パオパオだより

2008年05月25日(日)

第31回小豆島オリーブマラソン全国大会 [ランニング・出張販売]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ごみ分別戦隊 エコレンジャー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

悪もんさん


 

画像(108x180)・拡大画像(240x400)

廉の指が・・・

 今日は、廉が手伝いに来てくれているので、ゴール前の写真を撮るようにたのんだ。うちが店を出しているところは、ゴールまであと500mの地点。
 「10時スタートやから、ここに戻ってくるのは11時40分から50分の間やな。」
 この約束を守らねば、そう思い続けやっとたどり着きました、島バス駐車場前。
 20mほど手前で廉の赤いシャツを見つけたので、「れーん」と声をかけて、ゆっくりゆっくり走った。「撮れた?」と聞くと首をかしげたので、「もう1回」。10mほどバックして、走りなおしの撮りなおし。これがほんとの「とりなおしの一番」。

画像(108x180)・拡大画像(240x400)

 実は10km手前から右ヒザがジンジンと痛み、これは1時間50分越えるかもと思いながら走っていた。でも、廉の前でいいとこ見せようと思ってがんばった。
 後半は1kmごとに看板があったので、その看板に着くごとに、この1kmがこのタイムやからゴールはこれくらいかと考えながら走った。
 残り3kmで、1時間33分30秒くらい。これは、1時間50分切りはいける。最後の上り坂もがんばった。
 「とりなおしの一番」がなかったら、48分台やったな。いや、それはぜいたくというもの。これで、充分じゅうぶん。
 むし暑くてちょっともがいたが、最後は気持ちよくゴールできた。いい顔でゴールできたかな。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 スタート前、「ゴミ分別戦隊 エコレンジャー」のパフォーマンス。
 各ゴミ収集場所に、本当にエコレンジャーが目を光らせていたのにはびっくり。あの人たちは、役場の人たちでしょうか。
 スタート直前にトイレに行くと、すごい長い列。「小」の方だったので並んだが、「大」は絶対無理。スタートまでに、あの列はなくなったのかなあ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 スタートは、できるだけ前に並ぼうと思った。
 スタートゲートを撮っておこうと思いシャッターを下ろすと、偶然若い女性のアップが撮れてしまった。これはまずいと思い、その女性に声をかけた。
 「ゲートを撮ったら、写ってしまいました。ブログに乗せてもいいですか。」
 「わー、はずかしい。」健康的でかわいい人だった。(大阪のT.Nさん。5kmに出場。スタートは7分後。)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 今日の大きなテーマは、いつも泊めていただいている「千鳥」さんのめいごさん・中西知佳絵さんの写真を撮ることだ。彼女は、10kmに出場。いつも優勝候補だ。いつもうちのテントに来て、まとめ買いをしていってくださる。本当に感じのいい、美人ヤングママさんランナーです。(大阪国際女子マラソンにも出場。)
 3km付近「千鳥」さんの前では、応援に出できておられたおかみさんの写真がうまく撮れた。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 10kmはハーフの14分後のスタートなので、私のスタート後30分くらいですれちがうはず。そう思って身構えていたが、ナンバーカードを確認できた時はもう遅かった。はやーい。写真を撮るタイミングをのがしてしまった。「わー」と言って気づいてもらって、手を振ってもらったが後姿しか撮れなかった。
 教訓。デジカメは、とにかくバチバチ撮る。失敗は後で消去すればいい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 来年はしっかり撮るぞ。すいません、知佳絵さん。
 
 この大会はコースがきれい。特に、岬の分教場を過ぎた折り返し付近は気分が落ち着く。(13.5km地点)
 このあたりで、氷を配ってくださる方がおられる。毎年のことだが、これはうれしい。ただ今年いただいた氷は、大きすぎて困った。仕方ないので、電柱にぶつけて細かくした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

