産業化」が注目されているが、青木さんは「その必要はない」と言い切る。「山古志で楽しく暮らしていける糧があればいい。暮らしの農業は0次」

 全村避難で一時、無人となった集落は無料で会えるアルパカによって長い歴史を刻んできた生活・文化を守りつつ、新たな魅力を創り始めた。

Globally involving trend everyone wish to have stuffs which unfortunately celebrities have got. A replica handbags together with breitling replica watch is a extremely popular trend accessory. But don't you get worried a lot of. There does exist most suitable option for you that is definitely get her replica hublot in addition to lower your expenses. You can find most of the factors associated with luxury watches with replica watches best sale. You can find a large number of 2017 replica lv damier azur this cater to practically woman associated with every taste. Because of typical to help trendy, because of modern day so that you can conventional, you can find different types of replica louis vuitton speedy which best meet your personality.

画像(320x182)・拡大画像(640x365)

------------------------------------------------------------------------------------

 今日は寮2(出町)24時間。

 ここは朝日新聞のほかに日本経済新聞も取っている。日経は株関係のページが半分くらいという印象。株持ってへん我々はどこ読んだらいいの状態。

 そんな日経だが、夕刊はまだおもしろい記事が多いと言える。
 「シリーズ・瀬戸際の知恵」もおもしろい。
 今日は、あの地震で大被害を受けた山古志村の知恵。

 そうかー、アルパカ牧場かー、やられたなー。

画像(320x213)・拡大画像(400x267)

 先日長崎の真柴先生宅を訪問させてもらった時、一番の話題は別所の将来のことだった。私のふるさと・花背別所町は、真柴先生にとっても社会人のスタートとなった地である。

 「こうじ君の学年はすごく多かったよね。」
 「はい、12人いました。僕らが最後の二けた学年です。そのあとは最高で7人です。真柴先生の1年目は、1年3人と2年7人の複式で、3年が僕らで12人でした。」
 「別所小学校はなくなってしまったけど、別所に小学生はいるんでしょ。」
 「それがね、うちの兄の孫と姉の孫と、あと一家庭だけなんですよ。みんなで3、4人やったと思います。」
 「えー、そんなに少なくなったの―。」
 「じいさんばあさんばっかりで、若い人がほとんどいませんから。」
 「この先、別所がにぎやかになることはもうないのかなあ・・・。」

画像(320x213)・拡大画像(400x267)

 私には夢がある。
 それは私の大好きなハイエナと遊べる「ハイエナ牧場」を別所に作ること。
 そんなことを思っているうちに、山古志村に「アルパカ牧場」を作られてしまった。新聞記事によると、けっこううまくいっているみたい。

 いろいろ調べてみると、アルパカは性格も穏やかで飼育しやすい動物のようだ。ハイエナはそうはいかんわな。「小さい子もいっしょに遊べる」、・・・無理やろな。

 山古志村のアルパカ牧場は販売もしていると書いてある。別所のじいさんばあさんらも牛を育てた経験のある人が多いので、山古志村からアルパカを仕入れて「別所アルパカ牧場」をするのもいいかも知れない。

 いやー、でも夢の「ハイエナ牧場」も捨てがたい。
 ハイエナ、ずっと見てても全然あきないんですよ。

 「東のアルパカ、西のハイエナ」、無理かなあ・・・。

画像(320x184)・拡大画像(640x368)

【追加】

 今日、真柴先生からメールをいただいた。
     ◇     ◇     ◇
 こんにちは。
 ぶじ走ることできましたか?
 子どもさんお元気でしたか。
 来てくれてありがとう。
     ◇     ◇     ◇
 シンプルやけどうれしいお言葉。
 すぐに返事。
     ◇     ◇     ◇
 こうじです。
 メールありがとうございます。
 マラソンは1位1位2位と3種目走り切りました。
 翌日娘が働くレストランにも行きました。
 また手紙書きます。
     ◇     ◇     ◇
 ショートメールなので、字数制限がありもどかしい。
 出会ったときは、大学出たての22歳の新採教師と小3のぼんず。でも、今はほとんど違和感のないのジジとババです。
 「来てくれてありがとう」の言葉は本当にうれしい。この先もお付き合いできれば・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月13日(木)

診察と散髪 [病院]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は診察。
 と言っても、甲状腺ではなく胆のう。去年の8月以来なので8か月ぶりということになる。次の甲状腺全摘手術の前に、もう一度胆のうの診察をしてもらったほうがいいだろうということで。

