パオパオだより

2010年02月15日(月)

松野明美さん [私の好きな人]

画像(215x320)・拡大画像(300x445)

 今日の「徹子の部屋」のゲストは松野明美さんだった。
 この番組を見ることはめったにないのだが、松野明美さんの話を聞いてみたかったので見ることにした。
 松野明美さんを知らない人のために、公式サイトよりプロフィールを。

■プロフィール

松野 明美 (まつの・あけみ)

 1968年、熊本県生まれ。
 駆け足が遅く、いじめられっ子でおとなしい性格だったが、小学校5年生のときに出場した町内陸上大会で優勝。1位でゴールしたときの両親の笑顔がうれしくて、マラソンに目覚め、「いちばんを目指す人生」が始まる。

 高校卒業後、ニコニコドーに入社し、陸上部に所属。
 1987年、全日本実業団対抗女子駅伝に初出場し、12人をごぼう抜きする。これにより一躍注目のランナーとなる。
 1988年、ソウル・オリンピック1万メートル競技に出場。人の2倍、3倍、それでもだめなら4倍の猛練習をし、数々の記録を残す。

 引退後、結婚し、2002年、長男・輝仁(きらと)が誕生。翌年、次男・健太郎がダウン症という障がいを持って生まれる。
 「明るく元気な松野明美」のイメージが崩れてはいけないと健太郎を一生隠そうと決心するが、日々の成長や笑顔が、著者の心を少しずつ変化させる。
 健太郎の子育てを通じて、「人生は人との競争じゃない、いちばんじゃなくてもいい」と気づかされる。
 現在は、自身のマラソンや子育ての経験をもとに、講演、タレント、ゲストランナーなど幅広く活動をする。

--------------------------------------------------------------------------------

 松野明美さんと言えば、現役ランナー時代、兵庫県の「但東シルクロードマラソン」にゲストランナーとして来られていた時にちょこっとお見かけした。そのときは今の姿からは想像もできないようなナイーブな少女だった。
 オリンピック女子マラソン代表選考の前の、「私を選んでください」会見。あれは強烈に印象に残っている。
 しかし、もっと強烈だったのは、現役引退直前、「走り方が分からなくなった」と言っておられたこと。「歩くことはできるんですけど、走ろうとしても足が前に出ないんです」とおっしゃっていた。
 何が原因なのかよくわからなかったが、「はー、オリンピックにまで出た人でも、こんなことになるんや」と衝撃を受けた。

 そんな彼女も結婚し、いまや二児の母。
 最初の子の出産には24時間もかかったそうだ。そして、次の年の出産は6時間。しかし、その子が障害を持って生まれてくる。

 私は障害のある子に関する知識がほとんどなく、ましてやダウン症についてはまったく知らない。だから、この件のコメントは控えます。
 ただ、今日の番組内で心に残った松野明美さんの言葉がありました。

 健太郎が生まれダウン症だとわかったとき、ある人から、「障害のある子は、親を選んで生まれてくる」と言われた。でも、「どうして私なんだ。どうして、ほかの親のところに生まれなかったんだ」と、子どもに向かって何百回と言いました。

 「何百回も・・・」と今言える松野明美さん。その松野さんの書かれた本も読みたい。

 「いちばんじゃなくて、いいんだね。」 著者:松野明美
  定価:1,400円(税込) 発行:株式会社アスコム 発売日:2月12日(金)

 ダウン症の息子と母の、笑って泣けて元気になれる、感動の物語。

 「人生は勝ってこそ意味がある。いちばん以外は、価値がない」という思いで松野明美は走ってきたが、息子がダウン症という障がいを持って生まれたことで「人生に負けた」と感じるようになる。
 「明るく元気な松野明美」のイメージが崩れてはいけないと息子を一生隠そうと決心するが、日々の成長や笑顔が、著者の心を少しずつ変化させる。
 息子の子育てを通じて、「人生は人との競争じゃない、いちばんじゃなくてもいい」と気づかされる。

--------------------------------------------------------------------------------

 来週には、ドキュメンタリー番組も放送される。これも、見よう。

 ●2月22日(月)19:00〜19:54
 「ドキュメンタリ宣言」(テレビ朝日系)

