パオパオだより

2010年07月07日(水)

中野さんイメージダウン作戦 [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「今度、『中野さんイメージダウン作戦』という題でブログ書きますわー。へへへー。」
 「えー、中野さんに焼きもちやいてんじゃないのー。」
 「サロマ前夜交流会」で同席しておられた高久さんの奥様がそう突っ込んでこられた。

 焼もちとちがうんですよ。
 私は、どの世界でもがんばっておられる人に対して素直に認められないようなところがある。どんなすばらしいことをしておられたとしても、それがいろいろな犠牲の上であったり、その人だけの特殊な状況の上でのみ成り立っているとしたら・・・。それだと、多くの人の共感を呼ぶことはむずかしい。

 中野勇人さんは一般からは関心が薄れてしまった「JR不採用問題」の解決の糸口をさぐろうと、「国会前54日間連続フルマラソン」を決行された。これは、ギネス登録はしておられないが、実質世界記録。
 その46日目、私も1日だけいっしょに走らせてもらおうと思い、前夜、中野さんの携帯に電話した。電話する前は、「ギンギンギラギラの声のでかいオッサンが出たらどうしょう」と思っていた。申し訳ないけど、そういうイメージを持っていた。
 ところが、電話の声の主は常識のある落ち着いた声の方だった。「あれー、普通の人やん。」
 その日の夜、東京行きの夜行バスに乗り国会議事堂前へ。スタート地点には私が先に着き、しばらくすると中野さんが現れた。中野さんは、私とそう体格の変わらないおだやかな人だった。「あれー、普通の人やん。」

 このとき、私は確信した。
 「この『国会前54日間連続フルマラソン』は、中野さんのような一見どこにでもいそうな普通の人がやっているからこそすばらしい。」
 それに加えてこうも思った。
 「ごく普通の人をここまで駆り立てた『JR不採用問題』のことを調べてみたい。」
 それまでほとんど関心のなかった私の関心を引いただけでも、このアピールは成功と言えますよ。

 さて、本題の「中野さんイメージダウン作戦」を。
 ヨメさんと中野さんの話題になると、必ず「家族はどう思ってはんにゃろ」ということになる。これだけは、ご本人に聞かないと分からない。幸い、「サロマ前夜交流会」に、中野さんの次男君が出てきてくれた。私はすかさず隣りの席をゲット! さあ、根掘り葉掘り・・・。

 「お父さん、龍二君の中学生のときから徳島に行ってしまわはったやん。それをどう思っているかなあと思って・・・。」
 「もう7年になるのでいないのが当たり前になって・・・。もう慣れました。いつも家族のことを考えてくれているのは分かるんだけど、一番いてほしかった肝心な時にいなかったから・・・。」
 (うーん、これは評価の分かれるところか・・・。でも、この「一番いてほしかったときに・・・」というのは今後一生言われそう。)

 「龍二君、映画の中で、『お父さんは頭が悪い』って言ってたやん。そのへんは?」
 「悪いと思いますよ。それなのに、ぼくらには『勉強しろ、勉強しろ』ってうるさいんですよ。自分がしなかったくせにね。」
 「えー、中野さん、そんなんゆうん。意外やなー。」
 「それにね、自分の机はぐちゃぐちゃなくせに、『部屋をきれいに整理しろ』とうるさいんですよ。たまに帰ってきたと思ったら、これですから。」
 「えー、中野さん、そんなことも・・・。」
 「あっ、それにね、中野家では腕相撲で一番のものが家で一番えらいということになってたんですよ。それでつい最近ぼくのほうが強くなったら、今度はちがうことで勝負しようとか言い出すんですよ。どう思います。ひどいでしょう。」
 「まあ、そう言わずに。今度はマラソンで勝負しよう。」と中野さん。

 こらあー、何ゆうとんねん、このオッサン。
 「勉強しろ」、「片付けろ」、「勝負は自分の得意分野で」てか? まあ、なんと普通なこと。
 でもそんなごく普通の人をここまで駆り立てたのは・・・。

 中野さんが国労闘争団四国常駐として徳島に行かれてから、「南の国から」というおたよりを出しておられる。(私のこのブログのリンク集「中野勇人さんのページ」から「闘争団のたより」を開き、「南の国から」を見てください。)
 今、私はそのおたよりを最初から読んでいる。もう55号にもなるので、まだ4分の1くらいまでしか読めていない。それでも、中野さんの足跡が少しずつ分かってきてた。もっと早く読めばよかった。