福田港で買った焼きちくわには、小豆島の焼印が

 知らん人が見たら、変やったやろね。「電柱に向かって何しとんにゃろ。」ってゆう感じでね。

 ゴール後は急いでかたずけ、福田3時半発姫路行きに。真樹を一人残してきてるからね。心配で。こんな早く帰ったのは、初めてかも。
 家には7時40分くらいに着き、久しぶりに4人そろってごはんを食べた。「あー、あー、おいしかった。」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月24日(土)

小豆島オリーブマラソン前日受付 [ランニング・出張販売]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最近、小豆島オリーブマラソンでの出張販売は、前日受付にも力を入れている。
 受付は12時半からだが、それまでに準備を終えるには、その日の朝京都を出ていては遅い。そのため、金曜の夜小豆島に入り、土曜の朝早くから売店準備をするパターンが続いている。

 今年は廉が手伝ってくれるということで、高校の7時間目終了時刻に迎えに行った。7時間目終了が4時5分。岡山県日生港フェリー出発が6時半。何もかもがうまくいっても、ギリギリ間に合うかどうかという時間だ。
 去年はこれに乗り遅れ、岡山港の最終便で小豆島入りすることになってしまった。
 
 今年は何もかもうまくいき、10分前に日生港に着いた。
 この便に乗る車は、うちを入れてわずか4台。客室は、ほぼ貸切状態。
 「これでは、売店やってへんわなあ。」と思ったら、やってました。
 いつも泊めていただいている「千鳥」さんは、内海の馬木。フェリーが着く大部のちょうど反対側。大部港に7時半についても、「千鳥」さんに着くのは8時すぎ。はらへるしーということで、3人ともバームクーヘンと飲み物セットを注文した。これがまた、おなかにしみわたっておいしかった。
 「千鳥」さんでは、落ち着いてゆっくりばんごはんが食べられた。毎年恒例の「メバルの煮付け」もおいしかった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 翌朝は、雨。
 店を出すのは、受け付け横の島バスさんの駐車場。
 もともとは会場内で販売させていただいていたのだが、いろいろないきさつで、現在はこの場所をお借りしている。(島バスさん、本当にお世話になっています。ありがとうございます。)
 ここは大きな屋根があるので、雨で商品がぬれたり痛んだりする心配はない。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 もちろん、雨だと客足は鈍るが、落ち着いて見ていただけるに越したことはない。

 今年は、駐車場に着くと、もうしっかりとロープがはってあり、うちの出店スペースが確保してあった。島バスのどなたかが、朝早く準備してくださったのだろう。
 地道に何年も続けておれば、皆さんあたたかい目で見てくださる。こちらも、気を引き締めてしっかり働こう。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 内海郵便局留めで、大きな段ボールの荷物を7個送った。
 それを取りに行った帰り、「鯛安」さんでお寿司をたのんだ。これも、毎年恒例である。ここのお寿司は、私たちが今まで食べたお寿司の中で、ダントツ一位。お刺身がややにが手なうちのヨメさんも、パクパク。
 廉がこの大会についてくるのも、このお寿司が目当てかも。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 一時小降りになったことはあったが、結局雨はやむことがなかった。
 坂手港の仮設トイレに行くと、すぐ横の桟橋のところで釣りをしている親子がいた。雨が降り続いていたので、雨がっぱを着ていた。何回もトイレに行ったのだが、そのたびに見たのでかなりねばっていた。
 すごく小さい子のようだったが、釣れたかなあ。寒そうな中で、心あたたまる風景でした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

受付の向かいはお墓

 夕方5時半くらいからかたずけ始め、1時間ほどで整理できた。
 廉がいると、プラス一人以上の力になる。いつもより、かなり楽だった。
 早くかたずけられたので、郵便局の近くの本屋さんに行った。「確か、この辺」と言いながら行ったら、ばっちり合っていた。 
 「小豆島のことやったら、何でも聞いてやー。」
 私たち家族は、小豆島のベテランです。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月23日(金)