 健ちゃん ヨーイドン!
〜松野明美 ダウン症のわが子を抱いて〜


 元マラソンランナーでタレントの松野明美さん。
 テレビで見せる、底抜けの明るさ。その陰で誰にもいえない「秘密」がありました。
 次男の健太郎くん(6歳)ダウン症です。しかも、重い心臓病を患って生まれてきました。
 かつて、松野さんは最愛の息子の存在をひた隠しにしてきました。
「明るいイメージの私が崩れてしまうと。。。」

 他の園児に比べて体はひと回り小さく、言葉もまだ話せません。それでも、よく笑い、遊び、次第に成長していく健太郎くん。
 そんな健太郎くんの入園を機に、松野さんには一つの決意がありました。それは秋に開かれるマラソン大会に親子で出場すること。距離は数キロ程度ですが、体力が不足し歩くこともままならない健太郎くんにとっては、無謀とも思える挑戦です。

 マラソン大会へ向けて、親子で練習に取り組む日々。
 走り方さえ知らない健太郎くんのために松野さんが考えた、独自のトレーニング方法とは!?
 走る距離が徐々に延びて、喜び合う親子!しかし、そんな二人を新たな病魔が襲う…。
 ついに訪れるマラソン大会当日。幾多の試練を乗り越えてスタートラインに立った親子には、誰もが想像しなかった“奇跡”が待っていました。健太郎君が初めて言葉を口に!!

 番組では、マラソン大会までの8カ月に完全密着。生後間もない健太郎くんが、重度の心臓病と闘う当時の入院映像、松野さんの献身的な看護の映像も随所に織り交ぜていきます。
 果たして、マラソンを通じて伝えたい母のメッセージは、ダウン症の我が子へ届くのか!?

 「健ちゃん、ヨーイドン!」。
 ダウン症の息子と歩む、笑いと涙の日々です。


※今日の「徹子の部屋」では、松野明美さんが完全に主導権を握っていた。あの黒柳さんが入り込む余地がないくらい、松野明美さんのトークは炸裂していた。
 黒柳徹子さんも、あんなふうに「ふんふん」と聞き上手な司会もできるんや。新しい発見です。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月14日(日)

第24回京都市小学生大文字駅伝 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りくー、りくー、・・・」
 それからあとは何も言えない。
 名前を大きな声で呼ぶのが精一杯。「がんばれ」なんてとても言えない。

 私の姉の孫が、上賀茂小学校の7区のメンバーとして出場していた。
 ずっと小さいというイメージで見ていたのだが、今日のしっかりとした足取りを見てその考えが変わった。決して小さくもなく、ランニングフォームもきれいな立派な小6に育っていた。知らん間にね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はバレンタインデー。
 朝、ヨメさんと真樹からチョコをもらう。

 大文字駅伝のスタートが10時45分だったので、10時半に家を出た。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山大橋でヨメさんをおろし、車を北大路ビブレの駐車場へ。
 姉の孫「りく」が走る7区は、北山通りの植物園北口が中継所。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこへ行くまでに、3区の選手の応援。
 ちょうど、前に「京都キャロット・北山店」があったところ(現在、ブライダル関係の店になっています)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りく」の小学校(ナンバーカード「1」)も、いい位置をキープしている。

 中継所に向かう時、学ちゃん夫婦にあった。学ちゃんは、「りく」の叔父さんで私の甥。
 「こうじさん、社長が向こうで待ってはったし。」
 「ああ、ありがとう。」
 うちのヨメさんのことを、ちゃんと「社長」と呼ぶところはさすが。わかってらっしゃる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中継所には、うちの「社長」と私の兄夫婦。兄夫婦は、ビブレ北側の自宅から歩いてきたようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 7区を走る選手たち。
 ナンバーカードの若い順に整列していた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りく」を写真に撮ろうとしたら、ちょうどシューズひもをしめなおし。
 でも、中継直前にこういうことに気がつくのは落ち着いている証拠。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中継所での応援はは兄夫婦に任せ、私ら夫婦は鴨川へ。