 さあ、私の「中野さんイメージダウン作戦」は成功したでしょうか。(逆効果かな。)

 最後に超貴重なおまけを。
 「サロマ前夜交流会」が終わろうとしているとき、中野さんの次男君に聞いてみた。
 「最後に聞くけど、これだけは人に絶対言えないなあというお父さんの秘密の話してくれへん。」
 「うーん。・・・これ言っていいのかな。
 お父さんが初めてお母さんに出会ったときの・・・。
 『飲みなよ、ベイビー!』と言ってお酒をスーと・・・」
 これは、うけた。

※「南の国から ?8」2004.8.25 (中野さんを訪ねられた奥様の言葉の一部)

 主人も慣れない土地で一人で頑張っていられるのも周りの多くの方々の支え応援があるからだと感じることが出来ました。もちろん本人の努力と人柄もあると思いますが…(妻が言うのもおかしいですが)これからも四国の方々に何かとご迷惑をおかけする事と思いますが、見知らぬ土地で一人で頑張っている主人を勝利解決の日まで支えてほしいと思います。  
 私も少々寂しい日々が続きますが、「亭主元気で留守がいい!」ぐらいの気持ちで納得のいく解決まで頑張りたいと思います。


(注)今日、やっと「サロマ湖100kmウルトラ」の記事を書き上げました。6月27日、28日に戻って見てください。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年07月06日(火)

「誰がなっても同じ」って言うな! [時事]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

わが家族を見守ってくれているきくちゃん人形

 静かな選挙が続いている。

 選挙の時の街角インタビュー。
 「どの候補に投票されるか決められましたか?」
 「誰がなっても同じです。」
 何度同じ言葉を聞いたことか。

 「誰がなっても同じ」って言うな!

 国政では少数派と呼ばれている政党でも、地方自治体の首長選挙で単独推薦の候補を当選させている実績がある。それらの市町村の有権者は、きっと「誰がなっても同じ」とは思わなかったのだろう。
 たいていの場合、そういった自治体の首長は少数与党のため、野党対策に時間が割かれてしまう。しかし、聡明な有権者は4年間の実績をしっかりと見極め、またその人に投票する。そして、再選。
 こんなニュースは、一般の新聞にはまったく載らない。だから、「誰がなっても同じ」と思い込んでいる人は一向に減らない。「誰がなっても同じ」なんてことは絶対無いのにね。

 「当選するあてもないような人に投票するなんてムダ」と言う人もいる。いわゆる「死に票」と呼ばれるもの。私は、その言葉自体がムダだと思う。
 そんなことを言う人には、「何かはっきりと役に立つという人間だけが、生きる値打ちがあるというのか」と問いたい。
 (ん? ちょっと言いたいことがずれてきたかな。)

 とにかく、めんどくさがらずに、投票には行きましょう。
 「誰がなっても同じ」とか、「応援している人の当選は無理やから」とかを投票に行かない言い訳にはしないでおこう。

 私は選挙権を得てから、一度を除きすべて投票に行っています。それは、義務と思って行っているのではなく、投票できるのがただうれしいからです。
 残念ながら、私の投票する候補者が当選することはまれですけど・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年07月05日(月)

帰り道 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

きくのおしりを足でツンツン、「ナニ!」

 「京都キャロット」の出張販売では、かなり遠くまで運転していく。
 行きしは早朝であったり、ヨメさんが通販の電話に出なくてはいけなかったりして二人で話すことは少ない。しかし、帰りは夜遅くなることが多いので、けっこう話をする。

 ヨメさんは仕事熱心なので、仕事の話が多い。私は、ランニングを通じて知り合った人の話をすることが多い。
 夫婦共通の話題は、廉と真樹ときくとあんも。特に、最近は子どもらの親離れが著しいので、私らを頼ってくれるきくのことを話すことが多くなる。
 家が近づくと、「はよ、きくちゃんすいたいなあ」。きくは、私ら夫婦にとっては常習麻薬のような存在です。

 来年、ヨメさんは「サロマ湖50km」に出場するそうだ。でも、この話題は、私からは絶対してはならない。話がどんな展開になったとしても、最後は「ほっといてー」で終わってしまうから。あの狭い運転席と助手席という空間で、ヨメさんを怒らせてしまったら「高速で事故起こす」ちゅうねん。

