パオパオだより

2008年07月17日(木)

よんなぁよんなぁさん [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x481)

竹富町やまねこマラソンを応援する「クー」 (2008.2.9)

 私が勝手に「ブログの師匠」と呼んでいる人が二人いる。
 一人は「極私的鳩間日記」の羽根田治さん(鳩間島と千葉を行ったり来たり)。そして、もう一人が「クーの毎日」のよんなぁよんなぁさん(西表島在住)である。

 ブログにも何回か書いているのでくり返しになるが・・・。
 「よんなぁよんなぁ」とは、沖縄の言葉で「ゆっくりゆっくり」という意味らしい。
 今年の2月、「竹富町やまねこマラソン」に参加した時、初めてよんなぁよんなぁさんとその飼い犬クーに対面した。クーはブログの主人公なので、初対面なのにとても他人(他犬?)とは思えなかった。
 よんなぁよんなぁさんは、ブログのプロフィールでもほとんど紹介されておらず、私たち夫婦にとっては謎の人物だった。(男性か女性かさえ知らなかった。)

 「雑種飼ってる人に、悪い人はいない。」
 これは、うちの家訓(?)です。よんなあよんなぁさんも、確かにそうでした。それ以上のことは秘密にしておきます。知りたい人は、西表へGO! 

 「変わったがらの犬は、かえらしい。」1位きく、2位クー、これもまちがいない! クーを見たい人も、西表へGO!

7月の終わり、真樹と沖縄旅行をすることになった。真樹の一番の楽しみは「海」。わたしの一番は、もちろん「クー」様です。
 「クーの毎日」のファンはご存じでしょうが、そのクーちゃんが7月4日、5ひきの子犬を産みました。出産直後のブログ「クーの毎日」のアクセス数が、なんと! 200近く。今までは大体ひとけただったのに。(これはもとのアクセス数から見て、実質「ブログ炎上」状態です。)
 「クーの毎日」自体が毎日ではなく、月に2、3回のペースだった(0の月もあった)のに、今やほぼ毎日更新です。クーの母犬ぶりと、クーの子を育てるのに必死なよんなあよんなぁさんの様子が分かり、とても楽しいブログになっています。
 当初の予定を早めて西表に行くのは、クーちゃんの子犬が見たいから。(もらわれる前に見ておかなくては。)

 昨日、そのへんのことをよんなぁよんなぁさんに電話してみた。
 結果は・・・。衛星電話をかけているようでした。
 会話がうまくかみあわず・・・。いいんです、これで。
 「よんなぁよんなぁ(ゆっくりゆっくり)」で行きましょう。

(注)私のブログのリンク集に「クーの毎日」が入っています。子犬が見たい人は、今すぐクリック!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年07月16日(水)

ふたりの宵山 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は、祇園祭の宵山。
 廉も真樹も、それぞれ友だちと行くらしい。

 今日の午後には、二人とも個人懇談があった。水曜定休日だったので、両方ともヨメさんに行ってもらった。
 ふたりとも成績は少し下がっていたようだ。でも、今晩は宵山行き。そんなこと気にもせず、うきうきしていた。(廉は、女の子と行くらしい。)

 廉は、9月の陸上大会に向けて少し走り始めた。久しぶりに新しいシューズも与えてやった。 (マラソンソーティ・スーパーマジックスリム 26.0)
 トラック用におろしたのだが、アスファルトでもいい感触だったらしい。
 10000m、37分くらいで行ってくれんかなあ。

 真樹は、こないだの日曜日にうちに泊まりに来てくれたバスケ部仲良し6人組で行く。これがまた、かわいい子ばっかりで。
 「国際会館」駅まで送って行ったけど、ゆかたのかわいい女子軍団に目がくらみました。(写真撮らせてもらえばよかった。残念!)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年07月15日(火)

外峯陽子さん [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 つい最近の、私とヨメさんの会話。
 「ほれほれ、こうじさんの好きなランナーの・・・」
 「あーっと、松山健治さん?」
 「じゃなくてー、女の人で、ほらー。」
 「うーん、平田邦子さん!」
 「京都走ろう会じゃなくてー、京都ランナーズの・・・」
 「あーん、外峯さんかいな。」
 私が外峯さんを好きなのは、ヨメさん公認みたいです。

