パオパオだより

2018年03月14日(水)

年金のお勉強 [雑用]

画像(320x239)・拡大画像(375x281)

◎日本の年金(ウィキペディアより)

 日本の年金制度(にほんのねんきん)は、基礎年金制度である国民年金、および所得比例年金である被用者年金が存在し、国民皆年金が達成されている。どちらとも老齢給付、障害給付、遺族給付の機能を持つ。

 歴史的経緯として、第二階部分である被用者年金が先に制度化されており、これは所得比例拠出型の社会保険である。保険料は事業主と折半して拠出し、保険者には政府管掌の厚生年金と共済組合管掌の共済年金が存在する。

 さらに戦後となってから、第一階部分を担う政府管掌の国民年金が制度化された。これは基礎年金に位置づけられる定額拠出型の社会保険であり、国民年金法を根拠として1961年にスタートした。20歳以上60歳未満の者は国民年金への加入資格を持つ。国民年金導入時の男性の平均寿命は65.32歳、 女性の平均寿命は70.19歳だった。そのため55歳から支給された厚生年金を会社員男性は10年間、今も65歳から支給される国民年金は披扶養女性らが5年間程度受給するような制度だった。

 2015年からは社会保障・税番号制度(個人番号, マイナンバー)が導入され、基礎年金番号との連携が2017年より開始された。
--------------------------------------------------------------------------------

◎国民年金と厚生年金ってどんな制度?仕組みを分かりやすく簡単に解説(老後資金の教科書より)

 公的年金には「国民年金」と「厚生年金」の2種類がありますが、とりあえず「65歳になると年金が受け取れるものだと思っている」。程度の知識しか年金について知らない。という方は案外少なくないものです。
 それは、本人が悪いという側面もあるかもしれませんが、なにより年金制度が複雑怪奇であり、日本年金機構のサイトも難しい文字ばかりで読むのも大変。というのが原因として挙げられるでしょう。
 そこで、公的年金である「国民年金」と「厚生年金」について、できる限り分かりやすく簡単に説明をしたいと思います。


■公的年金の1階は国民年金・2階は厚生年金で成り立っている

画像(320x154)・拡大画像(640x308)

 まず、公的年金がなぜ1階、2階と呼ばれるのかと言うと、誰もが受給する権利を持つ国民年金が1階部分となり、国民年金よりも受給できる人が減る厚生年金が上に乗っかるイメージを分かりやすく伝えるために1階、2階という呼び方をします。上記の図がそれを示したものになりますのでご確認ください。

 それでは、国民年金と厚生年金がそれぞれどのような仕組みなのか出来る限り分かりやすく簡単にお伝えしたいと思います。

■国民年金とは

 国民年金とは、日本に住む20歳以上60歳未満の方が年金保険料を納め、原則65歳以降に受け取りができる公的年金です。そのため、保険料さえしっかりと納めていれば誰でも受給することができると覚えておきましょう。

■国民年金の保険料はどのくらいの期間納付するのか

 先ほどお伝えした通り、国民年金を満額受給するためには20歳から60歳までの期間を滞りなく納付する必要があります。一方、満額受給でなくても国民年金は受給することが出来ます。国民年金の受給資格は平成29年8月より10年間納付した方でも満額とはなりませんが、国民年金を受け取ることができます。

 平成29年7月末までは25年間納付しないと国民年金の受給資格を得ることができませんでしたが、平成29年8月より10年間保険料を納めることで受け取りができるように改正されています。また、厚生年金も同様に25年から10年の保険料納付で受給できるように改正されています。

■国民年金の保険料はいくら?