 ところが、昨日の帰り道ではヨメさんが自分から話し出した。
 「サロマの50km、一人で黙々と走るのはつらいやろなー。」
 「うん、そやけど、誰かれなしにいろいろと話かけてくれはんでー。ボクはいやな人は一人もなかったけど・・・。」
 「いやー、それもなー。誰かさそおっかなあー。でも、○○さんやったら入賞ねらいやろうし・・・、△△さんやったらしゃべり続けはってこっちが疲れるやろうし・・・、××さんは・・・」
 「そんな気の合う人って、なかなかおらへんて。8時間もかかるんやから・・・。」
 「そやなー。『いっしょに走りませんか』ってネットで募集したりもできるんやけど。私のかわいい写真とか載せたら、マニアがいっぱい寄ってきて困るしなあ。」
 「はー? ますみちゃんのかわいい写真てあるん?」
 「あるある、いっぱいある。」

 (さて、ここからが私の本領発揮。発想の超飛躍。)

 「ますみちゃん、現地調達しー。」
 「北海道でかいな。それは無理。」
 「いやいや、いける。中野さんの次男がおるがな。地元北見在住やで。現地調達ばっちりやがな。」
 「でも、若すぎて・・・。、ちょっと気の毒なような。」
 「だいじょうぶだいじょうぶ、ますみちゃんとあの子のお母さんと同い年やん。」
 「そっかー、慣れとるかー。でも、走れるかー。」
 「今はちょっとデブリンやけどな、中学の時、陸上部やったゆうとったで。10kmくらいまでやったら、今でもお父さんに勝てるって。」
 「そうかー。でも50kmやでー。」
 「そんなもん、今から1年後なんやから、もうちょっとやせてもろてやな、8時間で走れるようにしてもらおうやないか。」
 「うーん、それ、ほんまにええかもな。でも、私みたいな初対面の人にちゃんと応対できる?」
 「あっ、それはだいじょうぶ。今な、中野さんが四国常駐になってから出してはるおたより『南の国から』を最初から読んどんね。そしたらなあ、あこの子はお父さんに連れられていろんなとこ引っ張り出されとる。初対面もくそもないって。」
 「そうかー。小さいときからえらい目におうとんにゃ。」
 「まっ、そういうこっちゃな。サロマの前の晩ビアホール行った時かて、ボクに気つこて気つこて。そういう面ではきたえられとるわい。」
 「いやー、本気でたのんでみよかなー。でもなー、こうじさんでもかなりあやしいオッサンやのに、そのヨメさんて、もっとあやしいと思われへんかなー。」

 「あっ、おもろいこと思い出した。そのビアホールでますみちゃんの話題になったときにな、次男君が中野さんに向かって『会ったことあるん?』って聞いたんや。ほな、中野さんが『一回だけな』って答えはったんやー。その時の次男君の顔がなんか複雑やったどー。」 
 「えー、その『一回だけ』って、なんかエロい響き。」
 「そやろ、あれはお母さんに報告しとるどー。」

 ほんま、次男君、昨日くしゃみしとったやろな。
 よそ様の子の話題で、こんなに楽しんでいいんでしょうか。
 さて、ヨメさんの「サロマ湖50kmへの道」は、今後どのように展開していくのでしょうか。ヨメさんに怒られなかった場合に限り、続く・・・。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年07月04日(日)

第23回北栄町すいか・ながいも健康マラソン [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「ますみちゃん、見てみ。」
 「なにー。」
 「ほれ、これな、カミキリムシや。」 
 「へー。」
 「別名、チン○キリってゆうねん。」 
 「なんてー。」
 「チン○キリ・・・。」
 「それって、その頭のはさみではさむっていうこと?」
 「そうやろなあ。」
 「それって、めっちゃ痛いんちゃうん。」
 「そら、チン○切られたら痛いわな。」

 とかなんとか、しょうもないことを言いながら後片付け。今日は、参加申し込みが遅れたためレースに出られず。また一日中雨で、「京都キャロット」の売り上げもさっぱり。
 朝5時半ごろから8時間立ちっぱなしだったせいか、またもやぎっくり腰の症状が・・・。
 しょうもないことでも言いながら動かんと、やってられましぇーん。