ますみちゃんは、鬼嫁から毒嫁へ [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 母の日の廉からのプレゼントは、きれいな鉢植えの花だった。
 最初、日に当てた方がいいと思い日なたに出していると、元気がなくなってしまった。それで、部屋の中に入れ水をたっぷりやると、みるみる見ちがえるように元気が戻った。
 「花を育てるのんは、むずかしいわ。」とヨメさん。
 「ますみちゃんといっしょで、きれいなもんは日焼けに気つけて、水(食べ物)も忘れんように気を使わななあ。」と私。
 「それほどたいしたもんでもないのになあ・・・。」

 「ますみちゃん! 成長したなあ。自分の事そう言えたら、たいしたもんや。前では考えられんかったなあ。」
 うちのヨメさんは、私の発言のほとんどにブチ切れるのに、この「成長したなあ」と言う上から目線発言には切れない。これ、前から思っているうちのヨメさんの7不思議のうちの一つです。

 「この花なあ、ドクダミのにおいするしドクダミ系の花なんかなあ。母の日に、ドクダミってなあ・・・。」
 全然変じゃないよ。
 これからは、鬼嫁と言わず、毒嫁と呼ぼう。ほとんどの薬はもともと毒らしいから、それもいいやん。
 でも、「毒嫁」なんて言葉、なかったな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ますみさんの毒か、きくの体に・・・

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月22日(木)

「ヤッチンたら・・・」と「金三封?」 [私の好きな人]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ふざけすぎの私とちょっと怒っているヤッチン

 「ヤッチンたら・・・」

 中学のクラス会をして、久しぶりに同級生に会った。
 私の右どなりに明美ちゃん、左どなりにヤッチンがすわった。
 明美ちゃんは中1の一年間いっしょに過ごしただけだが、大事な大事なクラスメイト。私は久しぶりに会えたのがうれしくて、かまいまくり、からかいまくり。
 そんな様子を反対側でにがにがしく見ていたのが、ヤッチン。

 でも、会場に着いた時、ヤッチンの顔を見てほっとした。ああ、変わってない、あの表情。笑っているような、怒っているような、両方が混在していてそれがビミョーに変化していくような・・・。
 中学時代、私はなぜかヤッチンの顔が好きだった。そして、さっぱりした性格。突然発する短い指摘も的を得ていて、よく楽しませてもらった。

 一つだけ、中学時代のヤッチンのエピソードを。
 うちの中学は給食があり、職員室にも生徒が運んでいた。
 クラスで、その順番をどうしていくかという話し合いになった時、いつもあまり発言しないヤッチンが突然言った。「そんなもん、先生らが自分で運んだらええんちゃうんか。」
 この発言に中古賀先生はうろたえていて、おかしかった。ヤッチンはこんな人です。(ヤッチンも先生も、こんなことおぼえてへんにゃろなあ。)
 今回はあまりしゃべれなかったけれど、また会いたい度はナンバーワンかな?

 ここからは、昨日の話。

 会場で、携帯番号とメルアドを聞いたのだが、家の電話番号を聞き忘れた。名簿を作る関係で必要だったので、ヤッチンにメールした。
 「また会おうね
 こうじです。クラス会来てくれてありがとう。今、名簿を作っているところです。ヤッチンの家の電話番号を聞き忘れました。メールで知らせてね。」
 お昼休みに、返信が。
 「ヤッチンチンです。メールあり」

 ヤッチンたら・・・、題と本文が混ざって切れとるがな。
 返信。
 「メール切れとんでー
 こうじです。メール途中で切れとんでー。題名のとこに入力したんちゃう?」
 すぐ返信あり。
 「ヤッチンチンです。メールあり」

 さっきとおんなじやん。この「メールあり」は「メールありがとう」が切れとんにゃろな。
 また返信。
 「あかんて
 こうじです。切れてるって。本文のとこに入れてや。」