 鞍馬口医療センター外科S医師のもとへ。

 「その後いかかですか。」
 「食事に気を付けているせいか、あのあと一度も痛くなったことはありません。脂っこいもの、卵の黄身、マヨネーズなどは控えています。」
 「そうですか、でも安心はできませんよ。とりあえずは甲状腺の治療を優先してもらってということですが、胆のうに急激な痛みが出た場合は緊急手術になります。痛みが出て3日以内に手術してください。」
 「えっ、そうなんですか。あれから一度も痛くなってないので、そんなことにはならないと思うんですが・・・。それよりひとから聞いたんですが、胆石が砕けて下りてきたらとんでもない痛みらしいですね。そういうことにはならないんでしょうか。」
 「藤井さんの胆石は大きい一つの塊なので、砕けることは考えにくいです。上のほうに小さいのがあるんですが、それがぐるっと回って下りてくるというのも考えにくいですね。」
 「そうですか、胆のうの中に隙間もないくらいにでっかい石があるってことですね。」
 「そうです。でもこの先どうなるかは分かりませんので、食事はずっと気を付けていってください。」
 「はい。」

 診察と言ってもこれだけ。5分ほど。
 「ひとから聞いた」というのは、長崎の真柴先生のダンナさんから。
 「マラソン大会に参加中に、胆石が砕けて下りてきたらえらいことになりますね」と。
 ほんまそうやと思って質問したのだが、そういうことにはならないようだ。ちょっと安心。これで心置きなく月末の手術に臨める。

On the globe of fashion every one always need stuffs which celebs need. Your imitation handbags and replica tissot dressport ladies watch can be described as very well liked type device. Although now don't you fear a lot of. There's smartest choice for you that is get a replica mido watches together with save money. Yow will discover all the capabilities involving luxury wrist watches around replica oris artelier. There are actually a lot of best replica handbags that help almost any lovely women involving every personal taste. From classic to funky, because of modern day to help you standard, you can receive a variety of cheap replica luxury handbags which preferred meet your character.

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあと北大路ビブレへ。
 沖縄の「理容きゃん」さんにふられてしまったので、1080円散髪へ。
 けっこう混んでいて20分以上待たされた。

 2か月たっているのに伸びてませんねえ。切られる髪の量が少なくてさびしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは鴨川沿いを通って。
 私の桜の一番おすすめは、鴨川左岸御薗橋〜上賀茂橋。
 ここはトンネルのようになっている。道路標識が無粋ですね。桜の時期は全車両通行止めにすればいいのに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りに店によると、きくちゃんが失神状態。
 いやいや、ぐっすり寝ているだけのことでした。
 私の車にも気づかず、1mmも動かなかった。
 「轢かれるどー。」

 昼休みの時間に食材の買い物。御薗橋西のフレスコへ。
 ヨメさんが買い物をしている間、きくと散歩しとこうと思ったら、その目の前を堂本さんがスタスタ。5月2日の「萩往還250km」に向けての練習中だった。今日はここまで37kmほどで、まだまだ走られるとのこと。
 またいろいろお話させてもらったのだが、「今痛いところとかはない」とおっしゃっていたのが印象的だった。あれだけ練習されていたら、どこかに故障が出てくるもの。それがないというのは強い。
 また胃腸は強い方で、ウルトラの途中でもしっかり食べられるとおっしゃっていた。それも強みですね。

 こんな話をしているときも、私の手術のことを心配してくださっていた。
 そんなやさしい堂本さんなので、きっと完走できますよ。
 遠く京都から応援していますからねー。
 「しっかり!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に帰ってくつろいでいると、庭で何やらふにゃふにゃいう声。
 あらま、ネコちゃんがこっち見てますやん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 犬を飼っている家の庭で日向ぼっこをしている大胆なネコちゃん。
 と言うより、うちのきくがなめられとんのかー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 よう見たら、端っこにもう1ぴきおりますやん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 白黒ですね。
 2ひきは兄弟かな。

 このあともっといい写真を撮ろうとしたら、気付かれて逃げられてしまった。
 せっかくくつろいでいたのに悪いことをした。

 「うちはネコちゃん大歓迎やから、また来てねー。」

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走れるときは少しでも走る。
 散髪してきたので、頭もスッキリ。

 今日は十王堂橋往復5km。
 5分37、5分21、5分29、5分22、5分21で27分12秒。

 いつものように長代川沿いの土道をダウンジョグしていると・・・。
 「ありゃ、うちの庭にいたネコさんら・・・。」

 耕された田んぼに伏せておるがなー。
 オッサン、追い出したんとちゃうんやでー。写真が撮りたかっただけやし―。
 そんなことゆうても分かってもらえへんやろな。
 ほんまにすまんことした。
 でも明日になったら全部忘れて、また庭に来てくれるかもしれん。
 来てや、来てや。

