パオパオだより

2018年08月27日(月)

第104回勝手に国労応援ラン [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8月もあと5日。
 今週は火曜と木曜がバイト。走れる日は、月水金の3日しかない。
 「9の日平和ランもしてないし、勝手に国労応援ランもしてないし・・・。」
 今日は、国労とは何の関係もないが「自転車返却ラン」。

 昨日の「京都丹波トライアスロン」で真樹が使った自転車を北大路駅近くの「Bike labo」さんまで。返したあと家まで走って帰って、それを「勝手に国労応援ラン」にしよう。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

---------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月26日(日)

第4回京都丹波トライアスロン〜初心者にはお勧めできない〜 [ランニング]

画像(320x227)・拡大画像(431x306)

---「京都丹波トライアスロン in 南丹」は日本一初心者にやさしいトライアスロン大会。初めての大会参加にもピッタリです。---

 このキャッチに誘われ、沖縄に住む真樹も呼び寄せ父娘で参加させてもらいましたが、ひどい目にあいました。
 私はマラソン大会にはのべ1000回ほど参加しているので、トライアスロン大会も同じようなものと思っていたのがまちがいでした。

 去年30年ぶりほどでトライアスロンに出させてもらいました。そして、今年は復活2年目。マラソン界が30年で大発展したのに比べ、トライアスロン界は30年間停滞していますね。

 「今日の朝4時半に競技内容が最終決定」ということだったので、いなかの家を出発するちょっと前の6時10分ごろにパソコンで確認。
     ◇     ◇     ◇
■本日の競技内容の変更について(お知らせ)

本日、4時30分から開始した実施検討委員会の結果を報告いたします。
スタンダードとスーパースプリントおよびスーパースプリントリレーについては、大堰川の状態を総合的に判断して選手の安全が確保できないため、スイム競技を第一ランに変更しデュアスロンとして競技を実施します。
スタート時刻と位置については、会場にてスタッフが連絡誘導いたしますので、指示にしたがってください。
     ◇     ◇     ◇
 「昨日ゆってはったように、スイムが第1ラン2kmになるのか」という理解。スタート時刻については、多少の変動はあるかもしれないが、基本大きな変更はないのだろうと思って家を出た。これが最終のお知らせだと思っていたので。

 そして、会場に到着し自転車を預けに行ったのが7時45分。私たちのスタート予定時刻の8時35分まで、まだ50分ある。
 ところが、自転車預かりの担当役員さんが「スタートまであと5分しかない。なにをゆっくりしてるんや!」と。
 「えっ、8時35分スタートじゃないんですか。」
 「変更になってる。スーパースプリントは、7時52分スタート。」
     ◇     ◇     ◇
■本日の競技内容の変更についてA(お知らせ)

6時30分から開始した第2回実施検討委員会の結果を報告いたします。
結論を保留していた全国高等学校選手権およびスプリントについて、大堰川の状態を総合的に判断して選手の安全が確保できないため、スイム競技を第一ランに変更しデュアスロンとして競技を実施します。
スタート時刻と位置については、会場にてスタッフが連絡誘導いたしますので、指示にしたがってください。

デュアスロンスタート時刻は下記からご確認ください。
スタート時刻

デュアスロンスタート位置は下記からご確認ください。
スタート位置
     ◇     ◇     ◇
 この6時半過ぎのお知らせで、スーパースプリントのスタート時刻が繰り上げられることが発表されていた。でも6時半過ぎって、会場に向かって運転中のときですやん。

 43分も繰り上げてのスタート。それが当日のスタートの1時間ちょっと前に発表。マラソン大会ではとても考えられない対応。

 スタート前5分からあわてて着替え、ゼッケンをゼッケンベルトに着けている途中にスタートの合図。真樹は何とか準備できたが、私は記録用アンクルベルトをもらいに行く時間なし。
 スタートラインのだいぶ後ろから、みんなを追ってスタート。私はゼッケンを手に持って。
 二人ともスタート前にトイレに行き、ちょっとだけでもアップジョグをしようと思っていたのに・・・。