 この話をそのまま外峯さんにしたら、「私のこと、思い浮かばんかなあ。」とぼやいてはりました。(笑いながら)

 日曜ごとの出張販売が詰まっていたので、京都ランナーズの例会も一年に数回だけという年が続いていました。そして時々顔を出すたびに、新顔さんがおられました。外峯さんもその一人です。
 初めてお目にかかったときは、「ニコニコした、感じのいい人が入ってこられたんやなあ。」という印象でした。
 去年の7月のビァパーティで同じテーブルになり、それからちょこちょこしゃべらせてもらうようになりました。

 そして、今年のビァパーティ。同じテーブルにはなりませんでしたが、しやべりにきてくれはって、かなり内容の濃い話をしました。
 その話をブログに書こうと思っているのですが、かなり個人情報が含まれているので、ご本人の承諾を得てから公開します。

 (よって、今日はここまで。)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年07月14日(月)

京都ランナーズ・ビァパーティ [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

冨田会長の話を神妙に聞いておられる木村さん

 7月13日午前11時過ぎ。
 群馬・北軽井沢から京都まで。500km近くの運転は、ちゅらかった。ハーフを走った疲れもあり、途中で何回も寝そうになった。
 市原の家に着いたのは夕方6時過ぎ。車を置きタクシーをさがすが、なかなか来ない。やっとのことで平安会館に着いたのは、6時40分。北軽井沢から7時間半。遠かった。去年おんなじパターンで7時を過ぎたので、それに比べたら今年はちょっとだけまし。

 「さあ、遅れた分取り返すぞー。バリバリ食ったんねー。」と意気込んだとたん、「藤井さん、ひと言どうぞ。順番ですし。」って、それってイジメ? まあしゃーないか。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

私のテーブル

 「今年からブログを書いてます。(『見てます』の声とともに、4人ほど手が上がっていた。外峯さん、吉川さん、・・・後はどなたでしたっけ。)
 ランニングのことに関しては、それを見てください。

 一つだけ、ランニング以外の宣伝をさせてください。
 北京オリンピック柔道100kg超級日本代表の石井慧選手ですけど、私の小中の同級生の妹の子です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

会長のテーブル

  メディアは、井上康生に期待していた分、石井慧君には注目してないようです。石井慧君は、一本勝ちにこだわる井上康生の正反対で、ポイントを取ったら後は逃げまくる。その形で勝ち進んで来たので、けっこうバッシングがあるみたいです。でも、今の柔道はそこを割り切らないと勝てないと思います。
 私も後援会のツアーに便乗させてもらって、北京まで応援に行きます。8月15日が本番ですので、みなさんも応援してください。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

若手テーブル(?)

 話し終わって席に着くと、となりの木村さん(京都ランナーズ事務局長)が話しかけてこられた。
 「僕は体は小さいけど、中学高校と柔道やってたんですよ。『柔よく剛を制す』という言葉にあこがれてね。
 さっきの藤井さんの話やけど、石井選手にバッシングがあるのはおかしいね。今の国際柔道は、昔から続いている講道館柔道とは別のもの。ルールも変わってきてるんやから。頭を使って勝てる方法を考えるのは当たり前。何も恥ずべきことはない。」 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

白ヒゲ(塚本さん)と黒ヒゲ(原田さん)

 実際に柔道の経験がある人から、こうゆう意見を言ってもらえるとうれしいね。
 その後、冨田会長からも同じような意見を聞かせていただいた。
 一つおもしろかったこと。
 鈴木桂治と井上康生の対談が放映されており、それを冨田会長も私も見ていた。対談中、二人がけっこう石井慧君のことをボロカスに言っていた。それをまた、気にもしていないような石井慧君の様子もおかしかった。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

