パオパオだより

2023年03月22日(水)

世界一美しい盗塁 [ヤクルト]

画像(320x229)・拡大画像(640x459)

◎YAHOO!ニュースより

   「世界一美しい盗塁」決勝戦も「神走塁」が話題に!
   光った山田哲人の「勇気」【侍ジャパン】

 野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦(マイアミ・ローンデポパーク)を米国と戦い、3ー2と下し、14年ぶりの世界一に輝いた。

 投げては今大会、チーム最少防御率となった鉄壁の侍投手陣が最少失点に抑え、打っては村上宗隆、岡本和真に本塁打が飛び出すなど、メジャーリーガーが勢ぞろいした米国代表相手に力と力のぶつかり合いを制し、第2回大会以来の覇権奪回となった。

 光ったのは日本が誇る、足をからめた攻撃にもあった。「7番・二塁」で先発出場した山田哲人は2点リードで迎えた6回2死無走者の場面、四球で出塁すると、続く源田への初球で右腕アダムのモーションを完璧に盗み、悠々と二盗を成功。世界最強捕手の呼び声高いリアルミュートの強肩も阻み、しっかり仕事をしてみせた。
 
これにはテレビ解説を務め、ヤクルトOBでもある古田敦也氏が「(投手が)クイックないというデータをしっかり頭に入れてたんでしょうね。完璧な盗塁でしたね」とたたえた。山田は8回にも盗塁を決め、いずれも得点にこそ結びつかなかったものの、足でしっかり米国チームにプレッシャーをかけた。

 これにはネット上も「世界一美しい盗塁」「やはり頼りになる!」と大盛り上がりとなった。

 今大会では準決勝で代走を務めた周東佑京のあまりにも早すぎる走塁シーンが「神走塁」と話題となったが、日本が誇る足のスペシャリストたちもしっかり側面から日本の快進撃を支えていた。

 山田は本大会に入るまでは不振に悩まされ、1次ラウンドでは牧秀悟と併用だったが、アメリカに渡って準決勝以降はスタメンに起用された。国際大会に強いという前評判通り、走攻守にわたって存在感を示した。

 世界一達成には「めちゃくちゃ嬉しいですね。それを目指してきたので、達成できて良かった」と感慨をにじませた。

 さらに今大会では声だし応援が解禁、自身の応援歌を久々に聞いたことで「ちょっと聞き入ってしまって。初球から振れないな、ちょっと待とうかなと思ってしまった」とファンの応援の力にも後押しされたと話していた。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x179)・拡大画像(640x359)

 WBC日本優勝、おめでとうございます。

 応援の仕方は人それぞれ。
 私の場合は山田哲人選手を中心に、ヤクルトの4選手が活躍するかどうか。このあとのシーズンインに、スムーズに入っていけるかどうか。そこばかり気になる。

 今日の決勝戦も、いろいろと印象的なシーンがあった。
 今永、戸郷、高橋宏、伊藤、大勢、ダルビッシュ、大谷の豪華リレー、村上の同点に追いつくホームラン、岡本のダメ押しホームランなどなど。
 でも私はやっぱり「てつとー」。
 盗塁王を何回もとった山田選手だが、ここ3年の盗塁数は8、4、10。「どうしたんやろう」とずっと心配だった。
 ところが今日は、大リーグバッテリー相手に2盗塁。うれしいねえ。

 「まさか、てつとの2盗塁は話題にもなってへんにゃろなあ」と検索してみると、上の記事が出てきましたがな。
 「世界一美しい盗塁」って、うれしすぎる。

 山田選手、村上選手、中村選手、高橋投手、ヤクルトの4選手ともいい感じでシーズンインできそう。
 山田選手には、4回目のトリプルスリーを目指してほしい。

 「応援に行こうぜ!」

----------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後6時過ぎから。

 今は体のあちこちが痛く、走り出してみないと走れるかどうかわからない。
 こういうときは北へ行く。北に行くほど上り坂なので、無理して走ろうと思っても走れない。ゆっくり、ゆっくり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 市原野保育園まで行って折り返し、ミニストップまで戻ってくる。

 ここで5月に行く「エスコンフィールド」のチケット受け取り。ほんとうはバックネット裏の一番打者に近い席を取りたかっが、二人で30000円。それは無理。それで、レフト外野席の前の方を取った(4200円×2)。ここでしんぼう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みーちゃんのカリカリがなくなってきたので、コーナンへ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 コーナンを出て家に向かって走っていると、後ろからヒタヒタと近づく足音。
 「あー、またハーハーゆうオッサンランナーに抜かれるんかー」と思っていた。
 ところが私を抜いていったは、白っぽいジョグブラと黒のロングタイツの若い外国人女性。
 「かっこよすぎますやん!」

 そのあと見えなくなったのだが、北稜高校のあたりを走っていると向かいの歩道を走られていた。
 「あら、走っていく方向同じですやん。どこの人なんやろう?」
 もうすぐ我が家というところで、向かいの歩道を走っていたかっこいい女性ランナーが横断歩道を渡り、地球研の方へ。
 「あー、なるほど。地球研の研究員さんやったんかー。」
 またお会いできますかねえ・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 約8km、1時間08分ちょっと。
 キロ8分半ペースを超えていた。
 このスピードならどこも痛くはならないのだが、「がんばって走った感」がない。
 むずかしいところです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 みーちゃんに買ったのは、「銀のスプーン 23春限定 贅沢素材バラエティ 静岡県産さばパウダー仕立て 1.1kg」968円。

 ヨメさんは「安いのはあかん」と言うが、みーちゃんは高いのはあまり好かない。安もん好き。
 こればっかりじゃなくて、いろいろ混ぜて食べさせたらいいんじゃないでしょうか。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=6011

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2023


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

十三石山登山ラン

十三石山登山ラン

厚底慣らし

厚底慣らし

めぐみの雨

めぐみの雨

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.