 私は完走すれども記録なし。真樹は完走できだが、スタート前の準備不足のため、制限の1時間をちょっとオーバー。二人とも不完全燃焼で終わってしまいました。

 真樹と、「この大会はもう出ない」という結論。
 スタンダートの部は、スタートを15分繰り下げなのでほとんど影響はなかっただろう。しかし、スーパースプリントの43分繰り上げはひどすぎる。「日本一初心者にやさしい」はウソです。

 これで、大会参加費10000円+連盟登録費(京都3800円、沖縄3300円)です。
 トライアスロン界には、ランナーズの「大会レポート」みたいな評価欄がないのかなあ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝起きたら、きくはこたつの中。
 「ネコか!」

 先に起きておにぎりを作ってくれていたヨメさんに、「スイムどうなった?」
 「なしやて。」
 「やっぱりな。」

 念のため、出かける少し前(6時10分ごろ)にパソコンで確認。
 「スイムを第1ランに変更しデュアスロンとして競技を実施」
 難関のスイムを克服するために、私も真樹もそれなりにがんばってきたのに・・・。でも、これですっきりした。


 予定通り、会場の駐車場に7時半ごろ着。
 駐車場の入り口などにも何の掲示もしてなかったので、競技スケジュールには大きな変更はないと思っていた。
 車から自転車をおろし、バイク置場へ。
 そこで大会役員さんから投げかけられた言葉は、「何をゆっくりしてるんや、スタートまであと5分しかない。」
 「えー!」

 二人、顔を見合わせたが・・・。
 5分でスタート準備をするしかない。
 真樹は「もう、ムリムリ」を連発していた。
 「いや、いこいこ。」

 あわてていろいろしているうちにスタートの合図。
 私はゼッケンをつける間もなく手に持ったままで、計測器もつけず。真樹は何とか準備ができたが、一番肝心な心の準備ができなかった。
 それでも、スタートラインのだいぶ後ろから選手のかたまりを追いかけた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちゃんとアップができていたら、最初の2kmは8分半以内で行こうと思っていた。しかしアップなしなので自重。真樹といっしょにゆっくりと行くことにした。
 ところが真樹がすごくがんばり、最初の1kmが5分半くらい。あとで聞いたのだが、役員さんからえらそうに言われたのがむかついて、それをエネルギーに変えてがんばったそうだ。 
 ふだんはスタート前の様子も写真に撮るのだが、もちろんそんな暇もなし。1kmの標識を折り返してしばらくしたところで、やっと、今日の1枚目。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 スーパースプリントの部の女子のゼッケンを注意深く見ていたのだが、真樹の後ろに3人。ということは7名出場なので、この時点で真樹は4位か?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2kmを走り終えた真樹は、もういつもの笑顔に戻っていた。
 スタートでストップウォッチを押すのが遅れたが、私の時計で2km11分28秒。怒りのスピードはすごい。

 「自転車はだいじょうぶ」と真樹が言っていたので、ここからは私が先行。
 4分26、2分14、2分16、2分08、2分15で5km13分22秒。
 2分15、2分18、2分25、2分01、2分04で10km24分27秒(11分05秒)。
 ランのスタートまで1分58秒かかったので、私のバイクのタイムは26分26秒か。ほぼ思い通りのタイム。
 それよりもぐっと離したと思っていた真樹が、私が5kmを折り返したすぐのところに来ていてビックリ。真樹は「100人くらいに抜かれた」と言っていたが、それだけトライアスロンのバイクパートのレベルが高いということでしょうね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最後のランは2.5km。
 当初の目標は11分くらいだったが、それはとうてい無理。
 リズムよく走ることだけを心がけた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返しの写真、ボケボケです。

画像(240x320)・拡大画像(432x576)

 4分31、4分45、3分17で12分35秒。
 ただし2.66kmあったので、2.5km換算にすると11分49秒。まあまあです。

 ゴールは私の時計で50分29秒。
 スタートの押し忘れ分を入れても、51分は切っているでしょう。
 スイムがあったとしても、きちんと準備ができておればこれくらいのタイムは出ていたはず。よくがんばりました。

 ゴールアーチを過ぎてからだが、ヨメさんが写真を撮ってくれた。きくちゃんの世話もせんなんのに、すまんなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくとのゴール記念写真を撮ってもらい、さあ真樹の応援へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さっき対面したときに、「ゼッケンが外れてどっか行ってしもたー」と言っていたので、残りの1枚を持って行った。
 