 200mほど西に行くと、学ちゃん夫婦が待機してくれていた。
 「学ちゃんの奥さんて、カーリングのマリリンにも似てるやんなあ。」
 「うん? カーリング?」と言いながら、二人でほうきはきのポーズをしてくれていた。ええ夫婦です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私らは鴨川の北山大橋と北大路橋の中間あたりへ。
 これで、中継所が私の兄夫婦、序盤が学ちゃん夫婦、中盤が私ら夫婦、終盤に「りく」の両親と祖父が配置できたはず。磐石の応援態勢です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「いっぺん走ってみたい、白バイの後ろ」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちのヨメさんがゆってた。
 「自分の子が通り過ぎたら帰ってしまう人が多いけど、もったいないなあ。ひとりひとりを見ていたら、自然と応援したくなってしまうのになあ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「来たでー、ゼッケン1番。」
 ああ、前の選手と重なって写真が撮りにくい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「りくー、りくー、・・・」
 聞こえたかな。
 ちょっとは力になれたかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「フレンズー、・・・」

 うちの廉は6年前4区、真樹は3年前10区、「フレンズ(小規模校連合)」で出場させてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨川の飛び石を渡って対岸へ。
 こりゃ近道、便利!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 鴨さんの団体が・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんがちんすこうを持っていたので、鴨に向かって放り投げた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ビブレの貸会場では、「北区保育園絵画展」が催されていた。
 廉が3年真樹が1年お世話になった「上賀茂保育園」の子の絵も展示されていた。やっぱりよろしいなあ、この保育園は。ひとりひとりの個性を大事にしてくれてはる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夕方、11日ぶりに「江文峠越え10kmラン」。「りく」の力走に触発されたなあ。
 今日から来年の「とかしき島マラソン」に向けて再スタート。この1年でさらに3分縮めて、このコース42分をめざす。
 基準となる第1回目の今日は、56分04秒。もっとゆっくりでもよかったのに。
 1年であと14分短縮かー。ムチャな目標のようやけど、決してそんなことはない。
 「できる!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

真樹の同級生・あーちゃんにもらったチョコ

 夜7時から、地元「京都テレビ」で「大文字駅伝」の放送を家族みんなで見た。廉と真樹も出場経験者なので、いろいろと話がはずんだ。

 「りく」の小学校は15位だったようだ。
 フレンズは完走49チーム中、またもや最下位。(廉の年はめずらしく後ろから3番、真樹の年は最下位。それ以外の年もほとんど最下位。)

 うちの家族の意見をまとめると、「タイムの早い学校が出るのではなく、出たい子がみんな出られる大会に工夫して変えて行ってほしい」です。

 私が気になっているのは、養護学校(今は「特別支援学校」と言うんですね)が頭から除外されていること。あそこも同じ京都市小学校のはず。予選タイムで選考する今の方式では、あの子たちは未来永劫出場できない。
 この点を主催者サイドはどう思っておられるのでしょう。「特別支援学校」と言うからには、「大文字駅伝」出場に対する特別支援も行ってもらいたい。
 ぜひ、ご一考を。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2010年02月13日(土)

第80回大阪城天守閣マラソン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「大阪城天守閣マラソン」は、毎月第1土曜か第2土曜、大阪城公園噴水近くの時計台前9時半スタート。参加費は無料。幕田さんという方がおひとりで主催されている。

 この大会の一番いいところは、1.5km往復コースなので何回も参加者とすれちがうところ。すれちがうたびに軽くあいさつを交わすランナーが多い。
 今日は赤Tシャツでリュックを背負った男性ランナーが、すれちがうたびにあいさつをしてくださった。
 私が走り終わった後、お話させてもらおうと思ってしばらく待っていたのだがお会いできなかった。先に帰ってしまわれたのかもしれない。
 今日はこの方のお写真をトップに使わせてもらおうと決めていたので、一声かけたかったのだが・・・。(お写真、載せてもいいですよね。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家を出たのが7時45分。大阪城公園まで1時間半はかかると思っていたが、公園の駐車場に着いたのはちょうど9時。

 スタートまで少し時間があったので、ネコちゃん探し。
 すぐ近くにいました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここのネコちゃんは、そんなにあわてて逃げません。ちゃんと写真が撮れる距離でとまってくれる。うれし。
 スタート前にこんないいことがあると、気持ちよく走れるんですよねー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタート前の気温は5℃くらい。
 しかし、日が照っているので日なたは暖かい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 参加者は40人くらいかな。
 スタートは、「おもむろに」という感じ。

