パオパオだより

2017年10月09日(月)

第11回やぶらぶマラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「京都キャロット」の出張販売としては大惨敗。
 10km45分切りをめざした私は今一歩の結果。

 しかし、大きな成果がありました。
 私が勝手に申し込んでいた、ヨメさんの3kmジョギング。いつもなら、「相談もせんと勝手に申し込んだもんなんか出るか―」と一喝されるのに、「私もたまには走らんとあかんな」と。

 「京都キャロットは、走りもせんと口から出まかせを言うランニングショップとはちょっとちがう」がヨメさんの口癖。雑用係である私は、おつりがくるくらい走りまくり、レースにも出まくっている。しかし、眞寿美店長はここ数年は勉強が忙しくあまり走れていない。

 少し暑かったが気持ちいい天気で、順位など気にしなくていい気軽なジョギングの部だったので「出てみよう」という気になったようだ。

 きつい坂が大変だったみたいだが、元気に帰ってきた。走ってみて初めて分かること感じることもあるし、時にはハプニングにも出くわす。
 やっぱり口だけじゃなく、レースにも参加しないとね。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4時前に起き、4時10分自宅出発。
 7時までに会場入りしなくてはならないので、逆算してこの出発時刻になった。
 もちろんまだ真っ暗で、きくも寝たままだったので無理に起こさなかった。きくのためにもできるだけ早く帰って来なければ。

 市内は赤信号に引っかかりまくり、意外と時間がかかった。 
 沓掛ICから京都縦貫道へ。
 亀岡に入るとすごい霧。天気が良くなる朝は霧がすごいと聞いてはいたが、高速道でスピードが出せないくらいの視界。これには参った。

 千代川ICから出て、篠山経由で南丹篠山口ICへ。あとは舞鶴若狭道と北近畿豊岡道の無料区間を経て八鹿氷ノ山ICまで。大会会場はそこからすぐ。

 有料トンネルの料金も入れ、全部で1500円ほど。家から140kmあったので3時間近くかかると思っていたが、2時間10分で到着。余裕を持って出店準備ができた。

 それにしてもずっと霧が出たまま。空も曇っていたので、「ほんまにええ天気になるんかいな」と疑っていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 8時から全天候運動場で受付。
 受付にたくさん並ばれていたので、たくさん出場されるのだと思っていた。ところがプログラムで確認すると、ハーフ135名、10km91名、5km52名、あとは小学生とジョギング。
 この参加者数では、出張販売は苦しい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 受付場所から出店場所が離れていて、お客様が来にくかったかもしれない。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 バッチリ準備ができ、その割にお客様が全然なので、気兼ねなくアップジョグに行かせてもらった。キッツイ坂を見とかなくては。

 もうこのころには空は晴れ渡り、グングン気温が上がって行った。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 下に見える平地。
 「2km過ぎであこまで下りて、平地を6km走ってまた2km上ってゴールなんやなあ。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 2km過ぎ(帰りの8km手前)の給水所係の役員さんと少ししゃべって折り返し。
 この先はほとんどアップダウンがないらしい。案外、この先の平地6kmが勝負の分かれ目かも・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 4.5kmほど走って戻ってくると、ハーフに出場される選手が集合していた。
 ヨメさんに聞くと、私がアップに行っている間もお客様はなかったそうだ。
 こりゃいかん!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時30分、ハーフの部がスタート。
 広い道路を130人ほどなので、もったいないくらい。なんで、もっと参加者が増えんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の10kmは、9時45分スタート。

 養父市イメージキャラクター・やっぷ―とツーショット。

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

 ますみちゃんともツーショット。

※「やっぷー」
 養父市の新しいイメージキャラクターとして、やぶ市観光協会との協働により平成22年に誕生しました。
 養父市の旧4町の特色を表現し誕生した『やっぷー』が、自然の豊かさやまちの暖かさ、ひとびとの優しさ等養父市の魅力を伝えながら、小さな子どもたちから大人までに夢や癒しを与えていきます。
 原作者(養父市在住の女性)の説明:『やぶに掛けて名前は「やっぷー」にしました。全体的には自然の緑の豊かさを表すグリーンにまとめ、頭のとんがりは「氷ノ山」、マフラーからは「天滝」の水の流れを、そして手足の緑で「妙見杉」を表せるようイメージして描きました。』

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートの写真をヨメさんに頼んでおいた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 おう、なんてこったい!
 ヨメさんの目の前を通ったのに、「このハゲー」写真しか撮れていなかった。

 さて、レースは・・・。

 スタートして100mほどで長い下りに。
 何人かが私の前にいたが、ブーンと飛ばすランナーはいない。しびれを切らした私は、500m地点あたりからトップに躍り出た。そこから1.5km地点あたりまでトップ。先導バイクのすぐ後ろを、風を切って走る気持ちよさ。ここの写真を撮ってほしかったなあ。

 1km 3分31秒
 2km 7分07秒(3分35秒)