 私が見つけたとき、真樹はしっかり走っていた。ゼッケンを渡して、これでゴール写真はバッチリやねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 豪雨災害を連想させるような濁流の大堰川。
 これは絶対泳げんやろう。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 真樹のゴールは1時間をちょっとオーバー。
 でもいい笑顔でゴールできたので、ゆうことなし。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 応援してくれたかあちゃんときくと記念撮影。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹の携帯のカメラで全員写真。
 「きくちゃん、めーつぶってるやん!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なんかよう分からんけど、きくも喜んでくれているように見える。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みなさん、おつかれさんでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私のカメラでも撮ったのだが、なかなかきくがこっちを向いてくれなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いろいろあったけど、みんなが笑顔で終われてよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 500円分の食券をもらっていたので、屋台を探したが分からなかった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 自転車が午後1時まで出せないということだったので、いったん帰ることにした。3時間半も待っておられないので。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りは千代川から高速。
 渋滞もなく1時間ほどで帰れた。

 ヨメさんはさっそく「京都キャロット」のお仕事。
 ごくろうさんです。

 私はヨメさんの昼休みの間だけ店番をしてから、また会場へとんぼ返り。預けたままの自転車を取りに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場に着いたのは1時50分ごろ。
 もうほとんど自転車はなくなっていた。競技が早く終わったはずなので、バイクピックアップの時間も繰り上げになったのかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場ではまだ表彰式が続いていた。
 しかし、屋台のほうにはそんなに人がいなかった。

 真樹の分と二人分1000円の食券があったのだが、もう売り切れのところもあり、並ぶだけで頭がクラクラする暑さだったので断念。何も食べずに会場を出た。

 最後に思ったのは、スタンダードの部400人に対して、スーパースプリントの部はわずか50人。そのせいで、大会側の力の入れようが全然ちがった。私らの存在は余計なだけだったのだろうか。その点を見誤った気がして残念だった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日も「京都キャロット」閉店後、みんなでスーパーへ買い出しに。
 「祝勝会」ならぬ「残念会」のごちそうは・・・、真樹の希望も聞いて「すき焼き!」
 「手巻き寿司」に次ぐ「すき焼き」、これで少しは誕生日お祝いぽくなったかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと不本意な面もあったが、これでとにかく一つの目標が終わり。
 もう、次のことを考えなくては・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月25日(土)

第4回京都丹波トライアスロン・前日 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 真樹と二人で、前日受付会場である口丹波勤労者福祉会館へ。
 夜は、久しぶりにいなかの家に泊まる。そのため、いなかの家によってごはんをたく予約をしてから京北回りで旧八木町へ。
 いなかの家から57km、1時間10分ほど。
 全選手参加義務付けの「開会式・競技説明会」が3時50分からだったのだが、十分間に合った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2階で受付を済ませるとで、手首に紙のリング。病院みたい。
 思わず「おふろ、だいじょうぶですか」と聞いてしまった。
 病院とちゃうって。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ホールに入ると、座るところがないくらいの満員。
 真樹が「卒業式みたい」と行っていた。

 私たちが出る「スーパースプリントの部」は50名だが、スタンダードに400名、スプリントに150名、リレーに10組30名ですから。(合計630名定員。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いろいろな方からごあいさつがあったが、最初に大会長から「台風20号の影響により、スイムが中止でデュアスロンに」というお話があった。そのあと別の方から、「最終決定は明日午前4時30分からの委員会開催後」。

 そんな殺生な。こちらも準備がたいへんなのに、当日の朝4時半から話し合ったことを全選手に周知徹底できるのだろうか。

 日吉ダムの放流による水の濁りと水流の速さが問題になっているのに、その問題が明日の朝までに解決されるはずがない。ここでスイム中止を決定して、それによるスケジュール変更があるのなら、全選手が参加しているこの場で発表すべき。
 こんな運営だと、マラソン大会なら非難ごうごうとなる。トライアスロン大会は、高い参加費を取っている割には運営が甘いと言わざるを得ない。(選手に対して上から目線。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中でゆるキャラ登場。
 ピンクのきつねでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 競技説明はしっかり聞いた。
 「ウェットスーツを走りながら脱ぐのは禁止」、これは知らなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ホールから出るときにスイムキャップをもらった。
 私は水色、真樹はオレンジ。
 これをかぶって必死で泳ぐつもりだったのに・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このあと、バイクコースを試走。
 真樹は去年と同じ自転車を借りたので、乗りやすいと言っていた。ただし、これ以上スピードは出ないとのこと。もっと飛ばしてみたいようだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 アップダウンもほとんどなく、折り返しが一度だけ。
 去年の「ラブトライアスロン」のジグザクコースよりずっといい。
 ギアチェンジもしっかりできたので、試走は終了。