 このやりとりを見ていたうちのヨメさんの言葉。
 「あんたらの世代は、わけわからんわ。」
 ボクは、ようようわかりますけど。

 夜、やっと。
 「こうちゃんごめん。メールおそくなった。TEL075-712-○○○○またメールおくってな。ヤッチンチンより。」かわいい絵文字付き。(この時、たいへんな事に気づいた。ヤッチンは、自分のことを「ヤッチンチン」て書いとる。恐るべし!)
 これにて、一件落着。


 「金三封?」

 ヨメさんに助けてもらい、やっとクラス会名簿が出来上がった。クラス会の写真といっしょに、先生の所へ持っていった。
 向日市のご自宅に着くと、おうちの中でバンザーイをするご夫婦。「やったー、琴欧州。勝った、勝った!」 あんたら、ブルガリア人?
 
 おうちに入れてもらい、私のブログをプリントアウトしたものを見てもらった。
 「先生、ここ大きい声で読んでもらわな。」
 先生は、おもむろに読み出した。
 「中でも私が一番聞きたかったのは、いっしょにブルガリアに来てくださった奥さんの存在だった。先生が『ブルガリアに行きたい』と言った時、反対もせず、「一人で行ってき』ともおっしゃらず、当たり前のようにいっしょに来られたそうだ。こりゃ、すごい。」
 ここで、先生の奥さんからつっこみが。
 「それは、ちがう。私がブルガリア行くことを決めて、子どもたちが背中を押してくれたん。この人は、それについてきただけ。」
 えー、そうやったんですか。そんなこととは、思ってもみませんでした。

 その後のいっちゃん大事なとこを先生は読まず、紙を置いた。
 「先生、その先、読まな。・・・しゃあない、代わりにボクが読みます。」
 「中学のいつだったか忘れたが、『僕は、奥さんが一番大事なんや』と顔を真っ赤にして言われたことがあった。先生得意の空手の『三鎮』の型をやり終わった時より赤かったかも。
 そうか、頭の血管切れるくらい大事なんや。へんな中学生だった私は、そんなふうに理解していた。」
 ここで大きなリアクションを期待していたのに、奥さんは無視。ここ、照れるとこやろが。なんなん。

 「次のクラス会する2年後まで、絶対死なんように。」と言い残し、先生とお別れした。

 家に着き、石井慧君に激励の金一封を送らにゃと思い出し、先生からいただいた封筒を確認した。
 げげげ、万札が、1枚、2枚、3枚。ふぇー。こら、すごい。てっきり1枚やと思って、確認してへんかった。
 会の最初に、「このクラス会の残金を、石井慧君の応援にまわします。たらんときは、先生に助けてもらいます。」と言ったから、先生急きょ増やしてくれはったんかな。
 ご披露もせんかったし、「先生、こんなにたくさんあきませんてー」とか言う儀式もせんかったし。お気楽系が幹事やったら、こんなもん。まあ、ええやん。

 この「金三封」を生かしてね、石井慧君。
 表書きは「餞別」では平凡すぎるし。
 私が考えた候補。 
 「楽」・・・北京を楽しんで来て。
 「リラックス」・・・肩の力を抜いて。
 「頭脳」・・・頭を使った柔道を。
 「生かせ!」・・・何を? もちろん自分を、です。

 うーん、悩むところやね。

 
 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月21日(水)

中学のクラス会・総括 [学校]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

養鶏場の番犬、シロ

 養鶏場見学が終わり、クラス会の解散になった。
 帰りの私の車には、先生、優子ちゃん、明美ちゃん。周作君は、ヤッチンの車で送ってもらうことになった。
 優子ちゃんを鞍馬でおろし、明美ちゃんを御薗橋でおろした。明美ちゃんにはまだ渡せていなかったバラのハンドクリームを、どっさり持って帰ってもらった。(もちろん、中古賀先生のブルガリアみやげです。)
 先生は、「北山駅くらいでええで。」とおっしゃったが、「先生、ボクはよ帰っても嫌がられるだけですから。空気読んでね。」と言って向日市まで送っていった。
 向日市のご自宅に着くと、小さなお孫さんが二人、「おじいちゃーん」と言いながら家から飛び出してきた。

