パオパオだより

2008年05月31日(土)

洛北中学校参観懇談 [学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

南側より校舎をのぞむ

 中2の娘がお世話になっている中学校の、授業参観と懇談会があった。
 1時間目の英語も見たかったのだが出遅れ、結局2時間目の国語の残り10分くらいしか見ることができなかった。
 2時間目の国語は、担任でもあるZ先生。若くて元気。(先生の中で最年少)
 私は、先生より先生を見ている生徒の父母のほうが興味があった。皆さんの目には、この先生やクラスがどんなふうにうつっているんでしょう。
 「いろいろあると思うけど、いつも応援しています。」若い先生に対しては、これが基本です。

 授業自体は、けっこうデリケートな要素も含まれている内容だった(父母の出身地を問われていたが、あれはどうでしょう)。悪気はなく、授業を盛り上げる一つの演出であることはわかるが、見ていてちょっとハラハラした。
 いつも話題のS君。
 今日は真後ろにお母さんが陣取って、いっそうはりきっているようだった。みんなの注目がそっちに取られてしまっていた。
 少しざわざわしたようなふんいきだったが、水を打ったように静かな気持ち悪いクラスよりはいい。これからいろいろな行事に向けてぶつかり合いを経験していく中で、落ち着きを獲得していくのでは。
 「広く、大きな目で見守っていきましょう。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

学校の南にある公園にはこんなきれいな花が

 10時35分から、学級懇談。
 授業参観はあふれんばかりの人だかりでお父さんもかなりおられたが、懇談に残った父親は私一人。お母さん13人と小学生の女の子1人、それに担任の先生とで懇談が始まった。
 懇談の内容については、さしさわりがあるかもしれないので省略。(皆さんの教育に対する真剣さが、ひしひしと伝わってきました。)

 一つおもしろかったこと。
 懇談に参加した小学生の女の子。「パチパチ、シャー、パチパチ、シャー」のそろばんの音。
 担任の先生の話の中で、「校内でお菓子を食べているような・・・」という話にすばやく反応。
 「おかしー!?」と小さく叫んで、なにやらメモしていた。この場面が、今日の懇談で一番盛り上がったところだったかも。

 私の発言。
 「うちの子は、去年3月閉校になった別所小学校の、たった一人の最後の卒業生です。新しく開校した花背小中一貫校は、のんびり育てたいといううちの考えとは正反対の学校だったので、一家そろって二軒茶屋の近くに引っ越してきました。
 最初は親子とも、大きな学校にすごく不安だらけでしたが、一年間洛北中学校に通わせてもらってそんな不安も吹き飛びました。
 去年は、校長先生が書かれている学校便り、学年から出ている学年便り、それに担任の先生からの学級便りと、競って出しておられるのかと思うぐらいよく学校のことを知らせていただきました。それを見させてもらって、先生方の意思疎通がしっかりできていることがわかりました。
 子どもも、家に帰って学校のことをよく話してくれます。
 ああ、これなら、この学校に安心して子どもを預けられるなと思いました。
 話は変わりますが、最近『鴨川条例』で違反は5万円以下の罰金とか、『たばこなんとか条例』で1000円の罰金とかが話題になっています。これは、ほんとに情けない条例ですよね。なんでもかんでも罰金で脅すなんて、おかしいと思います。
 学校は、そうなってほしくない。時間がかかっても、自分の頭で考え判断し、最後まで話し合って物事を決めていく姿勢は忘れないで欲しい。
 子どもたちがそういう力をつけていけるよう、先生方に助けていただけたらうれしいです。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「学校いってきたよ」 「ほー」

 娘は、私が(妻も)参観懇談に来ることをすごくいやがっていた。何でやろう。
 いつもジャージばっかり着ている、かっこ悪いお父さんやしかなあ。今日は、ジーパンとカッターシャツで、そんな変ではなかったように思うんやけど・・・、なあ、きくちゃん!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月30日(金)

花背小中一貫校、無残 [学校]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ゆっくり いきましょかいニャー (ポリポリ)

