パオパオだより

2020年03月30日(月)

店じまい終了 [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」が京都産業大学の正門の近くに引越してから13年。
 13年前は店長45歳、私51歳、廉15歳、真樹12歳、きく2歳。
 ほえー、そんなたったんや。

 借りていたお店を出ることになり、きれいさっぱりと片付けなくてはならなくなった。最盛期に比べると、すでに商品の量は10分の1くらいに減っていた。ただし、商品以外の物がいっぱいいっぱい。

 先日から知り合いの方に助けてもらって、大物は処分できたのだが、まだまだ処分するものが残っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あとは倉庫に置いていた家庭ごみやから、クリーンセンターに持ち込もう。」

 いなかに帰り、父の形見ともいえる軽トラを借りてきた。
 1回目に重そうなものばかりを積んでいくと、200kgを超え4000円。それでも積んでいったものは全部処分できた。

画像(259x194)

 2回目は「あかんと言われるかもしれんけど、持っていくだけ持って行ってみよう。」

 結果、全滅の出戻り。

 「しょうがないし、いなかの家に持って帰ろう。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 重いものもあったので、橋を渡って家の真ん前まで。
 荷物を降ろして、兄の家に軽トラを返しに行こうとすると、草で滑ってタイヤ空回り。
 「この軽トラ、おじいさんが乗ってたやつやから4WDのはず。切り替えスイッチって、どこやったかいなー。」
 ところがなんぼ探しても見つからない。

 兄の家まで走って行って聞いてみると、「シフトレバーの頭についている赤いスイッチ」とのこと。
 戻ってみたら、すぐに分かった。
 4WDに切り替えたら、楽勝。滑る草の上もスイスイ。

 父がこの車を買って間もない時のことを思い出した。
 ある冬の日、街に出て帰ろうとした父が「車が雪で滑って峠を上がれん」と言ってきた。ここでなぜか「ますみ救助隊」が出動。
 父もやっぱり、4WD切り替えスイッチが分からなかっただけだった。それでも、ヨメさんは「私がおじいさんを助けてきた」と自慢していた。
 いい思い出です。

 これで3月最終日に1日の余裕をもって、店じまい終了。
 13年間(通算32年間)、ご苦労様でした。

 さて、次はなにをしましょうかねえ。

  

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日も坂を元気に駆け下りるきく。
 下りは強い。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=4890

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

地に堕ちた京都市教育委員会

地に堕ちた京都市教育委員会

釘ささりラン

釘ささりラン

宇治川マラソン休止

宇治川マラソン休止

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.