-------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくの晩ごはんはずっと8時と決めていた。
 ところがヨメさんの学校が夜の部になったので、今は5時すぎ。
 今日はたまたま私がいるので、また8時くらいに戻した。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 おすわり→おて→おかわり→ふせ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そして、「ごろん!」

 高速すぎて写りません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これが正式な「ごろん!」の体制です。
 たいへんや。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年04月12日(水)

もらい泣き [わんこ・にゃんこ]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 昨日、もらい泣きした。
 正確には、もらい泣きのもらい泣きかな。

 毎日チェックさせていただいているfukikoさんのブログ「猫と過ごす、こんな一日」。
 主に捨て猫の里親探しの活動について書かれている。

 4月11日の「なんで・・・」という記事には、保護して入院中の長毛猫さんのことが書かれていた。

 その一部分を引用。

     ◇     ◇     ◇

 おまけ!

ボケボケの私、昨日、病院で長毛猫さんの話を聞いた後、

違う猫の薬代540円の支払いがあったんです。


ぼ〜っとしてて、100円を出して、お釣りを待っていました(笑)。


スタッフさん、困ったでしょうね。

「540円ですが」って。


はっと気づいて千円札を出したんだけど

その瞬間、なぜか涙がどっと出て・・・・


そしたら、スタッフさんも涙が出て・・・・


ふたりで泣いてました。


泣いてどうするねんね。

しかし、悔しい。

猫を飼うなら、最後まで一緒に過ごそうよ。

もし、どうしようもなくなれば、何とかしようよ・・・。

     ◇     ◇     ◇

 「なぜか涙がどっと出て・・・・」

 そんなこと、私も以前ありました。

 「スタッフさんも涙が出て・・・・」

 そんなこともありました。

 私は「何とかしようよ・・・」と行動に移されているfukikoさんとはちがい、ただ泣いているだけ。
 それでも、視覚障害ランナーの伴走を実現するのに5年かかったように、死ぬまでには捨て犬捨て猫のために何かはしたいと思っている。

 「泣いてどうするねんね」ですもんね。

※ 右のリンク集の一番下にfukikoさんのブログがあります。ぜひ、のぞいてみてください。

On the globe of trend each one like to have stuffs which unfortunately celebs get. A imitation handbags and additionally breitling replica watch can be described as extremely popular trend accessory. Although now don't you worry many. There is most suitable option for you that is get it's replica mido ocean star captain and lower your expenses. One can find many of the characteristics with luxury watches in best replica watches online. There are actually a lot of best replica handbags that cater to any type of woman associated with any sort of tastes. Because of timeless to help you classy, coming from modern so that you can traditional, you can aquire a variety of replica louis vuitton speedy this preferred fulfill ones identity.

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月11日(火)

一日おき [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

帰り道の高野川沿いの桜並木

 今日は寮2(出町)24時間からの朝帰り。

 日曜の夜に沖縄から帰り、月は24時間代行、今日は何もなく、水は17時間代行、木は通院、金は24時間代行、土は出張販売準備、日は「宍粟市さつきマラソン」となる。
 一日おき3日間の寮の管理代行を合わせて65時間。それに土日も「京都キャロット」の仕事がある。これで先週遊んだ分も、今週で取り返せていますね。

 たしか、消防士さんとかは一日おきの24時間勤務だったと思う。この勤務体制、一日働いたら次の丸一日が休みでいいと思ったら大まちがい。
 だいたい朝帰りって、何もする気が起こらない。ダラダラしているうちに気が付いたらもうお昼。お昼ご飯を食べたら眠くなって、また何もする気が起こらない。まあ午後に何か一つ用事をしたら、日が暮れてくるという状態かな。

 これではあかん。
 初めからこれだけはするということを決めておかないと、いつもこうなってしまう。ズルズルズルと過ごしてしまい、時間がもったいないことになってしまう。
 今日は雨ということもあって、やっぱりズルズルズルと・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんが夜の部の学校に行くようになって、晩ごはんはいつも一人。
 今日は、ヨメさんが鶏の唐揚げとサツマイモのおつゆを作って行ってくれた。あと、もやしとほうれん草の炒めと目玉焼きは自分で作った。
 こんな簡単なものでも、作るのに20分ほど。それが一人食べで、わずか10分くらい。わびしいねえ。

 夜ヨメさんが帰ってきて、「古い方のもやし食べたん?」
 「えー、あれ古かったん?」
 「見たら分かるやろなー。」
 「分かるはずないやん。」
 「あろた?」
 「えっ、もやしって洗わなあかんの?」
 「そんなことも知らんのかいな。」
 「そんなことも知りません。」