 国民年金の保険料は、平成29年度で16,490円となっています。この金額は毎年変わりますが、年々緩やかに増加していますが平成29年3月の値上げで固定となりますので、当面は保険料が増えることは無いでしょう。(物価連動により多少の増減は発生する)

 国民年金の保険料の推移は以下の図をご確認ください。

画像(320x159)・拡大画像(640x318)

■国民年金が受け取れる時

 一般的な65歳時点で支給される国民年金を「老齢基礎年金」と呼びます。何も問題なく保険料を納めていれば65歳で誰でも受給することができます。また、65歳前でも国民年金を受け取れる場合がありますので国民年金の3つの種類をお伝えします。

1.65歳時に受け取れる「老齢基礎年金」
2.障害者になった場合に受け取れる「障害基礎年金」
3.加入者が死亡した場合に遺族が受け取れる「遺族基礎年金」

2番と3番の状態になった場合は、65歳を前にしてでも国民年金が受け取れますので覚えておきましょう。ただ、「遺族基礎年金」は子供を支えることを目的にしていますので、18歳未満の子供がいない方は支給されません。


■厚生年金とは(省略)


■国民年金と厚生年金の受給額はいくら?

 国民年金を20歳から60歳までしっかりと納めた場合の満額受給額は、平成29年度で77万9300円となります。詳しくは「平成29年度|国民年金(老齢基礎年金)の満額支給は年額77万9300円」をご参照頂ければと思いますが、平均的な支給額は国民年金(老齢基礎年金)が月額55,244円、厚生年金(老齢厚生年金)が月額147,872円となっています。
---------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

今日の昼食は902円、痛い

 今日は寮1(二条)17時間だと思っていたら、寮長さんの勘違いで8時間半だった(8時半から17時)。 
 昨日で寮生は全員退寮したので、ガランガラン。各所の修理業者や貸ふとんの入れ替えなど、出入りは激しかったが私がすることはほとんどない。そういう意味ではヒマだった。

 昨日の続きで、年金についてもうちょっと調べてみた。
 ずっとサラリーマン、または逆にずっとサラリーマンじゃなかった人は分かりやすい。
 私のように「35歳まではサラリーマン(公務員)、年金を納付しない空白期間4年の後、21年ほど国民年金を納付」という人間はややこしいったらありゃしない。

 私が納付したと思われる金額は以下の通り。(35歳から60歳)

 1991年  9000× 0
   92   9700× 0
   93  10500× 0
   94  11100× 2  22200円
   95  11700×12 140400円
   96  12300×12 147600円
   97  12800×12 153600円
   98  13300×12 159600円
   99  13300×12 159600円
 2000年 13300×12 159600円 
   01  13300×12 159600円
   02  13300×12 159600円
   03  13300×12 159600円
   04  13300×12 159600円
   05  13580×12 162960円
   06  13860×12 166320円
   07  14100×12 169200円
   08  14410×12 172900円
   09  14660×12 175920円
   10  15100×12 181200円
   11  15020×12 180240円
   12  14980×12 179760円
   13  15040×12 180480円
   14  15250×12 183000円
   15  15590×12 187080円

 さて、その合計は・・・。
 3526360円なり。
 おう、352万円。今すぐ、くれー。

 こんなに払ったのに、65歳からで年間わずか41万円の支給ですか。2年前倒しにしたら36万円。
 10年生きて、やっと元金返還かー。利子もついとるやろから10年以上生きなあかんね。

 私の10年後は72歳。
 無理と思う。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2018年03月13日(火)

「あなたの人生、エラーです」 [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(350x263)

上京年金事務所

 「藤井さんのブログは、見るたびにドキドキです。何が起こるか分からないですから」と下村さん。
 「そうでしょう。自分でもドキドキなんですよー」と私。

 おとついの帰り間際、二人の間にこんな会話があった。
 下山さんも、ドキドキしながらしっかり見てくれてはんにゃなあ。
 いい記事を書かなくては。
---------------------------------------------------------------------------------

 今日はドキドキするようなことではありません。
 私の年金支給の手続きです。

 去年12月の誕生日で62歳になった。国民年金の支給は65歳からだが、共済年金は62歳から。私は12年近く教師をしていたので、微々たるものだが年金が出るはず。ところが何のお知らせも来なかった。

 おかしいと思い、公立学校共済組合本部に問い合わせてみた。すると、「藤井様宛に日本年金機構より平成29年7月以降に請求書類が送付されていたことになっておりました」とのお返事の手紙が。
 退職後3回引っ越しをしているので、その書類が届かなかったということだろうか。

