パオパオだより

2020年03月12日(木)

タチウオ♪ほしいも♪etc. [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「うわっ、うわっ」とヨメさん。
 「いっぱい、いっぱい・・・。」

 今日朝早く、東京のひこちゃんからの荷物が届いた。3月7日、下山さんの「かつしかハーフ」の伴走の前日にひこちゃんちでタチウオをいただく予定だった。それがなくなったため、タチウオをうちに送ってくださることになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 冷蔵便で届いたのでタチウオだけだと思っていたら、いろいろいろいろ。その中でも、ほしいもには「お誕生日おめでとうございます」のコメント入り。
 「私がほしいも好きなん、何で分かったんかなあ。前に京都に来はった時にゆったんかなあ」と不思議がっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 まずはほしいもをいただいた。
 そして、きくちゃんにもちょっと。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 きくは「うんまい、うんまい」と言って食べていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お昼にはマーボー丼と生姜焼き丼。
 これも冷凍のタチウオといっしょに送っていただいたもの。
 お昼にぴったり。おいしかったー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 晩ごはんに、タチウオ。
 ダンナさんが釣ってこられたタチウオを、味噌漬けにして冷蔵で送ってきてくださった。味噌の味がきついともひとつかなあと思っていたが、絶妙の味のしみ具合でおいしかった。

 ひこちゃん、「かっこいい」ダンナさん(仏さまから昇格)、どうもありがとうございます。
 またお願いしますね。

 

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は雲一つない青空。家の中より外の方が暖かい。
 こんな時は走りに行かねば。

 午後4時すぎ、スタート。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 東北部クリーンセンターの峠には上がらず、川島織物前を通って十三石橋へ。ここで3.2km。いつもは左折するのだが、右折して雲ケ畑方面へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中崖崩れがあった個所をなおす工事中だった。
 道幅が広くなるといい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大岩前で5km、30分04秒。

 向かいのガトーレールの支柱の上に石を置き、その上にカメラを置いて自撮り。
 カメラが川に落ちてしまわへんかと心配だった。

 ここで折り返して下り。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りの十三石橋で9℃。
 ひんやりとしてきたが、無風なので寒くはない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りも川島織物の横の平坦な道で。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 自宅到着10km、58分17秒(28分11秒)。

 ぎっくり腰は、もうだいじょうぶみたい。
 5月3日の「ユリカモメ70km」めざして、しっかり練習するぞー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2020年03月11日(水)

柱をかじって生きる [時事]

画像(211x320)・拡大画像(339x512)

半杭一成さんが肌身離さず持ち歩いている、根本が深く削れた牛舎の柱の写真

◎京都新聞3月11日朝刊

   東日本大震災9年 福島・南相馬
             「置き去りの牛は柱を食べた」

 福島県南相馬市の元牧場主 半杭一成さん(70)には、東京電力福島第1原発事故後に肌身離さず持ち歩くようになった写真がある。根元が深く削れた、牛舎の柱を写した1枚。避難に伴い、牧場に置き去りにした乳牛が空腹に耐えかね、食べようとかみついた跡だ。「自分への戒め」と悔やむ半杭さんは、牛舎を保存し、訪れる人に無念さを語り継いでいる。


 原発の北西20キロ、牧場は同市の山裾にあった。東日本大震災から9年の節目を前にした10日、半杭さんは牧場跡地に隣接する自宅で「9年は早かった。でも、今も『牛には悪かったな』って思うんだ」とつぶやいた。

 原子炉建屋の水素爆発を受け、避難を決めたのは2011年3月16日。牧場に震災被害はなかったため、当初は深刻に考えておらず「1週間で戻るつもりだった」。

 乳牛は餌を多く与えると乳が張り、すぐ乳房炎になる。「腹をすかせるより、乳が痛くなる方がかわいそうだ」と餌は増やさなかった。近所に迷惑はかけまいと、40頭の牛は牛舎につないだまま離れた。