 「京都キャロット」に戻ったのは7時半。それからみんなでスーパーへお買い物。沖縄ではなかなか食べられない「手巻き寿司」をすることにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 泊まるのにいろいろと準備もあって、いなかの家に着いたのは9時前。
 真樹は、久しぶりのいなかの家で大喜び。
 きくも、なんとなく覚えているようで大喜び。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっと買いすぎたかなあと思ったお寿司のネタも、ほとんど食べ切った。
 みんな、大満足。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 暗いいなかの道をお散歩へ。
 涼しいので、きくは元気いっぱい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 このあたりも以前よく散歩したので、うっすらと覚えているのかなあ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 家に戻ると、不審物。
 きくが金縛りのようになっていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 明日はきくも応援に来てくれる。

 「暑い中、ごめんね。真樹もパオパオもがんばるから、しっかり見ててね。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月24日(金)

真樹のお迎え、関空へ [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「きくちゃんが大型犬になってる!」
 「なんでやねーん!」
 「今まで見た中で一番大きいで。」
 「そんなことないわなあ、きくちゃん。」

 2月の「宇治川マラソン」に手伝いに帰ってきてもらってから半年。なんぼなんでも半年でそんなに大きくはならんやろう。真樹によると、毎日はんちゃんぺんちゃんを見ているから、きくが大きく見えたとか。

 ピーチは安くていいのだが、普通に1時間程度遅れてしまう。最近ましになったと思っていたが、今日の最終は1時間15分遅れ。最終でそれはないやろう。
 関空リムジンバスの京都行き最終には間に合ったのだか、それに乗ると京都駅八条口に1時半着。それはあまりにもかわいそうだったので、関空まで迎えに行った。
 
 関空を11時25分に出発し、岸和田SAによって、家に着いたのは1時7分。最悪より1時間ほど早く帰れたのでよかった。

 きくちゃんは・・・、喜んでたかなあ。
-----------------------------------------------------------------------------------

(注)もうちょっと、続きます。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月23日(木)

真樹、24歳! [家族]

画像(320x240)

真樹とぺん (2018.6.24)

 今日は真樹の誕生日。
 いぬ年が2周で24歳。

 昨日、寮1の17時間のバイトから帰って、きくのお散歩などに行っていると日付が変わった。

 0時10分に、あわてて真樹にメール。
 いっぱい書きたいことがあったのだが、私と真樹の携帯電話間はなぜかショートメールしか通じない。たった70字ではねえ・・・。

     ◇     ◇     ◇
 お誕生日おめでとう。2年前に癌宣告を受けて、もうあかんかと思ったけど、真樹のおかげで楽しく生きてこれた。この先も一緒に楽しいこと考えてねー。  
     ◇     ◇     ◇

 ヨメさんによると、この私のメールはよかったらしい。
 真樹が、自分のFacebookか何かにアップしてくれたそうだ。(私は見られない。)
 「とうちゃん」からのメールやてー、「パオパオ」やのに・・・。
 いや、パオパオでは世間様には通用せんか。

 病気と闘うだけの余生はいらん。この先に何か目標や楽しみががあれば張り合いがある。真樹は、そんな材料を私に提供してくれている。
 ヨメさんは、「トライアスロンなんか、真樹はそれほど出たいわけじゃないやろし。アンタがけしかけてるんやろう」と責める。

 さて・・・。
 人がその行動に至る動機には、複雑な事情が重なっている。
 真樹の頭の片隅に、パオパオの病気のことがちょっとでもかすっていたら、それだけでうれしいやん。

 先のことを考えられるだけで幸せ。
 62のジジイがそれなりにがんばってるんやから、24の真樹も自分の行く末を見据えてがんばってもらわんとね。
 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月22日(水)

有権者の意見を無視しても選挙に勝てる [時事]

