パオパオだより

2014年11月06日(木)

有田さん [私の好きな人]

画像(320x266)・拡大画像(613x511)

(クリックで拡大)

◎京都新聞7月28日夕刊

   ご当地マラソン 全国制覇
             京の税理士が達成

 全国各地の市民マラソンに参加し続け、47都道府県の大会を制覇したランナーがいる。京都市右京区の税理士有田行雄さん(63)。フルマラソンはすでに100回以上を走破、2012年2月に全県完走を達成した。その土地ならではの風景、人の温かさに触れ、走る喜びを加速させている。

 健康づくりのために30年ほど前から走り始めた。08年から「全国制覇」を意識し、参加する大会を選び始めたと言う。「マラソンがなければ行かないような、聞いたことがない場所に行くと、たくさんの発見がある」と魅力を語る。

 例えば出羽山地の麓、山形県長井市の「長井マラソン」は「まったく観光地化されてなくて、ただただ山がきれいだった」。0泊2日で参加した「博多唐津ウルトラ駄マラニック大会」は午前1時にスタートし、104キロを走り切った。

 坂本龍馬の「脱藩の郷」をPRする高知県檮原町の「龍馬脱藩マラソン大会」では、起伏の激しい山道を走った。完走証の代わりに「脱藩認定書」をもらったが、折り返しコースのため「マラソン上は、脱藩は失敗に終わるんです」。

 参加者がほぼ地元の人という大会ならではの苦労も多い。農家に泊まったり、体育館に寝袋を持ち込んで寝たりしたこともある。

 それでも地域ごとの温かい歓迎には替えられない。大音量で音楽を流し、太鼓演奏で盛り上げてくれた地域や、スイカや黒砂糖など地元の特産品を沿道で振る舞ってくれる大会もあった。今年6月、3度目の挑戦でようやく完走できた「隠岐の島ウルトラマラソン」(島根県)の100キロコースでは、地元の人が名簿を見て沿道から名前を呼んでくれた。「涙が出そうなほどうれしかった」

 「無理せず楽しんで走るのが一番です」と語る有田さん。今も週に3回は、上京区の事務所から自宅まで約8キロを走って帰り、次の大会に備えている。
---------------------------------------------------------------------------------

 「土山マラソン」の記事のトップで紹介させてもらった有田さん。私のこのブログにはたびたび登場してもらっている。
 その有田さんが、7月28日の京都新聞に載った。そのとき記事にしようかなとも思ったが、またお会いしたときにと思い今になってしまった。

 京都の老舗ランニングクラブ「京都ランナーズ」で知り合ってから30年以上。今も昔と何も変わらず仲良くさせていただいている。
 この新聞記事を見ても分かるとおり、有田さんのいいところは「いいところを見つけるのがうまい」こと。いいところを見つけるのがむずかしい私に対しても、いつもやさしい言葉をかけてくださる。「藤井さんは不要家族やでー」とか!?(じょうだん、じょうだん。)

 私は変わり者のへんくつなので、ちょっとしたことですぐムカッとしてしまう。しかし、有田さんに関しては30年以上そんな思いをしたことがない。有田さんは人の悪口を言わないし、私が自分を卑下したような発言をしてもきっちりフォローしてくださる。
 大阪国際女子マラソンにも出場経験のある奥様もお上品だし、よい夫婦といえば有田夫妻を思い浮かべる。今は奥様はほとんど走られないそうだが、いつもダンナさんのマラソンについて行かれ、応援だけではなくいろいろと自分なりの楽しみを見つけておられるようだ。

 若いときに比べると、最近は有田さんご夫妻にお会いする機会は少なくなっている。しかし、私も「いいところを見つけるのがうまい」人間になりたいと常々思っているのは、知らず知らずのうちに有田さんご夫妻の影響を受けているように思う。