 しかし、原発の状況は好転せず、楽観的な見通しは1週間もしないうちに消える。「その後は『牛はどうしただろうか』とばかり考えていた」

 初めて帰ったのは1カ月後の4月20日。牛がどんな状況になったか、もう想像できていた。「牛たちに合わせる顔がない」と早朝、真っ暗なうちに自宅へ。かすかな鳴き声が漏れ聞こえる牛舎の扉は開けられなかった。罪深さから荷物だけ取り、逃げるように避難先に戻った。

 全頭を失った半杭さんが、牛舎を支える何本もの角柱の異変に気付いたのは、埋葬のために牛を動かした8月だ。つながれた牛の口でも届いた下側だけ、全ての角が取れ、細くえぐられていた。意味はすぐ悟った。

 60歳を超えた身で、数千万円の再建は用意できず、半杭さんは牧場を閉じた。代わりに建てたのが「無念」と刻んだ慰霊碑だ。「経済動物だけど家族でもあった。私が死んでも碑は事故の被害を伝えてくれる」と話す。

 原発事故が動物にもたらした被害を知ってもらいたいと、4年前に自宅へ帰還したのを契機につらい体験を語り始めた。「牛飼いだから命の大切さを知っていたのに。その自分が餓死させてしまった」。自身と牛の無念を通じ、事故への憤りを伝えていく覚悟だ。
----------------------------------------------------------------------------------

 「人間の飢え」もつらいが、「動物の飢え」はもっとつらい。
 この記事を読み、乳牛たちが柱をかじっている場面を想像したら体が固まってしまった。「それはないやろ!」

 昨日、人間の死についてヨメさんと小さな論争になった。
 「最後の晩餐がどうのこうのと言ってる人がいたし、そんなもんないって言っといた。人間の死は、たいていが即死か枯れ死やし。うまいもん食うて、そのあとすぐ死んだ人なんか見たことないわ。」
 「今はそんなことないねんで」とヨメさんは言う。
 「そらそういう取り組みをしてはる病院もあるって聞いたことあるけど、極々一部の話やろ。」
 「そんなことないって。」

 私の祖母は52年前、枯れるようにして死んだ。
 私の母は28年前、枯れるようにして死んだ。
 私の父は一月半前、枯れるようにして死んだ。
 私が臨終の場に立ち会ったのはこの三人だけだが(父は間に合わなかった)、三人ともうまいものを食べ終えて死んだわけではなかった。

 食べ物の味がわかるうちにおいしいものを食べ、そのあと次第に意識が遠のいて死ねたら、そら幸せやろう。でも、それはぜいたくすぎる。

 仕方なく置き去りにされ、柱をかじっていた乳牛のことを考えると泣けてくる。
 「飢え死にはつらすぎる!」

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日の大家志津香】

 父からのLINE。

 なぜか。

画像(320x98)・拡大画像(640x196)

     ◇     ◇     ◇ 

 かわいいおとうさんやねー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年03月10日(火)

まちねこ活動 [わんこ・にゃんこ]

画像(267x320)・拡大画像(534x640)
画像(225x320)・拡大画像(450x640)
画像(226x320)・拡大画像(452x640)
画像(225x320)・拡大画像(450x640)

 今日は24時間バイトからの朝帰り。それにぎっくり腰にもなり、一日おとなしくしておこうと思っていた。

 ところが、ヨメさんからの緊急指令。
 「町内の猫ちゃんを役所に連れて行って」と。公の施設で避妊手術を予約してあったのだが、連れていく予定だった方の都合が悪くなり、急きょ私にその役が回ってきた。
 ここらでは、左京区役所の3階。「医療衛生コーナー」というところへ連れて行く。

 なぜか、洗濯かごに紙のバッグでフタをされた猫ちゃん。その上からまたタオルがかけてあるので、どんな猫ちゃんか分からない。

 左京区役所に着き、担当の方に連絡し、猫ちゃん一時保管場所へ。
 そこで担当の方にゲージを受けてもらい、私が上の洗濯カゴから「猫落とし」。これがたいへんやった。猫ちゃん必死でしがみつく。私はゆさゆさと揺さぶる。なんか、これが長い長い時間に感じられた。
 ついにストンと落ちた猫ちゃん。
 まあ、なんてかわいらしい。これから麻酔をかけられて、お腹を切られると思うと不憫になった。

