パオパオだより

2010年02月07日(日)

嘉手納小学校学芸会 [沖縄・学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝、レンタカーで嘉手納小学校へ向かった。

 嘉手納小学校には、以前鳩間小中学校におられた古我知先生がおられる。古我知先生とは、2006年の鳩間小中の運動会の時と、2008年の「やまねこマラソン」(西表島)の時に少しだけお話させてもらった。
 当時、真樹が同じような小規模校で年配の先生に囲まれていたので、若くておもしろそうな古我知先生をうらやましそうに見ていたことを覚えている。
 嘉手納小学校の学芸会が、「とかしき島マラソン」の翌日という日程だったのでおじゃまさせていだたくことにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 【嘉手納小学校・学校概要より】

 嘉手納町は那覇から約20kmのところ(北)にあり、町全体の83%が東洋最大の米軍基地「嘉手納基地」でしめられ、狭い面積に多くの人が集中して生活しています。

 学級数23(特別支援学級2)
 在籍数705        (昨年度データ)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 古我知先生はおいそがしいだろうと思い、校舎正面玄関におられた女性の先生に名刺とお土産をことづけさせてもらった。
 「古我知先生は舞台係なので、すぐ分かるところにいると思います。お声をかけていただいたら・・・」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大きな講堂の壁にプログラムが掲示されていた。
 児童数から見ると各学年3〜4学級あるが、出し物は学年で1つ。1、3、5年が音楽、2、4、6年が劇である。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 舞台そでにおられる古我知先生をすぐ見つけることができた。
 しばらくして、こちらに向かって手を振っておられたが、まさか私に向かってではないと思っていた。しかし、学年出し物の入れ替わりの時に、わざわざ私のすわっているところまで来てくださってお礼を言ってくださった。

 「今日は、遠いところありがとうございます。」
 「ちょうど昨日に渡嘉敷島でマラソンがありまして、日程がうまく合ったんで見に来させてもらいました。」
 「この後はまた鳩間ですか?」
 「いえ、今回はちょっと余裕がなくて行けないんです。」
 「おひとりで?」
 「いや、ヨメさんとふたりで来たんですけど、今ヨメさん、ホテルでエステとかゆってました。」
 「そうなんですか・・・、ハハハ・・・」

 人なつっこそうな古我知先生の笑顔が見られて、本当によかった。これだけでも来た甲斐があった。

 

 一、(1年) 「はじめのあいさつ」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 二、(1年) 「レッツエンジョイ ダンシングタイム」 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 三、(2年) 「スイミー」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 四、(5年) 「未来へ残そう美しい宝物」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 五、(4年) 「浦島太郎」(英語劇)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 六、学校長あいさつ (久場明子校長)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 七、(3年)「ひびかせ! レッツミュージック」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 八、(6年)「ナビー小と蛇(ナビーグァーとジャー)」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 九、(6年)「おわりのあいさつ」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時に始まり、すべてが終わったのが11時40分ごろ。
 700人規模の小学校の学芸会としては、見事にコンパクトにまとめられていた。各学年3〜4クラスあるはずなのに、学年ごとの一体感・連帯感がすごく感じられた。お見事です。
 ただ、ちょっと立派すぎて・・・。

 私が沖縄の学校を見学させていただいたのは、鳩間小中(2006年6月、10月、2007年3月)、船浮小中(2006年10月、2007年3月、2008年2月)、平久保小(2008年2月)。三校とも、超小規模校だった。船浮小中では学習発表会も見せていただいた。

 そして縁あって、今回やや大きな規模の小学校の学芸会を見せてもらうことができた。
 1年から6年までどの学年もすばらしい発表で、非の打ちどころがないと言ってもいい内容であったと思う。途中で自分たちの決意のような発表もあったが、はきはきとした立派な誓いの言葉だった。

 でも、私は・・・。
 鳩間や船浮や平久保にあったほっこりするようなところ、「あそび」の部分とでも言うんでしょうか、それがほしかったなあと感じました。よい子ちゃんばかりが目立って、やんちゃな子や失敗してしまう子が見当たらなかった。
 確かに、この短い割り当て時間の中にピッシリはめ込むためには「あそび」の時間など無理。先生方のご苦労も容易に想像できます。
 ただの無責任な一旅行者の感想と聞き流してもらってけっこうですが、やっぱり私は小さな小さな学校が好き。そこで苦労苦心工夫して行われる運動会や学芸会が大好きです。