 (後で調べて分かりました。関西で「チン○キリ」と呼ばれているのは、カミキリムシではなくハサミムシでした。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝5時起き。
 宿泊先の「はわい温泉」から北栄町の大会会場までは、車で20分ほど。途中のコンビニでおにぎりを買い、食べながらの運転。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 会場に着いた時はまだ雨が降ってなかったのだが、やがて霧雨が。
 「おっと、会場で初めて会ったワンちゃん、写真撮らせてもらおうっと・・・。な、なんや、あいかちゃんやん。」
 京都ランナーズの秋田さんちの愛犬です。それにしても、あいかちゃんとはよう会うねー。
 「あいかちゃんね、スーパーボール追いかけて行ってパクっと飲み込んでしまってね。出てこなくなったんで、取り出す手術したんよー。」
 「いやまー、あいかちゃん、たいへんやったねー。お腹見してなー」と言ってさわろうとしたら、めちゃくちゃ怒ってた。 
 「後で、あいかちゃんにゼッケン付けてくるから、もう一回撮ってねー」とは、飼い主さんの奥さんからのリクエスト。
 「なんぼでも撮らしてもらいまっせー。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「今日も出られるんですか?」
 見覚えのない男性ランナーから声をかけられた。
 「いえ、申し込みが遅れてしまって、今年は出られへんのですよー。このごろ出たい人が多くなってしもて、締切りきびしいですわ。」
 「私もこの大会だけはずっと出てるんです。」
 「どちらからですか。」
 「京都です。」
 「えっ! そしたら、どっかのクラブに入ってはるんですか。」 
 「いや、どっこも入ってません。ただ京都ランナーズの冨田会長と、仕事関係で古くからの知り合いで・・・。嵐山のロードレースとか、前にやってた宝ヶ池の6時間走とか、毎年手伝いに行ってたんですよ。あの大会では周回チェックがたいへんでした。」
 「そうなんですか。クラブにも入ってはらへんのに毎年お手伝いやなんて、割にあいませんよね。まあ、でも、ランナーは大会のお手伝いもやらなあきませんわ。ほんまの大変さを分からんと文句ばっかりゆう人多いからねえ。」
 「ほんまに、そうです。」

 お名前をお聞きすると、「藤井」さん。私と同じ名字でした。なにかご縁があるのかも。今日は5kmに出場されるとのこと。元気いっぱいの71歳のベテランランナーです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 レースに出ないとなると、まったくあせることがない。
 ただプログラムがないので、今日の予定がよくわからない。大会本部で事情を話して、プログラムをもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 天気予報は雨がもつようなことを言っていたのに、時間がたつにつれきつくなってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大会主催者から借りているテントは大きめだったが、ゆっくりと見てもらえるよう、横にブルーシートを張らせてもらった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんはこのごろ、レースにも出ないのにレース仕様の服装で販売の仕事をしている。もっとレースに出てみたいんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 初めてこの大会のスタートの写真が撮れた。
 10kmの部は西に向かって、5kmの部は正反対の東に向かってスタートする。私が撮ったのは5kmの部。それぞれの部に2000人くらいおられるようです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スタートしてしばらくすると、ゼッケンをつけたあいかちゃん再登場。「?ワン」とはまたしゃれたゼッケンなこと・・・。

 後片づけをしている時、話しかけてこられるお客様が。
 「ブログにサロマレーサーSTのこと書いておられましたよね。どうですか。ウルトラに合いますか。」
 「はい。軽い割にはクッション性もあるし・・・。ゲルサロマだと、ちょっと重すぎる感じがして・・・。先週のサロマもこれで走ったんですけど、足はまったく無傷でした。爪もだいじょうぶでしたし、水ぶくれもできませんでしたし、こぶらがえりもおこりませんでしたし・・・。」
 「9月の丹後に出ようと思ってるんです。初ウルトラなんですけど、このシューズでいけますかね。」
 「まっ、人それぞれ好みがあるんで一概に言えませんけど、私はこのシューズを自信を持ってお勧めします。私が勧めた人は、ほとんど気にいっておられるようですよ。」