 ヨメさんからは黒茶と聞いていたが、黒はどこにもない。ほぼ白で、わずかに茶や灰が入ってる。
 「これ、三毛猫やん!」
 性別不明で書類を書いたが、メスですね。

 うちの町内で「まちねこ」として生きていくために、みんなつらいけど手術を受けてもらいましょう。
 そしたら、町内で大きな顔していられるからね。しんぼうしてね。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 雨の中、きくの朝散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家のすぐ前に公園があると、雨が降っていてもピュッと行けていい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「シー・・・。」

 失礼しました。

---------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 あんまり腰が痛いので、お昼ごはんの後ロキソニン服用。
 
 「そうろっとやったら、走れるかなあ。」

 夕方、町内1kmコースを3周。21分もかかったけど、走れただけでもよかった。

 明日は17時間バイト。
 ずっとイスに座ってんと、チョロチョロ動かなあかんねえ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年03月09日(月)

コロナマラソンしてほしい [時事]

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

◎村松葡萄園 2月27日 (facebook)

【この冬最後の大会開催します】2月29日(土曜日) 10:30〜
⭐️長さ3m深さ30cmの溝を何本掘れるか?⭐️

体幹トレーニング(大腿二頭筋、大臀筋、広背筋、大胸筋、上腕二頭筋、腹筋、外腹斜筋、等)一度に鍛えられます。コロナ騒ぎの憂さを晴らせます(昼食にトンカツ付き)
腕試し希望の方、お待ちしています😎
----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x320)・拡大画像(640x640)

◎木村克己 3月8日 (facebook)

【何を基準にして生きるか!】
今日は雨天。
新型肺炎による社会活動の停滞ムード。
さあ、あなたはどう生きるか?
走る人もいれば、やらない人もいる。
どちらが正解かなんてものは決まってない。
その人の価値基準だけ。
過去の常識は、
未来の常識はずれ!!
今日は、小学生、高校生の子達も家族皆でハーフマラソンにチャレンジ。
それが出来たのは、休校で部活も休みになったことと、両親が一緒にチャレンジをすすめてくれたお陰。
高校生の野球児は、前を走る父親の背中を見て、「すげ〜なぁ」と呟いた。
彼らが走れたのは、両親の価値基準。
こんな時に走るなんて、と思う人もいるかもしれないが、
私は彼に
「素敵なご両親でラッキーやな」
と言うと、ニコッと笑った。
こんな時だからこそ、こんな企画をやれて、皆さんのチャレンジの後押しが出来て良かったな。
そして、こんな時にも駆けつけてくれる素敵な有志達と賛同してくれる素晴らしいコミュニティと参加者がいる。
素晴らしい世界はある。
素敵な人達は沢山いる。
世の中は素晴らしいよ✨
--------------------------------------------------------------------------------

画像(160x320)・拡大画像(320x640)

◎UTMFよお前もか(^_^;) (タカッチさんのブログ「マラソンにはまった!!!」3月3日)

3月に入り季節は春めいて来ましたが、コロナの影響はガンガン来てますね。

東京マラソンと名古屋は、一般参加無しですし、UTMFと阿蘇も開催が危ぶまれてます。

UTMFは、3月16日に可否を決定だそうで、開催するにしてもサポート無し、応援無し、エイド食の提供は未定、マッサージやテーピングサービスも無いそうです。
こんなんで170km近く走れるのかな???

20Lぐらいのザックに食料を詰め込んで走れば行けそうですが、エイドもサポートも無しじゃ楽しみが無いですよね。

阿蘇は、今のところ詳しいアナウンスは出てませんけど、開催間際に感染状況が悪くなると中止も充分あり得ると思います。

もし阿蘇でエイド提供物無し、サポート禁止って事になりますと、何をモチベーションにゴールを目指すのか???