 京都新聞、5月30日朝刊より

 「着工遅れ9カ月ずれ込む見通し 花背小・中の新築校舎の完成」
             
 京都市が来年3月の完成を目指していた花背小・中学校(左京区)の新築校舎の完成が、工法変更のため着工が遅れ、完成が約9カ月ずれ込む見通しであることが、29日分かった。着工前の地盤強化試験で、予定していた資材が使えないことが判明した。同日開かれた市議会まちづくり消防委員会で「事前の調査不足だ」との指摘が出た。
 花背小・中は施設一体型の小中一貫校として昨年4月に開校した。現在は旧別所小・花背第一中(別所町)の校舎を使っているが、旧花背第二中(大布施町)の一部を取り壊して新校舎を建設し、来年4月に移転する計画だった。新校舎は地上2階建てで延べ約2600平方メートル。体育館を併設する。
 当初、今年4月に着工を予定していたが、軟弱な地盤を強化する固化剤を試験したところ、現地の土に混ぜても必要な強度を得られないことが同月下旬に分かった。土中に固化を阻害する天然成分が多く含まれていたためで、市はくいを打ち込んで地盤を強化する工法に変更する。
 このため建築確認の再申請などが必要になり、冬季の積雪で工事が中断する期間も見込んだ結果、9カ月遅れる見通しとなった。市都市計画局は「固化剤による地盤改良は実績も多く、今回の事態は想定できなかった。できる限り工期を短縮したい」としている。
 完成の遅れに加え、約5億円の予定だった建築費が増大する可能性も高く、委員会では市議から「なぜ着手するまで土質が分からないのか。しっかり調査すべきだ」などの批判が出た。


◎昨日の私のブログで、「学校も、来年3月で(別所から)完全に消滅してしまうし」と書いたばかり。先日の中学のクラス会でも、そのことは何回もくり返しみんなに言っておいた。
 それが、なんて?
 「9ヶ月、遅れまっさー」てか。
 「地盤調査、甘かったです」ですむ話ですか?
 児童生徒の人数が少ない学校は教育委員会も手を抜いている、と思われても仕方ない。
 「これ、私がやりました。この教育改革も、私がやりました。」と自分の実績を強調した方の本を立ち読みしたが、花背小中一貫校のことは書いてなかったなあ。本音は、お荷物やったのかも。
 子どものことを一番に考えているとは思えないこの学校。うちの娘も本来なら今ここの中2で、大事な時期を翻弄されてしまっているところだった。
 家族で話し合って見切りをつけたこと、それは決して誤りではなかった。
 マイノリティー(minority・少数派)ができること。それは残念だけれど、「危険なもの」から逃げる、これしかないんです。 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2008年05月29日(木)

久しぶりのふるさと別所 [雑用]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 およそ2ヶ月ぶりだろうか、別所に帰るのは。
 パスポート申請に必要な書類として、戸籍抄本が入っていた。
 こんなもの取りに行くのは、何年ぶり? てっきりどこの役所でも発行してもらえるものと思っていた。しかしよく聞いてみると、戸籍抄本は本籍地でないと取れないらしい。
 あーあ、店から別所まで18km。さらにそこから花背出張所まで、プラス5km。遠いなあ。

 久しぶりに別所に着き、驚いた。別所の入り口の風景がすっかり変わってしまっている。
 上水道の浄水場建設のため、山がずいぶん削られていた。
 そしてその削って出た土が、うちの田んぼに入れられていた。そうか、これでは今年は畑がでけへんな。おじいさん(父)のええ仕事やったのに。おじいさん、ぼけへんかな。ちょっと心配。

 別所全体でも、人の気配があまり感じられなかった。学校も、来年の3月で完全に消滅してしまうし。いったいこれから別所はどうなって行くんやろう。「限界集落」になってしまうのだろうか。

 せめて今年の夏は、「せいだい」別所に帰ろうと思う。ちょっとでもふるさとのにぎやかしの足しになりたい。
 おじいさんも喜んでくれるかな。

(注)カメラを持って帰るのを忘れた。今度、変わってしまった別所の写真を撮ってきます。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月28日(水)

鬼のいぬ間の洗濯 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

シェパードの子犬にしか見えん、・・・美犬!

 今日は、眞寿美さんがアシックスの展示会へ出張(尼崎)。
 鬼のいぬ間の洗濯といきたいところだったが、パスポートの申請に必要なものをそろえるのに時間がかかった。

 展示会からの帰りが遅くなるということで、晩ごはんは私が準備することになった。スーパーですき焼きの材料を買い家に帰ると、きくも真樹もちょっとすねていた。
 水曜日はうちの店の定休日なので、きくも真樹も家族団らんの時間を期待している。家に帰ってかあちゃんがいないと、がっかり。
 ますみさんが9時すぎにやっと帰ってきて、きくと真樹にかまっていたが、やっぱり両方ともすねていた。

 寝る前、きくに「へっへっへっ」っと言いながら近づくと、「がう」の一発。顔面直撃。血がたらたら。右目の下と鼻の左側。やられましたー。

 でも、真樹はもっともっとさびしかったのかもね。きくより先にかまいにいかなあかんかったな。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月27日(火)

毒嫁ますみの野望 [家族]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 先日、ヨメさんから恐ろしい野望の告白があった。
 「月、19800円で、エステしほうだいのとこあんねん。週に1回行ったらトントンで、それ以上行ったらお得やしー。」
 もう、申し込んで支払いもしたらしい。恐るべし!