めざせ!サブスリー・増馬さん

 「そうそう、そうですよね。」木村さんや冨田さんと話していて、何度も相づちを打つ場面があった。。
 石井慧君の味方になってくれそうな人が見つかって、よかった。

 参加者全体では40歳前後の方が多く、あちこちで話が盛り上がっていた。
 私はそこからはちょっと外れてしまうが、ちょうどその人たちと年配組のつなぎのような役割ならできそうだ。

画像(180x135)・拡大画像(640x481)

私にとっては新顔の増山さん

 冨田会長は満遍なく会場をまわり、すべての人と話しこんでおられた。
 はっきり言って一くせも二くせもありそうなランナーの大所帯の会長さんは、たいへんやろなあ。(たぶん私は十くせくらいあります。)
 でも、若い元気な人も増えているように思う。適材適所でうまく働いてもらえたら、京都ランナーズの未来も明るいのでは。
 私も「縁の下の力なし」ですが、協力していきます。 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

京都ランナーズ三美人か? 増山さん・外峯さん・松田さん

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年07月13日(日)

第24回北軽井沢マラソン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x481)

給水係として働いておられた石田春美さん

 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

石田観光農園に着いたのは夜8時半

 今回も、トップの写真で迷った。
 「石田観光農園の春美さん」、「多歩(たぼ)ちゃん」、「ベギーバギーランナー」、「和田峠力餅のご主人」、 どなたもヴィジュアル系(?)・・・。
 迷いに迷ったあげく、やはり長い長いお付き合いの「石田観光農園の春美さん」に決定!
 前日に急に電話して、無理に泊めてもらったこと。初めて話らしい話をさせてもらったこともうれしかった。  

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

多くのランニングショップが出店

 北軽井沢マラソンは、7月のマラソン大会が珍しかった頃、やっと見つけ、許可をもらって売らせてもらった大会だ。今から15年以上前。もちろん、「京都キャロット」の独占販売だった。
 しかし、この大会にも別の業者が次々と参入し、結局、うちが弾き飛ばされた形になってしまった。
 去年から撤退したのだが、マラソン大会にだけは参加している。それにはそれなりのわけがある。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

スタートゴールゲート

 大きな理由は、3つかな。
 ?「石田観光農園」さんの、新鮮な野菜。(宿泊させていただくようになってから、もう何年たつのだろう。野菜のおいしさには、びっくり。)
 ?変化に富んだマラソンコース。(坂あり、長い直線あり、大平原あり、木立あり、土の道あり、・・・)
 ?「和田峠の力餅」と感じのいいご主人。(忘れられない味、忘れられない人。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

多歩(たぼ)ちゃん、メス、17歳

 会場に受付に行く前、まず「お米のつちや」さんに寄った。去年多歩ちゃんに会えなくて心配だったが、店の横に・・・、いました! 歳はとっているけど、まだまだ元気そう。何と言っても、このおだやかな表情。大好き!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

浅間山をバックに

 今日は、「スカイセンサーブリーズ」を再度試す日。
 先週の「フワフワ感」が、シューズから来るものなのか、ソックスからなのか。今日は、ソックスは普通に戻してシューズの感覚をしっかり感じ取る。

 目標タイムは、去年並みの1時間52分前後で。
 気温は、たぶん今までの最高。日陰に入るとすずしいが、ひなたはとんでもない暑さ。無理せず、ゆっくり行こう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 ハーフだけで1900人ということだったので、前に並べるか心配だったがすんなりと行けた。
 スタート直後は、快調。最初の1kmは、5分を切っていた。
 4kmすぎから、ここ北軽井沢らしい広葉樹林の木立の中を走る。気持ちいーい。
 適度なアップダウンもあり、真夏の大会にありがちなしんどさがましなような気がする。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 7km付近は、真っすぐな道が続く。太陽をさえぎる街路樹もない。このあたり、太陽ガンガン照り。
 「普通倒れるよなー」と思いながらまわりをキョロキョロ見回すと、トウモロコシ畑、キャベツ畑、それに牛さん。けっこう、あきません。
 確か去年は、ランスカのかっこいい女性ランナーがたくさんいたよなー。でも、今年はランナーが混みごみでようわからん。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 帰りにもう一度、広葉樹林の木立の中へ。
 走っている途中、急に目の前が薄暗く・・・。いかん! これは貧血? と思ったら、太陽が雲に隠れただけでした。 そんなに飛ばしてもいないし、貧血で倒れるわけないか。
 そういえば、3800人も走っているのに、救急車の出動がない。めずらし。変化に富んだコースがいいのかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ナンバーカード「7」、山本光亮さん(埼玉県)