って感じになりますよね。

やっぱこういうチャレンジは自分一人じゃつまらない。

誰かに自慢する為に走ってると思うんです。

家族や友達に凄いねって言ってもらいたいから走ってるんですよ。

全くの一人だけで無人島を160km走ったってなんも面白くないですからね。

その為に、身を削り苦しい練習を自分に課してやっとこさ完走する。

オリンピックだって同じです。

無人島で一人で9秒台で走ったって誰も喜んでくれませんわ。

世界中に放映される檜舞台で走るからこそ価値がある。

・・・・脱線しました(^^;

で、阿蘇がそうなれば・・・・要は無観客のような状況ですね。

走るモチベーションは無くなるでしょうね。

100km超のレースってそんな簡単に走れるものではありませんし、心技体が揃ってこそ完走できるんです。

すでに飛行機も宿もレンタカーも全て予約しています。

中止なら1ヶ月前までに発表お願いいたします。

コロナは、風邪の一種だと聞きます。

だとしたら、暖かくなれば自然に終息するような気がしています。

あくまでも風邪なんで、そんなそんな大騒ぎする必要も無いような・・・・(^^;
---------------------------------------------------------------------------------

※3つの記事を勝手に拝借させていただきました。


 今の話題は「コロナばっかり、コロナばっかり・・・。」

 もう、あきたなあ。

 村松さんの「この冬最後の大会開催します」にはまいったなあ。マラソン大会やと思ったら、葡萄園の溝堀り大会やないですか。それに対してすぐに応募があるところが、またほほえましかった。ええ企画やと思います。

 キムカツコーチの「マラソン大会中止の当事者ランナー応援企画」もよかった。なんと、「一般の方でマラソン大会中止になった方 1000円(応援価格)」。半額セールでした。走れるだけでもうれしいのに、半額とは。これはうれしい。

 タカッチさんのは泣ける。
「やっぱこういうチャレンジは自分一人じゃつまらない。
誰かに自慢する為に走ってると思うんです。
家族や友達に凄いねって言ってもらいたいから走ってるんですよ。」

 私のように何のとりえもない人間でも、マラソンならそこそこ走れる。ちょっとだけ自慢できたりもする。
 そんな人間からマラソン大会を取り上げたらあかんわ。今まで、マラソンで人生の平衡がギリギリ保たれていたと言っても過言ではないのに。
 そんなお仲間、いっぱいいますよね。

 いっそのこと、この騒動を逆手にとって「コロナマラソン」開催はどうでしょう。
 えーっと、「ヒンシュクマラソン」でもいいと思います。

 一般の方にとってこの時期にマラソン大会を開くことは「ヒンシュク」かもしれない。でも、私にとって「マラソン大会」は生き甲斐の多くの部分を占めている。
 マラソンに出られんようになって、生き甲斐がなくなって死んでしまう人はおらんかなあ。まあまあ心配。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年03月08日(日)

第126回9の日平和ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は3月8日。
 明日は廉彩の結婚記念日。

 じゃなくて、明日は月曜だがまた24時間バイト。「9の日平和ラン」ができなーい。
 19日、29日もどうなるか分からないので、1日前倒しの「平和ラン」へ。
 今日は本当なら、「かつしかハーフ」で下山さんの伴走をしていたところなのに。ひこちゃんといっしょにね。コロナのせいでなくなってしもたわ、あー残念。

 午後5時前スタート。
 久しぶりに「ランナーズ9の会」のランシャツを着たのだが、体がぬくもるまでは上着を着て。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 どこへ行くか迷ったときは、圓通寺裏の道へ。今日は急坂ではなく、S字カーブを下りて行く。遠くに小さく京都タワーが見える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 深泥池に出て、そこから北山通りへ。
 体が温まってきたので、ジャンバーを脱いで腰に巻く。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北山通りをまっすぐ東へ。
 日曜日だというのに、人影見えず。コロナのせいかな。
 これではアピールランもあがったり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 喫茶「レトロビーバー」の前あたりで5km。
 ここから家まで5kmほどなので、うまくいけば「9.99km」が狙える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 松ヶ崎橋を左折して北上。
 花園橋手前で6.5kmくらい。たしか、ここから家まで3.4kmほど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 宝が池通に入ると、あとは慣れた道。
 やはりスタミナ不足で、キロ6分半ペースでこの程度の距離でもしんどくなってきた。これではあかんねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 我が家到着。
 9.96km、1時間04分46秒。(最初の0.5km、約3分はGPSが捕捉できていなかった。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また町内をダウンジョグしていると、三毛猫ちゃんが屋根の上を走っていた。早う手術せなー。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 やっぱり8日に「9の日平和ラン」はへんやね。
 来月は、4月9日にしっかり走りましょう。