 とりあえず、そこから取り寄せた「年金請求書」の分かるところだけ記入し上京年金事務所へ。本当は予約をしないと受け付けてもらえないらしいが、朝一番なら何とかなると言われ朝一番に。

 ここでは共済年金の分も受け付けてはもらえるが、試算金額は分からないとのこと。それは公立学校共済組合のほうに聞かなければならない。
 そこで、国民年金支給時期を前倒しした場合の試算をしていただいた。

 私は教師退職後、お金がなくてしばらくは国民年金を払えてなかった。被保険者月数は、退職した35歳から60歳までの301か月。しかし実際に支払ったのは254か月。約4年分払っていなかった。
 これで計算していただくと、65歳から支給される年金見込額は412380円。それを今すぐ前倒し支給してもらうと、33か月の前倒しで16.5%減額の344337円。
 これを月平均にすると、34365円→28694円。月に5401円減。これが死ぬまで。

 あっそうそう、年金前倒し支給を考えたのは、甲状腺低分化癌の5年生存率が50%台と分かってから。私の場合、癌宣告を受けたのが60歳。その5年後って65歳やん。下手したら、びた一文も支払われない可能性もある。それやったら、減額されても生きているうちにもらっときましょかという感じ。

 あとは、共済年金がいくら出るかや。
 公立学校共済組合本部に電話すると、「まず、待機者番号を教えてください」と言われた。そこで、請求した書類に添付されていた8けたの番号を言った。

 「あれっ、エラーですね。番号まちがわれていませんか。」
 「そちらから送られてきた印刷物に書かれた番号を見て言っているので、まちがいようがないでしょう。」
 「そうですよね。どうしてエラーになるのかなあ・・・。」

 しばらく間。
 「あなたの人生、エラーですね」と言われているみたいで、だんだん腹が立ってきた。

 「お名前と誕生日で調べなおしてみます。分かり次第こちらからお電話させていただきますので、しばらくお待ちください。」

 だいぶたってから電話がかかってきた。私の確認はできたが、住所変更の手続きをしてもらわないと、正しい待機者番号も試算金額も電話では教えられないとのこと。人の番号勝手にまちがっといて、えらい高飛車じゃ。次に問い合わせる時、どうせ―ちゅうねん。

 けっきょく、なぜまちがった番号が来たかは分からずじまい。しかし、ここでハタと気づいたことがあった。
 去年の12月から、公立学校共済組合本部には3回電話を入れている。今日も含めてその3回とも、対応されたのは同一人物。

 今日「あれっ」とか言ってしらばっくれてましたけど、まちがった番号を送ってきたのはあなた、Iさんですよね。
 第一、住所が変わっていることを前に告げて、ここに年金請求の書類を送ってきているのに、なんでその時いっしょに住所変更手続きの書類を入れとかんかなあ。
 「私の人生がエラー」じゃなくて、Iさん、「あなたの仕事がエラーだらけ」なんじゃないでしょうか。

 共済年金の見込額が分かってから、国民年金の前倒し時期を決めようと思っていたのに。しかし、それが分かるのはまだまだ先になりそうだ。

 共済年金が2万円ほど、国民年金が2年前倒し(12%減)で3万円、合わせて5万円くらいにならんかなあ。わずか5万円では、とても生きてはいけんけど・・・。
 ああ、お金の話はしんどい。

--------------------------------------------------------------------------------------
【RUN】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は走る時間があったのに走っていません。
 あまりにも腰の左が痛くて。
 お腹がましになってきたら、今度は腰の痛みがぶり返し。
 当分レースに出る予定もないし、無理せんとこ。

 今日は久しぶりに二人でスーパーに。
 「このごろ全然果物食べてへん」という私の不満にこたえて、イチゴを買ってもらった。ほんま久しぶり。ちょっと酸っぱいのがまたよくて、すごくおいしかった。