 後1kmちょっとかなという所で、ベビーバギーを押して走るランナーに追いつく。
 「すいませーん。もし追い抜けたら、写真撮らしてもらっていいですか。」
 「はい、どうぞ。」
 「去年もバギー押して走っておられましたよね。」
 「はい、途中からですけど。」
 「お子さんがアイスキャンデーにぎってたの、よくおぼえてます。」
 「そうですか。」
 「ブログに載せて、いいですか。」
 「はい。」
 「京都キャロットで検索していただいたら、すぐ出てきますし。」

 この後、ゴールまでの1kmの気持ちよかったこと。何でか分からんけど、すごくすがすがしい気分でゴールできた。
 ゴールタイムは、1時間58分40秒くらい。去年よりだいぶ遅いけど、まあええやん。
 さあ、ベビーバギーランナーのゴール写真撮ろうと振り返ると、もうゴールしてはるやん。途中全然気つかんかったけど、私の真後ろにビタッとついてはったん? 恐るべし!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ゴール手前雑貨屋さんの手彫り人形

 ゴール後、多歩ちゃんのご主人が走路員をされていた地点へ。そこは「お米のつちや」さんのすぐ前だが、ぐるっと回るコースのかげんで、まだ残り5kmもある。
 立っておられた役員さんにお聞きすると、土屋さんは帰られたらしい。でも、その代り、その方と少しお話することができた。
 今年はだいぶ人数が多かったという話をふると、「もう、限界を超えている」とのこと。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 募集定員3200人に対し、それをはるかに上回る応募があり3800人までは受け入れたが、後の方の500人ほどはお断りした。
 このマラソンは、長野原町の北軽井沢地区だけで運営しているので、これ以上増やすといろんなところに支障が出てくる。駐車場、トイレ、給水所要員、走路員、などなど。役員さんも、連日の動員でたいへんだったようだ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「お米のつちや」さんに行くと、ご主人がお店におられた。
 「来年もまた、多歩ちゃんに会いにきます。」と言ったら、すごく喜んでくださった。
 スタート前、奥様ともお話させてもらった。「5年前に小学生だった娘と来て、多歩ちゃん見せてもらいました。」と言うと、おぼえておられた。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「うちの前飼ってた犬も16歳で死んじゃったしね・・・、15,16くらいが危ないのによく長生きしてますよね。」
 「ええ、人間で言ったら90歳以上でしょう。もう私が呼んでる声も、あまり聞こえてないみたい。でも、ゆっくりしか歩けないけど、散歩は今も大好きですよ。」
 初めて多歩ちゃんのお名前を聞いた時、「いつまでもたくさんたくさん歩けるように」という願いを込めてこう名付けたとおっしゃっていた。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 多歩ちゃん、ちゃんと期待にこたえてるね。
 とても90歳のおばあちゃんには見えない。けっこう、ころころしてるし。
 「多歩見てたらね、誰かの生まれ変わりかなって思うことあるんですよ。目で、何かを訴えているような気がしてね。」奥様が、しみじみとそう言われた。
 きっと多歩ちゃんは、土屋さんご夫婦の守り神やね。まだまだ、長生きしてもらわなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ウェーブちゃん、メス、3歳(甲斐犬)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 駐車場に戻る時、すごい「はーはー」犬に出会った。
 こげこげー、足短かー。
 さわらせてもらったけど、すごく愛想もよかった。
 てっきり男の子やと思ってたら、年頃の女の子でした。ごめんね。
 また来年、会えたらいいね。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 さて、これから京都ヘ一直線。
 来るのに6時間かかったから、帰りは昼ごはんの時間も考えて7時間か。
 京都ランナーズのビァパーティが、夕方6時から。去年も同じパターンやったけど、7時過ぎてしもたもんな。なんせ、500km近くの距離運転して帰るんやから。無理せず、安全運転、安全運転。きれいな景色でも見ながら、ねっ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