 100mほど進んだら、知らん間に先頭を走っていた。まあいいか。それほど無理しているわけでもないし。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初の1往復3kmは、13分57秒。しんどないとは言え、なんぼなんでもこりゃ速過ぎる。
 今日の目標は、ハーフ(21km)を楽に走る。楽に走って、なおかつキロ5分が切れたらなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

主催者である幕田裕行さん

 幕田さんはすごい。
 去年の12月は手のケガをされたのに、何とか予定通り第78回大会を行われたようだ。
 今日もまたいつものように、コースパトロールをかねて走っておられた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3往復目の途中まで先頭を走っていたが、7km手前でついに2人にぬかれてしまった。お二人ともハーフの予定だそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 何度も声をかけてくださった、赤Tシャツ背中リュックランナーさん。逆光でよくわからないですね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3往復目から先頭を元気に走っておられた白キャップランナー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2番手は、ちょっと厚着を後悔されていたランナー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

メリー・メス・5歳

 6往復目にかわいいワンちゃん発見!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が「写真撮らせてください」とお願いするワンちゃんは、たいてい後ずさり。ところが、このメリーちゃんは自分から近づいて来てくれた。

 「いやー、ぺろぺろしてくれんのー。」
 「メリーはだれでもひっついていきます。おとなしいでしょ。」

 メリーちゃんは紀州犬だそうだ。紀州犬は人なつっこいんかなあ。

 これで、最後の1往復も気持ちよく走りきることができた。
 2〜7往復の各3kmは、すべて14分20〜30秒。
 トータルで、1時間40分57秒。

 まあー、無理せずゆっくり走ったつもりがこのタイム。これからもこんな感じで走り続けられたらいいのになあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月12日(金)

バンクーバーオリンピック [時事]

画像(320x235)・拡大画像(640x470)

 新しいカテゴリーを追加しました。「時事」。

 世の中の動きには鈍感な私ですが、ことオリンピックに関しては例外。
 東京オリンピックが小3、メキシコが中1。この2つの大会で、すっかりオリンピックファンになってしまった。だから、私の生涯で一番残念だった事件は、「モスクワオリンピックボイコット」です。

 さて、明日からバンクーバーオリンピックが開幕。
 テレビでは、上村愛子選手のCMがくり返し流されている。このCMを見て、北京オリンピック前の野口みずき選手のCMを思い出したのは私だけでしょうか。
 野口選手はとても出場できる状態ではなかったのに、ぎりぎりまでそれを発表できなかった。なにがしかの「しがらみ」があったのは明らか。テレビCMをジャンジャン流すとろくなことがない。
 上村選手にもそんなに期待してあげないほうがいいような気がします。

 もう一人話題の人、スノーボードの國母選手。
 服装や態度が悪いと言うことで、選手団の記者会見出席見合わせ。そのあとの会見でも、質問に対して「ちっ!」と対応。
 そんなにおもしろくないのなら、無理してオリンピックなんか出んでもいいのにと思った。自分の出たい大会を選び、好きなように行動すればいいのに。
 自分ではそれなりにかっこいいと思っているのかも知れんけど、私から見れば「金持ちのアホボンのたわごと」にしか見えんわな。気の毒に。
 でも、出場するからにはメダル目指してがんばってね。その結果次第やね、君への評価は。


 さて、本題。
 ランナーのはしくれのみなさん。冬季オリンピックでは、フィギュアでもスピードスケートでもモーグルでもジャンプでもなくクロスカントリースキーを応援しましょう。見てたらけっこうおもしろいですよ。
 日本選手はほとんど話題にも上りませんが、ひょっとしたらひょっとするかも。
 私の期待の選手は・・・。 

画像(170x147)

 ◆恩田 祐一(おんだ・ゆういち)1980年6月24日、新潟・妙高市生まれ。29歳。近大出身。
 06年トリノ五輪代表(個人スプリント準々決勝敗退、26位)。
 09年3月W杯の個人スプリント(クラシカル)で日本距離男子最高に並ぶ4位入賞。
 180センチ、78キロ。