 「それ以上きれいになって、どうすんねんなあ。」とか言っても、時すでに遅し。
 美容院もけっこう行ってるし、美に対しては金かけてまっせー。
 こないだ、自分のこと「たいしたもんでもなし」とか言ってたんは、ナニ?
 やっぱり、私の大学時代の友だちの指摘どおり。「フジイ君の奥さんはもうひと花咲かせようという野望があるんだわ。」
 うーん・・・、まちがいない!

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月26日(月)

石井慧選手インタビュー記事より [石井慧選手関連]

画像(150x212)

「近代柔道 6月号」

 小豆島の本屋さんで「近代柔道 2008・6月号」(ベースボール・マガジン社)を買った。
 もちろん、石井慧選手を少しでも知り、実のある応援をしたいからである。

 第一ページに、いきなり石井選手の泣き顔のアップ。
 題は、「石井慧、勝利への執念で王座奪回!」北京五輪100kg超級代表の座もつかむ
 次のページは、決勝戦の分析。
 題は、「『勝つ』ことを優先させた石井。作戦の勝利」練りに練った先制攻撃が奏効

 その後のページには、鈴木桂治、棟田康幸、井上康生などの戦いぶりが分析してあった。

 そしてその後に、私が一番読みたかったインタビュー記事が。

 ■全日本王者の本音インタビュー
 “強くなりたい”という気持ちは子供の頃から変わらない。自分は、我慢と辛抱を続けながら、強くなることだけを考えているんです。

 2年ぶり2度目の全日本制覇を果たした石井慧。本音とも冗談ともつかないような、大胆発言でしばしば周囲を唖然とさせるが、それらの言葉の裏には石井らしい緻密な裏付けがある。
 他を圧する練習量のみならず、対戦相手に合わせて合理的な作戦を立てて試合に臨む。
 ニュータイプの柔道家は、北京五輪100kg超級代表の座を賭けた2008年の全日本をどう戦ったのだろうか。   (インタビュー/柳川悠二)

 いきなりガーンと来る先制パンチ!
「こういう言い方をすると叱られるかもしれませんが、自分にとって全日本選手権は、オリンピックの予選としか思っていないんです。」
 頭の固いえらいさんが聞いたら、卒倒するね。

 大粒の涙を流して、「ふがいない柔道をしてしまった」・・・に対しては、「あれは悔し涙ではなく、ホッとしたことで出たうれし涙ですよ。(笑)」

 大会前は、「一本を目指すより勝ちにこだわりたい」と言うような発言が目立ちました。・・・に対しては、「そう考えるのは間違いでしょうか? 勝たなければ何も残りません。自分がこだわっているのは『一本』ではなく、オリンピックです。」
 「『石井慧 掛け逃げ』とインターネットで検索すると、ものすごくヒットするんですよ。(笑)」

◎なんておもしろい人!
 自分で自分のことを笑っている。頭のいい人という印象。
 自分を冷静に分析している。この冷静さが、きっと強さの秘密やろね。
 他の柔道家を圧倒する「分析力」(自己に対しても対戦相手に対しても)。その分析力にさらに磨きをかけ、北京オリンピックを思い切り楽しんできてほしい。
 こちらは、石井選手がどう分析したかを分析して、楽しまさせてもらいます。

 そして、最後の最後に力強い言葉。

 「勝負に徹して、死に物狂いで金メダルを獲りににいきます。内容は後からついてくるものですので、結果にこだわって優勝したいと思います。」

◎うちのヨメさんの予想では、「慧君、絶対に金メダル取る。私には見えてきた。」
 私は、「もちろん、金メダルを取ってほしい。でもそれ以上に、見せ場を作って欲しい。いいとこ見せてくれたら、もうそれで充分。」
 今までほとんど関心なかったのに、柔道を真剣に見るきっかけを作ってくれた。それどころか、北京まで応援に行く気にさせてくれた。それだけで、もううれしくてうれしくて。ええ冥土のみやげができた。っていうのは、ちょっと早かったかな?

(注)インタビュー記事はもっともっと内容豊富でした。もう少し紹介したかったんですが・・・。新聞記事の引用は抵抗がないのですが、雑誌からは少し気が引けます。著作権の問題もあるし。
 柔道しろうとの私でも、このインタビュー記事は読んでいておもしろかった。興味のある方は、ぜひ買って読んでみてください。800円です。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2008


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

「おまえ100まで、わしゃ99まで・・・」

「おまえ100まで、わしゃ99まで・・・」

たたずむきく

たたずむきく

あんものえさとの別れ

あんものえさとの別れ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.