 有田さん、これから先も仲良くしてくださいね。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

土山で有田さんが撮ってくださった写真

------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

 「京都丹波ロードレース・5km」で左足の痛みが悪化。アキレス腱本体ではなく、その周囲の腱がカチカチに。歩くのも大変なくらいになった。
 火・水と完全休養。薬屋さんでシップを買って(お徳用、49枚で980円+税)、風呂上りにふくらはぎに貼って寝た。すると、わずか2日で楽になった。私には薬物がよう効きますにゃわ。

 そろりそろりだが、いつもの5kmを走ってみた。31分07秒。えらい時間がかかったけど、足はそれほど痛くはならなかった。
 練習は控えめにして、今度の日曜の「南紀日置川・5km」にのぞもう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2014年11月05日(水)

名勝負2 [陸上競技]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 パオパオだより8月21日「名勝負」の第2弾です。

 11月2日のジュニアオリンピックA女子3000m決勝。
 注目は、8月の全中陸上女子1500mで優勝争いをした田中希実選手と高松智美ムセンビ選手。全中は、田中選手優勝(4分22秒21)、高松選手2位(4分22秒77)。

 今回は田中選手の調子があまりよくなかったようで、スタート直後から飛び出した高松選手と林英麻選手(群馬)を追うことができなかった。

 1位 高松智美ムセンビ 9分17秒60
 2位 林英麻      9分17秒97
 3位 田中希実     9分23秒58

※ このレースの様子はYouTubeで見ることができます。
  また、田中希実選手のお母さんのブログ「ちひろっぴぃ」にもくわしく書かれています(リンク集へ→)。

 次は、来年1月11日の都道府県対抗女子駅伝3区(中学生区間)での対決でしょうか。しかしこの日は残念ながら出張販売で、私は応援に行けないんですよね。

 昨日の話の続きになりますが、2020年東京オリンピックで、高松姉妹と田中希実さんがそろって出場ということもあるかも。今のうちにサインもらっとこうかな。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日からきくの調子がちょっとおかしかった。
 今日の朝も、5時ごろヨメさんを起こしたらしい。ヨメさんは仕方なくきくを散歩に連れて行った。

 お昼も私が散歩に連れて行った。そのときの感じでは、いつもと変わらない様子。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ご近所の畑に連れて来られているワンちゃんにも関心を示し・・・。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 公園でもいっぱい遊んだし、だいじょうぶやと思うんやけど。

 ちょっと情緒不安定なのかも・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年11月04日(火)

「東京五輪は5000mに出ます」 [陸上競技]

画像(320x248)・拡大画像(450x350)

中国南京でのユース五輪で、陸上女子3000メートルに出場し快走する高松望ムセンビ(右から3人目)。  【EPA=時事】

◎日刊スポーツ8月25日

   高松望ムセンビ 女子3000mで金

<ユース五輪>◇第9日◇24日◇中国・南京

 ケニア人の父を持つ高松望ムセンビ(16=大阪薫英女学院高)が、女子3000メートルを自己ベストの9分1秒58で制した。将来はマラソンでの金メダルを目標にする新鋭が世代の頂点に立った。

 161センチの小さな体が、ぐんぐんと加速する。ラスト1周。湿度89%と蒸し暑い南京に汗が噴き出る高松の体が、一気に後続を引き離す。「ラスト100はいっぱいいっぱいでしたけど、完璧でした」とはるか後ろに2番手以下を置き去り、ゴールラインを駆け抜けた。最初は飛ばして最後は我慢。それが「いつもの展開」だが、強豪がそろったこの日は「付いていって、ラストスパート勝負」とにらんでいた。作戦の変更も、01年長野マラソンを制した父マクセルさんとの特訓の成果があればこそ。学校の部活は週1回参加する程度で、通常は妹も含めた父と3人での練習をこなす。大阪府池田市内のアップダウンが激しい道や、芝生、野球場などを使ってスタミナ増強を図っている。

 ケニアで生まれ、3歳で日本に移住した。目標は日本代表としてマラソンで金メダルを取ること。「東京は1万メートルで。マラソンはその次の五輪で」。はっきりとビジョンは見えている。【阿部健吾】

