パオパオだより

2024年04月30日(火)

はせちゅー [ヤクルト]

画像(320x215)・拡大画像(640x430)

◎サンスポ【球界ここだけの話(3249)】2023/12/01

   ヤクルト・長谷川宙輝が投手2人の戦力外で感じたこと
   「何で僕が残っているんだと」

 2024年は、さまざまな思いを抱いて臨むシーズンとなる。ヤクルト・長谷川宙輝投手(25)は、1軍登板わずか1試合に終わった今季を振り返り「悔しいです」と漏らした。ほとんどの選手が1年契約の厳しいプロ野球の世界。「背水の覚悟で、来年こそは無休で過ごしたいです」と決意をにじませた。

 2017年に東京・聖徳学園高から育成ドラフト2位でソフトバンクに入団。20年シーズンからヤクルトに移籍した。東京・小平市出身で、幼少期から憧れていたヤクルトのユニホーム。同年は44試合に登板したが、21年に血行障害の一種である胸郭出口症候群を発症し、同年9月に手術を受けた。22年は、2軍戦では実戦復帰を果たしたが1軍登板はなし。チームが日本一やリーグ連覇を果たす中、歓喜の輪に背番号53の姿はなかった。

 今季、チームは5位に沈んだ。投手陣の整備が課題となっているが、中でも「左のリリーフ」は重要事項の一つ。今季、左の救援投手で10試合以上に登板したのは、守護神としてリーグ2位の33セーブを挙げた田口と山本のみ。ソフトバンクを戦力外となった通算463試合の登板の嘉弥真を獲得し、ドラフト3位で明大・石原を指名したが、まだ足りないのが現状だ。

 シーズン終了後には、左のリリーフである久保と成田が戦力外通告を受けた。タイプは違うとはいえ、同じポジションの2投手がチームを去った。この事実は、長谷川にとっても大きな出来事だった。

 「久保さんと成田さんが戦力外になって、何で僕が残っているんだということをしっかり感じながら取り組みたいです」

 もちろん、チームの戦力になってもらいたいという期待があったからこそ、来季も燕のユニホームを着るわけだが、長谷川は自身が残ったことへの「責任」を深く感じていた。

画像(320x216)・拡大画像(528x358)

 オフシーズンは出力を上げるために、ウエートやフィジカルトレーニングに励んでいる。最速154キロを更新することが目標だが、「球速じゃなくても、そういうトレーニングをすることで、球の質感が変わってきたり、球速が速くなくても抑えることにつながれば」と生き残りをかけて必死になっている。

 左の剛球タイプは多くないだけに、力強い直球で押していくスタイルは大きな武器になる。だが、制球力が課題であることもまた事実。長所を伸ばしつつ、短所も削っていく。全ては1軍の舞台に上がるためだ。

 「チャンスですし、入ってくる選手には負けていられないです」

 来季はまさに背水の8年目。「ヤクルトの長谷川宙輝」がいる意味を考え、努力し、再び神宮のマウンドで躍動してほしい。(赤尾裕希)
-----------------------------------------------------------------------------------

画像(259x320)・拡大画像(518x640)

◎スポニチアネックス / 2024年5月1日 0時9分

   ヤクルト・長谷川が好救援で1127日ぶりの白星
   血行障害を乗り越え「凄く良かった」

 ◇セ・リーグ ヤクルト4―3巨人(2024年4月30日 東京D)

 ヤクルト・長谷川宙輝投手(25)が、30日の巨人戦で1127日ぶりとなる白星を手にした。

 1点ビハインドの6回1死一塁の場面で、星に代わって3番手としてマウンドに送り込まれた。丸に四球を与えて一、二塁とピンチを広げたものの、続く代打・長野を遊ゴロに打ち取って無失点で切り抜けた。直後の攻撃で味方打線が2点を奪って逆転したため、21年3月30日のDeNA戦(横浜)以来、3年ぶりに勝利投手となった。

 「先頭にフォアボールを出しましたけど、その後をしっかり抑えることができて勝利につながったのは凄く良かったなと思います」

 聖徳学園高から16年育成ドラフト2位で入団したソフトバンクでは支配下選手に昇格できず、20年からヤクルトに移籍した。21年には胸部の血行障害の手術を受け、22年は1軍登板機会なし、23年は1試合の登板で0勝0敗、防御率13・50という成績だった。