中山道・和田峠「力餅」屋さん

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 やっと着きました。和田峠の餅屋さん。
 「北軽井沢マラソン」には直接関係はないが、これが一番の楽しみだ。
 店に入ると、いきなり、「珍しい京都ナンバーが来たね。」と言われた。毎年必ず寄っているので、よくおぼえてもらっている。今年は珍しく、奥様も手伝いに来ておられた。けっこういそがしいのかな。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「商売なしなのに、よく遠くまで来るね。どうして?」と聞かれた時、柏原芳恵の「春なのに」を思い出した。
 ♪ 「君の話は何だったの」と聞かれるまでは、言う気でした 「記念にください、ボタンをひとつ」 青い空に捨てます ♪
 私はそんなナイーブでもないので、「こちらのお餅を買って帰るのが楽しみで・・・」と言うと、「残ってたかなあ。」って、そりゃないぞ。

 なんとかかき集めてもらって、8個入り2箱は確保できた。でも、いつもは5箱くらい買って帰っているのに。
 この塩味のきいたお餅は、あんこが苦手な真樹も、おいしいと言って食べる。
 今まで使っていた箱屋さんがつぶれたらしく、ちょっと味気ないプラスチックの容器になってしまったが、味は健在。
 何年か前に脳溢血で倒れたご主人も、今は前と変わらないくらい元気。
 「来年は、5箱取っといてくださいって電話します。」
 大盛りのおそばをいただいて、お店を出た。

 「石田観光農園さん」、「多歩ちゃん」、「和田峠の力餅のご主人」、これで3つも約束したからね。来年も、来るぞー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あっ、肝心なこと忘れてました。
 「スカイセンサーブリーズ」のはきごこち。
 やはり、かなりフワフワした感じ。これは、各自の好き嫌いで評価が分かれそう。私は好きです。
 とにかく軽い。これも評価が分かれそう。今日のハーフでは、全く問題なし。ただ、これがフル、ウルトラになるとどうか。これは、走ってみないと分かりません。

 7月26,27日に、京都ランナーズの合宿が滋賀県の希望ヶ丘である。市原の家から希望ヶ丘までが、ちょうどフルマラソンの距離くらい。荷物を誰かに預けさせてもらって、走っていこうと思っている。その時に、スカイセンサーブリーズを試してみよう。(また、ご報告します。) 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年07月12日(土)

洛北中野球部、悲運のボールデッド [学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 中学総体の夏季大会が始まった。
 私が見たかったのは、洛中野球部の試合。初戦は今日の9時プレイボール、場所も地元岩倉東グランド(洛中の南隣り)だった。
 直接は関係ないが、真樹の同級生は野球部の子が多い。それも、クラスの中心になれそうな子が多いようだ。(4月1日のブログに書いたN・K君もその一人である。)

 9時ちょっと前に会場に着いたが、ウロウロしているうちに試合は始まっていた。
 最初は落ち着いて見ていたが、見ているうち次第に胸がドキドキし出して来た。洛中の子がバッターボックスにいる時は、とにかくバットに当ててくれ、守備についている時は、後ろにだけはそらすなと祈る思いで見ていた。

 私の母校花背第一中学校は昨年閉校してしまったが、私たちの在校中はぎりぎり野球ができるだけの人数がいた。(もう、40年近くも前のことです。)
 当時のチームは、ピッチャーで4番の藤井富雄君のワンマンチームと言っても過言ではない。富雄君は、京都一、球の速いピッチャーだった。(太田幸司擁する青森・三沢高校みたいなチームでした。これ、分かる人には分かる。)
 そしてその富雄君をバックアップすべきナインは・・・。私は、9番目ぎりぎりのレギュラーだったが、大事なところでエラーをし、何度エースをがっかりさせたか分からない。打つ方は守備に比べるとましだったが、それでも何べんも三振してベンチに帰った思い出が多い。

 プロ野球や高校野球は冷静に見られるのに、中学野球は私の過去とオーバーラップして足元がフワフワする。「とにかくバットに当ててくれ」、「後ろにだけはそらすな」。一人落ち着いて見たかったので、あえて洛中ベンチとは反対側の一塁ベース後方から観戦した。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 試合の結果は・・・。

桃山中 0・0・0・2・0・2・0  ?  
洛北中 1・1・1・0・0・0・0  ?

