パオパオだより

2020年11月27日(金)

ふらふらな一日 [雑感]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

右ヘッドライトあたりが破損

 昨日退院で、さっそく今日の早朝からバイトに復帰。寮2に24時間。明日の朝7時まで。入院中に2日あった寮1のバイトを休ませてもらったから、これ以上休んでいるわけにはいかない。

 急に立ったりすると立ちくらみするので、なにごともゆっくりゆっくりと。
 どうにかこうにか一日が終わろうとしている。あとは、深夜12時過ぎの大浴場のボイラー閉栓がたいへん。これがあるから、寝るのがだいぶ遅くなってしまう。

 でもなんとか。
 この後のバイトもがんばって行かなくては、10時間で2台つぶしてしまった車の修理代が全然払えない。
 みなさーん、熱があるときは絶対に運転したらあきませんよー(経験者は語る)。
-------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日退院してからはずっとヒマ。
 少しは体を動かした方がいいと思い、町内散歩でも行こうかと・・・、とてもそんな気にはならなかった。家の中をちょっと歩いただけでフラフラ。
 甲状腺腫瘍摘出手術の後は、一時帰宅の許可をもらって「鴨川ゆっくりラン」を走ったほど元気やったのに。今回はそれほどきついダメージを食らったということかな。あれから4年、歳も取ってることだし。

 昨日の晩ごはんは大好きな水炊き。
 最近ずっとごはんはお茶碗に1杯だけにしていたのだが、昨日はうれしくて超久しぶりに1杯半。これは体重がけっこうなもんなはず、と思っておふろ前に測ったら61.8kg。
 これってふだんならうれしいのだが、入院前より2.5kg減。いつもよりたくさん食べてこれだから、実質3kg以上減と考えていいのかも。

 みーちゃんは、オバサンの残したごはん粒をなめまくり。これくらいの気持ちで食べて行かんと体力は回復しないのかも。

 おふろに入ると頭がキーン。しばらくして頭の痛みがましになって、2週間ぶりのおふろにゆっくりつかって・・・。今度は湯舟から上がるときにフラフラ。
 あかんあかん、もうちょっとで「すっぽんぽんジジイの救急搬送」になるとこやった。

 やっぱり体調良くないので、9時半くらいには寝床へ。このパターン、こないだみーちゃんが逃げてしもたやつや。
 心配やったけど、できるだけ早う寝んと朝起きられへんし。でも入院中のいろいろなことが思い出されて、なかなか寝付けんかった。

 ここに書いても仕方ないことだが、「そこに愛はあるんか?」の代表作一つくらいは書いていいかな。

 入院後高熱に悩まされたが、これはこれで仕方ないと割り切っていた。それより難儀したのが恥骨と腰の痛みと手首の「かいかい」。
 恥骨と腰は持病みたいなもんだったので、痛み止め薬をもらい服用してしんぼうしていた。
 しんぼうできないのが手首の「かいかい」。右手は明らかにバーコードのついたわっかに負けている。左手は点滴の針が入っている付近。針を固定するために上からはられたテープにかぶれたのかもしれない。

 例の真樹に似た優しいX看護師さんに言ったら、すぐに右手のわっかをハサミでパチンと切ってくださった。左手については「皮膚科にかかれないか聞いてみます」と言ってくださった。もうこの対応だけで、半分くらい痒さが治まる。
 「聞いてみたんですが、主治医の許可がないと、入院中は他の科の診察は受けられないようなんです。今日先生が来られますので、そのあたり直接聞いてくださいませんか」と。

 そして先生登場。
 「いったん退院してからもう一度皮膚科に行ってください。ここじゃなくても、ご近所にもあるでしょう。」
 「・・・(市原のいなかにありますかいな。)」

 「こんななってるんですけど」と言って両手を差し出したが、ろくに見もせず「シャワー、ちゃんとしてますか?」って!

 「・・・(はあ? してるに決まってるやろ、月水金しか使えへんのに。第一シャワー浴びる時は、水がかからんように看護師さんが手首にビニール巻いてくれてはんねん。それ、知ってる? 洗うに洗えへんのよ。 点滴ずっとしとけと指示したのはあなたでしょうに。 患者がどんなことで困っているかとか、痛みや痒みを少しでも和らげてあげようって気はあるんか?)」(これはあくまでも私の心の中の叫び。現実は口を開けてあきれかえっていました。)

 「そこに愛はあるんか?」と言うより、「人間としてどうなん?」という話でした。
 以上。

 そんなこんなのあと、10時前くらいには眠りについた。次に起きたのは2時。病院では最長で2時間、たいていは1時間から1時間半おきに起きてトイレに行っていた。
 やっぱり家にはかわいいヨメさんときくちゃんとみーちゃんがいるので、安心して寝られるんやなあ。

 ただ2時に起きてから、また寝られんようになった。隣の部屋では、きくちゃんがふすまにボンボン体当たりしている。あとで分かったことだが、この時ヨメさんの顔とかもふんでえらいことやったみたい。
 きくちゃん、オッサンが帰ってきて、興奮しすぎたんかなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 朝5時50分起き。
 居間に下りると、みーちゃんは悪さはしてないようだった。
 寮2の時は時間の余裕があるので、みーちゃんの朝ごはんやり。
 このごろ、みーちゃんはオバサンの足元スリスリをするらしいが、私にはかすりチップ程度。早う、「ええジジイ」認定してほしいなあ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 でも私がお茶漬けサラサラをしている間も、ずっとそばにはいてくれている。これだけでも心が豊かになる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「みーちゃん、行ってくるね」と言うと、小さく「みゃー。」
 こんなかわいいみーちゃんに見送ってもらったら、少しくらいしんどくてもがんばってこーという気になる。

 けっきょくは、ふらふら、ふらふらの一日になってしもたけどね。

Posted by パオパオ   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.kyoto-carrot.com/tb.php?ID=5137

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

11

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

ビール封印、水のアワ

ビール封印、水のアワ

親子カラオケ

親子カラオケ

さたみやのふみちゃんに電話

さたみやのふみちゃんに電話

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.