 移籍4年目、苦難を乗り越えて「左キラー」として再スタートを切った。「ピンチであったり左打者に対して抑えるのが自分の仕事」と長谷川。今年8月で26歳。プロ野球選手として脂が乗ってくる年齢でもあり、高津監督は「今から良い時期が始まっていく。若いので期待している。貴重な左ですしね」と飛躍を期待した。
--------------------------------------------------------------------------------

画像(270x320)・拡大画像(540x640)

 「なんで、はせちゅーのファンなん?」とますみさんは不思議がる。
 そらそうや。
 ヤクルトと言えば、山田哲人、村上宗隆が2大看板。(うち的には内山壮真を入れて3大看板。)
 長谷川宙輝投手と言っても、ヤクルトファンからも忘れかけられている存在かもしれない。

 でも、私一押しの選手なんです!

 一押しの理由は、「ヤクルト一のおっとこまえ」。 
 「それかーい」と言われそうですが。

 はせちゅーはソフトバンクの育成で3年。そのあとにヤクルトへ。
 ヤクルト1年目に44登板と活躍。そのシーズン後に引退した五十風亮太(うちでは「ぴゅーた」と呼んでいる)の背番号「53」をもらった。

 「おう、これは左のぴゅーたや」と喜んでいた。
 「おっとこまえからおっとこまえに『53』が引き継がれたなあ。」

 しかしその後2年は血行障害でサッパリ。
 去年の浦添の春キャンプで、「長谷川宙輝」のタオルを買ったのだが、「一軍に戻れるんやろうか」と不安だった。
 結局、去年は1試合登板で終わった。
 「3年間あかんかったんやから、これは絶対に戦力外通告やなあ。あのタオルを持って応援することはなしかー」とガックリ来ていた。
 ところが今年も契約。
 そして1軍登録。
 1127日ぶりの勝ち投手。
 正直、夢を見ているようです。

 もっともっと夢を見させてくれー、はせちゅー。
 うちの地域猫も、どれかに「はせちゅー」って名前つけたろー。
 左利きのおっとこまえの猫はおらんかー。
 

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年04月29日(月)

第5回かも川はんなりラン [ランニング]

画像(180x320)・拡大画像(360x640)

 「藤井さん、今日はめずらしくますみさんも来てくれはって・・・」と矢瀧玲子さん。
 「そうなんですよ。このごろなついてきて・・・。」
 「えっ、そんなこと言って・・・。」 

 矢瀧さんは「そんなこと言ってだいじょうぶなんですか」みたいな顔をされていた。
 私の本心は「あとでえらい目に合うかも」という感じだったが、その場では「平気、平気」。

 ほんとうは、ますみさんは今までずいぶんお世話になった滋賀の小川さんが出場されるのでその応援。私はその付けたし。
 でも、スタートや途中通過時やゴールの写真も撮ってもらった。貴重な写真、ありがとうございました。

 「だいたい10kmの部」、48分13秒。
 実測9.7kmだったので、10km換算49分33秒。
 50分は切りたいと思っていたので、まあまあでした。

 以下、ますみさんが撮ってくれた写真。

画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(320x180)・拡大画像(640x360)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)
画像(180x320)・拡大画像(360x640)

 全部で11枚。
 ますみさんにたくさん撮ってもらいました。
 最後は矢瀧玲子さんと。 
 今はこの大会でしかお会いすることはないですが、昔からの仲良しです。
----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 9時に家を出発。
 京都走ろう会例会の時にとめているコインパーキングへ。
 大会本部は北大路東詰南側なので、そこから歩いて5分くらい。

 ちょっと暑いが、昨日よりはまし。
 私は10kmしか走らないので、暑さは気にならなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 シューズをアディゼロアディオスプロに履き替え、上に着てきたジャージを脱ぐと、もうこれで準備万端。