 明日はまた寮1(二条)17時間で走れない。
 あさっては、ちょっとでも走ろうっと。

--------------------------------------------------------------------------------------
【今日のきく】

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今週は月水金とバイトなので、きくの散歩がほとんどいけない。
 今日はその分サービスで、長めのお散歩。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「さあ、きくジャンプやでー」と何回もけしかけたが、今日はその気にならず。
 公園には人がおり、私がきくをけしかけていた声を聞かれてしまった。
 「虐待じゃないんですよ。今日はうちの犬の調子が悪かっただけで・・・」と言いたかったけど、そのままシューと帰ってきた。
 次はきげんようジャンプしてやー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年02月20日(火)

金策巡り [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

左京区役所

 今日は仕事はお休みだが、雑用がいっぱい。

 まずはあるお金をかき集めて銀行口座に入金。少しでも問屋さんに支払わなくてはならない。どこを探しても、ほんとに少ししかありませんでした。

 次に左京区役所へ。
 「国民健康保険限度額適用認定証」をもらいに。(いわゆる、高額療養費を自己負担限度額まで下げてもらう証書。)私の場合は、月に57600円を超えるとそこで止めてもらえる(食事代などは別途)。

 通いなれた1階8番窓口へ。
 「ちょっと調べてきます」と係の方が席を外された。
 「先月の健康保険費が支払われていませんね。」
 「はい。入院してたもんで。」
 「お支払いがないと、認定証は出せないんです。2階でお支払いができますので、そのあとでもう一度来ていただけますか。」
 「いえ、とりあえずここに一番に来たのでお金は持って来ていません。一回家に帰って、銀行によってお金をおろしてからでないとお支払いはできません。時間がかかるので、午後にもう一回来ます。」

 私がそう言うと、奥に引っ込まれ上司に相談されていた。 
 上司登場。
 「今日明日中くらいにお支払いしていただけますか。」
 「はい、このあと行こうと思ってたんです。」
 これでやっと手続きが進んでいった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 家に帰って、ヨメさんにその話をした。
 「なんて―! 誰のための制度やねん! 病院に払うお金に困って来てるもんに、『認定証は出せん』てか。アンタらからお金もらうわけじゃなし。私やったら、そこで暴れまくってるなあ。」
 私はお坊ちゃん育ちなので、とてもヨメさんのように暴れることはできません。
 ただ、ずっと支払いを続けていて、たまたま先月の支払い分が遅れていただけの者にこの対応は確かにおかしいと思った。未納常習者への対応みたいでした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

JA京都中央市原野支店

 その次は、JA市原野へ。
 医療共済から入院費などを支払ってもらう手続をしなくてはならない。今回は胆のう炎なので、がん共済のほうはダメらしい。痛いねえ。がん共済も毎月5200円ほど払っているのに・・・。
 まあそれでも、医療共済から5000円×10日で5万円は出るんでしょうね。(医療共済は、毎月7800円も払っている。)
 早く病院で証明書を書いてもらわなくては。

画像(320x238)・拡大画像(640x477)

みずほ銀行出町支店

 さて、いよいよ最大の金策。
 と言っても、最後のなけなしの定期預金解約です。これだけは命の危機が迫るまで残しておこうと思っていた預金。もう今が、ある意味「命の危機迫る時期」なのかも。

 担当してくださった窓口のおねえさん(さきさん)が、すごく感じのいい方でよかった。私の歳なら「オレオレ詐欺に引っ掛かってるかも」と思われてもしょうがないくらいなのに。
 せめて数万円だけでも残しておこうと、最近入れた分だけを指定し手続きをした。するとしばらくして、古い方を残した方が利息がいいと教えてくださった。ちなみに新しい方は0.01%、古い方は0.3%だった。なんと30倍ですか。

 ここでおろしたお金で、国民年金(ヨメ・真樹の二人分)2か月分、国民健康保険2か月分、市民税・府民税、固定資産税などを支払った。それにまだ支払いしていない入院費があさって、商工中金からの借入金の返済が月末。これらを合わせると、もうほとんど残らない。
 もう、定期預金もないぞー。これからどうしましょ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私のメインバンクは、なぜかみずほ銀行。
 藤井と富士が似ていたので、教師に採用されたときに富士銀行の口座を作った。もちろん、その時はみずほ銀行になるとは夢にも思いませんでしたけど。