 今ある大規模な学校を小さくせよとは言いませんが、どうか「安易な学校統合」だけはやめていただきたい。
 そんなふうないろいろなことを、あらためて考えさせられる学芸会でした。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

学校近くのおうちの桜

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

嘉手納基地

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2010年02月06日(土)

第5回鯨海峡とかしき島一周マラソン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 廣司  3km申告タイムレース 13分52秒(誤差1分08秒)・入賞圏外
 眞寿美 5km女子40代・30分18秒・3位
 廣司  10km男子50代・44分14秒・3位

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年はなぜかモタモタし、フェリーの出港が大幅に遅れた。しかし、今年は去年以上に乗客数が多かったにもかかわらず定刻の9時に出港した。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 天気予報は、曇り時々雨。気温は一日中14℃くらい。去年が23℃だったので、それに比べると今年は寒い。
 
 渡嘉敷港に降りた時、去年よりだいぶ人が多いように思った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 選手受付のとなりで、とかしき島のヤングママグループがTシャツなどを販売されていた。
 そこにおられたおひとりおひとりの、お名前・出身地・渡嘉敷島暦が書かれたカードが提示されていた。そこで、出身地「京都」の方を発見。
 「岸本亜泉」さん。小さな男の子を連れて、Tシャツを販売されていた。「と・か・し・き・じ・ま」の文字を組み入れた文章が書かれたすてきなTシャツだ。
 彼女の渡嘉敷島暦は4年だそうだ。この島で京都の人に会えるとは思わなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年もこの販売コーナーあったのかな。
 去年は屋台テントも学校のグランドだったので、出店されていても気がつかなかったのかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年は定刻の10時10分くらいに渡嘉敷島に着いたので、スタートまで3時間もある。
 
 「すぐ近くにな、かわいいワンちゃんがつないであるとこがあんねん。見に行く?」
 「うん、行く。」

 スタート地点から300mくらいの、建設業者さんの土地らしきところに2ひきのワンちゃんがいる。去年、レース中に気がついて、次の日にわざわざ見に行った。
 あれからまる1年たっているのでちょっと心配だったが、いましたいました。甘えん坊のワンちゃんが2ひき。
 去年と同じく、エサおきっぱなしウンコたれ放題だったが、元気そうだった。よかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年は開会式もグランドだったのだが、今年はすべてが港の待合所。沖縄は1月から雨の日が多かったので、メイン会場をこちらに変更されたのかもしれない。
 ただ、エントリー数が844名ということで去年より大幅に増えている。この会場で準備体操までやるのはちょっときびしい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 招待選手の紹介もあった。
 去年ハーフを1時間30分でぶっちぎり優勝された小柄な川畑さくら選手。
 アテネパラリンピック金メダリストの高橋有市選手。
 などなど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後1時、最初の種目「ハーフの部」がスタート。
 すぐ山側に進むのではなく、いったん反対側で1kmほど距離をかせいでから島の南側(阿波連)に向かう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あとで分かったのだが、高橋有市選手の伴走は奥様の嘉子さん。金メダリストを伴走できる奥さんて・・・、すごい!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1時20分から、「3km申告タイムレース」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 参加者143名中100人くらいは子ども。この中で私のようなランパン姿は目立つ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私はついつい飛ばしてしまうくせがあるので、心を落ち着かせるために写真を撮りながら走ることにした。
 さっきのワンちゃんのところも撮ったが・・・、ピンボケ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1kmほどぐるっと回って再びスタート地点へ・・・、ピンボケ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートゲートの向こうに「5kmの部」のスタートを待つますみちゃん・・・、ピンボケセーフ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ゴールまであと700mくらいのところ・・・、ピンボケ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走っている途中、ちっちゃな女の子がずっと私の前を走っていた。どう見ても小学校低学年。
 「これくらいの子やったら、たぶんキロ5分くらいが精一杯やろう。こら、ええペースメーカーや。」
 そう思いながら、気持ちよく走っていた。

 ゴール後、すぐに出してもらえる記録証を見てガックリ。
 「えー、13分52秒。1分8秒も早すぎたー。」

 2年連続の「はよう走りすぎ」。
 でも、ここでゆっくり感慨にふけっているわけにはいかない。10分ほどあとに、「10kmの部」のスタート。急いで10km用のランシャツに着替え、スタート地点へ。

画像(176x144)

ゴール前校舎横通路 (ヨメさん撮影)