 今までやったとないことをやってるんやから、いろいろありますねー。
 「O-157は4日後くらいに出てくるんやでー。」
 「そうかいな。ということは、土曜日くらいにえらいことになるんか。」

 なーんの知識もないし、これからも失敗続きになるんやろなー。
 ヨメさんから見捨てられた時の、ジジイの一人暮らしの練習としてはよかったのかな。

If you ever at this point plan to say yes to the greatest an individual watch out for your own personal which unfortunately as well is possible around reasonably priced charge, it's going to everywhere if you happen to approve one of the replica breitling watches uk as your existing watch. Surely, Replica watches are of high quality craze coming and great deal involving varieties, nevertheless thinking ways to pay for best replica zenith watches? If you happen to do not know such a replica watch is usually, here's some of the short story: a replica cartier watches is usually a high quality watch built to be like an original new product watch. The main reason why the recognition involving replica mido dorada is usually enhancing is due to price. This is an simple and fast approach to acquiring the watch. You can find graphics for the replica lv shoulder bags that will you can try.

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 旅行中、「伊江島マラソン」のレース以外はまったく走れなかった。
 夕方、雨が小降りになったのでちょっとでも走ろうっと。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 長代川は工事中。 
 何も、桜の時期にせんでもいいと思うんですけど。

 東北部クリーンセンター往復5km。
 6分27、6分14、6分10、6分07、6分07で31分07秒。

 一つのレースが終わるとリセット。次のレースへの一歩を踏み出す。
 次は4月22日の「香住」33.551km。
 しばらくはスピード練習せんでもいいので気楽。

 楽しく走れたらいいんやけど・・・。
 33.551kmの「551」は「551のほーらい」から取ったんかなあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月10日(月)

ことちゃん [私の好きな人]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

私とことちゃん (小学校の運動会の時の仮装行列)

 「こうちゃん?」
 「えっ、ことちゃん。こんなとこで・・・。」

 神さん、いますね。いや、仏さんか。

 昨日の京都駅からの帰り、関空リムジンバスが少し早く着き、思っていたより1本早い地下鉄に乗れた。電車が到着した時、なぜか並んでいたところをずれて、一つ前の車両に乗り込んだ。
 座席はすぐに埋まり、仕方なく出入り口付近に立っていた。
 そこに、つかつかと近寄る女性あり。 
 ありゃ、なんか悪いことしたんか知らんと思った瞬間、・・・「こうちゃん?」

 ことちゃんは、私の小中時代の同級生。あっ、もちろん保育園も。
 幼なじみで会いたい人と言えば、もちろん「ことちゃん」。なんてったって、ことちゃんは私の初恋の人やから。

 ことちゃんはふだん車で行動しているのに、なぜか今日は地下鉄。それも滋賀県人やから、京都にそうしょっちゅう来ているわけではない。

 「奇遇ですなあ。」
 いや、やっぱり神さんか仏さんが私に使者を送ってくれてはんにゃわ。刺客の反対ね。なんちゅうにゃろ。(「刺客の反意語」で検索しても出てこんかった。)

 京都駅から鞍馬口駅までの10数分。いっぱいいっぱいしゃべったわ。また、どうしても病気の話になってしもたけど。

 ことちゃんのダンナさん、3年前に亡くならはったんやて。59歳の若さで。知らんかった。
 今は、胃がんや肺がんなどポピュラーな病気ではすぐには死なん。ことちゃんのダンナさんも、めずらしい病気やったみたい。
 「ボクもめずらしい病気やし、ヒビッてんねん。」

 ことちゃん自身も、ダンナさんの亡くなられた直後に入院手術。みんなみんな大変やわ。

 「ことちゃん、ボクのブログにな、初恋の人はことちゃんて書いてるし。もうかわいいてかわいいて。」
 「なんでやな。ゆうこちゃんのほうがかわいかったやろな。」
 「いやいや、もう絶対にことちゃん。うちのヨメさんにもゆうてあるし。前にことちゃんの写真見てな、『別所出身にしてはシューとしてはるやん』ゆうて感心しとったし。」
 「またー、うまいことゆうて。」
 「ほんまやて。」

 名残惜しい鞍馬口駅。
 ことちゃんは降り際に振り返り、「だいじょうぶやって」とにっこり。
 ほんまかなー、ほんまにだいじょうぶなんかなー。
 こんなにいいことばっかり続くと、かえってこわいわー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2017年04月09日(日)

「ふたりだけですね」「いえ、きくがいます」 [わんこ・にゃんこ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜7時半、国際会館駅前。
 バスを待っていると、ヨメさんから「いまから買い物に行くし、ついでに迎えにいきましょか」とメール。ありがたいお言葉。

 気温27度の沖縄帰りにとって、岩倉の寒さはきつい。
 やっと来てくれた―。きくちゃーん!