 そのころには、コロナ騒動もおさまっているかなあ。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2020年03月07日(土)

新コース開発ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スピード磨きからウルトラのスタミナ養成へ。180度転換です。
 正直に言って、今まで真剣にウルトラの練習をしたことがないんです。長時間走るのは苦手。ほんなら、どんな練習するん?
 私と同レベルと思われるネコ4さんや田中さんに、教えを乞いたいなあ。

 でも、そんなこともゆってられん。
 今考えられることは、「飽きない走り込み用コース」をいくつか開発しておくこと。飽き性の私でも長く走り続けられそうなコースを探さなくては。

 今日は午後3時過ぎにスタート。
 近くで信号を気にせず走れるところで一番に思いつくのは宝が池公園。今日はコンクリトラックを超えて「いこいの森」前まで。長めのウォーミングアップとして約3.3km、20分。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「いこいの森」前から宝が池を回って帰ってくると2.5kmなので、反対側で2.5kmのコースが取れたら5kmになる。新コース開発のため、反対側(東側)へスタート。

 「こどもの楽園」の駐車場は満杯。
 コロナウイルスの影響もあって、行けるところが限られているんでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ぐるっと回ってコンクリトラックに戻る手前で1km。 
 ここは裏通りなので、車も通らず走りやすい。ここをランニングコースにされている方もあるようで、2人走っている方に出くわした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 地下鉄・国際会館駅の正面入り口前通って南下。
 いつものまっすぐな道を通ってコンクリトラックへ。
 ここの下り階段でこけないように注意。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 写真ではよく分からないが、子連れ家族がいっぱい来られていた。
 みなさんのじゃまにならないように端をまわって「いこいの森」へ。

 約2.4km、15分。
 途中時計を止めてしまったときがあったので、もう一度同じコースへ。

 もう一回走っても、やっぱり2.4km、15分だった。あと100m、どっかで調節できんもんかなあ。
 やっぱり1周5kmのコースが取れんと、走り込みは無理。と言っても、私の限界は4周20kmくらいまでかなあ。ああ、軟弱。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りはちがう道を通って。
 家まで3.45kmくらいだったので、また町内を走って4.5km、32分。

 これで、3.3+2.4+2.4+4.5で12.6km。
 たったこれだけでフラフラな私。これでウルトラ挑戦はおこがましい。
 せめて20km超を平気で走れるようにならなければ。
 ぼちぼちがんばろう。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日は夜から「力の湯」へ。
 ヨメさんが会員になっていて、誕生月の割引券があり、それに私も便乗させてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 お風呂の前に腹ごしらえ。
 隣接の「じねんと食堂」で定食(1280円+税)。ほんとうはバイキング形式だったらしいが、コロナ騒動でこれに変わったらしい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 でもいろいろな種類のものが少しずつ出て、私らにはちょうどいい量でおいしくいただきました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 食べたあと、おふろへ。
 よくあったまって、体の調子がよくなった感じ。

 家からもうちょい近かったら、文句なしなんですけどね。

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜から夫婦でお出かけだったので、ちょっと早めのお散歩と勉ごはん。
 歩きにくい石畳を上手に歩く。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時半過ぎに帰ってくると、いつもは寝ることのない居間で、ビロビロになって眠りこけていた。
 誰もいないほうがリラックスして、いいのかしら。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

佐渡山豊in琵琶湖ライブ 〜変わりゆく時代の中で〜(11/3)・続き

佐渡山豊in琵琶湖ライブ 〜変わりゆく時代の中で〜(11/3)・続き

第42回勝手に国労応援ラン

第42回勝手に国労応援ラン

急に走らせてはならない

急に走らせてはならない

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.