 スタート前、前年優勝の大内俊二さん(山口県)を見つけた。
 「大内さん、今年はしっかり練習してきましたし。去年は大内さんに2分も差をつけられましたけど、今年はもうちょっと迫れると思います。」
 「そうですか。私は今回は一度も10km40分が切れてないので、去年より遅くなってるかもしれません。」

 よっしゃー。去年の大内さんの優勝タイムが44分07秒。このコース44分台前半なら接戦に持ち込めるかも・・・。

 スタートから大内さんマーク。
 1km過ぎで、折り返してきたヨメさんに遭遇。今日は本気モードなので、カメラは持っていない(ヨメさんの写真撮れず)。

 2km地点あたり、きつい上りが始まるあたりまで大内さんにぴったり付いて行くことができた。上りが始まっても、そんなに大きな差は開かない。3〜4kmの平地(高台)で少し差が開いてしまったが、4〜5kmの急な下りでちょっと挽回。
 去年泊めていただいた阿波連の「シーフレンド」さんの前が中間点。21分32秒。去年にくらべれば、大内さんとの差はわずか。100m以内のように思えた。
 
 折り返して5〜6kmの急な上りも、自分なりにうまく切り替え。しかし、6から7kmの平地(高台)で明らかに差が広がっていった。7〜8kmの急な下りは、たぶん3分40秒くらいで飛ばせたはず。
 8〜10kmまでの平地では、大内さんが見えたり消えたり。ただ、その差が縮まる実感はまったくなかった。

 結果的に、往路の3〜4kmの高台、復路の6〜7kmの高台がネックだった。上ってから下る練習は何回もしたが、上りきってから平地(高台)を走る練習はまったくできていなかった。この切り替え(ギアチェンジ)が来年への課題です。

画像(176x144)

ゴール (ヨメさん撮影)

 ゴール前で待っていてくれたヨメさんが、ケイタイで写真を撮ってくれた。ありがとね。

 ゴールタイムは、44分14秒。
 去年の自分の記録をちょうど2分短縮。去年の優勝タイムにあと7秒まで迫る大健闘。
 ということは、今年の大内さんのゴールタイムは?
 大内さんをつかまえてお聞きすると、43分13秒。なんと、去年より1分ほど速い。こりゃ、追いつけんはず。
 「藤井さん、私の前に50代の方がもう一人おられましたよ。」
 「えー!」

 あとで調べると、沖縄県うるま市の名嘉真儀孝さん。記録は、41分00秒。こりゃ、話にならん。
 くっそー。来年の私の目標は、さらに3分縮めて41分。なんという高い目標か!

画像(176x144)

大内さんと (ヨメさん撮影)

 ずっとずーと目標にさせてもらっていた大内さんと、記念の写真を撮らせてもらった。けっきょく1分の差をつけられてしまったけれど、常に前を見て走り続けられ楽しかったです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3時半のフェリーで急いで帰る方も多かった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私らは、新鮮なお刺身を食べながら休けい。

 ヨメさんは、5km30分18秒。目標どおりのいい走り。
 しかし、40代女子の優勝タイムが28分09秒。これならちょっとがんばったら手の届く範囲。
 ますみちゃん、来年ちょっとがんばってみたら。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そのあとは、またワンちゃんをかまいに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんは、白いほうのワンちゃんが前に飼っていた「エリ」と似ていると言って泣きながらなでていた。

 私とヨメさんの二人で、ワンちゃんたちの大量のウンコのそうじもしてきた。これで少しは快適になったかも・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私らが帰ろうとしたとき、「ワワワワワーーーン」。
 これは人間の言葉に翻訳すると、「帰らんといてーーー」。

 また来るし、絶対また来るし。それまで元気でな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月05日(金)

獲らぬタヌキの優勝計画 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「とかしき島マラソン」3km申告タイムレースは、14分45秒から15分15秒をめざす。(15分ちょうどで申告してあるので。)
 これで6位以内入賞。

 10km50代の部は優勝者のみ表彰なので、めざすは優勝。去年の優勝タイム(大会記録)、44分07秒を更新する勢いで走る。
 計画は、以下のとおり。

画像(320x121)・拡大画像(640x243)

 こんな「獲らぬタヌキの皮算用」、大好きですねん。

 きくやあんも、廉や真樹がどこかで応援してくれていると思ってしっかり走ろう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月04日(木)