 川向いのトイレに行くついでに、アップジョグ1.5km。
 そんなことをしているうちに、小川さんが出られる3kmのスタート時刻(9時45分)になった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 スタート前の記念写真。
 小川さんは走りたい気持ちは旺盛なのに、「短いレースでも制限時間があって、気楽に出られない」とおっしゃっていた。
 そこで、ますみさんが「かも川はんなりラン」を紹介。
 滋賀からわざわざ来られるのは大変だが、「走れるだけでうれしい」とおっしゃっていた。
 そのことを、主催者さんにちゃんと伝えなければ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 小川さんの黄色いシューズは、京都キャロットで買ってくださったもの。
 似合ってます。かっこいいです。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 いつも知り合いにたくさんお会いするのに、今日は京都走ろう会の大塚さん、古くからの走友・黒川和子さん、雑種犬飼い主友だちの桜井さんの3人くらいしか見つけられなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 3km以外は10時スタート。
 4人ずつのウェーブスタート。私は2列目に並んだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 最初は出町デルタに向かっての下り。
 調子よく走っていたのだが、途中でウエストバッグに入れていたカメラを落としてしまい、そこからちょっとほペースダウンしてしまった。

 出町デルタ折り返し1.62km、7分47秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 折り返して少しのところで桜井さんと対面。
 今日は「元部下で現上司?」のKさんを同伴だそうだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 北大路橋に戻って3.28km、16分22秒。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 5km地点は、御薗橋の200m手前。
 25分16秒。
 上り区間はキロ5分を超えてしまう。もうちょっとがんばらなくては。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 上流側の折り返しは柊野通学橋。
 ここはかなり狭いのだが、参加者がそんなに多くなかったので、危ないということはなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 6.50km、32分55秒。

 さあここを折り返したら、あとは下り。
 飛ばせ―。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 いい感じのジジイ走り。(写真は大会スタッフ)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 スピードに乗ったまま、気持よくゴール。(写真は大会スタッフ)

 9.70km、48分13秒。

 最後は4分26秒ペース。
 このペースで10km走れたら44分20秒。
 これくらいを今年の目標にしたい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ダウンジョグを兼ねてコースを逆走。

 大塚さんもいい感じで走られていた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 桜井さんは上司を見捨てて単独走。
 「あかんやないですか。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日あらためて思ったけど、私はやっぱり10kmが限界かなあ。
 気持ちよく走れるのはこれくらいまで。あとはしんどいだけ。
 当分は10kmまでのスピードを磨くようにしよう。

画像(320x246)・拡大画像(640x493)

 矢瀧さんをはじめ大会スタッフの皆さん、ありがとうございました。
 今日は小川さんも誘って来てもらって、ほんとうによかった。

 はんなりと走る仲間が増えていくといいですね。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年04月28日(日)

天皇賞(春)2024 [競馬]

画像(320x221)・拡大画像(450x311)

◎サンスポ 4/28(日) 17:43配信

   【天皇賞・春】テーオーロイヤルが重賞3連勝で春の盾奪取! 
   GI初制覇の菱田裕二騎手「今まで生きてきて一番うれしいです」

 4月28日の京都11Rで行われた第169回天皇賞・春(4歳以上オープン、定量、GI、芝3200メートル、17頭立て=ヒンドゥタイムズが出走取消、1着賞金=2億2000万円)は、菱田裕二騎手の1番人気テーオーロイヤル(牡6歳、栗東・岡田稲男厩舎)が好位追走から直線で楽々と抜け出し後続に2馬身差をつけてV。ダイヤモンドS、阪神大賞典に続く重賞3連勝で春の盾を奪取し、長距離界の帝王≠フ座に輝いた。デビュー13年目の菱田裕二騎手は30度目の挑戦で待望のJRA・GI初制覇。タイムは3分14秒2(良)。

 2馬身差の2着にはブローザホーン(5番人気)、さらに半馬身遅れた3着にディープボンド(6番人気)が入り、2番人気のドゥレッツァは15着に敗れた。

 天皇賞・春を勝ったテーオーロイヤルは、父リオンディーズ、母メイショウオウヒ、母の父マンハッタンカフェという血統。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬で、馬主は小笹公也氏。通算成績は18戦8勝。重賞は2022・24年ダイヤモンドS(GV)、今年の阪神大賞典(GU)に次いで4勝目。岡田稲男調教師、菱田裕二騎手ともにJRA・GIは初勝利。


◆菱田裕二騎手(1着 テーオーロイヤル)「今まで生きてきて一番うれしいです。4コーナーを回ってくるとき、20年前にここに見に来た自分に『見といてくれ』という気持ちでした。あのときの自分にありがとうと言いたいです。具合がいいぶん、前進気勢はいつもよりありましたが、リズム良く走ってくれました。後ろは分からなかったので、一生懸命追っていました。長いブランクがあって競走馬として本当にしんどかったと思うのですが、そこを経て成長してきてくれて、自分の常識では分からない、すごい馬だと思います」