 ◆高松望ムセンビ(たかまつ・のぞみムセンビ)1997年(平9)8月31日、ケニア生まれ。大阪薫英女学院中では全国中学生大会1500メートル2連覇。大阪薫英女学院高に進み、7月の世界ジュニアの3000メートル4位。161センチ、42キロ。
--------------------------------------------------------------------------------

 今日何気なく新聞のテレビ欄を見ていたら、8チャン(関西テレビ)のニュースアンカーのところに「東京五輪期待の星! 17歳女子高生ランナー」の見出し。
 「ふむふむふむ、これは彼女のことにちがいない」と確信。夕方6時45分ころからのスポーツコーナーに、予想通り出てきました高松望ムセンビ選手。
 ユースオリンピック女子3000mで優勝したのはもう2ヶ月以上前のこと。この時期に取り上げられたのは、12月の高校女子駅伝や1月の都道府県対抗女子駅伝での活躍を見越してのことだろう。
 ただし10月22日の長崎国体成年女子3000mでは、9分17秒18で7位に終わったらしい。今は疲れがたまっている時期なのかもしれませんね。

 インタビューの中で印象に残る言葉があった。
 「東京オリンピックは目標ではありません。目標というのは出られるかどうか分からないということでしょう。私は東京オリンピックの5000mに出ます。」(新聞記事では10000mを狙うように書かれていたが、テレビのインタビューでは5000mと発言。)

 ええぞ!
 なんて頼もしい。「目標じゃなくて、本当に出るんです。」
 私もあと6年は絶対に生きて、東京オリンピックの女子5000mの高松選手の応援をしなくては。ひょっとしたら、姉妹で出場も夢ではないかも・・・。

 何回も何回も書いて申し訳ないが、彼女たちのお母さんはお会いするたびに「ブログ、見させてもらっています」と言ってくださっている。もうそれだけでも、望さん智美さん姉妹を応援しなければと思う。
 まずは、12月21日の「全国高校駅伝」ですね。高松望ムセンビ選手は1区でしょうか。絶対に気付いてもらえるように、大声で応援しようっと。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年11月03日(月)

2014京都丹波ロードレース [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 復調か!

 5km、20分27秒。
 部門順位は12位という結果だったが、左アキレス腱の痛みでスピード練習なしにのぞんだレースとしては上出来。
 「よっしゃー、これで来週の5kmで20分切りじゃー」と意気込んでいると、「なんでそうお気楽に思えるかなあ」と廉があきれていた。
 おっちゃんらのレースってね、そんなもんなんやでー。

 今日はヨメさんが学校で出張販売に来れないので、廉に手伝いに来てもらった。
 「京都キャロット」の出店テント前は、ゴールまであと500mくらいのところ。「スタートから19分後くらいにこの前通るし、写真とってやー」と頼んでおいた。なんやかんやゆうて、ちゃんと撮ってくれましたんやわ。ええ子でっしゃろ。

(注)まだまだ、続きます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年11月02日(日)

第28回あいの土山マラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「藤井さん、『もうヘロヘロ』って書いといてー。」
 「いや、書かんでも写真見たらヘロヘロって分かると思いますわー。」

 今日も私はレース不出場。こんなときは書くことがないものだが、意外な人とも会えたりして盛りだくさん。その中でも、やっぱりお付き合いの長い(30年以上)有田さんをトップ記事にしておきましょう。

 47都道府県のフルマラソンを制覇された有田さんは、今はフルやウルトラを楽しく走っておられる。今日の「土山マラソン」も楽しく走れたらそれで良しという感じでスタートされたらしい。
 ところが、私が写真を撮りに行った40kmすぎあたり。まあ見事なヘロヘロ走り。ちょっと長いレースばかり出すぎて、疲れがたまっているのかもしれませんね。私みたいに、たまには5kmとかもどうですか。