最終仕上げ [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日の夕方、沖縄へ。
 今日が実質練習最終日。
 昨日「江文峠越え」をいい感じで走れたので、今日は「宝ヶ池」。

 いつもどおり1.5kmを2周の3kmコースを2本。
 走り終わってクーリングダウンをしている時、「おぅ、こうじおっさん!走ってんの。」
 「いやー、恵藤さんやん。」
 「このごろな、ここ歩いてんねん。」
 「へー。そらええわ。」

 練習最終日にいい人に出会えた。恵藤さんは、私の上の姉のダンナさん。いつもいつも、私たち家族のことを気にかけてくださっている。心優しいお兄さんです。家は深泥池なので、ここまでウォーキングに来ているのだ。
 廉も、これから宝ヶ池で練習することが多くなるようだ。また、恵藤さんと会えますね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は家から走っては行かず車で。
 平日の午前だというのに、駐車場がいっぱいで15分待ち。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あー、なるほど。
 保育園のマラソン練習を、お母さん方がいっぱい見に来ていた。車じゃなくて、お母さんも走ってくればよかったのに。(って、ひとのことは言えませんが・・・。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1本目はペースを覚えるために、時計を見ながら。
 3km、15分3秒。
 これなら優勝なんやけどなあ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

花背峠の赤い鉄塔を撮ったつもりが写ってなかった

 2本目は時計を見ずに。
 3km、15分27秒。
 あかん、これでは入賞圏外。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今年の「とかしき島マラソン」3km申告タイムレースの入賞確率は30%、10km50代の部の優勝確率は20%、こんなもんでしょうか。

 しっかり走ってきます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

毎晩練習につきあってくれたきくちゃん

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月03日(水)

「まぶしい!」 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 本日、「江文峠越え10kmラン・9」。

 廉は高3なので、2月はほとんど学校に行かなくていいらしい。
 「廉、パオパオといっしよに走ってくれへんか。上りのタイムが全然縮まらへんね。」
 「やめときやめとき、オッサンと走っても遅すぎて練習にならへんで」とヨメさん。
 「いや、パオパオといっしょに走りたい」と廉。

 なんちゅーええ子じゃー。さすが、ヨメさんが一人の力で育てただけのことはある(?)。

 お昼3時過ぎ、いつもの鬼谷大橋手前へ。
 廉にはあらかじめ、1kmごとの設定タイムを言っておいた。平坦に近いところは4分10秒から4分20秒、上りは・・・、下りは・・・。

 スタート直後は横に並んで走っていたが、車が来て危ないので前に行ってもらった。私の前、5〜10mあたり。これは、走りやすい。
 今日の目標は、44分40秒。

 ? 4分15秒。     最終目標まで−5秒
 ? 8分40秒(4分24秒)。       −14秒
 ?13分22秒(4分41秒)。       −21秒
 ?19分13秒(5分50秒)。       −10秒
 ?23分14秒(4分00秒)。       達成(貯金20秒)       

 ?28分49秒(5分35秒)。       −35秒
 ?32分31秒(3分42秒)。       達成(貯金18秒)
 ?36分39秒(4分07秒)。       達成(貯金3秒)
 ?40分50秒(4分10秒)。       達成
 ?45分00秒(4分10秒)。       達成

 やっぱり上り区間は苦戦。しかし、全体では前回より45秒短縮。
 「パオパオ、下り速いやん」と廉にほめてもらった。うれし。

 最終目標44分までちょうど1分。でもはっきり言って、あと2日ではムリ!
 この最終局面でもがくより、今日の気持ちいい走りの余韻を残し、あと2日をゆっくりと休むほうがいいのかも。

 江文峠の1km先を折り返しまた江文峠に戻ってきた時、先を行く廉の前から西日がさしてきた。
 粉雪舞う中を安定したフォームで着実に進む廉を見て・・・。
 まったくぶれないきれいなフォーム。以前は傾いていたのに完全に修正されている。ひょろひょろが無理して走っている感じではなく、大学陸上部がトレーニングしているようなフンイキ。

 「あー、まぶしい!」

 それは、もちろん西日のことではありません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

--------------------------------------------------------------------------------

 今日、「国会前54日間連続フルマラソン」の中野勇人さんからメールをいただいた。
 中野さんのおたより「南の国から」に、私の「勝手に国労応援ラン」のことを紹介してくださった。