◆岡田稲男調教師(同)「感謝の気持ちでいっぱいです。(道中は)絶好の位置だと思いました。折り合いを欠くことなく、4コーナーまでジッとして安心してみていられましたね。オーナー、生産牧場、厩舎スタッフ全員の力で勝てました。うれしいの前に感謝です。(開業22年目でGT初勝利)言葉に言い表せないですね。人馬とも褒めてあげたいです。(弟子の菱田騎手は)よくやってくれました。これからもっと成長していってほしいです。心肺機能の高い馬で、きょうも本当に走り切ったという息遣いではないですし、まだまだ伸びしろのある馬。さらに成長してほしいです」

画像(320x273)・拡大画像(640x546)

◆天皇賞・春の表彰式プレゼンターを務めた2024年JRA年間プロモーションキャラクターの長澤まさみ「「昨年に引き続き、天皇賞・春のプレゼンターを務めさせていただき、大変光栄です。長い歴史と伝統を有し、厳かで特別な雰囲気の中で行われるレースを観戦でき、うれしく思います。レースを制したテーオーロイヤル号と関係者の皆さま、騎乗された菱田裕二騎手、本当におめでとうございます。雄大なコースを颯爽と駆け抜けるサラブレッドに目を奪われ、レースの迫力に息をのみ、レースが終わってしばらくたった今もまだ、感動の思いがやむことはありません。また、トークショーでは、菱田騎手、そして最終レース後も競馬場にお残りいただいた多くのお客様と白熱したレースを振り返ることができ、今年も京都競馬場で忘れられない思い出をつくることができました。春のGTシーズンも中盤に差し掛かり、ますます盛り上がっていきます。引き続き多くの方々に競馬の魅力をお伝えできるよう、私も頑張ってまいります。皆さんにとってのHEROを探しに、来週からも競馬場へのご来場をお待ちしております」
----------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 1年ぶりの京都競馬場。
 去年はWさん(京都御所バイト時代の友だち)に誘われたが、今年は私から「行こう」と誘った。

 叡電から京阪に乗り継ぐ途中に、「志津屋」さんのパンを売っているところがある。
 「出町柳で志津屋のパン買っていきます」とラインすると、「カツサンド買ったで」と。連絡しておいてよかった。私もカツサンドを買うつもりだったので。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 Wさんが事前に入場券を取ってくださって、今日は開門の8時半前から並んでくださった。それで、日陰のいい席で観戦することができた。

 ただし、私は昨日の夜に予習してきた今日のレースの資料を丸ごと忘れてきた。最近データ重視の投票をしているので、資料がないとサッパリ。パソコンも持ってきたのだが、コンセントのない席だったので使いっぱなしにするわけにもいかない。

 4レース終了まではおとなしく、馬券は買わなかった。
 その間も1年ぶりに会うWさんがしゃべってしゃべって、退屈することはなかった。

 第5レースから買うつもりだったが、しゃべりすぎて締め切り時刻に間に合わなかった。

 第6レース「3歳1勝クラス、芝1400m」。
 1頭から7頭流しの3連複21通り。
 ここでデータではなく、10番人気の「ラストクリスマス」をねじ込んでおいた。名前がいいですやん。
 すると、そのラストクリスマスがまさに3着にねじ込んで入線。
 3連複13720円ゲット!

 「センパイ、一発必中やないですか」とWさんは目を白黒。(なぜか、Wさんは私のことを「センパイ」と呼ぶ。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あとは、10レースの『ライスシャワーカップ』と11レースの『天皇賞』だけにしときます。」

 売店で、「生ビールとどて玉セット」(1300円)2人分を買ってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 行列が長く、並んでいる間に1レースが終わってしまったが、まあいいか。

 「ライスシャワーカップ」は3着に14番人気が入線。
 そんなもん、当たりますかいな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 さて、今日のメイン・天皇賞。

 パソコンはすでにバッテリー切れで、ケイタイで。
 ところがケイタイが全然動かない。アクセス集中で動かないのか。
 せっかく昨日予習した買い目を思いだしたのに、なんと時間切れ。

 せっかく前の立ち見まで来て意気込んでいたのに、「天皇賞は、見るだけ―。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私が重視したのは馬体重。最近500kgを超える馬は優勝していないらしい。