 お客様のお名前をお聞きすると、「土山マラソン」の時に少しお話させていただいた三重の服部さん。今年は、あの「丹後」の延々と続くアップダウンをいっしょに楽しみましょう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 雨でお客様が少なかったせいか、いつもの年より後片付けが早く完了した。即行で、会場お向かいの道の駅へ。毎年お楽しみの和食バイキング(1050円)。
 いつも2時ギリギリに入っているのでスキスキだったが、今年は30分ほど速いのでかなり混んでいた。その分、いろいろなおかずがいっぱい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 少しずついっぱいの種類のおかずを取ってきた。和食なら、だいじょうぶ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ヨメさんは私以上に取ってきていた。
 「ちらし寿司、炊き込みご飯、普通の白ごはん・・・」ごはんだけで3杯分くらいある。昨日の夜に引き続き、確実体重1kg以上アップ!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 米子道・湯原ICに向かう途中、道の駅「犬挟(いぬばさり)」に立ち寄る。
 これも、毎年恒例。これは、「犬挟」という名前にひかれて、という感じで寄ってしまっている。
 (ちなみに、青森県には「狼谷犬落瀬」というところがある。死ぬまでには一度行ってみたい。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 この道の駅で野菜やすいかを買い、後は急いで家へ。
 家には、かわいいかわいいきくちゃんと真樹が腹をすかして待っている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 きくちゃんはちょっとすねていた。一日おもんなかったみたい。
 私もレースに出られなかったので、なんか気の抜けた出張販売でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

※ 「夏味ちゃん」プロフィール

 私は、大栄西瓜の夏味(なつみ)です。
 太陽と水と農家の皆さんの愛情が大好き!
 帽子の黄色い西瓜の花がチャームポイントだよ!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2010年07月03日(土)

「別館 湯乃島」 [宿情報]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「出張販売で泊まったところのお料理の写真を載せるのはやめ!」
 もちろん、うちのヨメさんの言葉です。
 でもね、超豪華に見えても、料金は民宿並みなんです。

 ここ、はわい温泉の「別館 湯乃島」さんも、泊めていただくごとに宿代が安くなっていくような・・・。たぶん、毎年必ず泊めていただいているので、そういったこともあるのかもしれません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「くるりん、ぱっ!」
 こんなん、出ましたー。

 ほんとにほんとにおいしかったです。
 ヨメさんも残さずいただきました。確実に、体重1kg以上アップ!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年07月02日(金)

2010前半を振り返って・家族編 [振り返って]

 「家族ネタを書くな!」と圧力がかかっています。(どこからの圧力かは、だいたいお察しのとおりです。)
 よって、今回はシンプルに。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【廉】 4月、希望通りの大学に入学。その2ヶ月前から、大学陸上競技部に入部。ほぼ毎週、競技会に出場。800m、1500m、5000m、10000mまではよかったが、先週は400m、今週は100m、来週は3000m障害にも出場する。
 「楽しみすぎとちゃうん?」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【真樹】 4月、希望通りの高校に入学。京都に3校だけ残っている私服の高校です。部活はしていないけど、今のところ一日も休まず通っています。
 中学時代は「大学なんか絶対行かへん」と言っていたのに、今は「行けるところがあったら行ってみたい」に変わってきた。
 「まあ、ゆっくりじっくり考えよう。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【眞寿美】 毎日毎日一人働きすぎで体調不良。ついに、人間ドックを予約しました。6月中旬、親友のくーちゃんちに泊まりに行ったのが、いい息抜きになったかな。
 来年、「サロマ湖50km」に、一人で出場するそうです。
 「しっかり!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【廣司】 2010年前半は、うれしいことがいっぱいありすぎた。でも、その中で一つだけ選ぶとすれば、「有田さんとの再会」。20数年前はしょっちゅう会ってた人なのに、ここしばらくはごぶさただった。会って走りながら話ができて、本当にうれしかった。
 有田さんは、つい最近ブログ「LOOKING GOOD!」を始めはった。
 「それひょっとして、ボクの影響?」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【あんも】 天安門事件の年に拾ってきたので、ことしで21歳。でも、見かけは黒木メイサです。
 今も、「京都キャロット通販事務所」の2階でかわいい声でないています。
 「オッサン(私)引っかくのだけは、やめて!」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

【きく】 一時キョーレツなデブリンになりかけていたが、最近ちょっとだけスリムになった。食べるばっかりじゃなく、それ以外の楽しみも見つけような。
 おもろい顔は健在です。
 「オッサン(私)を襲ってかむのだけはやめなさい!」

 以上です。
 この楽しいメンバーからはずされないように、私もしっかりせねば。


※今日やっと、6月25日、26日の「サロマ」のレース前の分を書き上げました。よかったら戻って見てください。
 「レース当日のレポートはいつになるんじゃい!」ってことですが、今しばらくお待ちください。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 8 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

7

2010


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

第28回六甲マリンパークマラソン

第28回六甲マリンパークマラソン

第18回みかた残酷マラソン・前日受付

第18回みかた残酷マラソン・前日受付

第8回古宇利島マジックアワーRUN

第8回古宇利島マジックアワーRUN

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.