 朝ごあいさつに来られたときの有田さんとうちのヨメさんとの会話。
 「藤井さん、眞寿美さんほっといて沖縄ばっかり行ってたらあかんでー。」
 「いや別にいいんですけどね。そのままどっかに消え去ってくれたらありがたいんですけど・・・。」
 「それもありかな。藤井さんは眞寿美さんの『ふよう家族』やもんなー。『ふよう家族』の『ふよう』は養うの扶養じゃなくて、必要・不要の『ふよう』やでー。」
 「うまい!」

 有田さんのセンスのよさに脱帽。
 今日はことあるごとにこのネタを使わせてもらいました。
 「私はヨメさんのふよう家族ですねん。このふようは養うの扶養じゃなくて、必要・不要のふようですねん。」
 でも、それほど受けへんかったなあ。じょうだんではすまんからかなあ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 去年は「土山」と「丹波」の日程が重なり、「丹波」を選択。そのため、「土山」は2年ぶりということになる。
 雨がぱらつく予報だったので、テントの後ろを開け、限られたスペースが有効に使えるように工夫した。降り始めても、すぐに縮小できるようにも考えながら。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝一番に声をかけてくださったのは、滋賀の市川さん。
 「昨日最後の仕上げにと思って走ったら、足をやられてしまいましたわ・・・。」
 こんな人、大好きです。 
 「走れないので、ゆっくり見させてもらいます。」
 「どうぞ、どうぞ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 10時半近くになったので、スタート地点へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 フルが前、ハーフが後ろ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハーフの待機場所で、M見ちゃん親子と「ランナーズ9の会」の玉木さん発見。
 玉木さんは「9の会」のユニホームを着ていないと思ったら、きちんと背中に「変えるな! 憲法9条」のゼッケンが。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 走友・吉川さんは、今回も視覚障害ランナーの伴走。私より速い吉川さんが伴走される相手だから、きっと速い方なんでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 土山茶のゆるきゃらが見えたので、ヨメさんとパチリ。
 「ひょっとしたら、前に撮ったときとおんなじ服かもしれん」とヨメさん。
 「あっ、そりゃまずい。着替えてきー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 前に物色していた「運動会用の服」、ゲット!
 私も入らせてもらい、撮り直しの1枚。

 走らんとなったら、こんなことをする余裕もある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さあ、仲間の応援へ。

 最初に見つけたのは、滋賀の古賀さん。
 つい先日、通販でシューズを買っていただきました。そのシューズかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そして次に・・・。
 なんと、平山選手と伴走の吉川さん。お聞きしていた予想タイムよりかなり早く出現。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「イエーイ、写真撮りまっせー!」と叫ぶと、二人でピース。
 いいね、いいね。二人でこうして喜び合えるなんて。

 あとでヨメさんがお聞きすると、平山健太郎選手(26)は、1時間33分でゴール。自己ベストを5分更新したそうだ。若いから、まだまだ伸びますよ。これからも、吉川さんとしっかりね。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ランナーズ9の会」の玉木さん。
 「今日はダメです。」

 あとでお聞きすると、自己ワースト記録とか。
 そんなときもありますよねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 車いすのワンちゃんは、「シオン・オス・10歳」。

 「胴の長い犬は、どうしても後ろ足が悪くなりやすいらしいです。」
 「いつからですか。」
 「4歳の時からです。」
 「ということは、もう6年も・・・。」
 「獣医さんも、ちょっと早いねとおっしゃってました。」

 私のことをこわがっていたが、元気なかわいいワンちゃんだった。

-------------------------------------------------------------------------------

 ここから、fukikoさん。

 4年前の「丹後ウルトラ」で私設エイドを出しておられ、声をかけ、写真を撮らせてもらったご縁。それ以来一度もお会いしていないので、朝ごあいさつに来てくださった時にはピンと来ていなかった。