 今回のクラス会の成功は、中古賀先生のお人柄によるところが大きい。先生に会いたくて出席してくれた仲間も多いと思う。私の予想外にみんなのおしゃべりがはずんだのも、中古賀先生のきばっていないふんいきがよかったからだ。(実際はいろいろとご苦労があるとは思うが)
 今回先生と話して気づいたのだが、先生が学校で話してくれたいろいろな話を私はよくおぼえている。先生自身が言ったことを忘れているようなことも、こちらはおぼえている。中学時代とは、そういう時期なんでしょうか。勉強の方は、全然おぼえてないのにね。

 会場を、準フランチャイズと言える百井にしたのもよかった。
 皆、親戚の家にいるようにリラックスしていた。
 それに、なにより百井出身の4人中3人が来てくれたこと。これは大きい。最後の百井からの通学者を擁したわがクラスは、このメンバーを大事にしなくては。
 先生が元気なうちに、「あの4kmの山道を歩くクラス会」って、どう?

 遠くに住んでいる人が一人でも来てくれると、これも大きな力になる。(今回は、東京の優子ちゃん)
 幹事は、遠くから来てくれる人のためにも出席者を増やそうと努力する。。他の人も、あの人がそんな遠くから来てくれるんやったら自分も都合つけようという気になる。

 今回残念ながら来てもらえなかった名古屋の由紀ちゃん。次回は必ず行くと約束してくれたので、またがんばって人集めをしよう。
 そのほかのメンバーにもなにがしかの働きかけはしておいたので、必ず次につながるはず。

 一応、今回参加のメンバーには、2年後、京都駅の近くでクラス会をすると宣言していおいた。
 その時の都合を聞く優先順位は、?中古賀先生、?由紀ちゃん、?今回来れなかった男子5人、?そのほか、となります。
 それではみなさん、また会う日まで、お元気で!

 (中古賀先生は、明日の早朝、関空からブルガリアに向けて旅立たれます。)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月20日(火)

中学のクラス会・続き [学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「とり幸」さんの養鶏場の番犬、ジョンです

 私の中学時代3年間(つまり全部)、担任していただいた中古賀公隆先生。
 先生が私たちの母校・花一中に来られたのは、先生が29歳の時だった。その時が新採で、それまでは講師として街中の中学校におられたそうだ。よく、「前いた中学校は、たいへんやった」と言われていたので、私たち14人は天使に見えたにちがいない。
 私たちが卒業後もう3年おられ、その後、街中の大きな中学校をまわられた。それなら、純粋で素朴な(?)私たち14人が、ますます天使に思えたのでは・・・。

 じょうだんはほどほどにして。
 百井「とり幸」でのクラス会は、いよいよ佳境に。

 中古賀先生の近況報告は興味深い。
 中でも私が一番聞きたかったのは、いっしょにブルガリアに来てくださった奥さんの存在だった。先生が「ブルガリアに行きたい」と言った時、反対もせず、「一人で行ってき」ともおっしゃらず、当たり前のようにいっしょに来られたそうだ。こりゃ、すごい。
 中学のいつだったか忘れたが、「僕は、奥さんが一番大事なんや」と顔を真っ赤にして言われたことがあった。先生得意の空手の「三鎮」の型をやり終わった時より赤かったかも。
 そうか、頭の血管切れるくらい大事なんや。へんな中学生だった私は、そんなふうに理解していた。
 それが今まで40年、ずっと続いてるんですよね。うらやましい。