 口座を作るとき、「毎月27日に普通預金の残高が○万円以上あると、勝手に定期に振替できるシステムがあります。ぜひ」と勧められ申し込んだ。そして、それから今までそのまま。約38年間(456か月)。私は3万円で設定してもらったので、毎月必ず振替えられ一度もおろさなかったら1368万円!(たぶん、実際は合計最高100万円を超えたことはない。)

 教師をしていた時は順調に定期預金に回っていたが、やめてからはガタガタ。おろす方が多くなってしまった。今回の解約で、何とか9万円だけ残すことができた。あー!

 とっくの昔になくなった富士銀行のキャッシュカードを、今も使い続けている変なオッサンがおりますでー。私ですけど。残高しょぼいですけど・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2018年02月19日(月)

仕事復帰 [雑用]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

仕事中は老眼鏡をひっかけて

 今日から仕事復帰。
 と言っても、いつもの寮の管理代行のバイトですけど。

 本来9日(金)の勤務だった分を、入院して来れなかったので無理やり今日に振り替えてもらった。そのため、今週はけっこうハードなスケジュールになった。

 19日(月) 寮2、24時間
 20日(火) 休み (左京区役所へ高額療養費申請、そのほか金策巡り)
 21日(水) 寮1、17時間
 22日(木) 胃カメラ検査
 23日(金) 寮2、24時間
 24日(土) 出張販売荷物積み込み
 25日(日) 「宇治川マラソン」出張
 26日(月) 寮1、17時間

 こうして見てみると、明日くらいしか走れる日がない。
 って、もうしばらく走らんでいいのか。

 「宇治川マラソン」には、真樹が沖縄から手伝いに帰って来てくれる。
 そして、28日(水)に家族5人そろって日帰り旅行に行く予定。それを励みにして、しっかり働くことにしよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ただいま、寮2のパソコンにトラブル発生中。
 私の仕事は、パソコン画面を見て寮生の入退館や喫食状況を調べる。そのパソコンが使えないので、仕事量はいつもの半分くらい。ただし、時間は長い長い24時間であることは同じ。

 ヒマな分、いつもの朝日・日経チェックは入念に。
 朝日では、「教えて!憲法 基本のき」という連載がよかった。分かっているようですぐに忘れてしまう憲法は、何べんも何べんも繰り返し読まなあかんね。

 日経は、いつもの「がん社会を診る」。
 2月7日の「赤ら顔で飲酒、リスク高める」がよかった。エタノールが肝臓で「アセトアルデヒド」に分解され、それをまたALDH2ちゅうやつが酢酸に分解して解毒する。ALDH2の遺伝子には分解力の強い型(正常型)と乏しい方(欠損型)があり、両親から受けた遺伝子のうちのどちらか一方が欠損型である「部分欠損型」が日本人の45%を占める。
 これや、これ。うちは父親が酒飲み、母親は一滴も飲めなかった。私は典型的な「部分欠損型」ですね。これで大量に飲酒すると、食道がんのリスクがすごく高くなるらしい。もうかなんで、新しい病名をもらうんは。きーつけよう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 仕事はほぼ一日中座ったままなので楽。
 心配なのは食事。避けた方がいいものばかりのメニューの可能性もあったので、家から海苔とかマメの炊いたんとかを持ってきた。まあ、今日のおかずはぎりぎりセーフかな。量をだいぶ減らしたから、胆のうへの負担も少なかったように思う。

 これから寮の管理代行が続き、寮の献立のものを食べなくてはならないことが多いので、慎重に慎重に。まずは食べる量を減らすことからですね。(寮の献立を載せたいのだが、会社からそれはダメという通達がありました。)

 今日の食事コントロールはまずまずうまくいった。この調子、この調子。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年01月17日(水)