 2月に入って、私のブログのアクセス数はまた1日3000をこえている。そのうちの数人でもいいです。どうか、中野さんたちの運動を見てください(私のリンク集からどうぞ→)。
 そして、何かを感じられたら身近な人にそのことを話してみてください。

 私は、中野さんたち国労のみなさんの運動が、じわーじわーと広がっていくように応援したいです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月02日(火)

赤羽周平コーチはすごい! [マラソン評論]

画像(164x250)

 昨日の朝刊に、「大阪国際女子マラソン」に関する気になるコメントが載っていた。

 ■沢木啓祐・日本陸連専務理事の話
 後半に雨脚が強くなる過酷な条件の中、ベテランはベテランの味を出し、初マラソンの若手は次につながる走りをしたのではないか。
 赤羽は残念な結果になった。もっとコーチ力を磨かないといけない。

 直接聞いたわけではなく新聞の記事なので発言通りかどうかは定かでないが・・・、何が言いたいのかようわからん。特に、赤羽さんのくだりは、「失礼にもほどがある」と思う。
 沢木啓祐さんは66歳。彼が現役ランナーのころは、マラソンを走る女性もいなかったであろうし、出産を経て第一線で活躍しているアスリートもいなかったであろうし、ましてや自分の全生活をなげうって妻であるランナーを支える男性コーチもいなかったであろう。
 そんな彼に、ひと言だけ言いたい。

 「どうか、赤羽周平さんのブログを読んでください」 (私のリンク集からどうぞ→)

 2月1日付の記事「沢山のご声援ありがとうございました!」は、かなりの長文だが、冷静に赤羽有紀子選手とコーチである自分の分析がなされている。その内容もすばらしいのだが、それだけでなく文章がきれいでたいへん分かりやすい。いまだかつて、こんなふうに自己分析ができ、文章化して公開できたコーチがあっただろうか。

 私から沢木さんへのコメント。

 「沢木さんのコメントは残念な結果になった。もっと専務理事力を磨かないといけない。」
--------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「江文峠越え10kmラン・8」

 今、すごく迷っている。

 「仮想とかしき島マラソン10kmコース」として、江文峠越え往復を練習している。回を重ねるごとにタイムは縮まってはきているのだが、それはほとんど下りの部分。元々苦手な登りの部分が、なかなか思うようにタイム短縮できていない。
 レース当日は、去年もはいた「ゲルヌーサトライ(240g)」で出場しようと決めていたのだが、ここにきて不安になってきた。上り部分を縮めるには軽量シューズに頼るしかないか・・・。
 そんな気持ちで、おとといの「くみやまマラソン」は、「ミズノ・ウェーブスペーサー(170g)」で走ってみた。ほとんど平坦地で上り坂の練習にはならなかったのだが、やっぱり足の蹴りが軽快。タイムも、去年より45秒ほど縮められた。
 しかし、軽量シューズのなせる技・・・、かかとへの衝撃が強烈で、今もまだ痛い。とてもこの状態では、下りが攻められない。

 今日は、「サロマレーサーST(270g)」。
 ウェーブスペーサーとくらべると100gも重い。しかし、痛めているかかとを全然気にせず走れる。上りはやっぱり重い感じがするが、下りはガンガン攻めていってもだいじょうぶ。
 もうこの際、上りのタイム短縮はあきらめて、このサロマレーサーSTで私の得意な下りを攻めまくるという手もある。

 どこかのシューズメーカーが、走っている途中でクッション性とかを調節してくれるシューズを開発してくれたらいいのになあ。

 本番のシューズは、まだまだ迷います。(と言っても、あと4日!)

 さて、今日の目標は45分30秒。

 ? 4分24秒。     最終目標まで−14秒
 ? 8分48秒(4分24秒)。       −14秒
 ?13分36秒(4分47秒)。       −27秒
 ?19分32秒(5分56秒)。       −16秒
 ?23分51秒(4分18秒)。       −18秒

 ?29分20秒(5分28秒)。       −28秒
 ?33分10秒(3分49秒)。       達成(貯金11秒)
 ?37分20秒(4分10秒)。       達成
 ?41分32秒(4分12秒)。       −2秒
 ?45分45秒(4分12秒)。       −2秒

 このコースを走れるのも、あと1回か2回。上り区間(0〜4kmと5〜6km)を、せめてもうちょっと縮めたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

廉のいない誕生日

廉のいない誕生日

「まろ」〜シリーズご近所犬17〜

「まろ」〜シリーズご近所犬17〜

なじみの旅館

なじみの旅館

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.