 それともう一つ、印象に残った話。
 日本に一時帰国される時、外猫として世話をされている7ひきは、おとなりに1か月分のえさをあずけ世話をお願いしておられるとのこと。よかった。前から気にはなってたんやけど、よう聞かんかった。よかった。
 他にもいっぱい話してくださったが、書ききれないのでまたの機会に。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 この後、時計回りに近況報告。
 トップバッターは、和佐男ちゃん。
 いきなり、ビッグニュース。「今、行政書士の仕事をしてるんやけど、50すぎてから自分の本当にしたいことが見つかり、週に2,3回板前の修行をしてます。」
 ななななんて、板前の修行? そうか、ほな、次のクラス会までに店出しやー。猶予は、2年やでー。
 ふたごの娘さんは、現在高3。「ふたりとも?」と聞いてた人がいたけど、それどういう意味? おとぼけにもほどがある。
 今は、別所の実家に帰っていることが多いらしい。「小谷屋さん」やってへんし、別所で料理屋さん開店したらいいんちゃうん。
 「そのヘアースタイルはいつから?」というきつい質問にも、「これは、十数年前から長い年月をかけ・・・」とか笑いながら答えていた。いける。その返しこそ、商売人。ほんまに、店開きや。行くし。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 2番手、優子ちゃん。
 今日の午前中、優子ちゃんからメールがきた。
 「この間はお疲れ様でした。楽しかった! 幸博くんに会えたの、感激! 何か底力のパワーみたいなものを握手した手から感じたわ。ハンク・ジョーンズさんと握手して以来やった!?
 さっき、ブログ見たよ。早いね。お願いがあります。→私のことは載せないでね。」
 こら困ったな。メール返信やね。
 「横顔美人さんへ
 メールありがとう。これから、一人一人のことを書こうと思っていたので、ギリギリセーフです。すごくきれいに撮れた優子ちゃんの横顔写真と、さっきボクに送ってくれたメールくらいは載せてもいい? 幸博君が喜ぶと思うんやけど・・・」
 その返信。
 「お疲れ様です。良かった。じゃ、上手くまとめて、きれいに載せてあげてくださいね。返事ありがとう。これからも頑張ってね。2年後も成功させようね。出来ることがあったらやるからね。」
 東京からかけつけてきてくれただけのことはある。心強い言葉をありがとう。今度は、今回来れへんかったメンバーが一人でも二人でも来れるように努力しようや。頼むで。それまで、きれいな横顔にますます磨きをかけて、ねっ!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 3番手、琴ちゃん。
 ごめん、ぼーっとしてた。話、しっかり聞いてへんかった。琴ちゃんは、なぜか身内のような気がして、気がゆるんでしまう。たぶん、琴ちゃんは私の初恋の人です。
 現在、滋賀県草津市在住。子どもが3人。そのうちのどの子か聞き逃したけど、結婚してもうすぐ子どもが生まれるらしい。私の昔のあこがれの姫も、もはやおばあちゃんです。
 おととし、別所小・花一中最後の運動会に来てくれて、その後PTAだよりの原稿もお願いした。うちのヨメさんが琴ちゃんを見て、「こうじさんの同級生に、えらいすいな人いるやん」と感心してた。「そうやろ、かっこええやろ。それがな、中学の時はな・・・」 (それは、秘密です。)
 現在パートの仕事と、介護の仕事と二つやってるらしい。介護の仕事は、別所に住んでるご両親にいつか役に立つようにと始めたと言ってた。
 お開きになってお支払いに行く時、背後に人の気配。誰かと思えば、琴ちゃん。ヒョロヒョロ系頼りな弟を心配して着いてきた、シッカリ姉さん? 「だいじょうぶ?」とか聞かれたりして。 琴ちゃんも末っ子やのに、こっち(私)とはえらいちがい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 4番バッターは、明美ちゃん。
 本当に、今日の4番バッター的存在だった。
 明美ちゃんからも、昨日の夜メールがきた。
 「昨日は迎えに来てもらってありがとうございました。先生にもみんなにも逢えてよかったです。取り急ぎお礼まで。」
 すぐ返信。
 「指輪女王へ
 今、でかい指輪についてブログを書いているところです。 まだ、できあがってないけど、パソコンがあったら見てください。どっちみちプリントアウトして、クラス会の写真、名簿といっしょに送ろうとは思っているのですが。 
 ちょっとふざけすぎたかな。ヤッチン、おこっとったよな。 明美ちゃんもちょっとおちょくりすぎた? 気、悪せんといてね。
 それにしても、みんながあんなにようしゃべるとは思わんかったわ。みんな楽しそうで、よかった。」
 その返信。
 「さっそくメールいただいてすみません。 パソコンもあるので、見せてもらいます。気になっていないといったら嘘になるけど、まあそれはそれと思ってます。気にかけてもらったのですみません。ご苦労様でした。奥様にもよろしく。」
 ごめんね。かまいやすいタイプやから、ちょっと度がすぎたね。 「乙女の姿、しばしとどめん」やったね。
 でも、中古賀先生、卒業の「13人」のこと言ってはったけど、私は何が何でも「14人」。明美ちゃんも入れた14人でないと、ダメ。幸博君に「明美ちゃんが来れるように、何べんもさそってや」ってゆってたんやで。
 30歳の娘さんと同居、26歳の息子さんは東京の外資系の会社でがんばってる。明美ちゃん自身も、大阪でスチール家具販売の会社を実質経営(一応だんなさんが社長)。体の調子もよくはないが、毎日がんばってます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