執筆活動 [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮1(二条)17時間。
 朝6時前に家を出るのだが、今日は8℃もあり暖かかった。

 「ねっとわーく京都」の原稿締め切りが明日。ちょうどよかった。今日は原稿書きの内職をしよう。
 一応、お昼12時から4時までは休憩時間ということになっている。もちろん電話対応などはあるのだが、その間にマイパソコンをいじっていても特に問題はない。
 私の連載分は2200字だそうだ。このごろは慣れてきて、だいたいその範囲に収まるように書けている。しかし、最初のころは書きたいことがいっぱいあって、たいてい字数オーバーしていた。

 「ねっとわーく京都」は、もともとは京都市職労(京都市職員労働組合)から生まれた月刊誌らしい。(創刊30年)
 市職労と言えば、私の兄・藤井優三。私とちがって堅実な兄は、京都市職員を40年勤め、組合活動のほうもがんばっていたらしい。

 今日、「ねっとわーく京都」のMさんからメール。
     ◇     ◇     ◇
 いつもご苦労様です。
 明日18日(木)が、今年最初の締め切りです。
 よろしくお願いいたします。

 2月号を読んだ高齢の市職労組合員から「パオパオの藤井さんてあの藤井さんと兄弟?」と訊かれました。
 「あの藤井さん」を知ってる人も少なくなりました。
     ◇     ◇     ◇
 こんばんは、藤井です。いつもお世話になっています。
 現在執筆中ですので、うまくいけば今日中に送れると思います。

 「あの藤井さん(優三)」も、2月の誕生日で69歳です。私と顔は似ているのですが、性格はかなりちがい、地元では「賢兄愚弟」の典型のように思われています。兄のような堅実な生き方はとてもできませんでした。

 ランナー仲間から「ススムさん」と呼ばれている気さくな稲嶺名護市長の再選を応援したいです。
     ◇     ◇     ◇
 京都市職員と何の関係もない私が、連載を86回も続けていることがみなさん不思議だったでしょうね。(年11回の掲載なので、間もなく8年。)
 そうです。私は「あの藤井さん」の愚弟です。
 前回、父の誕生祝に集まった子どもたちの写真を「ねっとわーく京都」に載せさせてもらったので、私が優三の弟であると気づいた方があったようです。

 あんまり大したこと書いてないんですけど、まだ連載続けていいんでしょうかねえ。楽しみにして読んでくださっている方は、どれくらいいてくださるんでしょう。
 まあ、「打ち切りです」と宣告されるまでは続けさせてもらいましょうかねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年12月27日(水)

年賀状あて名書き [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日は寮1(二条)17時間。

 いつも朝10時半過ぎくらいに、おそうじのKさんがコーヒーを買ってきてくださる。毎週必ず勝ってきてくださるので、本当にありがたく、頭が下がる。
 「また沖縄行ったときに、おみやげ買ってきますし―」と言ったものの、ついこないだ行ってきたのに忘れてました。すいません。今度は必ず。

 せっかく年賀状が完成したので、できるだけたくさんあて名書きをしようと思っていた。いつもはあて名だけを書いて急いで出していたのだか、今回は時間的な余裕があり、ひと言書いていた。それをすると、意外と時間がかかる。

 そんなことをしているうちにアクシデント発生。寮生が自転車で転倒。その対応にあたふた。年賀状のあて名書きどころではなくなった。
 もちろん、そんな内職をしようと思ったことがまちがい。しっかり本来の仕事せな。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 真樹から、「パオパオの年賀状を10枚ほど送って」とメール。最近、真樹は私の作った年賀状にコメントを付け加えて、自分の年賀状として出している。それはそれで、まあええか。
 JAでもらってきたアンパンマンのカレンダーも欲しいらしい。明日、他のもろもろもプラスしてかあちゃんに送ってもらおー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

またまた、こたろう写真集

またまた、こたろう写真集

第22回全日本びわ湖クロスカントリー・続き

第22回全日本びわ湖クロスカントリー・続き

投票ラン

投票ラン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.