 下り2kmの目標が8分だったので、でき過ぎ。下りなら、まだこれくらいで走れる力が残ってたんですね。

 2km過ぎから平地。
 下りでだいぶ離したはずなので、すぐに抜かれることはないと思っていたのに、60歳以上と思われるランナーに続けて3人抜かれた。おかしい。

 4kmあたりから川沿いの道。
 5kmまでは4位のまま。

 3km 11分22秒(4分14秒)
 4km 16分01秒(4分39秒)
 5km 20分23秒(4分32秒)
 6km 24分59秒(4分25秒)
 7km 29分30秒(4分31秒)
 8km 34分28秒(4分58秒)

 平地6kmは27分21秒。
 やっぱりここが弱かった。目標は26分ですから。
 5kmすぎに1人抜かれて5位。
 そのままきつい最後の上り坂へ。ここで抜かれると、6位以内入賞も危うくなる。最後の力を振り絞れ。

 9km 40分16秒(5分47秒)
10km 45分53秒(5分36秒)

 最後の2kmは11分25秒。目標が11分だったので、まあまあ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 ヨメさんがゴール前の写真も撮ってくれた。
 トップのランナーが帰ってきたときからずっと待ってくれていたらしい。ありがたい、ありがたい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 坂を上り切って、ちょっとだけ下がって、全天候運動場の裏を回ってゴール。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 下り2kmはでき過ぎ、平地6kmダメダメ、上り2kmはがんばった。
 45分53秒、60歳以上男子の部第5位。
 満足な結果ではないが、メリハリがあるおもしろいコースが走れたのは満足。

 帰って来てひと言。
 「コースにヘビが2ひきもひかれとったわ。」
 「それって、夫婦ちゃう?」とヨメさん。
 「いやいや、全然ちがう場所やし。」
 ゴール後の会話としては、なんか変。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 これは、私のゴール直前にスタートした小学生2kmの部。
 「みんなガチですごい」とヨメさんが言っていた。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 さあ、ヨメさんの3kmジョギング。
 スタートを撮ろうと思ったら、入賞者表彰の呼び出しアナウンス。仕方ないので、スタート3分前の元気な姿を撮っておいた。
 今日は、ゼッケンベルトに抽選券2枚をぶら下げて。なんのアピールなんでしょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 表彰式が終わって外に出ると、坂を駆け上がるランナーの姿が見えた。
 「あっ、あの帽子はますみちゃん・・・。」
 見つけても声が出ない。手術のあと、人を大声で呼ぶことはできなくなってしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「28分くらいかかる」と言っていたが。残り500mの所に18分くらいで帰ってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 歩かず、ちゃんと走ってるやん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 全天候運動場に入り、残りは直線50m。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 そこに突然現れし・・・、刺客か!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あわわわわ・・・。」

 ゴールテープ直前で追い抜かれるって、たとえジョギングでも悔しいもんです。
 ヨメさんも「やるなー」と、その刺客にひと声かけたらしい。
 よかったやん。レースに出てこそのこんなシーン。なかなか味わえへんで―。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ハズレなしの抽選会。
 ヨメさんの二人前のランナーがお肉を当ててはった。次のランナーがすかさず「まだお肉は残ってますか」と聞いておられた。「ありますよー」との答えで、ヨメさんも俄然やる気満々。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私の分とで二人分の抽選。
 里いもとタオルが当たり。
 ジョギングの部は、参加費500円で同じように抽選にも参加できるのですごくお得。その割には参加者が少なかった。なんででしょう。

 きつい坂がある以外は、至れり尽くせりの大会。それなのに参加者が極端に少ないのが納得できなかった。もちろん「京都キャロット」は大赤字。

 まあ今日は、夫婦そろって気持ちよく走れたということで良しとしましょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 よもぎ餅や豚汁を買って、軽く腹ごしらえをしてから後片付け。
 ほとんど何も売れていないので、その後片付けもあっという間にできた。
 午後1時過ぎに会場出発。

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

 帰りは、道の駅・但馬のまほろばで昼食。
 私は天丼(650円)。

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

 ヨメさんは、岩津ネギ入りラーメン(650円)。

 食べ終わったら家へ直行。
 やっぱり帰りは何か所かで渋滞があり、3時間以上かかってしまった。

 5時すぎに家に到着。
 昨日の夜から散歩に行っていないきくが心配。
 玄関を開け、「きくちゃん、きくちゃん」と呼んでもなかなか出て来ない。しばらくすると眠たそうな顔をしてもそもそと出てきて。たぶんずっと寝てたんでしょうね。
 きくに何事もなくて、よかった。

-------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくにさびしい思いをさせたので、久しぶりの2人ひきのお散歩。
 きくは、しっぽピーンで大喜び。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 途中でオバサンの「ガウガウごっこ」サービス。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも、きくはオバサンがこわいから心から遊ぶことができない。
 うれしいような、そうでもないような・・・。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=3895

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「サラエボの花」

「サラエボの花」

第75回勝手に国労応援ラン

第75回勝手に国労応援ラン

第24回やぶはら高原ハーフマラソン

第24回やぶはら高原ハーフマラソン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.