 予習段階での馬体重(軽い順)。
 1 サリエラ 426
 5 ブローザホーン 430
 14 テーオーロイヤル 464
 9 シルヴァーソニック 466
 12 ドゥレッツア 466

 これにいろいろからめて3連複40通り。
 でも、買えなかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

1着 テーオーロイヤル 菱田 460kg
2着 ブローザホーン 菅原明 424kg
3着 ディープボンド 幸   508kg

 おー、やっぱり500kg以下が1、2着。
 3着ディープボンドは、3年間2着2着2着のあとに3着。ディープボンドは、500kgを超える実力馬だったということ。予習ではディープボンドは入れていなかった。

 「買えなくてよかった。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 第12レースのあと、パドックで長澤まさみのトークショーがある。
 一番前に陣取って、12レースの出走馬を見る。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「白いヤツ、ええねえ。」
 「センパイは白かったら何でもいいんですか。」

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 長澤まさみトークショーは撮影禁止。
 私は、長澤まさみよりそのあとに出てこられた菱田騎手の写真を撮りたかった。まだ31歳で、G1初制覇。

 前から菱田騎手と菅原明良騎手には注目していたのだが、今日の天皇賞はその二人がワンツーフィニッシュだった。

 「ラストクリスマス」と「菱田騎手」、今日のいい思い出になった。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 帰りは京阪電車の各駅で出町柳まで。
 Wさんは「祇園四条駅」で下車。

 次は来年の天皇賞ではなく、秋の京都競馬で再会を約束。
 この4月は初めて月間成績がプラス。
 さらに実力をつけて、秋には万馬券バンバンを目指しましょう。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年04月27日(土)

第172回勝手に国労応援ラン [ランニング]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日は東本願寺前で天皇賞関連のイベントがあったので、それに行きたかったんですけど。阪神×ヤクルトのデーゲームをテレビ観戦したかったので断念。

 夕方5時半ごろ、野球が終わってから「勝手に国労応援ラン」へ。
 京都駅の代わりに、叡電の駅めぐり。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はゆっくり走るので、一番重いアディゼロボストン11で。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 まず、叡電・二軒茶屋駅。
 ちょうど電車が来たのだが、あわてて撮ったので変な写真になった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 次は市原駅。
 緑に包まれていますねえ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 頭上を電車が通過。
 ここは見ごたえがある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 なかなか風情のある駅。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 いい感じのカーブ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 バス通りから市原駅を見ると、こんな感じ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 二ノ瀬の鉄橋。
 気温は17℃。
 走るのにちょうどいい気温。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 二ノ瀬駅は、道からちょっと上にある。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 貴船別れ到着。
 バス停には3人だけ。
 もう遅いから、みなさん帰られたんでしょうか。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 貴船口駅も緑だらけ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ここまで4.1km。
 駅に寄ったりしていたので、いつもより300mほど多い。

 ここで折り返し。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 帰りも叡電目撃。
 これは、さっき鞍馬に行った車両が戻ってきたのかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 道端にかわいいワンちゃんの置物。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 うちの近所に戻ると、ミケちゃんが猫走り。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 いつもの車の上に、いつものキジ猫ちゃん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 安定のぱん君。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 我が家到着、約7.9k、58分。

 鵞足炎もだいじょうぶそうだし。
 そろそろ速めに走ってみましょうかねえ。
------------------------------------------------------------------------------------

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

天皇賞(春)に向けたワクワクイベント「馬宴inお東さん広場」

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年04月26日(金)

たちまち回復 [ランニング]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 昨日の夜、左膝の内側が痛くて痛くて。
 シップを貼り、カロナールを飲んで寝た。
 それでも痛くて痛くて、なかなか寝付けなかった。

 8時間ぐっすり寝て、朝起きると「あれっ?」
 痛みが引いている。
 普通の痛みは残っているが、ひざを曲げられないような痛みではない。
 フシギ過ぎる。

 やっぱり「ぎっくり膝」だったんでしょうか。

画像(320x194)・拡大画像(640x388)

 いろいろ調べてみると、今回の痛みはヒザと言うより筋。
 たぶん鵞足炎。
 ヒザの横についている鵞足部のどれかの筋が痛んだようだ。

 これで、「私はヒザを痛めたことがない」を継続してもいいんでしょうか。
------------------------------------------------------------------------------------