 「いつも言ってるんです。『fukikoさん天国、わしゃ地獄』って。」
 同じ動物好きでも、不幸な猫を減らそうと活動を続け、役所まで動かしたfukikoさんと、口ばっかりで何もせん私。ほんまに「あなた天国、わしゃ地獄」です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 しっかり見つけて、何枚も写真を撮らせてもらえてよかった。
 「3時間近くかかるかも・・・」とおっしゃっていたが、予想よりもだいぶ早くゴール。何よりもゆったりしたきれいなフォームで走ってられたのがよかった。

 視覚障害ランナーの100kmウルトラの伴走を一人で務められるというダンナさんも撮らせてもらう予定だったが、残念ながら見つけられず。でも、今日でしっかりお二人の顔は覚えさせてもらったので、いつかまた。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 なつかしい方も顔を出してくださった。
 旧姓・三角さん。

 「もう全然速く走れないのよ」と言いつつ、3時間20分。りっぱなもんやないですか。それにウエアもいいですって。

 福井から引っ越されてからはお会いする機会は減ってしまったが、今も通販で買い続けてくださっている大事なお客様です。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そろそろ有田さんが帰って来る時間。
 「さあ、写真撮りに行こう」と思ったら、あやしい雲行き。そして、ポツポツから次第に強い雨になってきた。
 「アンタは、大事な時にいっつもおらん」と、またヨメさんに怒られると思いいったん引き返した。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「キャロットさんですよね。」
 歩道で応援されていた女性から声をかけられた。
 「どちらさまですか」とお聞きしたが、「パオパオだよりを見させてもらっている者です」とのこと。あちこちにこんな方がいてくださる。ありがたいことだ。

 「まあ、なんとかなるやろう。有田さんの写真撮るって約束したし・・・。」
 そう思い、またUターン。
--------------------------------------------------------------------------------

 ここから、「ヘロヘロ有田さん写真集」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 このほかにも、私がお世話になっている滋賀マスターズの会員さんや、走友・三重の林さんなど、レースに出ないのにお買い物だけに来て下さった方も多い。
 滋賀は「準地元」と言っていいところ。去年のように「京都丹波」と重なるとつらい。「京都キャロット」にとっては両方大事な大会ですから・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 5 )

2014年11月01日(土)

高校駅伝沖縄県大会 [陸上競技]

画像(182x320)・拡大画像(285x500)

3区で首位へと駆け上がった沖縄工の高良和希(右)=31日、今帰仁城址入り口付近

◎琉球新報11月1日

   沖縄工、北山が頂点 県高校駅伝大会

 駅伝の男子第62回・女子第32回県高校大会は31日、今帰仁村総合運動公園を発着する男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコースで行われた。男子は沖縄工が昨年優勝のコザを抑え、2時間19分16秒で10年ぶり8度目の頂点に立った。女子は北山が3区から首位を守る盤石の走りを見せて、1時間19分53秒で3年連続3度目の優勝を飾った。沖縄工と北山は12月21日に京都府で行われる全国大会の出場権を得た。男女の上位3チームは11月16日に佐賀県で行われる九州大会に派遣される。

◆OBの支えを力に/沖縄工
 卒業生から選手へつながれたたすきが、栄光のゴールにたどり着いた。10年ぶりの頂点に立った沖縄工の選手たちは口をそろえて言う。「OBの支えがあったから優勝できた」。多くの人たちに背中を押され、勝利をつかみ取った。
 1区の大石大輔がトップ集団に食らいついて3位につけると、2区の瑞慶覧裕介が2位に順位を上げた。体調悪化の影響で5カ月ほど練習ができず、1週間前に復帰した瑞慶覧だが「チームに貢献したかった」と意地を見せた。「トップに行く自信があった」と言う3区の高良和希は徐々に距離を詰め、首位の選手を抜き去った。
 昨年は2位の結果を残したが、優勝したコザとは4分以上の差があった。主将の宮城郁実は「あの日をきっかけに、チームを一から見直した」と言う。夏場に厳しい練習をこなし、ミーティングを重ねることで団結力を強めた。さらにはOBがコーチングや差し入れなどで選手をバックアップ。県外大会に出場するときにもOBの支援があり、宮城は「感謝の気持ちを忘れずに走った」と強調する。
 かつては5連覇を成し遂げた沖縄工が手にした久しぶりの栄冠に、1区の大石は「やっと復活できた」と充実した表情を見せた。全国大会に向けて、「きょうよりも躍進して県記録を出す」と決意した。
(平安太一)