 惜しくも洛北中は初戦敗退。
 しかし、この試合にもいくつかのドラマがあった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 洛中の先発は背番号「1」のI・Y君(真樹のクラスメイト)ではなく、3年生のようだった。3年生にとっては、これが最後の大事な大会。
 その背番号「7」君は、球を低めに集め冷静な投球だった。打線の方もコツコツと、1点ずつではあるが着実に点差を広げていった。
 しかし4回の表、桃山中の攻撃。ヒットやフォアボールで満塁。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 そこから、内野手のハンブルと押し出しのフォアボールで2点献上。(選手の名誉のための注意書き→内野手はきっちりボールを胸に当て前にはじき、ピッチャーは低めに球を集めることを徹底していた。)
 なお続く満塁のピンチ。ここでエラーか連続押し出しで点を取られ、同点に追いつかれたら、そのままずるずると・・・。しかし、ここは見事にふんばった。ベンチからの声援もすごかった。見ごたえのある場面だった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 そして、運命の4回裏、洛中の攻撃。 
 先頭打者が1塁に出、次の左バッターのきれいに振りぬいた打球は、桃山中ライトの頭上をはるかに越え点々と・・・。バッターランナーも悠々とホームに戻ってきた。歓喜の洛中ベンチ。「これで、勝った!」とだれもが思ったはず。
 しかし、ライトオーバーの打球は勢いがあり、はるかかなたのフェンス前のサッカーゴールにまで到達。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 ボールはサッカーゴールの枠にはさまり、「ボールデッド」。ランナーは規則どおり、2塁3塁に戻された。

 悲運。
 喜び過ぎただけに、そのギャップも大きすぎた。
 「この回、もし1点も取れへんかったら、洛中は危ない。」私は心の中でそう思った。
 
 ホームランが取り消しになったとはいえ、ノーアウト2,3塁。最も点が取りやすい場面ではある。
 しかし、やはり中学生。ついさっきのギャップをはね返すことができず、三振、浅いライトフライ、キャッチャーフライでチェンジ。
 これで流れが変わってしまった。

 6回表の桃山中の攻撃も見事だった。
 しかし、この試合のポイントは、残念ながら4回裏の「ボールデッド」だった。3年生最後の試合としては、非常に酷な結末だった。ただただ、「悲運」としか言いようがない。

 洛中野球部は、本当にいいチームだ。初めから終わりまで、途切れることなく元気な声が出ていた。みんなの心が一つになっているように感じられた。みんな楽しそうないい顔してた。
 (相手チームのベンチのネット裏あたりにいたのたが、1年生らしき野球部員が先生らしき人に怒られていた。「おまえら、応援する気あるんかー」やって。ついこないだまでかわいらしい小学生やったのに、そんな無茶言ったらダメ! 具体的に「こんな時は、こう声をかけよう」と言ったらな。ちょっとかわいそうやった。)

 負けてはしまったが、こんないい試合を見せてくれた洛中ナインに感謝したい。(もちろん、桃山中ナインにも。)
 「みんな、かっこよかったぞ!」


画像(320x240)・拡大画像(640x480)

(注)必ずしも文と写真が一致していません。写真説明も、あえてしませんでした。ただ、N・K君、I・Y君はどこかに写っています。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

アンパンマンミュージアム神戸

アンパンマンミュージアム神戸

今日もブルックスMAZAMA

今日もブルックスMAZAMA

第107回勝手に国労応援ラン

第107回勝手に国労応援ラン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.