画像(320x240)

第21回おきなわマラソン(2013年2月)

画像(320x240)

第22回おきなわマラソン(2014年2月)

画像(237x320)

第25回おきなわマラソン(2017年2月)

◎毎日新聞8月12日朝刊・論談西発「飯田健の時事ウォッチ」

   カジノ反対 でも投票先は

 統合型リゾート(IR)実施法が7月20日の参議院本会議で可決、成立した。この法律は、カジノを含む滞在型観光施設を設置するために必要な事項を定めたものである。こうした施設を造ることで国内外からの集客増が見込まれ、地域への経済効果、さらには税収増による自治体の財政改善効果が期待されている。

 大阪は2013年に府市が「IR立地準備会議」を発足させるなど以前からカジノ誘致に積極的である。法成立でいよいよ実現に向けて具体化するだろう。

 「カジノ解禁」に対してはもちろん強い批判がある。野党の多くはギャンブル依存症及び治安への懸念から法案に反対し、とりわけ参議院での審議が西日本豪雨災害復旧のさなかに行われたことから、審議中断を求めて与党を批判した。

 有権者も概してこの法に反対している。例えば毎日新聞の世論調査ではこの法の成立について「評価しない」が65%を占め、「評価する」は20%に過ぎなかった(7月30日朝刊)。なぜ与党はこのように有権者の大多数が反対する「カジノ解禁」を推進するのであろうか。

 そもそも与党が有権者の大多数の意見を無視するのは安倍政権において居間にはじまったことではない。今年3月に発覚した財務省による文書改ざん問題でも世論に反して麻生太郎財務相はその座にとどまった(5月28日朝刊の世論調査で「辞任すべきだ」が52%、「辞任する必要はない」が33%)。15年には大方の世論に反して安保関連法を成立させた(15年7月6日朝刊の世論調査で、法案に「反対」が58%、「賛成」が29%)。

 なぜ無視するのか。答えは簡単である。それは、これらの問題で有権者の意見を無視しても選挙に勝てるからである。政治家にとって最も重要な目的は次の選挙で再選されることである。したがって政治家は選挙において有権者の票をできるだけ多く獲得できる政策を実行する。

 その有権者は選挙のとき何を基準にして投票先を選んでいるかというと、主に自分自身の暮らし向きである。衆院選前だった17年10月16日朝刊の世論調査で、最も重視する争点として「安全保障関連法」「森友学園と加計学園の問題」を回答した割合はそれぞれ7%と6%に過ぎず、最も多かったのは「年金・医療」(23%)だった。また、同年12月21日朝刊の世論調査(本紙と埼玉大学社会調査研究センター)では、今の生活に「大いに満足している」「ある程度満足している」の回答を合わせると65%にも上る。
 
 これをふまえると与党が、安全保障政策や政治倫理の問題で多少世論を無視しても有権者は自分たちに投票してくれる、と考えても不思議はない。「カジノ解禁」についてもおそらく同じである。世論調査でIR実施法について聞かれれば有権者の多くは反対と答えるが答えるが、それで投票先を決めるとは限らないのである。

 こうした現状は民主主義の理想に照らして全く問題が無いわけではないものの、一つの現実である。似たような展開が予想される憲法改正をめぐっても、それに反対する側は、ただ与党の横暴を批判し、有権者の無知を嘆くのではなく、ここで述べたような現実を受け止め、冷静に方策を練る必要があるだろう。
--------------------------------------------------------------------------------

 いよいよ沖縄知事選挙。
 最後の最後まで辺野古の新米軍基地建設に反対されていた、すい臓がんで亡くなられた翁長知事の遺志を継いでもらえる方を応援したい。

 今年2月の名護市長選挙では、走友・稲嶺ススムさんがまさかの敗北。そのリベンジとして知事選にも出てもらいたかったが、玉城デニーさんがオール沖縄候補として出馬されるようだ。

 「おきなわマラソン」で何度も写真を撮らせてもらった玉城デニ―さん。デニーさん、顔がいいですね。人を裏切らないような真摯な顔をされている。

(注)もうちょっと、続きます。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「華氏451」

「華氏451」

廉、初おごり

廉、初おごり

第29回篠山ABCマラソン・続き

第29回篠山ABCマラソン・続き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.