 きくはシッポブンブンブンで喜んでくれたが、すぐに「ああ、知らん人やったー」と耳ベッタンコになった。
 なんでやねんなんでやねん。
 きくちゃんきくちゃんゆうても、ますます固まっていく。
 毎度毎度ながら、よう忘れるやっちゃ。

 うちの子どもらのことをよく聞かれる。
 「上の男の子は結婚して兵庫県に住み、下の女の子は沖縄の大学を卒業してそのまま沖縄で働いてます」と言うと、「もうご夫婦ふたりだけなんですねえ」と言われる。「いえいえ、きくがいますけど・・・。」

 きくって、だれやねん?
 それはかわいいかわいい、ただの犬です。
 いや、ただではなくて時価3億円くらいの犬です。
 以上!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜のお散歩で、ちょっとだけ思い出してくれたかなあ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

あいあいファーム [グルメ情報]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「名護市役所」10時23分発の66番バス(本部半島左回り)で「第二湧川」下車。約25分、570円。今帰仁村と言っても名護よりなので、近いもんです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はお日様カンカン照り。
 昨日のマラソンがこんな天気でなくてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 バス通りから少し入ったところに、2010年廃校となった旧湧川小学校がある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2014年にその跡地を活用し、「農と食とものづくりのあいあいファーム」が誕生。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 元校舎はめちゃくちゃきれい。
 そら再利用せんともったいないわ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6月23日「沖縄慰霊の日」には、この緑のゲートをゴールする予定。
 「平和・憲法九条」ののぼり、引っかからへんか知らん。
 いやいや、それより夕食時間に間に合うように完走せえよちゅうことですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 一番興味があるのは「どうぶつの家」。

 高床式のヤギ小屋。
 人間が見下ろすんじゃなくて、ヤギが人間を見下ろしているところがおもしろい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ニワトリさんはタマゴをポンポン生んでいた。
 でも、暑そう。このあとの猛暑を乗り越えられるんかいと心配になった。

 イラストには馬っぽいのがかいてあったが見当たらん。
 世話が大変だと思うが、ぜひ飼ってほしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次に、「直売所&カフェ」へ。
 何か買いたかったけど、6月にしっかり走れたら買うことにしよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 学校の敷地は周りより一段高いところにある。
 これは絶対にすべり台を作らなあかんね。校庭わきの斜面を利用したら、簡単に何か所もできそう。それがあるだけで、十分遊べそうな気がしますが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、いよいよ本題のレストラン。
 入口を入ってモタモタしていると、「こちらへどうぞ」と真樹。予約席に案内された。やるなー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずはプチバイキングのほうのお野菜などを取りに。
 野菜はシャキシャキ、パンも食べられてすごくおいしかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の選んだメインメニューは「地釜豆腐と島豚のスキ煮」(980円)。
 せっかく沖縄に来たんだから、沖縄ぽいものを食べんとね。
 こちらもあっさりとしていておいしかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これはたぶん「季節のフレッシュジュース」。

 「花も食べられるし」と。
 真樹からのサービスであったような・・・。
 まあめちゃくちゃおいしかった。

 少しでも真樹が働いているところが見られてよかった。
 がんばりやー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りもバスで名護市役所まで戻り、そこで空港行きの高速バス111番に乗るつもりだった。しかし乗り継ぎの余裕がわずか5分。これは危険!
 真樹に相談したところ、「タクシーで行った方がいい」。この出費は痛いが、飛行機に乗り遅れると当日は25000円はかかる。
 世冨慶バス停までタクシー。伊佐川からトンネルで世冨慶に抜けられるので、思っていたより早く着いた。

 タクシーの運転手さんは67歳の地元今帰仁の方。呉我から山道を通って名護の学校に通われていたそうだ。親からバス代はもらっていたが、全部使ってしまって毎日遠い道を歩いて帰ったらしい。
 それと羽地内海は、台風の時でもほとんど波が立たない静かな海だと教えてもらった。6月に来るときは、ここで泳がなあかんね。楽しみじゃー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第36回9の日平和ラン

第36回9の日平和ラン

ごっつぁんです

ごっつぁんです

Say Shoeさん、ご来店

Say Shoeさん、ご来店

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.