琴ちゃんに撮ってもらった

 やっとまわってきました。5番手は、私。
 最初の長いあいさつと、ひとの話の時にちゃちゃを入れすぎ、もう疲れた。
 「廉君と真樹ちゃん、かわいいで。いつも年賀状に写真が入ってるやん。」と言ってくれた人がいた。よう見てくれてんにゃ。ありがとう。
 「これだけは、ゆうとかなあかん。いま、ボクは、ヨメさんに養ってもらってます。ここでこうしておいしいものが食べられるのも、みんなヨメさんの血と汗と涙の結晶で・・・」
 「でもええやん。じぶんの好きなことやらしてもらってるわけやろ。代わってほしいわ。」と和佐男ちゃん。
 「それは甘いで。どんなめちゃくちゃ言われても、じっと聞いてられるか。すべてのプライドを捨てて、何でも『ハハー』ゆうてきかなあかんねんで。」
 「そうか。火あぶりにじっと耐えるようなもんやな。」と和佐男ちゃん。
 「そやでー。ヨメさんに逆らった時が、ボクが地球から消滅する時や。」
 「そんなことゆうて、ええ車にものってるやん。あれも、おくさんのおかげ?」と琴ちゃん。
 「おかげとちゃうって、ヨメさんの血と汗と涙の結晶が・・・」 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 6番手、ヤッチン。
 JT勤務。京都工場が閉鎖され、現在伊丹まで通勤。朝4時起きで5時家を出る毎日。
 子どもは大学生の子と、高2、高1。高1の息子は、洛北高校野球部。「ということは、3類(体育選抜)か?」と聞くと、「3塁ちゃうで、ピッチャーやで」やって。その3塁ちゃうがな。でも、すごい期待してるのが分かった。レギュラーめざして、がんばれ。
 ヤッチンの表情が一変し、「これからは、ちょっとつらい話なんやけど・・・、両親の介護が大変で。7年前父親が倒れ、その2年後に母親が倒れ、それからずっとなんや。家の近くにマンション借りて、そこで姉二人と交代で介護してんにゃ。休みなしや。でも、これだけやったんやと言えるように、がんばってる。さっきから、気楽なことばっかりゆうてる話聞いて、しばいたろかーと腹立っててん。なんでおれだけと思てな。でも、そんなことゆうても、しゃーないな。」
 ごめん、ヤッチン。ボクの横で、ムカムカきとったんや。一番お気楽なんは、まちがいなく私です。
 昔から、ヤッチンの顔が好き。「何でー」と聞かれたら、答えに困るけど、とにかく好き。中学の美術で「クラスメイトの顔を描こう」というのがあった時、迷わずヤッチンにしたもんね。今もええ顔や。しばかんといてな。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 7番手、周作ちゃん。
 くすりの「菊水」勤務。出張が多いそうだ。一番は富山。ちょっと前までは、台湾も多かったとのこと。バリバリ営業マンなんやね。
 大学生の息子さんと中3の娘さん。「子どもは、ふたり?」と聞いたら、「ああ、ちょうどな。」って、何がちょうどやねん! よう、わからん。
 ヤッチンと仲良しで、よくいっしょに遊びに行ったりしたらしい。中学時代の先生の動向にもくわしかった。上田先生は、3年ほど前亡くなられたとのこと。独自のアンテナを持ってるんやね。
 正直に言うけど、クラス会に行くって言ってくれた時、「ほんまかいな」と思ってた。長いこと会ってへんのにあんまりあっさりとした返事やったから。そやから、待ち合わせ場所で立ってる周作ちゃんを見つけた時は、何かジーンときた。