 ◎この選手は、以前「血液ドーピング」の疑いで話題になったことがある。血液中の赤血球が異常に多いので、何度も抜き打ち検査などをされたらしい。ところが、それは先天的な体質であることが証明された。距離競技をするために生まれてきたような選手である。

 私はちょうど恩田選手の正反対。
 20数年前、私が「びわ湖トライアスロン」を完走したとき、あるお医者さんが完走者の分析をされていた。完走者の最大酸素摂取量を表にして発表されていたのだが、一人だけ一般の平均値さえ下回っていた者がいた。
 「それは、私です。」
 でもきっと、私には恩田選手のように先天的な何かの力が備わっていたのでは・・・。
 という理由で応援しています。

画像(114x170)

 ■夏見 円(なつみ・まどか) 1978年7月2日、北海道・網走市生まれ。31歳。
8歳からクロスカントリースキーを始める。中学2年全国中学10位。高校2年インターハイ優勝。
 1997/1998シーズンワールドカップデビュー。
 2002ソルトレイクシティーオリンピック・スプリント16位。
 2006トリノオリンピック・チームスプリント8位。
 2007世界選手権札幌・スプリント5位。
 2007/2008ストックホルムワールドカップ・スプリント3位。ワールドカップ日本人初の表彰台へのぼる。
 <北海道から世界を目指すクロスカントリースキーヤー>
 170cm、58kg。

 ◎前に新聞記事でこの選手を知った時、美人でビックリ。ワールドカップ3位の実績もすごい。生映像で見たいけど、クロカンスキーは日本時間の夜中なんですよねー。
 (女子10kmフリー→16日深夜、男女スプリント→18日深夜、男女パシュート→21日早朝、団体スプリント→23日深夜、女子30kmリレー→28日早朝。)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月11日(木)

15年前、真樹が生まれて [家族]

画像(320x152)・拡大画像(640x305)

 来月、真樹が中学校を卒業する。
 卒業関連行事で使うので、生まれてから今までの写真を持ってきてほしいとのこと。これはうれしい依頼です。

 真樹とヨメさんは、いなかの家まで写真を探しに帰った。
 私は、真樹が3歳まで住んでいた京都キャロット通販事務所で写真探し。1996年、97年ころの写真がいっぱい出てきた。

 真樹が生まれた1994年、家族が4人になり、犬が1ぴき(エリちゃん)、猫8ひき(キャロちゃん、チョンちゃん、ルビコ、パティコ、ネーモちゃん、チビンタ、コメちゃん、あんも)。にぎやかだった。
 エリちゃんは2004年に、ネコちゃんたちもその前後に次々と亡くなり、今は20歳のあんもだけ。(2005年にきくちゃんが来ましたけど。)

 15年半前に生まれた真樹も、あと1ヶ月で中学校を卒業。もう、そんなに月日が流れたんですね。

 写真がいっぱいありすぎて、整理するのがたいへん。どうしても、一枚一枚じっくり見てしまいますから。

画像(320x121)・拡大画像(640x242)

※ なぜか、写真のスキャンがうまくできませんでした。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年02月10日(水)

とかしき島のTシャツ [沖縄]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 とかしき島のヤンママ・岸本亜泉さん制作のTシャツ(2500円)。
 写真は黒っぽく写ってしまいましたが、実際はこげ茶です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 文字の部分も白っぽく写っていますが、実際はピンクに近い色です。
 文もなかなか味がありますなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前には、とかしき島の象徴・くじらが。
 かわいいです。

 今日、「渡嘉敷島、岸本亜泉」で検索してみたら、彼女のブログに行き当たりました。

 「オカ〜ン時々★遊書人日記」

 今日の記事「京都繋がり」で、私たち夫婦のことも書いてくださっていました。
 ぜひ、見てください。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

高間悦子さんを取るか石井慧選手を取るか

高間悦子さんを取るか石井慧選手を取るか

京都走ろう会例会〜走って走って天国へ〜

京都走ろう会例会〜走って走って天国へ〜

ますみちゃんゴーゴー

ますみちゃんゴーゴー

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.