◆持ち味発揮 圧巻の走り/北山
 ゴールを駆け抜ける北山のアンカー・嶋袋由惟は右手を掲げ、3連覇を達成した喜びを爆発させた。3区で首位に躍り出ると、最後まで後続を寄せ付けることはなかった。終わってみると2位に1分以上の差をつける圧巻の勝利。大城昭子監督は「みんなが自分の力を発揮してくれた」と納得の表情で話した。
 部員6人のうち4人は昨年の優勝メンバーだ。大城監督は「絶対的なエースはいないけど、経験があるから平常心で走れる」と強みを説明する。1区の仲井真エンドリアみどりが「調子が良かったので思いっきり走った」と4位でたすきをつなぐと、2区の宮城亜美がトップに約20秒差に迫る2位につけた。「自分のリズムで押していけば残りのメンバーが楽に走れると思った」と宮城は振り返る。
 3区の長山夢芽はけがから復帰直後のレースになったが、「徐々に(距離を)詰めようと気長に考えながら走った」。けがの影響を感じさせない快走で、トップでたすきをつないだ。
 都大路への挑戦は3年連続になる。これまでのレースを経験した仲井真と宮城は「県外ではまだ結果を出せていない」と言う。「最後は笑顔で終わりたい」と仲井真は力強く宣言し、宮城は「3年間で一番いいタイムを出す」と目標を掲げた。
(平安太一)

画像(204x320)・拡大画像(319x500)

首位でたすきをつなぐ北山の3区・長山夢芽(左)と4区の渡具知莉乃=31日、今帰仁村の今泊ポンプ場前

-------------------------------------------------------------------------------

 真樹の小学校時代の1年上の九ちゃんのお母さんが今帰仁村出身。真樹が小6のとき、初めて沖縄に連れて行った。そのとき、九ちゃんおじいさんおばあさんがおられる今帰仁村のおうちにおじゃました。

 そしてそれから何年かたち、2年前真樹が沖縄県名護市の名桜大学を受験することになった。その年の高校駅伝沖縄大会で、北山はアベック優勝。せっかく名護に行くのだから、その北隣りの今帰仁村の北山高校に応援に行かなくてはと思った。
 北山高校におじゃますると、初めての訪問であるにもかかわらず校長室に通していただき大歓迎していただいた。

 去年は女子だけが優勝だったが、また高校に訪問させていただいた。年末の京都での全国大会では、電動アシスト自転車を駆使して応援めぐり。今年の4月の「伊江島マラソン」では、招待されていた北山高校女子駅伝部のみなさんと再会。ちょっとだけだが話すこともできた。

 今年はアベック優勝をと願っていたが、残念ながら去年と同じく女子だけの優勝という結果だった。毎年「中部トリムマラソン」に出場した流れで、北山高校駅伝部の激励に行っていた。しかし、今年は「中部トリムマラソン」にはいけない。その分、12月21日の全国大会でしっかり応援することにしよう。

------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 夜のお散歩は、廉のバイト先まで。 
 「京都キャロット」のすぐ近くのカラオケ屋さん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 「雨の中来たのに、おらんがなー。」

 でも7時から11時まで4時間も働いてはんにゃでー。
 きくも廉も真樹も働きもんじゃー。
 パオパオは?

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

提出ラン

提出ラン

「風病」ラン

「風病」ラン

「海炭市叙景」

「海炭市叙景」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.