 時々、ボクにもわざと敬語を使ったりして、こんな楽しいヤツとは知らなんだわ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 最後に登場、8番手、幸博君。
 大阪で少し働いた後、百井に帰ってきた。
 最初は、牛を飼ってたそうな。それが儲けにならないということで、鶏に変更。今は、数千羽の鶏の世話で休むヒマもない。
 みんな、いろいろ聞いとった。「黄身二つの卵のなぞ」の説明は、ようわかった。いつから、そんな説明じょうずになったん。
 学校もこうゆうとこ行って、話を聞かんとな。生きた勉強できまっせ。鶏のことは知らんことが多いから、聞いていて全然あきない。
 今からでも遅ないぞ、嫁さんさがそうぜ。幸博君と結婚したら、絶対長生きできます。私が保証します。時間がゆったり流れてますから。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 最後にしめとして、もう一度中古賀先生。
 これがまた、しめにならんしめで・・・。終わったのか終わってへんのか分からんような話。
 先生、日本語だいぶ忘れてる? まあ、かんにんしたろ。8人の天使(?)の前であがってんにゃな。
 すんません、最後の先生の話、全然おぼえてません。なんか、うれしいとかなんとか、・・・もうええか。
 「未来に展望が開けること言ってください!」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 お支払いは、集金額とぴったり。というより、気使こてそうしてくれはったんやね。
 これで、中古賀先生からいただいた金一封を残金扱いにして、石井慧君の応援にまわせる。
 何から何まで、うまいこといくなあ。

 せっかくやし、時間のある人は、養鶏場見学ツアーに。幸博君のガイド付きでっせー。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 「とり幸」さんから、約3km。ヒノコの養鶏場に着くと、番犬2ひきがお出迎え。よう、ほえよった。背中に機械油付いてるのは、なんで? 幸博君、なんかの機械の下もぐりよったゆうとったな。
 近くの桜にまだ花が。ここら、めっちゃさぶいゆうことか。
 夜は、ここで幸博君一人寝てるんや。こわないんかな。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 あっ、そや、ワンちゃんいるし一人とちゃう。それに、鶏かていっぱいいるし。そやけど、朝やかましいやろな。鶏飼うんは、やっぱり、近くに民家のないとこやね。
 小屋に、幸博君のお父さん・幸一郎さんがいやはった。「別所の善一の息子です。今日は、お世話になりました。みんな喜んでました。」
 幸一郎さんも喜んでくれはったかな。

◎近況報告のところで、聞き違いをしている可能性が高いです。まちがいを見つけられた方は、ご連絡お願いします。

 

 それでは最後に養鶏場と見学者の写真集を。 

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2008


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

トイレ新調ラン

トイレ新調ラン

きくを連れて長い旅に

きくを連れて長い旅に

大学クラス会2017

大学クラス会2017

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.