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

 走れそうなら走りましょう。

 バイトの給料が出ているので、また岩倉の京都銀行ATMまで。

画像(320x239)・拡大画像(640x478)

 無理せず、走ったり歩いたり。
 最初の1kmが9分ちょうど。いまだに、「遅くともウルトラ完走ペースの8分24秒以内」を意識してしまう。
 「もう引退したんとちゃうんかーい」と突っ込まれそう。

画像(320x237)・拡大画像(640x474)

 キュウ太君、早くも暑さにバテているのかな。

画像(320x240)・拡大画像(640x481)

 京都銀行ATM到着2.37km、20分ちょっと。

画像(320x241)・拡大画像(640x482)

 帰りもゆっくり。
 でも、8分24秒は超えなかった。

画像(240x320)・拡大画像(481x640)

 きくちゃんとよく歩いた長代川沿いの散歩道。
 砂利が敷かれたようで、かなり走りにくくなった。

画像(320x239)・拡大画像(640x478)

 家に帰って約5.1km、41分ちょっと。

画像(320x234)・拡大画像(640x469)

 また町内ジョグへ。

 またまた安定のぱん君。

画像(320x242)・拡大画像(640x484)

 家に戻ると、ちょうどますみさんが銀行から帰ってくるところだった。
 マスクをしていたので、全然気づかなかった。

 とにかくゆっくりでも走れてよかった。
 「かも川はんなりラン」、行けますよー。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2024年04月25日(木)

下半身のコンディション不良 [アルバイト]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 今日は巡回中に、久しぶりに「あんい」に遭遇。
 (安易につけた名前なので「あんい」と呼んでいる。)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「あんい、あんい、写真撮らせて」とお願いすると、逃げずに立ち止まってくれた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 私はポイ捨てタバコ拾いのトングやビニールを持っているので、警戒されても仕方ないのだが立ち止まってくれた。
 「知り合いやもんね。」

 かわいい写真が撮れた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日はさわやかな気候。
 午前中はそれほど気温も上がらず過ごしやすかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 また390円ランチ。
 1時までは新入生でごった返しているが、私の休憩は1時からなのでその影響はない。

 2時からまた午後の仕事。ここからまだ8時間半帰れない。
 そのころから、急に左足膝の内側辺りが痛くなってきた。本当に急で、ぎっくり腰の発症に似た感じ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 気温はどんどん上がっていったが、時間通り大学周辺の巡回へ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 大学の北側にある藤棚も、だいぶ花が少なくなった。

 歩くのがきつくなってきたので、いつもよりショートカットして巡回は終了。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

 巡回から戻ると、ギャラリーの気温は26.5℃。
 夏ですやん。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 今日の夕食は、「麺職人・タンタンメン」。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 ちょっとからかったけど、みそ汁と合わせてちょうどよかった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 午後6時からの「戸締り地獄」はほんとうに地獄になった。
 左足が曲げられず、階段を上がるのが大変。下りるのも大変。
 いつもはこまめに閉めに回っていたが、今日は最後のほうにまとめて閉めて回った。
 何回も上がったり下りたりしなくてよかったのだが、全部閉め終わったのはいつもよりだいぶ遅くなってしまった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 もう歩くのも大変。

 4月29日の「かも川はんなりラン」は絶対無理。
 5月1日の「二条城で、走Run Night(走らないと)!」、5月5日の「京都走ろう会例会」も無理かも・・・。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

 「下半身のコンディション不良で・・・。」
 「山田哲人かー」と突っ込みを入れてほしかったが、ますみさんは乗ってきてくれない。
 今日の川端の同点タイムリー、サンタナのサヨナラホームランもよかったのに。

 ぎっくり腰は突然襲い掛かるが、3日後くらいに急に治る。今日の左足膝の内側の痛みも、「ぎっくり膝」だったらいいのだけれど。

Posted by パオパオ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2024


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

パオパオ

このブログについては「ごあいさつ」をご覧ください。

PHOTO

京都走ろう会例会〜炎天下のプチ出店〜

京都走ろう会例会〜炎天下のプチ出店〜

弱弱弱中強

弱弱弱中強

ワンコイン誕プレ(12月14日生まれ)

ワンコイン誕プレ(12月14日生まれ)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Paopao All rights reserved.